カードローンで増額したい!最適なタイミングや対策方法

増額のタイミングはいつ?申込む前に確認事項をチェック!

カードローンでお金を借りたけど、もっと必要になったとき「増額」することができます。しかしカードローンの増額には審査があり、より信用を獲得していないと簡単には通りません。

しかも審査に落ちてしまうと、増額審査に落ちた履歴が信用情報に残ってしまい次にクレジットカードなどを申込むときに悪影響が出る恐れもあるのです。

そのためカードローンの増額は申込むタイミングやポイントなどきちんと理解し整えたうえで、増額を申込むことが重要になります。

増額審査を申込むタイミングは?

増額審査の申込みには、ベストなタイミングがあります。カードローンを申込んですぐのタイミングで増額審査を申請するのは適切ではありません。

なぜなら増額審査には利用実績が大きく影響するからです。増額審査で有利になる条件は以下の通りになります。

  • カードローンの契約から6ヶ月以上継続的に利用している
  • 6ヶ月以上の利用に加えて、支払いの延滞や滞納をしたことがない
  • 申込み時に比べて属性が良くなった

3つ目の「属性」についてあまり聞きなれないと思いますので解説しましょう。

審査における「属性」とは?

  • 年収が大幅に上がった
  • 雇用形態が上がった(例.アルバイト→正社員など)
  • 社会的な信用度の高い職業に就いた(医師、弁護士など)

たとえば年収が上がると返済能力も上がったと判断されます。勤続年数が1年以上になったり派遣社員から正社員になったりした場合も、安定した収入が得られるようになったと審査で判断してもらいやすいです。

その結果、限度額がアップする可能性が高くなります。

増額はこんなときに申込むのも良い

  • 他社からの借り入れを完済した(消費者金融の場合のみ)
  • 増額の案内メールが届いた

消費者金融のカードローンで増額を希望する場合は、他社の借り入れが完済したタイミングで増額の申請をするのも適切です。

消費者金融カードローンは年収の3分の1以上の貸付けはできないため、完済してからまだ余裕があるかどうか判断できます。

もし年収の増額が期待できない場合は、他社での借り入れを完済してから申込むとよいでしょう。

さらに、申請する前に消費者金融や銀行側から増額を促すメールが届く場合もあります。

「この人なら増額をしても返済できるだろう」という信頼のもとでメールが送られているため、何度も同じ金融機関を健全に利用している方はチャンスがあります。

増額申請前に確認すべきこと

  • カードローンを契約して6ヶ月以上継続的に利用しているか
  • 過去に支払い遅れや金融事故をしたことがないか
  • 申込み時から登録情報が変わった場合、しっかり連絡はしているか
  • 年収と現在の借入額をハッキリ把握しているか

最低限上記の4つは確認しておくことをお勧めいたします。

増額前に自分の利用実績を見つめ直そう!

増額審査で返済能力があると判断してもらうためには、少なくとも6ヶ月から1年程度カードローンの利用実績が必要です。

ただしその期間に1度でも返済に遅れたり滞納したりするとカードローンの増額審査に通ることが難しくなるのであくまで健全に利用することが大事です。

もしすでに返済を滞納したり遅れたた履歴があるのであれば、1年以上期間を置いてから増額申請するようにしましょう。もちろん、他社での借り入れに対する金融事故の有無も確認しておく必要があります。

金融事故とは?

債務整理や、長期の支払い延滞による代位弁済などのローン会社にとって敬遠したくなるような記録のこと

登録情報が変わっている場合の連絡はとても重要!

カードローンを申込んだとき、住所や勤務先が変わったときはきちんと連絡しましょう。賃貸の家賃や勤務先の給料などが上がれば、返済能力が上がったと判断されることがあります。

また変更があったにもかかわらずそのままにしておくと、虚偽の申告をしたとみなされることもあるので注意しましょう。

年収や借り入れのことを把握するのも大事!

消費者金融カードローンで増額を申込むときには、年収に問題がないかも事前に確認しておくことのひとつです。

総量規制によって消費者金融では年収の3分の1までしか借り入れができないため、年収によっては増額がむずかしくなります。

その場合、ほかの条件がそろっていても審査に通過することはできず、審査に落ちた履歴も信用情報に記録されてしまうのです。

そのため、事前に年収と現在の借入額をはっきりさせておくことが大切です。

カードローンの増額審査時間を把握しておく

カードローンの増額審査期間は、申込み内容や借入れ先によって幅がありますが、平均して3日ほどを見込んでおけばよいでしょう。

審査が慎重に行われる会社では、1週間から2週間ほどかかるケースもありますので覚えておくといいかもしれませんね。

気になるのであれば、カードローン会社に問い合わせるのが一番の方法です。

増額審査の申込みの方法

  • 借り入れ先から増額の連絡が来るのを待つ
  • 自分から増額の申請をする

カードローンの増額を申込むには、借り入れ先から連絡が来るのを待つ方法と自分から申請する方法の2種類があります。

借り入れ先から増額の連絡が来るのを待つ場合は?

借り入れ先からの連絡は、それぞれの金融機関で設けている条件に当てはまった利用者に対し電話やメールで行われます。

条件は1年以上延滞がない、まとまった借り入れを完済したなど、利用者として優良であると判断されるような内容が考えられます。

自分から増額の申請をする場合は?

  • インターネット
  • 電話
  • ATM
  • 無人契約機
  • 店頭窓口

増額の申請できる場所はさまざまありますが、各種ローン会社によって違います。申込む前に増額したいローン会社の申込みできる場所を調べておきましょう。

自分から申請する場合は、インターネットや電話、ATM、無人契約機、店頭窓口など、金融機関によって方法はさまざまです。

いずれの場合も、収入や住居など新規入会するときに必要だった情報を再び申告する必要があります。増額の申込み後に審査が行われ、審査結果通知が届くと手続きしたうえで増額可能になります。

収入証明書が必要になる限度額は?

増額申請をした結果、借入れ金額が50万円を超える場合は「収入証明書」が必要です。

また、他社との借り入れ金額が100万円以上になる場合は必要になります。たとえば、今回20万円しか借り入れなくても、他社ですでに90万円を借り入れていれば合計110万円の借り入れとなります。

この場合は、新たな借入額が50万円以下であっても収入証明書が必要です。またすでに30万円を借り入れている状態で、同じローン会社からさらに30万円を増額するとします。

すると借り入れ合計は60万円となるため、収入証明書が必要となるのです。

増額審査の在籍確認について

増額審査でも勤務先への在籍確認は行われます。カードローンを契約した際と勤務先が変わっていればもちろんですが、変わっていなくても契約時と同じように勤務先への電話による在籍確認は基本的に行われます。

勤務先への在籍確認は、web上で確認作業をするところもあるものの、電話で行われるのが一般的です。

増額の在籍確認の場合、記入した勤務先に保証会社や銀行が直接電話をかけ、本当にその勤務先に申込み者が所属しているのかを確認します。

社名ではなく担当者の個人名を名乗って電話をかけてくれるため、カードローンをしていることが社内に知られる心配はありません。

また、申込み者本人が電話に出られなくても席を空けているなどの回答が得られれば在籍確認は終了となります。

これまでの返済状況にまったく問題がなくクレジットヒストリーを順調に積み重ねているという人は、支払いに対して真面目だと判断され、在籍確認が行われないことがあります。

増額審査が通らない・減額されるケースとは

他社での借入件数が多い

限度額を増額したくて審査を受けたにもかかわらず、減額されてしまうケースもあります。たとえば、信用情報に傷が入った場合です。

消費者金融や保証会社は、利用者の借り入れ状況について定期的に個人信用情報機関で確認をしています。

個人信用情報機関には、どこから何円借り入れをしているのかがすべて記録されているのです。

他社での借り入れ件数や借入額が増えていくと、多重債務とみなされ返済できなくなるリスクが高まったと判断し減額されてしまうことがあります。

過去に支払い滞納をしたことがある

また、支払いの滞納があると、減額どころか契約を打ち切られる可能性もあるため注意が必要です。

消費者金融のカードローンで増額申請をおこなう場合、総量規制の対象であるため、他社での借入額が100万円に到達すれば、限度額がゼロになる可能性があるのです。

また、3ヶ月以上にわたっての長期滞納してしまうと「代位弁済」というものが行われ、個人信用情報機関に記録が残ります。

その場合、審査の際に確実に減点の対象となるため審査に通らなくなる可能性が非常に高くなってしまうのです。

転職などにより勤続年数が短くなった

さらに新規でローンを組んだときよりも属性が悪くなった場合も減額の対象となりかねません。転職により年収が大幅に下がると、限度額が減らされるリスクが高まるのです。

勤続年数が短い場合も、転職や退職によって無給期間が発生し支払い困難になるリスクがあると判断されます。

半年から1年以上の勤続年数がある状態で審査を受けるとよいでしょうね。

変更手続きの申請を忘れていた

勤務先や住所、連絡先などが転勤などに伴って変更になったにもかかわらず、その旨を借り入れ先に伝えていないことは審査に落ちる原因のひとつとなります。

審査の過程で申請している情報との差異があれば、すぐにわかりますし、場合によっては虚偽の申請をしたと捉えられてしまうのです。

その結果信頼度が下がり、審査に落ちる可能性があります。

まとめ

増額をすると入院費や養育費など急な出費にも対応できるようになりますし、他社のカードローンをまとめて支払って金利を安くするという使い方も可能です。

さまざまなメリットのある増額ですから、せっかく増額申請をするのであれば一発で審査を通過できるのが望ましいでしょう。

ただし増額の審査は、借入れよりも慎重に行われるため安易な考えで申込むのはおすすめしません。

審査に落ちては再度申込むということを繰り返していると、その後の審査に悪影響をもたらしてしまいます。

そうならないように、返済実績を積んだり他社への借り入れを減らしたりと、可能な限りできることをしたうえで増額を申込むようにしましょう。

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。