キャッシングリボ払いは油断できない!利用する前に知るべき返済の特徴

クレジットカードは、便利なキャッシング機能がついていますよね!

クレジットカードの機能のなかのひとつに、「キャッシング」というものがありますが、キャッシングとは、クレジットカードを使って現金を借りられるサービスのことです。

なので突然現金が必要になったときなどに、キャッシングはとても有効となります。

そんなキャッシングの支払い方法の1つが、リボ払いです。

支払い方法については、キャッシングするうえでしっかりと知っておきたい部分といえます。

ここでは、キャッシングの支払い方法の中でも、リボ払いに焦点を当てて解説します。

キャッシングに欠かせないリボ払いとは一体?

リボ払いとは、リボルビング払いのことを指します。リボ払いの最大の特徴は、毎月の支払い額を低く抑えられるという点です。

通常、キャッシングをして一括や分割で支払いをしていくと、キャッシング額が高ければ高いほど、1回の支払い額も多くなってしまいます。

しかし、リボ払いならば、1回の支払い額は少ないので毎月の負担が非常に軽くなります。支払いの期間こそ長くなってしまいますが、1回ごとの支出負担を軽減できるのが魅力なのです。

クレジットカードの種類によっては、1回払いを後からリボ払いに変更することができるものもあります。

リボ払いの種類

リボ払いの種類は、残高スライド方式と定額方式の2つです。

残高スライド方式の場合、キャッシングの額に応じて月々の支払い額が上がります。

残高スライド方式では、支払い残高があらかじめランクわけされているので、そのランクに応じた一定金額を毎月支払っていくことになるのです。

また、支払い途中でさらにキャッシングをして支払い残高のランクが変わった場合も、それに応じて毎月の支払い額が増加します。

定額方式の場合では、残高スライド方式のように毎月の支払い額が変わることはありません。

ただし、キャッシングの額が多くなればその分支払い期間は長くなっていきます。

支払い期間が長くなれば、それだけ手数料も多くかかることになるのです。

リボ払いを利用する主なシーンとは?

リボ払いは、さまざまな場面で活躍する便利な支払い方法です。

その主な利用シーンは、下記の3つとなっています。

・毎月の返済が苦しいとき
・家計管理を楽にしたいとき
・手元にお金がないとき

例えば、毎月の返済が苦しいときこそ、リボ払いが力を発揮するときとなります。

毎月の返済は、額が大きければその分生活を圧迫しかねません。

家計が圧迫され生活が苦しくなってしまうと、返済はさらに苦しくなり悪循環となってしまうのです。

その点、リボ払いならば、月々の返済負担は低い金額に設定されています。

そのため、生活を圧迫しにくい返済方法といえるのです。

また、家計の支払い管理を楽にしたいときにも、リボ払いが活躍します。

毎月のカード支払い額がバラバラになっていると、家計を管理するのも楽ではありません。

しかし、支払額が毎月一定ならば、管理も非常に楽でわかりやすくなるのです。

うまく活用することで毎月の支出も目安がつきやすくなるため、大きなメリットといえます。

そして、手元にお金がないケースでもリボ払いが有効です。

お金がないのに、無理して分割払いなどに設定して支払いが遅れてしまっては、信用情報に傷がついてしまいます。

それよりも、手元のお金が少なくても確実に支払えるリボ払いを選ぶ方が安心といえるのです。

リボ払いの利息の計算方法

リボ払いで気になる点といえば、利息です。

支払い期間長引けば、その分支払うべき利息も高くなっていくのがリボ払いなのです。

リボ払いにおける毎月の利息は、借入残高に対して年率を掛けて1カ月分に換算すると、算出できます。

 

つまり、借入残高×年率÷365×30日が、1ヶ月にかかってくる利息となるのです。

年率はカードによって異なることも多いので、自分のカードの年率を調べておくと安心となります。

 

リボ払いの状況によっては、月々の支払い額の大半が利息となっているケースもあります。

そのため、毎月きちんと返済していても「キャッシング利用残高がなかなか減らない」ということにもなりかねません。

 

支払い方法をリボ払いに設定していると、利息がいくらかかっているのかはあまり見ない人もいるでしょう。

しかし、毎月かかっている利息を理解しておくことは、キャッシング残高を減らしていくうえでも重要です。

 

月々に支払っている金額は、利息がいくらでキャッシング返済額がいくらなのかがわかっていれば、完済までの道のりが見えやすくなります。

 

月々の支払い額はいくら?

リボ払いの定額方式であれば、いくら借りても毎月の支払金額は変わりません。

しかし、残高スライド方式の場合は、借入額が大きいほど支払額も大きくなります。

 

例えば、5万円までの借り入れで月5000円、5万~20万円までの借り入れで月1万円の返済というケースも多いです。

これは、途中で借入額が上がった場合も同様になります。

 

例えば、5万円の借り入れをして月5000円の返済をしたとしても、数ヶ月後に10万円の借り入れをすれば、その月の分から月々の支払額は1万円となるのです。

リボ払いは毎月の支払額が一定というイメージが強い傾向にあるので、残高スライド方式のリボ払いの場合は特に注意が必要といえます。

 

リボ払いは、定額方式なのか残高スライド方式なのかを把握しておかないと、月々の支払額を見誤ってしまうことがあります。

しかし残高スライド方式の場合は、いくら借り入れしても一定額の返済というわけにはいきません。

 

残高スライド方式の詳しい返済額は、カード会社によって異なります。キャッシングを利用する前に、必ず返済額についてはしっかりと調べておきましょう。

 

リボ払いの基本的な返済方法

クレジットカードの利用代金は、あらかじめ登録した口座から引き落とされます。

これはキャッシング枠を利用した際も同様で、基本的に毎月口座から自動引き落としされて決済されるのです。

 

口座から自動的に支払いが行われるので、毎月払い込みに行く必要がなくとても便利な返済方法といえます。

また、繰り上げ返済をしたい場合には、ATMを利用するのが一般的です。

 

リボ払いのリスクって何?

メリットの多いリボ払いですが、リスクもあります。

 

・完済までにかかる時間が長い

・利息が多くなり支払う額が多くなる

・いつまでも返済が終わらない

・限度額に達してしまいやすい

 

定額で返済する場合のリボ払いでは、借入額が多いとそれだけ完済までに膨大な期間がかかってしまう傾向です。

期間が長くなれば、その分利息も多くかかってくることになります。

実際のキャッシング利用額よりも、利息の方が高くなってしまうことがあるかもしれません。

 

借り入れたそのときにはメリットが多いリボ払いですが、こうして長期的な目で見ると総支払額は大きくなってしまうというリスクがあるのです。

また、毎月のようにカードでキャッシングを利用していると、いつまでも返済が終わらないということになりかねません。

リボ払いでは、そもそもキャッシング残高がとても減りにくいという特徴があります。

 

それを、毎月どんどんとキャッシングすることによって、せっかく返済した分をまた借りていくことになるのです。

こうなると、キャッシング残高は毎月減ることがなく、返済がいつもまでも続くことになってしまいます。

 

そして借入限度額に達してしまうことも少なくありません。

限度額に達してしまうと、それ以上のキャッシング利用はできなくなります。

すると、いざ現金が必要となってしまったときに涙をのむことになってしまうのです。

 

さらにショッピング枠とキャッシング枠が一緒になっている場合は、ショッピングもできなくなってしまいます。

クレジットカードを有効に使っていくためには、限度額を把握して達しないようにやりくりしていく必要があるのです。

 

リボ払いの正しい対策方法

リボ払いは、正しい対策をしていけば大変便利な支払い方法です。

リボ払いのデメリットを踏まえて、そのリスクを最小限に抑える工夫をしていきましょう。

まずは、ボーナスなどの臨時収入があった場合です。

 

臨時収入で少しでも余裕がある月には、なるべく繰り上げ返済をしていきます。

繰り上げ返済をすれば、それだけ手数料を節約することができます。

そのため、どんなに少額であっても、臨時収入は繰り上げ返済に充てていくと良いでしょう。

 

毎月の返済額を大きくするのも1つの対策

もう1つの対策としては、毎月の返済額を大きくするという方法が挙げられます。

リボ払いの年率は、カードによってあらかじめ決められています。

 

これは、支払いが早く済めばその分利息を節約できるということになるのです。

そこで、毎月の返済額を大きめにして、キャッシング残高をどんどん減らしていきましょう。

 

こうすれば、残高は減りやすくなり、返済が早く終わるので利息も最小限で済むのです。

これらの対策を心掛けておけば、リボ払いはより有効に活用することができます。

毎月の負担が比較的軽く設定されているリボ払いだからこそ、できるときに可能な範囲でなるべく多く支払いをしていくことが大切なのです。

 

リボ払いへの変更方法は?

クレジットカードの多くは、後からリボ払いへの変更が可能となっています。

1回払いや分割払いで決済した後からリボ払いに変更するためには、基本的にカスタマーサポートへの電話が受付窓口となっています。

各カスタマーセンターに電話をして、リボ払いへ変更したい旨を説明していきましょう。

 

また、ネット上で申し込みができるカード会社もあります。

こうした手続きを経て、決済後でもリボ払いへの変更が可能となるのです。

 

リボ払いへの変更は慎重に

決済後にリボ払いにしたいと思うのは、毎月の返済に不安を感じるからではないでしょうか。

たしかに、毎月の負担が少ないリボ払いならば、返済に不安を感じる必要はありません。

リボ払いにすることで、月々の生活に余裕が生まれるかもしれないというメリットもあります。

 

ただし、リボ払いを選択するなら、しっかり返済の計画を立てることが重要です。

なぜなら、毎月の負担が軽い反面、支払いの進み具合はとても遅く、完済までは非常に長い期間を要するからです。

 

こうして長期的に見てみると、必ずしもリボ払いへの変更が良いというわけではありません。

目先の楽さだけにとらわれずに、先を見据えた返済計画を考えてみましょう。リボ払いにはリスクもあるので、慎重に判断するべきものといえるのです。

 

おすすめの支払い方法は?

さまざまな支払い方法が選べるクレジットカードのキャッシングですが、おすすめは一括払いか2回払いです。

一括払いや2回払いでは、1回における支払いの負担はもちろん大きいですが、利用した分をすぐに完済できるというメリットがあります。

すぐに完済できれば、またいざというときに必要な分だけキャッシングを利用することが可能です。

 

また、ショッピング枠も一緒になっているのであれば、思う存分ショッピングを楽しむこともできるでしょう。

さらに一括払いや2回払いならば、利息が無駄にかからなくて済むのです。

利息は、借りた元金と期間に対してかかってくるお金です。

それがかからないのであれば、実際の利用代金のみしか支出とならないのでとても効率的といえます。

 

カードを利用するうえでは多少の利息は仕方がないにしても、リボ払いでかかってくる利息は馬鹿になりません。

返済が長期に渡る分、利息が占める割合がとても大きいものなのです。

 

実際にキャッシングした金額以上の額を支払うことになるので、結果的に損をしているといってもいいでしょう。

その点、一括払いや2回払いではムダに利息がかからなくて済むため、おすすめしたい支払い方法といえます。

 

まとめ

リボ払いは、月々における支払いの負担が非常に軽い支払い方法です。

そのため、多くの人がリボ払いを利用していることでしょう。

しかし、完済までに時間がかかってしまううえに、利息に非常に高くかかってくるという特徴があります。

 

なのでリボ払いを利用するときは、毎月の返済計画を立てることが重要。

毎月の返済が苦しいとき、手元にどうしてもお金がないときだけに限って、リボ払いを活用していくとよさそうです。

 

そして、リボ払いを利用したときにはなるべく早く完済できるように努めることが大切です。

できる範囲で繰り上げ返済をして、どんどんと返済を進めていくと効果的といえます。

支払い方法はよく考えて選び、クレジットカードはより賢く使っていきましょう。

 

合わせて読みたい

    おすすめキャッシング

    レイクALSA

    Webで最短60分のスピード融資が可能

    レイクALSA

    実質年率
    4.5% ~18.0%
    利用限度額
    最大500万円
    審査時間
    最短15秒
    融資スピード
    最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
    フタバ

    他社借入れ4社以内なら申込み可能

    フタバ

    実質年率
    14.959%~17.950%
    利用限度額
    10万円~50万円
    審査時間
    最短即日
    融資スピード
    最短即日融資
    ベルーナノーティス

    専業主婦も申込みできる!

    ベルーナノーティス

    実質年率
    4.5%~18.0%
    利用限度額
    1万円~300万円
    審査時間
    最短30分
    融資スピード
    最短即日

    条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

    すべての条件や種類を見る

    キャッシング最適診断キャッシング最適診断
    難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

    お金の教本について

    当サイトでは、お金を借りるときのルールと、便利な使い方。各種お得なポイントの貯め方などお金に関する知識を幅広く提供していきます。
    いまいち消費者金融の仕組みが分からない。クレジットカードの細かいルールが曖昧など、いろんな悩みを解決していきます。
    今まで知らなかったお得なお金の豊富な知識をみなさんに提供し、キャッシングを便利なサービスとして利用してもらえるお手伝いをいたします。