クレジットカードのキャッシング枠って何?複雑な仕組みを徹底解説

クレジットカードには、急に現金が必要になったとき、現金の借り入れができるキャッシング機能つきのカードがあります。この借り入れできる金額は、クレジットカードのショッピング利用可能額に応じて設定されることから、クレジットカードのキャッシング枠ともよばれます。

クレジットカードの機能だけでなく、いつでも現金の借り入れができることから、現金に余裕がないときや、急な現金の用立てが必要なときにはとても便利でしょう。

キャッシング枠は、クレジットカードの利用額によって借り入れできる範囲の上限が変動するなど、キャッシング専用のカードローンとは違った特徴があります。こうしたことをおさえて必要なときに上手に利用すると、さまざまなメリットが得られるでしょう。

キャッシングの枠って何?

キャッシングの枠とは、クレジットカードで現金を借り入れすることができる利用枠(利用額)のことです。つまり、キャッシング機能を利用する際の限度額をいいます。

現金がなくても商品やさまざまなサービスを購入することができるクレジットカード。しかし、急に現金が必要なときなど、クレジットカードのショッピング機能だけでは物足りないと思うこともあるでしょう。

そのようなときに、ショッピングなどの支払いで利用するだけでなく、現金を借り入れすることができるキャッシング機能がついたクレジットカードがあると便利です。

クレジットカードにキャッシング機能がついていることで、手軽に現金の借り入れができ、ちょっと現金が足りないといったときには重宝します。

キャッシング枠はショッピング枠に影響してくる

クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠に影響してきます。

なぜなら、キャッシング枠はショッピング枠に含まれる形で設定されるので、クレジットカードのショッピング枠によって借り入れできる金額が変動するという特徴があります。これはキャッシングだけを目的として発行されている一般的なカードローンとは異なる点です。

例えば、カードローンではカード利用上限額が30万円だったとすると、30万円まで借り入れすることができます。

一方、クレジットカードにショッピング枠が付帯されたカードの場合、クレジットカードのショッピング枠が30万円であったとしても、借り入れできる枠は30万円にはなりません。年収などによっても異なりますが、一般的にクレジットカード利用限度額内の3分の1程度の設定金額になります。

クレジットカードのショッピング枠が30万円の場合なら、キャッシング枠は3分の1程度の10万円になるケースが多いです。しかし、このような場合でも買い物などですでに25万円分をショッピング枠で利用していると、利用限度額30万円から利用額25万円を差し引いた5万円までがキャッシング枠となります。

つまり、クレジットカードのキャッシング枠は、クレジットカードでショッピングなどをしたときの利用額によって、借り入れできる利用限度額が変わるのです。借り入れできる金額を従来どおりの10万円にするには、クレジットで未支払分となっている25万円を支払いなどで減らすとよいでしょう。

例えば、5万円を支払って20万円の残額とすると、借り入れできる金額はもとの設定どおりの10万円に戻ります。このように、クレジットカードのキャッシング枠は、ショッピング枠の利用額に影響を受ける関係です。

キャッシング枠を付けるメリット

クレジットカードにキャッシング枠があると、色々なメリットがあります。

何といっても現金が手元にないときや、急な出費にも対応できるという利点があります。また、こうした事態に備えて借り入れできる機能のあるクレジットカードがあると安心です。

さらに、海外旅行などで現金が必要になったときにも利用できます。クレジットカードにはたいていVISAやMasterといった国際ブランドが付与されていて、こうした国際ブランドが利用できるお店などでクレジットカードで買い物をする人は多いでしょう。これ以外にも、実は借り入れできる利用金額内であれば現金が必要なときに現地通貨をATMで引き出すこともできるのです。

海外旅行に現金を持ち歩くのはリスクが大きいことから、クレジットカードを携帯するケースが一般的ですが、海外旅行などで現金が必要なときにも役に立ちます。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する場合、クレジットカード会社が提携しているATMなどであれば、いつでもどこでも借り入れできるという点もメリットとしてあげられます。

24時間営業しているコンビニなどに設置されているATMは、開店時間内であればいつでも対応してくれますので、時間を気にせずに利用できるのもとても便利です。

キャッシング枠のデメリットとは?

クレジットカードのキャッシング枠には、デメリットもあります。まず、キャッシングだけを目的としたカードローンに比べて金利がかなり高く設定されているということです。

カードローンは各金融機関によって金利の幅は違いますが、例えば銀行などのカードローンの場合、2~15%前後の枠内で設定されているのに対し、クレジットカードのキャッシング枠の場合、7~18%の枠内で設定されていることが多いです。

ただし、最低金利については、銀行などのカードローン金利の上限に近い14~15%となっているところが多くみられます。

また、18%という金利は、10万以上100万未満の貸付の場合に適用される上限金利で、これは法律(利息制限法など)によって認められています。

クレジットカードにキャッシング枠が付帯している場合、100万円を超えない程度で設定されることが多いことから、上限金利は18%と思っておくといいかもしれません。

次に、クレジットカードのキャッシング枠を希望する場合、審査が必要になるということです。

クレジットカードでショッピングなどをする場合、一括もしくは分割払い、あるいはボーナス払いなどで支払いをしますが、これは割賦販売法という法律に基づいての取引対象です。

一方、クレジットカードで借り入れを利用した場合、貸金業法という法律が適用されます。

この貸金業法というのは、現金などの貸付が発生する取引について適用されるものです。

申し込みにあたっては利用者の年収のほか、他社での借り入れ状況に応じて総量規制(年収の3分の1まで)の枠内かどうか、取引実績など、いわゆる与信情報をクレジットカード会社は調べます。こうした情報をもとにクレジットカード会社では審査を行うので、審査に通ることが必要です。

また、クレジットカードで借り入れができるようになったとしても、クレジットカードの利用限度額いっぱいに設定することはできません。

キャッシング枠はクレジットカードのショッピング枠に含まれるのが一般的です。そのため、クレジットカード利用限度額の残高によって借り入れできる範囲が左右されることがあります。

キャッシングを利用する場合、クレジットカード全体の利用枠がいくらで、そのうちクレジットカードの現在の利用残高がいくらかを把握してから利用することが大事です。

キャッシング枠があると起こるリスク

クレジットカードにキャッシング枠が付帯されていると、何かのときに現金を借り入れすることができてとても便利な反面、リスクが全くないともいえません。

まず考えられるのは、カードの盗難や紛失です。例えば、クレジットカードが盗難に遭ったら、カードを無断で使用されるリスクが生じます。

特に、キャッシング枠がある場合には、暗証番号がわかってしまうと簡単に現金を引き出されてしまうでしょう。また、紛失も同様で、気づかないうちにカードを紛失し、カード会社からの利用明細を見て自分の知らないところで現金が引き出されていたと初めて気づくこともあります。

クレジットカードで借り入れをする際には、必ず4桁の暗証番号が必要です。ですから、4桁の暗証番号を第三者に知られないように十分に気を付けてクレジットカードを利用する必要があります。

もし盗難に遭った場合には、第三者に暗証番号が知られている可能性もないとはいえません。いずれにしろ、キャッシング枠の付いたクレジットカードを所有する場合、現金と同じと考えてしっかりと管理することが大切です。

キャッシング枠をつけられるのはどんな人?

クレジットカードにキャッシング枠をつけられるのは、基本的に20歳以上です。20歳未満は民法上で未成年にあたることから、例え未成年者で社会人として働いていたとしても、借り入れするのは難しいでしょう。

20歳以上で一定の収入があれば、キャッシング枠の審査対象になり、審査に通れば問題なく利用できます。そのため、学生、パートやアルバイトでも、毎月ある一定の収入を得られていれば審査に通らないとは限りません。

審査に通りキャッシング枠のついたクレジットカードが送られてくると、その日から利用することができます。

ちなみに、クレジットカード自体に申し込みできるのは18歳以上で、高校生は不可というクレジットカード会社がほとんどです。また、18歳以上でも未成年の場合は、親権者の同意が必要になります。

キャッシング枠をつけられない人はいる?

キャッシング枠をつけられない人は、まず未成年者です。日本の民法では、未成年者を「制限行為能力者」とみなし、未成年者が単独で契約などを交わしても無効とするという規定があります。ここでいう未成年者は、満20歳未満の人のことです。

もし年齢を確認せずクレジットなどの契約を交わし、万が一クレジットやキャッシングによってクレジットカード会社に被害が及んだとしても、民法上では無効扱いとなる可能性は高くなります。ただし年齢を偽っていた場合は例外です。

また、クレジットカード申し込み時に一定の収入がない場合もキャッシング枠をつけるのは難しいです。お金を借り入れすることは、現金の貸付という取引になりますから、毎月一定の収入がある人でなければ基本的に審査に通りません。

毎日ではないがたまにアルバイトあるいはパートをしているという人であっても、毎月の一定の収入があるということがとても大事です。毎月一定の収入がない人は、支払能力に疑問が残ることから、申し込んでも審査に通ることは難しいといえます。

当たり前ですが、クレジットカードの申し込み時に審査に落ちた人の場合もキャッシング枠をつけることはできません。

クレジットカードの審査で落ちる人は、収入のほか、過去もしくは現時点で他社のクレジットカードでの事故が信用情報機関に入っていると、カードが作れないケースもあります。

基本的な限度額はいくら?

クレジットカードのキャッシング枠における利用限度額は、利用者の収入や職業など、さまざまな条件によって違ってきますが10~30万円に設定されていることが多いです。

例えば、20代の学生であればアルバイトによる収入を考慮して、クレジットカード利用額は5~30万円、キャッシング枠は5~10万円と低く設定しているクレジットカード会社が多いです。

年収が多くクレジット債務が少なければ限度額は大きくなりますし、持ち家があり世帯人数が多い場合には生活維持費が多くなるため、利用限度額は低くなります。

この利用限度額が設定されたのち、借り入れできる利用枠が設定されます。一般的なクレジットカードの場合、基本的な限度額は利用限度額の3分の1~2分の1程度になることが多いです。

キャッシング枠は年収に影響する?

クレジットカードにキャッシング機能を付けるときには、年収が影響します。申し込み時に年収記入欄があり、そこに現在の収入状況を記入するのが一般的です。

年収がわからなくても、毎月支払われる給与明細などを収入証明書として提示し、毎月の収入に12カ月掛けて年収とすることもあります。

収入に応じて借り入れできる金額は変わるので初めて申し込んだ人は問題ありませんが、すでにほかのクレジットカード会社で借り入れをしている人は、総量規制内かどうかを確認しておくとよいでしょう。

総量規制とは、キャッシングによる借り入れ超過になり、多重債務を負う人が増えたことから、国が年収の3分の1をキャッシングの上限としたルールのことです。このことによって一人で現金を借り入れできる金額に制限が設けられました。

例えば、年収300万円の人の場合、総量規制により100万円までキャッシング枠をつけられます。ただし、ほかのクレジットカード会社から借り入れをしていて完済していない場合は、その分を差し引いて申し込みをしなければなりません。

30万円借り入れしていると、新たに借り入れできるのは70万円になります。

年収が大きくなればそれだけ総量規制の枠は広がりますが、年収と借り入れできる金額は関係していると押さえておくことが必要です。

キャッシング枠を調べるには?

自分が所有しているクレジットカードで、キャッシング枠がどれだけあるのか知りたい場合、いくつかの方法があります。

1つ目は、クレジットカード会社の会員専用Webページにログインし、会員ページでチェックする方法です。クレジットカード会社はWeb上で個人用のマイページなどを設定しています。

たいていのクレジットカード会社はログインしてマイページにアクセスすると、自分専用のページになりますので、そこで明細を確認することができます。

2つ目は、利用明細書を見て確認する方法です。クレジットカードの限度額に対して毎月のクレジット利用残高や利用履歴のほかに、キャッシングの利用履歴や利用残高が記載されています。

この利用明細書を見ると、借り入れ状況や利用残高などが一目瞭然です。

上記などの方法でキャッシング枠の確認ができない場合、カード会社に直接問い合わせるという方法もあります。問い合わせ先は、上記の利用明細書やカードの裏面などに記載されていることが多いです。

電話で問い合わせる場合、本人確認が必要になります。利用者自身のカード番号を伝えるか、もしカード番号がわからないときは名前や住所、生年月日、登録時の連絡先などを伝え、本人確認がとれたらキャッシング枠を聞くとよいでしょう。

後から枠の追加はできる?

クレジットカードにキャッシング枠がない場合には、後からキャッシング枠を追加することができます。クレジットカードの申し込み時にはキャッシング枠は利用しないだろうと思って設定しなくても、いざクレジットカードを使ってみると、あったほうが便利だと気付くこともあるでしょう。

後からキャッシング枠を設ける手続きにはいくつかの方法があります。1つ目はクレジットカード会社のWebサイトにアクセスし、インターネットから申し込む方法です。

キャッシングの増枠・追加などといった項目があるので、そこからアクセスして手続きをとります。

2つ目は利用しているクレジットカード会社の窓口に出向き、そこで手続きをとる方法です。

窓口を調べるには電話ででも確認できますし、インターネットでも調べることができます。

3つ目は、郵送による方法です。郵送による手続きは、インターネットでも申し込みができますし、クレジットカード会社に直接連絡して、キャッシング枠の追加をしたい旨伝えると、クレジットカード会社から書類が送付されるでしょう。

届いたら書類で追加の申し込みをします。

ただし、キャッシング枠を付帯する場合、クレジットカード会社の審査が必要です。

そのため、手続きにあたっては、収入証明などの書類を添付する必要があるほか、総量規制の範囲内かどうか、事故情報がないかどうかなどを信用調査機関に確認して審査されます。

審査に通ると、カード会社からキャッシング枠付きのカードが改めて送付されるでしょう。

キャッシング枠を0円にするには?

キャッシング枠付きのクレジットカードを申し込み、クレジットカードを手にしてみたものの、キャッシングをする機会がない、ほとんど使うことはないという人もいるでしょう。

また、キャッシング枠があることで、ついお金を借りてしまうという人もいるかもしれません。キャッシング枠はそのままにしておいても特に問題はありませんが、使っていなかったり使いすぎたりするような場合は、0円にすることができます。

キャッシング枠を0円にする方法は、とても簡単です。まず、クレジットカード会社のサポートセンターに電話して、0円にしたい旨を伝えます。すると、センターではキャッシング枠を解約する手続きをとってくれます。

この手続きには、特に審査などはありません。ただし、キャッシング残高がある場合は、残高を0円にしてから手続きする必要があります。

キャッシング枠を0円にするメリットはある?

キャッシング枠を0円にするメリットにはどんなことがあるでしょうか。

まず、キャッシング枠が0円ということは、キャッシング機能がついていません。キャッシングとはお金を借りることなので、借入額が大きくなればなるほど返済をする金額の負担が重くなります。

特に、一括返済に比べてリボ払いの支払いは、支払期間も長くなり利息も増えることから、利用者にとっては負担がどんどん重くなっていくでしょう。

こうした返済負担を考えると、キャッシングしないという選択肢をとることにより、返済の重荷を背負うことはなくなります。

次に挙げられるメリットは、カードの盗難や紛失などによるリスクの軽減です。

キャッシング枠があるクレジットカードは、盗難や紛失などによって第三者が手に入れて悪意をもって利用されると、知らない間に現金を引き出されたり、クレジットカードを利用されたりする危険性があります。このようなリスクを考えると、キャッシング枠が0円になっていることで第三者に不正使用をされる心配はなくなるでしょう。

ほかにも、総量規制に抵触するリスクが抑えられます。キャッシング枠があると気軽に利用してしまい総量規制に抵触してしまうこともあります。しかし、キャッシング枠がゼロならば、この心配は無用です。

キャッシングの借り入れの方法は?

キャッシングの借り入れ方法はいくつかあります。

もっとも身近なところでは、コンビニに設置されたATMを利用することです。使い方は簡単で、カード挿入口にクレジットカードを入れると、画面上にサービス内容が表示されるでしょう。

キャッシングを押すと、出金利用か、あるいは入金利用かを選ぶように画面から指示がありますので、借り入れの場合、出金利用ボタンを押します。

その後に、暗証番号の入力を求められますので、申し込み時に設定した4桁の暗証番号を入力しましょう。暗証番号を入力後、利用可能になると、画面に出金希望金額の表示が出るので金額を入力します。

その後、支払方法が表示されますので、一括支払いまたはリボルビング返済を選択しましょう。

しばらくすると、現金入出金口から出金希望額が出てきます。現金を取り出して、後は明細書を受け取れば手続きは完了です。銀行口座からお金を引き出すのと同じような感覚で簡単に操作できます。

この方法以外にもスーパーなどに設置されたATMや銀行のATMなどでも利用することができます。基本的にコンビニのATMと同じような操作方法になるので、とても簡単です。

キャッシングの返済方法

キャッシングの返済は、クレジットカード申し込み時に設定した銀行や郵便局などの金融機関からの口座引落しが一般的です。

引落しの前日までに必要な金額を口座に入金しておきます。借り入れをした金額は通常、クレジットカードの利用代金と一緒に支払うことになります。

間違えやすいのは、ショッピングのほうばかりに目が行き、キャッシングをしたことを忘れてしまった場合です。

このような場合、クレジットカードの請求金額は口座に入金しているものの、キャッシングの返済分は含まれていない可能性もあります。また、キャッシングを一括払いで利用した場合、通常より引落し額が大きくなりますので、預金残高が不足していないかどうかの注意が必要です。

クレジットカード会社では利用代金を金融機関から口座引き落としする前に必ず利用明細書を送りますので、内容を確認して引落し日の前日までに預金残高を確認しておくと安心です。

キャッシング枠はどんなときに使うべき?

便利に利用できるクレジットカードのキャッシング枠は、緊急で少額だけ借りたい場合に利用するのがもっとも適しています。

給与前など一番金銭に余裕がない時期に急に用立てる必要がある場合や、冠婚葬祭などで急に現金が必要になる場合には、とても便利です。

海外旅行に行った際などに海外でキャッシングがしたい場合にも、海外のATMでキャッシングをすることで現地通貨を手に入れることができます。

多額の現金を持ち歩くとトラブルに巻き込まれるリスクが高まりますので、海外に行く際にはキャッシング枠のあるクレジットカードを持参すると役に立つでしょう。

賢いキャッシングの仕方は、必要な分だけキャッシングすることです。キャッシングは1万円単位なので、例えば5,000円必要だとすると最低でも1万円を引き出すことになるでしょう。

ところが、もう少し多めに2万円というように余分にキャッシングをすると、返済のときに負担がかかってしまいます。キャッシングする金額を計画的に決めて、最低限にとどめるのが賢い利用法です。

キャッシングした後の対策

キャッシングを利用するときにできるだけ支払い負担を軽減するには、支払い期間をできるだけ短くすることです。

例えば、リボルビング払いはやめて一括払いなどでキャッシングすると利息が少なくなります。

キャッシングをした後で経済的に余裕があるときは、繰り上げ返済という方法をとることも可能です。

繰り上げ返済とは、決められた返済日に支払うのとは別に返済する方法のことです。随時返済あるいは臨時返済ともよばれます。

例えば、締め日が月末で、返済日が翌月20日だとすると、通常は20日に指定口座から引落しという流れになります。繰り上げ返済とは、20日まで待たず、5日や15日といった返済日以外の日に返済する方法です。

返済する方法は、口座振込みやATM利用などが一般的です。ATMで返済する場合は、カードを挿入し、入金あるいはお預け入れのボタンを押し、続いて暗証番号を押すと返済方法が表示されます。そこで一括返済、もしくはリボルビング返済を選択し、さらに入金額を指定したうえで入金します。後は領収証をもらったら終わりです。

利息分が確定するのは締め日になりますので、少しでも利息分を減らしたい場合は、締め日前に繰り上げ返済すると、その分の利息が減らせます。

クレジットカード会社によって繰り上げ返済の方法や手順などが異なりますので、繰り上げ返済を利用したい場合には、一度クレジットカード会社に確認するとよいでしょう。

キャッシングの注意点

クレジットカードのキャッシング枠でキャッシングをする場合、締め日によって利息は大きく変わります。

例えば、締め日が27日で、翌月の27日に支払いのクレジットカードで締め日の4月27日にキャッシングをし、一括払いにしたとします。

そうすると、翌月の5月27日にキャッシングの利用金額と30日分の利息が口座から引き落とされるでしょう。

ところが、締め日の翌日の4月28日にキャッシングをすると、支払いは6月27日になるため、キャッシングの利用金額と60日分の利息が口座から引き落とされるのです。

このように、キャッシングをするタイミングで利息が大きく変わってきますので、利用する際には締め日を意識して借り入れをしたほうがよいでしょう。

まとめ

クレジットカードのキャッシング枠は、クレジットカードのショッピング枠に含まれるので、ショッピングの利用額によって限度額が変わってきます。また、金利が一般のカードローンに比べて若干高めに設定されていることに注意しましょう。

しかし、クレジットカードについているキャッシング機能は、緊急で現金が必要なときに、コンビニなどのATMで時間を気にせず簡単に利用できる点がとても便利です。

また、海外旅行に行った際などにも、海外のATMでキャッシングをすると現地通貨を手に入れることができたりと、メリットがたくさんあります。

このように、必要なときに必要な金額のみ借りるなど、上手にキャッシング機能を利用するとよいでしょう。

クレジットカードでキャッシングをする場合は、締め日によって利息が大きく変わりますので、締め日を意識して借り入れるようにします。

そして、利息が大きくならないようにリボルビング払いではなく一括払いにしたり、金銭的に余裕があるときには繰り上げ返済をすると、利息が小さくなるでしょう。限度額を超えてしまうと借り入れができなくなるため、キャッシング枠や返済額を意識して利用することが大切です。

 

合わせて読みたい

    おすすめキャッシング

    レイクALSA

    Webで最短60分のスピード融資が可能

    レイクALSA

    実質年率
    4.5% ~18.0%
    利用限度額
    最大500万円
    審査時間
    最短15秒
    融資スピード
    最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
    フタバ

    他社借入れ4社以内なら申込み可能

    フタバ

    実質年率
    14.959%~17.950%
    利用限度額
    10万円~50万円
    審査時間
    最短即日
    融資スピード
    最短即日融資
    ベルーナノーティス

    専業主婦も申込みできる!

    ベルーナノーティス

    実質年率
    4.5%~18.0%
    利用限度額
    1万円~300万円
    審査時間
    最短30分
    融資スピード
    最短即日

    条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

    すべての条件や種類を見る

    キャッシング最適診断キャッシング最適診断
    難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

    お金の教本について

    当サイトでは、お金を借りるときのルールと、便利な使い方。各種お得なポイントの貯め方などお金に関する知識を幅広く提供していきます。
    いまいち消費者金融の仕組みが分からない。クレジットカードの細かいルールが曖昧など、いろんな悩みを解決していきます。
    今まで知らなかったお得なお金の豊富な知識をみなさんに提供し、キャッシングを便利なサービスとして利用してもらえるお手伝いをいたします。