即日キャッシングがしたい!即日融資のポイントとおすすめ

みずほ銀行カードローン

突然まとまった現金が必要になった場合、一体どうしたらよいでしょうか。結婚式や入会金など、クレジットカードが使えない場面というのは意外とあるものです。

家族や友人にお願いをして借りる他に、キャッシングサービスに頼るという方法もあるでしょう。インターネットからでも申し込みができ、最短でその日のうちに融資が受けられる。

即日キャッシングは、緊急時の強い味方です。仕事が忙しくてなかなか時間が作れないという人でも、わざわざ店頭まで足を運ぶことなく、自宅のパソコンやスマホを使って気軽に融資を受けられるからです。

みなさんこんにちは!わたくし経済評論家の湯銭孝志ゆぜにたかしと申します。

しかし、その内容をきちんと理解せずに利用するのはちょっと考えものです。ここでは、即日キャッシングの特徴や利用方法、そして注意点などについて、詳しく解説していきます。

即日融資と即日審査の違い

急いで融資を受けたいときに、「即日」の文字だけを見て、消費者金融に駆け込むのはちょっと危険です。なぜなら、「即日審査」とは謳っていても、「即日融資」が受けられるとは限らないからです。

即日審査とは、あくまでも申し込みをしたその日のうちに審査のプロセスに進めるという意味であって、必ずしも当日中に現金が手にできるとは限りません。

どうしてもその日中に融資を受けたいという場合は、「即日融資」と書いてある金融会社を選ぶように気をつけましょう。

湯銭さん聞いてくださいよ。今日、急に現金が必要になったんで、仕方なしにキャッシングに行ったんですけど。

ふむふむ。

審査の結果を待ってくださいって言われて、結局お金は受け取れなかったんですよ。即日って書いてあるから行ったのに。

なるほど、それは困ったでしょう。

即日融資とかっていって宣伝してるの、あれ全部ウソってことですよね。

たくみさん、そのお店には、間違いなく、即日融資と書かれていましたか?もしかして、即日審査、ではなかったですか?

えっ、そういえば、看板はそんなにちゃんと見なかったかもしれません。即日、と書かれていたのは間違いないんですけど。即日融資と即日審査では、意味が違うんですか?

違いますね。即日融資の場合は、即日で借り入れまでできますが、即日審査だとあくまでも審査だけで、借り入れは後日になる可能性があります。

今回のたくみさんのケースはこれではないかと思いますよ。即日審査だけでは即日融資を受けられない可能性がありますから。

それでは早速即日融資を受けるための流れや手順などについてお話しますね。

即日融資の審査を受けるための流れ

即日融資の審査を受けるための具体的な流れをみていきましょう。金融機関などによって多少の違いはありますが、基本的な流れは下記のとおりとなります。

1.ネットで申し込み

直接店舗へ出向いてももちろんいいのですが、一番簡単なのは、ネット上から申し込みをする方法です。必要事項を入力していって送信すれば良いので、気軽に融資を申し込むことができます。

2.必要書類の提出

免許証やパスポートなどの身分証明書の提出を求められる場合があります。よくあるパターンは、申し込み後にメールが送られてくるので、所定のパスワードを入力し、スマホ等で撮影した身分証を添付して返送するという方法です。

3.審査・在籍確認

書類を提出すると、次に審査が始まります。利用者がきちんと返済する能力を持っているかどうかを判断するために行われます。在籍確認というのは具体的には、申込者が入力された勤務先に本当に在籍しているかを確認するため、実際に勤務先に電話がかかってくるものです。

申込者本人が電話に出られるのが一番望ましいですが、外出時などには同僚に出てもらうことになるでしょう。不在時だったとしても、申込者が在籍していることが分かればよいので、特に問題ありません。

金融会社によって違ってきますが、実際の社名は名乗らずに、個人名でかけてきてくれるところもあります。この方法であれば、融資を申し込んでいることを同僚に知られずに済むでしょう。

また、場合によっては、申込者本人に電話がかかってくることも中にはあります。本人確認として、住所や生年月日を聞かれる他、融資の増額を打診されることもあるでしょう。

審査というよりは営業のようなものですが、面倒がって出ないと、審査が下りない場合がありますので注意が必要です。

4.審査結果の連絡

審査が完了すると、申込時に選択した方法で、結果の連絡が入ります。たいていの場合は、メールか電話連絡のどちらかになるでしょう。

メールの場合は、添付されたアドレスからログインし、契約画面へと進みます。この時、希望融資額よりも大きい金額が提示されることもありますが、必要なければ当初の希望額のまま契約するようにしましょう。

5.借り入れ

借り入れ方法も、口座振り込みや、自分でATMから引き出す方法から選ぶことができます。銀行振り込みの場合は、15時までに手続きを終えないと、翌日の振り込みになってしまう場合があります。

急いでいる場合は特に注意が必要です。他に、キャッシング用のカードを郵送してもらい、自分で現金を引き出す方法もあります。

即日で借り入れをする手順

早い時間に手続きを済ませれば、15時までに指定の口座へ振り込みをしてもらえますから、すぐに提携ATMへ行って引き出せば、即日で現金を手にすることが可能でしょう。

また、ローンカードを発行してもらう場合でも、審査が下りたあとに、郵送ではなく直接店舗まで足を運んでカードを受け取れば、同じように即日現金を引き出すことができます。

もちろん、抵抗がなければ最初から店舗へ行って申し込みをし、その場で在籍確認がとれて審査が下りれば、数時間後には融資を受けられます。

このように、申し込みや引き出し方法にもいくつかの選択肢がありますので、自分に合った方法を選ぶと良いでしょう。

即日の全額返済だと利息はどうなる?

あくまでも一時的に必要な現金を借り入れた場合、すぐに返済してしまった方が、余分な利息がかからないので得になります。しかし、中には一括返済を受け入れていない消費者金融や、返済日が決まっていて指定日以外には返済を受け付けないといった会社もありますので、借り入れる前にはその点もチェックしておくことが大切です。

また、返済をする時間帯が遅いと、金融会社側の受け入れが翌営業日の対応になってしまい、1日分の金利が余分に発生してしまいますので、この点についても注意が必要でしょう。

即日で融資を受けられるようにするには?   

どうしても今日中に現金が必要という場合に、どうしたら確実に融資を受けることができるのでしょうか。基本的には、平日の14時頃までに申し込みや手続きを終わらせる必要があります。

なぜなら、融資の受け取り方法に口座への振り込みを指定した場合、銀行業務が終了してしまう15時に間に合わない可能性があるからです。

土休日など、振り込みの手続きが月曜日まで保留されてしまうことがありますので、タイミングには十分な注意が必要です。

ただし、消費者金融が指定している銀行口座を持っている場合は、土休日や15時以降であっても、振り込みをしてもらうことが可能です。

この点についても、申し込みをする間に、各金融会社のサイトなどで確認しておくと良いでしょう。さらに、指定口座は持っていないけれど、どうしても週末などに即日融資を受けたいという場合には、ローン契約機のある金融会社を選ぶと良いでしょう。

ローン契約機は、現金を引き出すのに必要なキャッシュカードを発行することができますので、振り込みではなくカードでの引き出し方法を選べば、その日のうちに現金を受け取ることが可能になります。

注意すべき点として、在籍確認などがスムーズに行われないと、当日に現金を受け取ることが難しくなる点が挙げられます。職場には前もって連絡がくることを伝えておくなどして、きちんとその日のうちに在籍確認がとれるよう、根回ししておくと良いでしょう

即日融資以外にも注目すべきポイント

急いでいる場合には、まず何よりも、その金融会社が即日融資に対応しているかどうかをチェックすることが大切です。しかしそれだけではなく、融資を受ける際には必ず確認しておきたいポイントがいくつかあります。

まず、金利がどれだけかかるのかというのも、非常に大切な点です。消費者金融の上限金利は、出資法と利息制限法という2つの法律によって、最高20%までと定められています。

ですから、もしもそれ以上の金利を取るような消費者金融があれば、それは法律に違反している「悪徳金融」、いわゆる「ヤミ金」ということになるので、決して手を出すべきではないでしょう。

この上限金利は、借り入れる金額によって、その割合が変わってくるのです。10万円未満の借り入れ契約の場合は、20%が上限となります。

さらに、10万円以上、100万円未満の借り入れでは18%、100万円以上の借り入れになると15%までと、契約金額が大きいほど金利の割合は小さくなるのです。それぞれの細かい金利については、各金融会社のウェブサイトで確認ができますが、どの会社を選んでもそう大差はないでしょう。

借り入れ金額が大きいほど金利が小さいのであれば、実際必要な金額よりも多めに借りれば得ではないかと思ってしまいますよね。

しかし、一度に借り入れができる金額は、法律によって年収の3分の1までと決められていますので、よほどの高収入ではない限り、その方法は使えないでしょう。

次に、返済のしやすさというのも大事なポイントです。前倒しで返済をしようと思っても、あらかじめ金融会社の方で返済日を指定している場合があります。

その場合、せっかく早めに返済をして少しでも金利を減らそうと思っても、それが不可能になってしまいます。

また、返済方法にもさまざまな選択肢がありますが、それぞれのメリット、デメリットについてもきちんと把握しておくことが大切です。

たとえば、毎月少額ずつ返済できるプランは、月々の負担が少なく済む反面、長い目で見た場合には、利息の負担が通常より多くなってしまう可能性があります。

融資を受けるときには、つい借りやすさばかりを重視してしまいがちですが、返済方法についても事前にきちんと確認しておくことが大切です。

また、融資を受けようとしている会社が、きちんとした正規の業者なのかどうか、必ず確認するようにしましょう。20%以上の金利を設けていたり、法定額以上の貸し付けを行っていたりしたら、その金融会社は怪しいと考えるべきです。

正規の業者であれば、金融法で定められた登録番号というのをもっているはずです。ホームページなどに、この登録番号があるかどうかを確認してみるのも良いでしょう。

ただし、悪徳業者であってもこの番号を持っている場合がありますので、登録番号があるから安心、というわけではないことも知っておきましょう。

そして、金融会社によっては、無利息の期間を設けている場合があります。たとえば、その金融会社の利用が初めてで、尚かつ借り入れから30日以内に返済すれば利息ゼロ、といったものです。短期間での返済のめどがついている場合には、そういったサービスを上手に利用すると良いでしょう。

もちろん、指定の期限内であれば、一括ではなく分割での返済も可能です。もし指定の期間を過ぎて返済が完了しなくても、利息は残った金額に対してのみ加算されますので、少しでも負担を減らしたいのであれば、少しずつでも早めに返済していくようにしましょう。

消費者金融と銀行カードローン、どちらにするべき?

融資を受けたいと思ったときに最初に思いつくのが、消費者金融と、銀行のカードローンではないでしょうか。消費者金融にはなんとなく抵抗があるけれど、銀行のカードローンであれば安心と感じる人も多いでしょう。しかし、即日融資を希望するのであれば、銀行カードローンは残念ながら不向きです。

なぜなら、全ての銀行は即日融資には対応していないからです。2018年の法改正により、銀行は融資の依頼を受けた場合、従来のプロセスに加えて、利用者が反社会勢力と関わりがないかどうかを厳しくチェックする義務が生じました。

具体的にいうと、銀行が利用者の審査をする前のステップで、警察庁のデータベースにアクセスし、申込者本人についての情報を確認することになっているのです。この警察庁のデータベースからの回答が即日では出ず、最短でも翌日になってしまうことによって、銀行系のカードローンでは当日の融資が不可能となってしまいました。

さらに、銀行系のカードローンは、その銀行に口座を持っていないと融資を受けられない場合があります。銀行口座の開設には、やはり時間を要しますので、急いでいる人、即日融資を希望する人は、銀行系のカードローンではなく、消費者金融を選んだ方が間違いないでしょう。

中小消費者金融の即日キャッシングはあり?

テレビや街中の広告などでよく見かける大手金融会社の他にも、中小の消費者金融が無数にあります。そういった金融会社を利用するときのリスクにはどんなものがあるでしょうか。

1つには、利便性が低いということが挙げられるでしょう。大手とは違い、申し込み方法や返済方法があまり充実していない場合があります。利用者の都合にあわせてフレキシブルな対応が難しいことがありますので、申し込みをする前に、どういったサービスをとり揃えているのかを調べておくと良いでしょう。

さらに、融資額に制限がある場合があります。たとえば、数百万円などを急いで借り入れしたいといった場合に、中小の消費者金融だと限度額が大手に比べて小さいことがあります。ある程度大きな額を借り入れたいという場合には、大手金融会社や、銀行系カードローンの方が間違いはないでしょう。

他に、大手の金融会社と比べて、金利が割高になる場合があります。特に大手であれば、30日間は無利息などのサービスが充実しているのに対し、中小の金融会社ではどうしてもそういった点で劣る場合が多いでしょう。

返済をしていく上で、金利は非常に重要なポイントになりますから、事前に自分の借りたい金額と金利を、何社かのホームページなどで照らし合わせてみることが大切です。

そして、あまり名の知られていない消費者金融の場合、過度な取り立て行為が行われることがあります。正規の業者であれば登録番号を持っているはずですから、まずはウェブサイトなどを見て、登録番号を載せているかを確認してみると良いでしょう。

さらに、この登録番号の中にあるカッコ内の数字が、健全な業者を見分けるためのひとつの目安になります。なぜかというと、登録番号のカッコ内の数字は、その会社の営業年数を表しているからです。

きちんとした業者であれば、営業年数が1年や2年というのはあまりないでしょうから、あまりにもカッコ内の数字が小さい業者は避けておいた方が無難といえます。

このように、金融業者を見分けるのに便利な登録番号ですが、番号を詐称していたり、取得していなかったりする業者も中にはいますので、やはり注意が必要です。

あまり聞いたことのない金融会社を利用する際には、事前に金融庁や貸金業協会のホームページで、きちんとした業者かどうかを確認してみることが必要でしょう。

 安心できる消費者金融はどこ?

 ホームページをチェックしたり、金融庁のサイトで確認をしたりという手間が面倒という場合は、やはり大手の消費者金融が気軽に利用できて、安心でしょう。

大手であれば、ウェブサイトやサービスシステムも充実しており、ネット上だけで申し込みから借り入れまでが完結するなど、その利便性にはやはり中小の業者はかないません。

よほどのメリットがない限り、大手の金融会社を利用するのが無難といえます。特に、大手の消費者金融は、スピーディな対応や、即日融資を大々的に押し出しているところも多く、少しでも早く借り入れをしたいという人にとっては最適でしょう。

即日融資にこだわるべきケース

予期せぬトラブルなどで、どうしても「今日のうちにまとまった金額のお金が必要」という状況ではない限りは、即日融資にこだわる必要はありません。銀行系のカードローンのように、利用者本人についての確認や、審査をきちんと行っている業者から借り入れすることが何よりも大切です。

いくら急いでいるから、必要だからといって、法律に違反しているような金利や融資額、返済方法を提案してくるような業者に頼ることは、自分の身を守るためにも絶対に避けましょう。

  即日でキャッシングを受ける場合の注意点         

  緊急事態が起こって、急いで融資を受けたいと思ったときに、大手以外の消費者金融に頼らざるを得ないこともあるでしょう。しかし、そんなときこそ、金融詐欺や闇金などの悪徳業者にひっかからないように注意が必要です。

悪徳金融業者のイメージと言うと、サングラスをかけていて服装が派手、人相が悪くてすぐに恫喝してくるというような、いかにも悪人風を想像するかもしれませんが、実際は違います。

さわやかで物腰柔らかく、親切を装ってターゲットに近づいてくるのです。

悪徳金融業者に頼らざるを得ない人は、たいていの場合切羽詰まっています。その状況を知っていて、「大変でしたね」「もう大丈夫ですよ」などと、優しい言葉で利用者を油断させるのです。

さらに、スマホの画面に出てくる広告や、ダイレクトメールなどには、「どなたにでも即日で融資可能です」「面倒な手続きなし!電話一本」などの魅力的なキャッチフレーズが並んでいますが、これらは完全に法律違反です。

「どなたにでも」というのは、ブラックリストに載っている人や、多重債務者など、通常の消費者金融や銀行では審査で落ちてしまうような人でも、融資が受けられるという意味です。

「面倒な手続きなし、電話一本」といった謳い文句も、要はまともな審査を行っていないという意味にとれますので、疑ってかかった方が無難でしょう。

特に、「信用を作るため」といって、最初にお金を振り込ませたりする業者は間違いなく金融詐欺とみて良いでしょう。正規の金融会社であれば、「初めての取引なので、保証金が必要です」などといって、お金を要求することはあり得ません。

他には、いったん融資を断ったうえで、「別の金融業者を紹介します」といって、紹介料の名目でお金を支払わせようとするケースがあります。これも立派な金融詐欺の手口です。焦っている人は、目の前の業者が悪徳とは気づかず、ついつい引っかかってしまうのですが、通常の業者であれば、紹介料などといって顧客に料金を請求することはありません。

こういった金融詐欺では、悪徳業者がニセの住所や連絡先を使用していることが多いため、あとで詐欺に気づいても、とられたお金を取り戻すことは非常に難しいケースが多いのです。

少しでもおかしい、あやしいと思ったら、いったん連絡をストップして、冷静に考えてみることが必要です。金融庁のサイトで登録番号を調べてみたり、実在する住所なのかどうか調べてみたりするのも良いでしょう。

ただし、レンタルオフィスを利用している業者もありますし、それだけの情報できちんとした業者かどうか見極めるのは難しいかもしれません。やはり、基本的には大手の消費者金融を利用するのが一番間違いないでしょう。

即日融資が受けられないケース

即日融資を申し込んだにも関わらず、受けられないというケースには、一体どんなパターンがあるのでしょうか。1つは、在籍確認がとれなかったという場合、即日融資を受けることは難しくなるでしょう。

たとえば、職場に電話をかけたけれども誰も出なかった、セールス電話と勘違いされ、本人が在籍しているかどうかを答えてもらえなかったというケースが想定されます。

今は個人情報保護法の関係もあり、取引先や関連会社以外からの電話は取り次がないという職場も多いのではないでしょうか。自分の会社が普段、どういった対応をしているのか、事前にきちんと把握しておくことが必要です。

また、日中全員が出払ってしまうような職場の場合には、書類によって在籍証明ができたりする場合もありますので、申し込み時に確認してみるとよいでしょう。

他に、申し込み時に職場の電話番号を間違って書いてしまった、あるいは、人数の多い職場や、出入りの激しい職場の場合、電話に出た人が申込者のことを知らなかった、といったこともあるかもしれません。

在籍確認の電話がかかってくることを、職場にあらかじめ伝えておけばよいのですが、中には、同僚に融資を申し込んでいることを知られなくないという人もいるでしょう。

在籍確認の連絡では、金融会社は個人名を名乗って電話をかけてくるのが一般的です。会社名を名乗ることはないので、クレジットカードの審査と伝えておけば、職場の人に融資関係の連絡であることを気づかれる心配はありません。

そして、電話番号の書き間違いは、虚偽の情報で申し込みをしたとみなされてしまう危険もありますので、申し込み時には必ず何度もチェックをするように心がけましょう。

さらに、申し込みの時間が遅くなってしまうと、当日中に融資を受けることができなくなる可能性があります。

店舗が混み合っていたり、書類に不備があったりする場合、必要以上に手続きに時間がかかってしまい、振り込みが翌日になってしまうことがあるでしょう。

審査や在籍確認のタイミングも見越して、余裕をもって申し込みを済ませることが大切です。また、審査に落ちてしまった場合には、当然ながら融資を受けることはできません。

即日融資の審査に落ちるのはどんな人?

融資を申し込んだのに審査に落ちてしまい、結局借り入れができなかったという話を聞いたことはないでしょうか。審査に落ちてしまうのには、いくつかの理由があります。

金融会社は、申込者の年収や勤続年数、年齢、勤務先や居住形態といったデータを総合的にみて、融資をするかどうかを判断しています。たとえば、収入額が極端に低い場合、融資を断られてしまうことがあるでしょう。

月収が低いと、月々の返済が難しいのではないかと判断されるからです。他に、あまりにも転職回数が多く、それぞれの勤続年数が極端に短かったりすると、安定的な収入が見込めないとして、やはり審査に落ちてしまうことがあります。

さらに、年収がいくら高くても、その年ごとにばらつきがあったり、自由業だったりすることも同様に、審査には不利に働いてしまうかもしれません。また、賃貸に住んでいる人は、マイホームに住んでいる人よりも評価が下になりがちです。

賃貸住まいですと、どうしても月々の家賃が発生しますので、返済に影響が出かねないとみなされるためです。さらに、借り入れ希望額があまりに大きい場合、審査に落ちてしまうことがあります。上の理由とも関係してきますが、収入に対して融資額が多くなりすぎると、どうしても返済が厳しくなりますから、金融会社は警戒して融資を断ってくるのです。

融資の申し込みをする場合、必要最低限の金額を申し込むようにすることで、審査に落ちてしまう可能性を減らすことができるでしょう。過去にローンなどの返済遅延を起こしたことがある人も、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

具体的にいうと、ローンやクレジットカードの支払い遅延を2カ月~3カ月以上続けて起こしてしまうと、遅延を解消したその後1年~5年にわたって信用情報に記録が残ってしまうでしょう。また、携帯料金の支払い遅延が信用情報に影響するといわれています。

ガラケーが主流だった頃に比べて、携帯電話の機種代そのものがかなり高価になってきています。そのため、本体分の料金を分割して、月々の利用料金とあわせて請求される方法が一般的です。

この分割払いが、信用情報記載の対象となるため、ここで支払い遅延を起こしてしまうと、あとあとのローン申し込みなどに影響が出る可能性が出てきてしまうのです。

数日の支払い遅延であれば問題ありませんが、数カ月にわたって遅延が起きた場合は要注意です。融資を申し入れたが審査に落ちてしまい、理由に心当たりがないという人は、上記のようなことが過去になかったか考えてみると、原因がわかるかもしれません。

無職は審査に通れる?

では、収入がまったくない無職の人は、融資を受けることができるのでしょうか。結論からいうと、無職の人は返済能力がないと判断されますので、融資を受けることはできません。それは、消費者金融や銀行系のカードローンであっても同じことです。

しかし、アルバイトやパートなどで、少ないながらも定期収入がある場合は、希望融資額がさほど大きくなければ、審査に通る可能性は十分あります

他にも、現在は無職でも、すでに次の就職先が決まっている場合、あるいは、株などの投資や家賃収入などの不労所得がある場合は、無職であっても審査に通る可能性があります。

もちろん、それらを証明する書類などを提出したり、金融会社によって判断が分かれたりすることはあるでしょう。「自分は無職だから」と最初からあきらめずに、いろいろな金融会社のサイトを見てみたり、情報を集めてみることが大切です。

年金受給者は審査に通る?

では、申込者が年金受給者の場合はどうでしょうか。年金受給者も、無職とはいえ定期的に年金を受け取りますから、定期収入があるといえないことはありません。しかし、やはり即日審査に通る確率は決して高いものとはいえないでしょう。

もちろん、年金以外にもパートなどの定期収入があったり、家賃収入などの不労所得があったりすれば、融資を受けられる確率はぐっと上がりますし、申し込めるローンの種類も広がります。

しかし、各金融会社の設けている貸付条件の年齢を超えてしまっている場合には、収入があったとしても、申し込みをすること自体が難しくなるでしょう。

大手の金融会社の場合は、上限が69歳になっているケースが多く、銀行系のカードローンなどは、一部の金融機関では65歳前後までと制限されている場合が多くなっています。

失業保険受給者は審査に通過できる?

年金受給者と少し似ているのが、失業保険受給者です。無職とはいえ働く意思があり、失業手当を毎月受け取ってはいるものの、融資の審査のうえでは無職に分類されてしまうでしょう。

そのため、やはり審査に通ることは難しいと考えていた方が良さそうです。もしも融資を受けたいと思ったら、就職先が決まってから申し込みをする方が間違いないといえます。

学生は即日融資可能?

申し込み者が学生の場合は、年齢が20歳を超えており、尚かつアルバイトなどの定期収入があれば、審査に通る可能性が高くなります。

一般的には、保護者のサインなども不要なので、誰にも知られずに借り入れることもできます。もちろん、通常の審査プロセスと同様に、アルバイト先への在籍確認は行われるでしょう。

専業主婦は即日融資可能?

よく専業主婦は融資を受けられないと誤解されがちですが、そんなことはありません。もちろん本人が働いていなければ定期収入がありませんので、審査に通る確率は低くなってしまいます。

しかし、専業主婦であっても、パートなどによって毎月少なからず収入があるだけで、融資を受けられる確率は大きく上がります。また、消費者金融の中には、本人もしくは配偶者に安定した収入があれば申し込み可能としているところもあります。

大きな金額を借りることは難しいかもしれませんが、配偶者が安定した職に就いていて定期収入があることが分かれば、それを担保として融資が受けられる場合があるのです。

夕方や土日でも即日で借り入れできるのはどこ?

もし、土休日や夕方になってから、急に現金が必要になってしまった場合、もうあきらめるしかないのでしょうか。実はそんなことはなく、たとえばアコムやプロミスであれば、夕方や土休日であってもすぐに融資を受けることができるのです。

いずれも、土休日含め365日、24時間申し込みが可能で、しかも最短30分で審査が完了します。手続きの流れとしては、あらかじめインターネットで申し込みを済ませておき、審査結果をメールで受け取ります。

その後、店舗に行って契約を完了させるか、もしくは送られてきたメールから契約の手続きを済ませましょう。その後、店頭窓口やローン契約機でカードを受け取り、現金を引き出すことが可能になります。

その他にも、金融会社のATMや、提携銀行のATMで現金を引き出す方法もあります。

忙しくて時間がない、あるいはタイミングが悪いからといってあきらめずに、これらの消費者金融を優先的に選ぶことで、スピーディに融資を受けることが可能なのです。

無審査で即日融資を受けられるカードローンは?

無事に融資の申し込みができたとしても、肝心の審査で落ちてしまったら、当然融資は受けることができません。また、過去に返済遅延などをしてしまい、審査に通る自信のない人もいるでしょう。

そんな人たちにとって、「無審査で融資」「誰でも即日融資可能」といった謳い文句は非常に魅力的ですが、果たして本当に無審査で即日融資を受けることは可能なのでしょうか。

残念ながら、きちんとした消費者金融の場合、無審査で即日融資をするようなところはありません。

誰でも即日融資可能、などと謳っている業者は、闇金などの悪徳業者である可能性が高いため、やはり利用すべきではないでしょう。そういった業者は、確かに無審査で貸し付けしてくれるかもしれません。

しかし、いわゆる「トイチ」といった、10日で1割もの利息を請求してきたり、ひどいところになると、10日で5割という途方もない利息を要求してきたりする場合があります。

どんなに時間がなく焦っていても、「無審査で即日融資」という甘い文句に騙されないよう、十分に注意することが必要です。

【即日借り入れができる消費者金融1】プロミス       

即日融資が必要な場合に、最初に候補にしたいのがプロミスです。審査スピードは最短で30分。年利は金額によって変わってはきますが、4.5%~17.8%と、大手の中ではわりと抑えめの設定です。

融資限度額も1~500万円と幅広いですが、必要以上の借り入れ申し込みはしないように気をつけましょう。

 

【即日借り入れができる消費者金融2】アコム

アコムもまた、急いで融資を受けたい人に向いている金融会社です。プロミス同様に、24時間365日の申し込み受付サービスがあり、審査スピードも最短30分で完了します。年利はプロミスより若干高いですが、4.7%~18.0%と、そこまで大きな違いはありません。融資限度額も最高500万円まで設定されていますので、急な借り入れには十分といえるでしょう。

【即日借り入れができる消費者金融3】レイク

新生銀行系列のレイクもまた、即日融資に対応している金融会社の1つです。年利は4.5%~18%で、融資額は1~500万円と、他社と大きな違いはありません。借入金の受け取りの際に、レイクATMの他に、コンビニなどに設置されている提携ATMからも引き出すことができます。さらに、ATM手数料がいつでも無料となっています。夜間などに現金を引き出したいとき、これはうれしいサービスですよね。

【即日借り入れができる消費者金融4】SMBCモビット

SMBCモビットもまた有名な消費者金融の1つです。特徴はなんといっても借り入れ限度額が1~800万円と、他社に比べてだいぶ高いということでしょう。もちろん、年収によって限度額は制限されますが、その点に問題がなく、かつ大きな金額が急に必要となったという場合には、モビットを選択するのが良いでしょう。年利は3.0%~18.0%と、こちらは他社とそう大差はありません。

もう1つの特徴としては、ウェブ完結の申し込みが可能という点があります。三井住友銀行、三菱UFJ銀行、もしくはゆうちょ銀行に口座を持っていて、尚かつ、社会保険証もしくは組合保険証を持っている人であれば、電話連絡やカード発行なしでの融資が可能です。店舗に行ったり、郵送でカードを受け取ったりがわずらわしいという人には、最適の申し込み方法といえるでしょう。

※申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

まとめ

いかがでしょうか。今回は即日でキャッシングをした人に即日融資のポイントとおススメを紹介しました。

即日キャッシングする必要が出た場合、まず銀行系のカードローンではなく、消費者金融を選択することが大切です。大手の消費者金融であれば、たとえ土休日や夕方であってもインターネットを利用することで、申し込みから現金受け取りまでをスピーディに済ませることができます。

在籍確認については少し注意が必要ですが、どうしても都合が悪いという場合には、書類の提出などで代替することも相談してみましょう。そして、消費者金融がいくら気軽に利用できるからといって、その特徴や注意点を理解せずにやたらと借り入れをするのは危険です。

どうしても他に現金を用立てる方法がなく、即日キャッシングで借り入れ先を選ぶというときには、金利や限度額、返済方法などについても、事前にしっかり確認しておくことが大切です。即日キャッシングの特徴をきちんと理解し、上手に利用するように心がけましょう。

 

合わせて読みたい

    おすすめキャッシング

    レイクALSA

    Webで最短60分のスピード融資が可能

    レイクALSA

    実質年率
    4.5% ~18.0%
    利用限度額
    最大500万円
    審査時間
    最短15秒
    融資スピード
    最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
    フタバ

    他社借入れ4社以内なら申込み可能

    フタバ

    実質年率
    14.959%~17.950%
    利用限度額
    10万円~50万円
    審査時間
    最短即日
    融資スピード
    最短即日融資
    ベルーナノーティス

    専業主婦も申込みできる!

    ベルーナノーティス

    実質年率
    4.5%~18.0%
    利用限度額
    1万円~300万円
    審査時間
    最短30分
    融資スピード
    最短即日

    条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

    すべての条件や種類を見る

    キャッシング最適診断キャッシング最適診断
    難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

    お金の教本について

    当サイトでは、お金を借りるときのルールと、便利な使い方。各種お得なポイントの貯め方などお金に関する知識を幅広く提供していきます。
    いまいち消費者金融の仕組みが分からない。クレジットカードの細かいルールが曖昧など、いろんな悩みを解決していきます。
    今まで知らなかったお得なお金の豊富な知識をみなさんに提供し、キャッシングを便利なサービスとして利用してもらえるお手伝いをいたします。