ブラックリストに載ってるかも…5分でわかるブラックリストに載る理由と対処法!

ブラックリストってなに!?いつの間にか自分もブラックリスト入り!?

ブラックリストに載ってしまったときは、時間をかけて健全に返済するしか解決法はありません。

ただ、自分がブラックリストに載っているかどうかを確かめる方法はあります。そしてもし間違ってブラックリストに載ってしまっていたら、削除要請をすることも可能です。

今まさにブラックリストに載っていてお困りの方、そして自分がブラックリストに載っているどうか、不安な方は、しっかり調査する方法を理解していきましょう。

また、ブラックリストに一回載ってしまったらどうなるのかを知れば、今後のお金に対する意識も劇的に変わるはずです。

そもそもブラックリストってなんのこと?

ブラックリストは、一言でいうなら、クレジット会社などから要注意人物だとみなされている状態です。

金融業界では、顧客情報が登録されている「信用情報機関」という機関が存在します。

信用情報機関はクレジットカードを申込んだときも、だれがどんなカードを申込んだのかなどの情報を扱っていて金融業界との間で共有しています。

この辺りはクレジットカードを使っている人全員のことが載っているわけなのですが、情報のなかには「事故情報」というのも載ります。

事故情報とは、返済遅れなど問題となった情報のことで、金融業界中に知られるわけです。すると「あの人はお金を返さない人」と、金融業界全体に思われてしまいます。

問題のある情報が載っている状態。これをブラックリストといいます。

ブラックリスト入りするとデメリットがいっぱい

ブラックリストに載るとこんなデメリットあります。

  • 消費者金融などからお金を借りられなくなる
  • ローンで買い物がしにくくなる
  • クレジットカードを作ろうにも審査に通らなくなる

【1】金融機関でお金を借りにくくなる

絶対ではないのですが、ブラックリストに載るとカードローンなどでお金を借りづらくなります。友達にお金を貸すときも「この人は絶対にお金を返せる人だ」と信用できなければ貸しにくいですよね。

とくにいつもお金を返すのが遅い人は、まず信用してもらえないでしょう。

【2】ローンも組みにくくなる

ブラックリスト入りして金融業者やクレジットカード会社から信用を失うと、大きな買い物をするときに分割払い、つまりお金を借りるためのローンが組みにくくなります。

車や家など数百万円の買い物をするとき、ローンが組めないとなかなか大きな買い物ができませんよね。しかし、毎月きちんとお金を払ってくれる人だと信用されなければローンを組むことさえ認めてもらえないのです。

【3】クレジットカードの審査に落ちてしまう

ブラックリストに載ると、金融業者からお金を借りにくくなりますが、クレジットカードの申込みすらできなくなる可能性があります。もう過去に借金踏み倒したことがあるぐらいまでひどいことをした人は、まずクレジットを申込んでも審査に通らないでしょう。

どれだけ過去を隠しても、しっかりばれてしまうので嘘を付いても無駄です。むしろ嘘がバレたらもっと信用されなくなってしまいます。

さて、ここまではブラックリストに載るとお金のやり取りでさまざまな悪影響があることを説明していきました。

じつはブラックリスト入りする理由も色々あるので知っておくことが大切です。

次章ではなぜブラックリストに載るのか、その理由を説明していきます。

ブラックリストに載る理由とは?

お金のやり取りでトラブルがあったら、ブラックリストに載る可能性が高くなります。ただし、お金のトラブルといっても色んなケースがあるわけです。

これはあまり知られていませんが、携帯の料金に関係するトラブルでもブラックリスト入りの可能性があります。

「気づいたらブラックリスト入り……」なんてことにならないように、どんなことをしたらブラックリストに載ってしまうのかを見ていきましょう。

  • ローン返済の延滞
  • クレジットカードの強制解約
  • 代位弁済
  • 債務整理をする
  • 携帯端末分割払いの延滞

ローン返済の延滞

ブラックリスト入りする多くの理由は、借りたお金の返済やクレジットカードの支払いを「延滞」することです。

ただし返済期限を1日過ぎてしまった程度なら、ブラックリストに載ることはあまりないでしょう。しかし2ヶ月以上とかあまりにも返すのが遅れると、ブラックリスト入りする確率は上がります。

「1日ぐらいなら問題ないんでしょ?なら返済遅れてもいっか」そう思われる方も多いかもしれません。しかしそれは甘い考えです。

今月の支払いが遅れてしまった、あ、また次の月も……こんなことを繰り返している人のことを、あなたは信用できますか?

そして当然金融業者にもいい印象は持たれません。借りたものを返すのが遅い人なんてやっぱり信用できないですよね。

金融業者から「この人いつも支払い遅れる人だな」って思われると、十分ブラックリスト入りの可能性はあるので注意しましょう。

クレジットカードの強制解約

クレジットカードの「強制解約」も、ブラックリスト入りの理由の一つです。

強制解約とは、自分からではなくカード会社側から強制的にクレジットカードを解約させられた場合のことをいいます。

「強制解約」になるのは使っている人に支払い遅延などの「問題」があるからです。

遅延以外にも、カードの不正利用があったときには強制解約される可能性があります。

クレジットカードには、裏側に自分の名前が書いてありますよね。じつはクレジットカードは、裏に名前が書いてある人以外が使うと「不正利用」になるのです。

たとえ家族であっても、本人以外は勝手に使ってはいけないのです。

代位弁済(だいいべんさい)も事故情報扱いされることがある

お金を借りている人が何か理由があって返せなくなったとき、代わりに保証会社が借金を返済することを代位弁済といいます。

保証会社はいわゆる借金の連帯保証人のことです。代位弁済も、ブラックリストに載る事故情報の一つとして扱われますので注意しましょう。

代位弁済は代わりに借金を返してくれるように感じるので、楽と思う人もいるかもしれません。しかしまったく良いことではないのです。

代位弁済は「もう返済期限が来てますよ、早く借金返してください」「払えないのならこちらで勝手に返済しますよ」ということ。

保証会社から、あとからしっかり払ってもらうよってあなたに連絡が来ることになるので、結局は借金を返さなければいけない相手が変わっただけになります。

代位弁済は支払いが遅れたままになっていることと結局状況が変わらないんですよ。

そして次に説明する「債務整理」も、ブラックリスト入りする理由の1つです。

債務整理(さいむせいり)をする

債務整理とは、払える可能な金額まで借金を減らしてもらえないか交渉する任意整理や、財産を差し出す代わりに支払い義務をなくす自己破産などの手続きを行うことです。

債務整理をするとたしかにブラックリストに載ってしまうのですが、感覚的には一応「この人が借金を整理しました」という事実が載るとイメージしたほうがいいでしょう。

つまり債務整理の情報が記録されたという感じです。

携帯料金の延滞もブラックリスト入り?

クレジットカードやローンの支払いだけではなく、携帯料金の支払いが延滞することで、ブラックリスト入りすることもあります。

ここでの携帯料金というのは、スマホ本体の分割払いの料金です。iPhoneの最新機種になると、値段が10万円を超えるものもありますよね。

「どうしよう、今月遊びすぎてお金がない」「うっかり携帯代払い忘れた」という感じで携帯料金を2~3ヶ月連続で支払わなかったら、ブラックリストに載るリスクが発生します。

何回も延滞してると、スマホを分割で買うこともできなくなることもあるので要注意ですよ。

さてここからは、事故情報などを取り扱っている機関についてみていきましょう。

ブラックリストを取り扱っている3つの機関にはどんな情報が載っている?

では日本に存在する3つの機関がどういうもので、どんな情報を管理しているのかまとめてみました。

信用情報を取り扱う機関について

日本には金融情報を取り扱っている機関が3つあります。

信用情報機関
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

この3つの組織には、以下のような情報が一定期間記録されています。

株式会社日本信用機構(JICC) 管理している情報
主にキャッシングを利用したときに登録される情報、現在の使用状況から、過去の返済履歴、事故情報まで掲載している機関。 名前や生年月日などの個人情報
契約内容(どんなプランでいくら借りて何回払いにしたのか)
返済状況(今きちんとお金を返せているのか)
取引の情報(債務整理や、クレジットの強制解約をしたことがあるのか)
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 管理している情報

主にクレジットカード会社の信用情報を取り扱っている機関。

クレジットカードの強制解約や、滞納といった情報はCICが管理しているので、問題があれば信用情報が悪化する。

申込み情報(申込んだときの情報、本人の名前や生年月日、電話番号等)
クレジットの情報(実際にクレジットを利用しているときの情報)
利用履歴(利用した日や目的)
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 管理している情報

銀行などの顧客情報を取り扱っている機関。
KSCには自己破産したときの情報も登録される。

名前や生年月日などの個人情報
取引の情報(債務整理や、クレジットの強制解約をしたことがあるのか)
申込み内容(ローンやクレジットの契約)
本人申告情報(カードをなくした、盗まれたという申し出があったという情報)
苦情の情報(クレームがあって調査中ですという情報)
不渡情報(業者がきちんと払ってと言ったのに払われなかったという事実)

お金に関することですから、さすがに詳しく分かるように管理されています。ただこの情報、永遠に載ってるわけではなく、一定期間が経過すると消えるようになっています。

事件を起こしても時効があるのと同じですね。また、この3つの信用機関は管理している情報の違いだけではなく、登録している加盟店の違いもあります。

  • 消費者金融→JICC
  • クレジットカード系、信販系→CIC
  • 銀行系→KSC

このように管理している信用情報は貸金業者によって違うんです。そのため、借入先の信用情報について知りたい方は各信用機関に信用情報を確認しましょう。では次にブラックリストが載っている期間について説明していきます。

ブラックリストは載る期間が決まっている

期限も情報ごとに違いがあるので、先ほどの表に情報をプラスする形で説明していきますね。JICC、CIC、KSCの順番に見ていきましょう。

【JICC】
掲載情報 掲載期間
名前や生年月日などの個人情報 契約情報が登録期間中
契約内容(契約プラン、限度額等) 【2019/9/30以前の契約】最大完済日から5年
【2019/10/1以降の契約】最大解約から5年
返済状況(返済履歴、延滞履歴) 【2019/9/30以前の契約】発生日から5年
【2019/10/1以降の契約】最大解約から5年
取引の情報(債務整理、強制解約等) 【2019/9/30以前の契約】発生日から5年
【2019/10/1以降の契約】最大解約から5年
※債権譲渡は発生から1年
申込み情報(商品内容、本人情報) 申込み日から6ヶ月ほど
【CIC】
掲載情報 掲載期間
申込み情報(商品内容、本人情報) 申込み日から6ヶ月ほど
クレジットの契約内容、支払い履歴等(延滞、強制解約等含む) 最大解約後5年
利用履歴(利用日等) 利用日から6ヶ月
【KSC】
掲載情報 掲載期間
名前や生年月日などの個人情報 契約情報が登録されている間
取引の情報(債務整理、強制解約等) 最大解約から5年
申込み内容(ローンやクレジットの契約) 利用日から1年ほど
本人申告情報(紛失・盗難等) 申告日から最大5年
苦情の情報 クレームの調査をしている期間中
不渡情報(業者がきちんと払ってといったのに払われなかったという事実) 不渡が発生した日から6ヶ月ほど(取引停止になったときは5年ほど)

機関に載っている情報は、ケースごとに期間が色々違うということです。時効が過ぎたらブラックリストの情報は消えるのですが、これはすべて解決したらの話です。

つまり借金を返し終わらないといつまでたってもブラックリストに載ったままだということ。借金を全て返していなければ時効なんていつまで待っても絶対に来ないので注意しましょう。

ブラックリストに載っているかどうかは色んな方法で調べられる

自分がブラックリストに載っているかどうか、調べるためには、「情報を見せてください」と機関に求める「開示請求」を行う必要があります。ここでもまたJICC、CIC、KSCで調べ方に違いがあります。

CICはネットから調べることが可能

開示請求は基本的に直接機関の窓口で一般的ですが、CICの場合はインターネットからでもお願いできます。

CICに開示請求する方法
  • パソコンから開示請求する
  • スマホから開示請求する
  • 郵送で申込む
  • 窓口で申込む

パソコンから調べる

機関のホームページから、インターネットを利用して開示請求をすることが可能です。受付番号を取得して自分の情報を入力すると、機関から結果がもらえるので自分の情報を確認しましょう。

年中無休で時間を気にせず利用することができるのですが、有料になります。手数料が1,000円かかる点、サービスの利用時間は8:00~21:45までと決まっているのでしっかり確認しておきましょう。

手数料の支払い方なんですがクレジットカードの一回払いしか選択できないということも覚えておきましょう。

スマホで調べる

パソコンから行うよりさらに手軽な方法として、スマホから開示請求するという選択肢もあります。基本的には受付番号を取得してから、スマホでパスワードを入力して開くという流れです。

スマホから開示請求をした場合も、手数料がかかること、サービスの利用時間が決まっていること、手数料はクレジットカード払いのみという点に注意が必要です。

郵送で開示要求する方法

機関のホームページから、必要な書類を印刷して、本人確認書類と一緒に郵送する。郵送したら後は報告書が届くのを待つだけ、という方法になります。郵便でも同じように手数料が1,000円かかるところは変わりません。

窓口で直接申込む方法

直接機関の窓口まで手続きをしに行くのは手間ではありますが、その場でわからないことを質問できるのが嬉しいですね。本人確認書類を持って窓口に行き、手続きをしたあと報告書をもらえば完了です。

手続きに出向く代わりに、窓口で行う場合は手数料が500円と他のやり方より安くなっています。また機関は、ブラックリストを調べるとき電話番号から個人の情報を割り出します。

ここで必要になる電話番号は、実際にクレジット会社に登録している電話番号なので注意しましょう。普段使っている電話とクレジットカードに登録したときの番号が違うなら気をつけなければいけません。

間違った電話番号で探してもらっても、いつまでたっても見つかりませんといわれるだけです。なのでクレジットやキャッシングを申込んだとき、どの電話番号を使ったのかを思い出してから開示請求を申込むようにしましょう。

きちんと管理されている情報なので、多少手続きは面倒な点はあります。でもインターネットを利用することができればかなり手間を減らすことが可能です。

しかもインターネットならブラックリストの開示まで最短10分で終わるから急ぎの人も助かります。

KSCに開示請求する方法は?

KSCの場合は、窓口からでもインターネットからでも申込みができません。ちょっと面倒ですが、郵便で書類を送る方法に限られています。

郵送で送る場合は以下の3点の書類を一緒に送る必要があります。

  • 申込み書
  • 手数料
  • 免許証(裏表)と住民票のコピー

申込み書は、KSCのホームページから印刷すれば手に入ります。また、手数料なんですが封筒に現金を直接入れて送るわけではありませんよ?

郵便局の貯金窓口かゆうちょ銀行に行って、定額小為替証明書というものをもらってきましょう。

つまりお金を直接封筒に入れて送れないので、小切手に変えて送るというイメージ。また、免許証と住民票はどちらも必要なので、2枚とも用意しておく必要があります。

ちなみに定期小為替を発行するにも100円の手数料がかかりますので前もって確認しておきましょう。

JICCに開示請求する方法は?

JICCの場合は、スマホアプリを使って手続きをすることができます。JICCのホームページからQRコードを読み取れば簡単に申込めるので、郵便や直接窓口に行くよりも楽ですよ。

ただしブラックリストのデータは、直接スマホに届くのではなく郵便で別に届くことになるので注意しましょう。ちなみにJICCに開示請求するときも手数料1,000円がかかります。

ただ、アプリを使えばクレジットカードやコンビニ、銀行のATMで払えばよくて、免許証などの本人確認書類も写メで送ればいいので郵便よりも楽です。

さて、ここまでブラックリストを調べる方法について解説してきました。機関に乗せられる情報は基本的に事実しか載っていません。しかしときには、お金をきちんと返済してるのに間違ってブラックリストに載ってしまうことがあるんです。もし間違って載ってしまっていた場合、情報は消すことができます。

ということで次章は間違ったブラックリスト情報を消すためには、どうすればいいのかを見ていきましょう。

ブラックリストに間違って載った情報は「本人申告」で消せる

手違いでブラックリスト入りしてしまったとき、本人申告で消すことが可能です。具体的にどんな方法なのか、確認していきましょう。

間違ってブラックリストに載ったら本人申告を行おう

早い話JICCかCICかKSCから、クレジットカード会社に「わたしの情報間違ってるから調べてください!」と依頼することです。結果間違ってたらブラックリストの情報は消えます。今後もクレジットカードを安心して使えるようになるはずです。もちろん情報が事実だったら消えませんが…。

ただブラックリストを消すことができるってことを利用した消します詐欺をする奴がいるってことには注意してください。

「ブラックリスト消しますよ詐欺」には注意

ブラックリストは、間違った情報じゃないと消せません。情報が本当だったら、どうやっても消えないです。もしブラックリストから名前を消します!という広告があったら、それは「ブラックリスト消しますよ詐欺」である可能性が高いです。

甘い言葉に惑わされないよう気を付けましょう。

ブラックでもクレジットを手に入れられる可能性はあるの?

ブラックリストに情報が載っている人が申込んでも、お金を返せる保証がないわけですから、審査で落ちる確率が高くなるでしょう。

つまり今現在ブラックリストに載っている人はクレジットカードを申込むのはちょっと厳しいかもしれませんね…。ただ、きちんと借金を返済したなら、クレジットカードを作れる可能性は一応あります。

三菱UFJのデビットカード

デビットカードは、きちんと借金を返済した方であるなら、発行してもらえる可能性があります。デビットカードは、料金を払ったら銀行口座から引き落としになる仕組みになっていて、色んなお店で使えます。

そんな三菱UFJのデビットカードに申込む条件はたったの3つ。

  • 日本国籍をもっていて日本在住の方
  • 万15歳以上の方
  • 三菱UFJ銀行の口座を持っている方

また料金を引き落とす銀行口座がないと、手に入れられない場合があるので前もって口座を作っておくといいですよ。ただし、申込み条件を満たしていても、ブラックリスト入りしているかぎり絶対に審査に通るとは言い切れません。

デビットカードについてもっと詳しくこちらでご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

ブラックリストを語るといろんなことが関係してきますが、とにかく一回載ってしまうと、クレジットカードも申込みづらくなり、キャッシングも利用しにくくなるということだけは覚えておきましょう。

もし載ってしまったら、自分で消すこともできませんし、なるべくならブラックリストに載らないようにするのが一番。ブラックリストに載らないようにするためには、借金をしっかり払っていくしか方法はありません。

次にクレジットやキャッシングを利用するときには、二度とブラックリストに載らないよう計画的に利用することが大切です。

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。