【これで丸わかり】三菱UFJ銀行のバンクイックの申込みと返済方法のすべて

徹底解説!三菱UFJ銀行バンクイックライフスタイルに合わせた返済方法!

バンクイックは、三菱UFJ銀行が発行しているカードローンの商品名。

銀行のカードローンは、審査が厳しそうというイメージをお持ちの方も多いでしょう。

この記事では、まずバンクイックの特徴やメリットを解説し、申込みから返済まで細かく説明していきます。

バンクイックは銀行ならではの低金利

バンクイックの金利は1.8%~14.6%です。

大手消費者金融と比べると、金利が低いのが分かりますね。

業者 金利
バンクイック 1.8%~14.6%
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%

バンクイックは総量規制の対象外?

バンクイックだけでなく、銀行のカードローンは、年収の3分の1までしか借りられない総量規制が適用されませんでした。

しかし銀行のカードローンの多くは、自主的に規制を導入するところが多くなってきているのです。

銀行系カードローンは貸付けの自主規制を導入しはじめた

とくに銀行は、消費者金融のように法律で規制を適用しなければならないと決められているわけではありません。

しかし「銀行は少しお客さんにお金を貸しすぎでは?」と金融業界で問題になったのがきっかけで、自粛するようになってきたのです。

もともと総量規制自体が、お客さんのお金の借りすぎを防ぐための法律です。

バンクイックは、すでに自主規制を適用しているので、好きな金額だけ借りれるわけではない、ということを覚えておきましょう。

バンクイックは即日融資が不可に

貸付け金額の自主規制を導入するまでは、バンクイックは最短即日融資も可能でした。

しかし現在ではバンクイックは即日融資不可となっていますので、時間に余裕をもって申込む必要があります。

また、バンクイックは申込みに必要な書類も少し変わりました。

50万円以上借りたい人に対して収入証明書の提出を求めるように

バンクイックは、100万円以上借入れ希望のとき収入証明書が必要でした。

しかし自主規制導入と同時に、こちらもルール変更に。

現在では「50万円以上借入れ希望の場合、収入証明書が必要」となっています。

もともと消費者金融では、50万円以上借入れ希望の方に対して収入証明書の提示を必須としています。

つまりバンクイックも消費者金融側にルールを完全に合わせているということです。

バンクイックはライフスタイルに合わせて返済方法が選択できる

変更点はあるものの、バンクイックは金利や返済方法に特徴があり、魅力的なサービスであることは間違いありません。

バンクイックの返済方法は3種類から選ぶ

バンクイックでは返済方法を3つから選ぶことができます。

3つの返済方法
  • 銀行引き落とし
  • ATMで返済
  • 三菱UFJ銀行のネットバンキングで返済

指定した日に銀行口座から引き落とし

電気やガスなどの料金と同じく、バンクイックの返済も銀行口座から口座引き落としにすることが可能です。

お客さんが指定した日に口座から自動引き落としとなるので、給料が入って余裕があるときなどにしっかり返済できますよ。

三菱UFJ銀行のHPから「自動支払い依頼書」をダウンロード。

あとは必要事項を記入して郵送するだけ!

1週間程度で手続きが完了して自動的に銀行口座から引き落とされるようになりますよ。

ただ、この自動引き落としはどこの銀行口座でもできるわけではなく、三菱UFJ銀行の口座を持っている必要があります。

三菱UFJ銀行に口座を持っていない場合は、口座を用意してから引き落とし手続きをしましょう。

提携ATMから返済

三菱UFJ銀行のATMからはもちろん、セブン銀行やローソンATM、ファミリーマートやサンクスなどに設置されているコンビニATM「イーネット」を使って返済することもできますよ。

ATMで「お預入れ」か「ご返済」を選択して、バンクイックのカードを挿入して返済するという方法です。

ただ、上記でご紹介したATMは、基本的に0時10分~23時50分まで利用可能ですが、実際は地域ごとにATMで利用できる時間が変わりますのでご注意を。

また、基本的に返済にかかる手数料が無料なのですが、手数料も利用する時間やATMにより変わるので絶対無料とは言い切れません。

このあたりは利用する地域や店舗ごとに違うので実際に確かめてみるしかないところなのです……。

三菱UFJダイレクトを利用して返済する

三菱UFJダイレクトという「インターネットバンキング」を利用して、バンクイックに返済する方法もありますよ。

インターネットバンキングは、銀行口座の残高の確認や、振り込みなどをインターネットを通じて行う方法です。

インターネットにつながる環境があれば、家にいながら銀行と取引できますよ!

三菱UFJダイレクトを使ってやる場合、まずは会員ページへログインした後に振込先口座を確認します。

そのあと返済額を降り込めばOK!手数料も無料で振り込みができるので嬉しいですよね。

手順のイメージが付きやすいよう図でも見ていきましょう。

インターネットバンキング利用手順
  1. ネットで「三菱UFJダイレクトログイン」を検索!
  2. 会員ページで「ご契約番号」「IBログインパスワード」を入力してログイン
  3. メニューの「お振込み」を選択して返済額を振り込めば完了!

このように、バンクイックの返済も三菱UFJダイレクトを使えば家から手軽に返済可能です。

ただし利用するには、あらかじめインターネットバンキングを開設しておかなければなりません。

三菱UFJ銀行をメインに使っている、そしてバンクイックも利用したいという方は、バンクイックの公式サイトでインターネットバンキングを申込んでおいてもいいでしょう。

バンクイックと消費者金融を比較

金融業者ごとによって、お金を貸してくれる条件は違います。

バンクイックと消費者金融の違いを表にまとめましたので、選択に迷ったときのために役立ててください。

業者 金利 利用限度額 審査時間
バンクイック 1.8~14.6% 500万円 約2日
アコム 3.0~18.0% 800万円 最短30分
プロミス 4.5~17.8% 500万円 最短30分
アイフル 3.0~18.0% 800万円 最短30分
SMBCモビット 3.0~18.0% 800万円 最短即日回答

消費者金融と比べると、審査時間はやや時間がかかりますが、金利は銀行ならではの低金利といったところですね。

なので、融資までのスピードより月々の返済を抑えたいという方は、バンクイックを便利に活用できます。

バンクイックの申込み条件

ここではバンクイックを申込み方法を見ていきます。

まずはどんな人が申込めるのか、条件から整理していきますね。

安定した収入があるなら幅広い人が申込める

バンクイックの申込み条件は以下の3つです。

  • 満20歳以上65歳未満の国内にお住まいの方
  • 毎月安定した収入があること
  • アコムの保証を受けられる方

これはつまり学生でも主婦でも、自分で稼いで収入があるなら申込むことが可能ということ。

バンクイックは幅広い人が申込むことができます。

また三菱UFJ銀行の口座がない方でも、利用可能ですよ。

自分がバンクイックの申込み条件に当てはまっていたら、次は申込みに必要な書類を用意していきます。

申込みに必要な書類

バンクイックに申込む前に、必要な書類はなるべくそろえておいたほうがスムーズに手続きできます。

なので50万円以下の借り入れなら必要な書類は本人確認書類、これだけですね。

本人確認書類は、運転免許証、健康保険証のコピーでかまいません。

パスポートやマイナンバーの個人番号カードでも大丈夫ですよ。

申込みに必要な書類が手元にそろったら、実際に申込み手続きを始めましょう。

申込みはネットが手軽でおすすめ!

バンクイックの申込みは、インターネットを使えば手軽にできるんです。

申込み方は非常にシンプル。

  1. 申込みフォームに入力
  2. 審査結果の連絡
  3. 契約、ローンカードの受け取り

たった3ステップで完了です!

バンクイックの審査について

バンクイックの審査基準、審査にかかる時間を見ていきましょう。

バンクイックの審査基準

バンクイックはカードローンの審査をする際に、具体的に以下のような条件を重要視する傾向があります。

審査で重視される条件
  • 年齢が満20~64歳をクリアしている
  • 申込んだ人に安定した収入があるか
  • 返済の延滞や借金踏み倒しなどの経歴がないか

おおまかに説明すると、以上の点を踏まえて審査していることが多いです。

安定した収入というところに関しては、「確実にこの年収なら通る!」という基準はありません。

とにかく、「この人はちゃんとお金を返してくれるだけの収入があるね」と審査で認めてもらえれば大丈夫ということです。

また、過去にお金の返済が大幅に遅れた、借金を踏み倒した経歴があると、バンクイックに限らず他の金融業者に申し込んでも審査に通らない可能性があるので注意しましょう。

過去に金融でトラブルがあった情報は「ブラックリスト」として記録されます。

審査にかかる時間は申込むタイミングで変わる

以前は最短30分で審査が終わったのですが、即日融資が停止になって審査もルールが変わる前より時間がかかるようになってしまいました。

さきほど他社と比較したときにも触れましたが、バンクイックでは審査が終わって回答をもらうまでだいたい2日間はかかるとみておいたほうがいいでしょう。

しかも銀行が休みならさらに審査のスピードも遅くなるかも。

たとえばインターネットから土日祝日に申込んでも、審査の回答がもらえるのは休み明けになるということ。

もし少しでも早くお金を借りたいなら、バンクイックに申込むタイミングには注意しましょう。

土日祝日も申込めるテレビ窓口とは?何がいいの?

銀行の中に、個別部屋みたいなスペースが設置されているのを見たことがありますよね。

そのスペースのなかにあるのが「テレビ窓口」です。

まあ思いっきり見えるところに「テレビ窓口」って書いてあるところもありますが……。

ではいったいテレビ窓口とはどんなものなのか、見ていきましょう。

テレビ窓口を使うと手順が分かりやすくて本人確認が楽

テレビ窓口の中に入ると、ATMのような機械が設置されています。

その機械を使って、カードローンの手続きをすることができるんですよ。

受話器も設置されていてオペレーターにつながるようになっています。

オペレーターと直接話しながら操作できるので、手順に迷わず申込みできるのです。

インターネット申込みと少し似ているんですけど、テレビ窓口は直接銀行内で申込むことになります。

だから一見「テレビ窓口のほうがいちいち銀行に行かなきゃいけないし、めんどくさいんじゃない?」って思われるでしょう。

でもテレビ窓口ならではの便利さもしっかりあって、使い方によってはインターネットから申込むよりも楽なのですよ!

では、具体的にどういったことが優れているのかを見ていきましょう。

本人確認は短時間で終わることが多い

テレビ窓口のなかに入り、タッチ画面でカードローンの手続きを進めていくと、本人確認を求められます。

運転免許証などを提示し、正面を向いてくださいといわれるはずです。

本人確認が数秒~数分で終わるので、めんどうな操作がないのがメリット。

インターネット申込みでも、本人確認書類は写真に撮ってアップロードする必要があるので、人によっては手間に感じるかもしれません。

しかしテレビ窓口なら、指示に従って運転免許証を機械に読み込ませるだけなのでテレビ窓口のほうが楽だと感じる人もいるでしょう。

ATMコーナー?ロビー?設置場所で営業時間が変わるのには注意

このように、テレビ窓口を使うとその場で確認が進んでいくのでとてもスムーズです。

しかし、気になるのがテレビ窓口を使える時間帯。

24時間営業というわけではないので「銀行のなかにあるなら、銀行の営業時間内で終わっちゃうんじゃないの?」と心配になりますよね。

でも大丈夫です!テレビ窓口は銀行の窓口よりも遅くまで対応してくれているものもありますよ!

テレビ窓口は、どの場所に設置されているかで営業時間が変わります。

テレビ窓口とインターネット申込みを組み合わせるのがおすすめ!

バンクイックで一番手間が少ないのは、さきほどご紹介したテレビ窓口とインターネット申込みを組み合わせることです。

それでは、具体的にどういう方法なのか詳しく見ていきましょう。

インターネットで申込んでテレビ窓口でカードを受け取れば時間短縮!

バンクイックのテレビ窓口を利用するときは、インターネットから事前にバンクイックに申込んでおくと手続きがさらにスムーズに。

まず24時間365日申込み可能なインターネットで、受付を完了しておきます。

そして前もって審査してもらっておく。

それからテレビ窓口でカードを受け取るという流れです。

ネット申込み+テレビ窓口でカード受け取り
  1. 24時間365日受付のインターネットで申込み
  2. メールまたは電話での審査結果を待つ
  3. 審査に通ったら営業時間内にテレビ窓口へ!

このように、テレビ窓口で受け取るようにしておけば営業時間内であれば自分の好きなタイミングでカードを発行することができます。

郵送でカードが届くのを待つよりも、ずっと効率的ですね。

スケジュールに合わせて、好きなタイミングでカードを取りに行けるのが、インターネットとテレビ窓口を組みあせた方法の強みだと思いますね。

もっと借りたい!バンクイックで増額をするためには

バンクイックでも、借りられるお金の「限度額」を増やすことができます。

増額で限度額を引き上げるためにはいったいどのようにすればいいのか、解説していきましょう。

どれだけ増額かは個人の能力次第で限界が決まる

バンクイックにかぎらず、その他金融業者でお金を借りるときは、無限に借りられるわけではありません。

必ず「上限額」が決まっていて、お金を借りる人にどれくらいの返済能力があるのかを審査して決められます。

これを「借入限度額」っていいます。

限度額に達してしまうと、もっとお金がほしいと思っても借りることはできません。

増額とは信頼の証?

限度額なのですが、じつは増やす方法があります。

それが「増額」という方法です。

増額とは、さきほど説明した借入限度額を引き上げること。

 つまりもっとお金を貸してほしい!と金融業者にお願いするわけです。

そしてもちろんお願いしたら必ず増額できるわけではありません。

増額を申請するときにも審査が行われ、バンクイックでは以下のポイントに注目して合否が判断されます。

増額を認めてもらうために大事なポイント
  • バンクイックを頻繁に利用しているか
  • バンクイックを長く利用しているか
  • 毎回きちんとお金を返済しているか

上記のような条件を満たしている方なら、バンクイックも「もっとお金を貸そう!」と認めてくれるわけです。

こうしてみると、増額するにはバンクイックの常連にならなければならないということですね。

自分から増額を申込むこともできますが、バンクイックの常連になると銀行側から案内が来ることがあります。

べつに怪しい勧誘とかではなく、これはバンクイックが単純に「この人にぜひもっとバンクイックを利用して欲しい!」とおすすめしているので安心してくださいね。

実際どれだけ信用を積み重ねればいいかはあなた次第

増額をするためにはバンクイックに信頼してもらうことが条件だということは、さきほどお話してきました。

しかし実際どれくらいの期間でバンクイックから信用してもらえるのでしょうか?

正直はっきり決まっていないので、具体的にどれだけの期間使えば信用してもらえるのかはわかりません。

だいたいですが、最低でも半年~1年ほどバンクイックを利用し続ける必要があるでしょう。

しかも、バンクイックを利用しているときに一回でも返済が遅れるなどの問題があれば増額の審査に通らない可能性が出てきますのでご注意を!

増額は、かなりバンクイックから信用されていないとできないということが分かりますね!

つまり、たくさん信頼されるほど、たくさんのお金を借りられるようになるんです。

バンクイックは金利も低いので、長く使いやすいのではないでしょうか。

まとめ

今回はバンクイックの特徴や申込み方法を中心に説明してきました。

銀行もいろいろとルールが変わってしまって、即日融資もほとんどできなくなりました。

また、審査時間も前より回答が遅くなりすぐお金を借りたい人にとっては不便かもしれません。

しかし金利は変わっていませんし、テレビ窓口を活用するなど、使い方によってはまだまだ便利に利用できます。

大切なのは、自分の使い方に合わせたカードローンを選ぶことです。

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。