海外キャッシングのすすめ!特徴や利用方法を紹介

海外へ旅行や出張するなら現地通貨の準備が必須ですよね。そんなときには海外キャッシングサービスの利用が便利です。

海外キャッシングなら現地通貨をATMから簡単に手に入れられます。海外に着いてから予想以上の現金が必要になったとしても、キャッシングを利用すれば必要な分の現金を用意できるので安心です。

キャッシングには利息がかかりますが、両替の手数料よりも安く済むケースも多いです。

キャッシングには両替よりも便利でお得な側面が多いため、キャッシングで現地通貨を手に入れている人がたくさんいます。海外キャッシングは自動的に口座から返済されるので、返済を忘れてあとから困る心配はありません。

こんにちは、湯銭孝志です。今回は、海外キャッシングの基本や利用方法について説明します。

海外キャッシングサービスって何?

海外キャッシングサービスは、海外のATMでクレジットカードを利用することで現地通貨を借りられるサービスです。

借り入れたお金は、クレジットカードで買い物した額や国内キャッシングの返済額と一緒に支払えます。一括で返済してしまえば、利息が膨らむことはないので安心です。

海外キャッシングは、日常生活でキャッシングをしない人にとっても便利なサービスです。

キャッシングには利息がつきますが、両替にかかる手数料よりもキャッシングの利息のほうが安いケースも多くなっています。

そのため、外国の通貨を手に入れるには、両替よりもキャッシングを利用したほうがお得だといえるでしょう。

旅行や出張などで海外へ出掛けるなら、海外キャッシングを上手に活用してお得に現地通貨を調達してはいかがでしょうか。

海外でキャッシングを利用するメリット

海外キャッシングにはたくさんのメリットがあります。そのため、海外への渡航に慣れている人の中には、海外キャッシングを積極的に利用している人も多いほどです。メリットをおさえて、海外キャッシングを上手に活用しましょう。

余計な現金を持ち歩かなくてよい

カードのブランドのマークがついているATMであれば、基本的にキャッシングができます。そういったATMは非常にたくさんあり、世界中のさまざまな国で海外キャッシングの利用が可能です。

海外には日本に比べて治安が悪い場所も多いので、たくさんの現金を持ち歩くのは危険な場合もありますよね。しかし、海外キャッシングを利用すれば、持ち歩く現金は必要最低限におさえられるので安心です。

たとえば、急な病気やけがで病院を受診し、まとまったお金が必要になった場合でも、海外キャッシングを利用すればすぐに現金を用意できます。

海外キャッシングを利用できるクレジットカードがあると、海外でのリスクに対する備えとなるはずです。

ATMを操作するだけで現金を引き出せる

海外キャッシングなら、ATMを操作するだけですぐに現地通貨を手に入れられます。

たとえ、現地の言葉が分からない場合でも、ATMの言語は切り替えが可能です。たとえ日本語に切り替えられなくても、英語表記であればどうにか理解できるという人も多いのではないでしょうか。

基本的なATMの操作方法はどの国でも同じなので、慣れてしまえばどこへ行ってもスムーズに海外キャッシングができるようになります。

『海外キャッシングなんて危なそう』と思っていましたが、意外と安全なんですね

そうなんです。海外へ出掛けるときに現金をたくさん持って行くのは心配ですよね。かといってあまり少額過ぎると、急遽お金が必要になったときに困ります。

だからこそ、必要なときに必要な分の現地通貨を手に入れられる海外キャッシングはとても便利です

確かに何回も両替していると手数料が高くつきますよね。次に海外に行くときは海外キャッシングを利用してみます

海外でキャッシングを利用する際の注意点

海外のATMを操作してキャッシングするときは、いくつか注意すべき点もあります。便利な海外キャッシングを賢く利用するためにも、注意点はしっかりおさえておくのが望ましいです。

暗証番号を確認しておく

最も重要なのは、暗証番号を確実に覚えておくことです。海外のATMでキャッシングする場合、本人確認のために暗証番号の入力が求められます。お店でクレジットカードを使うときはサインのみで済ませられる場合もありますが、ATMでは暗証番号の入力が必須となります。そのため、海外に出る前に必ず暗証番号を確認しておきましょう。

どうしても暗証番号を思い出せないときは、クレジットカード会社への照会ができます。ただし、照会には少なくとも1週間以上かかるので、渡航に間に合うように早めに手続きすべきです。

安全に配慮してATMを操作する

実際に海外でキャッシングするときは、空港や金融機関などなるべく安全が確保された場所に設置されたATMを選ぶべきです。

街中で人通りの多い道に設置してあるATMは、安全に対する備えが手薄になりがちなのでなるべく避けましょう。

また、24時間利用できるATMは便利ですが、できるだけ夜間には利用しないほうがよいです。海外では日本では考えられないほど治安の悪い地域も存在するので、細心の注意を払わなければなりません。

なお、ATMでの操作が遅かったり暗証番号を複数回間違ったりすると、安全のためにクレジットカードが機械内に回収される場合もあります。そうなると、ATMの管理者に連絡しなければカードを取り戻せないので要注意です。

とくに言葉が通じないとなると、かなりの時間をロスする羽目になるでしょう。そのため、操作方法が分からず困ったときは、操作を一旦終了してやり直すようにすべきです。

限度額と利用できる残高を確認する

国内でのキャッシングに限度額があるのと同じように、海外キャッシングにも限度額があります。そのため、海外に行くときは海外キャッシングの利用可能額をあらかじめ確認しておきましょう。

すでに借り入れをしているなら利用可能額は少なくなっています。キャッシングを利用するときは、残りがどれくらいあるのかに気をつけなければなりません。

増額するときは慎重に申し込みをする

海外キャッシングの限度額を増額したい場合は、申し込みが必要です。

一般的には、電話での連絡やクレジットカード会社の公式ホームページによる手続きで申し込みできます。カード会社によっては収入証明書の提出を求められるケースもあるようです。

増額の申し込みをするとカード会社による審査がおこなわれます。そして、審査に通過すれば、限度額が増額になります。

ただし、増額できても希望額以下になってしまう場合もあるので注意しましょう。また、審査の結果によっては、限度額の増額ができない場合もないとはいえません。

なお、審査では信用情報の確認が改めておこなわれます。そのため、ほかのクレジットカードの使用状況に問題が起きていれば、海外キャッシングの増額を申し込んだせいでそのクレジットカードそのものの使用ができなくなる可能性もあります。

状況によっては、増額の申し込みは慎重におこなったほうがよいかもしれません。海外キャッシングは借り入れであることをしっかりと意識しましょう。

ATM利用手数料はいくら?

海外キャッシングをするときは、ATMの利用手数料がかかります。

基本的には、利用金額が1万円以下なら手数料は税別100円です。利用金額が1万円以上になれば、手数料は税別200円になります。

ただし、ATM手数料は利用するクレジットカードの種類によって異なる場合もあります。そのため、海外へ出掛けるときは自分が使用するカードの手数料を確認しておきましょう。

海外キャッシングは必要なときに必要な分だけお金を手に入れられて便利です。しかし、極端に少額ずつ利用しているとATMの利用手数料がかさむ恐れがあります。

余計な費用をかけないためにも、確実に使用すると思われる金額はある程度まとめて引き出したほうがよいでしょう。

ATMを操作する回数が増えれば、その分個人情報やカード情報が盗まれる危険まで増えるので要注意です。

海外ATMの場所は?

海外キャッシングができるATMは、世界各地に多数あります。どんな場所に設置されているのかあらかじめ知っておくと、初めての土地でもスムーズにATMへたどり着けます。

 ATMは人が多く集まる場所にある

海外キャッシングが利用できるATMは、人が集まる場に多く設置されています。たとえば、ほとんどの空港には海外キャッシングに利用できるATMが設置されています。ほかにも、駅や繁華街などには必ずといっていいほどATMが設置されているでしょう。

VISAやPLUSなどのマークがついたATMなら利用できるので、それらを目印にしてATMを探しましょう。ただし、常に混雑しているATMは危険がつきものなので、避けたほうが無難です。どうしてもすぐに現金を手に入れたい場合は、まわりの状況に注意したほうがよいでしょう。

街中でも、銀行に設置されているATMであればより安心して取引できます。

ATMのタイプを把握しておくと探しやすい

ATMにはいろいろなタイプがあります。たとえば、店舗内型のATMは銀行に多く、安全面が優れています。そのため、できれば海外では店舗内型のATMを使用するとよいです。

また、空港やショッピングセンターには自立型のATMが多いです。さらに、埋め込み型として建物の外壁に埋め込まれているタイプもあります。

埋め込み型は便利な場所にありますが、不特定多数の人に操作画面を見られる危険性があるので要注意です。国によっては日本のATMとは雰囲気が違う場合もあり、探すのに一苦労するかもしれません。ATMに素早くたどり着くためには、いろいろなタイプがあることを念頭において探してみるとよいでしょう。

 

両替手数料はいくら?

一般的に、両替をするときには手数料がかかります。

同様に、クレジットカードの海外キャッシングで現地通貨を手に入れるときにも手数料が必要になります。ただし、海外キャッシングにかかる手数料は、厳密にいうと両替のための手数料ではなくキャッシングによる利息です。

 

一般的な両替では1回ごとに一律の手数料がかかるのに対し、キャッシングでは借りた日から返済日までの利息分が手数料としてかかります。

カード会社は、海外キャッシングの金利を年利18%に設定しているところが多いです。1日あたりの金利を計算すると、およそ0.049%になります。1ヶ月あたりでみれば1.5%になりますが、一般的な両替手数料と比べれば高いコストではありません。

そのため、海外キャッシングは両替よりも使い勝手がよいといわれています。

 

空港での両替よりもお得?

両替をする場所といえば、空港を思い浮かべる人も多いでしょう。両替をするときは、両替手数料がかかります。

 

空港の両替所は、ほかの場所で両替するよりも手数料が高い場合が多いです。それに対して、クレジットカードによる海外キャッシングの利息は1ヶ月あたり1.5%程度です。

そのため、空港で両替をするのであれば、キャッシングを選んだほうが安く済むといえます。もちろん、分割返済を選んで借入期間が長くなると、その分利息は多くなります。

しかし、短期間で返済を済ませるようにすれば、利息は少なくできるので問題はないでしょう。

 

空港にも海外キャッシングが利用できるATMが設置されているので、わざわざ街に出て探さなくても簡単に利用できます。

 

利息としてかかる手数料を安くする方法

海外キャッシングにかかる利息を少しでも安くするためには、なるべく早めに返済する必要があります。

 

クレジットカードのキャッシングの基本的な返済方法は、指定口座からの自動引き落としです。毎月の返済日になると自動的に返済されます。しかし、利息は毎日発生しているので、返済日を待っているとその日数分の利息が上乗せされてしまいます。

そのため、より利息を少なくするためには、返済日を待たずに返済したほうがよいです。返済は定められた返済日前でもできます。海外から帰国したらすぐに返済するようにすれば、利息を最小限におさえられるでしょう。

 

返済日前の返済は繰り上げ返済事前返済などとよばれています。こういった返済の方法や手順はカード会社によっても異なるので、海外キャッシングをする前に確認しておくとよいでしょう。

たとえば、繰り上げ返済をしたい旨を連絡すると振込先を教えてもらえる場合や、とくに連絡をしなくてもカードを使って返済できる場合もあります。クレジットカードで海外キャッシングするなら、なるべく利息を減らしてお得に利用できるように心掛けましょう。

 

換算のレートはどうなっている?

クレジットカードの海外キャッシングの利用するときは、為替レートが重要になります。有利なレートでキャッシングができれば、その分お得に現地通貨を手に入れられるのです。

 

レートの決定方法は使用するカードのブランドによって異なります。そのため、海外キャッシングをするときは、レートがどのように決まるのか事前に確認しておきましょう。

 

たとえば、VISAなら決済センターにデータが到着した時点を基準として、VISAインターナショナルが指定するレートが採用されます。

このレートは大手銀行間での取引レートに近いといわれており、有利なレートだといえるでしょう。実際のレートは公式サイトから確認できるので、海外キャッシングを利用するときは目を通すと安心です。

渡航前に準備しておくべきこと

海外に行ってスムーズにキャッシングするためには、あらかじめ準備しておくべきことがあります。海外に到着してから気がついても遅い場合があるので、渡航の用意の一環としてしっかり確認しましょう。

 

海外のATMの使い方を覚えておく

海外のATMは日本語に対応していない場合も多いです。そのため、現地の言葉が分からない場合は、あらかじめATMでのキャッシング方法を一通り覚えておいたほうがよいでしょう。画面の中で目印になりそうな単語を覚えておくのも有効かもしれません。

 

海外キャッシングに対応しているか確認

海外キャッシングを利用する予定なら、渡航前に必ず手持ちのクレジットカードが対応しているか確認しましょう。そして、海外キャッシングを初めて利用する場合は、申し込みが必要な場合もあります。カード自体は海外キャッシングに対応していても、申し込みが済んでいなければ利用できないので要注意です。

 

海外でのATMの利用方法

海外キャッシングを利用するなら、ATMの利用方法を覚えておきましょう。具体的なATMの操作方法について紹介します。

 

ATMの利用時間は?

海外でキャッシングが利用できるATMは、24時間対応になっている場合もあります。そのため、現地に到着するのが夜中であっても、キャッシングで現地通貨を手に入れられます。ただし、夜中にATMを利用する場合は周囲の状況によく目を配りましょう。

 

1.カードを挿入

海外キャッシングができるATMを見つけたら、まずはカードを挿入するところから始めます。海外のATMでのカードの挿入方法にはさまざまなタイプがあるので要注意です。

 

日本国内にあるATMのようにカードの表面を上にして入れるタイプもあれば、裏面を上にして入れるタイプもあります。また、手続き中はカードを入れっぱなしにするタイプだけでなく、情報を読み込んだらすぐに返却されるタイプもあります。すぐにカードが出てきても、エラーではないと覚えておきましょう。

さらに、カードリーダーにカードをスライドさせ、裏面についた磁気テープを読み込ませるタイプもあります。

 

カードの挿入方法が普段と違うとそれだけでも戸惑ってしまうので、複数の種類があることをあらかじめ理解しておくと安心です。

 

2.使用言語を選択

ATMでは、使用する言語を選択できます。ハワイや韓国などには日本語が選択できるATMもあります。

 

ただし、世界のATMの中には、日本語に対応していないものも珍しくはありません。その反面、ほとんどのATMには英語が対応しています。そのため、英語でのATMの操作方法を覚えておくと、どこへ行ってもスムーズにATMの操作ができるでしょう。

 

3.暗証番号を入力

言語を選択したら、暗証番号の入力にうつります。

英語を選択した場合は「ENTER PIN」と表示されるので、画面に従ってクレジットカードの暗証番号を入力します。機種によっては、暗証番号に続けて「00」の入力や、「ENTER」のタップが必要な場合もあるので気をつけましょう。

 

4.取引の種類を選択

暗証番号が承認されたら、取引内容を選びます。英語では「SELECT TRANSACTION」と表示されているはずです。

 

クレジットカードでキャッシングするには「WITHDRAWL」を選択しましょう。これをタップすると口座の選択に進み、「SELECT SOURCE ACCOUNT」と表示されます。クレジットカードでのキャッシングをするので、ここでは「CREDIT」を選びます。

 

機種によっては「cash in advance」と表示されている場合もあるため、画面の中をしっかり見て探しましょう。

 

5.金額を指定

「SELECT DISPENSE AMOUNT」という表示が表れたら、キャッシングしたい金額を選びます。表示された中から選ぶのが基本ですが、希望の金額がないときは自分で入力することも可能です。

 

その場合は「OTHER」を選ぶと入力画面に切り替わります。当然ながら金額は現地通貨で設定しなければならないので、ATMに立ち寄る前に必要な金額を計算しておくとスムーズです。

 

6.現金・カードを受け取る

全ての操作が終わると、現金やカードを受け取れます。トラブルを防ぐためにも、利用明細は忘れずに受け取って保管しましょう。

 

なお、ATMによっては最後の画面で取引を続けるかについての質問が表示される場合があります。その場合は、「No」を選択すると取引を終了できます。

 

海外提携金融機関窓口でキャッシングするには?

 

クレジットカードを使った海外キャッシングはATMだけでなく、海外の金融機関の窓口でも可能です。

 

キャッシング利用ができる金融機関には、「PLUS」や「CIRRUS」のステッカーが貼ってあります。金融機関を探すときはこれらを目印にしましょう。窓口でキャッシングしたい旨を伝えると手続きができます。

 

キャッシングするには、クレジットカードとともにパスポートが必要です。また、暗証番号またはサインが求められます。

なお、金融機関の窓口利用には別途手数料がかかります。手数料は金融機関ごとに異なるので、手続きの際に確認するとよいでしょう。

 

窓口での手続きとなれば、現地の言葉をある程度話せないといけないので難易度が高いと感じる人が多いかもしれません。また、窓口が開いている時間は限られているので不便な部分もあります。

とはいえ、実際に金融機関の人とやり取りができるので、安心してキャッシングできるというメリットがあります。ATMではスキミングされるリスクもありますが、金融機関で手続きすればその心配がほぼありません。

言葉が話せないとしても「キャッシングを利用したい」という意思さえ伝えられれば、あとはパスポートを見せたり暗証番号を伝えたりするだけなので、手続きは意外と簡単に進みます。もしも「海外キャッシングは便利そうだけど、少し不安がある」と感じているのであれば、金融機関の窓口を利用してみてはいかがでしょうか。

 

ネットキャッシングはできる?

海外キャッシングの方法としては、ネットキャッシングも利用できます。キャッシングといえばATMで手続きしてお金を受け取るのが一般的です。

しかし、ネットキャッシングを利用すると、インターネット上から手続きするだけで欲しい金額を自分の口座に振り込んでもらえます。ATMに行かなくてもキャッシングができるので、ネットキャッシングはとても便利です。

 

ただし、海外キャッシングでネットキャッシングを利用する場合は、振り込みに指定する銀行口座が海外のATMに対応していなければなりません。そのため、海外キャッシングでネットキャッシングを利用したいなら、あらかじめ海外のATMに対応した口座を作っておく必要があります。

なお、ネットキャッシングを利用した場合でも、口座からお金を引き出すときには改めて手数料がかかるので注意しましょう。

 

10.海外キャッシングの返済方法は?

海外キャッシングを利用するなら、返済方法についてもあらかじめ確認しておきましょう。返済方法をしっかり理解しておけば、よりお得に海外キャッシングを活用できます。

 

基本は指定口座からの自動引き落とし

海外でのキャッシングの基本的な仕組みは、国内キャッシングと同様です。そのため、基本的にはクレジットカードの利用額や国内キャッシングの返済と同様に、指定口座から自動で引き落としになります。

普段はあまり使用していないカードを海外に持参した場合は、支払い日前に指定口座に返済額以上が入っているかどうか確認しなければなりません。

 

よりお得に利用するなら繰り上げ返済

キャッシングをすると、翌日から利息が発生するので注意が必要です。

よりお得に海外キャッシングを利用するためには、繰り上げ返済事前返済などを選ぶのも1つの手です。繰り上げ返済なら、利息を最小限に済ませられます。

 

たとえば、海外から帰国したらそのまま繰り上げ返済の手続きをすればスムーズでしょう。繰り上げ返済ができるかどうかはカードの種類によって異なります。

また、繰り上げ返済の方法もカードによってさまざまです。現金でATMから支払うだけでなく、銀行から振り込んだりインターネットバンキングが利用できたりする場合もあります。

 

カードを紛失したときはどうする?

海外でカードを紛失したときでも、落ち着いて行動すればトラブルを最小限におさえられます。クレジットカードを失くすとパニックに陥りやすいので、あらかじめどうすべきかシミュレーションしておくべきです。

 

クレジットカード会社に連絡する

クレジットカードが無いことに気づいたら、すぐにカード会社の窓口に連絡をしましょう。海外用の問い合わせ窓口があるので、そこに連絡してカードを紛失したと伝えます。そうするとカード会社は、クレジットカードの利用停止の手続きをしてくれるはずです。

また、ほとんどのクレジットカードには、不正使用された場合にその損失をカード会社が負担してくれるサービスがついています。そのため、紛失の連絡はとても重要です。さらに、カード会社によっては緊急用のカードの発行やキャッシングサービスの提供をしているところもあります。こういった制度はクレジットカードの種類によって違うので、渡航前に確認しておいたほうがよいでしょう。

 

警察へ届け出る

紛失ではなく盗難の可能性が高い場合は、現地の警察にも届けたほうがよいでしょう。警察に行くときはパスポートやビザを必ず持参します。なお、現地の言葉が分からない場合は、ツアーのガイドに頼ると安心です。現地に頼れる人がいないのであれば、あらかじめ不測の事態にどうするか考えたうえで渡航したほうがよいでしょう。海外では日本にいるときに比べればクレジットカードの盗難にあうリスクは高いので、気をつけなければなりません。

 

紛失したまま放置するのは危険!

クレジットカードを紛失したときは、とにかくすぐにカード会社に連絡をしましょう。紛失の連絡をしないと、クレジットカードの不正使用を防ぐことができません。クレジットカードの紛失をそのままにしておくと、あとから多額の請求がくる可能性も十分にあります。カードが不正使用された場合にカード会社が損失を補填してくれるサービスがあっても、連絡が遅くなれば不正使用だと認めてもらえないケースもあります。手遅れにならないよう、カードを紛失したらすぐ対処するようにしましょう。

紛失時にスムーズにカード会社へ連絡するためには、緊急時の連絡先を海外へ渡航する前に確認しておくべきです。連絡先をメモし、貴重品として持参するとよいでしょう。そして、メモは常に持ち歩き、出先でもすぐに確認できるようにしておくのが望ましいです。

まとめ

クレジットカードによる海外キャッシングは、使いこなせると非常に便利です。もちろん、海外にはクレジットカード決済で買い物ができる場所が多数あります。しかし、市場や屋台など現地の雰囲気を楽しめる場所では、現金しか使えないケースも多いです。また、初めて行く土地であれば、現金はどれくらい必要なのか見当がつけにくいことも少なくないですよね。

 

そんなときでも海外キャッシングができるクレジットカードを持参すれば、お金が足りなくなって困ることはありません。まるで自分の預金口座からお金を引き出すような感覚で、そのときに必要なお金を受け取れます。

海外に行くならキャッシングを活用して、賢く現地通貨を手に入れましょう。

 

合わせて読みたい

    おすすめキャッシング

    レイクALSA

    Webで最短60分のスピード融資が可能

    レイクALSA

    実質年率
    4.5% ~18.0%
    利用限度額
    最大500万円
    審査時間
    最短15秒
    融資スピード
    最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
    フタバ

    他社借入れ4社以内なら申込み可能

    フタバ

    実質年率
    14.959%~17.950%
    利用限度額
    10万円~50万円
    審査時間
    最短即日
    融資スピード
    最短即日融資
    ベルーナノーティス

    専業主婦も申込みできる!

    ベルーナノーティス

    実質年率
    4.5%~18.0%
    利用限度額
    1万円~300万円
    審査時間
    最短30分
    融資スピード
    最短即日

    条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

    すべての条件や種類を見る

    キャッシング最適診断キャッシング最適診断
    難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

    お金の教本について

    当サイトでは、お金を借りるときのルールと、便利な使い方。各種お得なポイントの貯め方などお金に関する知識を幅広く提供していきます。
    いまいち消費者金融の仕組みが分からない。クレジットカードの細かいルールが曖昧など、いろんな悩みを解決していきます。
    今まで知らなかったお得なお金の豊富な知識をみなさんに提供し、キャッシングを便利なサービスとして利用してもらえるお手伝いをいたします。