アコムで10万円借りる|一番早い申込み方法と必要書類

アコムで10万円借りるときの詳細

「あと10万円足りない・・。」

うっかりクレジットカードを使いすぎてしまったときや、時給制の仕事を病欠してしまったときなど、いくつかの要因が重なると「あと10万円あればいいのに」と思ってしまうことは珍しいことではありません。

旅行や欲しいものがあって10万円必要だけどすぐに準備することができないということもあるでしょう。

アコムでは、安定した収入を得ている20歳~69歳までの方なら、10万円を借りることが可能です。

この記事ではアコムで10万円を借りる方法や、10万円を借りるときの毎月の返済や利息について解説していきます。

アコムで10万円借りる方法

アコムは20歳~69歳までの方で、安定した収入を得ており、返済能力がある方が申込めます。

そして、正社員でなくてもアルバイトや派遣社員として働いていれば、毎月安定した収入があるとみなされ、担保や保証人なしで借入れ可能です。

高い年収である必要はありませんが、貸金業者では最大で年収3分の1以内の金額しか借入れできないため、最低でも30万円以上の年収が必要です。

借入額10万円なら審査が早くなる可能性がある

貸金業者では借入れ希望額が大きいほど、審査は慎重になる傾向です。

そのため、借入れ額が10万円なら多額の借入れを希望するときに比べると、審査を早く完了できる可能性があります。

またアコムですみやかに借入れできる方法はWeb申込みをして、22:00まで利用可能な自動契約機でカードを受取る方法です。

Web申込みをして、自動契約機でカードを受取る手順は以下のようになります。

Web申込み+自動契約機でカード受取りの手順
  1. アコムの公式サイトから申込み
  2. 必要事項を入力して送信【仮審査】
  3. 本人確認書類を提出、在籍確認が行われる【本審査】
  4. 審査に通るとアコムから契約の確認の連絡が来るので契約に同意
  5. 自動契約機でローンカードを発行

10万円の借入れを希望しているときの必要書類は、原則的には収入証明書は必要なく、運転免許証などの顔写真付きの本人確認書類があれば申込みが可能です。

しかし、顔写真付きの本人確認書類がないときは健康保険証に追加して、現住所が記載された公共料金領収書や住民票の提出で本人確認書類とすることができます。

アコムのローンカードを発行したら、アコムの店舗内に設置のATMやコンビニなどのアコムの提携ATMで借入れができます。

10万円を借りたときの返済額

アコムで10万円借りたときの毎月の最低返済額(※)は5,000円または3,000円です。

※毎月の返済日に返済すべき最低の金額のこと、最低返済額以上の金額であればいくらでも返済可能

5,000円になるか、3,000円になるかは、借入れ限度額によって決まります。

借入れ限度額はアコムの審査で決定される、借入れすることが可能な上限の金額のことです。

つまり、借入れ限度額が10万円なら、合計して10万円を超える金額の借入れはできません。

10万円を借りて毎月の返済を「3,000円と思っていたら5,000円引落されていて驚いた」ということがないように、毎月の最低返済額は借入れ限度額によって変わることを知っておくことが大切です。

毎月の最低返済額は借入れ残高にアコムが定めた一定の割合をかけた金額です。

毎月の最低返済額の計算式
お借入れ残高×一定の割合=毎月の最低返済額(1,000円未満切上げ)

一定の割合は借入れ限度額が30万円を境として変わり、30万円以下のときの一定の割合は4.2%、30万超えの場合は3.0%となっています。

たとえば、借入れ限度額が50万円で10万円のみ借りるとき、毎月の最低返済額は3,000円です。一方借入れ限度額が20万円で10万円借りるときでは5,000円なります。

そして、借入れ限度額が30万円以下のとき・30万円超えたときの毎月の返済額は以下のように計算します。

借入れ限度額30万円超えのとき(金利18.0%)
【一定の割合】3.0%
【毎月の最低返済額】10万円×3.0%=3,000円

借入れ限度額30万円以下のとき(金利18.0%)
【一定の割合】4.2%
【毎月の最低返済額】10万円×4.2%=4,200円
(1,000円未満は切上げのため、返済額が5,000円になります)

返済額が5,000円と3,000円の場合の利息

10万借りたいときに「どのくらいの利息を支払うのか」の目安を知れば、アコムで10万円を借りることがメリットなのか、判断することができます。

利息はお金を借りるときに発生するレンタル料のようなもので、お金を借りるときには支払わなければいけません。

また利息は借入れ額だけでなく、金利の値と借入れしている期間によっても変わります。

10万円借りた場合でも、金利と借入れ日数によって利息額が変わるのです。

たとえば毎月の返済額が5,000円のときと3,000円のときでは、「毎月5,000円」を返済するときの方が完済までの日数が少ないので、最終的な利息は少なくなります。

具体的に利息は毎月の返済日に合わせて、次のような計算式で計算されます。

借入れ残高×金利÷365日×利用日数=利息
※1円未満切捨て、うるう年は366日で計算

そして、アコムの公式ホームページで利用できる返済シミュレーション結果をもとに、毎月の返済額が5,000円・3,000円のときの利息額を比較してみました。

項目 毎月5,000円返済 毎月3,000円返済
返済回数 24回 47回
利息総額 19,772円 39,639円
返済合計額  119,772円 139,639円

毎月5,000円返済するときは、毎月3,000円返済するときに比べて、利息額は19,867円と安くなります。

基本的にアコムは毎月、決められた最低返済額以上であればいくらでも返済ができます。

最初に5,000のみの支払いとなると決められるわけではないので、返済する余裕があるなら、最低返済額以上の金額を返済することで、利息額を減らせるのです。

ただ口座振替での返済は最低返済額のみの引落しとなるので、追加で返済するならアコムの提携ATMや銀行振込みで行うことになります。

またアコムの返済シミュレーションを使うとき、毎月返済できそうな金額を入力することで、実際に利用したときの利息額の目安を知ることが可能ですよ。

シミュレーションを行うときの金利について

借入れ前の目安として10万円借りたときのシミュレーションを行うとき、金利は18.0%を入力することが大切です。

アコムの金利は3.0%~18.0%と表記されていますが、細かく分けると借入上限額によって範囲が決められています。

1万円~99万円のときの金利は7.7%~18.0%との範囲内で決められ、借入れ上限額が大きくなるほど金利は下がります。

つまり、借入れ上限額が少額なら、金利は高い値の18.0%となることが多いのです。

また借入れ上限額を上げるには利用実績を積むことが必要となります。

そのため、初回契約時は借入れ上限額は少額となり、金利は高くなりやすいのです。

実際借入れしたときの目安とするためにも、返済シミュレーションを行うときは金利の項目は18.0%と入力することが大切となります。

アコムの毎月の返済日は毎月指定日またが35日ごとの返済

アコムは返済日を毎月の指定日、または35日ごとの返済から選択できます。

返済日は契約時に選択でき、利用中もアコムのコールセンター等で変更することが可能です。

アコムは初めての契約時に利用できる30日間無利息サービス(※)がありますが、無利息サービスを利用するには、35日ごとの返済日の選択が条件となっています。

※契約日の翌日から適用

ただ35日ごとの返済の特徴として早く返済したときには、その分次回の返済日も早くなってしまうのです。

返済期間返済日35日

もし無利息期間終了後に35日ごとの返済を毎月指定日の返済に変更したくなったら、後から変更することができます。

一方毎月指定日の返済は、毎月返済しやすい日を指定して決めることができます。

返済期間返済日

返済は毎月の指定日を最終期日として14日前から行うことができ、早く返済した日数分の利息をかけずに返済することが可能です。

10万円を一括返済する方法は3つある

アコムではいつでも一括返済が可能です。

千円以下の金額がある場合でも、アコムに一括返済する方法は3つあります。

アコムに一括返済する方法
  • Pay-easyを利用したインターネット返済
  • 銀行振込み
  • 店頭窓口

インターネット返済は24時間時間行うことができるため便利です。Pay-easyはインターネットバンキングを持っていれば利用することができます。

またアコムの30日間無利息サービスを利用して、10万円を30日以内に一括返済するなら利息は0円です。

ただ30日間の無利息期間は、契約日の翌日から開始されるので、実際借入れした日の翌日からではないことに気を付けておきましょう。

まとめ

アコムで10万円を借りる方法は、Webから申込みして自動契約機でカードを受取る方法が最も早いです。

10万円借りるときの毎月の返済額はご自身の借入限度額がいくらなのかによって変わります。

10万円借入れしたときの利息の目安はアコムの返済シミュレーションを利用すると目安が調べられ、返済計画をたてて借入れしやすくなるでしょう。

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。