クレジットカードには有効期限がある!?更新される仕組みを徹底解説

クレジットカードのイメージ写真

みなさんこんにちは、湯銭孝志ゆぜにたかしです!

クレジットカーをお持ちの方の手元に、ある日新しいクレジットカードが届いた経験はありませんか?

それはクレジットカードの有効期限が近付いて自動更新されたからなんですよ。

そもそも、クレジットカードってじつは有効期限があるのです。

「有効期限が近付いたらどうすればいいの?切れるとどうなるの?」

当然クレジットカードの有効期限に関していろんな疑問が出てきますよね。

そこで今回わたしが、クレジットカードの有効期限について徹底的に解説していきます!

クレジットカードには有効期限があります

それではまず、クレジットカードの有効期限について説明していきます。

手持ちのクレジットカードの有効期限はどうなっているのか、さっそく確認していきましょう。

有効期限は表面に特徴的な数字で書いてある

クレジットカードの有効期限は、カードの表面に書いてあります。

位置はこのあたり!

クレジットカード表面の画像

たとえば「09/19」とか数字が書いてありませんか?

これって正直なんて読めばいいのか慣れてないと分かりにくいと思うんです。

クレジットカードの有効期限は基本的にこんな感じの表示なんですが、これは月/年になっているので、この場合の有効期限は2019年の08月末までってことです。

 

先に月、後ろが年って覚えておくといいですよ!

 

有効期限ってじつは一律で決まっていないんです

有効期限が書いてある場所は分かったけど、「そもそもクレジットカードの有効期限っていったいどのくらいなの?」って疑問をお持ちの方も多いでしょう。

クレジットカードの有効期限って、じつははっきり決まっていないんですよ。

 

はじめてクレジットカードを申し込んだ方に対しては、クレジット会社も「まずは有効期限1年ぐらいにしといて様子を見よう」という傾向があります。

 

ただ、なかには最初から「有効期限6年ぐらいにして思いっきり使ってもらおう!」というクレジット会社も存在します。

なので有効期限は実際クレジット会社によって違うと覚えておくといいですよ。

 

ただ、クレジット会社がカードの有効期限を決めるときに大事なのが「信用」です。

クレジット会社が、お客さんをどれだけ信用できるかでクレジットカードの有効期限は決められる傾向があります。

 

クレジットカードを更新したときには、まずは自分のクレジットカードの有効期限がどれくらいなのかを見てみましょう。

有効期限が短かく設定されているなら、あまりクレジット会社から信用されていないということになるかもしれません。

 

クレジットカードの有効期限が切れるとどうなる?

ああそうでした、大事なことをお伝えするのを忘れていました。

手持ちのクレジットカードの有効期限が切れてしまうと、クレジットカードが使えなくなってしまいます。

コンビニやスーパーでお買い物ができなくなるだけではなく、電気代や水道代などの公共料金をクレジットカード払いにしていた場合、その支払いもできなくなるので注意しましょう。

 

ここまでクレジットカードの有効期限についてお話ししてきたので、わかりやすくこの章の内容を表にまとめておきましょうか。

クレジットカード有効期限1章のまとめ

これでみなさんもクレジットカードの有効期限を切らさないように気をつけることができますよね。

でもそもそも、なんでクレジットカードに有効期限があるのか、疑問に思いませんか?

 

そこにはじつはいろいろな理由があるのです。

いったいクレジットカードの有効期限はなぜあるのか、次章ではその疑問を解決していきたいと思います!

 

クレジットカードにはなぜ有効期限があるのか?

クレジットカードに有効期限が設けられている理由は、大きく分けるとこの2種類。

  • 物理的な理由
  • 防犯面の理由

    具体的にどういうことなのか、詳しく見ていきましょう。

    クレジットカード自体の老朽化を防ぐため

    クレジットカードって、だいたいプラスチック素材でできているんですよ。

    だから年月が経てば自然と劣化してきてしまうんですね。

     

    あまりに劣化して傷だらけのカードのままだと、見栄えが悪くなることはもちろん、お店で「クレジットカードが読み取りできません」となってしまうかもしれません。

    なのでクレジットカードに有効期限を設定して、定期的に最新のクレジットカードに交換しましょう、っていうのが理由の一つ。

     

    クレジットカードのセキュリティ対策にも大事?

    もう一つは単刀直入にいうと、クレジットカードのセキュリティ性能を最新版に更新するためです。

    クレジットカードを悪用した犯罪は、不安に思う方も多いでしょうし、みなさんも十分警戒していますよね。

     

    最近増えてきているICチップ付きのクレジットカードなら、指紋や声で本人だと認識してくれる「生体認証システム」を利用したものに進化してきているので、誰かにクレジットカードの情報を盗まれる心配もあまりないでしょう。

     

    しかし、クレジットの機能と同時に犯罪の手口も進化しています!

    今どれだけセキュリティがしっかりしていても、数年先はどうなるか分かりません。

    新たな手口でクレジットが悪用されてしまうかもしれませんし、いつまでも安全とは限らないのです。

     

    なのでクレジットカードを定期的に更新して、常に最新の防犯性能を備えたクレジットカードにするということも、クレジットカードに有効期限が存在する理由なんですね。

     

    ちなみに、クレジットカードのデザインを一新するために有効期限を設けて更新の案内をする、という目的もありますよ!

    クレジットカードのデザインにこだわる人も、一定数いますからね。

     

    常に最新のデザインのカードを使ってもらい、長く愛用してもらいたいとクレジット会社が考えているんです

    さて、なぜクレジットカードに有効期限があるのか分かったところで、次は実際に有効期限が近付いてきたときにどうなるのかを説明していきます。

     

    多分勝手に新しいカードに切り替わっていたという方が多いのではないでしょうか?

    クレジットカードは基本的に自動更新されますが、じつは自動更新されないケースもあるんです!

     

    手持ちのクレジットカードの有効期限が近付いたら自動更新?

    クレジットカードが自動更新されるなら問題ありませんが、もし自動更新されないときにはどんな理由があるのかしっかり確認していきましょう。

    普段からクレジットカードを使っていれば自動更新される

    まずはクレジットカードが自動更新されるケースからお話ししていきましょう。

    普段のお買い物やネットショッピングでクレジットカードを使っているという方は、有効期限が近付いたからといってとくになにも準備する必要はありません。

     

    なぜならクレジットカードの有効期限が切れる1ヶ月くらい前に、自分が契約しているクレジット会社から新しいクレジットカードが郵送で送られてくるからです。

    返済も毎月しっかり行っていて、クレジット会社が「これからもクレジットカードを使っても問題ないでしょう」と判断すれば自動更新されるでしょう。

     

    新しく届いたクレジットカードは有効期限とセキュリティコードが新しくなっているので、届いたら確認しておきましょう!

    セキュリティコードはここに書いてある数字のことです。

    カードの裏のここに書いてある数字です!

    クレジットカードの裏面の画像

     

    自動更新されないのには何か理由がある

    クレジットカードは自動更新されるものだと知っていても、「あれ?クレジットカードの有効期限が近いのになにも知らせが来ないぞ?」という方もいますよね。

     

    もしクレジットカードの有効期限が近付いても自動更新の案内が来ないときは、こんなことが考えられます。

     

    【クレジットカードを数年間まったく使っていないから】

    とりあえずクレジットカードを持っているけどまったく使ってないという方は、クレジット会社も「もう使いませんよね?」と判断してしまう場合があるんです。

    クレジットカードを利用した額が0円に近いなら、有効期限が近付いても自動更新されないでしょう。

     

    ただ1年に1回でも使っていれば、だいたいはクレジット会社はクレジットカードを更新してくれるはずです。

    年会費無料のカードを使っているなら、場合によっては更新されないかもしれませんが。

    なぜなら年会費無料のカードで使用回数が少ないと、クレジット会社も利益がなくなってしまうからです。

     

    継続して使いたい場合は、自分でクレジット会社に連絡して更新手続きをする必要があります。

     

    【クレジットカードの使い方に問題があったから】

    クレジットカードの使い方に問題があると、自動更新がされません。

    単刀直入にいうと、クレジット会社からの信用がないから自動更新の案内が来ないということです。

     

    クレジットカードの返済がいつも遅れる人や、クレジット会社の規約に違反してしまった人は、こちらから更新したいと希望してもクレジット会社に拒否されてしまう恐れがあります。

     

    じつは他人にクレジットカードを使わせたり、引っ越ししたのに住所や電話番号が昔のままになっている人も規約違反になってしまうんですよ……。

    だからクレジットカードの規約は、読むのが面倒かもしれませんが、しっかりよく読んでおきましょう!

     

    クレジットカードの更新をするときは再審査があります

    じつはクレジットカードの更新時にはクレジット会社が再審査を行っている場合が多いんです。

    利用者がどのようにクレジットカードを使っているのかチェックすることを「途上与信とじょうよしん」っていうので覚えておいて損はないですよ!

     

    いつもきちんとクレジットカードの支払いをしているなら、ほぼ審査で引っかかることはないでしょう。

    つまりクレジットカードが自動更新された方は、審査に通過したということなんですね。

     

    しかしクレジットカードの支払いが大幅に遅れてしまったことがある方などは、再審査に落ちる可能性だってあります。

     

    【再審査でも勤務先に電話はくるの?】

    あ、そうそう審査といえば、再審査のときでも勤務先に電話が来るのか疑問をお持ちの方もいますよね?

    結論からいってしまえば、再審査のときでも勤務先に電話で確認することはあまりないです。

     

    なぜならクレジットカードの登録情報って「個人信用情報機関」を見ればすぐにわかるからです。

    個人信用情報機関に登録されている情報は、電話番号の変更や職場の変更情報も更新されていくんですよ。

     

    クレジット会社は個人信用情報機関に登録されている情報と、クレジット会社にある情報を照らし合わせて再審査をしているんです。

    なので本来お客さんからは職場が変わってもなにも連絡する必要はありません。

    ただ、クレジット会社に転職や勤務先が変わったことを連絡するのは規約で決まっています。

     

    だから「ほとんど勤務先に電話こないならめんどくさいし住所変わったことクレジット会社に連絡しなくてもいっか」

    っていうのはダメ!

    クレジット会社には連絡をしよう!

     

    とくに罪に問われるわけではないのですが、長くクレジットカードを愛用したいなら、連絡を入れないことで信用問題に発展してしまうかもしれませんので注意ですよ。

     

    個人信用情報機関がどんなものなのかは、「延滞だけじゃない!ブラックリストに載る理由や調べ方のすべて」 で詳しく解説していきます。

    以上、クレジットカードの自動更新時の再審査についてご説明させていただきました!

     

    ここでチェックしてもらいたいのが、クレジットカードの自動更新のときにかかる手数料です。

    基本的に更新手数料はかからないのですが、ETC機能を搭載しているクレジットカードを使用している方は、500円~1,000円程度更新手数料がかかる場合がありますよ

     

    さて、ここまでクレジットカードの自動更新について説明してきました。

    しかし「クレジットカードを更新したら、クレジットカードを使って毎月払ってるガス代や携帯料金ってどうなるの?」こんな疑問が残る方も多いはず。

    そこで次章からは、クレジットカードの有効期限を更新したら公共料金はどうなるのかを説明していきます。

    クレジットカードの有効期限が来て更新したら、公共料金はどうなるの?

    公共料金の画像

    クレジットカードを使って月々の公共料金の支払いをしている方も多いのでは?

    この章では、クレジットカードの更新をすると月々支払っている公共料金がどうなるのかを説明していきますね。

     

    公共料金は洗い替えサービスで自動更新される場合が多い

    クレジットカードを更新するとき、自動的に新しいカード情報に変更してくれます。

    なので電気代や携帯代を月々クレジットカードで支払っていても、とくに何もする必要はありません。

     

    このクレジット会社が新しい情報に変更してくれるサービスを「洗い替え」っていいます。

    公共料金の支払い先に、クレジット会社が「クレジットカードの有効期限が切れるので新しくなります!」と連絡をしてくれるわけですね。

     

    自分でいちいち支払先に更新の連絡をしなくていいので楽ですよね!

    しかしこの洗い替えサービス。

    残念ながらすべてのクレジット会社で行ってくれるわけではありません。

    あくまでサービスの一つなので、なかには対応できないクレジット会社も存在するんですよ……。

     

    そのため「洗い替えで勝手にクレジットカードが更新されるから大丈夫でしょ!」と安心しきってはダメですよ。

    クレジットカードの更新が近づいたときには、公共料金が引き続き引き落とされるか確認しておくことをおすすめします。

     

    ショッピングサイトに登録されている情報は自分で更新

    Amazon、楽天市場、Yahooショッピングなどで買い物をするときにクレジットカードを利用している方もいますよね?

    こういったショッピングサイトに登録されているクレジットカード情報は、じつは洗い替えサービスの対象外!

    なのでクレジットカードを更新しても自動で切り替わらないんです。

     

    つまり新しいクレジットカードに更新したら、自分で登録情報を変更しなければならないので注意しましょう。

    洗い替えサービスまとめ

    クレジットカードを使うときには有効期限内かどうかはとても大切になってきます。

    有効期限が切り替わる時期を気にしながらクレジットカードを使ってくださいね。

     

    ところで有効期限が切れる前に新しいクレジットカードを申し込もうかなと思っている方はいませんか?

    でも実際どんなカードにしようかなかなか決められないところですよね。

    さっきご説明した通り、クレジットカードは常にセキュリティ性能が高いものを持っておくほうが安心できるはず。

     

    そこで次の章では、セキュリティ機能に優れたクレジットカードをご紹介します!

    クレジットカードの有効期限が近くなったら新しいカードを申し込むのも一つの手段

    クレジットカードを紛失して勝手にカードを使われたり、ネットショッピングなどで個人情報が流出して悪用されるおそれがあるのがクレジットカードの怖いところですよね。

    今回ご紹介するクレジットカードが、どのようなセキュリティ機能を備えているのかを詳しくご紹介していきます。

     

    クレジットカードの有効期限が切れるときがいいきっかけかもしれません。

    よりセキュリティ機能の高いカードに持ち替えてみてはいかがでしょうか。

     

    セキュリティ機能が充実しているクレジットカードは?

    ワンタイムパスワード

    クレジットカードのなかでも、とくにセキュリティー性能が高いものを3つご紹介していきます!

    顔写真付きが選べる「三井住友VISAクラシックカード」

    クレジットカードを悪用した犯罪って、他の人のクレジットカードそのものを盗んだり、盗んだデータを偽造して所有者本人になりすまされるケースが多いです。

    なので、いかにしてクレジットカードのデータを盗まれるのを防ぐかが重要になってきます。

    三井住友VISAクラシックカード」は、なんと顔写真付きのクレジットカードが選べるのが特徴!

     

    暗証番号だけだと、お店の人も本人だと思い込んでしまうかもしれませんよね。

    でも顔写真と実際に利用している人を見比べれば確認しやすくなるんです。

     

    なぜならクレジットカードは、申し込んだ本人しか使えないと決まっているのですから。

    また、24時間365日だれかがクレジットカードを悪用しないか、クレジット会社が監視を行ってくれるので、もし不正利用されても、クレジット会社が監視しているので不正の事実が発見しやすいというメリットも。

    ネットショッピングのセキュリティを強化したいなら「楽天カード」

    Amazonや楽天市場などでネットショッピングをよく利用するという方は、とくに安心してお買い物できるセキュリティ機能が付いています。

    ⇒楽天カードの【公式サイト】

     

    楽天カードの会員専用オンラインサービスの「楽天e-NAVI」で、専用のサービスに登録することが可能。

    その名も「3Dセキュア

    このサービスは、事前に楽天e-NAVIで登録したパスワードを、ネットショッピングで買い物をして決済するときに入力するというものです。

     

    つまり、クレジットカード申し込み時に設定する4桁のパスワードと同時に、もう一つ別のパスワードが使えるようになるというわけです。

    だからクレジットカードのデータがもし盗まれたとしても、「楽天e-NAVI」で登録しているパスワードを知らないと不正利用できないんですよ。

     

    しかも第2パスワードも設定できるので、さらに安心の2重ロック。

    もしクレジットカードを落としてしまって誰かが勝手に使おうとしても、セキュリティ機能がしっかりしていれば安心して利用できるはず!

    ワンタイムパスが使える「セゾンカードインターナショナル」

    セゾンカードインターナショナル」は、さきほどご紹介した「楽天カード」と同じく、インターネットショッピング利用時のセキュリティで役立つ機能があります。

    セゾンカードインタナショナルの場合は、「Netアンサー」に登録すると、本人認証サービスを受けることが可能です。

     

    さらに、セゾンカードインターナショナルのNetアンサーにログインするためのセキュリティもしっかりしています。

    IDとパスワードを入力するだけではなく、Netアンサーにログインするためにさらにもう一つ別の本人認証を求められるのです。

     

    Netアンサーにログインするためには、以下の4つの本人認証が行われます。

    どれも不正利用を防ぐために役立つ機能なんですが、現在ではとくに「ワンタイムパスワード」がセキュリティに効果的と、いろんな本人認証システムで活用されています。

     

    ワンタイムパスワードは、Netアンサーに登録したあなたの携帯のメールアドレスあてに、一度だけ使えるパスワードが送信されるというもの。

    自分だけにしか送信されないので、他の人が悪用する心配もだいぶ少なくなります。

    しかもワンタイムパスワードは、送信されたパスワードが使える有効期限は60分。

    つまり1時間以内に入力しないとTOPページからやり直しになるんです。

     

    クレジットカードのセキュリティがしっかりしているのは、やはり大きなメリットではないでしょうか?

    セキュリティ面を考えるのであれば、手持ちのクレジットカードの有効期限に合わせて新しいカードを申し込んでしまうというのも有効な手段の一つなんです。

     

    「それなら新しいクレジットカードを作ろう!」と、なかには新しいカードを申し込もうと考えている方もいるかもしれませんね。

    ただ一つ注意してもらいたいのが、古いクレジットカードの処分方法です。

    もしかしてクレジットカードをそのままの状態で捨ててないですか?

     

    クレジットカードをそのまま捨ててしまうのは危ないかもしれませんよ!

     

    そこで次章では古いクレジットカードの処分について学んでいきます。

    自動更新したときも、古いカードは残るので一緒に確認していきましょう。

    古いクレジットカードはどうやって自分で処分するの!?

    クレジットカードを更新するとき、古いカードってじつは自分で処理しなければならないんです。

    新しいクレジットカードを申し込んだときもそうですが、具体的に古いカードをどう処分すれば安全なのかをご紹介していきますね!

     

    クレジットカードはそのまま処分すると悪用の可能性が

    クレジットカードを自分で処理するのって意外に大変なんです。

     

    めんどくさいからといって、とりあえずクレジットカードを“そのまま”の状態で処分するのはおすすめできません。

    クレジットカードの裏面には名前も書いてあるので、そのまま捨てたら「誰かに拾われて自分の名前を悪用されるんじゃない?」と不安に思われる方もいるのではないでしょうか。

     

    有効期限が切れているクレジットカードでも、絶対に不正利用されないとは言い切れません。

    クレジットカードの情報が盗み取られて悪用されるケースもありますので、クレジットカードの更新をした後は十分気をつけて処分する必要があります。

     

    古いクレジットカードは細かくして処分しよう

    シュレッダー画像

    クレジットカード1枚には、じつはこんなにたくさんの情報が載っています!

    • 個人の名前
    • 会員番号
    • クレジットカードの有効期限
    • クレジットカードのセキュリティーコード
    • 署名欄(クレジットカードの裏面)
    • 磁気ストライプ
    • ICチップ

    クレジットカードを処分するときは、単純に自分の名前を消せば大丈夫というわけではないんですよ。

    会員番号や有効期限、磁気部分などのことも考えて処分するのが重要!

     

    ハサミ、シュレッダーなどでクレジットカードを細かくしてから処分すると、クレジットカードの情報が悪用されるリスクを回避しやすくなりますよ。

     

    もしそれでも悪用されないか心配な方は、細かくしたクレジットカードを複数に分けて処分するのも有効です。

    まあなかには細かくしたクレジットカードをくっつけて悪用する方も、絶対いないとはいえませんからね。

    まとめ

    いかがでしたか?

    最後にクレジットカードの有効期限に関して大事なポイントを整理して本日はおしまいにしたいと思います!

    この記事のまとめ画像

     

     

     

     

     

    合わせて読みたい

      おすすめキャッシング

      レイクALSA

      Webで最短60分のスピード融資が可能

      レイクALSA

      実質年率
      4.5% ~18.0%
      利用限度額
      最大500万円
      審査時間
      最短15秒
      融資スピード
      最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
      フタバ

      他社借入れ4社以内なら申込み可能

      フタバ

      実質年率
      14.959%~17.950%
      利用限度額
      10万円~50万円
      審査時間
      最短即日
      融資スピード
      最短即日融資
      ベルーナノーティス

      専業主婦も申込みできる!

      ベルーナノーティス

      実質年率
      4.5%~18.0%
      利用限度額
      1万円~300万円
      審査時間
      最短30分
      融資スピード
      最短即日

      条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

      すべての条件や種類を見る

      キャッシング最適診断キャッシング最適診断
      難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

      お金の教本について

      当サイトでは、お金を借りるときのルールと、便利な使い方。各種お得なポイントの貯め方などお金に関する知識を幅広く提供していきます。
      いまいち消費者金融の仕組みが分からない。クレジットカードの細かいルールが曖昧など、いろんな悩みを解決していきます。
      今まで知らなかったお得なお金の豊富な知識をみなさんに提供し、キャッシングを便利なサービスとして利用してもらえるお手伝いをいたします。