アコムの解約|【3つ】の解約方法と条件を詳しく解説!

アコムの解約手続き解約するか慎重に決める必要がある

「アコムを解約したい…」「アコムを解約した後に再度利用できる?」

アコムを解約するときは自動契約機店頭窓口電話から手続きでき、アコムカードだけを用意すれば可能です。

またアコムを解約することで、「お金を借りる手段がなくなる」などのデメリットもあります。

今回はアコムの解約手続きの方法やデメリットなど、詳しくご紹介していきます。

アコムの解約方法は3つある

アコムの解約方法には、以下の3つがあります。

アコムの解約方法
  • 自動契約機
  • 店頭窓口
  • 電話

それぞれの解約手順を詳しく見ていきましょう。

自動契約機で解約する手順

自動契約機で解約手続きをする手順は、以下の通りです。

自動契約機の解約手続きの手順
  1. 画面に表示されている「会員の方はこちら」を選択する
  2. 「お問い合わせ」を選択し、アコムスタッフに「解約をしたい」と伝える
  3. アコムの総合カードローンデスクに電話をかける
  4. アコムスタッフに再度「解約したい」と伝える
  5. 会員番号と生年月日を伝える
  6. カードの返却方法と解約証明書の有無を選択し、解約手続き完了

自動契約機で解約手続きをする場合、画面の手順に沿ってアコムスタッフに「解約したい」と伝えるところまでは行うことができます。

しかし、解約手続きを進めるには、アコムの総合カードローンデスクに電話を掛けなくてはいけません。

そのため、自動契約機よりも初めからアコムに電話して解約手続きを行うほうがスムーズに進めることができます。

またアコム解約時には解約証明書の発行を希望することが可能です。

解約証明書は他社の住宅ローンやおまとめローンを利用するときに、現在アコムを利用していないことを証明する書類なので、必要な方は忘れずに発行しましょう。

店頭窓口で解約する手順

店頭窓口で解約手続きをする手順は、以下の通りです。

店頭窓口の解約手続きの手順
  1. アコムスタッフに「解約をしたい」と伝える
  2. 本人確認書類を提示する
  3. アコムカードを返却する
  4. 解約証明書の有無を答えて、解約手続き完了

店頭窓口で契約手続きを行う場合、アコムスタッフと直接やり取りしながら手続きを進めることができます。

またアコムカードの処分や解約証明書の発行をその場で発行してもらうことも可能です。

ただし、店頭窓口の営業時間は9:00~18:00となっており、土日祝日は利用することができません。

平日に店頭窓口に行く時間のない方は、自動契約機か電話から解約手続きを行いましょう。

電話で解約する手順

電話で解約手続きをする手順は、以下の通りです。

電話の解約手続きの手順
  1. アコムの総合カードローンデスクに電話をかける
  2. アコムスタッフに「解約をしたい」と伝える
  3. 会員番号と生年月日を伝える
  4. 解約証明書の有無を選択し、解約手続き完了

電話で解約手続きを行う場合、24時間いつでも手続きをすることができます。

またスマホ一台で場所や時間を気にすることなく、自分の好きなタイミングで解約手続きをすることができるのです。

そして、電話で解約手続きをするときはアコムカードを手元に残しておくのか、処分するのか自身で決めることができます。

これは、自動契約機や店頭窓口で解約手続きを行うときも同じです。

カード自体は年会費や手数料がゼロ円で残せますので、再度利用するときにカードを発行する手間がなくお金を借りることが可能です。

処分する場合は、必ず磁気の部分ICチップの部分をハサミなどで切っておきましょう。

特にICチップは個人情報などが記録されているので、切らずに捨ててしまうと犯罪に巻きまれてしまう危険があります。

もし、心配な方は店頭窓口に行き、アコムカードを処分してもらいましょう。

解約するときの必要書類

解約手続きをするときは、基本的にはアコムカードだけ用意していただければ問題ありません。

店頭窓口で行う場合のみ、運転免許証などの本人確認書類とローンカードまたはACマスタカードが必要になります。

そして、運転免許証以外の本人確認書類は、以下の通りです。

解約手続きで必要な書類
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 各種保険証
  • 住民票
  • 公共料金の領収証

各種保険証を本人確認書類として提出する場合、住民票または公共料金の領収書が必要になります。

運転免許証がない方は、各種保険証と併せて住民票もしくは公共料金の領収証を用意しましょう。

自動契約機や電話で解約手続きを行う場合、口頭で会員番号生年月日を伝えるだけなので本人確認書類を用意する必要がありません。

また店頭窓口の営業時間は9:00~18:00までと限られていますが、電話なら24時間いつでも解約手続きをすることができます。

手軽に自分の好きなタイミングで解約手続きをしたいなら、電話から行うのがいいでしょう。

アコムで解約するには条件がある

アコムで解約するとき、「借入れ残高を完済している」のが条件です。

解約手続き前には公式サイトやアプリ、専用ATMで借入れ残高を完済しているのか確認しておきましょう。

また借入れ残高が1,000円未満だとATMで返済することができず、完済できていない可能性があります。

1,000円未満の借入れ残高があるときは、以下の方法で返済することができます。

1,000円未満の返済方法
  • インターネット返済
  • 店頭窓口
  • 銀行振込み

このなかでおすすめの返済方法はインターネット返済です。インターネット返済はスマホから簡単に行うことができ、振込み手数料ゼロ円で24時間いつでも利用することができます。

解約手続きを考えている方で1,000円未満の借入れ残高が残っているなら、インターネット返済で完済してしまいましょう。

アコムを解約するにはデメリットがある

アコムを解約するには、以下のデメリットがあります。

解約するデメリット
  • お金が必要なったときの手段がなくなる
  • 解約後の利用は再度審査を受ける必要がある

アコム以外で何も利用していない方は急用でお金が必要になったときに、お金を準備する手段がなくなってしまいます。

そのため、この先お金が必要になるときがわかるのであれば、他社のローンやクレジットカードを利用してから解約手続きを行いましょう。

アコムは解約証明書を発行してもらえる

アコムは解約手続き完了後、「解約証明書」という書類を発行してもらうことができます。

解約証明書はアコムなど消費者金融を利用していないことを証明するもので、おまとめローンや住宅ローンを利用するときに必要になることがあるのです。

店頭窓口や郵送で解約証明証を行してもらうことができますが、一番早く受取れるのは店頭窓口です。

郵送は解約証明書を受取るまで1週間程度かかってしまいますが、店頭窓口なら10分程度で受取ることができます。

今すぐに解約証明書が必要な方は、店頭窓口で発行してもらいましょう。

自宅付近の店頭窓口は、こちらから探すことができますよ。

>>自宅付近の店頭窓口を探す

アコムは解約後に再度利用することができる?

アコムは解約した後に、どうしてもお金が必要になったときでも再度利用することができます。

また解約してから「何年間は再契約できない」という契約がありませんので、解約してもすぐに再度契約して利用することが可能です。

再度契約時には、もう一度審査を受ける必要があります。

またアコム利用していたときに滞納延滞をしたことがあると、再度利用することができない可能性がありますので、注意しましょう。

もし、思い当たる方は別のカードローンかクレジットカードの利用をおすすめします。

まとめ

アコムを解約するには、自動契約機、店頭窓口や電話といった方法があります。

そして、いざお金がどうしても必要なときに利用できなくなるデメリットもあります。

アコムを解約するときは、慎重に考えてから解約手続きを行いましょう。

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。