アイフルの返済はどれが便利? 5つの返済方法と2種類の期日

アイフルの返済は便利セブンイレブンでカードレス利用も可

アイフルは残高と支払いのサイクルによって返済額が決められており、借入れ前に具体的な金額を確認できるので安心です。

また5つの返済方法から利用しやすいものを選択でき、返済日も都合のよい日を指定できます。

この記事ではアイフルの返済についての基本的な情報、利息を少なくできる返済方法や返済で困ったときにすべき対処について解説します。

アイフルの毎月の返済額は4,000円から!

アイフルの毎月の返済額は、借入れ後残高・支払いサイクルごとに決まっています。

借入れ後残高はお金を借りた直後の残高のことで、追加の融資を受けない限り返済額が変わらないのです。

また支払いサイクルは、約定日制と35日ごとのサイクル制の2種類があり、どちらにするか自分で選択することができます。

借入れ後残高・支払いサイクルごとの返済額を以下の表にまとめみました。

借入れ後残高 返済日の選択
サイクル制
(35日ごと)
約定日制
10万円まで 5,000円 4,000円
10万円超~20万円 9,000円 8,000円
20万円超~30万円 13,000円 11,000円
30万円超~40万円 13,000円 11,000円
40万円超~50万円 15,000円 13,000円
50万円超~60万円 18,000円 16,000円
60万円超~70万円 21,000円 18,000円
70万円超~80万円 24,000円 21,000円
80万円超~90万円 27,000円 23,000円
90万円超~100万円 30,000円 26,000円

(2010年11月時点)

上記の返済額は最低返済額となっており、毎月支払う必要のある最低限の金額のことで、一定金額以上を支払ってはいけないというような決まりごとはありません。

そのため、余裕があればいつでも多めの返済ができますよ。

余裕があれば一括返済することもできる

アイフルはいつでも一括返済することができますが、最終的な返済額を確認してから支払いましょう。

アイフルは1日ごとに利息が加算されているため、一括返済するときの金額が毎月の返済額のように一定ではないのです。

そのため、会員サイトや会員専用ダイヤルから、支払いを行う当日の返済額を確認することが重要となります。

また返済方法は、1円単位でアイフルへ入金可能な以下の3つの方法で行います。

1円単位の支払いができる方法
  • 銀行振込み
  • Loppi・Famiポート
  • 店頭窓口

アイフルは店舗へ足を運ばなくても、銀行振込みやLoppi・Famiポートでも一括返済できますよ。

さてここからは毎月の返済について考えていきます。

アイフルの返済方法は5つから自由に選択可能

アイフルはネットでの返済には対応していませんが、5つの返済方法から自分が利用しやすい方法を選択することができます。

5つの返済でできることには、以下のような違いがあります。

5つの返済方法 カードレス 手数料無料 24時間 1円単位の返済
ATM返済 アイフルATM × × ×
提携ATM 〇(セブン銀行) × ×
マルチメディア端末 × × ×
口座振替 - 一定金額のみ
銀行振込み × ×
店頭窓口 ×

(2010年11月時点)

ここから5つの返済方法の詳細を確認していきましょう。

アイフル専用とコンビニや銀行の提携ATM

アイフルの専用ATMでの返済は、手数料無料・最大23時まで利用することができます。

提携ATMは1万円以下110円・1万円超220円のATM手数料がかかりますが、コンビニの提携ATMは通いやすい場所で、最大24時間利用できるので便利です。

またローンカードがなくても、スマホのみでアイフルにセブンイレブンから返済できる方法もあります。

銀行の提携ATMは三菱UFJ銀行・イオン銀行は、設置場所の営業時間に応じて7時~23時の間で利用可能です。

また九州にお住まいの方は、西日本シティ銀行・親和銀行のATMも利用することができますが、営業時間についてはご利用のATMで確認が必要です。

こちらの記事ではアイフルを利用可能なATMについての詳細をご紹介しています。

コンビニに設置のマルチメディア端末

アイフルの返済は「Loppi・Famiポート」という、コンビニに設置されているマルチメディア端末から、毎日7時~23時まで行うことができます。

マルチメディア端末を利用するにはローンカードが必要になり、申込み券を発行したうえで、レジで支払う仕組みになっています。

1円単位で返済額を設定することができることが特徴ですが、「1万円以下110円・1万円超220円」の手数料がかかることを覚えておきましょう。

また申込み券には有効期限があり、発行後30分以内にレジへ提示しないと無効になってしまい、再度発行しなければいけません。

そのため申込み券を発行したら、早めにレジへ提示して支払いを済ませておきましょう。

毎月自動返済してもらえる口座振替

口座振替毎月自動的に返済を行ってくれるので、返済日を忘れてしまう心配がなく、支払いに手数料と手間がかかることがありません。

三菱UFJ銀行や三井住友銀行などの大手銀行、ゆうちょ銀行、地方銀行、ネット銀行、信用金庫の多数の口座を口座振替用に登録可能です。

ただ口座振替は毎月一定額の引落しにしか対応していません。

口座振替を利用する方で通常の引落し額より多めに返済したいときは、ATMやマルチメディア端末、銀行振込みなどの別の方法で支払いしましょう。

アイフルの返済用口座へ銀行振込み

アイフルは返済用口座を設けており、銀行などのATMから返済額を直接振込むことができます。

ただ振込み時にかかる手数料は、自己負担になることを覚えておきましょう。

またアイフルの返済用口座は、パソコンやアプリから会員ページにログインすると確認できます。

特にアプリを使えばATMを操作するときにすぐ確認できるため、スムーズにお金を振込むことができますよ。

相談しながら返済できる店頭窓口

アイフルの店頭窓口は手数料なしで返済できますが、平日10:00~18:00(※)のみの営業となっています。

※一部店舗は営業時間が異なる

そのため土日祝日などに返済したときは、別の方法で支払わなくてはいけません。

しかし店頭窓口は今後の返済について直接相談したり、一括返済をしたりすることができるのです。

もし、直接相談したい方で営業時間内に行けるなら、店頭窓口を利用してみてもいいかもしれませんね。

アイフルは返済日も自由に決められる

アイフルは給料日の後など、自分が支払いやすい日にちを毎月の返済日として指定できます。

また返済期間に少し余裕が生まれる35日サイクルでの返済も可能です。

ただし口座振替利用時の返済日は、登録した金融機関によって事前に決められた引落し日となるので注意しましょう。

ここからそれぞれの返済日の詳細を確認していきます。

自分で日にちを決める約定日制

約定日制は毎月の決まった日を返済期日に指定する方法です。

例えば返済日を27日に設定する場合、27日は返済の「最終期日」となり、最終期日の10日前から返済できます。

そして約定日制の返済日には、以下の特徴があります。

約定日制の返済
  • 毎月の返済日が同じなので把握しやすい
  • 返済期日の10日前から返済できる
  • 11日以上前の返済は今月分とみなされない

約定日制の返済は毎月の返済日を把握しやすく、返済日を忘れやすい方におすすめです。

返済期日の11日以上前に返済してしまうと、先月分の追加返済とみなされてしまうことには注意が必要です。

毎月日にちが変わる35日ごとのサイクル制

サイクル制は最後に返済した日にちから数えて、35日目が最終期日になる方法です。

例えば11月1日が返済日なら、次回の最終期日は12月6日となります。

約定日制よりも返済期間に余裕が生まれるとともに、35日の間はいつでも返済することができるのです。

ただ早めに返済した場合は、実際返済を行った日から数えて35日後が次回の返済日になることを覚えておきましょう。

サイクル制の特徴
  • 約定日制よりも返済期間が長め
  • 35日の間にはいつでも返済可能
  • 返済を早く行うと次回の返済日も早くなる

早く返済するときは、次回以降の支払いの目途が立っているのかを考えてから行うことが大切です。

そして口座振替の場合は、金融機関ごとに振替日が決まっていますので、登録前の確認が大切です。

口座振替えは金融機関ごとに返済日が違う

口座振替えで返済するとき、登録する金融機関ごとに返済日(引落し日)が違うので注意が必要です。

金融機関ごと引落し日は、以下のように決められています。

金融機関 口座引落し日
三菱UFJ銀行 27日
三井住友銀行 27日
ゆうちょ銀行 27日
みずほ銀行 3日
イオン銀行 27日
住信SBIネット銀行 27日

(2010年11月時点)

口座振替を利用する前に、引落し日がいつになるのか確認してから登録することが大切です。口座には前日までに返済額分を入金しておきましょう。

引落し日に間に合わなかった場合は、再度引落しは行われないため、引落し日当日中に提携ATMなどの別の方法で支払う必要があるのです。

そのため引落しが完了したのかきちんと確認しておきましょう。

アイフルの返済時に利息を抑えるには?

アイフルを利用するなら必ず利息がかかりますが、返済の仕方を工夫すると、利息を少なくできる可能性があります。

利息を少なくするポイント
  • 無利息期間内に返済
  • 毎月の返済期間のうち早めに返済
  • 毎月の返済額を多めにする

アイフルは初回契約日翌日から、無利息サービスが30日間適用され、期間内に返済を完了すれば利息はゼロ円で済みます。

また利息は日割りで加算されるため、毎月早めの返済を心掛けると、利息が安くなります。

例えば毎日27日に返済日を設定しているときは、17日から返済が可能です。そして17日に支払いをする方が、27日に行うよりも10日分の利息が安くなるのです。

無利息期間終了後は、毎月の返済額を多めにすることで、利息を少なくすることも可能です。

ここでアイフルの返済シミュレーションを利用して、どのくらい利息が少なくなるのか、具体的な金額を確認してみましょう。

シミュレーションを使って返済プランを立てよう

アイフルで10万円借りたとき、毎月5,000円を返済するよりも、10,000円支払った方が、利息が安くなります。

アイフルの返済シミュレーションで具体的な金額を出してみると、以下のようになりました。

毎月の返済額 完済までの利息額
5,000円 19,806円
10,000円 9,197円

※10万円借入れ・金利18.0%の場合

毎月の返済金額を10,000円に増やすことで、利息が10,609円少なくなることがわかりますね。

多めに返済すると、利息のもととなる元金を減らすことができます。

また利息は日割りで加算されるので、早めに完済した日数分の利息が安くなるのです。

アイフルの返済に遅れる前にやるべきこと

アイフルへの返済が遅れてしまいそうなときには、返済日の変更や電話で相談をすることが重要です。

返済に遅れてしまうと、通常の利息だけでなく、年率20.0%の遅延損害金がかかってしまいます。

まずは返済日の変更をして対応できないかを考えてみましょう。

返済日を変更してみる

アイフルは一次的な返済日の変更であれば、ネットや電話から簡単に変更することができます。

ネットでは会員メニュー「次回返済期日の変更(猶予)」から、電話のときは会員専用ダイヤルへ連絡をして変更可能です。

一時的ではなく、完全に変更するときは手続きをしましょう。

完全に変更してしまいたい場合は、会員専用ダイヤルで返済日変更の希望を伝え、自動契約機・店頭窓口・郵送で手続きを行うことが可能です。

会員専用ダイヤルへ電話をして相談してみる

返済日を変更しても対処できないときは、会員専用ダイヤルへ連絡をして相談をすると、返済額の減額などの対処をしてもらえる可能性があります。

返済ができない状態で返済日を延滞してしまうと、アイフルから電話や郵便で通知が来ることが考えられます。

放置せず、事前の連絡が大切です。

まとめ

アイフルの返済額は最低4,000円からとなっており、ATMやマルチメディア端末など5つの方法で支払うことができます。

またアイフルの返済日は約定日制と35日ごとのサイクル制の2種類があり、それぞれ自分の都合に合わせて選択することが可能です。

決めた返済日よりも早めに支払ったり、返済額を少し多めにしたりするなどの工夫することで、利息を少なくすることもできます。

そして返済が難しそうなときには、遅れる前に会員専用ダイヤルで電話してオペレーターに相談することが大切ですよ。

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。