【これで丸わかり】三菱UFJ銀行のバンクイックの申し込み講座!

徹底解説!!三菱UFJバンクイックライフスタイルに合わせた返済方法!

「バンクイックでお金借りたいんだけど、申し込みってどうすればいいの?」

「バンクイックってほかの金融業者より実際なにが良いわけ?」

「増額しやすいのがバンクイックって聞いたんだけど……」

そういえばこの前友達からバンクイックがいいよ!って聞いたような……よく知らないけどプロミスとかアコムみたいにお金を借りられる業者のことかな?

ただいきなり申し込むのもあれだしまずはバンクイックのこと調べてみよう!

リサーチ中・・・。

あのーすいません、どうかされましたか?

わ!びっくりした!え、だれ?

あーおどろかせて申し訳ない。わたしは湯銭孝志ゆぜにたかしと申します。

ところで先ほどからずっと三菱UFJ銀行の入り口にいらっしゃるようですが、なにかお困りでしょうか?

あ、いやーちょっとバンクイックを使いたいなって思ったんですけど、何も知らずに来ちゃったからどうしたらいいかなって思って……

あーなるほど、そういうことですか。ではわたくしでよければバンクイックのことをいろいろと教えてさしあげましょうか?

三菱UFJ銀行のスタッフではないんですが……一応経済評論家をやっておりまして、金融業界のことは一般の方よりは詳しいかと思いますよ!

え、ほんとですか!?それはありがたいです!ぜひ教えてください!……あ、名前いってなかったですよね。ごめんなさい、僕たくみっていいます!

いえいえおかまいなく!ではたくみさん、本日はわたくしがバンクイックのことを一からしっかり教えてさしあげますね!

目次

バンクイックってどんなカードローン?

三菱UFJ銀行が発行しているカードローンの商品名。

それが「バンクイック」です。

ではさっそくバンクイックってどんなサービスなのか、その特徴を見ていきましょう。

 

金利が低いから返済の負担が少ない

金融業者を決めるうえでやはりはずせないのが、金利の安さではないでしょうか?

バンクイックなどカードローンや金融業者からお金を借りたら、当然返済していかなければなりません。

借りたお金を一括で返済する方もいると思いますが、なかには何回かに分けて返す方もいるでしょう。

お金を分割で返すと、楽にはなるのですがその分「手数料」が毎月かかるのです。

 

手数料っていうのは簡単にいうと返済を待ってもらうための手間賃。

その手間賃を借りた金額から割り出す率が「金利」ってものなんです

 

 つまり、毎月かかる金利が少なくなれば、ローンを組んだときも返済の負担が少なくなるんですよ。

で、肝心のバンクイックの金利は1.8~14.6%。

ちなみにプロミスは4.5~17.8%。

アコムなら3.0%~18.0%と、消費者金融と比べるとお得に感じますよね。

 

へぇ~、バンクイックの特徴って借りたお金を返していくときにかかる金利の安さなんですね。

なんかもっとこれだっ!みたいな特徴あるかと思ったんですけど、意外と特徴はシンプルなんですねー。

 

 

いや~じつは前にはバンクイックにも審査が早い!とか総量規制の対象外だ!とかほかにもっと特徴あったんですけどね……。

2017年4月からバンクイックだけじゃなくて銀行系カードローン全体のルールが大幅に変わったんですよ。

 

 

え~そうなんですか!?それはちょっと残念ですね。

で、具体的になにがどう変わったんですか?

 

 

うん、これは詳しく知っておきたい部分ですよね。

では次章で詳しく解説していきます

 

 

バンクイックのルールがどう変わったの?

ではルールが変わってバンクイックがどうなったのかを整理していきましょう。

銀行系カードローンが総量規制を自主導入しはじめた

さきほど軽く触れた総量規制の話題ですが、本来、銀行が発行するカードローンは総量規制の対象外です。

なのでべつに銀行は絶対に総量規制を適用しなければならないわけではないのです。

ではいったいなぜこんな曖昧な感じでルールが変わったのか。

 

これは「銀行さんは少しお客さんにお金を貸しすぎでは?」と金融業界で問題になったからです。

「それならとりあえず自分たちでルールの範囲内でやるようにしようか!」

と銀行が総量規制に合わせたお金の貸し方をするようになってきた、ということ。

もともと総量規制自体が、お客さんのお金の借りすぎを防ぐための法律。

 

まだ全部の銀行を制限しようと法律で決まったわけではないですが、バンクイックはすでに総量規制を取り入れてお金を貸しすぎないようにしていますよ。

 

前はできたバンクイックの即日融資ができなくなった

このように銀行は総量規制を自主規制で導入しましたが、即日融資についてもルールが変更になりました。

バンクイックも以前は、即日融資できることが大きなメリットだったんです。

タイミングが良ければ申し込んだ日に審査も終わってお金を借りることができる。

すぐお金を借りたい!という人にとって最高にありがたいサービスですよね。

 

でもルールが変わって即日融資ができない流れに……。

ああそうそう、ルールが変わった部分はほかにもあります。

バンクイックの申し込み手続きで用意しなければいけない書類のことです。

 

50万円以上借りたい人に対して収入証明書の提出を求めるように

バンクイックって前は100万円以上のお金を借りるときに収入証明書が必要だったんです。

ただ、それだと条件緩くない?とこれまた問題になりこちらもルールが変更。

結果それまでの半分、「50万円以上お金を借りたい人は収入証明書を提出してくださいね」ということになりました。

 

ルールが変わる前なら、50万円以上借りたいといっても収入証明書も絶対必要ではありませんでした。

でもルールが変わった後は、50万円以上借りるためにはきちんと収入があるって証明できないとお金を貸してもらえなくなってしまったんです。

もともと消費者金融では、法律で50万円以上お金を貸りるときには絶対に収入証明書が必要です。

つまり銀行と消費者金融がルールを合せたということになります。

 

そっかー……。

 

 

ただ、バンクイックの金利はとくに変わったわけではないので、融資にスピードを求めなければ便利に活用できますよ。

 

そうなんですね……ん~じゃあなにかほかにこれぞバンクイック!ってメリットってあるんですかね?

 

たしかにここまで説明した変更内容だけを聞いていると、あまりメリットがないように思えてしまうかもしれないですね。

でも、バンクイックはとっても月々の返済が楽にできるようになっているんですよ!

 

バンクイックはライフスタイルに合わせて返済方法が選択できる

銀行からお金を借りるときのルールにずいぶんと変更があったので「めんどうだなぁ、あんまり使いたくないなぁ」と思ってしまうかもしれません。

しかし、バンクイックで用意されている月々の返済方法はとても便利になっていますよ。

バンクイックの返済方法は3種類から選ぶ

バンクイックでは、銀行口座から引き落とし、ATMを使って返済、三菱UFJ銀行のインターネットバンキングで返済の3つの返済方法があります。

ではそれぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

 

指定した日に銀行口座から引き落とし

電気やガスなどの料金と同じく、バンクイックの返済も銀行口座から口座引き落としにすることができます。

お客さんが指定した日に口座から自動引き落としとなるので、給料が入って余裕があるときなどにしっかり返済できますよ。

手続きの方法は簡単です!

 

三菱UFJ銀行のHPから「自動支払い依頼書」をダウンロード。

あとは必要事項を記入して郵送するだけ!

1週間程度で手続きが完了して自動的に銀行口座から引き落とされるようになりますよ。

 

ただ、この自動引き落としはどこの銀行口座でもできるわけではなく、三菱UFJ銀行の口座を持っている必要があります。

三菱UFJ銀行に口座を持っていない場合は、口座を用意してから引き落とし手続きをしましょう。

 

提携ATMから返済

三菱UFJ銀行のATMからはもちろん、セブン銀行やローソンATM、ファミリーマートやサンクスなどに設置されているコンビニATM「E-net」を使って返済することもできますよ。

ATMで「お預入れ」か「ご返済」を選択して、バンクイックのカードを挿入して返済するという方法です。

ただ、上記でご紹介したATMは、基本的に0:10~23:50分まで利用可能ですが、実際は地域ごとにATMで利用できる時間が変わりますのでご注意を。

また、基本的に返済にかかる手数料が無料なのですが、手数料も利用する時間やATMにより変わるので絶対無料とは言い切れません。

このあたりは利用する地域や店舗ごとに違うので実際に確かめてみるしかないところなのです……。

 

三菱UFJダイレクトを利用して返済する

三菱UFJダイレクトという「インターネットバンキング」を利用して、バンクイックに返済する方法もありますよ。

インターネットバンキングは、銀行口座の残高の確認や、振り込みなどをインターネットを通じて行う方法です。

インターネットにつながる環境があれば、家にいながら銀行と取引できますよ!

 

三菱UFJダイレクトを使ってやる場合、まずは会員ページへログインした後に振込先口座を確認します。

そのあと返済額を降り込めばOK! 手数料も無料で振り込みができるので嬉しいですよね。

手順のイメージが付きやすいよう図でも見ていきましょう。

バンクイック申し込み手順

このように、バンクイックの返済も三菱UFJダイレクトを使えば家から手軽に返済可能です。

 

ただし利用するには、あらかじめインターネットバンキングを開設しておかなければなりません。

三菱UFJ銀行をメインに使っている、そしてバンクイックも利用したいという方は、バンクイックの公式サイトでインターネットバンキングを申し込んでおいてもいいでしょう。

へえ~!引き落としにしたら自分の給料日に合わせることもできるのか!

ほかの返済方法もお金に余裕があるときとか、自分の手の空いた時間に振り込めたり便利かも!

 

 

自分の都合に合わせた返済が選べるのは本当にありがたいですよね。

 

あ、でも今までバンクイックの特徴ばっかり説明してもらったんですけど、他の金融業者のカードローンとどこがどう違うのか、ちょっと気になります。

違いが判らないと、比べることもできないですよね……?

 

そうですね……深く調べていくとものすごく難しくなってしまうので、今回は簡単に、金利、利用限度額、審査時間の3項目で比べてみましょうか。

 

バンクイックと消費者金融を比較

金融業者ごとによって、お金を貸してくれる条件は違います。

バンクイックと消費者金融の違いを表にまとめましたので、選択に迷ったときのために役立ててください。

 

消費者金融とバンクイックを比較!

  金利 利用限度額 審査時間
バンクイック 1.8~14.6% 500万円 約2日
アコム 3.0~18.0% 800万円 最短30分
プロミス 4.5~17.8% 500万円 最短30分
アイフル 3.0%~18.0% 800万円 最短30分
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円 最短即日回答

 

表を見ると消費者金融は審査が全体的に早く、バンクイックはちょっと審査が遅いように感じるでしょう。

しかし1章「バンクイックってどんなカードローン?」 でもお話ししたとおり、金利はバンクイックが安くなっています。

なので月々の返済を抑えたいという方は、バンクイックを便利に活用できるはず。

 

ふむふむ、つまり、急いでお金を借りたいなら消費者金融。 一度に返す金額を少しでも抑えたいならバンクイックで借りるといいってことか!

うん、それなら僕はそこまですぐお金を必要としてないし、返済金額を抑えられるバンクイックの方がいいのかも。

あ、でも申し込みってどうやったらいいんですか?

 

そうですね、肝心の申し込み方法をまだ説明してませんでした。では次にバンクイックを申し込み方法について詳しく説明していきますね。

 

バンクイックの申し込条件から申し込み方法まで見ていきましょう

ここではバンクイックを申し込み方法を見ていきます。

 

まずはどんな人が申し込めるのか、条件から整理していきますね。

収入があるなら幅広い人が申し込める!

バンクイックの申し込み条件は、以下のようになっています。

バンクイック申し込み条件

これはつまり学生でも主婦でも、自分で稼いで収入があるなら申し込むことが可能ということ。

バンクイックは幅広い人が申し込むことができます。

自分がバンクイックの申し込み条件に当てはまっていたら、次は申し込みに必要な書類を用意していきます。

 

申し込みに必要な書類

バンクイックに申し込む前に、必要な書類はなるべくそろえておいたほうがスムーズに手続きできます。

ただし2章「バンクイックのルールがどう変わったの?」 でも説明した通り、50万円を超えるお金を借りたいと思っている方は、収入証明書 を用意する必要があります。

なので50万円以下の借り入れなら必要な書類は本人確認書類、これだけですね!

 

本人確認書類は、運転免許証、健康保険証のコピーでかまいません。

パスポートやマイナンバーの個人番号カードでも大丈夫ですよ。

申し込みに必要な書類が手元にそろったら、実際に申し込み手続きを始めましょう!

 

申し込みはネットが手軽でおすすめ!ただし口座を作る必要あり

バンクイックの申し込みは、インターネットを使えば手軽にできるんです。

申し込み方は非常にシンプル。

バンクイック申し込み方

たった3ステップで完了です!

 

なんかすごく簡単そうですね!これなら僕でも申し込みできそう!

 

手軽に申し込めるカードローンもだいぶ増えてきましたからねー。

バンクイックにかぎらず、カードローンやキャッシングって家にいながら気軽に利用できるサービスにまでなってきているんです。

 

なるほど!なら僕でもバンクイックを便利に使えそうですね! で、申し込みが終わったら今度は審査があるじゃないですか?

バンクイックの審査ってどんな感じなんです?

 

そうですねー申し込みが終わっても審査に通らなければお金を借りることはできませんからね。

では今度はバンクイックの審査について詳しく説明します!

 

バンクイックの審査について

バンクイックの審査基準、審査にかかる時間を見ていきましょう。

 

バンクイックの審査基準

バンクイックはカードローンの審査をする際に、具体的に以下のような条件を重要視する傾向があります。

バンクイックの審査ポイント

おおまかに説明すると、以上の点を踏まえて審査していることが多いです。

安定した収入というところに関しては、「確実にこの年収なら通る!」という基準はありません。

 

とにかく、「この人はちゃんとお金を返してくれるだけの収入があるね」と審査で認めてもらえれば大丈夫ってことです。

また、過去にお金の返済が大幅に遅れた、借金を踏み倒した経歴があると、バンクイックに限らず他の金融業者に申し込んでも審査に通らない可能性があるので注意しましょう。

過去に金融でトラブルがあった情報は「ブラックリスト」として記録されます。

ブラックリストについてもっと詳しく↓
⇒参考記事:延滞だけじゃない!ブラックリストの調べ方や載る理由のすべて

 

審査にかかる時間は申し込むタイミングで変わる

以前は最短30分で審査が終わったのですが、即日融資が停止になって審査もルールが変わる前より時間がかかるようになってしまいました。

さきほど他社と比較したときにも触れましたが、バンクイックでは審査が終わって回答をもらうまでだいたい2日間はかかるとみておいたほうがいいでしょう。

しかも銀行が休みならさらに審査のスピードも遅くなるかも。

 

たとえばインターネットから土日祝日に申し込んでも、審査の回答がもらえるのは休み明けになるということ。

もし少しでも早くお金を借りたいなら、バンクイックに申し込むタイミングには注意しましょう。

 

え~っと……結局バンクイックに申し込んだらお金を借りるまでにどのくらいの時間がかかるんですかね?

 

そうですねーまず審査に2日かかるとして、その後カードを郵送してもらうことを考えると……大体1週間程度ですかね。

 

そうなんですか……なんか少しでも早く申し込む方法ってないんですかね?

 

 

それならテレビ窓口がおすすめです!

 

テレビ窓口、ですか?

そう、テレビ窓口をうまく活用すれば、申し込みから審査、カードの発行までを一気にできますよ!

土日祝日も申し込めるテレビ窓口とは?何がいいの?

銀行の中に、個別部屋みたいなスペースが設置されているのを見たことがありますよね。

そのスペースのなかにあるのが「テレビ窓口」です。

まあ思いっきり見えるところに「テレビ窓口」って書いてあるところもありますが……。

 

ではいったいテレビ窓口とはどんなものなのか、見ていきましょう。

テレビ窓口を使うと手順が分かりやすくて本人確認が楽

テレビ窓口の中に入ると、ATMのような機械が設置されています。

その機械を使って、カードローンの手続きをすることができるんですよ。

受話器も設置されていてオペレーターにつながるようになっています。

 

オペレーターと直接話しながら操作できるので手順に迷わず申し込みできるのです。

インターネット申し込みと少し似ているんですけど、テレビ窓口は直接銀行内で申し込むことになります。

だから一見「テレビ窓口のほうがいちいち銀行に行かなきゃいけないし、めんどくさいんじゃない?」って思われるでしょう。

でもテレビ窓口ならではの便利さもしっかりあって、使い方によってはインターネットから申し込むよりも楽なんです!

 

では、具体的にどういったことが優れているのかを見ていきましょう。

 

本人確認は短時間で終わることが多い

テレビ窓口のなかに入り、タッチ画面でカードローンの手続きを進めていくと、本人確認を求められます。

運転免許証などを提示し、正面を向いてくださいといわれるはずです。

本人確認が数秒~数分で終わるので、めんどうな操作がないのがメリット。

インターネット申し込みでも、本人確認書類は写真に撮ってアップロードする必要があるので、人によっては手間に感じるかもしれません。

 

しかしテレビ窓口なら、指示に従って運転免許証を機械に読み込ませるだけなのでテレビ窓口のほうが楽だと感じる人もいるでしょう。

 

ATMコーナー?ロビー?設置場所で営業時間が変わるのには注意

このように、テレビ窓口を使うとその場で確認が進んでいくのでとてもスムーズです。

しかし、気になるのがテレビ窓口を使える時間帯。

24時間営業というわけではないので「銀行のなかにあるなら、銀行の営業時間内で終わっちゃうんじゃないの?」と心配になりますよね。

 

でも大丈夫です!テレビ窓口は銀行の窓口よりも遅くまで対応してくれているものもありますよ!

テレビ窓口は、どの場所に設置されているかで営業時間が変わります。

以下に設置場所と営業時間についてまとめました。

テレビ窓口営業時間などの内容

あーなるほど、ロビーに設置されてると銀行窓口と同じってことですね!

でも湯銭さん……バンクイックに申し込む方法とか審査のことはいろいろわかったけど、結局どうしたら一番楽で早くお金を借りられるんですか?

いろいろ説明してもらったので、どの方法がやりやすいのかよくわかんなくなっちゃいました。

そうですね。やはり一番そこが気になるところですよね。

では、これまでの知識を踏まえて、わたしがおすすめの申し込み方法をご紹介します!

 

テレビ窓口とインターネット申し込みを組み合わせるのがおすすめ!

バンクイックで一番手間が少ないのは、さきほどご紹介したテレビ窓口とインターネット申し込みを組み合わせることです。

それでは、具体的にどういう方法なのか詳しく見ていきましょう。

 

インターネットで申し込んでテレビ窓口でカードを受け取れば時間短縮!

バンクイックのテレビ窓口を利用するときは、インターネットから事前にバンクイックに申し込んでおくと手続きがさらにスムーズに。

まず24時間365日申し込み可能なインターネットで、受付を完了しておきます。

そして前もって審査してもらっておく。

それからテレビ窓口でカードを受け取るという流れです。

テレビ窓口の流れ

このように、テレビ窓口で受け取るようにしておけば営業時間内であれば自分の好きなタイミングでカードを発行することができます。

郵送でカードが届くのを待つよりも、ずっと効率的ですよね!

 

ホントだ!これなら審査が通ったその日でもカードを取りに行くことができますもんね!

すぐにでもお金を借りたいときはずっと便利だ……。

 

スケジュールに合わせて、好きなタイミングでカードを取りに行けるのが、インターネットとテレビ窓口を組みあせた方法の強みだと思いますね。

ああ、そうだもう1つありましたよ、お伝えしておくことが。

バンクイックでも、増額をして限度額を引き上げることができるんです!

 

増額?どういうことですか!?

 

もっと借りたい!バンクイックで増額をするためには

バンクイックでも、借りられるお金の「限度額」を増やすことができます。

増額で限度額を引き上げるためにはいったいどのようにすればいいのか、解説していきましょう。

 

どれだけ増額かは個人の能力次第で限界が決まる

バンクイックにかぎらず、その他金融業者でお金を借りるときは、無限に借りられるわけではありません。

必ず「上限額」が決まっていて、お金を借りる人にどれくらいの返済能力があるのかを審査して決められます。

これを「借入限度額」っていいます。

限度額に達してしまうと、もっとお金がほしいと思っても借りることはできません。

 

増額とは信頼の証?

限度額なのですが、じつは増やす方法があります。

それが「増額」という方法です。

増額とは、さきほど説明した借入限度額を引き上げること。

 つまりもっとお金を貸してほしい!と金融業者にお願いするわけです。

 

そしてもちろんお願いしたら必ず増額できるわけではありません。

増額を申請するときにも審査が行われ、バンクイックでは以下のポイントに注目して合否が判断されます。

バンクイックの審査基準

上記のような条件を満たしている方なら、バンクイックも「もっとお金を貸そう!」と認めてくれるわけです。

 

こうしてみると、増額するにはバンクイックの常連にならなければならないということですね。

自分から増額を申し込むこともできますが、バンクイックの常連になると銀行側から案内が来ることがあります。

べつに怪しい勧誘とかではなく、これはバンクイックが単純に「この人にぜひもっとバンクイックを利用して欲しい!」とおすすめしているので安心してくださいね。

 

実際どれだけ信用を積み重ねればいいかはあなた次第

増額をするためにはバンクイックに信頼してもらうことが条件だということは、さきほどお話してきました。

しかし実際どれくらいの期間でバンクイックから信用してもらえるのでしょうか?

正直はっきり決まっていないので、具体的にどれだけの期間使えば信用してもらえるのかはわかりません。

だいたいですが、最低でも半年~1年ほどバンクイックを利用し続ける必要があるでしょう。

 

しかも、バンクイックを利用しているときに一回でも返済が遅れるなどの問題があれば増額の審査に通らない可能性が出てきますのでご注意を!

増額は、かなりバンクイックから信用されていないとできないということが分かりますね!

つまり、たくさん信頼されるほど、たくさんのお金を借りられるようになるんです。

バンクイックは金利も低いので、長く使いやすいのではないでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はバンクイックの特徴や申し込み方法を中心に説明してきました。

銀行もいろいろとルールが変わってしまって、即日融資もほとんどできなくなりました。

また、審査時間も前より回答が遅くなりすぐお金を借りたい人にとっては不便かもしれません。

 

しかし金利は変わっていませんし、テレビ窓口を活用するなど、使い方によってはまだまだ便利に利用できます!

 

大切なのは、自分の使い方に合わせたカードローンを選ぶことです。

ではたくみさん、バンクイックの特徴を知って上手にお金を借りるようにしてくださいね!

 

わかりました!返済のこともちゃんと考えて計画的に利用します!今日は本当にありがとうございました!

 

おすすめキャッシング

アコム

業界利用者数No.1のカードローン

アコム

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
ベルーナノーティス

初めての方も専業主婦の方も満足できるキャッシング

ベルーナノーティス

実質年率
4.5%~18.0%
利用限度額
1万円~300万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
※お申込みの時間帯によっては翌日以降となる場合がございます
レディースフタバ

フタバの女性専用キャッシング

レディースフタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

当サイトでは、お金を借りるときのルールと、便利な使い方。各種お得なポイントの貯め方などお金に関する知識を幅広く提供していきます。
いまいち消費者金融の仕組みが分からない。クレジットカードの細かいルールが曖昧など、いろんな悩みを解決していきます。
今まで知らなかったお得なお金の豊富な知識をみなさんに提供し、キャッシングを便利なサービスとして利用してもらえるお手伝いをいたします。