慰謝料が払えない!お金がないときに今すぐ解決できる4つの方法

離婚したり、事故を起こしたりすると、慰謝料を請求されます

では慰謝料が払えないとき、具体的にどのような解決策があるのでしょうか?

この記事では、慰謝料が払えないときの解決策を5つ紹介していきます。

急いで慰謝料を用意しなければならないなら、カードローンを検討するのも手です。

アコム
  • 審査は最短30分
  • WebやATMから24時間借入可能
  • 最短30分で審査回答
レイクALSA
レイクバナー
  • Webで最短60分融資も可能※1
  • 借入額5万円まで初回契約翌日から180日間の特典あり※2
  • カードレス契約なら契約時の郵送物無し
※1
21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

※2
契約額が1~200万円の人が対象。
初めて新生フィナンシャルで契約をした人が対象。
30日間特典、60日間特典との併用は不可。
特典期間経過後は通常金利適用。


【アコム】
新型コロナウイルスの影響より、当面の間は営業時間を変更しています。

通常の営業時間 変更した営業時間
自動契約機 平日・土日祝:9:00~21:00 平日・土日祝:10:00~19:00
電話 平日・土日祝:9:00~18:00 平日のみ:10:00~18:00
インターネット 平日・土日祝:10:00~22:00 平日・土日祝:10:00~19:00

また、アコムでは、新型コロナウイルス感染症に関する影響を受けた人の取引相談窓口を設けています。詳細は上記公式HPを参照ください。

【レイクALSA】

通常の営業時間 変更した営業時間
自動契約機 平日・土:9:00~22:00
日・祝:9:00~19:00
平日・土:10:00~19:00
日・祝:10:00~19:00
電話(新規の人向け) 平日・土:9:00~22:00
日・祝:9:00~19:00
平日・土:10:00~19:00
日・祝:10:00~19:00

また、レイクALSAでは、新型コロナウイルス感染症に関する影響を受けた人の取引相談窓口を設けています。詳細は上記公式HPを参照ください

慰謝料の相場とは

慰謝料 払えない 画像

慰謝料は自由や名誉などが何者かによって侵された時に生じた精神的障害に対して払うものです。 損害賠償金の役割をしています。

男女関係での慰謝料の相場

男女関係でのトラブルで生じる慰謝料の相場は、数十万から300万円ほどであるケースが多いようです。

男女関係間のトラブルの場合、支払い能力や子どもへの影響、などが慰謝料の金額を変動させるものになります。

交通事故での慰謝料の相場

交通事故の場合、次のような3つの慰謝料があり、全て合わさった金額を支払うこととなります。

  • 入通院慰謝料
  • 後遺症慰謝料
  • 死亡慰謝料

そして、慰謝料の相場は「自賠責基準」「任意保険基準」「弁護士・裁判基準」の3つの基準から判断されます。

その事故の程度にもよりますが、場合によっては自力で支払うのが困難なほど高額になるケースも多くあります。

慰謝料を払わないとどうなるの?

慰謝料を支払わなかった場合、以下2つのリスクがあります。

  • 財産の差し押さえ
  • 慰謝料請求の訴訟

基本的に慰謝料の支払いを約束したにも関わらず、支払いを放棄した場合は財産が差し押さえられます。

一方で慰謝料を支払う約束をしておらず、相手側からの請求を無視し続けた場合は、相手が慰謝料請求の訴訟を申し立ててくる可能性があります。

この訴訟は慰謝料支払い側の請求額などを確定するための裁判です。

つまり、約束した支払いを放棄しても、相手の請求を無視し続けても、結果的に差し押さえを受けることとなります。

差し押さえの対象となるものは給料やボーナス、退職金、車、持ち家などがあり、これらを含むあらゆる財産が没収されます。

そのため、慰謝料を請求されたら無視せずに必ず対応し、支払いが難しければ減額や分割払いの交渉を行いましょう。

慰謝料を払わなくてもいいケース

場合によっては、慰謝料を払う必要がないケースがあります。一例として、「相手の不貞行為」だったケースです。

【慰謝料が発生しないケース】相手の不貞行為

もし、Aさんの配偶者のW不倫が発覚して不倫相手の配偶者から慰謝料を請求された場合、法律上では不倫をされたAさんは支払う必要はありません。

たとえ、Aさんの配偶者が専業主婦で、慰謝料を払うお金がない場合でも、Aさん自身に支払う義務はありませんので注意しましょう。

慰謝料が発生するケースであれば、近頃メディアなどで耳にする「コロナ離婚」も例外ではありません。

【慰謝料が発生するケース】コロナ離婚

コロナウイルスの影響により、夫婦で一緒に過ごす時間が増えました。そして、一緒に過ごす時間が増えたことで、夫婦間のすれ違いが多発し、離婚に至るケースです。

いわゆる「コロナ離婚」は通常の状況とは違うとはいえ、離婚の原因がある方に慰謝料が課せられます。相手に責がある場合など、慰謝料が発生しないことも十分あり得ます。

そのため慰謝料を請求されたときは、まず自分の行動の事実確認と、慰謝料を支払うに値するかの確認を行いましょう。

その上で自分が慰謝料を払う必要がないと感じれば、支払い拒否の意思を示すことが大切です。

次では、慰謝料が発生した場合の解決方法について紹介します。

解決方法1.減額交渉をする

慰謝料払えない 画像

請求された慰謝料が高すぎて払えないときは、減額交渉という解決策があります。

慰謝料の金額は請求者側が決定していますが、その金額が妥当でない場合や支払いが困難な場合は、示談を行なって慰謝料の金額について双方で調整することができます。

なお、減額交渉は個人で行うことが可能ですが、請求者側が弁護士を付けている場合や交渉が成立しない場合は弁護士に依頼することをオススメします。

減額交渉をする方法

減額交渉をする際は、減額の必要性を説明しなければいけません。

ただし、減額は相手側のメリットにはなりにくいので、筋の通った説明が必要です。

例えば、現実的に支払えない額であることを納得してもらえると、交渉もスムーズでしょう。
示談が進まない場合は弁護士に依頼するのが賢明です。

解決方法2.分割払いの交渉をする

慰謝料の支払いが難しいときは分割払いにしてもらうという解決策もあります。

減額交渉が成立しなかった場合や、慰謝料が低くても一括で払えない場合は分割払いを交渉しましょう。

ただし、減額と同様、分割払いも相手のメリットにはなりにくいので、注意が必要です。最後まで支払う意思があることを、いかに信用してもらえるかが大事になってきます。

相手のことを思いやりながら交渉を進めましょう。

解決方法3.財産になる物を売る

慰謝料足りない 物を売る 画像

慰謝料の額次第では、財産を売ってお金を用意するのも良いでしょう。一括で支払う場合なども、財産の売却は必要になってきます。

売る物としては車やブランド品、それにパソコンやiPhoneなどが挙げられます。場合によっては住居の売却も検討することになるでしょう。

より高額で買い取ってもらうためにも、汚れや傷などには注意したいところです。故障しているのであれば、できる限り修理しておきましょう。

解決方法4.自己破産する

どうしても慰謝料が支払えなければ、自己破産をするという選択肢があります。

慰謝料は免責の対象となることが一般的で、自己破産をすれば慰謝料を支払う義務が免除されることがほとんどです。

とはいえ、自己破産をすれば将来的な生活に大きな影響を与えるので、良い解決策とはいえません。

たとえば財産が没収されたり、奨学金などの借金がある場合は連帯保証人に迷惑がかかるなど、自己破産にはデメリットが多数あります。

もちろん、慰謝料を受け取る相手の生活にも大きく影響します。

減額や分割の交渉をしても応じられなかった時や、どうしても支払いができないときの最終手段として自己破産を検討しましょう。

解決方法5.消費者金融のカードローン

キャッシングして100万円を作る画像仕事の給料等で定期的な収入がある場合、カードローンで慰謝料を一時的に支払うのも手です。

カードローンには「銀行」「消費者金融」の2種類があり、自分の状況に合うカードローンを選択しましょう。

慰謝料の支払うため多額の借入を希望しており、少しでも利息を抑えたいと考える人は「銀行」が提供しているカードローンを検討してみるとよいでしょう。銀行ならではの金利で返済を行うことができます。

慰謝料を今すぐ支払う必要があり、至急借入を行いたい人は「消費者金融」が提供しているカードローンを検討してみるとよいでしょう。即日融資対応が可能で、最短60分で借入ができる可能性があります。

詳しいサービスの内容が気になる人は、大手消費者金融のカードローンの特徴まとめを確認してみてください。

まとめ

離婚や交通事故など、ライフプランでは予想していなかった出来事が起こった時、慰謝料を用意するのは大変です。

慰謝料を減額したり、分割払いしたりする場合は、相手の事情も最大限思いやりつつ、交渉を進めましょう。一方的に支払いを拒否すると、訴えられたり、財産を抑えられたりする可能性があるので注意が必要です。

急いで慰謝料の支払いが必要なら、大手消費者金融のカードローンを検討するのも手です。初回契約に限り無利息期間があるので、うまく活用したいですね。