自動契約機で早期の契約をしよう!利用のための「必須事項」を解説!

カードローンやクレジットカードの申し込みにはさまざまな方法があります。支店へと出向いたり、自宅で電話やネットで申し込んだりすることも可能ですが「自動契約機」というものを使うことも可能なんです!

カードの自動契約機は駅前、繁華街などさまざまな場所に置かれています。

上手く活用すれば、申し込みにかかる手間を省けて、すぐにカード契約を結べるでしょう。一方で、自動契約機ならではの注意事項もあります。

あとからトラブルにならないよう、自動契約機を利用する前には正しい仕組みを理解しておきたいところです。

この記事では、カードの自動契約機の使い方から、メリットやデメリット、申し込みに必要な書類などを解説していきます。

自動契約機とは?

自動契約機とは、消費者金融や銀行がカード発行のために設置している機械です。カードローン会社の支店や無人店舗にあり、利用者は自由に出入りして操作をおこなえます。

ただし、先客がいるときは、その人の手続きが終わるまで中には入れません。カード発行以外にも細かな作業ができるので、カードローンの希望者も利用者も、自動契約機を訪れています。

自動契約機でできるのは?

カードローンの希望者が自動契約機でおこなうのは、「新規契約」です。自動契約機の画面を操作し、個人情報などを入力しながら審査に申し込みます。

新規契約の審査では「本人確認書類」の提出も必須ですが、多くの自動契約機では書類を読み込む機能も備わっているのです。

審査に申し込んだあと、希望者は契約機のある店舗内にとどまり、結果が出るのを待つ流れになっています。

また、新規契約者だけでなく、すでにカードを利用している人が再発行する際にも自動契約機は便利です。さらに、暗証番号変更の手続きも自動契約機でおこなえます。

ローンカードはセキュリティが重要であり、定期的に暗証番号を変更することが推奨されています。

自動契約機で契約するメリット

その場でカードを発行

カードローンを自動契約機で申し込む最大のメリットは、その場でカード発行できる点です。

緊急でお金が必要になったとき、カードを郵送してもらっていては利用開始までに時間がかかってしまいます。

せっかく審査をスムーズに終わらせても、長くて1週間以上もカードが到着するのを待たされていては、大きなストレスになるでしょう…。

自動契約機では、申し込みから審査、カード発行までの流れをその場で完了できます。

もちろん、発行された瞬間からカードは利用できますし、契約機と一緒にそなえつけられているATMで即座に融資を受けられるのです。

書類の提出が簡単

書類提出が簡単にできるというのも、自動契約機のメリットでしょう。ネットなどで申し込みをする際、本人確認書類や給料明細などを写真撮影し、カード会社に送信する必要があります。

しかし、撮影が悪いなどの不備があるとやり直しを要求され、余計なタイムロスが生じるのです。

一方、自動契約機には書類用のスキャナーがそなわっているところが大半ですので、撮影ミスが起こる心配はなく、審査時間を大幅に短縮できるでしょう。

夕方以降や休日でも融資を受けられる

そして、夕方以降や休日でも融資を受けられるのも自動契約機が好まれる理由のひとつです。仕事や家事に忙しい人は、平日の昼間に時間を作ることが難しいでしょう。

しかし、自動契約機は基本的に365日営業です。

休日や祝日も関係ないので、申し込み者の都合に合わせて融資の手続きが可能です。

※会社によっては申し込みができても、融資までには時間がかかる場合もあります。

自動契約機で契約するデメリット

安全に利用するには、問題点も踏まえておきましょう。

まずは、当然ながら、直接足を運ぶ必要があるという点ですね。

近所に自動契約機がないときは遠方まで出かける必要もあり、労力をともないます。

そのうえ、審査が終わるまで時間を拘束されるということも注意です。

自宅で手続きしている分には、連絡さえ取れる環境を保っておけばある程度自由に過ごせます。

有人の店舗でも広い場所でくつろぎながら審査結果を待つことは可能ですが、自動契約機のある場所はスペースがせまいため、閉塞感を覚えがちです…。

それでも、一度外に出てしまうと手続きは無効になってしまうため「いつ終わるかわからない審査」を待たなくてはいけません。

そのほか、自動契約機は人の目につく可能性があります。

カードローンに申し込む人のなかには「できれば人に知られたくない…」と考えている人も少なくありません。

ネットと自動契約機なら便利なのはどっち?

自動契約機のほか、カードローンを手軽に申し込める方法としてインターネットがあります。

いずれかが絶対的に優れているというわけではなく、申し込み者の希望や立場によって魅力はかわるのです。

それぞれの特徴を踏まえて、自分に合った流れでカードローン契約を成功させましょう。

カード発行までの時間

まず「カード発行までの時間」でいえば、自動契約機のほうがはやいですね。

あくまで手続きがスムーズに進んだときという前提ではあるものの、審査が終わってそのままカード発行できるからです。

ネットも審査完了までの時間は早いですが、カード発行するには店舗に足を運んだり、郵送してもらったりしなくてはいけません。

また、即日融資が希望なら時間帯を気にしないで申し込める自動契約機が有利でしょう。

申し込みにかかる労力

「申し込みにかかる労力」でいえば、ネットのほうが楽です。

自動契約機でもネットでも、申し込みのおおまかな流れは変わらないのですから、自宅にいながら手続きができるネットを選ぶ人も多いでしょう。

そして、なにより「時間を拘束されたくない!」というなら、ネット申し込みにするのが効率的ですよね!

自動契約機で手続きをしてしまうと、審査が完了するまではその場を動けません…。 

自動契約機の営業時間は?

カードローン会社によって、自動契約機の営業時間は異なります。

以下、主な会社の自動契約機が利用できる時間を紹介するので、契約先を選ぶ際の参考にするのもいいでしょう。

自動契約機の営業時間

SMBCモビット アイフル 

9:00~21:00

プロミス

9:00~22:00

アコム

8:00~22:00

三菱UFJ銀行

9:00~20:00

三井住友銀行

9:00~21:00

メンテナンスの時間帯など、利用できない時間帯があるので注意です。この表はあくまで目安として考え、詳しい営業時間を知りたいときは各ローン会社の公式サイトを確認してください。

ちなみに、三菱UFJ銀行は「テレビ窓口」という名称です。

自動契約機の探し方は?

いざ自動契約機を利用しようと思っても、なかなか場所がわからないことは少なくありません。

また、契約をする前に「どのカードローンが自分に合っているか」「自動契約機の営業時間は何時までか」などを調べておかないと、後悔しがちです…!

せっかく自動契約機に向かうために時間を調整したのに、いざ来てみると営業時間を過ぎていたのでは意味がありません。

まずは、インターネットで自動契約機を選んでおくのが無難な方法です。

自動契約機のリサーチは、カードローン会社の公式サイトで探すのが基本です。

公式サイトの情報はカードローン会社自ら発信しているものなので、信用できますね。

指定の地域で最寄りの自動契約機を探し、足を運びましょう。

自動契約機で契約するときに必要な書類

貸金業者に融資を申し込むときには、本人確認を避けて通れません。

自動契約機でも本人確認はおこなわれます。

必要な本人確認書類を契約機には持参して、専用の機械からスキャンし、画像データをカード会社に送信しましょう。

なお、本人確認書類として認められているものは「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「マイナンバーカード」などです。

なかでも、顔写真と個人情報が同じ面に記載されている「運転免許証」「パスポート」は信用性が高く、多くのカード会社が推奨しています。

借入額が高額になってくると、「収入証明書類」を求められるケースもあります。

借入額が高くなるほど、カード会社は申し込み者の「支払い能力」を気にするからです。

そして、支払い能力は自己申告だけでは裏づけできません。

証明できる書面があってはじめて、カード会社は支払い能力を認めてくれます。

なお、書類は古すぎる内容だと受け付けてくれないため、できるだけ最近の日付が記載されているものを用意するのが基本です。

書類に不審点があれば審査が送れたり、最悪の場合だと審査に落ちたりするので、申し込み内容と書類内容が一致しているように気をつけましょう。

自動契約機で申し込みをする流れ

自分に合ったカード会社を見つけ、必要書類を準備できたらいよいよ自動契約機での申し込みを始めます。

時間的余裕を確保してから店舗を訪れ、手続きを進めていきましょう。

まずは、機械の画面で必要事項の入力をおこないます。

必要事項は主に「氏名」「住所」などの個人情報です。

入力が終われば内容を送信し、審査に申し込みます。

審査の基準はカード会社によって異なるうえ、明確に公表されてはいません。

ただし、おおまかには「希望する借入額」と「本人の支払い能力や信用度」が合致するかが重要視されています。

借入額が大きければ「収入証明書類」の画像データを送信したうえで、審査結果を待つことになるでしょう。

自動契約機の審査は短時間です。

ただし、書類内容に疑問点があったときなどは、長引く可能性もあります。

また、自動契約機にいる限りは職場への「在籍確認」にも対応できないので注意しましょう。

審査に通れば契約となり、その場でカードが発行されます。

そして、自動契約機にそなわっているATMから、即座に借入することも可能です。

とくに問題がなければ、自動契約機の申し込みは1時間~2時間ほどで完了します。

自動契約機の仕組みとは?

カードローンに慣れていない申し込み者にとっては、自動契約機の雰囲気は独特で緊張感をともなうでしょう。

あらかじめ契約機の仕組みを知っておくと、当日もあせらずに手続きをおこないやすくなります。

まず、自動契約機は入室すると内側からドアがロックされます。自動契約機はネット回線で本社とつながっています。

申し込み者が自動契約機でする操作は、リアルタイムで本社のスタッフが把握しています。

相手の顔が見えないだけに「ちゃんと申し込み内容をわかってくれているのだろうか」と不安に思うこともあるかもしれませんが、実際にはすべて確認されているので安心です。

そして、自動契約機内ではカード発行や書類提出もできるようになっています。すべての手続きが完了し、審査にも通ったらその場でカードが出てくるので、取り忘れのないように注意しましょう。

また、書類提出は専用のスキャナーによっておこないます。鮮明な画像を送信できるため、やり直しになる可能性が低いのは自動契約機の魅力です。

入力ミスに注意!

自動契約機では主に、以下の内容を入力していきます。まずは、「氏名」「住所」といった基本情報です。

ただし、基本とはいえあなどれないのは、自動契約機だとささいな入力ミスですら問題視されてしまうからです。

たとえば、支店でスタッフ相手に書き損じをしても、指摘されてすぐに書き直せば事なきを得ます。

しかし、機械相手では入力ミスがそのまま「虚偽報告」ととらえられてしまい、やり直しに時間がかかることもありえるのです。

入力情報は、すべて確実に打つよう心がけましょう。

基本情報のほか「年収」や「勤務先」「雇用形態」も入力必須です。これらの情報が重要なのは、支払い能力の基準になるからです。

また、「総量規制」という法律によって貸金業者は、申し込み者の年収の3分の1を超える額を融資できません。

仮に、審査に通ろうと嘘の情報を入力しても高確率で発覚します。

収入や仕事は正直に告げましょう。「支払い能力」を見極めるために、自動契約機ではほかにもさまざまな情報を入力しなければいけません。

たとえば「居住形態」が賃貸なのかマイホームなのかは、「月々の支出」を知るための参考になります。

「家族構成」も外せないポイントであり「扶養家族の有無」「両親と同居しているかどうか」などは必ず聞かれるでしょう。

「他社の借入残高」も「総量規制」に抵触しないためにカード会社が知りたがる情報なのです。

審査にかかる時間は?

消費者金融のカードローンの場合、最短30分で審査は終わります。

それでも「30分もかかるのか」と思う人は多いでしょうが、30分なら審査を待っているあいだに書類提出を進められますね。

ただし、審査に問題があると時間は延びていくので、申し込みをミスなく終えることは大前提です。

また、30分のあいだに「在籍確認の対策」を練るのもいいでしょう。

カード会社は入力された勤務先で、本当に申し込み者が働いているのかを知るため、職場に電話をかけます。

ただし「上司にカードローンを知られたくない」「嫌な同僚が電話に出てほしくない」などと考える人もいます。

カード会社もできるだけ早く、確実に在籍確認を終わらせたいため、すべての要望を受け入れてもらえるとは断言できませんが、可能な限り要望をお伝えておくとよいでしょう。

自動契約機のある消費者金融

消費者金融のなかで自動契約機を設置している大手の消費者金融は「プロミス」「アイフル」「アコム」「SMBCモビット」です。

これらの自動契約機の共通点として「50万円以上の借入を希望する場合」および「他社からの借入額が100万円以上ある場合」には、収入証明書類を提出しなくてはいけません。

指定されている証明書類は会社によって異なるので、確認しておきましょう。

たとえば、アイフルでは「最近1カ月の給料明細」と指定されていますが、プロミスでは「最近2カ月分と1年分の賞与明細書」が必要です。

ちなみに、いずれの自動契約機でも「携帯料金の支払い明細」は収入証明書に含まれません。なお、固定電話の支払い明細も、証明書類としての役割を果たせます。

外国人の借入を許可している契約機もありますが「在留カード」や「特別永住者証明書」といった書類が必要になるので、免許証や給料明細とは別に用意しましょう。

自動契約機のある銀行

銀行カードローンを申し込む際、自動契約機を利用できるのは「新生銀行レイク」「三菱UFJ銀行」「三井住友銀行」の3行です。

銀行カードローンは消費者金融よりも「審査に時間がかかる」というイメージがありましたが、自動契約機の導入によって時間は短縮されるようになりました。

これらの自動契約機のうち「新生銀行レイク」と、プロミスと提携している「三井住友銀行」なら、消費者金融の契約機でも申し込み手続きが可能です。

ちなみに「三菱UFJ銀行」はアコムと同グループですが、アコムの自動契約機から申し込みはできないので注意しましょう。

銀行カードローンも身近な存在になった?

自動契約機が増えてきたことによって、銀行カードローンのメリットが申し込み者にとって身近になってきたともいえます。

銀行カードローンは消費者金融と比べて金利が安く、高額の借入をしても比較的金利の負担が軽いです。

また、一般企業よりも経営が安定しているため、突然契約内容が変化するなどのリスクがより小さくなるでしょう。

ただし、自動契約機であっても、銀行カードローンの審査は消費者金融以上にきびしいというデメリットは残されます。

さらに「融資や返済の記録を通帳に残したくない」という人にも銀行カードローンは都合悪く思いがちです。

消費者金融と銀行、いずれの自動契約機が便利かは人によって変わるので、自分の希望をよく踏まえて選びましょう。

スピード融資を受けたいなら自動契約機を活用しよう!

カードローンですぐに融資を受けたいのであれば。、自動契約機を使うとスムーズです。その場でローンカードを受け取れるうえに、すぐにATMで借入までできるからです。

とくにプロミスなどの消費者金融系カードローンでは、最短30分の審査で借入ができるようになるため、積極的に利用してみましょう。

ただし、自動契約機では「入力ミスが重大な問題になりかねない」「他人に目撃されるおそれがある」などのデメリットもある点には留意しておきましょう。

また、安易に「近所だから」などの理由で自動契約機を選んでも、目的に合った契約とはならない可能性があります。

自動契約機で申し込みするなら、まずはインターネットなどを駆使して「どの契約機にするか」「何時ごろに行くのが得策か」を見極めるのが大切ですよ。

まとめ

自動契約機は営業時間が長く、仕事が忙しくて店舗に行けない人でも利用できるのでとても便利ですよね。

カードローン選びに迷っている人は、自動契約機があるかどうかということも視野に入れて検討してもいいでしょう。

負担にならないように、自分に合った便利な使い方ができることが、なにより重要ですよ。

 

おすすめキャッシング

ベルーナノーティス

初めての方も専業主婦の方も満足できるキャッシング

ベルーナノーティス

実質年率
4.5%~18.0%
利用限度額
1万円~300万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
※お申込みの時間帯によっては翌日以降となる場合がございます
アコム

業界利用者数No.1のカードローン

アコム

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
レディースフタバ

フタバの女性専用キャッシング

レディースフタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

最新記事一覧

お金の知識 今すぐお金が欲しい
本当にお金がない!読んだ瞬間に実践できる32の方法2019年06月25日
キャッシングの体験談 大手金融機関 消費者金融ノウハウ
アコムで初めて借りる!【利用者】が教える初心者向けの説明書2019年06月24日
キャッシングの体験談 学生向けカードローン
学生がお金を借りる4つの方法|【即日・親バレなし】の最速手段とは2019年06月21日
お金の知識 今すぐお金が欲しい
【1時間以内】今すぐお金が欲しい!緊急時に5万円以上手に入れる現実的な方法2019年04月18日
お金の知識 今すぐお金が欲しい
【永久保存版】お金が欲しい|24時間以内に必要なお金を集める20の方法2018年07月10日
プロミス 大手金融機関
プロミスはフリーターの【今すぐ借りたい】を実現! 誰にもバレない借入れ方法2019年06月21日

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

当サイトでは、お金を借りるときのルールと、便利な使い方。各種お得なポイントの貯め方などお金に関する知識を幅広く提供していきます。
いまいち消費者金融の仕組みが分からない。クレジットカードの細かいルールが曖昧など、いろんな悩みを解決していきます。
今まで知らなかったお得なお金の豊富な知識をみなさんに提供し、キャッシングを便利なサービスとして利用してもらえるお手伝いをいたします。