追加で作れる便利なカード!家族カードでお得にポイントを貯めよう!

家族カードアイキャッチ

買い物や海外旅行など、どんなときでも便利に使えるクレジットカード。そんなクレジットカードには、専業主婦や学生などの方でも利用できる家族カードがあるんです。

この記事では、家族カードについて、メリットから作り方、注意点などを詳しくご紹介します。

家族カードを追加すると、支払口座の管理やポイントなどが貯まります。またこの記事を読んだ後には、家族カードの良さをより深くわかるようになりますよ。

クレジットカードが手元にあれば作れる家族カードについて

家族カードというのは、クレジットカードを作った人の家族が持てる追加カードのことです。

 

家族カード

 

家族カードを作れる人は次の通り。

  • クレジットカードの持ち主の夫または妻
  • クレジットカードの持ち主の両親
  • クレジットカードの持ち主の18歳以上の子ども(高校生を除く)

いろいろなカード会社がクレジットカードを発行していますが、ほとんどがこの対象者に家族カードを発行しています。

もちろん家族カードを作るときには、元のクレジットカードと同じよう審査が行われる場合があります。

ただ、あくまでも家族カードは元のクレジットカードの追加カードなので、審査に通過することが難しいわけではありません。

また利用している元のクレジットカードが三井住友銀行の場合は、基本的に審査なしで家族カードを作ることが可能です。

家族カードを作るときの審査は主に、元のクレジットカードの持ち主とちゃんと家族関係にあるのかどうかってところを見ています。

なので、家族カードは比較的作りやすいといわれているんですよ。

それでも元のクレジットカードの持ち主の支払いが遅れていたり、あなた自身が過去にカード会社とトラブルを起こしていたら家族カードの審査に落ちることも考えられるのでご注意を。

ああでも審査に通って家族カードを持てることになっても、年会費が元のカードと別にかかるなら持つのをためらってしまうかもしれませんよね。

家族カードにかかる年会費は、無料かもしくは元のクレジットカードの年会費より安くなっていることが多いです。

家族カードはあくまでも追加カードなので、カード会社もそこまで年会費を要求することはないのでしょう。家族カードの年会費が抑えられているのは家族カードの仕組みが関わってきているのですが。

家族カードの仕組みについては後程詳しくお話しさせていただきます。

そうそう、家族カードは元のクレジットカードがあれば1枚だけでなく、2枚、3枚と作れるのも特徴です。

作れる枚数は元のクレジットカードによって違うので確認が必要ですが、お父さんが元のクレジットカードを持ってお母さんと子どもが家族カードを1枚ずつ持つ、なんてこともできますよ!

家族カードの特徴についていろいろ紹介したので、いったん表にまとめておきますね。

 

家族カードとはこういうもの

 

クレジットカードを作るときの審査が難しくなくて、年会費が安くて、複数枚作れる……えっ、家族カードってすごく便利じゃないですかっ!

そうなんですよ、家族カードを持つと生活のなかですごくクレジットカードが使いやすくなるんですよね。

ただ、家族カードには1つ注意しておいてほしいことが……。

買い物などを家族カードでするときには、使える金額が元のクレジットカードの利用限度額までということになっているんですよ。

家族カードの限度額はどうなってるの?使い方をシミュレーションで徹底解説!

先ほどから何度も利用限度額という言葉を出していますが、何のことだかわからない方もいるかもしれませんね。

クレジットカードの利用限度額とは、クレジットカード会社が「あなたはこのカードでこの金額までは使えますよ」と決めた金額のことを指しています。

クレジットカードは無限に使えるものではないんです。

クレジットカードの追加カードである家族カードにも、もちろん利用限度額があります。

ただし、家族カードとして別の利用限度額がカード会社から用意されているわけではありません。

家族カードの利用限度額は、元のクレジットカードに設定されている利用限度額に含まれているんです。

「え?それってどういうこと?」と思いますよね。

分かりやすく具体例を出して見ていきましょうか。

元のクレジットカードと家族カードの限度額をシミュレーションで解説

例えば、元のクレジットカードにはカード会社から100万円の利用限度額が設定されているとします。

元のクレジットカードの持ち主は、100万円までのなかでクレジットカードに付いているショッピング機能を使って買い物したり、キャッシング機能を使ってお金を借りたりしているんですね。

家族カードを作ると、元のクレジットカードの持ち主と家族カードを作った人とで利用限度額100万円を分けあって使っていく形になります。

父親が元のクレジットカードを、子どもが家族カードを作った場合、利用限度額100万円を父親と子どもとで共有していくってことです。

子どもが家族カードで20万使ったら、父親と子どもで残り80万円を使っていく、という感じです。

図にした方が分かりやすいと思うので、図にしてみますね。

 

家族カードの利用限度額

 

簡単にいうと、1つの利用限度額を家族みんなで使っているってことですね。

なので、家族のなかの誰かが使いすぎるとあっという間に利用限度額を超えてしまってクレジットカードが使えない状態になってしまいます。

家族カードを使うときには、利用限度額に注意しながら使うようにしましょう。

クレジットカードのなかには、元のクレジットカードの利用限度額の範囲内で家族カードごとに利用金額の上限を決めておくことができるものもありますよ。

「母親は100万円のうち20万円まで、子どもは10万円かな」みたいな感じで決めておけるので、安心ですね。

へぇ~!クレジットカードに使える金額が決められてることもびっくりですけど、家族カードで使える金額が元のクレジットカードのなかに含まれてるのはもっとびっくりしました!

家族カードはあくまでも元のクレジットカードの『おまけのカード』なんですよね。

だから利用限度額も同じものを分けあうことになるんです。

それなら、家族カード自体にはあんまりメリットがないってことじゃ……。

そんなことはありませんよ!

すでにお話ししましたが、家族カードは年会費が格安ですし、大人数で持てるように複数枚作ることもできますから。

ほかにも家族カードにはたくさんのメリットがあるんですよ!

家族カードって本当に便利なの?家族カードのメリットを紹介

家族カードは元のクレジットカードの利用限度額を分けあって使うことになります。

家族カードは元のクレジットカードと同等のサービスが受けられる

クレジットカードを現金がないときに買い物をしたりお金を借りたりすることだけに使っていてはもったいないですよ!

クレジットカードには商品券が買えたり、旅行のときに使える保険があったりとさまざまなサービスが付いていてお得なんです。

そして、家族カードでも元のクレジットカードに付いているサービスを同じように使うことができます。

クレジットカードにはランクがあるんですが、とくに元のカードがゴールドカードやプラチナカードなどの上の方のランクの場合は質の高いサービスを家族カードでも受けられますよ。

ゴールドカードやプラチナカードは持つことが難しいカードともいわれています。

家族カードでも同等のサービスを受けられるというのは嬉しいですよね。

元のクレジットカードと同じようにポイントが貯められる

「家族カードって追加カードなんだよね?それじゃあポイントを貯めることってできないんじゃ……」なんて疑問に思ったりしませんか?

ポイントを貯められるのがクレジットカードを使う大きな魅力の1つですから、家族カードでもポイントを貯めたいという気持ちも分かります。

追加カードとして発行される家族カードですが、使った分だけちゃんとポイントを貯められますよ!

ただし、家族カード分のポイントは元のクレジットカードの利用分のポイントと一緒になって貯まることだけ覚えておいてくださいね。

利用している元のクレジットカード会社にもよりますが、ポイントは各カードに貯まり、商品やクッズ、現金交換などができます。

支払い口座が一括でお金の管理がしやすい!

家族カードで使った分も、もちろん支払いをしていくことになります。

ここで気になるのが家族カードの支払い方法。

じつは家族カード分の支払いは、元のクレジットカードで指定している支払い口座から一緒に引き落とされます。

それぞれのカードで別々にお金が引き落とされると、支払う合計金額がって分かりにくくなってしまうおそれがありますよね。

支払い口座がまとまっていると、口座のなかにどれだけお金が残っているかが分かりやすいので、お金の管理が楽なんです。

思っていたよりも家族カードを作るメリットって多いんですね!

わたしの父親ゴールドカード持ってるんですけど、家族カードを作ればゴールドカードと同じサービスが受けられるってことなんだ……それってすっごいかも!

じつは家族カードは元のクレジットカードのランクが高いほど作るメリットが多くなります。

ゴールドカード以上のランクのクレジットカードを家族の誰かが持っていたら、ぜひ家族カードを作ってみてください。

ああ、でも家族カードには確かにたくさんのメリットがありますが、使う上で注意しておきたいことがいくつかあります。

どんなことに注意したらいいのか見ていきましょう。

家族カードを使う時にはここを注意しよう!家族カードの注意点

クレジットカードの追加カードである家族カードは、元のクレジットカードと同様のサービスが受けられるなどお得に使えるカードです。

しかし、どんなに便利なカードだとしてもやはり使っていく上での注意点はあるものなんですよ……。

利用明細がまとめられているので、使用履歴が家族に筒抜けに!!

家族カードで使った分の支払いは元のクレジットカードと一緒に引き落とされます。

つまり、利用明細が元のクレジットカードの分とまとめられているんです。

なので、どんなものを買ったのか、家族カードの使用履歴が家族に全部分かってしまいます。

「何を買ったのか、バレたくないよ……」という人には、家族カードは向かないかもしれません。

カードを増やしても名義の違うカードは使えない

家族カードは、元のクレジットカードが1つあれば複数枚家族カードを作ることができます。

しかし、いくらたくさん家族カードを作れるといっても、家族間で使い回してはダメですよ!

クレジットカードは、カードにサインを書いた人しか使うことはできませんから。

元のクレジットカードも家族カードも、自分がサインを書いたカードだけを使うようにしてくださいね。

でないと、クレジットカード会社が用意している規約を破ることになりますよ。

詳しくは参考記事でお話ししているので、読んでみてください。

関連記事:証明?確認?クレジットカードのサインの大切さと書き方を徹底解説!

クレヒスが作れない

クレジットカードは作った瞬間から使用履歴が「個人信用情報機関」というところに登録されるんです。

「個人信用情報機関」に登録された情報をクレジットヒストリー(略してクレヒス)というんですが、じつは家族カードはクレヒスが作れません。

家族カードはあくまでも元のクレジットカードの追加カード、あなたがクレジットカードを作ったという判断はされないんです。

クレヒスを作っておきたいのなら、あなた名義のクレジットカードを作りましょう。

家族カードって使い勝手のいい便利なカードだけど、やっぱりネックになっちゃうところもあるってことなんですね……。

どんなカードでも、いいところもあれば悪いところもありますから。

大切なのは、元のクレジットカードであっても家族カードであっても、希望にあったカードを選んで計画的に使うことなんです。

はいっ、分かりました!

わたしの場合は父親がゴールドカード持ってるし、自分でクレジットカードを作る前に一度家族カードを使ってみようかなぁ……。

湯銭さん、実際に家族カードに申し込むときはどうしたらいいんですか?

では実際に家族カードを作るときの方法を見ていきましょうか。

あ、その前に、家族カードのメリットや注意点についてたくさん紹介したのでまとめておきますね。

 

家族カードを持つメリット・デメリット

 

実際に家族カードを作ってみよう!家族カードの作り方

では実際に家族カードを作る時の申し込み方法について説明します。

家族カードを作るタイミングは2回。

  • 元のクレジットカードを作る時に同時に申し込む
  • 元のクレジットカードをしばらく使ってから後から追加で申込む

家族カードはこのどちらかのタイミングで作ることができます。

同時に申し込むときはクレジットカードの申し込み用紙やWebページに家族カードを使う人の個人情報を記入・入力したらOK

元のクレジットカードを作るときに一緒に家族カード分の審査もしてくれますよ。

家族カードを作るタイミングで既にご紹介していますが、家族カードは後からでも作ることができるので安心してくださいね。

家族カードはあくまでも追加カード、元のクレジットカードを作るときには家族カードが作れることを知らない場合もあるのでは?

家族カードは1枚作っておくと便利です。

家族が持っている元のクレジットカードの公式ページにある家族カード申し込みページに必要事項を入力してデータを送信するか、申し込み用紙をダウンロード、記入してから郵送してくださいね。

申し込み用紙はクレジットカード会社から郵送で取り寄せることもできますよ。

家族カードの作り方って、思ってたほど難しくないんですね!

わたしならやっぱりWebページから入力かな!よし、やってみようっと!

クレジットカード会社に申し込んで、審査に通れば家族カードを持つことができますよ。

家族カードが手元に来たら、ぜひ使ってみてください!

はいっ、そうします!

ああ、そうだ。ついでに家族カードを上手に使う方法をご紹介しておきましょうか!

どうせ持つのであれば、家族カードをフル活用していただきたいですからね。

便利でお得に!家族カードの活用術!!

この章では家族カードの上手な使い方をご紹介していきますね。

家族カードが持っているメリットをフル活用することで、普段の生活に活かしてみてはいかがでしょうか。

家族カードを上手に使って元のクレジットカードをランクアップ!!

家族カードを持つメリットでもご紹介しましたが、家族カードで使った分の金額は、元のクレジットカードの利用分と合わせて計算されます。

この利用分が全部合わせて計算されるってところがポイントです!!

クレジットカードは、買い物したりお金を借りたりするごとにクレヒスが育っていきます。

クレヒスとして評価されるものなかにはカードの利用金額があるのですが、じつは利用金額が大きいほどクレジットカード会社からの信用度が高くなっていくんですよ!

「毎月たくさんお金使ってくれてるから、ありがたいな……」って思ってくれてるんですね。

たくさん使ってくれてるお金を、毎月遅れずに返してくれるならこんなありがたいお客はいないわけです。

計画的にクレジットカードを使ってたくさん買い物している人なら「もっと使ってもらおう!」ってクレジットカード会社も考えてくれます。

つまり、「ワンランク上のクレジットカードを作りませんか?」って聞いてきてくれるんです!

ワンランク上のカードに切り替えるときにも審査がありますが、お誘いがくるのは嬉しいですよね。

元のクレジットカードの持ち主だけではたくさんの金額を使えないかもしれません。

しかし、家族カードを作ることで使う金額が増えていきますよ!

支払う金額増える

月々の支払を元のクレジットカードの持ち主が計画的にしているのなら、家族カードを作ったほうが楽にカードのランクアップができるかもしれませんよ!

元のクレジットカードがランクアップすれば、追加カードである家族カードも一緒にランクアップすることが多くなっているので、その点も嬉しいですよね。

まとめ

家族カードってこんなにメリットが多かったんだな~!

湯銭さん今回は本当にありがとうございました!

家族カードって言葉は聞いたことがあったんですけど、どんなものなのかようやくしっかり分かった気がします

それはよかった。

家族カードは元のクレジットカードの追加カードになるので、自分のクレヒスは作ることができません。

しかし、クレヒスが作れないことを除けば本当にメリットが大きいカードです。

家族カードを作って、ご紹介したメリットを実際に受けてみてはいかがでしょうか

 

合わせて読みたい

    おすすめキャッシング

    レイクALSA

    Webで最短60分のスピード融資が可能

    レイクALSA

    実質年率
    4.5% ~18.0%
    利用限度額
    最大500万円
    審査時間
    最短15秒
    融資スピード
    最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
    フタバ

    他社借入れ4社以内なら申込み可能

    フタバ

    実質年率
    14.959%~17.950%
    利用限度額
    10万円~50万円
    審査時間
    最短即日
    融資スピード
    最短即日融資
    ベルーナノーティス

    専業主婦も申込みできる!

    ベルーナノーティス

    実質年率
    4.5%~18.0%
    利用限度額
    1万円~300万円
    審査時間
    最短30分
    融資スピード
    最短即日

    条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

    すべての条件や種類を見る

    キャッシング最適診断キャッシング最適診断
    難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

    お金の教本について

    当サイトでは、お金を借りるときのルールと、便利な使い方。各種お得なポイントの貯め方などお金に関する知識を幅広く提供していきます。
    いまいち消費者金融の仕組みが分からない。クレジットカードの細かいルールが曖昧など、いろんな悩みを解決していきます。
    今まで知らなかったお得なお金の豊富な知識をみなさんに提供し、キャッシングを便利なサービスとして利用してもらえるお手伝いをいたします。