アコムの借り方を解説!申込手順や審査基準から提携ATMまで紹介

アコムの申込方法は何があるの?具体的に知りたい!
アコムでお金を借りたいけれど、借り方がわからない…

アコムのカードローンに申込方法は、以下の4種類があります。

急いでアコムで借入したい人は、あらかじめWebで申込をしたあとに店舗か無人契約機(むじんくん)で契約すると最短で申込が可能です。

必要書類については、以下の2種類が必要になります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書

アコムのサービスが受けられる対象は以下です。

  • 20歳~69歳である
  • 定期的な収入と返済能力を有する※1
  • アコムの審査基準を満たしている

※1 給与所得者、自営業者、パート・アルバイト、派遣・出向・嘱託社員、主婦・主夫(専業主婦・主夫除く)、学生

また、アコムの借り方は大きく分けて4つあります。

借入方法の種類 特徴
1.ATM 原則24時間年中無休アコムATMの営業時間は9:00~21:00
2.窓口 店舗の営業時間内に利用できる
3.インターネットからの振込予約 24時間いつでも借入できる楽天銀行口座なら24時間最短1分で振込
4.電話からの振込予約 24時間いつでも借入できる楽天銀行口座なら24時間最短1分で振込
初めての人なら、最大30日間無利息のアコム
  • 審査は最短30分
  • 利用明細を郵送からWeb(電磁交付)に変更可能
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能

※新型コロナウイルスの影響より、当面の間は営業時間を変更しています。

【アコム】

通常の営業時間 変更した営業時間
自動契約機 平日・土日祝:9:00~21:00 平日・土日祝:10:00~19:00
電話 平日・土日祝:9:00~18:00 平日のみ:10:00~18:00
インターネット 平日・土日祝:10:00~22:00 平日・土日祝:10:00~19:00

また、アコムでは、新型コロナウイルス感染症に関する影響を受けた人の取引相談窓口を設けています。詳細は上記公式HPを参照ください。

アコムの申込方法は4通り!カード受け取りまでの流れと最短ルート

アコムの申し込み方法はWeb、電話、郵送、来店の4通り

アコムのカードローンに申し込む方法は、以下の4種類です。

    • Web
    • 電話
    • 郵送
    • 来店(店頭窓口、自動契約機むじんくん)

最短即日で契約できる方法はこちら

次から、それぞれの申込方法について詳しく解説します。

(1)Webで申し込む流れ

「Web」での申込方法は、以下の流れになります。

  1. アコムの公式サイトにアクセスし、お申し込みをクリック(24時間365日受付)
  2. 必要情報を入力し、送信
  3. アコムから送られるメールを確認
  4. メールに記載されているURLにアクセスし、必要書類を提出
  5. 勤務先へ電話での在籍確認
  6. 審査通過後に送られるメールを確認し、契約内容に同意
  7. 店頭窓口・自動契約機(むじんくん)への来店、または郵送でローンカード受け取り

審査は、最短30分で完了します。
申込窓口は下の公式HPにあるので、一度のぞいてみましょう。

初めての人なら、最大30日間無利息のアコム
  • 審査は最短30分
  • 利用明細を郵送からWeb(電磁交付)に変更可能
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能

※新型コロナウイルスの影響より、当面の間は営業時間を変更しています。

【アコム】

通常の営業時間 変更した営業時間
自動契約機 平日・土日祝:9:00~21:00 平日・土日祝:10:00~19:00
電話 平日・土日祝:9:00~18:00 平日のみ:10:00~18:00
インターネット 平日・土日祝:10:00~22:00 平日・土日祝:10:00~19:00

また、アコムでは、新型コロナウイルス感染症に関する影響を受けた人の取引相談窓口を設けています。詳細は上記公式HPを参照ください。

(2)電話で申し込む流れ

電話での申込方法は、以下の流れになります。

  1. フリーコールに電話(18時以降は翌日審査)
  2. 簡易審査後、Web、来店、郵送、FAX送信のいずれかの方法を選択し、アナウンスに沿って契約手続きを行う

契約方法を選びたいなら、まずは電話で申し込みましょう。

(3)郵送で申し込む流れ

郵送での申込方法は、以下の流れになります。

  1. フリーコールに電話をかけ、申し込み書類を請求
  2. ACサービスセンター名にて申込書類が送付されるので受け取る
  3. 必要事項を記入し、必要書類を同封して返送
  4. 勤務先へ電話での在籍確認
  5. 審査結果通知の電話に対応
  6. 郵送される契約書類とローンカードを受け取る
  7. 会員ログインまたは電話でローンカードを有効に

アコムの店舗が近くにないなら、郵送での申込も検討するとよいでしょう。

(4)来店で申し込む流れ

来店での申込方法は、以下の流れになります。

  1. アコム店頭窓口、または自動契約機(むじんくん)へ行って必要書類を記入し申込手続きをする
  2. 勤務先へ電話での在籍確認
  3. 店内で審査結果を待つ
  4. 審査通過後、契約手続きを窓口、または無人契約機(むじんくん)で進める
  5. ローンカードが発行される

自動契約機(むじんくん)は店頭窓口よりも遅い時間まで営業しています。

  • 店頭窓口の営業時間:平日9:30~18:00(一部異なる、土・日・祝日休業)
  • 自動契約機(むじんくん)の営業時間:9:00~21:00(年中無休、年末年始は除く)

ちなみに、窓口や自動契約機(むじんくん)に行く前にWebであらかじめ申込手続きをしておくと、契約時間を短縮することができます。
次に、最短でお金を借りる方法を紹介します。

アコムでお金を急いで借りる最短ルート

急いで契約手続きを済ませたい場合には、あらかじめWebで申込をしたあとに店舗か無人契約機(むじんくん)に行きましょう。

  1. Webで申込手続きを済ませる
  2. 勤務先へ電話での在籍確認
  3. 審査通過後、Webまたは来店で契約手続きを行う
  4. 店頭窓口・自動契約機(むじんくん)へ来店してローンカードを受け取る。または、郵送でローンカードを受け取る

この方法であれば審査時間は最短30分、最短即日借入が可能です。

今日、明日中に急いでお金を借りたければ、Webと無人契約機(むじんくん)を組み合わせて契約まで進めましょう。

初めての人なら、最大30日間無利息のアコム
  • 審査は最短30分
  • 利用明細を郵送からWeb(電磁交付)に変更可能
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能

※新型コロナウイルスの影響より、当面の間は営業時間を変更しています。

【アコム】

通常の営業時間 変更した営業時間
自動契約機 平日・土日祝:9:00~21:00 平日・土日祝:10:00~19:00
電話 平日・土日祝:9:00~18:00 平日のみ:10:00~18:00
インターネット 平日・土日祝:10:00~22:00 平日・土日祝:10:00~19:00

また、アコムでは、新型コロナウイルス感染症に関する影響を受けた人の取引相談窓口を設けています。詳細は上記公式HPを参照ください。

次に必要書類について解説します。

アコム契約時の必要書類にまつわる注意点

必要書類は本人確認書類と収入証明書類

アコムに申し込む際には免許証、パスポートといった本人確認書類が必要です。

また、借入金額が50万円以上の場合は源泉徴収票や給与明細といった収入証明書も必要になります。

本人確認書類 収入証明書類
  • 運転免許証
  • 個人番号カード(通知カードはNG)
  • 健康保険証+住民票または納税証明書または公共料金領収証
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 市民税県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 青色申告書
  • 収支内訳書

書類に記載されている住所が現在の住所と異なる場合は、現在の住所が記載された住民票、公共料金領収証または納税証明書を用意しましょう。(発行日または領収日から6ヶ月以内のもの)

収入証明書類は50万円を超える契約を行う場合、または「他社を含めた借入総額が100万円を超える場合」に必要です。

なお、収入証明書類にはいくつか注意しなければならないポイントがあります。

書類の種類 有効期限 備考
源泉徴収票 最新年度のもの
  • 本人のフルネームが記載されている
  • 支払金額が鮮明に記載されている
  • 現在の勤務先が記載されている
給与明細書 直近2ヶ月分
  • 本人のフルネームが記載されている
  • 支払金額が鮮明に記載されている
  • 現在の勤務先が記載されている
  • 書類全体が鮮明に写っている
市民税・県民税額決定通知書 現在発行される「最新年度」のもの
  • 本人のフルネームが記載されている
  • 「収入金額」「所得金額」が鮮明に記載されている
  • 「発行日」「発行元」が記載されている
所得証明書 現在発行される「最新年度」のもの
  • 本人のフルネームが記載されている
  • 「収入金額」「所得金額」が鮮明に記載されている
  • 「発行日」「発行元」が記載されている
確定申告書青色申告書収支内訳書 最新年度のもの
  • 税務署の受付時間が記載されている(電子申告)
  • 個人番号の箇所が見えないように加工する
  • 本人のフルネームが記載されている
  • 「収入金額」「所得金額」が鮮明に記載されている
  • 税務署受付印または税理士名が記載されている

次に、アコムの審査について紹介します。

体験談から読み解く、アコムの審査で落ちる人の特徴

自営業年収500万の男性がアコムに落ちた理由

アコムに限らず、金融機関の融資を受けるためには審査に通る必要があります。

アコムの公式サイトには契約の基準は、20歳以上の安定した収入と返済能力を有する人で、当社基準を満たす人と記載があります。

つまり、アコムに申し込むには以下の条件を満たしている必要があります。

  • 20歳~69歳である
  • 定期的な収入と返済能力を有する ※1
  • アコムの審査基準を満たしている

※1 給与所得者、自営業者、パート・アルバイト、派遣・出向・嘱託社員、主婦・主夫(専業主婦・主夫除く)、学生

これをふまえて体験談を見てみましょう。

独身男性年齢:25歳以上28歳未満職業:自営業年収:500万円以上550万円以下勤怠年数:6年以上7年未満

アコムに申込をしたのは、大手ならではの「安心感」とCMをよく見ていたからです。「はじめてのアコム」というキャッチフレーズは有名ですよね。

借入希望額を50万円で申し込みました。申し込んだ時間が午前11時10分くらいで、審査回答が11時45分くらいだった事を覚えています。

申込当時、セゾンカードのキャッシングを70万円ほど利用しており、毎月25,000円ずつ返済してました。完済予定は4年くらいでした。
結果アコムの審査に落ちてしまいました…アコムの審査もダメ、他のところにキャッシングの申込をしても無駄だと考えた僕は、とりあえず現在の借金を返す事に専念をしました。

このまま借金を重ねれば、多重債務となり、にっちもさっちも行かなくなると思ったのです。僕の友人が金融トラブルになって色々と失った事を本人から聞かされたので、ストップをかける事ができたと思います。包み隠さず話してくれた友人に感謝をしています。

セゾンカードのキャッシング額とアコムの申込金額を足しても総量規制(貸金業法における、年収の3分の1を超えた債務者の借入を原則禁止する制度。過度な借入から消費者を守るためのもの。)の対象になる金額ではないため、他社からの借入が問題だった可能性は低いようです。

  • 毎月の返済に滞納の履歴が複数残っていた
  • 申込時の記入欄に誤り(あるいは虚偽)があった

アコムの審査項目は公開されていないため落ちた理由を特定することは出来ません。そうなると、上記の可能性が考えられます。

返済に滞納の履歴が複数残っていると、ブラックリスト(信用情報機関に事故情報が載ること)になってしまいます。

信用情報を取り寄せて事故情報が載っていないか確かめたり、申込内容を再度確認したりしてみましょう。

次の項目では、アコムの審査に通り、キャッシングを利用できるようになった場合のお金の借り方を紹介します。

アコムの借り方は4通り!時間帯や即日借入について

都合のよい借入方法を選択

アコムからの借入方法を4つ紹介します

それぞれ見ていきましょう。

(1)ATMから借りる

全国のアコムATMおよび提携ATMで原則24時間年中無休で借入ができます。

アコムATMは以下の手順で利用することができます。

  1. カードをATMに入れる
  2. 暗証番号を入力する
  3. ボタンの中から「ご融資」を選択する
  4. 利用金額を入力し、「円」を押す
  5. 明細書とカードを受け取る
  6. 紙幣を受け取る

なお、下記時間は定期点検を行うためATMが利用できません。

【ATMの利用が不可能な時間帯】

  • アコムATMおよび提携ATM:毎週月曜日1:00~5:00
  • セブン銀行のATM:毎日23:50~0:10
  • イオン銀行のATM:毎日23:45~0:10

提携ATMを利用する場合、取引額に応じて110円(取引額10,000円以下)または220円(取引額10,001円以上)の手数料が必要です。

また、ATMによっては、取引できる金額が違うため、事前に確認しておく必要があります。

提携先 URL
三菱UFJ銀行 https://www.bk.mufg.jp/
セブン銀行 https://www.sevenbank.co.jp/
E.net https://www.enetcom.co.jp/
ローソン銀行 https://www.lawsonbank.jp/atm/
イオン銀行 https://www.aeonbank.co.jp/
北海道銀行 https://www.hokkaidobank.co.jp/
北陸銀行 https://www.hokugin.co.jp/
東京スター銀行 http://www.tokyostarbank.co.jp/index.html
八十二銀行 https://www.82bank.co.jp/
第三銀行 https://www.daisanbank.co.jp/index.html
広島銀行 https://www.hirogin.co.jp/
西日本シティ銀行 https://www.ncbank.co.jp/index.html
福岡銀行 http://www.fukuokabank.co.jp/
親和銀行 http://www.shinwabank.co.jp/
熊本銀行 http://www.kumamotobank.co.jp/
クレディセゾン https://www.saisoncard.co.jp/

(2)アコムに来店して借りる

アコムの店頭窓口では、担当者に収支のバランスや返済計画などを相談しながら借入ができます。

店舗の営業時間は平日9:30~18:00(一部異なる)ので、その時間外に借入したい場合は別の方法を選択する必要があります。

(3)Webから借りる

インターネットから借入をする際は、24時間365日いつでも利用することができます。

ただし、銀行によって受付時間や振込が実施されるまでの時間が違います。

金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
楽天銀行 月曜 ~ 日曜・祝日 0:10 ~ 23:49 受付完了から1分程度
三菱UFJ銀行ゆうちょ銀行三井住友銀行みずほ銀行 月曜 0:10 ~ 8:59 当日 9:30頃
9:00 ~ 23:49 受付完了から1分程度
火曜~金曜 0:10 ~ 23:49 受付完了から1分程度
土・日・祝日 0:10 ~ 8:59 当日 9:30頃
9:00 ~ 19:59 受付完了から1分程度
20:00 ~ 23:49 翌日 9:30頃
振込実施時間拡大(モアタイム)金融機関 月曜 ~ 金曜 0:10 ~ 8:59 当日 9:30頃
9:00 ~ 17:29 受付完了から1分程度
17:30 ~ 23:49 翌営業日 9:30頃
土・日・祝日 0:10 ~ 23:49 翌営業日 9:30頃
その他金融機関 (コアタイム) 月曜 ~ 金曜 0:10 ~ 8:59 当日 9:30頃
9:00 ~ 14:29 受付完了から1分程度
14:30 ~ 23:49 翌営業日 9:30頃
土・日・祝日 0:10 ~ 23:49 翌営業日 9:30頃

利用金額は、利用者名義の金融機関口座へ振込されます。

ただし、Webからの借入は毎週月曜日1:00~5:00および毎日23:50~0:10にはメンテナンスのためサービスが利用できません

(4)アコムに電話して振込予約する

事前に口座登録手続きが必要となりますが、電話でも振り込み予約が可能です。

アコムプッシュホンサービス(音声自動応答):
利用可能時間:0:10~23:50
曜日 受付時間 振込実施の目安
平日 0:10~9:00 当日 正午頃
9:00~14:00 当日 15:00まで
14:00~23:50 翌営業日 正午頃
土・日・祝 0:10~23:50 翌営業日 正午頃
担当者受付:
利用可能時間:9:00~18:00
曜日 受付時間 振込実施の目安
平日 9:00~14:00 当日 15:00まで
14:00~18:00 翌営業日 正午頃
土・日・祝 9:00~18:00 翌営業日 正午頃

アコムプッシュホンサービスは、音声自動応答です。相談しながら振込予約をしたい人は担当者受付に電話するといいでしょう。

次は、キャッシングを利用する時に無視できない要素の金利・利息について解説します。

アコムの金利や利息はどのくらい?確認や計算方法も紹介

借りる前に金利を確認しましょう

アコムの貸付利率は3.00%~18.00%(実質年率)で、契約極度額に応じて適用される利率が決まります。

契約極度額とは、カードローン申込者が最大限借入できる金額のことをいいます。

契約極度額 501万円~800万円 301万円~500万円 100万円~300万円 1万円~99万円
適用金利 3.0%~4.7% 4.7%~7.7% 7.7%~15.0% 7.7%~18.0%

なお、はじめての人なら最大30日間無利息期間が適用され、契約日翌日から最大30日間は無利息で借入ができます。(無担保カードローンが対象)

発生している金利は、以下の方法で確認できます。

  • ATMでの「ご利用明細書(お借入)」
  • 会員ログインメニューの「明細の確認」
  • ご契約時の「契約内容通知書」
  • 電話での問い合わせ

利息は、以下の計算式で計算します。

  • 借入残高×借入利率÷365日×利用日数=利息
  • 計算例(10万円を30日間、実質年利18.0%で利用):10万円×0.18÷365日×30日間=1,479円

アコムの金利について、各社との比較や利息を抑える方法について知りたい人はこちらも確認しておきましょう。

次の項目では、アコムで借りたお金の返済方法を紹介します。

アコムの返済方法は?提携ATMや返済期日、注意点を徹底解説

返済も便利な方法を選ぶ

アコムの返済方法は以下の4種類です。

返済方法の種類 特徴
Web
  • 24時間365日対応
  • 返済手数料無料
ATM
  • 24時間365日対応
  • アコムATMのほか、提携ATMも利用可能アコムATMの営業時間は9:00~21:00
窓口
  • 返済手数料無料
  • 担当者に相談しながら利用可能
振込・口座振替
  • アコムの指定銀行口座への振込
  • 利用者の口座から自動引き落とし

提携ATMは前述の提携先のうち、八十二銀行以外の提携先が返済に利用できます

提携ATMを利用する場合、取引額に応じて110円(取引額10,000円以下)または220円(取引額10,001円以上)の手数料が発生します。

返済期日は2種類あります。

  • 35日ごと:前回の返済日の翌日から数えて35日目が次の返済日になる
  • 毎月指定期日:利用者が希望した指定日が毎月の返済日になる

公式サイトには、返済シミュレーションと返済早見表が用意されています。2つの方法を利用し、返済の見通しを立てましょう。

最後の項目では、知っておきたい滞納したらどうなるのか?を解説します。

アコムで滞納したらどうなる?延滞損害金や督促状、催告書を解説

アコムで借りたお金を期日に返済できなかった場合は延滞損害金が発生します。

延滞損害金は年率20.00%の割合で計算され、滞納日数に応じて支払わなければなりません

計算例(借入残高10万円、遅延損害金年率20.00%、期限の利益の喪失日の翌日から5日経過の場合):10万円×0.200÷365日×5日=273円

利用金額を滞納したままにすると、最終的に法的措置を取られる可能性があるため、早急に対応する必要があります。法的措置になるまでの順序は以下です。

  1. 利用者の携帯電話に督促の連絡
  2. 利用者の自宅固定電話に督促の連絡
  3. 利用者の自宅に督促状が郵送される
  4. 利用者の勤務先へ電話連絡
  5. 法的手続きになる

支払い期日を過ぎそうである、またはすでに過ぎている場合には、アコム総合カードローンデスクに相談しましょう。

お金を借りる前に計画的な返済を立てることが大事ですが、それでも返済が難しければ弁護士や専門家に相談しましょう。

まとめ

アコムの申込方法や利用方法を知ることで、申込のハードルは下げられたのではないでしょうか。

スムーズに借入できるように、申込方法を選定し、必要書類を事前に用意しましょう。

お金を借りること自体は決して怖いものではありませんが、無計画にお金を借りて返済できなくなると社会的信用を失い、法的措置を取られる可能性があります。

返済計画を立て、万が一の事態に陥った場合にはアコムへの連絡や法律の専門家への相談など、早めに対処しましょう。