結婚式以外にも使える?ブライダルローンの特徴や審査の流れを詳しく

ブライダルローンを利用して式場を予約しよう!!審査には結婚式の見積書が必要!

結婚式は特別な日ですよね。そんな大切な日をこだわっていきたいものです。ですが、何かとお金がかかってしまいますよね。

自分たちが決めた予定のお金よりオーバーしてしまうなんてことありませんか?

式場新婦と新郎の衣装代、料理、ブーケや演出など、結婚式にさまざまなお金がかかってしまいます。 かといって両親の援助を受けずに自分たちで結婚資金をまかなっていきたい、貯金を崩さず結婚式を挙げたいという人も中にはいるのではないでしょうか。

そこで今回は、そんな結婚式のお金で困っている人たちへ、ブライダルローンについてご紹介します。 ブライダルローンのメリットや審査の流れ、必要なものなどをわかりやすく解説していきますよ。

 

あ、申し遅れました。わたくし経済評論家の湯銭孝志ゆぜにたかしです。みなさんにわかりやすく理解できるように金融関係のコラムを書いています。

ではさっそくですが、ブライダルローンがどんなものかをみていきましょう。

ブライダルローンとは

まず、ブライダルローンとは一体どのようなものなのかを説明しますね。

ブライダルローンとは、わかりやすくいうと「結婚にかかるお金を借りれるサービス」のことです。

そしてブライダルローンは結婚式だけではなく、披露宴、新婚旅行や新婚生活の家具・家電などにも使うことができます。

ではいったい結婚式を行った場合、だいたいどれぐらいのお金がかかってしまうのでしょうか。

一般的に結婚式にかかる費用は、だいたい平均で350万円になります。

この350万円という費用は、招待人数が70名前後の場合の平均。

招待する人数が70名の場合、式場をおさえるお金は平均で10万から20万円かかってきます。

さらに披露宴で出すコース料理も1人に対して1万以上、ブーケや新婦、新郎の衣装にかかるお金は20万から40万円ほど。

他にもオプションを付けるとさまざまな料金がかかってくるんですよ。

決してすべての結婚式でこれだけの費用がかかるわけではありませんが、あくまでもひとつのたとえとして覚えておきましょう!

式場や招待する人数によって違うので、実際に式場やプランを考えるときはブライダルプランナーとじっくり相談して考えてくださいね。

ブライダルローンは年齢も大事!?

ブライダルローンを組む条件として多くのローンは「20歳以上65歳未満(最後の返済時が70歳未満)」になっています。

なぜなら、返済能力と共に年齢も大事だからです。

年齢が高くなると同時に会社に勤務している年数も長くなる可能性があります。

お金を貸してくれる銀行や金融業者にとって、「年齢」信用情報として確認するのです。

そして転勤などで勤務年数が短い人の場合、審査が厳しくなってしまう恐れがあります。

やはりお金を貸す側としてはきちんと返済できる人のお金を貸したいのです。

勤務年数が1年の方より、やはり3年同じ会社に勤務している方のほうが、審査は通りやすくなるといわれています。

ですが、決して勤務年数だけが審査ポイントではありません。

なので実際ブライダルローンを申し込むときは、申し込み条件も慎重に確認しておくことが大切ですよ。

あー、そうそう。もし20歳未満の夫婦で結婚式を挙げたいと考えている人は年齢が20歳超えるまではブライダルローンを組むのが難しいので要注意です。

なぜなら先ほどお話しした通り多くのローンが「20歳以上65歳未満(最後の返済時が70歳未満)」だからです。 ですが、ローンによって申し込めるところもあるので探してみてくださいね。

ただ、民法改正案が成立して、2022年4月から成人年齢が引き下げられることが決まっていますなのでもしかしたらブライダルローンを組める年齢も変わる可能性があるので要注意ですよ!

はい、ではブライダルローンがどんなものか分かったところで、次の第2章でブライダルローンのメリットについてご紹介します!

ブライダルローンのメリット

ウェディングドレスとスーツを着ている夫婦の画像

結婚式や披露宴はやはり特別にしたいものですよね。

こだわってしまうとお金もかかってきます。

そこで助けてくれるのがブライダルローンです。

では、実際どういったメリットがあるのかをみていきましょう。

金利が低めに設定されていることが多い

ブライダルローンは「目的別ローン」といって、借りるお金が決まっているため金利が低いのが特徴です。

銀行や金融業者によって違いますが、平均金利は約3~10%です。

ですから銀行や金融業者なども貸したお金や金利を回収できないというリスクを小さくすることができるのです。

なので返済するときの負担が減ったり、予定より早めに返済することができるかもしれませんよ。

家族からの援助がなくても大丈夫

結婚式は何かとお金がかかってしまいます。

それでも、なんとか自分たちだけで結婚式を挙げたいと考えている人も中にはいらっしゃいますよね。

今までお世話になった両親に結婚式のお金も援助してもらうのはちょっと…と悩んでいる人は、ブライダルローンは有効かもしれません。

ブライダルローンを使うことで、自分たちが結婚式でこだわりたいところなどを叶えることができます。

さらに、借りるお金は見積書によって銀行や金融業者が判断するので、多く借りる心配もありません

結婚式の前払いができる

結婚式や披露宴によって、支払いが前払いしか受け付けないところがあります。

そういったときにもブライダルローンがあることによって、前払いすることが可能です。

結婚式でもらえるご祝儀は当日にならないと手元に入らないので、ご祝儀で前払いということはできません。

かといって貯金を崩したくない、貯金がないといった人にはブライダルローンを使うことをおすすめします。

ブライダルローンを使うことで、今まで悩んでいたことを解決できる可能性があります。

では、次の章ではブライダルローンの審査をするときに、銀行や金融業者などが何を見ているのかをみていきましょう。

ブライダルローンの審査するうえでの大事なポイント

高いお金がかかってしまう結婚式や披露宴。

一括で払うのはなかなか厳しいですよね。

では、ブライダルローンを申し込むときに銀行や金融業者が何を重視しているのでしょうか?

返済能力がちゃんとあるのか

カードローンやキャッシングなど、審査ではほとんどの場合「返済能力があるのか」を見ます。

これはブライダルローンも同じです。

ブライダルローンを組むということは、先に銀行や金融業者などがお金を立て替えてくれているのです。

なので、その立て替えてもらったお金と金利分を返していかなければなりません。

ちゃんと返済してもらえるのかを確認するためにも、あなたの信用情報を見る必要があるのです。

ではどういったことを重視して審査しているのかを図にしたので確認してみましょう。

ブライダルローンに大事な信用情報を紹介している図

お金を貸す銀行や金融業者などは、実際こういったことを確認したうえでこの人を審査に通してもいいのか慎重に判断する傾向があります。

それだけお金を貸す側としてもしっかりと返済を守ってほしいということなんです。

なので、あなたの信用情報が良ければ、十分に審査に通る可能性はあります。

ですが、信用情報に少しでもマイナス情報があると審査に悪影響を及ぼすこともあるので注意してくださいね!

ブライダルローンの流れ

では、第4章ではブライダルローンを申し込んだときの流れを確認していきましょう。

ブライダルローンは銀行や金融業者などが出している「ブライダルローン」があります。

そしてローンの審査は仮審査本審査の2回行われることが多いです。

まず仮審査では、「この人ちゃんと返済できるのかな?」ということを銀行や金融業者などが調べるための審査です。

そのため、仮審査では毎月の安定した収入や勤務年数、勤務先などの信用情報確認します。

仮審査が早く終われば即日回答もありますが、だいたい2~3日くらいはかかってしまいます。

仮審査に通った場合、銀行や金融業者から「仮審査が通りました」という連絡が入りますそしてその電話のときに、次に審査する本審査で必要となる書類や申込書の記入などの手続きがあります。

ですが仮審査では審査が通ったのに、本審査で落ちてしまう場合もあります。

そして仮審査の結果、もし信用情報に問題がある場合審査から落ちてしまう可能性も。

また、申し込んだローンに落ちてしまったときは、再度同じローンに申し込むことはできなくなってしまいます。

なので、ブライダルローンを申し込む前は、仮審査をして、自分が申し込めるかどうかを見極めておきましょう。

第5章では本審査において必要な書類が何かを確認してきましょう。

ブライダルローン審査には必要な書類がいくつかある

ブライダルローンの仮審査が通ったら、次はいよいよ本審査があります。

本審査ではブライダルローンを組むにあたっての必要な書類が求められます。

では、実際どんな書類が必要となるのかを図にしてまとめたのでひとつずつ確認しましょう。

ブライダルローンの本審査で必要となる書類の図

ブライダルローンの本審査にもなると、必要な書類がいくつもあります。 なので、事前にこういった書類を準備しておくことで、いざ求められたときにスムーズに出すことができますよ。

それでは、最後にブライダルローンを申し込むうえで、どんなことを注意したらいいのか事前に把握しておくのも大事。

ブライダルローンを申し込むときの注意点

いざブライダルローンを申し込むと思うと、何を注意したらいいのかわかりませんよね。

そこで、最後の章ではブライダルローンをに申し込むときの注意点をみていきましょう。

申し込みから融資を受けるまでの時間が長め

さきほど審査の流れでお話した通りブライダルローンの申し込みをするときには仮審査本審査があります。

仮審査にはそんなに時間がかかりませんが、本審査では結婚式にかかる見積書やさまざまな書類が必要になります。

なので、本審査と融資が行われるまでに1週間ほどの時間がかかることも

もしブライダルローンを申し込みたい場合は、余裕をもって2週間ほど前から申し込みをすることをおすすめします。

追加で融資を受けることができない

ブライダルローンは追加で融資を受けることができません

なぜなら銀行や金融業者などはあらかじめ提出された見積書を確認してから、お金をいくら貸すのかを決めます。

なので本審査時に出された見積書でいくら貸すのかを判断してしまいます。たとえ後に「やっぱりこっちのプランが良いな」と見積書を変えて、お金が高くなっても追加でお金を借りることはできないのです。

そしてブライダルローンは何にお金を借りるのか目的が決まっている「目的別ローン」に分類されます。

なので結婚式や披露宴など以外の結婚に関係のないお金にお金を使うことはできません。

よってブライダルローンに申し込む前にはしっかりと見積もりを慎重に考えることが大事になります。

結婚式のお金を多く借りることはできない

ブライダルローンは基本的に追加融資ができないだけでなく、ブライダルローンの見積書以上のお金を借りることはできません

なぜなら、結婚式や式場を借りる費用などを貸すローンだからです。なのでブライダルローンを申し込む前に見積もりをしっかり見直していくことが大切ですよ。

まとめ

ブーケの画像

いかがでしたか?今回はブライダルローンについてご紹介しました。

今まで気になって申し込んでない人も、この先申し込んでみたい人にもブライダルローンのことをわかってきたのではないでしょうか。 最後に今日ご紹介したブライダルローンの要点をまとめて終わりにしますね。

 

  • ブライダルローンは結婚式、披露宴、新婚旅行や新婚生活で使う家具などのお金を借りることができるサービス
  • ブライダルローンの申し込みできる年齢基準は「20歳以上から65歳未満(最後の返済年齢は70歳まで)」
  • ブライダルローンは目的別ローンなので金利が低い。ブライダルローンの審査には「安定した収入、勤務年数、他社への借り入れ、金融事故があるのかどうか」を重要視する
  • ブライダルローンの本審査には必要な書類が多い(申込書、本人確認書、勤務証明書、収入証明書、結婚式費用の見積書)
  • ブライダルローンは申し込みと融資までに時間がかかる
 

合わせて読みたい

    おすすめキャッシング

    レイクALSA

    Webで最短60分のスピード融資が可能

    レイクALSA

    実質年率
    4.5% ~18.0%
    利用限度額
    最大500万円
    審査時間
    最短15秒
    融資スピード
    最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
    フタバ

    他社借入れ4社以内なら申込み可能

    フタバ

    実質年率
    14.959%~17.950%
    利用限度額
    10万円~50万円
    審査時間
    最短即日
    融資スピード
    最短即日融資
    ベルーナノーティス

    専業主婦も申込みできる!

    ベルーナノーティス

    実質年率
    4.5%~18.0%
    利用限度額
    1万円~300万円
    審査時間
    最短30分
    融資スピード
    最短即日

    条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

    すべての条件や種類を見る

    キャッシング最適診断キャッシング最適診断
    難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

    お金の教本について

    当サイトでは、お金を借りるときのルールと、便利な使い方。各種お得なポイントの貯め方などお金に関する知識を幅広く提供していきます。
    いまいち消費者金融の仕組みが分からない。クレジットカードの細かいルールが曖昧など、いろんな悩みを解決していきます。
    今まで知らなかったお得なお金の豊富な知識をみなさんに提供し、キャッシングを便利なサービスとして利用してもらえるお手伝いをいたします。