返済が遅れたらペナルティー発生!?遅延損害金の仕組みをチェック!

「キャッシングで借りたお金の返済が遅れてしまった」

自分の不注意で返済日が遅れてしまったとき、遅延損害金を請求された方もいますよね。また、カードローンやクレジットの利用を考えているのなら、遅延損害金の知識をしっかり身に付けておく必要があります。

そこで今回は、遅延損害金について一から詳しく解説していきます。自分の不注意で遅延損害金を請求されないためにも、どういうときに遅延損害金が発生するのか?

そしていくらかかるのかを知っておきましょう。

返済期日には要注意!支払いが遅れると遅延損害金がかかります

遅延損害金について知るために、まずは基本的な用語から覚えていきましょう。

遅延損害金とは

遅延損害金とは簡単にいうと「返済が遅れたら支払う賠償金」のことです。

遅延損害金は別の呼び方として「遅延利息」や「延滞利息」とも呼びます。

というのも、消費者金融や金融機関などの金融業者は、ボランティアでお金を貸してくれているわけではありません。

お店の生業としてお金を貸してくれているので、予定通りの返済日にお金が返ってこないと、業者は利益がなくなってしまいます。

ですので、返済が遅れて迷惑をかけてしまった場合、金融業者に賠償金を支払わなくてはならないわけですよ。

それが遅延損害金です。

遅延損害金と似た意味で受け止められがちなのが、お金を借りるときに支払う通常の利息です。

まずは普通の利息と遅延損害金用の利息の違いについて説明していきましょうか。

遅延損害金は普通の利息とは違う?

私たちがお金を借りる場合、必ず借りたお金プラス利息を上乗せして返済します。

利息は簡単にいうと「お金を貸してもらう手間賃」のようなものです。

お金を借りたときに支払う利息は、借りたお金(元金)×利率(いくら手間賃として支払うかの割合)で求めることができます。

しかし、返済が遅れてしまうと借りていたときに支払う利息ではなく「返済が遅れてしまったら賠償金」を支払わなければなりません。

遅延損害金が発生した場合、支払う金額は返済が残っているお金(残積)×遅延損害金の利率で計算することになります。

そこで注目したいのが、利率は変化するということです!

じつは、返済が遅れてしまった場合、ほとんどのケースで遅延損害金用の利率になってしまうんですよ。

また、遅延損害金の利率は返済が遅れた翌日から適応されます。

わかりやすく図にまとめてみました。

通常の利率から遅延損害金の利率に変わっていく

こんな風に遅延損害金が発生するとかかる利息が変わっていきます。

「両方払うことはあるの?!」と驚かれた方は安心してくださいね。

遅延損害金と通常の利息が同時に発生することはありませんから。

ちなみに、利息や年率についてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事に計算方法などが詳しく乗っているので参考にしてみてください。

⇒参考記事:「利息はどう計算する?年率ってなに?気になる疑問をすべて解決!」

返済が遅れてしまったこちらが悪いとはいえ、余分な出費は避けたいですよね……。

さて、遅延損害金は返済が遅れた場合に支払う賠償金であるというのがわかっていただけたと思います。

ただ、やはり気になるのは具体的に支払っていかなければいけない金額ですよね。

次の章では具体的な金額を求める計算式や、計算に使う利率などの話を深く掘り下げていきます

遅延損害金の金額を知るには利率が必要!?

ここからは賠償金である遅延損害金がいくらになるか?どうやって計算すればよいかを詳しく解説していきますね!

遅延損害金は専用の利率を使って計算します

遅延損害金は先ほど少し触れましたが、返済が残っているお金×遅延損害金の利率でもとめることができます。

この式に借りていた日数などをかけていきます。具体的に式があった方がわかりやすいので式にしてみますね。

遅延損害金の計算の仕方をまとめたもの

うっかりミスや予定がずれて1日2日遅れて返済することはあるかもしれません。

その場合にはさほど痛くない出費ですが、先の例のまま30日、60日延滞となるとどんどん遅延損害金は膨れ上がっていきます。

例えばこんな感じに。

54円×30日(1ヶ月の日にち)=1,620円

54円×60日(2ヶ月)=3,240円

このように遅延損害金は、返済が遅れれば遅れるほど増えていきます。

当然ですが、返済が遅れれば金融業者からあまりよくは思われません。

「この人はお金にルーズで次に貸してもちゃんと返してくれないかも…」と判断されれば新しい借り入れができなくなることもあります。

きちんと遅延損害金と返済金を合わせて支払えば、遅延利息は解除され次の返済から通常の利息に戻ります。

なので、できるだけ早く返しましょうね。

利率には法定利率と約定利率がある

遅延損害金の金額を計算するときには利率を使います。

ただ、その利率には法定利率約定利率があるのはご存知ですか?

法定利率というのは「法律で決められている利率」のことです。

約定利率というのは「当事者間の契約によってきめられる利率」です。

例えば、知人にお金を借りたとします。

事前に支払いが遅れたときにどうするかを決めずに貸し借りを行うと、後々トラブルになって解決が難しくなることがあるのです。

お金を借りた後に利息やらいわれても、納得できず問題はこじれてしまいます。ここで法定利率が登場します。

本来なら当事者同士で先に利率を決めてからお金の貸し借りを行うのがいいのですが、

利率を決めておらずトラブルになった場合には、法定利率で定められた利率を使って問題を解決する、というわけです。

図にして分かりやすくしてみましょう。

もしも借りる前に利率が決まっていなかったら問題が起きやすい

 

法定利率は以下のように定められています。

  • 個人間の取引であれば民法で年率5%まで
  • 事業者間の取引であれば商法で年率6%まで
  • 事業者と個人間の取引であれば商法で年率6%まで

当事者同士で、遅延損害金についての取り決めがされていない場合は、法定利率が使われると覚えておきましょう。

金融業者でお金を借りるときに使われるのは約定利率

さきに述べた通り、約定利率とは当事者間の契約に基づいて発生する利息のことです。基本的には利率などのお金の話は国が介入する話ではなく、当事者間の合意や話し合いによって決めることが基本です。

ですので、金融業者からお金を借りる場合には、基本的には約定利率が使われます。約定利率は通常の利率だけではなく遅延損害金の利率とも関係するものです。

例えば、通常の利率が15%や18%でお金を貸している金融業者からお金を借りていたとします。

その場合、遅延損害金が法定利率のままだと「延滞してお金を返した方が得」になってしまいます。

遅延損害金は「延滞してしまった賠償金」だけではなくお金を延滞してしまったペナルティーの意味もあります。

延滞を防ぐためにも、約定利率で通常の利率より高く設定しなければ抑止力にならないというわけです。そのため通常の利息より高く設定されていることがほとんどです。

遅延損害金を計算するときに使う利率は、基本的にお金の貸し借りをする当人同士で話し合い、どうしても問題が解決しそうにない時は法定利率で決める、というのが国の考え方のようですね。

ただし、いくら当事者同士で決められるとはいえ、無限に損害金を要求されてはたまったものではありませんよね。なので、約定利率には上限があるんです。詳しくは次の章で見ていきましょう。

遅延損害金をどうしても返さなくてはいけないというときは、キャッシングサービスを利用するのも有効な手段かもしれません。

計算に必要な利率には上限があります

法律的な遅延損害金にまつわる利率の話が分かっていただけたかと思います。

次からは約定利率の上限が決められている法律の話や上限を超えたらどうなるか?などをお話していきますね。

約定利率の上限は20%

借金の利息の請求の仕方には、1つの法律が関係してきます。それが利息制限法です。

利息制限法では、お金の貸し借りにおいて利息や遅延損害金の利率を一定に制限しています。通常お金の貸し借りは貸す側のほうが貸してもらう側より強い立場になりがちです。

お金を貸してもらうときに貸す側が高額な利息を要求してきても、貸してもらう側は強く意見がいえず利息を支払ってしまうかもしれません。

しかし、法律で「利息の上限はここまでです!」と決まっていれば安心して貸し借りの話し合いができますね。

利息制限法とは、弱い立場になりがちな借り手を守るためにできた法律でもあります。

利息制限法によれば、利息の制限は以下のように決められています。

  • 10万円未満の場合20%
  • 10万円から100万未満の場合は18%
  • 100万円以上の場合は15%

遅延損害金の上限は利率の制限の1.46倍と法律で規制されています。例えば9万円を借りて利率が20%だった場合、20%×1.46=29.2%となります。

しかし、出資法の改正に合わせた2010年の利息制限法の改定で、遅延損害金の利率自体の上限が20%までと決められました。

利息の利率が20%を超えていても、遅延損害金は最大20%までしか請求できなくなったのです。

ちょっとややこしいのですが、「2010年以降のキャッシングや借入については20%を超える金利は、業者側は請求できない」と覚えておいてください。

色々な用語が出てきてややこしいので分かりやすく法定利率と約定利率、利息制限法をまとめた図を作ってみました。

利息制限法の15~20%の範囲で利息は自由に決めていい

もしも上限を超えると、取り立て分は無効になる

では、先ほどから法定利率は20%といわれていますが、もしも20%を超えて支払ったらどうなるのでしょうか?

その場合払いすぎている過払い金は無効となります。また、年率20%を超える遅延損害金を設定していた金融業者は刑事罰の対象になります。

もしも、自分で計算してみて払いすぎていると気づいた場合、もしくは業者から請求されすぎている場合には一度遅延金の支払いを見直してみましょう.

さて、次の章では金融業者が実際にどれくらいの金利なのか?具体的な金融業者の名前を挙げて上限の金利を見ていきましょう!

各金融業者の利率の上限を徹底比較

ここで実際に色々な金融業者が遅延損害金の金利設定がどうなっているか見てみましょう。合わせて通常のカードローンの利息も紹介しているので参考にしてみてください。

カードローンの種類金融業者名遅延損害金の利率通常の利率
銀行系カードローン

みずほ銀行

カードローン

19.9%2.0~14.0%

りそな銀行

クイックカードローン

14.0%9.0~12.475%

三井住友銀行

カードローン

19.94%4.0~14.5%

三菱UFJ銀行 

バンクイック

借りるときの利率が

遅延損害金の利率になる

1.8%~14.6%

楽天銀行

カードローン

年19.9%1.9%~14.5%
消費者金融アコム20%3.0~18.0%
プロミス20%4.5~17.8%
SMBCモビット20%3.0~18.0%
レイク20%4.5%~18.0%
アイフル20%3.0%~18.0%

(2018年6月時点での情報)

色々並べてみましたが、大体18%~20%の所が多いようですね。遅延が発生すると、問題のある利用者として信用情報に傷がつきます。

いわゆるブラックリストに載ってしまう恐れがあるということです。

また、多くの金融機関で遅延損害金が発生すると新たな借り入れができなくなると明記されているようです。遅延損害金を払えば支払いが遅れてもいいんだ!というわけではないので注意してくださいね。

まとめ

遅延損害金についてわかっていただけたでしょうか?最後に今回の内容をまとめるとこんな感じです。

  • 借金には普通の利息と遅延損害金の利息がある
  • 遅延損害金の利息の上限は20%

遅延損害金は賠償金なのであまり払いたいものではありませんね……。支払いのスケジュールがどうなっているか事前にチェックしましょう。

できるだけ返済が滞らないように気を付けて万が一発生した場合には払いすぎに注意しましょうね。

 

合わせて読みたい

    おすすめキャッシング

    レイクALSA

    Webで最短60分のスピード融資が可能

    レイクALSA

    実質年率
    4.5% ~18.0%
    利用限度額
    最大500万円
    審査時間
    最短15秒
    融資スピード
    最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
    フタバ

    他社借入れ4社以内なら申込み可能

    フタバ

    実質年率
    14.959%~17.950%
    利用限度額
    10万円~50万円
    審査時間
    最短即日
    融資スピード
    最短即日融資
    ベルーナノーティス

    専業主婦も申込みできる!

    ベルーナノーティス

    実質年率
    4.5%~18.0%
    利用限度額
    1万円~300万円
    審査時間
    最短30分
    融資スピード
    最短即日

    条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

    すべての条件や種類を見る

    キャッシング最適診断キャッシング最適診断
    難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

    お金の教本について

    当サイトでは、お金を借りるときのルールと、便利な使い方。各種お得なポイントの貯め方などお金に関する知識を幅広く提供していきます。
    いまいち消費者金融の仕組みが分からない。クレジットカードの細かいルールが曖昧など、いろんな悩みを解決していきます。
    今まで知らなかったお得なお金の豊富な知識をみなさんに提供し、キャッシングを便利なサービスとして利用してもらえるお手伝いをいたします。