アイフル解約手続きの流れ|Webからできる?スムーズに手続きする方法

アイフルを解約する2つの方法と注意点

アイフルは電話と店舗窓口にて、いつでも解約することができます。

ただ一度解約すると、再度利用するには初回申込みと同様の審査を受ける必要があり、次も必ず審査に通過できるとは限りません。

今回この記事では、アイフルを解約する方法と、メリットデメリットについて詳しく解説していきます。

アイフルを解約すると信用情報に記録される

アイフルを解約すると、信用情報に「解約済」と記録され、住宅ローンなどの次にローンを組むときに審査がスムーズになります。

一方、アイフルを解約せずに審査を受けてしまうと、以下のリスクが考えられるのです。

審査時のリスク
  • 利用限度額が低く設定されてしまう
  • 審査の通過が難しくなってしまう

解約手続きを行わないままだと、まだ借金が残っているとみなされて審査が不利になってしまいます。

そのため住宅ローンなどの利用を考えているなら、アイフルで借りたお金を完済して解約手続きを行いましょう。

審査を受けるときはアイフルを完済するだけでなく、解約手続きを行えば自分の希望にあった条件で利用できる可能性が高くなりますよ。

ただし長期の延滞をしたことがあると、延滞記録が最大5年間は信用情報に記録されたままとなり、住宅ローンなどの審査に通過しにくくなる可能性があります。

延滞履歴はアイフルを解約しても、消えることはないので、新たな審査を受けるなら信用情報が消えるまで待つなどの対処が必要です。

解約するとお金を準備する手段がなくなる

アイフルを解約する前には、「これから先、お金に困ることがないか」を落ち着いて考えてみることが大切です。

解約後に再度アイフルを利用するには、申込みをして審査に通過することが必要になります。

そして必ず審査通過できるとは限りません。

完全に借入れできる手段がなくなると困る可能性があるなら、解約せずに契約を継続するほうがいいこともあります。

アイフルは年会費・手数料は無料なので、契約を継続するのに費用がかかることはありません。

ただアイフルを解約すると、無駄な出費を防げる場合もあります。

アイフルを利用していることによって、借りすぎてしまったり、自分で稼ぐことよりも借入れに頼ったりしてしまうなら、解約することには大きな意味があります。

ここからアイフルを解約する方法を確認していきましょう。

アイフルは解約手続きをWebから行える?

アイフルは解約手続きをWebから行うことはできません。

アイフルを解約する方法は、平日9時~18時の間に、会員専用ダイヤルへ連絡、またはアイフル有人店舗の窓口で手続きの2通りのみとなっています。

アイフル解約時の詳細
■解約手続き可能時間
平日9時~18時(土日祝日は不可)

■解約方法
電話・有人店舗窓口のみ

(2019年10月時点)

土日祝日と営業時間外の時間帯には手続きができないので、注意しましょう。

では、ここから電話・店舗窓口での解約の流れをそれぞれ確認していきます。

電話で解約する

アイフルを電話で解約するには、会員専用ダイヤルに連絡して、「解約したい」ことをオペレーターに伝え、手続きを行います。

電話で解約時の流れ
  1. 会員専用ダイヤルへ電話
  2. 完済できているか確認される
  3. 解約手続き
  4. 解約証明書が必要なら申請
  5. 契約書類が郵送される
  6. ローンカードを破棄

Web以外の方法で契約した方は、アイフルに契約書類が保管されているため、解約時に返却してもらう必要があります。

返却方法は郵送、または後日来店して受取りとなります。

また店頭窓口で解約するときは当日に契約書類を返却してもらうことはできません。

そのため来店を1回で済ませるためには、事前に来店予定日を伝えておくことが大切です。

店頭窓口で解約する

アイフル店舗の窓口で解約手続きを行うときは、免許証・ローンカードを持参して来店しましょう。

窓口では解約手続きと同時に残高の一括返済を行うことができます。

そのため事前に完済できていないときは、現金も必要となります。

店舗窓口で解約時の流れ
  1. 窓口で解約したいと伝える
  2. 残高が残っている場合は現金でお支払い
  3. 解約手続き
  4. 契約書の返却
  5. 解約証明書を作成してもらい受取り
  6. ローンカードを破棄してもらう

店頭窓口で解約手続きを行うと、ローンカードを店舗で破棄してもらうことができます。

もちろん自分で破棄することもできますが、磁気の部分を細かく切り数回に分けて捨てないと、不正利用されてしまう恐れがあるのです。

セキュリティー面を考えると、店舗で破棄してもらったほうが安心ですよ。

アイフルで解約手続きする前に完済しておく

アイフルの解約は手数料なしでいつでもできるのですが、残高を完済できていることが条件となります。

アイフルへ電話をすると、借入れ残高の確認が行われ、完済していない場合は一括返済を求められます。

そのため解約手続き前に一括返済を済ませておいた方が、スムーズに手続きを進められるのです。

また店頭窓口へ来店して一括返済と解約手続きを同時に行えますが、事前に支払いしておけば現金を持参する必要がなくなりますよ。

一括返済するときは1,000円未満の残高が残っていないか確認しましょう。

アイフル専用ATMや提携ATMで返済していると、1,000円単位の支払いしかできません。

そのため完済したつもりでも残高が残っている可能性があります。

1,000円未満の残高は「無利息残高」となり、利息がかからず増えることがなく、支払い期限も存在しないため、見逃さないように注意しましょう。

もし残高が残っているのであれば、1円単位の支払いができる以下の3つの返済方法で、完済することが必要です。

アイフルを完済する3つの方法
  • 銀行振込み
  • 店頭窓口で支払い
  • Loppi・Famiポート

最終的な支払い額は、会員サイトで確認することができます。

返済額には、「利用残高」とともに「支払い日までに日割りで加算される利息」・「前回の返済以降に利用したATM手数料」が含まれます。

それぞれの金額は会員サイトの以下の項目で確認可能です。

支払い内訳 会員サイトの確認場所
利用残高 当日残高
支払い日までの利息 当日利息
前回返済以降のATM手数料 その他費用

上記の3項目の合計額が、最終的な返済額です。

ただ計算が面倒な方は、アイフル会員専用ダイヤルへ連絡すれば、オペレーターが調べて教えてくれるので便利ですよ。

アイフルは解約証明書を発行してもらえる

アイフルを解約すると、解約証明書を発行してもらうことができます。

解約証明書はカードローンを利用したことがある方が、住宅ローンなどの審査を受けるときに提出を求められることがあるのです。

解約証明書については解約手続き時に、プロミス側から確認がないこともあり、その場合は自分から発行を依頼する必要があります。

発行自体は時間がかからないので、店舗窓口で依頼すればその場で受取ることができますよ。

解約証明書を完済証明書と間違えないように気を付けておきましょう。

完済証明書はあくまでもアイフルからの借入れ金額がゼロであることを証明するだけのもので、解約証明書とは別のものとなっています。

間違えないように区別しておきましょう。

アイフルは解約後でも電話で相談できる

アイフルを解約した後に再度利用したいときや、後から解約証明書が必要になった場合は、アイフルのコールセンターへ連絡すれば、オペレーターに相談ができます。

コールセンターの音声案内に従って、「以前ご利用のあったお客さま」を選択しましょう。

再度利用するには、初回と同じように申込みを行い、審査を受けることが必要です。

電話以外でもWebやアイフルの店舗窓口自動契約機で申込みができます。

振込み融資やカードレスで即日融資を受けるならWeb申込み、即日カード発行したいなら毎日深夜まで利用できる無人契約ルームでの申込みが便利ですよ。

まとめ

アイフルは電話と有人店舗の窓口で申請して解約することができます。

解約すると信用情報に記録され、住宅ローンなどの審査で不利となるリスクを軽減できるメリットがあります。

しかし一旦解約してしまうと、再度利用するには審査を受けることが必要です。

申込みはいつでもできますが、以前利用していたとしても審査に通るとは限りません。

そのためアイフルをまた利用するかもしれないときは、すぐに解約する必要はないでしょう。

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。