アコムの金利は申込みで実際下げることはできる?

アコムは、初回最大30日間金利ゼロ円なのはお得ですが、元々の金利が少し高いと感じる方が多いですよね。

ただ、アコムの利息は返済までの期間を短くすれば少なくすることができたり、工夫次第で弱点を補うことができるのです。

そこで今回は、アコムの金利や返済時の利息、計画的な返済について詳しく解説していきます。

アコムの適用金利を下げる方法

アコムの金利は上限が最大18.0%で、一見高いと感じる金利ですね。

ただ、アコムの金利だけが高いわけではなく、消費者金融の金利自体利息制限法という法律で定められている金利のため、平均的な数字なのです。

もちろん銀行のカードローンと比べるとたしかにアコムの金利は高めですが、初回30日間無利息サービスがあるので、初めてアコムを利用する方にとってはたいしたデメリットにはなりません。

はじめての借り入れ時に適用される金利は?

アコムの借入れ時に適用される金利は、借入金額によって違います。

借入金額は安定した収入や他社への借入れ状況、金融事故などの審査条件を確認したうえで決められます。

まずはこちらの金利目安表をみてみましょう。

利用限度額 適用金利
501万円~800万円 3.0%~4.7%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
1万円~99万円 7.7%~18.0%

このように、借入金額によって適用される金利は違いますよね。

ただし金利は、借入金額の多さによって低くなることはありますが初めての借入れなら上限金利である「18.0%」が適用されることが多いです。

なぜなら初めて借入れする方はアコムからの信用がないからです。

アコムの金利を下げる方法はあるのか?

アコムの金利を下げる裏技は存在しませんが、アコムを何度も利用し健全に返済することで、信用度が上がって低金利が適用されることはあります。

信用を得ることで、借入上限額の増額や金利の引下げにつながる可能性が増えるのです。

どれくらいアコムを利用したら信用度が上がるのか、というのは明確に決まっていませんので、相談したからといって金利が低くなるわけではない、と覚えておきましょう。

信用を得るには、とにかく健全にアコムを利用することです。

  • 安定した収入がある
  • 返済期日まで返済をする
  • 定期的に借入れ

一見シンプルな条件ですが、この3つの条件がとても重要です。安定した収入があることによって、返すお金があることを証明できます。 

また、借入金額をしっかりと返済期日に支払うことで信用は徐々に増えていきます。

その結果、定期的な借入れを行うときの借入金額の増額や、金利の引き下げにつながるのです。

アコムの返済日は2種類から選べる!

アコムの返済日は35日毎と毎月指定期日の2種類です。

アコムの返済期日:35日毎

アコムの返済期日は、前回返済した日の翌日から35日目です。

そのため、35日目に返済を終えるとまた翌日から35日を数えます。アコムの35日毎はこの繰り返しになります。

たとえば初めての返済期日が12月31日の場合は、2月4日までに返済を行います。

さらに、借入れや返済の取引の間に追加で借入があった場合、返済期日は延長されないので要注意です。

アコムの返済期日:毎月指定日

もうひとつの返済期日として、毎月指定日があります。返済期日を利用者自身が選べます。

20日を返済期日にした場合、自動的に毎月20日に決まります。

ただし、返済期日より早めに入金がある場合、前の月に追加入金されたという扱いになってしまうため、返済期日は変わりません。

このように返済期日が2種類あることで、自分に合った期日を選ぶことができます。

利息は返済回数や期日までに支払う金額によって、低くなったり、安くなることもあります。

返済時にかかる利息は工夫次第で変わる!?

どの借入れにも同じことがいえますが、借入れ後には必ず借入金額と利息を返さなければなりません。

しかし誰だってできれば少ない利息でお金を返していきたいものですよね。

利息の計算方法や返済方法などを理解しておくことで、利息に対しての不安を解消しましょう。

利息の計算方法を知り元金を減らそう

アコムの利息は、借入残高つまり「元金」と金利、利用日数で計算を行います。

そして借入金額は早く返すことで、元金が減り、利息を少なくすることができます。

まず利息の計算式をみてみましょう。

元金(借入金額)×金利÷365(366)日×利用日数=支払う利息

※借入れの当日は利用日数に含まれない、1円未満は切り捨て。うるう年は365日か366日

この計算式に元金や金利、利用日数の数字を入れることで支払う利息をだすことができます。

たとえば金利18.0%で10万円を30日間で借り入れした場合、支払う利息はこのようになります。

100,00円×0.18÷365日×30日=1,479円

このように、30日間で10万円を借入すると返済時に支払う利息(レンタル料)は約1,479円かかることがわかりますよね。

たとえば返済時に5,000円を支払った場合、計算式は5,000円-1,479円=3,521円。

3,521円が元金の返済にあてられます。

しかし「10万円の借り入れだけで利息が1,479円もかかるの!?」と思っている人も多いと思います。誰だって少しでも利息は抑えたいものですよね。

返済額は人によって違いはありますが、もし返済に余裕があるのであれば「返済額を多く」しましょう。

返済額が10,000円の場合、10,000-1,479円=8,521円となり、8,521円が元金にあてられ、元金が減ります。

利息は元金に金利をかけているため、元金を減らすことで利息も少なくすることができるのです。

また、お金に余裕があるときには追加払いをし、元金を減らしていくことも可能ですよ。

無利息期間を活用する

アコムの金利が高いと感じたときは、「初回最大30日間金利0円」サービスを上手く利用することで解決することもあります。

つい利用限度額までお金を借入れようとする方もいると思いますが、借入金額が多いと返済回数や利息が多くなってしまいます。

なので、まず借入金額は必要最低限の金額にしましょう。

使える分だけを借入するのではなく、今必要な金額だけを借入れ、無利息期間の間に返済します。

たとえば金利は18.0%、生活費の補填として5万円を借入れ、1ヶ月(30日)で返済する場合。さきほど紹介した利息の計算式に5万円と30日をあてはめると。

50,000円×0.18÷365日×30日=739,726円

※1円未満は切り捨て

このように通常では約740円の利息がかかります。

しかし無利息期間を利用すると740円お得になります。

アコムの無利息期間は契約した日から翌日の30日まであるので、その間に返済をすれば利息を払わなくて済みますよ。

そんなときに、支払いをひと工夫するだけで無駄なお金の出費を抑えられます。

定率リボルビング方式で最小返済額を知ろう

アコムの返済方式は定率リボルビング方式です。

定率リボルビング方式とは「借入残高に決められている割合をかけ、返済額を算出する」方法のことです。アコムの場合、決められた割合は利用者の利用限度額によって割合が決まります。

そこで、どれくらいの割合が適用されるのかをみてみましょう。

【借入残高に決められた割合】

利用限度額

一定の割合

1万円~30万円以下

借入残高の4.2%以上

30万円超え~100万円以下

借入残高の3.0%以上

100万円超え

借入金額の3.0%以上

借入金額の2.5%以上

借入金額の2.0%以上

借入金額の1.5%以上

※(2019年9月時点)

このように利用限度額によって適用される割合は違います。

そして定率リボルビング方式でかけた金額を「最小返済額」として決め、返済を行います。

最小返済額は、言葉の通り少なくともこの金額だけは返済してほしいという金額になります。

ですが、割合だけではピンとこない方もいるのではないでしょうか。実際に最小返済額の計算式を使って計算してみましょう。

借入残高×一定の割合=最小返済額

たとえば利用限度額が20万円あり、そのうちの10万円を利用したとします。

借入残高は10万円、適用金利は18.0%の最小返済額はいくらなのかをみていきましょう。

100,000 ×4.2%=4,200円

1,000円未満(100円単位も切り上げ)は切り上げというルールのため、最低返済額は200円切り上げて5,000円となります。

同じように「利用限度額が30万円超えで、借入残高が10万円」の場合はどうなんでしょうか。一定の割合である3.0%をかけるため、計算式は10万×3.0%=3,000円となります。

そのため、返済しなければいけない最小返済額は3,000円です。

この最小返済額はあくまで支払うべき最低限の金額です。そのため、最小返済額以上のお金をいくらでも返すことは可能ですよ。

ただ、最初の段階の最低返済金は次の月以降も引き継がれていくような設定になっています。なので最低返済額を変更したいときは手続きが必要です。

手続きは「HPの会員メニュー」や「アコムATM」やお電話にて変更が可能か確かめておこなうことができますよ。

また、実際に借入れ前に自分の最低返済額を出し、返済が厳しそうだなと思ったら借入金額を下げる、または借入れしないという選択も必要です。

アコムの最小返済額を知ることで、ある程度自分の返済額の目安を把握することができます。

アコムと同じ上限金利の消費者金融

アコムの上限金利は18.0%と高いように思われますが、アコム以外にも同じ上限金利の消費者金融があるんですよ。

大手の消費者金融の金利とおすすめポイントをみてみましょう。

特徴

アイフル

・金利3.0%~18.0%

・最短30分で審査完了

・初回利用「30日間無利息」

SMBCモビット

・金利3.0%~18.0%

・即日融資可能

・Web完結申込み

※申込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取引となる場合があります

アイフルは利用限度額が50万円以下の場合、原則収入証明書は必要ありません。

また、全国の提携ATMで借入ができるため便利です。

本人確認や必要書類は、アコム専用サイトやアプリで送信するだけなので便利です。

まとめ

アコムの金利は消費者金融の相場といえる上限額18%の設定となっています。

金利は支払い額に直接影響を与えますが、利息は利用の仕方によっても変わってくるものです。

初めての短期の借入れであれば、無利息期間30日のアコムはお得に利用できるでしょう。

また借入れ期間が長くなる場合は審査と借入れが早くて便利というメリットがあります。

返済完了までの返済プランや毎回必ず返済しなければいけない金額がどのくらいになるのかを確認してみましょう。

【関連記事】

【経験談】アコムの電話を避ける方法|申し込み時に知っておきたい2つの方法

アコムに申し込むなら絶対抑えておきたい19個のチェックポイント

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。