キャレントのビジネスローンを最大限に生かすためのポイント

カードレス取引!来店不要!消費者金融キャレント特徴と注意点

キャレントは、ネット申込み専用のビジネスローンです。

キャレントは来店不要でカードレスで借りることもでき、Webで申込めば最短即日で借りれる融資までの速さが何よりの魅力となるローンです。

キャレントの特徴とスペック

まずはキャレントの概要について、以下の表で確認しましょう。

項目 内容
融資対象者 設立1年以上の法人事業主
貸付までの時間 最短即日
利用限度額 1万円~500万円
金利の実質年率 7.80%~18.00%
担保/保証人 原則不要
申込み方法 Webからの申込み
来店不要
返済方式 元金均等返済
返済方法 銀行振込み
口座振替(三菱UFJ銀行のみ)
返済期間 最長120ヶ月(10年)
遅延損害金 実質年率20.0%※
総量規制 対象外

※「月々の支払期日を過ぎた後もご入金がなくその後、通常のお取引への回復が見込めなくなった場合のみ適用」
(2019年11月時点)

またビジネスローンキャレントは以下のような特徴があります。

  • 東京都知事登録を受けている正規消費者金融
  • 日本貸金業協会にも加盟している
  • 融資の対象は設立1年以上の法人のみ
  • 個人事業主への融資は受け付けていない

キャレントは正規の消費者金融業者

キャレントスーパーローンはビジネスローン(事業者ローンなど他にも色々呼び方がありますね)の商品名であり、その運営は株式会社IPGファイナンシャルソリューションズが行っています。

名前を聞いたことのない中小消費者金融についてはどうしても「怪しいな」、「何だか怖いな」という印象を持ってしまう人が少なくないのではないかと思います。

たしかに、キャレントは大手の消費者金融に比べて知っている事業者が少ないかもしれません。ですが、れっきとした正規の消費者金融なんです。

その根拠としてまず、キャレントの公式サイトを見ていただくと一目瞭然。

公式ページの下部に「東京都知事(3)第31399号」との記載があります。

こちらの東京都知事登録は審査を通過した正規の消費者金融のみが受けられる登録番号であり、東京都産業労働局のサイトにもしっかりとその名前が載っています。

ちなみにカッコ内の数字は、3年に1度の更新回数を表しており、初めは(1)から始まることになります。

現在キャレントは(3)とありますので、更新時も含め既に3度の審査を通過していることになりますね。

そして、貸金業の認可法人である日本貸金業協会への加盟もキャレントは果たしています。

こちらの日本貸金協会は、協会員となっている貸金業者が法令などを遵守した適切な運営を図るよう指導や監査を行っています。

こちらもキャレント公式サイト、ページ下部の「日本貸金業協会会員 第006016号」という記載が加盟をしている証拠となります。

もし、本当に正規の消費者金融か不安がある方は一度「日本貸金業協会のサイト」で検索をかけ確認することも可能です。

また、日本貸金協会に加盟を果たしているのは、2017年11月15日とまだ近年ではあります。

ですが、キャレントはより良い会社の運営のため、常に力を尽くしていこうという健全な姿勢を具体的に実行しています。

以上の「登録番号」と「加盟団体」の2つから、キャレントはヤミ金などではないことがわかります。

逆にいえば、これらの登録と加盟をしていない消費者金融は違法である可能性があるということですね。

名前を聞いたことのない消費者金融を利用するときは必ず登録番号などをチェックしてみるといいでしょう。

事業融資専門の消費者金融

以前までのキャレントには個人向け貸し付けの商品もありましたが、現在はいわゆるビジネスローンと呼ばれる事業融資の商品1本に絞っています。

また、融資の対象となるのは設立1年以上の法人のみであり、個人事業主への融資は受け付けていません。

キャレントのメリット

キャレントの優れている点は主に以下の3点となります。

  • 平日14時までの契約手続き完了で即日融資
  • 実店舗がないので来店不要
  • 専用のカードを作らなくてもいい

平日14時までの手続き完了で即日融資

キャレントの公式サイトでは「少額・スピード特化型ビジネスローン」と紹介しているように、第一に目を引く長所はやはり申込みから融資までの速さです。

申込みフォームへの入力から契約までを平日14時までに終えれば即日融資可能となっています。

ただ即日融資を受けるなら、最低でも午前中までの申込みがおすすめです。

審査にかかる時間は混雑状況や個人差があるので長引くことも考えられますし、申込み自体に不備があればさらに時間を要することになります。

早く申込みをすれば、即日融資を受けられる可能性を高くできるのです。

申込みはインターネットで24時間365日行うことができます。そのため前日までに済ませておけばより安心ですよ。

また、必要書類は申込み前に用意しておくことが重要です。

来店の必要がない

キャレントの運営会社である株式会社IPGファイナンシャルソリューションズは東京にありますが、実店舗を構えていないため、すべてのやり取りはWebやFAXで行います。

全国どこにいても、インターネット環境があればキャレントに申込みを行うことができます。

来店する必要が無く移動時間を取られる必要がないのは、忙しい事業者にとってとてもありがたいですよね。

カードレスなため借入れの発覚リスクが少ない

必要以上の人に消費者金融の利用を知られてしまうと、ときには面倒が発生することもありますよね。

大手の消費者金融ではカードを作成する必要があるところも多く、お金を借りるときはローンカードを持ち歩かなくてはなりません。

一方キャレントではカードレスでの借入れとなるので、たとえば財布を出したときなどにうっかり家族や知人に見つかる心配がありません。

では、キャレントの長所を把握したところで「キャレントの申込みと審査」についてお話していきます。

キャレントへの申込みと審査

申込み、審査についてキャレントはスピード感のある対応を得意としていますよ。

  • 申込みはインターネットより24時間365日可能
  • 必要書類は「本人確認書類(免許証・保険証)、登記事項証明書等」また「決算書および当社所定の事業計画・収支計画・資金計画」
  • 審査は慎重に行われる

そして申込みから審査、融資までの流れをまとめました。

キャレントの融資までの流れ
  1. 申込みフォームへの記入(仮審査)
  2. メールで審査結果とその後の案内が来る
  3. 必要書類をFAXもしくは郵送(本審査)
  4. 審査に通過すれば契約・融資

契約は、FAXまたは郵送のどちらかの方法で行います。

即日融資を受けたいときは、時間のかからないFAXでの契約が適しているでしょう。

キャレントへ申込みをするさいの簡単な流れをつかんだところで申込みや必要書類、審査に向けて用意するべき7つの項目を詳しくご紹介していきます。

インターネットから24時間365日申込み可能

申込みの方法ですがまず初めに、サイトの申込みフォームから指定された質問への記入を行い、送信します。

申込み自体は24時間365日可能となっていますが、土・日・祝日に関しては即日融資を受けられません。

なので、即日融資を希望される方は平日に申込むようにしておくといいでしょう。

また、申込みフォームでは経営者の個人情報、会社についての簡単な概要、他社での借入れ件数や金額、借入れ状況、過去の金融事故などの質問に回答しなくてはなりません。

この申込みフォームの内容から行われる仮審査の結果はメールで届きます。もし、迷惑メールを受け付けないような受信設定にしている場合などは、キャレントからの返信メールが届かないことも考えられます。

そして、「ご利用目的」の欄は必須ではなく任意の記入となっていますが、余程の事情がないかぎりは埋めておくようにしましょう。

なぜなら任意の記入欄でも空欄であると、「何か書けない理由があるのだろうか?」と審査側が不審に思ってしまうことがあるからです。

そのようにして、場合によっては審査に影響するおそれがあるのでなるべく全ての欄を記入するようにしましょう。

また、仮に記入しなかったとしても、審査に不利とは一概にいえません。ですが、最後の本審査ではキャレント指定の事業計画書を書く必要があります。

そのためにも仮審査の段階ではできる限り空欄は避けることが大事ですよ。

ちなみにキャレントの公式サイトの借入れ診断を利用すると、簡易審査を行うことができます。

借入れ診断は、以下の3つの項目を入力して行います。

キャレント借入れ診断
  • 設立年数
  • 他社借入れ金額
  • 遅延の有無

ただ借入れ診断はあくまでも審査の目安です。

そのため診断結果が良好な場合でも、実際には借入れできないこともありますので、参考として利用しましょう。

必要書類

キャレントのビジネスローンに申込むときに必要になってくる書類をご紹介します。

必要書類として「本人確認書類(免許証・保険証)、登記事項証明書等」と「決算書および当社所定の事業計画・収支計画・資金計画」があります。

もし、即日で融資を受けたい方はこれらの書類の準備は必須となりますね。前もって揃えておくと慌てることなくスムーズに進めることができますよ。

審査へ向けて

キャレントの審査についてですが、大手ではない中小の消費者金融だからといって、その基準は決して甘いわけではありません。

むしろ、中小という会社だからこそ、貸付に関して相当に慎重な審査を行っています。

また、公式サイトにも「※要慎重審査」との記述があり、決して中小の消費者金融だから「審査に通りやすい」とは断言できません。

そして、一般にビジネスローンの審査では以下のような項目が重視されます。

  • 決算書
  • 事業歴
  • 事業計画・資金計画
  • 経営者の信用情報
  • 税金の未納があるか
  • 経営者の人間性
  • 他社での借入れの利用状況

結局のところ、各貸金業者によって審査の基準は細かく違っているため、確定的にどのような項目をみるのかはいえません。

しかし、この7つの項目はビジネスローンの審査において基本的によくチェックされる部分ではありますので、参考にしてみてください。

当然ですが虚偽の申告が発覚すれば、極めて少額であったとしても絶対借入れできないでしょう。

キャレントのビジネスローンの申込みから審査の流れや必要書類がわかったところで次は借入れと返済についてお話していきます。

キャレントのビジネスローンを最大限に生かすためのポイント

借入れと返済について

先にキャレントの借入れと返済の要点をピックアップしてみました。

  • 借入れは銀行口座への振込み
  • 返済はキャレントが指定する口座への振込みか、三菱UFJの口座からの自動引き落とし
  • 返済の期日は最長で120ヶ月

ではキャレントの借入れ方法と返済方式についてお話していきます。

借入れについて

キャレントの借入れ方法や振込み対応時間などの情報を以下の表にまとめました。

項目 内容
借入れ方法 銀行振込みのみ
借入れ申請方法 申込み時は必要なし
インターネット、電話
振込み対応時間 平日14時までの契約完了で即日
※土日祝、銀行の手続きが15時以降となった場合は翌営業日
追加借入れ 再審査が必要
総量規制 事業資金のため規制対象外

キャレントからの借入れ方法は指定口座への振込みとなっており、銀行の営業時間などがキャレントでの借入れにもそのまま影響してきます。

銀行での入金手続きは平日15時までに終わらなかった分は翌日へと持ち越されます。また、土・日・祝日での振込みは翌営業日での振込みとなってしまいます。

また、通常カードローンは年収の3分の1までしか借りられませんが、キャレントは事業資金目的にかぎられるため、総量規制の対象外です。

そのためビジネスローンであるキャレントスーパーローンは、年収による規制を受けることはありません。

また追加の借入れや利用限度額の増額を希望する場合は、改めて審査を受ける必要があります。

返済について

キャレントの返済方式や返済方法などの情報を、以下の表にまとめました。

項目 内容
返済方式 元金均等返済方式
返済方法 ・銀行振込み
・口座振替(UFJ銀行のみ)
返済日 毎月の返済日を指定
返済期間 最長120ヶ月

キャレントの返済方式は元金均等返済となります。難しい言葉のように感じますが、簡単にいうと「返済を進めるほど、返済額が少なくなっていく返済方式」のことです。

返済方法はキャレントの指定する口座への振込み、もしくは三菱UFJ銀行の口座を持っていれば引き落としも可能となっています。

振込みの場合は自己負担で振込み手数料がかかってしまいますが、口座からの引き落としであれば手数料はかからないので余計な出費を抑えられます。

口座振替は返済日を忘れやすい方におすすめの返済方法です。

支払い日は自分で都合の良い日を指定することが可能で、指定日を最終期日として、10日前からの返済ができます。

たとえば8月25日が返済期日なら、15日から返済ができるということです。

ただし、支払期日が土・日・祝日であった場合は、銀行振込みの関係上、翌営業日が支払期日となります。前営業日であったならまずいですが、翌営業日というなら安心できますよね。

ちなみにキャレントの公式サイトには、返済シミュレーションがあり、返済額や返済にかかる期間を調べるのに活用できますよ。

最後に利用に際しての注意点についてお話ししていきましょう。

キャレント利用の注意点

キャレントを利用するにあたって、以下のことに気を付けてください。

利用上の注意点
  • 最初から限度額の500万円を借りることはとても難しい
  • ビジネスローンを長期的に利用することはデメリットが大きい

事業者にとって早く事業資金を借入れしたい、会社を大きくしたいなど要望があると思います。

そして、できれば多くの借入れをしたいと思っている事業者も少なくはありません。

ですが、初回から限度額である500万円の融資や長期期間の利用は事業者によってきつくなってしまう部分もあります。

初回から多額の融資を受けることは難しい

キャレントの融資限度額は500万円となっています。

しかし、キャレントに限らずですが、初回から限度額いっぱいまでの融資を受けるようなことは極めて難しいといえます。

融資額は審査によって導き出される信用力から決定されますが、ビジネスローンの性質として、融資の対象となる顧客は原則、無担保・無保証になります。

消費者金融はもちろんそれを承知で貸付をしています。ですが、貸金業者は借入れ側から貸金を回収できなかったリスクを少なくとも考慮しなくてはなりません。

なので初回から上限限度額までの貸付をすることは難しいでしょう。

また、増額を希望する場合は別途の審査が必要となりますが、返済実績を着々と積み重ねていくことや、決算書から見られる利益の増加などが求められることもありますよ。

消費者金融のビジネスローンは長期間利用するものではない

ビジネスローンは多くの場合、早急にお金が必要な事業者向けのローンとなっています。

貸金業者も、顧客の事情を考え申込み、審査から融資までのスピードを重要視しているため、無担保かつ無保証での融資を行っているんですね。

ただ、その代わり金利の面では銀行や公的融資よりどうしても高くなってしまう傾向があります。

なので、ビジネスローンは長期間の借入れや高額の借入れには向いていません。

たとえばキャレントの返済シミュレーションで、200万円を1年借りたときの利息を計算してみると、以下のようになります。

■200万円を金利18%で借入れ1年借入れ

毎月の返済額/182,695円
総利息額/192,340円

※金利は最も高い場合を想定して18.0%とする
※返済シミュレーションを利用した目安なため、実際の返済とは異なる場合あり

いざというときは心強い助けにはなりますが、あくまで急場しのぎの手段であるという認識は持っておいた方がいいでしょう。

まとめ

キャレントは正規の消費者金融であることや、Web上で完結させられる手続きの便利さについて、ご理解いただけたかと思います。

大手にも負けないスピード感のある対応力がキャレントの何よりの魅力です。

  • キャレントは東京都知事登録、日本貸金業協会への加盟をしている正規消費者金融
  • 融資の対象は設立1年以上の法人のみであり、個人事業主への融資は受け付けていない
  • 平日14時までに手続きを完了させれば、即日融資が可能
  • 手続きにかかる全てをWeb上でのやり取りで済ませられる
  • 即日融資はできても、初回から多額の借入れをすることは難しい
 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。