自動車ローンの金利を徹底比較!その特徴と注意点とは

自動車を一括で購入するお金がないとき、自動車ローンが役立ちますよね。

ただ、自動車ローンを使うときに気になるのは自動車ローンの金利ではないでしょうか?

じつは自動車ローンには、銀行が提供しているローンと販売店が契約しているディーラーローンの2種類があります。

そして自動車ローンやローンの金利などは借入先によって違いがあります。

そのため、実際どのローンを選んだらいいのかわからなくなってしまう方もいますよね。

そこで今回は.「どんな自動車ローンを選んだらいいかわからない」「自動車ローンや金利について知りたい」という方に向けて自動車ローンや自動車ローンを借りる際の金利について解説していきます。

最後には、みなさんに合った自動車ローンが見つかるはずです。

おすすめの自動車ローン

みなさんが自動車ローンを借りるときに使うことができるローンは主にディーラーローンと銀行系ローンの2種類があります。

しかし、ディーラーローンは店舗で直接ローンを組むので、店舗ごとに支払う金利が変わってしまうことも……。

ですが、銀行系自動車ローンは会社単位で金利が定まっています。

金利が定まっていると、返済金額が明確になるので、自動車ローンを選ぶときの判断材料にすることができるのです。

そこでこの章では、金利の低さを重視したおすすめの銀行系自動車ローンをご紹介していきます。

おすすめの銀行系ローン

おすすめのポイント

 

担保ジャパン日本興亜

【ジャパンダ・ネットマイカーローン】

24時間365日web上で申込み可能

・金融機関では珍しい固定金利

・金利は年1.90%~2.85%

三菱東京UFJ銀行

【ネットDEマイカーローン】

・口座を持っていれば来店不要

・書類がそろっていれば仮審査が可能

・金利は年1.80%~2.50%

住信SBIネットバンク

【Mr.マイカーローン】

・自動車の購入前でも仮審査が可能

住宅ローンを利用していれば低めの金利で借りることができる

・金利は年1.90%~3.90%

※申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

その他のローン

自動車ローンは、銀行やディーラーで組むことが多いですよね。

ですが、最近では消費者金融を利用して自動車を購入する人も少なくありません。

なぜかというと24時間いつでも申し込みが可能で、審査から借り入れまでの時間が比較的早く済むからです。

また、基本的に自動車ローンは自動車関係のことにしかローンを組むことができませんが、消費者金融で借り入れをすると旅行や娯楽などにも使えます。

しかし、その分注意しなければいけないこともあります。

たとえば、銀行などに比べると金利が高いことや、正式な自動車ローンではないので銀行系ローンやディーラーローンに含まれている車体メンテナンスやオプション(カーナビ)などのサービスが利用できない場合があることです。

それでも消費者金融から借りたお金の使用用途などは自由度が高くなっています。

みなさんが自動車ローンの返済以外にもお金を使う目的があるかどうかで、消費者金融を自動車ローンとして使うかどうか判断してはいかがでしょうか。

それでは、おすすめの消費者金融を3つほどご紹介していきたいと思います。

おすすめの消費者金融

おすすめポイント

 

オリックス銀行

来店不要

・全国に提携ATMが約99,000台以上設置されている

・金利は年1.70%17.8%

SMBCモビット

最短当日に融資が可能

・SMBCモビットは2016年2018年と2年連続でオリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得しました

・金利は年3.0%~18.0%

プロミス目的別ローン

・30日間利息がない無利息サービスがある

・金利は年4.5%~年17.8%

※申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

ディーラー系ローンとは?

悩んでいる家族

自動車を購入するために銀行などでローンを組むのは、手間がかかると思っている方もいるでしょう。

そんな方におすすめできるのがディーラーローンです。

ディーラーローンでは、自動車を買ったメーカーで直接ローンを組む手続きをすることができます。

なので、自動車ローンを借りる際にスムーズな手続きが可能となってくるのです。

ここでは、そんなディーラーローンのメリットやデメリットを解説していきます。

はじめにディーラーローンのメリットからみていきましょう。

メリット1:ローンの審査から融資までが早い。

ディーラーローンの最大のメリットといえば、審査から融資までとにかく早いことです。

店舗に来店しその場で審査、最速で約1時間で審査結果がわかります。

審査に通過していれば、すぐに融資を受けることができるのです。

ただし申し込みの時間やタイミングによっては審査や融資までに時間がかかることもあるので注意しましょう。

また、ローンの審査に関する手続きをディーラー側がすべてやってくれるので、手続きが難しいと思う方はありがたいのではないでしょうか。

ディーラーローンでは自動車を購入する店舗ごとに金利やおこなっているキャンペーンが変わってくるので、ご自身にあった店舗を見つけるとよいでしょう。

普段時間があまり取れない人や納車までに確実に融資をしてもらいた人には、ディーラーローンがうってつけですね

メリット2:新車を買えば比較的低金利で購入できる

新車をローンで買う際には、中古車に比べて比較的低金利で買うことができます。

なぜなら、新車は車体が高額で金利は低金利、中古車は車体が低額で高金利という設定をするディーラーが多いからです。

また、新車を購入する場合には「残価設定ローン」という特別なローンを組むことをおすすめします。

残価設定ローンとは簡単にいうと、新しく買った自動車を数年後に下取りに出すことを条件に総返済額を減らすことができるローンです。

たとえば、250万円の自動車を買った場合に数年後に50万円で下取りに出すことにすると、総支払い額が50万円減った200万円でローンが組まれることになります。

もし「自動車をやっぱり手元に残したいなぁ」と思った場合は、下取り金を支払えば自動車を手元に残すことができるので安心して利用することができるのではないでしょうか。

関連記事:意外と知らない残価設定ローンの仕組み。通常のローンとどう違うの?

また、ディーラーローンの中には車検費用の無料化または割引をしているディーラーもあります。

このような車検の割引や車体メンテナンスなどのサービスをローンに組み込んでいるディーラーもありますので、積極的に利用していきましょう。

メリット3:審査は融通が利く

みなさんが気になるローン審査の基準ですが、銀行系ローンに比べると比較的融通が利く可能性があります。

なぜなら、実際にお金を借りる機関はディーラーの提携会社となり、購入した車を担保としているからです。

このように、ディーラーが用意している自動車ローンには、ローンを使いやすくするためのさまざまな工夫がされています。

一方、ディーラーローンを使うことによるデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

デメリット1:ローンを組む際の金利が高め

ディーラーローンの金利はディーラーごとで違ってきますが、基本的に金利は高めに設定されています。

たった数%の金利の違いでも、支払い総額となると数十万も変わってくることがあります。

ディーラーローン組むときは、1店舗だけではなく数店舗回ってみて各店舗が用意しているローンの特徴を確認してみましょう。

各店舗の金利の違いやその時期のキャンペーンなどを比較して、自分にあったディーラーを選ぶことをおすすめします。

ここでワンポイントアドバイス!ディーラーローンは比較的高金利ですが、自動車ローンを組む際にある程度の頭金を支払うことで月々の返済額を減らすことができます。 

デメリット2:ローンを組むときに自分名義にできない

じつはディーラーローンを組むと、ローンを支払い終えるまで自動車を自分名義にできません。

ディーラーローンではローンを支払うまでディーラー側が自動車を担保としてもっているので、自動車の名義もディーラー側になっているのです。

そのため、自動車を売って新しく買い替えようとしても、名義が自分ではないため売ることができません。

デメリット3:自動車にかかる税金をローンに組み込めない

ディーラーローンは、自動車本体の金額だけでなくカーナビなどのオプションもローンに組み込むことができます。

しかし税金などの法的費用は自動車ローンに組み込めないので、ローンとは別の費用として考えなくてはいけません。

主に自動車にかかる税金として、自動車税、重量税、所得税などが挙げられます。

これらの税金をすべて合わせると、年間の出費は決して少なくはありません。

自動車ローンを組んで返済計画を立てる際には、自動車にかかる税金も忘れずに頭に入れて返済計画を立てるのがベストといえるでしょう。

金利の種類と違いって?

ただ金利といっても、どんなものかよくわからない方多いのではないでしょうか。

金利という言葉をひとことで表すと金利とは、「利息の割合」を示すものといえます。

金利の数字が低ければ低いほどみなさんがローンを返済するときの支払い額が少なくなる…というイメージを持っていただければいいでしょう。

また、金利には固定金利変動金利があります。

固定金利と変動金利のそれぞれに特徴があるので、自身に合った金利を選ぶことが必要です。

この章では、固定金利と変動金利の違いと、ディーラーローンと銀行系ローンの具体的な金利の違いをご紹介していきます。

固定金利の特徴

固定金利とはローンの借入れ中の金利が、ローン完済まで固定されている金利です。

ディーラーローンのほとんどは、固定金利となっています。 

固定金利を利用するメリットは、金利が固定であるため急に景気が悪くなっても金利の変動に左右されないことです。

数年以上かけて長期間返済していく方は、固定金利を使用しているローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

また、返済が終わるまで金利が変わらないので、自動車ローンを返済する際の返済計画が立てやすいのも固定金利の特徴です。

しかし、金利は比較的高金利に設定されています。

また固定金利といってもディーラーごとに金利は変動したり、キャンペーンやピックアップ中の車種などでも金利が変動しますので注意をしましょう。

変動金利の特徴

変動金利は、ローンの借入れ中に半年や1年ごとに支払う割合が変わる可能性がある金利です。

銀行系ローンの多くは変動金利を採用しています。

変動金利は基本的に金利が低めに設定されているので、総支払い額が少なくて済みます。

しかし、変動金利は半年や1年ごとに金利が変わる可能性があります。

ですので、金利が低くなることもありますが高くなることがあり、みなさんの支払う金額が当初予定よりも高くなってしまう場合があります。

固定金利と比べると、返済金額が増えることもあるのでリスクが高いといえるでしょう。

変動金利でローンを支払っていると、実際にローンを組んだ際の金利よりも最終的に高くなったというケースもあります。

変動金利を利用する場合には、返済するのに年数をかけてしまうと金利が大きく変動してしまうため変動が小さいうちに返済ができる目途があるか、変動金利のリスクを承知したうえで利用するのをおすすめします。

ディーラーローンと銀行系ローンの金利の違い

では実際に、ディーラーローンと銀行系ローンでどの程度金利に違いがあるか見ていきましょう。

ディーラーローンの平均金利は約4.0%~8.0%、銀行系ローンの平均金利は約2.0%~4.0%と、ディーラーローンの金利が銀行系ローンの約2倍になっています。

200万の借り入れをして15年で返済するような計画を立てた場合に、金利1.0%と2.0%では総支払い額に約20万円ほど差が生まれてしまいます。

20万円もの違いが出るとなると、金利はなるべく安いほうがお得ですよね。

また、金利利率の違いによる返済額の差は借入れ額や返済年数が大きくなるほどその差は広がっていきます。

だからといって、ディーラーローンが悪いというわけではありません。

ディーラーローンにもディーラーローンだけのメリットや残価設定ローンなど、金利を抑えることができる仕組みが多く用意されているのです。

ディーラーローンと銀行系ローンどちらが良いのかといわれると、正直ケースバイケースなところがあります。

やはりご自身に合った自動車ローンを見つけるのが1番といえるでしょう。

銀行系ローンとは?

都会の高層ビル群

銀行系ローンとは自動車の購入手続きをした後などに各銀行に後日来店したりwebうえで申込みをしたりしてローンを組むことです。

銀行系ローンにもディーラーローンと異なったメリットやデメリットがありますのでご紹介していこうと思います。

最初は銀行系ローンのメリットから解説していきます。

メリット1:金利が低金利

ディーラーローンとの大きな違いといいますと、金利が低く設定されています。

銀行や金融会社ごとに金利は変わりますがどこも上限金利が低めに設定されています。

なぜかというと信販会社などを仲介せずに直接ローンを組む手続きができますので無駄が少ないことが挙げられます。

また、ディーラーローンでは新車と中古車では中古車のほうが金利は高いですが、銀行系ローンでは新車と中古車に金利にはそこまで大きな違いはありません。

なので、中古車を購入する予定の方は銀行系ローンのほうがお得かもしれませんね。

メリット2:借り入れの制限が少ない

銀行系ローンの最大のメリットとして挙げられるのはディーラ―ローンではあったさまざまな制限がないことです。

まず、自動車の名義が自分自身の名義で登録することができます。

これにより、自動車を売却することもでき、交通事故などで自動車が大破した場合にはローンを支払わなくてもいい場合も出てくるようになるので大変融通が利くといえるでしょう。

また、自動車にかかる法的費用である税金もローンに組むことができます。

そして、ディーラーローンとの大きな違いはローンを新しく組み替えることができます。

これは現在組んでいるローンよりも低金利の銀行ローンを見つけた場合に新しく借り変えることができるのです。

新しくローンを組み変えることによって総支払い額を減らすことができます。

また、各銀行ごとにキャンペーンの違う自動車だけのローンを取り扱っている銀行もあるのでいろいろと探してみるのもいいかもしれませんね。

デメリット1:ローン審査がディーラーローンと比べると少し厳しい

銀行系ローンには多くのメリットがありますがその分ローンの審査もディーラーローンと比べると少し厳しめです。

ディーラーローンではディーラー側も自動車を売りたいわけですから多少の問題があったとしても審査を通したいと思っています。

しかし、銀行側は別に自動車自体を売りたいというわけではないのでローンを組む対象がしっかりとした返済能力があるかどうかを十分に判断されます。

銀行側がその人に貸してもいいかを判断する基準として以下の3つのことが大きな判断材料とされています。

  • 安定した収入があり一定の年収を越えている
  • 働いている勤続年数が長い
  • すでに大きな借り入れや過去にクレジットカードや携帯料金の延滞などがない

また、まれですがローン審査をする際の登録情報、年収や勤め先などの情報を偽って登録するとそれだけで審査に落とされる場合もあります。

デメリット2:ローンの審査期間が約1週間と長い

ローン審査が厳しいことに関連付けれますが、銀行系のローンの審査は申し込んでから審査結果がわかるまでに約1週間ほどかかってしまいます。

ですが、ディーラーローンが審査から1時間ほどで結果が出るに対して明らかに遅いといえます。

また、銀行系カードローンの審査自体はweb上で申込みできるものもあれば銀行に直接行かないと審査自体ができない銀行もあります。

普段銀行は平日の15時までしか営業していないので、なかなか時間が合わない人もいるかもしれません。

ディーラーローンでは自動車ローンの審査の一連の流れをほとんどディーラー側が手続きしてくれ書類に記入するだけで終わりです!

ですが、銀行系ローンではローン審査に必要な書類をこちら側で用意しなければいけません。

たとえば、本人確認書類や借入れ額によっては年収証明証も必要となりますので自動車を買ってからローンを借入れるまでかなりの面倒と時間がかかることになります。

「いろいろと面倒だな」と思った方も多いと思いますが、最近の銀行ではweb上でローン審査から融資まで完結するサービスや自動車を購入する予定の車種や借り入れ予定金額などを登録して仮審査をしてもらうサービスもあり、普段時間のかかるローン審査を短縮することができます。

これらのサービスがメジャーとなっていけば今まで時間がなくて銀行系ローンを利用できなかった方にも進んで使っていたただけるようになるでしょう。

デメリット3:保障料が別にかかる

銀行系ローンには、自動車ローンの支払いとは別に保証料がかかる銀行や金融機関があります。

これは自動車ローンを組む際に保証人を必要としないかわり別に支払うことで保証人のかわりにするということです。

ローン組んで返済計画を立てる場合に忘れないようにしましょう。

ですが、最近では保証料が自動車ローンに組み込まれているケースやそもそもの保証人を銀行側が見たててくれる場合があります。

そのためご自身が銀行系のカードローンを利用する場合には、一度その銀行や金融会社がどんな感じなのかを確認するのは大切です。

自動車ローンの返済方法とお得情報

自動車ローンの返済の方法には大きく分けて「元金(がんきん)均等返済」「元利(がんり)均等返済」の2つの返済方法があります。

同じ金利利率でも返済方法の違いによって総支払い額が変わってくるのです。

それぞれの返済方法にはメリットとデメリットが存在していますのでご自身に合った返済方法を選ぶことはとても大切であるといえるでしょう。

また、現金払いとローン払いの主な違いやもろもろのお得な情報を合わせてご紹介していきます。

元金均等返済の特徴

元金均等返済とは簡単にいいますと毎月の返済が「一定の金額+利息」で支払っていく返済方法です。

簡単なイメージとしてグラフにまとめてみました。 毎月の元金均等返済

グラフのとおり毎月一定の元金が減っていくのでトータルの総支払い額が少なく返済期間が短くなるというメリットがあります。

デメリットとしては借り入れ当初は利息分をプラスで支払うので返済の負担が大きくなってしまいます。

また、毎月の返済金額が一定ではなくバラバラなので返済計画が立てづらいのが難点といえるでしょう。

元利均等返済の特徴

元利均等返済とは簡単にいいますと毎月の返済が「一定の金額」で支払っていく返済方法です。

簡単なイメージとしてグラフにまとめてみました。

 毎月の元利均等返済

グラフのとおり毎月の一定の金額を支払うため返済計画が立てやすく負担が少ないのが特徴です。

デメリットとしては、元利均等返済では当初元金の返済があまりできないので返済期間が長くなりがち。

それにより総支払い額が高くなってしまいます。

これらの返済方法はディーラーや銀行、金融会社ごとに決まっているケースもありますのでローンを組む際に確認してしっかりとした返済計画を立てるのがいいですね。

今回ご紹介した会社では、担保ジャパン日本興亜、三菱東京UFJ銀行、住信ネット銀行が元利均等返済に該当します。

現金払いとローン払いの違いと豆知識

実際、自動車を購入する場合現金払いと自動車ローンを使う場合どっちのほうがいいのかというと、正直どちらも良いといえるでしょう。

なぜなら、それぞれメリットとデメリットがあるからです。でも、実際に現金払いと自動車ローンの違いとは何なのでしょうか。

自動車を現金で一括で購入するのは珍しいと思います。しかし、そこには現金で購入するメリットもあるのです。

たとえば今まで説明してきた金利や手数料がかからないのは1番の魅力ですし、ローンの支払い期間中に病気などにかかったとき、一定の収入がなくなってしまった場合に自動車を手放すことになっても現金払いなら手放す必要がありません

また、デメリットも当然存在し金利や手数料、ローンの手続きを嫌がりなんとなく無理をして現金で一括で払ってしまうと、自身の貯蓄がなくなって経済的な面で不安になってしまう可能性もあります。

ですので、自動車を現金払いするのは自動車を一括で購入しても経済的に余裕がある方に限ると思います。

自動車ローンを組む際に少しでも返済額や金利を低くしたいと思う方がほとんどでしょう。

そこで自動車ローンを組む際に少しでも返済額や金利を抑えるコツといえるものがありますのでお教えしようと思います。

まず、ディーラーローンと銀行系ローン両方にいえるのですが、以前乗っていた自動車を中古車販売店などに売って購入資金にするのも一つの手段です。

また自動車ローンを組むときに、一定金額の頭金を支払うことによって利息などを減らして総支払い額を減らす方法もあります。

自動車ローンのなかには頭金を支払うことによって金利が低くなるものもあるので、積極的に利用していきたいですね。

あと、覚えておきたいのが基本的に自動車を売るときにディーラーへ下取りに出すよりも中古者販売店などに売るほうが高い金額になる傾向があります。

また、無料で一括査定してくれるサイトもありますので活用してみるといいかもしれませんね。

そしてディーラーローンの場合、ディーラー側へ直接自動車や自動車ローンの値段を交渉して値引くという方法もあります。

銀行系ローンの場合、すでにご自宅の住宅ローンを組んでいる銀行で自動車ローンを申し込めばある程度の割引きサービスが受けれる場合もありますので一度確認してみましょう。

さらに自動車ローンを組んだ際にボーナス払いを適用したり、一定額の頭金を支払うことにとって返済期間を短くして総支払い額を減らすとういうこともできます。

購入する予定の時期や車種によって、ディーラーや銀行がさまざまなキャンペーンをする場合もありますのでこまめにチェックをしましょう。

ここまで自動車ローンや金利について解説してきましたが、1番やってはいけないことは支払いの延滞です。

思いのほか借りすぎたり、経済状況以上の自動車を購入してしまったりと思わぬ落とし穴があります。

一度延滞してしまうとみなさんの信用情報にキズがついてしまい日常生活などに支障をきたす場合もあるのです。

必ずローンの申請をする場合には一度返済シミュレーションをして毎月しっかり返済できるのかを判断してから借りるようにしましょう。

まとめ

自動車は高額商品です。みなさんの人生でも1,2を争う大きな買い物でしょう。

そのため、現金で一括購入する人はあまりいなく自動車ローンを使って自動車を購入する人がほとんどです。

また、自動車ローンや金利といわれてもどんなものかよく知らずにいる人もいます。

自動車ローンや金利について知っていたほうがお得なことがいっぱいあるのです。「どれがおすすめか」といわれるどれもおすすめできるといえるでしょう。

なぜなら、みなさんの生活スタイルや収入などによってどちらがいいか変わってくるからです。

どの自動車ローンを選ぶかの採択はご自身が納得できるかどうかでしょう。

今回の記事を読んでいただいたことでみなさんに最適な自動車ローンを見つかる手助けになれば幸いです。

もし、まだ悩んでいるという方がいらしたら本日ご紹介した銀行や金融会社のサイトを試しにチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。