プロミス

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、SMBCグループの子会社でありながら、メガバンクの子会社になったことで信頼性が高まっています。

プロミスの知名度は、テレビCMや広告などでも大体的に宣伝され、大手消費者金融アコム・アイフル・SMBCモビット・レイクALSAと並んで主要の金融機関です。

プロミスの特徴

プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミスでは、WEB完結やインターネット返済など手軽さに特化したサービスを提供しています。

プロミスのサービスのなかでもとくにお得なのが、メールアドレス登録とWEB明細利用で借り入れから返済までWEBで完結できるサービスです。

プロミスのスペック

実質年率 利用限度額 審査時間 融資スピード
キャッシング*1
4.5%~17.8%
クレジット
最大500万円 最短30分*2 最短1時間
必要書類(収入証明書) 収入証明書・本人確認書類
担保・保証人 不要
利用条件 20歳~69歳の安定した収入がある方
学生 可(自身に収入がある場合のみ)
パート・アルバイト
専業主婦 不可
在籍確認 有(個人名での確認)
総量規制 対象
遅延利率 20.0%(実質年率)
初回無利息期間 初回契約後30日間
スマホ申し込み
女性向けローン
提携ATM 三井住友銀行・ゆうちょ銀行・E-net・ローソン銀行・セブン銀行
利用可能コンビニ セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート
返済方法 インターネット返済・口座自動引落し・店頭窓口・プロミスATM・提携金融機関ATM・コンビニATM
実質年率 キャッシング*1
4.5%~17.8%
クレジット
利用限度額 最大500万円
審査時間 最短30分*2
融資スピード 最短1時間
必要書類(収入照明書) 収入証明書・本人確認書類
担保・保証人 不要
利用条件 20歳~69歳の安定した収入がある方
学生 可(自身に収入がある場合のみ)
パート・アルバイト
専業主婦 不可
在籍確認 有(個人名での確認)
総量規制 対象
遅延利率 20.0%(実質年率)
初回無利息期間 初回契約後30日間
スマホ申し込み
女性向けローン
提携ATM 三井住友銀行・ゆうちょ銀行・E-net・ローソン銀行・セブン銀行
利用可能コンビニ セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート
返済方法 インターネット返済・口座自動引落し・店頭窓口・プロミスATM・提携金融機関ATM・コンビニATM

*1:契約極度額100万以上の場合4.5 %~17.8%
*2:申込みのタイミングによっては審査に時間がかかる場合があります

本日中に借入する場合

あと時間

今すぐプロミスに申し込む

プロミスについてもっと知る

この記事の目次

プロミスと他キャッシング・カードローンとの比較

プロミスとその他サービスとの比較

プロミスのサービス内容と、他の大手消費者金融のサービス内容を比較してみました。プロミスの金利や、利用限度額、初回無利息サービスの違いを見ていきましょう。

キャッシングサービス比較表

業者名

アコム プロミス アイフル SMBCモビット レイクALSA

3.0%~18.0% 4.5%~17.8% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0% 4.5%~18.0%

1~800万円 1~500万円 1~800万円 1~800万円 1~500万円

必要書類

本人確認書類

収入証明書

本人確認書類

収入証明書

本人確認書類

収入証明書

運転免許証

健康保険証

パスポートいずれか1通

本人確認書類

収入証明書

審査時間

最短30分 最短30分 最短30分 10秒簡易審査実施 最短15秒

最低返済額

1,000円

(借入れ額30万円以下)

4,000円

(借入れ額10万円以下)

4,000円

(借入れ額10万円)

4,000円

(借入れ額10万円以下)

4,000円

(借入れ額10万円以下)

提携ATM手数料

10,000円以下110円

10,001円以上220円

0円(三井住友銀行の場合)

10,000円以下110円

10,001円以上220円

0円(手数料が発生するATMあり)

0円

初回無利息サービス

契約翌日から30日間 出金日翌日から30日間 契約翌日から30日間 なし

契約翌日から30日間

借入れ5万円まで180日間

賃金業法により、消費者金融同士でサービス内容について大きく差をつけることはできません。プロミスは、特別なサービスはあまりありませんがすべてが高水準の消費者金融です。

審査が最短30分で完了し、初回無利息サービスもあり。またプロミスは最低適用金利がやや他の業者に比べて高い傾向がありますが、反対に最大適用金利は17.8%と他よりも低くなっています。

とくにキャッシングを初めて利用される方は、プロミスで借入れするとき金利も最大適用利率が設定されることが多いので少しお得です。

そして、プロミスの最大の特徴は「アプリローン」です。スマホから借入れ返済まで完結できるサービスは、SMBCモビットなど他業者でもすでに適用しているサービスですが、プロミスのアプリローンは初めて契約の方なら「三井住友VISAプリペイド」を最大2,000円分プレゼントを行っています。

他の消費者金融とサービスの差を付けにくい業界ですが、プロミスはプリペイドカードなどプラスの特典でそれぞれ個性を出しています。

プロミスで借りるメリット・デメリット

プロミスのメリット・デメリット

プロミスのサービスの特徴だけではなく、具体的なメリットもみていきましょう。プロミスは審査の早さや融資までのスピードが高水準ですが、それ以外にもメリットがあります。

また、反対にデメリットも解説していきますので悪い面も理解して無計画で申込まないよう注意しましょう。

メリット

  • 上限金利が低い
  • スマホアプリで借入可能
  • 他社にはないポイントサービス
  • プロミスのメリットは、大手の金融機関と比べて上限金利が低いです。アコム・アイフル・レイクALSA・SMBCモビットの上限金利は18.0%ですが、消費者金融主要5社のなかでプロミスだけが17.8%となっています。

    そのため実際に借入れしたとき最高金利が適用されても、プロミスなら返済の負担が軽くなります。

    またプロミスには「アプリローン」というサービスがあり、スマホアプリで借入れから返済までできる魅力があります。

    ローンカードなしでプロミスを利用できるのはもちろん、郵便物なしで利用できるのもアプリローンの強みです。プロミスなど消費者金融を使っているのが家族にバレてしまうのが心配な方や、プロミスの借り入れすべてを手軽に行いたい方はとくに便利です。

    さらに、プロミスには独自のポイントサービスがあります。

    プロミスのサービスを利用するとポイントを獲得することができ、40ポイント消費で提携ATM手数料無料や無利息サービスなどで活用することができるのです。

    とくに、無利息サービスはプロミスを初めて利用する方のみに適用されるサービスなので、ポイントを消費して適用できるのは大きなメリットです。

    デメリット

  • 最低金利が高い
  • プロミスに特筆すべきデメリットというものはありませんが、上限金利が低いかわりに最低金利が高くなっています。消費者金融主要5社では、プロミスとレイクALSAが4.5%。アコム・アイフル・SMBCモビットが3.0%となっています。

    そのため、適用金利によっては他社より返済の負担が大きくなり損をしてしまう恐れがあります。しかしプロミスの最低金利だけ特別高いというわけではないので、とくに目立ったデメリットとは感じないでしょう。

    プロミスのポイントサービス

    プロミスのポイントサービス

    プロミスには、独自のポイントサービスがあります。主にプロミスのサービスを利用すると貯めることができ

    • 40ポイントで最大60日間提携ATM手数料無料
    • 250ポイントで7日間無利息適用
    • 400ポイントで15日間無利息適用
    • 700ポイントで30日間無利息適用

    という特典を受けることが可能です。

    無利息サービスは、プロミス初回利用の方のみに適用されるサービスなので、すでに利用経験がある方でもポイントを消費して使えるのは大きなメリットです。

    ポイントを使った無利息サービスは、取引翌日から開始されます。またプロミスのポイント獲得対象サービスと条件は、以下のようになっています。

    対象サービス 獲得ポイント 獲得条件
    プロミス申込み※1 100ポイント 初回登録時のみ
    プロミスインターネット会員サービスログイン 10ポイント 毎月初回ログイン時

    プロミス会員サービス専用

    「プロミスからのお知らせ」を確認

    5~20ポイント プロミスからのお知らせによっては獲得にならないものや、点数が違う
    収入証明書類の提出※2 160ポイント 提出時にポイント獲得
    ご返済期日お知らせメール 各1ポイント

    毎月月末時点で対象サービスのご利用をご登録いただいている場合

    取引き確認メール
    プロミスのホームページでweb明細受取

    ※1取引状況によっては、プロミスポイントサービスに申込めない場合があります

    ※2同年中の書類については、初回のみポイント獲得となります

    プロミスのサービスを利用すればするほど溜まっていき、無利息サービスにつなげることができるのは大きな魅力です。

    プロミスの審査基準

    プロミスの審査基準

    プロミスの申込み審査では、以下のポイントが重視されています。

    • 毎月安定した収入があるか?
    • 職業
    • 今の会社に何年務めているか勤続年数
    • 家族構成
    • 申込時に他社から借入れをしているか?
    • 過去の返済履歴に問題はないか?

    プロミスとアコム、アイフルとプロミスなど消費者金融同士で審査のポイントは大きく変わりません。基本的には20歳以上の方で毎月安定した収入があれば、申込み条件を満たします。

    ただし、臨時収入やボーナスは安定した収入とはみなされにくく、一時的に収入があってもプロミスの審査で落ちてしまう恐れがあります。

    また年収が低くても毎月しっかり給料をもらっているほうが、プロミスの申込み審査に通る可能性は高いです。

    そしてプロミス以外の消費者金融からの借入れが多すぎると「お金にとても困っている」とみなされる恐れがあります。そうなるとプロミスの申込み審査に通過するのが困難になるので、一度に複数社に申込むのはおすすめできません。

    申込み情報はプロミスをはじめ他社同士で共有されているので、こっそり嘘を付いて申込むことはできません。

    嘘を付いて申込んだことがバレてしまうと、審査落ちの原因にもなりますし、今後金融機関を利用するときにも悪影響を及ぼします。

    プロミスで即日融資を受けるには?

    プロミスの即日融資を受ける方法

    プロミスは審査が最短30分で完了し、スピーディーな借入れを実現しますが、申込みに不備があると即日融資の実現は難しいです。

    ここではプロミスで即日融資を受けるコツをご紹介しますので、プロミスに申込む前にぜひ参考にしてみてください。

    プロミスで即日融資を受けるコツ
    • インターネット申込みを利用する
    • 借入希望額を必要最低限にする
    • 本人確認書類を事前に用意しておく
    • 10~12時、もしくは14~18時の間に申込む

    まずプロミスに申込む前に、必要書類をすべて用意しておくことが大事です。

    なぜならプロミスに申込んだとき本人確認と収入の証明ができないと、審査を開始することができないからです。また申込み情報に不備があると最悪プロミスでの借入れ不可となってしまう恐れがあります。

    そしてプロミスで即日融資を受けるためには、借入希望額を1~10万円など小額の融資にとどめておくのもコツです。

    借入れ希望額が多すぎるとしっかり返済能力があるかどうか判断するため慎重に審査されます。プロミスで借り入れ希望額が大きいと審査に時間がかかってしまい、よりプロミスで即日融資を実現するのが難しくなるのです。

    また、プロミスに申込む時間帯も即日融資を受けるために大切です。

    プロミスなどの金融機関に申込むとき、飲食店のように混雑する時間があります。プロミスで混雑する時間に申込むと、審査に時間がかかりせっかく申込んでも待たされる時間が長くなってしまいます。

    そうなるとプロミスで即日融資を受けるのが難しくなるので、混雑する時間は避けましょう。具体的にプロミスに申込む時間は10~12時、14~18時の間がベストです。

    12時か18時は申込む人が多くなり混雑しやすいので、プロミスに申込むのをさけるのが賢明です。

    プロミスで即日融資を受ける手順については、こちらの記事で具体的な方法をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

    プロミスで早く借りたいなら少額に抑えよう

    プロミスで借りたい時のコツ

    プロミスでなるべく早く借りたいなら、借り入れ金額を少額に抑えることが大事です。

    なぜなら、借り入れ金額が100万円超えやそれ以上となると、厳正な審査を行う必要があり、プロミスで借り入れまで待つ時間が長くなってしまうのです。

    プロミスで50万円以上の借り入れ希望なら、別途収入証明書も必要となりますし、しっかり返済能力があることを証明できないと審査に通ることはできません。

    ただプロミスの借り入れ希望額を1~10万など小額に抑えると、毎月安定した収入があれば審査がすぐ完了する可能性が高くなり、スピーディーな借り入れを実現できます。

    もちろん過去にクレジットカードの延滞があった方や、一度に複数のカードローンを利用している方などはプロミスの審査に通りにくくなります。

    また、総量規制により借り入れ金額が年収の3分の1に達している方は、そもそもプロミスで借り入れすることはできませんので注意しましょう。

    プロミスのWeb申込み手順

    プロミスのWebからの申込み手順

    プロミスのインターネット申込みは、直接店舗で申込むより手軽で返済まで完結することもできます。そのため他の消費者金融もほとんどインターネット申込みに対応してきていますが、プロミスではどのような手順で申込めばいいのかを見ていきましょう。

    プロミスインターネット申込みの手順
    1. プロミスの公式サイトから「新規お申込み」を選択
    2. 「カンタン入力でお申し込み」を選択
    3. 必要事項を記入後送信する※ご契約方法は「Web」、カードは「無し」を選択する
    4. 最初の項目に記入した電話番号にプロミスから電話かかってくる
    5. 電話でいくつか質問に答える
    6. その他の情報に記入したメールアドレスにプロミスからメールが届く
    7. メールに貼ってあるURLからプロミスの会員にログインする
    8. プロミスの会員にログイン後、本人確認書類の写真を撮って送信する
    9. 希望した連絡先に審査結果の電話がかかってきて申し込み完了

    手順を見ると工程が多いように感じますが、実際は申し込んで必要書類を用意。審査結果を待ち届いたメールにしたがって操作をしていくだけなので難しい操作は一切ありません。

    消費者金融もほとんどインターネット申込みに対応しており、ローンカード発行不要で利用できるようになっているのです。

    プロミスのアプリローン

    プロミスのアプリローン

    プロミスのアプリローンは、スマホから簡単に申込みができ、借入れまでを完結できるサービスです。

    最短1時間融資にも対応しており、より手軽になった新時代のお金の借り方といえます。原則24時間いつでも取引でき、ローンカードも不要、郵便物もなしでご利用可能です。

    アプリローンを使うには、公式サイトからアプリをインストールする必要があります。QRコードを読み取ってダウンロードすることもできるので、お好きな方法をお選びいただけますよ。

    ※申込み状況によっては融資までお時間がかかることがあります

    プロミスで申込み時に必要な書類

    プロミスで申込み時に必要な書類

    プロミスの申込みは、運転免許証を用意するしておくと本人確認が楽ですが、記載されている住所と現住所が違う場合、本人確認書類として認められません。

    もし運転免許証住民票を用意できない方や、住所に不備がある方は、別の本人確認書類を用意する必要があります。

    ■借入れ50万円以下の場合の必要書類

    本人確認書類

    • 各種保険証
    • 住民票
    • 公共料金の領収書
    • 納税証明証

    また、プロミスで確実に即日融資を受けるためには、本人確認書類を複数用意しておくことをおすすめします。

    なぜなら、本人確認書類を数点用意しておくと、不備があったときにすぐ対応することができ、別の書類をわざわざ用意する必要がなくなるからです。

    プロミスでは顔写真付きの本人確認書類なら1点で済みますが、顔写真なしの本人確認書類なら2点用意しておくのが確実です。

    ■借入れ50万円以上の場合

    収入証明書

    • 源泉徴収票
    • 給与明細書
    • 市民税や県民税額確定通知書
    • 所得税証明書
    • 確定申告書・青色申告書・収支内訳書

    借入希望額が50万円以上になると、本人確認書類に加えて収入証明書が必要です。これはプロミスにかぎらず、大手の金融機関でも必要になるので、収入証明書類とはどんなものか知っておくと役立ちます。

    収入証明書類は、プロミスで50万円以上借り入れたいとき、しっかり返済できるかどうかを証明するため、必ず必要になります。またプロミスに申込む前に、他の金融機関を利用していて、累計借り入れ金額が100万円を超える場合も収入証明書が必要です。

    収入証明書が必要になる場合
    • プロミスで借り入れ希望額が50万円以上
    • プロミスと他社合わせて借り入れ金額が100万円を超える場合

    収入証明書は、書類によって発行場所も違い手数料がかかるものもあるので、どの書類を用意すれば証明になるのか迷う方も多いでしょう。収入証明書については別記事で詳しく説明していますので、プロミスで借り入れする前にぜひ参考にしてみてください。

    プロミスの貸付利率(実質年率)

    プロミスの貸付利率%

    プロミス借入金利は、4.5%~17.8%です。基本的に初めてプロミスを利用する方は、利用実績がなく信用がないので最大金利の17.8%が設定されることが多いです。

    また、利息制限法では以下のように借入れ金額に対して請求してよい金利の上限が決まっています。

    具体的な数字は実際にプロミスで審査を受けたときに変わりますが、法律による上限を知っておくと、正規の業者とそうでない業者を判別できるようになりますよ。

    利用限度額 適用金利
    10万円未満 20.0%
    10~100万円未満

    18.0%

    100万円以上

    15.0%

    プロミスで申込んだときに利息がどれくらいかかるかを知るなら、公式サイトの「返済シミュレーション」を利用すると、さまざまなパターンで計算できるので便利です。

    実際に申込んでみないとプロミスの適用金利は分かりませんが、返済シミュレーションを使ってプロミスの最大金利20.0%計算しておくと、それ以上返済額が大きくなることはないのでわかりやすいです。

    プロミスの返済方法

    プロミスの返済方法

    プロミスは返済方法の選択肢も幅広いです。手段によってはプロミス店舗の営業時間を気にする必要がありますが、返済にかかる手数料についてもよく見ておきましょう。

    一回の返済にかかる手数料は数百円なのでたいしたものではないと思われるかもしれませんが、プロミスで返済回数が増えると負担がどんどん大きくなっていくのです。

    プロミスの返済方法は、大きく分けて自分で返済しに行くか自動的に引き落としにするかの2択です。

    そのなかでも細かくプロミスの返済方法はわかれるので、それぞれの特徴をみていきましょう。

    返済方法 手数料 対応時間
    プロミスATM 0円 7:00~24:00(土日祝日も)
    提携ATM 10,000円以下は110円
    10,000円以上は220円
    24時間
    プロミス指定口座振込み 0円 24時間
    口座引き落とし 0円

    毎月5日
    三井住友銀行ジャパンネット銀行の口座を利用する場合

    5日、15日、25日、末日から選択

    インターネット返済 0円

    24時間
    毎月第3日曜日0:00~6:00

    毎週月曜日0:00~7:00までの間は利用不可

    店舗窓口 0円 平日10:00~18:00

    プロミスのインターネット返済は24時間いつでも対応可能ですが、メンテナンスの時間は操作不可能なのでプロミスに365日いつでも返済できるわけではありません。

    また利息と対応時間のことを考えると、プロミスの指定口座に振込みで返済するのが一番利息がかからない方法です。ただし自分でプロミスに返済しにいく必要があるので、プロミスの返済期日を忘れないようにしましょう。

    そしてプロミスで返済するとき面倒な手続きを避けたいなら、店舗窓口で直接返済するのも便利です。

    プロミスの返済手数料がかかりませんし、ATMの操作も必要ありません。しかしプロミスの店舗は営業時間が平日10:00~18:00までなので、返済しに行く時間が限られている方は難しいでしょう。

    もし平日、プロミス店舗の営業時間内で時間が取れるなら、プロミスの店舗で直接返済するのも選択肢の一つです。

    一方口座引き落としでプロミスに返済する方法は、使用している銀行口座により返済期日が変わる特徴があります。

    基本的には5日、15日、25日、月ごとの末日から返済期日を選択するのですが、三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座を利用してプロミスに返済する場合、期日が5日で固定です。

    多少銀行口座で返済の便利さは変わるものの、24時間いつでも対応してもらえて手数料もかからないので便利な返済方法です。

    残高スライド元利定額返済方式

    残高スライド元利定額返済方式

    残高スライド元利定額返済方式は、返済残高によって月に返済する額が変わっていく返済方式です。

    プロミスの返済方法は、この残高スライド元利定額返済方式が適用されています。毎月プロミスで返済したあとに、利息が計算し直され毎月返済する額が変わります。

    具体的なイメージをつかむため、ここではプロミスの借り入れ30万円以下の場合と100万円超えの場合の計算方法を見ていきましょう。

    借入残高 返済額 返済回数
    30万円以下 借入後残高×3.61%

    最大36回

    100万円超え 借入後残高×2.53% 最大60回
    借入後残高×1.99% 最大80回

    プロミスの残高スライド元利定額返済方式は、毎月返済額が違うのでわかりにくいところはありますが、毎月確実に返済額が減っていくので、完済に近づいている実感がわきます。

    こちらの記事では、プロミスをはじめ大手の金融機関が採用しているさまざまな返済方式を詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

    プロミスの返済シミュレーション

    プロミスの返済シミュレーション

    プロミス公式サイトの返済シミュレーションを使うのが面倒な方のために、一部返済シミュレーションの結果をご紹介します。

    ここでは、一例として10~30万円借りて利率が4.5%、返済期間は12ヶ月でシミュレーションしたものをみていきましょう。

    金利4.5%で10万円借りた場合

    借入金額 返済期間 適用金利 返済額
    10万円 12ヶ月 4.5% 8,537円

    金利4.5%で20万円借りた場合

    借入金額 返済期間 適用金利 返済額
    20万円 12ヶ月 4.5% 17,075円

    金利4.5%で30万円借りた場合

    借入金額 返済期間 適用金利 返済額
    30万円 12ヶ月 4.5% 25,613円

    ただ、この返済シミュレーション結果は、銀行振り込み手数料などが含まれていません。プロミスで返済する方法の一つとして「銀行振り込み」を選ぶことができますが、返済を振込みで行う場合、毎回手数料がかかりますので注意しましょう。

    プロミスの借り入れ方法

    プロミスの借入れ方法

    プロミスは、インターネット、電話、店舗、専用ATMで振込みの予約をすることができます。どの方法も特徴があるので、自分の都合によい方法を選びましょう。

    また、プロミスのお近くの店舗を知りたい場合は、こちらから全国の都道府県のプロミス店舗と専用ATMをお探しいただけます。

    >>プロミスの店舗を探す

    借入方法一覧と特徴
    インターネット振込み

    24時間365日申込み可能で

    必要書類がWeb上で直接提出できる

    電話振込み

    24時間365日申込み可能

    細かい要望を直接伝えられる

    店頭窓口

    初めての人でも相談しやすく

    契約完了後即融資可能

    プロミスATM

    プロミスではさまざまな方法で借り入れできますが、初めてキャッシングを利用する方は、電話、店舗、プロミスの専用ATMが便利です。

    なぜなら、オペレーターや操作画面の指示に従うだけで借り入れできるので、初めてプロミスを利用する方でも迷わずに借り入れすることができます。

    ただし電話で相談する場合は9:00~22:00までが営業時間なので注意しましょう。土日祝日関係なく営業しているので、プロミスで振り込み予約をするために便利です。

    ただ、それでもどうしても「誰にも会いたくない」という方は、インターネットでプロミスの借り入れ予約をするのがいいでしょう。

    プロミスインターネット借り入れ予約手順

    ■パソコンの場合

    1. 公式サイトからプロミスの会員サービスにログインする
    2. 会員専用ページの「瞬フリ」の手続きを選択
    3. 瞬フリを申込むを選択
    4. ご利用可能額を確認し、振込希望額を記入する
    5. 入力内容を確認し、「実行する」を選択すれば完了

    ■スマホアプリの場合

    1. 振込キャッシングを選択
    2. 瞬フリを申込むを選択
    3. ご利用可能額を確認し、振込希望額を記入する
    4. 入力内容を確認し、「実行する」を選択すれば完了

    プロミスのインターネットで借り入れ予約「瞬フリ」は、24時間365日最短10秒で振り込んでもらえるサービスです。土日祝日関係なくインターネットから手軽に申込むことができ、プロミスから非常にスピーディーに振り込んでもらえるのが魅力です。

    プロミスの借り入れは特定の銀行口座を持っていると便利

    プロミスは特定の銀行口座が便利

    プロミスの借り入れをするときに、

    • ゆうちょ銀行
    • 三井住友銀行
    • ジャパンネット銀行
    • 三菱UFJ銀行
    • みずほ銀行

    このいずれかの銀行口座に振り込んでもらえると、受付から最短10秒で必要な金額を振り込んでもらえる「瞬フリ」を受けることができます。

    とくにゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行の口座を普段から使っている方は比較的多いので、プロミスでの借り入れで銀行振り込みを選択するとき有利です。

    ただ、各銀行口座で受付可能時間などに違いがあるため、提携銀行ごとの振り込み可能時間と曜日を見ていきましょう。

    提携銀行 曜日 受付時間 振込み時間の目安
    三井住友銀行 月~日曜日・祝日 0:00~24:00 受付完了から最短10秒
    ジャパンネット銀行 月~日曜日・祝日 0:00~24:00 受付完了から最短10秒
    三菱UFJ銀行 月~日曜日・祝日 0:00~24:00 受付完了から最短10秒
    ゆうちょ銀行 月~日曜日・祝日 0:00~24:00 受付完了から最短10秒
    みずほ銀行 月~金曜日 0:00~9:00 当日9:30頃
    9:00~14:50 受付完了から最短10秒
    14:50~24:00 翌営業日9:30頃
    土日祝日 0:00~24:00 翌営業日9:30頃

    ※毎週月曜日は定期メンテナンスのため0:00~7:00の間は利用できません

    みずほ銀行以外は、平日土日祝日問わずに振り込み受付時間も長いです。毎週月曜に定期メンテナンスがあるということを考えると、日曜日の遅い時間に申込むのは避けたほうがいいかもしれません。

    スピーディーに借り入れすることが目的なら、遅くても金曜日もしくは土曜日の早い時間に申込んでおくのが賢明です。

    つまり、プロミスで銀行振り込みで借り入れするなら、審査完了までにかかる時間も考慮して動くことが重要になります。

    プロミスの自動契約機の利用方法

    プロミスの自動契約機の利用方法

    プロミスの自動契約機申込みは、直接移動する手間はあるものの、プロミスと契約後にすぐローンカードが発行され借り入れすることができます。

    その場ですぐに借り入れできるメリットがあるので、インターネット申込みよりもスピーディーです。ただプロミスの自動契約機で発行されるローンカードは、受け取ったあとに紛失しないように厳重に保管しておきましょう。

    また自動契約機での申込みの流れは、プロミスと他社で少し違います。もし自動契約機での申込みを考えているのなら、前もって使い方の手順を知っておくとよりスムーズにプロミスを利用できます。

    自動契約機申込み手順
    1. プロミス自動契約機から申込みを行う
    2. 年収や職業、年齢などを入力し、審査開始
    3. 審査に通過したら、契約可能額が伝えられる※審査中にローンカードの使用方法の説明が流れます
    4. 契約完了後、ローンカードが発行されて操作終了

    お近くの自動契約機をこちらから探す

    プロミスの自動契約機は、インターネット申込みよりも入力項目が少なく借り入れを急ぐ方に適しています。

    もちろんプロミスに申込む曜日によってはインターネット申込みのほうが便利でスピードが早い場合があるので、近所にプロミスの店舗がない方はインターネット申込みのほうが便利です。

    返済が遅れてしまったら?

    プロミスの返済が遅れた場合

    返済の滞納の場合どうなるのか?

    もしカードローンの返済に遅れてしまうと、遅延損害金というものが発生します。遅延損害金とは簡単にいうと「返済が遅れたら支払う賠償金」のことです。遅延損害金は別の呼び方として「遅延利息」や「延滞利息」とも呼びます。

    遅延損害金は、プロミスだけでなく大手中小、銀行問わず発生するものです。借り入れ利息に上乗せで支払う必要があるため、さらに返済の負担が大きくなってしまいます。

    また、同時に延滞の実績が生まれてしまうので、次回金融機関を利用するときの申込み審査に悪影響を及ぼします。

    プロミスの審査落ちの原因となってしまう恐れがあるため、返済期日は厳守するようにしましょう。

    もし返済期日に遅れてしまうと、返済日翌日にプロミスから催促の電話が来ます。プロミスから電話がかかってきているにもかかわらずそのまま放置していると、最悪差し押さえという事態に発展する恐れもあるため、プロミスから催促の連絡が来たら速やかに対応するようにしましょう。

    まんがいち自分が事故にあったり、どうしても返済期日に間に合わない理由があるのなら、プロミスの店舗などに連絡するのが大事です。

    どうしてもやむを得ない事情があるのなら、プロミスが返済期日を伸ばすなど対応してくれる場合があります。

    ただし自分がただ返済期日を忘れていただけなど、不注意で返済に遅れる場合は期日の先延ばしは認めてもらえません。あくまでプロミスの返済期日に間に合わない正当な理由がある場合のみとなりますのでご注意ください。

    遅延損害金の計算方法

    遅延損害金は、借り入れ利息とは違う方法で算出されます。またプロミスの遅延損害金の利率は20.0%です。計算式のなかにも含まれる重要な数字となるので、プロミスで返済が遅れたときのリスクを知るためにしっかり覚えておきましょう。

    未返済の金額×遅延損害金利率÷365=1日の遅延損害金

    遅延損害金は日ごとに増していくので、遅延がないようにするのが一番重要です。

    プロミスの提携ATM一覧

    プロミスの提携ATM一覧

    プロミスと提携しているATMはたくさんあり、自分がいつも利用している銀行は使えるのかどうか、いちいち確認するのは大変です。

    そこで、三井住友銀行をはじめ、プロミスと提携している銀行の一覧をご紹介します。

    借り入れのときだけ利用できる銀行、返済、入金はできる銀行など提携していても制限があるため、しっかり確認していきましょう。

    〇=可能 ×=不可

    金融機関 借入 返済・入金
    三井住友銀行
    三菱UFJ銀行
    西日本シティ銀行
    セブン銀行
    イオン銀行
    横浜銀行
    東京スター銀行
    第三銀行
    福岡銀行
    ゆうちょ銀行
    親和銀行 ×
    広島銀行 ×
    八十二銀行 ×
    クレディセゾン
    Loppi ×
    Famiポート ×

    一部の銀行は、返済には使えないところがあったり、反対にプロミスの借入には使えないというところもあります。ただ、三菱UFJ銀行の

    >>最新の提携ATMをこちらから確認

    プロミスのおまとめローン

    プロミスのおまとめローン

    「今お金を借りているところは金利が高い!」「複数社から借り入れしていて返済がバラバラで面倒」

    そんなときにプロミスのおまとめローンという商品が便利です。

    プロミスのおまとめローンは、複数の返済を一つにまとめることができ、現在借り入れしているローンより低金利の借り換えることができるのです。

    そのため返済利息、手間の両方の面で楽になります。

    プロミスおまとめローンの特徴
    • 融資限度は300万円まで
    • 金利6.3%~17.8%
    • 遅延損害金20.0%
    • 担保保証人不要

    プロミスのおまとめローンは、フリーキャッシングと比べて最小金利が少し高く借り入れ限度額が300万円になっているのが大きな特徴です。

    プロミスおまとめローンのメリット

    • 金利が低くなる
    • 月々の支払額が低くなる
    • 返済の管理が簡単になる

    プロミスおまとめローンのデメリット

    • 返済期間が長引く可能性がある
    • 必ず金利が下がるわけではない

    おまとめローンは、複数の返済をまとめるために役立ちますが、金利が確実に下がるわけではないのです。ただしおまとめローンを活用したからといって必ず金利が下がるわけではありません。

    また、プロミスのおまとめローンで金利は下がっても利息が高くなるケースがあります。

    なぜなら、毎月の返済が楽になったぶん返済期間自体が長くなり、結果利息の総支払い額が増えてしまうことがあるからです。

    これはプロミスのおまとめローンだけではなく、他の消費者金融でも同じことがいえます。そのためプロミスのおまとめローンを利用するときは「返済額を楽にしよう」という意識で申込むのはおすすめできません。

    あくまでおまとめローンは、複数の返済を一つにまとめて、他社借り入れの返済忘れを防止するために活用するのがいいでしょう。

    プロミスの女性向けローン

    プロミスの女性向けローン

    プロミスには女性専用のキャッシングサービスがあります。サービス内容は変わらず、オペレーターが全員女性。シングルマザーの方や、専業主婦の方など、少し相談しにくいことも女性同士なら気軽に話せます。

    プロミスのレディースローンは、結婚式などで急な出費がかさんでしまった。自分の趣味にお金をかけたいなど、さまざまな理由で相談可能です。

    実際20歳以上の日本人のうち、10人に一人が金融機関にお金の相談をしています。
    しかも資金用途のうち47%以上が自分の趣味と娯楽費用のために利用しているので、プロミスのレディースローンは気軽にお金の相談をできるサービスだといえます。
    参照:日本貸金業協会 なるほど!身近な貸金業

    またレディースローンは他の大手消費者金融でも提供している商品です。プロミスのレディースローン「プロミスレディース」と、他社のレディースローンのサービスを比較してみましょう。

    レディースキャッシングサービス比較表

    レディースキャッシング比較

    業者名

    プロミス

    レディース

    アコム

    レディース

    アイフル

    SuLaLi

    レイクALSA

    レディース

    金利 4.5%~17.8% 3.0%~18.0%

    18.0%

    4.5%~18.0%
    利用限度額 1~500万円 1~800万円 1~10万円 1~500万円
    必要書類

    本人確認書類

    収入証明書

    本人確認書類

    収入証明書

    本人確認書類

    本人確認書類

    収入証明書

    審査時間 最短30分 最短30分 最短30分 最短15秒
    最低返済金額 4,000円(借入れ額10万円の場合) 1,000円(借入れ額30万円以下) 4,000円(借入れ額10万円の場合) 4,000円(借入れ10万円までの場合)
    提携ATM手数料

    0円

    (三井住友銀行の場合)

    10,000円以下 110円
    10,001円以上 220円
    10,000円以下 110円10,001円以上 220円 0円
    初回無利息サービス期間 借入日翌日から30日間 借入日翌日から30日間 借入日翌日から30日間

    借入日翌日から30日間

    借入れ5万円まで180日間

     

    基本的にレディースローンも通常のサービスと大きな違いはありません。

    大きな違いは、対応してくれるオペレーターが女性であることです。ただ、女性専用ダイヤルがあることでサービスを申込むハードルが大きく下がるのです。初めてのキャッシングで不安を抱いている女性、そして趣味や娯楽のためにお金の悩みを相談したい方が、申込やすいですよね。

    しかもプロミスやその他レディースローンは、サービス内容がほとんど変わらないため、よりキャッシング初心者の方が申込みやすくなります。

    プロミスをはじめ、こういった金融機関に趣味・娯楽資金目的で相談するのが多いのは、レディースローンや初回無利息サービスなどで相談しやすくなっているからだと推測できます。

    プロミスのみんなの評価 

    総合評価
    64点 / 100★★★☆☆
    平均借入額 51万円
    審査スピード 100人の申込み平均5時間程度で審査完了
    融資スピード 100人の申込み8時間程度で借入れまで完了
    監修:
    総合評価
    64点 / 100★★★☆☆
    審査スピード 100人の申込み平均5時間程度で審査完了
    融資スピード 100人の申込み8時間程度で借入れまで完了
    監修:

    プロミスの口コミ一覧

    • 可決
    • 否決
    • 40代|男性|会社員
      勤続年数:14年 

      なおさんまん

      CMをやっていて知名度が高く安心できたので。

      希望額 30
      融資限度額 -万円
      申込方法 自動契約機
      他社の借入状況 0円
      現在の借入状況 -万円
      利用用途 生活費目的
      選んだ理由 知名度が高かったので安心できそうと思いました。
    • 24|男性|ライター
      勤続年数:1年 年収: 204万円

      ハクヤ

      今すぐにお金を借りたかったので、自動契約機で申し込みをしました。インターネットで申し込みするより、自動契約機で申し込みをするほうが便利だと思います!

      なにより、自動契約機にはATMがあって、契約が完了してすぐにお金を借りることができました!

      今すぐにお金を借りたい人は、自動契約機で申し込みをしましょう!

      希望額 10
      融資限度額 10万円
      申込方法 自動契約機
      他社の借入状況 70
      現在の借入状況 64万円
      利用用途 生活費
      選んだ理由 お金を借りたいときに、アコムの次に思い浮かんだのがプロミスだったから!
    • 30代|男性|会社員
      勤続年数:3年 

      きちゆう

      とにかく少しでも金利が低いところがよかったので。

      希望額 3
      融資限度額 -万円
      申込方法 WEB申込み
      他社の借入状況 0円
      現在の借入状況 -万円
      利用用途 生活費が少し足りなかったので
      選んだ理由 金利が低いアピールをしていたので申込んでみた
    • 30代|女性|OL
      勤続年数:7年 

      yoriko_07

      実際ネットより無人契約機のほうが便利でした。

      希望額 15
      融資限度額 -万円
      申込方法 自動契約機
      他社の借入状況 0円
      現在の借入状況 -万円
      利用用途 生活費
      選んだ理由 家の近くに無人契約機があったから
    • 20代|男性|会社員
      勤続年数:6年 

      CURVA

      審査が早く完了できたので助かりました。

      希望額 54
      融資限度額 -万円
      申込方法 自動契約機
      他社の借入状況 0円
      現在の借入状況 -万円
      利用用途 旅行費
      選んだ理由 金利が他より低いと聞いたので
    • 30代|男性|会社員
      勤続年数:10年 

      匿名希望

      審査が理想通り1時間で完了したので、本当に助かりました。

      希望額 10
      融資限度額 -万円
      申込方法 店舗
      他社の借入状況 0円
      現在の借入状況 -万円
      利用用途 生活費
      選んだ理由 知名度が高かったからです
    • 20代|男性|会社員
      勤続年数:3年 

      tatenochris

      車を買いたくて、金利が低くて信頼できるところに頼みたかったんです。

      希望額 50
      融資限度額 -万円
      申込方法 店舗
      他社の借入状況 0円
      現在の借入状況 -万円
      利用用途
      選んだ理由 以前利用したことがあって、信用できる業者だったから
    • 20代|女性|歯科助手
      勤続年数:5年 

      ty02190625

      カーローンを組みたくて業者を探していて、プロミスの広告を電車で見かけ、無利息期間に惹かれて申し込んでみました。

      希望額 130
      融資限度額 -万円
      申込方法 店舗で相談
      他社の借入状況 0円(完済)
      現在の借入状況 -万円
      利用用途 車の購入
      選んだ理由 電車内で広告があって、キャンペーンに惹かれて申し込み
    • 40代|男性|会社員
      勤続年数:10年 

      adjustyama

      初めて申込むなら、やはり初回無利息キャンペーンがあったほうがいいと思ったので。

      希望額 10
      融資限度額 -万円
      申込方法 店舗で申し込み
      他社の借入状況 0円
      現在の借入状況 -万円
      利用用途 生活費
      選んだ理由 30日間無利息キャッシングがあったから
    • 50代|男性|会社員
      勤続年数:25年 

      エンジョイライフ

      少しでも金利が低いところを探していていて、やはりプロミスがよかった!

      希望額 10
      融資限度額 -万円
      申込方法 WEB申し込み
      他社の借入状況 0円(完済)
      現在の借入状況 -万円
      利用用途 医療費目的
      選んだ理由 返済の負担が少しでも軽いところを探していて、0.2%金利が低かったから申し込みました
    • 40代|男性|会社員
      勤続年数:8年 

      なおさんまん

      初めて申し込むので、CMで宣伝していて聞いたことがあったプロミスにしました。

      希望額 10
      融資限度額 -万円
      申込方法 自動契約機
      他社の借入状況 0円(完済)
      現在の借入状況 -万円
      利用用途 生活費
      選んだ理由 CMで宣伝していてもともと名前を知っていたので
    • 50代|男性|会社員
      勤続年数:20年 

      しみぱん

      家の近くに自動契約機があると、やっぱり行きやすい。

      希望額 20
      融資限度額 -万円
      申込方法 自動契約機
      他社の借入状況 0円(完済)
      現在の借入状況 -万円
      利用用途 -
      選んだ理由 家の近くに自動契約機があったから

    今すぐアコムに申し込む今すぐアコムに申し込む

    プロミスのよくある質問

    とにかく今すぐ借りたい。最短で借りるにはどうすればいい?
    Web上で申し込みを行い、自動契約機でカードをお受け取りいただき、その場で借入を行う方法。あるいはWeb上で契約を完了させ、「瞬フリ」サービスをご利用いただくことが最短の借入方法であると考えられます。ネットからのWeb申し込みなら365日24時間の対応をしています。
    返済額や利息を知りたいのですが?
    プロミスインターネット会員サービスでご確認いただけます。 または、プロミスコール(0120-24-0365)までお問い合わせください。
    自宅や勤務先に書類は送られてきますか?
    提携ATMでご利用やご返済をいただいた場合 お支払いに遅れが生じ、お客さまとご連絡が取れない場合。振込キャッシングをご利用いただいた場合。その他、お客さまとのご連絡の中で書類送付をご希望された場合にご自宅や勤務先に書類を送らせていただくことがございます。
    スマホATMとはどんなサービスですか?
    セブン銀行ATMで、カードを使わずに、スマホだけで現金のお借入れ、ご返済ができるサービスです。
    ※当社のお借入れ、ご返済のご利用には、アプリのダウンロード、メールアドレスのご登録が必要です。
    振込口座の登録・変更をしたいのですが、どうすればいいですか?
    以下の方法で登録・変更のお手続きをしていただけます。
    ・会員サービス
    ・プロミスコール(0120-24-0365)
    ・お客様サービスプラザ(店頭窓口)
    収入証明書は一度だけ提出すればよいのですか?
    収入証明書類を一度ご提出いただいたお客さまでも、次のいずれかに該当した場合には、あらためて収入証明書類をご提出いただく必要があります。 収入証明書類の発行日から3年を経過した場合 ただし、発行日から2年を経過し3年を経過するまでにお勤め先に変更がないことを確認できた場合は、5年を経過したとき お勤め先に変更があった場合 など なお、お借入総額が年収の3分の1を超えている場合、または収入証明書類のご提出が必要なお客さまから、収入証明書類をご提出いただけない場合には、ご利用限度額の減額またはお借入れを停止することが義務付けられておりますので、ご注意ください。
    『お勤めの確認』ってどういうことをするの?
    「ご本人様がお勤めされている事」の確認のため、お勤め先にお電話させていただきます。お客さまのプライバシーに十分配慮し、担当者個人名にておかけしますので、ご安心ください。プロミス名でご連絡することはありません。
    自宅や勤務先に書類は送られてきますか?
    以下の場合にはご自宅又はお勤め先に書類をお送りする場合があります。 提携ATMでご利用やご返済をいただいた場合 お支払いに遅れが生じ、お客さまとご連絡が取れない場合 振込キャッシングをご利用いただいた場合 その他、お客さまとのご連絡の中で書類送付をご希望された場合
    アルバイトやパート・派遣社員でも契約できますか?
    アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、現在お仕事をされていらっしゃる方は主婦、学生でも、ご審査のうえご契約いただけます。
    カードだけ作ることはできますか?
    もちろん作成いただけます。急な出費に備えてカードの作成もうけたまわります。

    今すぐプロミスに申し込む

    条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

    すべての条件や種類を見る

    キャッシング最適診断キャッシング最適診断
    難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

    お金の教本について

    急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
    しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
    お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

    キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

    大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

    キャッシング選びに迷った方も安心

    数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
    当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
    迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。