アコムの必要書類|申込み前に準備するべき理由と提出方法

アコムの必要書類の事前準備するべき理由と提出方法

「アコムの申込みに必要な書類ってあるの?」「特別な書類が必要な場合が知りたい」

アコム申込み時の必要書類は、基本的に本人確認書収入証明書の2種類になります。

そして、収入証明書類は条件によって必要な場合と不要な場合があるのです。

この記事ではアコムの必要書類や、必要書類の提出方法などについて詳しく紹介していきます。

アコム申込み時の必要書類

アコムの申込み時の審査には、本人確認書と収入証明書の2種類の必要証明書類を求められます。

本人確認書類は申込みに必須

アコムで本人確認書類は申込み時の提出は必須であり、以下のように「顔写真付き」「顔写真なし」の場合で書類が異なります。

顔写真付きの本人確認書類 顔写真なしの本人確認書類
以下のいずれか1点のみ
・運転免許証
・マイナンバーカード(個人番号)
・パスポート
健康保険証と以下の書類1点※
・住民票
・公共料金の領収書
・納税証明書

※発行日または領収日から6ヶ月以内

顔写真付きの本人確認書類がある方は「運転免許証」「マイナンバーカード」「パスポート」のいずれか1点のみの提出です。

ただしマイナンバーカード持っておらず、マイナンバーの通知カードを提出した場合には本人確認書類としては認められませんので、注意しましょう。

一方顔写真なしの本人確認書類を提出する場合は、健康保険証と「住民票・公共料金の領収書・納税証明書」から1点をあわせて提出が必要になります。

発行日または領収日から6ヶ月以内が有効期限であるため、確実にチェックしておくことが大切です。

また外国籍の方は「在留カード」「特別永住者証明書」※のどちらか1点を準備しましょう。

※法令により、有効とされる期間内は「外国人登録証明書」を含みます

条件によって収入証明書類が必要

収入証明書類はアコムの申込みまたは利用時に、以下のような条件で必ず提出を求められます。

  • 申込み時の借入れ希望額が50万円超え
  • 他社の借入れ含めて合計額が100万円超え
  • 提出済みの収入証明書類が3年以上経過

なかでも「申込み時の借入れ希望額が50万円超え」「他社の借入れ含めて合計額が100万円超え」の場合は、当てはまることの多い条件です。

提出を忘れてしまった場合は審査時間の長期化や、審査に落ちる要因にもなります。

そして、アコムで収入証明書類として認められる書類は以下の5つです。

収入証明書類 有効期限・備考
源泉徴収票 有効期限:最新年度
勤務先で12月~1月に交付される源泉徴収票
給与明細書 有効期限:直近2ヶ月
「本人氏名」「発行年月」「勤務先名」「月収」が明記(※1)
市民税・県民税額決定通知書 有効期限:現在発行できる最新年度
勤務先または市区町村役場で5~6月に発行
所得証明書 有効期限:現在発行できる最新年度
市区町村役場で発行または税務署で取得(※2)
確定申告書・青色確定申告書・収支内訳書 有効期限:最新年度
1月~3月に税務署に提出された書類

(※1)手書きの場合は社判または社印が必要
(※2)発行手数料は利用者が負担

また給与明細書を収入証明書類として提出するときは、賞与の受取りがある場合にかぎり賞与明細書の提出も必要となりますので、覚えておきましょう。

学生・自営業主の場合の必要書類?

「学生申込みの必要書類は?」「自営業の場合はどうすればいい?」アコムはアルバイト・パートで働いている学生や、自営業で働いている方でも申込むことができます。

そこで、学生や自営業の方の申込み時に提出する必要書類について紹介していきます。

学生

学生の場合は、運転免許証やパスポートなどの顔写真付きの本人確認書類のみの提出になります。

しかし、学生のなかには運転免許証やパスポートなどを持っていない場合も考えられるでしょう。

そのときは「健康保険証」と「住民票」を併せて提出、また1人暮らしをしている学生は「健康保険証」と「公共料金の領収書(電気・ガス・水道)」の提出でも大丈夫です。

住民票と公共料金の領収書は、発行日・領収日から6ヶ月以内のものしか有効ではありませんので注意しましょう。

自営業

自営業の方は運転免許証やパスポートなどの本人確認書類とは別に、自身の年収状況を示す収入証明書類の提出が必要となります。

「借入れ希望額50万円超える予定ないけど…」と思われるかもしれませんが、自営業の方は必ず提出しなければいけません。

そもそも自営業は仕事や業績によって、月々の収入が不安定である場合が考えられます。

アコムにとって、収入が不安定であることを理由に返済できない状況になられても困るのです。

そして、自営業の方は収入証明書類のなかで必ず提出しなければいけないのが「確定申告書青色申告書収支内訳書」になります。

提出のときは最新年度のものを用意して、税務署の受付印があることのチェックが必要です。

税務署の受付印がない場合は、確定申告書の余白に「税務署に提出した日付」「提出した税務署名」を記入しましょう。

必要書類の提出方法

アコムに必要書類として本人確認書類と収入証明書類を提出する方法について、それぞれご紹介していきます。

本人確認書類

アコムに本人確認書類を提出する方法は、以下の手順で行います。

本人確認書類の提出手順
  1. アコムのアプリをダウンロード
  2. 「書類提出のお願い」のメールでURLを選択
  3. アプリで「書類提出」を選択
  4. 「新規申込みのお客」を選択
  5. お客様番号を入力
  6. 画面上で書類を選択してスマホで撮影
  7. 画面下の「書類を送信する」を選択
  8. 送信完了

本人確認書類の撮影時は画面所の枠いっぱいになるように撮影しましょう。

またお客様番号の入力は、新規申込み完了後に送られる「書類提出のお願い」のメールのURLからアプリを起動すると画面上に表示されます。

収入証明書類

アコムで収入証明書類を提出するときは以下の5つの提出方法があります。

  • アップロードで提出
  • スマホで送信
  • FAXで送信
  • 店頭または自動契約機で提出
  • 専用封筒で郵送

以上の提出方法のなかでも、「アップロードで提出」「スマホで送信する方法」の利用がおすすめです。

本人確認書類の提出方法と同様に、スマホ・カメラで撮影した画像を会員ページまたはアプリからアップロードして送信完了になります。

しかし、ネット上から収入証明書類を送信するのが不安という方もいらっしゃるかもしれません。

その場合は収入証明書類の現物を用意して、店頭窓口または自動契約機に向かいましょう。

店頭窓口・自動契約機収入証明書類のコピーを取り、提出完了となります。

もしコピーした収入証明書類を提出した場合には注意を受ける可能性がありますので、気をつけましょう。

必要書類はあらかじめの準備が大切

アコムの申込みは、あらかじめ必要書類を準備したうえで行うことが大切です。

本人確認書類に関しては、結局のところ申込み者の全員が提出することになります。

また収入証明書類も申込み時点で「申込み時の借入れ希望額が50万円超え」「他社の借入れ含めて合計額が100万円超え」の方は、発行に時間がかかる書類を事前に用意しておくことが大事です。

そして、仮審査が通過した時点で2種類の必要書類を準備しはじめた場合、本審査が大きく遅れてしまうことにもなります。

最悪の場合はアコムの審査に落ちてしまうことにもなるので注意しましょう。

自身が準備すべき必要書類を用意しておくことで、落ち着いてスムーズに審査を進めることができますよ。

まとめ

今回はアコムの必要書類について紹介してきました。アコムの申込み時には本人確認書類と条件によっては収入証明書類が必要となります。

本人確認書類は「顔写真付き」と「顔写真なし」で異なりますので、自身が手元で準備できる書類を用意しましょう。

また「申込み時の借入れ希望額が50万円超え」「他社の借入れ含めて合計額が100万円超え」の場合と自営業の方は収入証明書類が必須となります。

あらかじめ自身に必要な書類を準備したうえで、スムーズにアコムの申込みを進めていきましょう。

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。