お金を借りたい!1時間以内に必要な金額を借りるたった一つの方法

お金を借りるにはさまざまな方法があります。金融機関と契約をしてお金を借りるためには、基本的に審査に通らなければなりません。

審査においては信用情報や返済能力が確認されます。

そのため、状況によっては希望する金額が借りられない場合もあるでしょう。

お金を貸してくれる金融機関としても複数の種類があるので、自分の状況や目的に合わせて、どこから借りるかを選ぶことができます。

お金を借りるときは、返すときのことまで考えたうえで計画的に申込みをすることが大切です。

借り入れを実行すると、利息をつけての返済が始まります。無計画な借り入れでは、利息がかさんで返済ができなくなる恐れもあります。

お金を借りる主な理由とは?

お金を借りる理由としては、さまざまなパターンが想定できます。

理由によっては適した借り入れ方法が異なる場合もあるので、最初にはっきりと意識しておくとよいでしょう。

生活のため

日々の生活のためにお金を借りるという人も、たくさんいます。働けない事情があったり、働いていても十分な収入が得られていなかったりする場合は、お金を借りて不足分をカバーするしかありません。

場合によっては、生活費のほとんどを借り入れで捻出しなければならないケースもあるでしょう。

また、生活に必要なお金としては不定期に必要となる出費、たとえば引越し代や賃貸契約の更新料もあります。

これらの費用を定常的な経費のほかに用意するとなると、ある程度まとまった金額が必要になるので、貯金が無ければ簡単には支払えないですね。

突発的な出来事に対応するため

自分の収入で生計が立てられていても、突発的な出来事によりまとまったお金が必要になって、対応できない場合もあります。

たとえば、急な病気やケガに見舞われれば、治療や入院のために必要なお金が手元にないことも少なくはないでしょう。

そんなときは、お金を借りて費用を準備しなければなりません。また、冠婚葬祭によってお金が必要になる場合もあります。

仮に同僚や友人の結婚式が同じ月に複数回重なったとすると、ご祝儀や交通費など多額のお金が必要になりますね。

そういったときに借り入れでお金を用意すれば、生活費を切り詰めることなく費用を捻出できます。

特別な使い道のため

お金が必要になる理由としては、特別な事情の場合もあります。たとえば、子どもの学費や教育費です。

学費や教育費としては、数年単位でまとまった金額を用意する必要があります。そのため、銀行は、学費や教育費のための専用のローンを作っている場合が多いですね。

さらに、個人事業種などの特別な借り入れとしては、事業資金があげられます。事業資金としては、個人の資産とは大きくかけ離れた金額が必要になる場合が多いですね。

そのため、事業資金の借り入れは、個人を対象とするローンとは別の借り入れ方法を利用する必要があります。

お金を借りる癖を直すには?

お金を借りるのは悪いことではありません。確実に返せる金額を計画的に借りるなら、とても便利なシステムですね。

しかし、お金を借りるときは、借り入れが癖にならないように気をつけるべきです。

「お金が足りなければ借りればよい」と思ってしまっていると、いつの間にか借金が積み重なって毎月の返済が苦しくなってしまう場合もあります。

お金を借りる癖を改善するためには、借り入れしなければならない原因を断ち切ることが必要不可欠だといえるでしょう。

現在の収入で生活費をまかなえないのであれば、収入を増やす努力や工夫をしなければなりません。

お金を借りるのが難しいのはなぜ?

 お金を借りるときは、誰でも借りられるわけではないことを頭に入れておきましょう。

「闇金融対策法」の施行により、お金を貸し付ける業務に対する監視が強化されました。

これにより、貸金業を営む業者が減少し、現存する貸金業者の借り入れに対する審査も厳しくなっています。

そのため、とくに、無職や多重債務など返済が厳しいと判断できる状態の人は、借り入れがしにくい状況になっています。

お金を借りるならいくら必要?

お金を借りるときは、必要最低限の金額だけにとどめるようにしましょう。金融機関から借金をするときは、必ず利息が発生します。

借りる金額が多ければ多いほど利息も増えるので、返済額は大きくなってしまいます。必要以上にお金を借りると返済が大変になるので、状況に合わせて適切な金額を借りるように心掛けることが大切です。

毎回の借り入れは少額だと思っていても、それを繰り返していると借金がふくれ上がってしまう可能性があるので注意しましょう。

【お金を借りる方法1】カードローン

お金の借り方としてはさまざまな方法があります。その中でもカードローンは自由度が高いため、利用しやすい借り入れ方法です。

カードローンとは?

カードローンは、銀行や消費者金融による個人向けの無担保融資のことです。カードローンを利用するには、個人の収入や信用情報などもとにした審査に通過する必要があります。

そのため、無職や低収入などの悪条件を抱えていると契約できない場合もあります。

また、カードローンには限度額が設定されますが、条件によっては希望金額よりも低く設定される場合もあります。

カードローンの利用の仕方は、専用のカードを使ってATMを操作する方法などがあります。

いつでも好きなときに借り入れが可能なので、とても便利ですね。基本的には、事業資金以外であれば利用目的は制限されません。

ただし、その分金利はほかのローンよりも高めに設定されています。銀行と消費者金融を比べると、一般的に銀行のほうがカードローンの金利は低いです。

しかし、その分消費者金融よりも審査が厳しいという側面もあります。借入限度額や金利はカードローンによって異なります。

カードローンの返済方法は、指定した預金口座からの引き落しが基本です。

また、リボルビング払いで毎月少額ずつ返済できます。

しかし、リボルビング払いは利息がふくらむ場合が多いので、手元のお金に余裕ができたら繰り上げ返済も合わせておこなったほうがよいでしょう。

カードローンの申込み方法

カードローンの申込み方法には複数の種類があります。最も簡単なのがインターネットからの手続きです。

銀行と消費者金融のどちらであっても、インターネットから申し込みできる場合がほとんどとなっています。

公式サイトへアクセスすると申し込みフォームがあるので、そこから必要事項を入力すると手続きが可能です。

ほかにも、郵送で書類をやり取りする方法もあります。ただし、同居している家族にカードローンの申し込みについて知られたくない場合は、ほかの方法を利用したほうがよいかもしれません。

また、電話やFAXによる申し込みも可能です。電話の場合は、最終的には郵送またはFAXで書類をやり取りします。

さらに、店頭や自動契約機で申し込む方法もあります。店頭での手続きなら、不安や疑問を直接確認できるので安心です。自動契約機での手続きは、大手の消費者金融であれば利用できる場合があります。

申込みだけでなく、審査やカードの発行まで一気に済ませられるので便利です。

【お金を借りる方法2】クレジットカード

買い物のためにお金を借りたいのであれば、クレジットカードを使うことでも対処できます。

ショッピング枠に加えて、キャッシング枠も設定できることが多いので現金の借り入れも可能です。

借り入れたお金は、買い物に利用したお金の支払いと一緒に返済できるので便利です。

クレジットカードによる借り入れはキャッシング枠

クレジットカードには買い物に使うショッピング枠のほかに、キャッシング枠があります。

クレジットカードによる借り入れとは、このキャッシング枠を利用する方法のことです。

クレジットカードの限度額はショッピング枠と同じ金額になっていて、キャッシング枠はこの範囲内に含まれています。

そのため、キャッシング枠を利用すればその分ショッピング枠が減ります。たとえば、ショッピング枠が50万円、キャッシング枠が20万円だとしましょう。

この場合、限度額はショッピング枠にあたる50万円までです。ショッピング枠とキャッシング枠を足して70万円になるわけではありません。

仮に、キャッシングで5万円を借り入れたとします。すると限度額は45万円に減り、ショッピング枠として利用できる金額も残り45万円となります。

このように、クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠は互いに影響し合っています。

キャッシング枠を使ってお金を借りるには、クレジットカードが提携しているATMを操作します。

キャッシング枠の範囲内であれば、自由に好きな金額を引き出せるので便利です。

また、キャッシング枠で借りたお金は、ショッピング枠の利用分と一緒に指定の口座から引き落としになります。

キャッシング枠をつけるには?

クレジットカードのキャッシング枠を利用するには、申し込みが必要です。

クレジットカードを作る際に合わせてキャッシング枠を設けることもできます。

キャッシング枠を増やしたいときには増額も可能です。ただし、いずれの場合も、申し込み後にクレジットカード会社による審査が実施されます。

もちろん、問題が無ければキャッシング枠を希望通りつけられます。しかし、ほかのカードでの支払いの遅延や滞納があると、カードそのものの利用ができなくなる可能性もあるので要注意です。

【お金を借りる方法3】銀行のローン

  お金を借りる目的が明確に決まっている場合は、銀行が用意している目的別のローンも利用できます。

目的が限定されているローンは、カードローンのようなフリーローンよりも金利が低いのでお得です。

ただ、その分、条件や審査が厳しくなっています。また、借り入れができるのは1回だけなので、借り入れるときに必要額や返済額を綿密に検討する必要があります。

マイカーローン

マイカーローンは、自動車を購入する資金として利用できるローンです。自動車ローンやオートローンとよばれることもあります。

マイカーローンとしてはディーラー提携のローンもありますが、銀行と直接やり取りするマイカーローンのほうが金利は低いです。

さらに、その銀行に口座を有していたり、住宅ローンを組んでいたりすると、銀行のマイカーローンの金利はさらに低くなる場合があります。

ただしその分、審査は厳しい傾向があります。

リフォームローン

リフォームローンは、住んでいる住宅を修繕したりバリアフリー化したりする際に利用できるローンです。

リフォームローンは住宅ローンの一種です。住宅ローンには、ほかにも住宅を建てたり住み替えたりするときに利用できるローンなどもあります。

教育ローン

教育ローンは、子どもの進学のために利用できるローンです。住宅ローンの返済などがあると進学にかかる費用を捻出するのが困難になりやすいですよね。

そんなときに、教育ローンを利用すれば必要な学費をしっかり捻出できます。銀行の教育ローンは、幼稚園から利用できる場合も多いので使う機会も多いでしょう。

公的機関が提供する教育ローンよりも融資額が大きいというメリットもあります。ただし、その分金利は少し高い傾向があります。

トラベルローン

トラベルローンは、旅行に行くための費用としてお金が借りられるローンです。

旅行目的では、カードローンのようなフリーローンを利用することもできます。しかし、トラベルローンを利用すればフリーローンよりも低金利でお金が借りられるのでお得です。

さらに、未成年でも申し込めたり、「スキップ払い」ができたりすることもあります。スキップ払いとは、ローンの返済開始を半年程度後ろ倒しにできる制度です。

たとえば、学生時代の卒業旅行の費用をトラベルローンで調達し、就職して稼いだお金で返済することもできます。

ブライダルローン

ブライダルローンは、結婚式や新婚旅行などに使うお金を借りるためのローンです。

カードローンといったフリーローンを利用するよりも金利が低いのが大きなメリットです。

審査は厳しめですが、ある程度しっかりとした収入があって信用情報に問題が無ければ借りられる可能性は高いでしょう。

【お金を借りる方法4】生活福祉資金貸付制度

 特定の条件に当てはまる場合は、「生活福祉資金貸付制度」を利用できる可能性があります。

具体的には、生活費をどこからも借りられない低所得世帯や、障害者手帳や療養手帳などをもつ人がいる世帯であることが条件です。

仕事に就くのが難しい65歳以上の高齢者世帯も対象となる場合があります。生活福祉資金貸付制度は、都道府県の社会福祉協議会が実施主体となっている制度です。

ただし、問い合わせ窓口は市区町村の社会福祉協議会となります。

生活福祉資金貸付制度を利用すると、総合支援資金や福祉資金といった名目でお金の借り入れが可能です。

実際にいくら借りられるかについては、項目ごとに詳しく定められています。貸付の金利については、連帯保証人を立てられる場合は無利子です。

連帯保証人を立てられない場合は、年利1.5%となります。公の制度ですので、金利が低い、もしくはかからないのが大きな特徴となっています。

【お金を借りる方法5】国の教育ローン

子どもの教育にかかる費用を借り入れるなら、日本政策金融公庫の「教育一般貸付」を利用する方法もあります。

ほかのローンを利用するよりも、有利に借入れできる可能性が高いです。

教育一般貸付とは?

教育一般貸付をおこなっている日本政策金融公庫は、政府の出資により運営されています。そのため、教育一般貸付は「国の教育ローン」ともよばれており、とても借り入れがしやすい制度となっています。

教育一般貸付の年利は固定で1.76%となっており、子ども1人につき最高350万円までの借り入れが可能です。

なお、海外留学の資金とする場合は、条件を満たせば最高450円まで借りられます。

子どもが3人以上いる世帯や年収200万円以下の世帯に対しては、優遇制度もあります。

中学校卒業以上の教育費用として利用できるので、高校や大学進学以外にも予備校や専門学校に通うための費用として利用可能です。

日本学生支援機構の奨学金との併用も可能で、受験前や合格前でも申し込みできます。

なお、授業料だけでなく、在学のための1人暮らしの家賃としても使用できます。

教育一般貸付の利用手続き方法

日本政策公庫の教育一般貸付は、インターネットから24時間いつでも申し込みが可能です。審査結果は10日前後で連絡されます。

審査に通った場合、契約に必要な書類を提出します。契約には、印鑑証明書や学校の合格を確認できる書類のコピーなどが必要です。

必要な書類をもれなく提出すると、10日前後で日本政策金融公庫からの入金があります。

滞りなく手続きを進められれば、申込みから約20日程度で融資が受けられるでしょう。

ただし、合格発表の時期には申込みが集中し、手続きに時間がかかる可能性もあるようです。

合格が確定する前でも申込みはできるので、実際にお金が必要になる2~3カ月前には申し込みをしておいたほうがよいでしょう。

【お金を借りる方法6】生命保険

 生命保険に加入している場合は、「契約者貸付制度」が利用できます。複雑な手続きが必要なわけではないので、いざというときには頼りになります。

生命保険の契約者貸付制度とは?

契約者貸付制度とは、生命保険の「解約返戻金かいやくへんれいきnの一部を借り入れできる制度です。

解約返戻金は、保険を途中で解約する際に払い戻される金額のことです。生命保険では毎月保険料を支払っていますよね。

ただし、解約しても支払った総額が返金されるわけではなく、解約返戻金として計算された金額が返金される仕組みになっています。

そして、生命保険の加入者が支払ったお金は、支払った時点で保険会社のものになっているのです。そのため、解約返戻金の借り入れは、一般的な借り入れと同じように利息が発生します。

とはいえ、カードローンを利用するのに比べれば、解約返戻金の借り入れのほうが金利は低いです。

また、返済の自由度が高いのも魅力だといえるでしょう。返済計画を比較的自由に立てられるので便利です。

なお、借り入れられる限度額は、解約返戻金の70~90%とされている場合が多いようです。

解約者貸付制度を利用するには?

生命保険の解約者貸付制度は、簡単な手続きで利用できます。たとえば、各保険会社のホームページ上から会員ページへログインして申し込む方法があります。

振り込み用の口座を指定すると、後日お金が振り込まれるはずです。ほかにも、電話で音声に従って情報を入力したり、郵送で依頼書を送ったりする方法もあります。

また、保険会社から発行されたカードを使用し、ATMを操作して現金を受け取ることもできます。

借り入れの手順は、ほかの借り入れ方法とほとんど変わらず、とても簡単です。

【お金を借りる方法7】質屋

審査を受けずにお金を借り入れたいなら、質屋を利用するという手もあります。

ほかの借り入れ方法とは違い、担保となる品物が必要です。

質屋なら審査なしで借り入れができる

質屋を利用すれば、与信情報による審査をせずにお金を借りられます。貴金属やブランド品など高価なものを担保とする代わりにお金を借りる方法です。

質屋を利用するためには、必ず店舗へ出向く必要があります。身分確認証と品物を提示すれば、30分程度で借り入れまで完了できます。

査定金額に納得できなければ、契約しなくても問題はありません。実際、質屋での借り入れでは、希望する金額を借り入れできないケースも多いのです。

返済できなくても問題ない

質屋で借り入れをした場合、返済を待ってもらえるのは一般的に3カ月までです。

お金を借りると利息がかかるので、利息分を合わせた金額を返済する必要があります。質屋の利息はカードローン以上に高いため、できるだけ早く返済しなければ借金がふくれ上がってしまいます。

ただし、質屋なら期限までに返済できなくても取り立てにあうことはありません。

その場合、担保として預けた物は戻ってこないので、大切なものを担保にするときは慎重に検討したほうがよいでしょう。

【お金を借りる方法8】警察

 特殊なケースにおいては、警察がお金を貸してくれる場合もあります。警察でお金を借りる制度は「公衆接遇弁償費」といいます。

ただし、限られた条件に当てはまるときしか認められず、借りられる金額も少額です。

警察からお金を借りるための条件

警察からお金を借りるためには、それなりの事情が必要です。「使い過ぎて足りなくなった」という理由では、警察からお金を借りることはできません。

たとえば、外出先で財布を無くし、家に帰るためのお金が無いといった場合は、警察も、この制度を利用してお金を貸してくれます。

ほかには、行方不明者が保護されたとき、病人の保護や交通事故による負傷者を救護するときなどがあげられます。

いずれにしても、公衆接遇弁償費は不測の事態に見舞われた場合のみに認められる制度です。

金額と返済方法

公衆接遇弁償費として借りられるのは、基本的に1000円が上限です。

場合によっては1000円以上が認められる場合もありますが、よほどの事情が無ければ許可は出ないようです。

この金額からも分かるように、やむを得ない事情があるとき以外は警察からお金を借りることはできません。

また、借りたお金は、基本的に直接返しに行く必要があります。

仮にお金を借りた警察署や交番が自宅から遠くて出向くのが難しい場合は、近隣の警察に相談すると返済方法の相談に乗ってくれます。

【お金を借りる方法9】親や親族

お金が無くて困っているときは、親や親族を頼るという方法もあります。事情をしっかり説明すれば、まとまったお金を貸してもらえることも多いでしょう。

また、利子を請求される可能性は低く、明確な期限を設けられないケースもあります。

これほどまでの好条件でお金を貸してくれる人は、親や親族以外にはいません。

そのため、お金を借りるなら、親や親族からお金を借りるのがベストだといえるでしょう。

ただし、お金を借りれば、少なからず相手に迷惑をかけることになります。金額が大きくなればなるほど、親や親族の負担も増えるでしょう

よって、親や親族からお金を借りたら、なるべく早く返済できるよう努力すべきです。誠意のある対応をしなければ、いくら親や親族といっても信頼関係が壊れてしまう恐れもあります。

【お金を借りる方法10】友人

親や親族以外にも、友人ならお金を貸してくれる可能性があります。友人も利子をつけずにお金を貸してくれるケースが多いでしょう。

ただし、返済が遅れたり、当初約束していた金額を返済できなかったりすれば、相手との関係に影響が出る危険があります。

「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉もあるので、十分注意しましょう。また、友人からお金を借りる際は、借用書を書いておいたほうが無難です。

口頭だけでやり取りしていると、金額や返済日について誤解が生じる恐れもあります。

ちょっとした勘違いで相手から返済が滞っていると思われないよう、友人からの借り入れはより慎重におこないましょう。

【お金を借りる方法】勤務先

 勤務している会社に貸付金制度があれば、それを活用することも可能です。

会社が貸付金制度を用意している理由は、社員が緊急でお金を必要とする機会に備えるためです。

たとえば、急な入院や身内の不幸など、予期せずお金が必要になる場面は多々あります。そういった状況を見越して、一種の福利厚生的な制度として貸付金制度を設けています。

金利は金融機関よりもはるかに低く設定されている場合がほとんどです。借りられる金額は、どの会社も10~30万円程度に設定しています。

なお、返済方法は会社によって異なりますが、給料からの天引きが一般的で、ボーナスでの一括払いが可能な場合もあります。

ただし、勤務先の貸付金制度を利用するときは利用目的をはっきり伝える必要があり、手続きが面倒だという難点もあります。

また、お金を借りたことが周囲に知られる可能性もあり、場合によっては肩身の狭い思いをする羽目になるかもしれません。会社の貸付金制度を利用するときは、しっかりと状況を見極めたうえで申し込むべきでしょう。

まとめ

今回はさまざまなお金の借り方をご紹介しました。

みなさんもぜひこれらを参考にしてみてはいかがでしょうか。

最後にお金の借り方方法をまとめて終わりますね。

・カードローン

・クレジットカード

・銀行ローン

・生活福祉資金貸付制度

・国の教育ローン

・生命保険

・質屋

・警察

・親や親族

・友人

・勤務先

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。