20代後半からでも遅くない。貯められて欲も満たす上手いお金の使い方

通帳とお金と家計簿

20代後半は、貯蓄ができるかどうかの分かれ道になることをご存じでしょうか。実は20代後半ぐらいから、貯蓄がゼロに近い人と貯蓄が1000万円以上ある人の分布が拡大していきます。

つまり、まったく貯蓄がないという方も多ければ、いやいやコツコツ貯めていますという方も多くなり、後で振り替えったときにかなりの差がつき始めるのが20代後半からなのです。

しかしながら、20代後半からでも貯蓄は遅くありません。貯蓄すると決めたときからできることをコツコツやっていくことで、ある程度の蓄えは確保できますし、生活もやりくりできます。

実際に、多くの方がなんとか生活しているわけです。そこで、ただ貯めるだけではなく、欲もみたせるように上手くお金を使っていく方法を伝授します。

これをお読みになることで、苦痛な貯蓄生活ではなく、楽しく過ごしながらお金も貯まる。そんな生活を手に入れることができる土台作りを行うことができることでしょう。

20代後半からやってほしいこと

まず、現状を把握してください。貯蓄がないのか、ある程度あるのか。あってもなくても現実を知ることが重要です。

貯蓄だけではありません。資産状況をすべて把握できているかどうか、確認してください。本稿では、まったくないという前提で解説していきます。

次に、今後必要となりそうな支出を検討します。ある程度まとまったお金が必要なときはないかどうか、できればキャッシュフロー表を作成して、今後の収支状況を数年単位で把握できると望ましいです。

そして、収支がマイナスになる年がないかどうかを確認します。そうしたことを行うのが面倒、日々の生活で手一杯という方。その場合は、とりあえず毎月の収支がどうなっているかだけでも把握してください。

原則として、毎月の収入の中で支出はやりくりしなければなりません。この段階で仮に支出の方が多い方は、支出を見直しする必要があります。

貯蓄を行うためにやってほしいことは、上記の現状把握、収支状況の把握をまずやってください。そして、支出の方が多い方は、毎月無駄なお金を払っていないかどうかを確認してください。

無駄というのは、普段あまりつかっていないのに支払いをしているものがないかどうかということです。携帯のアプリなどで毎月払っているものはないでしょうか?

また、携帯電話代を節約するために、Lineやfacebookなどを代用しましょう。この他、必要のうすい保険の見直しなども行ってください。

支出で削れるところが削れたら、次は収入アップをはかっていきましょう。決して支出においてけちるようなところまではしないでも、貯蓄ができる体質を目指していきます。

そのため、食費や遊興費などでどうしても削りたくない部分はそのまま使っていただいてOKです。収入アップの手段は、今話題の副業を行うことを検討します。コロナ問題もあるため、自宅でできるような副業はないかどうかを探します。

例えば、文章を書くのが好きな方であればライター募集を検索してみたり、自宅でできそうな仕事がないかどうかを検索で調べてみましょう。単価はさまざまですが、意外に空き時間を活用してできる仕事はたくさんあります。

サラリーマンの方で副業を堂々となかなかできない方は、とりあえず年20万円以内に抑えながらやってみましょう。

サラリーマンの方で給与を1ヵ所からもらっており、給与所得と退職所得以外の所得が年20万円以内であれば確定申告で副業を申告する必要がありません。まずはやれる範囲から収入アップをはかっていきましょう。

他にも市場調査、アンケート調査に協力しポイントをためながら商品券などをゲットする方法も自宅でもできます。アンケートに回答しポイントをゲットしていくのです。

場合によっては、細かい調査になると数千円などよい小遣い稼ぎになります。支出の見直しと収入アップを同時に考えていきましょう。

年間で収入の20%は貯蓄しよう

さて、支出の見直しを収入アップをはかったことで、皆さんは毎月どの程度の貯蓄ができそうと見込めるでしょうか。

その金額を把握してください。そして、その金額が毎月の収入もしくは年収ベースで20%程度あるかどうかを確認してください。仮に20%はありそうとなれば、1つの基準をクリアしたことになります。

この20%という数字は、一般的なご家庭が年間で貯蓄する割合の平均に近いものです。おおよそ20~25%程度を貯蓄しているご家庭が多いため、一つのバロメーターとして捉えることができます。

逆に言えば、年収の20~25%程度貯蓄ができていれば、あとは欲を満たすためにいくらかお金を使うことは問題ありません。

もちろん、さらに貯蓄したい方は頑張って励んでいただければと思います。一人暮らしなどで、特に資金が切迫しているような状況でなければ趣味なりなんなりお金を費やしてもよいと思います。

使ってもある程度貯めているし困ることはない。それぐらいの気持ちの余裕さがもてるようになりたいですね。

貯蓄ができたら運用にもトライしてみる

貯蓄コツコツである程度貯まる体質になったら、次は増やすという選択肢も持てるようになると、さらにお金との付き合い方がうまくできるようになることでしょう。

増やすという選択肢は、資産運用にトライするというもの。ただし、ある程度毎月貯蓄ができるようになってから行った方が無難です。

また、自然にお金が貯まる仕組みを構築していきましょう。積立貯蓄や積立投資を利用していくのです。

積立貯蓄は、毎月の給料から天引きするなどして、自動的に別の貯蓄口座へ資金を振り替えるものです。毎月26日などに設定すれば、給料日の翌日には自動的に引き落としが行われ貯蓄できることでしょう。

これを応用したのが積立投資です。特に、つみたてNISAを利用して運用を行っていくと、自動的にお金が運用されていきます。

つみたてNISAでは、年間40万円までの積立投資を行うことができ、コツコツ毎月積立投資を行うことで中長期的な資産形成をはかるものです。

最長20年間の非課税期間があるため、必要となった場合には売却し、利益を非課税で受け取ることもできます。

こうして自動的なツールを利用することで、あとは残った毎月のお金でやりくりしていけばお金は貯まっていきます。毎月いくら残さないと、といったストレスも生じにくいことでしょう。

積立貯蓄や積立投資は無理のない範囲内で行うべきですが、逆に言えば給料の20%を積立貯蓄や積立投資に回し、あとは全部使っても問題ないと割り切ろうと思えば割り切れます。こうすることで欲も満たすことは可能でしょう。

忘れた頃にお金が貯まる。そして楽しい生活も送りましょう

こうして、忘れた頃に結構な金額が貯まり、必要なときに資金を拠出することも可能となることでしょう。

また、楽しい生活も送れます。なお、もともと収入が少ないといった方の場合には、収入を増やすことを重要視し、増えたお金は貯蓄に回すなどルールを決めておいた方がよいでしょう。

資産運用を行い、年間で2~3%でも増やすことができれば、知らず知らずにお金は貯まっていきます。ご自身が働くだけではなく、お金に働いてもらうことも忘れてはなりません。

こうした貯蓄構築や資産構築は早ければ早いことにこしたことはありません。20代後半からであれば、まだまだ全然遅くありません。むしろ気づいて良かったですね、というレベルです。

30代からでも遅くありませんが、20代後半の体力があるうちに副業なり展開しておいた方が後から楽になります。

家族環境にもよりますが、20代後半はまだ時間に余裕がある方も多いのではないでしょうか。楽しい生活を送りつつ、是非勉強にも時間を費やしてください。

20代で得られる学習は一生使えるものになります。知識や経験をいかに積むかの分岐点も20代後半のような気がします。そしてその知識や経験がお金を稼ぐ力にもなります。

楽をするのではなく、努力しながら欲も満たしていくことが最も望ましい姿といえるかもしれませんね。

この記事の執筆者

伊藤 亮太

FP伊藤亮太

1982年3月4日生まれ

慶応義塾大学商学部卒業。同大学院商学研究科経営学・会計学専攻修了

学生の間にCFP資格、DCアドバイザー資格取得。

その後証券会社の営業・経営企画部門、社長秘書等(その間に投資信託や株式の販売、セミナー企画、FX事業の立ち上げ、投資顧問会社の設立など)を行う。また、投資銀行業務にも携わる。

2007年11月スキラージャパン株式会社設立。取締役に就任。

東洋大学経営学部非常勤講師、大手前大学通信教育部非常勤講師、千葉科学大学危機管理学部非常勤講師ファイナンシャルプランナーとして活動中。

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。