1つに絞ってすっきり解決|おまとめローンで計画的に賢く返済!

複数の返済を1つにまとめられて便利な「おまとめローン」ですが、デメリットも理解して賢く使いましょう。

いち早く返済をまとめたいときこそ、一度おまとめローンの情報を整理していきましょう。

おまとめローンのメリット・デメリット

おまとめローンは、お金を借りている側にとってとてもメリットの大きいローンになっています。

金利が低くなる

支払いを待ってもらうための手間賃としての利息は、金利を使って計算しています。

ということは、金利が低いほどあなたがお金を借りている会社に支払う利息は少なくなりますよね。

金利の高い複数の会社に支払いをしているのなら、金利の低い会社のおまとめローンを利用しましょう。

おまとめローンで借りたお金で金利の高い会社への支払いを終わらせ、あなたは金利の低い会社にお金を返していくんです。

月々の支払い額が低くなる

また、月々の支払い額を今までの支払いより低くすることも可能です。

たとえばクレジットカードで買い物をするときに、支払い回数を決められるときがありますよね?

それと同じように、おまとめローンも支払いの回数を決めることができるんです。

おまとめローンを申し込むときに、支払いをちゃんと続けられるように無理のない金額で支払い回数を決めることができます。

月々の支払い金額が低くなる

完済までの総支払金額も少なくなる

金利が低くなることにも関係してきますが、おまとめローンを使うことで完済までの支払総額が少なくなることがあります。

支払う利息が減れば、その分当然総額も少なくなりますよね。

このように、おまとめローンを使って返済をまとめることで借り手側はたくさん得することができます。

しかし、上手におまとめローンを利用しなければメリットが少なくなってしまうこともあります。

審査に落ちることがある

おまとめローンに申込めばすぐにお金を貸してもらえるわけではありません。

カードローンへの申込みやクレジットカードを作るときと同じように審査をしてちゃんとお金を返してくれるかどうかを確認しています。

また、おまとめローンはすでに借りている分のお金を立て替えるためのものなので、カードローンやクレジットカードと比べて審査を丁寧にすることが多いようです。

立て替えたお金が返ってこないと、貸してる側としても困ってしまいますからね。

予想よりも金利が下がっていないことが

おまとめローンでも、もちろん返済に使える金額に上限が設定されています。

これを利用限度額というのですが、利息を求めるときに使う金利は基本的にこの利用限度額合わせて変化するのです。

おまとめローンを使って返していく金額が500万円と100万円では、かかる金利に違いが出てくるということなのです。

金利は金額で変わる

 

もともと借りていた会社の金利が15%だとしたら、500万円でおまとめローンを使うのならお得に使えることになりますが、100万円で使った場合はほとんど変わらない利息で返済を続けることになってしまいます。

おまとめローンを利用するときは、ちゃんと利息を下げることができるかどうかを確認してから申し込むことが大切です。

かえって返済総額が増えてしまう

おまとめローンを利用する最大のメリットは、月々の支払い額をコントロールして無理なく返済することができるようになるということです。

しかし、月々の負担を減らそうとして少ない金額にしすぎると、その分支払い回数が増えて長い間返済を続けることになります。

その分支払わなければならない利息も増えるので、返済総額が増えることになってしまいます。

月々の負担を軽くするのと支払わなければならない総額、2つのバランスを取りながら月々の支払い回数を決めるといいでしょう。

返済をしていく上で便利に使うことができるのがおまとめローンです。

メリットを存分に活かして使うためにも、月々の支払金額と支払い回数は慎重に決めてくださいね。

金利や借入総額はどれだけ変わる!?おまとめローンをシミュレート

これまでお話ししてきたように、複数の会社に支払いを続けるよりも、おまとめローンを使ったほうが金利も低くなるし支払総額も減ることが多くなります。

では実際、どれくらい金額が変わるのでしょうか?

具体的な例を使って、シミュレーションしてみましょう。

おまとめローンで金利が変わると月にこれだけ金額が変わります

まずは利息がどのように計算されているのかをお話ししておく必要がありますね。

利息は以下の計算式で求められます。

(借入れ金額)×(年利)÷365日×30日(1ヶ月)=(1ヶ月の利息)

この計算式に、返済している各会社での借り入れ金額とそれぞれの年利を当てはめていきましょう。

今回は年利18%かかるA社から50万円、年利15%かかるB社から30万円借りている状態で計算していきます。

それぞれの会社に支払う1ヶ月の金利は以下のように求められます。

A社に1ヶ月に支払う利息→50万円×0.18÷365×30=7,397円 B社に1ヶ月に支払う利息→30万円×0.15÷365×30=3,698円

あなたがA社とB社からお金を借りていたとすると、1ヶ月に2社の合計である11,095円の利息を支払っていくんですね。

一方で、A社とB社からの借り入れ分80万円をおまとめローンを使って年利12%のC社にまとめると1ヶ月の利息がどう変化するかというと……?

おまとめローン利用でC社に1ヶ月に支払う利息→80万円×0.12÷365×30=7,890円

C社に支払う1ヶ月の利息は7,890円となり、A社とB社それぞれに支払っていたときと比べると3,205円も1ヶ月にかかる利息が少なくなるんです。

1月分だけを見ると小さい金額に見えるかもしれませんが、1年利息を払い続けるとその差は約38,000円。

これだけ差ができると、やっぱり大きいですよねぇ……。

利息が変わると支払総額もこれだけ変わる!?

では上の例をそのまま使って、それぞれの支払い総額を見ていきましょう。借りた50万円を3年で返していくと、トータルでA社に支払う金額は以下のようになります。

完済までにA社に支払う総額→50万円+7,397円×36ヶ月=766,292円

同様に、30万円を3年がかりでB社に返済していくと支払総額はこんな感じに。

完済までにB社に支払う総額→30万円+3,698円×36ヶ月=433,128円

つまり、A社とB社から借りた状態でいると、総額約120万円近く支払うことになるんです。それがC社のおまとめローンを使って支払いを1社にまとめるとこうなります。

完済までにC社に支払う総額→80万円+7,890円×36ヶ月=1,084,040円

おまとめローンを使うことで支払総額は約108万円ほどまで減り、12万円近く余分に支払わなくてもよくなるのです。

支払いが進んで元の借りていた金額が減るごとに利息の計算をやり直すので、実際はここで計算した金額よりも少なくはなります。

それでもこれだけ違うのは本当に驚きですよね。具体的に数字を使って計算してみると、おまとめローンでどれだけ支払い金額が変わるかが分かりやすいですよね。

使いやすいおすすめおまとめローン

おまとめローンはその使いやすさから、さまざまな金融機関が商品を用意しています。

おまとめローンは大きくわけると3種類

おまとめローンは大きく以下の3つがあるといわれています。

  • 消費者金融のおまとめローン
  • 銀行のおまとめローン専用商品
  • 銀行のフリーローンをおまとめローンとして使う

銀行のフリーローンを支払い先のおまとめ目的で使うこともできますが、審査の結果によってはまとめたい金額分が用意されないこともあるようです。

使い勝手がいいのは、やはりサービスとしておまとめローンが用意されている業者ではないでしょうか。

ということでこの章では、おまとめローンの専用商品についてお話しします。

ではまずは消費者金融が展開しているおまとめローンを見ていきましょう。

消費者金融のおまとめローン

個人にお金を貸してくれる消費者金融もおまとめローンを商品展開しています。

今回プロミス、アコム、アイフルの消費者金融大手3社のおまとめローンについて紹介しますね。

プロミス

三井住友銀行の系列会社である消費者金融のプロミスもおまとめローンを用意しています。

プロミスおまとめローン

融資額

300万円まで

契約額

指定の契約額の範囲内で、プロミスが決定した金額

金利適用方式

単一金利(一度決まった金利は返済終了まで変更なし)

借入利率

6.3%~17.8%(実質年率)

遅延利率

20.0%(実質年率)

返済方式

元利定額返済方式

返済期日

5日、15日、25日、末日のなかから選択可

※三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外の金融機関の口座振込の場合は5日に固定

返済期間・返済回数

最終借入後最長10年、1回~120回まで

※相談のうえ、返済回数を決定

申し込み可能者

年齢20歳以上、65歳以下の安定した収入のある方

資金使途

ほかの貸金業者からの借入返済金に限る

借り換え対象となるローン

消費者金融・クレジットカードなどによる借入(無担保ローン)

※銀行のカードローン、クレジットカードのショッピングは除く

担保・保証人

不要

(2019年9月時点)

表を見ても分かる通り、プロミスのおまとめローンの借り換え対象はあくまでも消費者金融とクレジットカードのキャッシング機能を使った借り入れだけです。

銀行からの借り入れや、クレジットカードのショッピング分はおまとめ対象外になっているので注意してください。

また、プロミスのおまとめローンで採用されている返済方式は元利定額返済方式

毎月の支払い額が一定になっていて、その金額のなかに元金と利息が含まれています。

例えば、元金5,000円、利息5,000円の内訳で合計10,000円毎月支払っていくって感じです。

元利定額方式で気を付けておくことは、支払っていく金額の元金と利息の内訳が最初は利息のほうが高くなっていることです。

支払いが終わりに近づくほど、元金の割合が増えていきます。

なので、最初はなかなか金額が減らなくて不安になるかもしれません。

しかし、コツコツ返済を続けていけば支払い残高が減っていくスピードが上がっていくので安心して支払いを続けてくださいね。

プロミス

アコム

次にご紹介するのはアコムの「貸金業法に基づく借換え専用ローン」です。

貸金業法に基づく借換え専用ローン

貸付金額※円単位/契約極度額

1万円~300万円

貸付利率

実質年率7.7%~18.0%

資金使途

貸金業者債務の借換え

必要書類

運転免許証(交付を受けていない方は個人番号カードや健康保険証等)

※顔写真がない書類の場合は別途書類が必要

※借入総額によっては収入証明書が必要

返済方式

元利均等返済方式

返済期間と返済回数

借入日から最長13年7ヶ月、2~162回まで

遅延損害金(年率)

20.0%

担保・連帯保証人

不要

(2019年9月時点)

アコムの貸金業法に基づく借換え専用ローンは、名前こそ借換えとなっていますが、複数の会社への支払いをまとめるおまとめローンとしても十分活用することができます。

アコムもプロミスと同じように、銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング支払い分はおまとめ対象外になっています。

また、アコムは「元利均等返済方式」という返済方法を使っているので、最初から最後まで一定の額の元金と利息を払い続けることになります。

毎月一定額が支払い残金から引かれていくので分かりやすいのですが、返済期間が長引くほど支払う利息が多くなるというデメリットも。

アコムのおまとめローンでは早めに返済する「繰り上げ返済」を使うこともできますので、なるべく短期間で返済を終えると使いやすいのではないでしょうか。

アイフル

消費者金融が用意しているおまとめローン、最後にご紹介するのはアイフルの「おまとめMAX」です。

アイフルの「おまとめMAX」

貸付対象者

満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方

貸金使途

アイフル及び他社借入金の借換え

貸金利率

3.0%~17.5%(実質年率)

遅延損害金

(賠償額の元本に対する割合)

20.0%(実質年率)

契約限度額又は貸付金額

1万円~800万円

返済方式

元利定額返済方式

各回の返済金額

毎月決められた固定金額(ただし、初回と最終回は異なる場合がある)

返済期間及び返済回数

最長10年(120回)

担保・連帯保証人

担保……不要 連帯保証人……不要

必要書類

原則として、他社借入条件等の確認ができる書類

本人確認書類

源泉徴収票など収入を証明する書類

(2019年9月時点)

おまとめMAXの特徴は、消費者金融のおまとめローンのなかでは金利が低めに設定されている点ではないでしょうか。

金利が低く設定されていれば、支払い額が少なくなりますからありがたいですね。

また、アイフルのおまとめMAXでは銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング支払いについてもおまとめの対象になるところも嬉しい点です。

上手に使って、返済しやすい環境を作ってくださいね。

消費者金融系のおまとめローンの強みは、審査スピードと融資までの速さ。

即日融資ができることもあるので、融資を急いでいるのなら消費者金融のおまとめローンはおすすめです。

銀行のおまとめローン専用商品

銀行のなかにも、複数の借り入れを一本化させるおまとめローンを商品として扱っているところがあります。

東京スター銀行

銀行が展開しているおまとめローンのなかでもとくに知名度が高いのが東京スター銀行の「スターワン乗り換えローン(おまとめローン)」です。

金利が一律12.5%になっており、少ない金額での借り入れを一本化するのに向いているおまとめローンになっています。

逆に支払い金額をまとめたときに大きな金額になる場合は、申し込み時に金利が12.5%より低くなることがないため使わないほうがよいかもしれません。

金額が大きくなると金利が下がるおまとめローンを利用したら、12.5%以下の金利になることがありますからね。

また自営業、パート、アルバイトの方は、返済できるだけの収入があったとしても東京スター銀行ではおまとめローンを組めないので注意が必要です。

スターワン乗り換えローン(おまとめローン)の商品概要をご紹介しますので、おまとめローン選びの参考にしてくださいね。

スターワン乗り換えローン

利用可能者

・申し込み時、満20歳以上、65歳未満の方

・給与所得者の方(正社員・契約社員・派遣社員の方)

・年収200万円以上の方

・保証会社(株式会社東京スター・ビジネス・ファイナンス)の保証が受けられる方

使い道

・申込み本人に対する個人向け無担保ローンの借り換えおよびおまとめ

・対象ローン→銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合、信販会社、カード会社、消費者金融会社等

・初回利用時に、借り換えおよびおまとめに相当する金額を振込

・東京スター銀行の無担保個人向けローンの借り換えは対象外

借入金額

30万円以上1,000万円以下(1万円単位)

※申込み時の借り換え、おまとめ対象ローン残高の範囲内に限る

契約期間

10年

借入利率

年率12.5%

返済方法

原理均等月賦返済

返済日

毎月10日(休業日の場合は翌営業日)

遅延損害金

年率14.6%

担保・保証人

株式会社東京スター・ビジネス・ファイナンスが保証するので不要

手数料

事務取扱手数料、繰上げ返済手数料は不要

その他

店舗または電話で返済の試算が可能

東京スター銀行が契約している指定紛争解決機関

一般社団法人全国銀行協会

連絡先 全国銀行協会相談室

(2019年9月時点)

じぶん銀行

auIDを持っているのであれば、じぶん銀行の「カードローンau限定割 借り換えコース」もあります。

カードローンau限定割 借り換えコース

利用可能者

以下の条件を全て満たしている方

・お申し込み時にauIDに登録してある

・登録するauIDに、利用しているauの携帯電話や固定通信サービスが設定されている

※au携帯電話、ケーブルプラス電話、Smart TVBox、J:COM PHONEプラス、auひかり、auひかりちゅら、au one net(「フレッツ光」コース、「コミュファ光」コース、WiMAXコース)が対象

借入利率

1.7%~12.5%(auユーザーにかぎる)

適用条件

以下の条件をすべて満たすこと

・判定日時点でじぶん銀行でauID登録(状況)が有効となっていること

・借り換えを希望し、じぶん銀行所定の審査結果で借入可能上限額(限度額)が100万円以上になること

・じぶん銀行からの借入金で他社の借入金を返済すること

※他社の借入金が100万円未満でも借り換えコースの対象

返済判定日

毎月末日が判定日

注意事項

・決定した借入利率は審査完了後に個別に連絡

・借入利率は変動利率。金融情勢などで予告なく変更される場合あり

・カードローン申込時に、じぶん銀行に届け出た名義とau契約者名義のカナ氏名が一致していなければ対象外

・カードローンau限定割は、予告なく変更または中止になる場合あり

・判定日時点でじぶん銀行でauID登録(状況)が有効になっていない場合、金利優遇を予告なく中止する場合あり

・主婦、収入が年金のみの方は対象外

・他社借入金の返済が確認できない場合、金利優遇を予告なく中止する場合あり

・審査結果によって、他社の借入契約の解約を依頼する場合あり

・収入証明書の提出が必要な場合あり

(2019年9月時点)

KDDIと三菱UFJ銀行が共同で設立したネット銀行が提供している借り換え、おまとめ専用カードローンがカードローンau限定割借り換えコースです。

auユーザーであれば1.7%~12.5%という低金利でまとめて返済する分のお金を借りることができます。

また、最低返済額を1,000円から設定できるところも大きな魅力ですね。

月々の支払い額を少しでも小さくしたい方にはとても助かるおまとめローンではないでしょうか。

このように、おまとめローンは各金融機関がさまざまな商品プランを展開しています。

自分の経済状況や日々の収入と照らし合わせて、使いやすいプランを選択することが賢く無理なく返済していく近道になりますよ。

実際に手続きをしよう!おまとめローンの借り方

おまとめローンをどれにするか決めたら、実際に申し込み手続きをしましょう。

「複数の会社の借入れを1つにまとめるから、なんだか手続きが難しそうだなぁ……」と思うかもしれませんが、そんなことはありませんよ。

申込みの手順としては3ステップ。

申込手順

もちろん申込み時には申込書類、本人確認書類などが必要になります。

おまとめローンを提供している金融会社によっては、借入先の書類の提出を求められることもありますので、まずはどんな書類が必要なのかをおまとめローンを提供している各会社に事前に確認しておくとスムーズに手続きを進められますよ。

それと、おまとめする金額によっては収入がどれだけあるかを証明する収入証明書の提出も求められます。

大きな金額の支払いを1つの会社にまとめるときは、事前に収入証明書を用意しておいた方がよいでしょう。

どんな書類が収入証明書として認められるのかは、詳しくは下記のリンクで詳しく解説しています。 どこでもらえるかなどの情報も載っていますので是非参考にしてください!
参考記事:「どこでもらえばいいの?収入証明書に関する知識を基礎から教えます

借入金額は2種類の方法で支払われます

申込をして審査に通ったら、おまとめローンを組んだ会社から借りたお金が銀行口座へ振り込まれます。

普通のカードローンなら借りたあなたの口座に必要な金額が振り込まれるだけなのですが、おまとめローンはあなたが借りていた金融業者の口座に直接振り込みを代行してくれるところもあります。

「自分の口座に振り込まれると、これまで借りていた金融業者へ支払いをしに行くのを忘れそう……」という方でも、安心しておまとめローンを利用することができますね。

しかし、おまとめローンを選ぶとき、使うときには気を付けておいて欲しいことがたくさんあります。

おまとめローンを借りる上で知っておきたいこと

おまとめローンは借りる人にとってとてもメリットの大きいローンです。しかし、使い方や選び方を間違えるとせっかくのメリットを受けられずにただただ返済を続けることになってしまうかも……。

そうならないためにも、以下のことに気を付けておまとめローンを利用しましょう。

自分の返済能力を見極めて、お得なおまとめローンの選択を

おまとめローンを利用する最大の理由が、複数の会社から借入をしていて複雑になってしまっている返済方法をすっきりさせることです。

返済方法を分かりやすくして、無理のない金額でコツコツ返していけるようにするためにおまとめローンがあります。

返済は遅れることなく期日までにしよう

せっかくおまとめローンで返済先を1社にまとめて支払いやすくしたとしても、返済が遅れてしまっては元も子もありません。

返済が遅れてしまうと利息ではなく遅延損害金という賠償金が請求されるようになり、利息よりも高い金額を支払わなくてはならなくなってしまいます。

決められた日に、決められた金額を返していくようにしましょう。

遅延損害金については下記のリンクの記事で詳しく解説しています。 是非参考にしてみてください。

参考記事:「返済が遅れたらペナルティー発生!?遅延損害金の仕組みをチェック!

おまとめローンを完済するまでは、他の借り入れは禁物

またおまとめローンを使うと安心するのか、「おまとめローンを使って支払う利息が少なくなったから、またほかのところからお金借りよう」と考えて新たに借り入れをしてしまう方がいます。

せっかくおまとめローンを使って返済先を1つにまとめたのに、新たな借入先を増やしてしまってはおまとめローンを使った意味がなくなってしまいますよね。

おまとめローンは、クレジットカードの支払い分もまとめられます

ここからは注意事項というよりは、おまとめローンに関する豆知識的な情報です。

おまとめローンは借りたお金の返済をまとめるものというイメージがありますが、クレジットカードを使って買い物をしたときの分割払いやリボ払いも対象になっている商品があります。

とくにリボ払いを使って買い物をしていると、毎月どれだけクレジットカード会社に支払っていけばいいのか分かりづらくなってしまうものです。

リボ払いの詳しい解説は下記のリンクで説明しています。 こちらも合わせて読んでみてください。

参考記事:「気付いたらリボ払いで借金地獄!?抜け出すためのリボ払い攻略法!!

「クレジットカードで買い物しすぎて、返済がどれ位残ってるのか分からない……」なんて状態になってしまったのなら、おまとめローンに支払い先を切り替えるのも1つの手かもしれません。

おまとめローンを使えば、信用情報に傷が付かない

複数の金融業者からお金を借りたり、クレジットカードで買い物をしたり……そうして膨れ上がった返済が遅れてしまったことってありませんか?

借りたお金の返済が遅れると、個人信用機関に乗っているあなたのクレジットカードやカードローンの使用履歴などの信用情報に傷が付くことになります。

個人信用機関や使用履歴などの信用情報については下記の記事でも解説しています。
参考記事:「延滞だけじゃない!ブラックリストに載る理由や調べ方のすべて

しかし、おまとめローンに切り替えて遅れることなく支払いを続ければ、信用情報に傷が付くことがないのです。

おまとめローンは新規借り入れと見なされるので、普通に延滞もなくカードローンを利用しているという認識を個人信用機関はしてくれるんですよ。

まとめ

その特徴や使い方をしっかりと理解していれば、借り手の強い味方になってくれるのがおまとめローンです。

おまとめローンが便利って聞いたからといって、やみくもに契約してしまうと、これまで支払っていた金額とほとんど変わらないまま払い続けることにもなりかねません。

しかも、おまとめローンを利用したことに安心して新たな借り入れをしたらまた支払うお金が増えることの繋がってしまいます。

大切なのは、借りたお金をすべてきちんと返し終えることです。

借りたお金はおまとめローンを上手に利用して、計画的に無理なく返済していきましょう!

関連記事|TRYフィナンシャルサービスの申込み|これだけは知っておくべき正規業者を見極める方法!

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。