SMBCモビット

SMBCモビットは、SMBCグループの大手消費者金融です。
そのため信頼性が高いのが特徴。
また、SMBCモビットの契約方法は「WEB完結」と「カードローン」の2種類。
WEB完結は三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の普通預金口座を持っている場合のみ、ローンカードの発行なしで申込から借り入れまでの手続きをWEBで完結できます。

SMBCモビットの特徴

SMBCモビット

10秒簡易審査が精密で優秀

SMBCモビットは店舗がなく専用のローン申込機のみなので、土日祝日も午後9時までに契約すれば即日融資が可能です。

そしてモビットはWEB完結ならカードレスで借りれるのも魅力です。

SMBCモビットのスペック

実質年率利用限度額審査時間融資スピード
キャッシング*1
3.0%~18.0%
クレジット
最大800万円 10秒簡易審査*2最短即日※申込の曜日時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
必要書類(収入証明書)運転免許証・健康保険証・パスポートいずれか1通
担保・保証人不要
利用条件満20歳~69歳の安定した収入がある方
学生可(自身に収入がある場合のみ)
パート・アルバイト
専業主婦不可
在籍確認有(個人名での確認)
総量規制対象
遅延利率20.0%(実質年率)
初回無利息期間なし
スマホ申し込み
女性向けローン
提携ATM三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・セブン銀行・プロミスATM・ローソン銀行ATM・E-net
利用可能コンビニセブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・ミニストップ
返済方法インターネット返済・口座自動引落し・店頭窓口・プロミスATM・提携金融機関ATM・コンビニATM
実質年率キャッシング*1
3.0%~18.0%
クレジット
利用限度額最大800万円
審査時間10秒簡易審査*2
融資スピード最短即日※申込の曜日時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
必要書類(収入照明書)運転免許証・健康保険証・パスポートいずれか1通
担保・保証人不要
利用条件満20歳~69歳の安定した収入がある方
学生可(自身に収入がある場合のみ)
パート・アルバイト
専業主婦不可
在籍確認有(個人名での確認)
総量規制対象
遅延利率20.0%(実質年率)
初回無利息期間なし
スマホ申し込み
女性向けローン
提携ATM三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・セブン銀行・プロミスATM・ローソン銀行ATM・E-net
利用可能コンビニセブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・ミニストップ
返済方法インターネット返済・口座自動引落し・店頭窓口・プロミスATM・提携金融機関ATM・コンビニATM

*1:契約極度額100万以上の場合3.0%~18.0%
*2:申込みのタイミングによっては審査に時間がかかる場合がありますbr>※申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いとなる場合があります。

本日中に借入する場合

あと時間

今すぐSMBCモビットに申し込む

SMBCモビットについてもっと知る

この記事の目次

SMBCモビットの特徴

SMBCモビットの特徴

SMBCモビットは、審査時間最短30分で、金利も他の大手の金融機関とほぼ差はなく、業界大手の一角を担っています。

またSMBCモビットは、アコムやプロミスと違い店舗が存在しません。一見不便のように感じるかもしれませんが、基本的にネットか自動契約機を利用して契約を行い、スマホアプリで手軽に利用できます。

そして店舗がない代わりに全国13万台以上の提携ATMを有しており、店舗がなくとも全国いたるところから契約可能です。

(2017年12月現在)

そんなSMBCモビットは、いったいどのようにして今ほどの知名度を獲得したのか、こちらの記事でSMBCモビットの歴史をたどることができます。

現在のSMBCモビット

保証業務はエム・ユー信用保証株式会社へ引き継がれ、2017年には社名とロゴが変更されました。しかし、SMBCモビットのカードローンはそれまでと同じように運営されています。

社名が変更されてからの動きとしては、2018年にスマホアプリへの生体認証を導入。さらにSMBCモビットは、LINEの公式アカウントを開設し期間限定でスタンプの配布も行いました。

SMBCモビットの「従来にない新しいサービスを提供したい」という設立時の理念は所属するグループが変わっても、社名が変わっても、変わらないままです。

今後もSMBCグループのSMBCモビットとして、色々斬新なサービスを提供していくでしょう。

また、同じSMBCグループの消費者金融であるプロミスと協力した新しいサービスが生まれる可能性もあります。

SMBCモビットと他キャッシング・カードローンとの比較

SMBCモビットとその他キャッシングサービスとの比較

SMBCモビットは、他の大手消費者金融と違って特殊な部分があります。

アコム、プロミス、アイフル、レイクALSAといった大手の金融機関と、SMBCモビットにはどんな違いがあるのか、金利、利用限度額、初回無利息サービスなど細かくみていきましょう。

キャッシングサービス比較表

業者名

SMBCモビットアコムプロミスアイフルレイクALSA

3.0%~18.0%3.0%~18.0%4.5%~17.8%3.0%~18.0%4.5%~18.0%

1~800万円1~800万円1~500万円1~800万円1~500万円

必要書類

運転免許証

健康保険証

パスポートいずれか1通

本人確認書類

収入証明書

本人確認書類

収入証明書

本人確認書類

収入証明書

本人確認書類

収入証明書

審査時間

10秒簡易審査実施最短30分最短30分最短30分最短15秒

最低返済額

4,000円

(借入れ額10万円以下)

1,000円

(借入れ額30万円以下)

4,000円

(借入れ額10万円以下)

4,000円

(借入れ額10万円)

4,000円

(借入れ額10万円以下)

提携ATM手数料

0円(手数料が発生するATMあり)

10,000円以下110円

10,001円以上220円

0円(三井住友銀行の場合)

10,000円以下110円

10,001円以上220円

0円

初回無利息サービス

なし契約翌日から30日間出金日翌日から30日間契約翌日から30日間契約日翌日から30日間/借入れ5万円まで180日間

まずSMBCモビットの金利の面から見ていくと、最大金利はプロミスより高く、最低金利はアコム、アイフル、レイクALSAと同じ数値になっています。最大金利はたしかにプロミスのほうが低いですが、SMBCモビットの金利だけが高いわけではないので、大きな欠点に感じることはないでしょう。

また借り入れ限度額は、プロミスは1~500万円になっているのに対し、SMBCモビットは1~800万円までと借り入れ限度額では上回っています。

ただ、SMBCモビットがとくに特徴的なのは、審査時間です。SMBCモビットは、他の大手の消費者金融とは違い10秒簡易審査を実施しています。

正確な審査結果は本審査の後で正式に連絡が来ますが、SMBCモビットではまず自分が申込み条件を満たしたかどうかがすぐに分かるのです。

大手の金融機関はほとんど審査スピードが早いですが、SMBCモビットはそのなかでもとくにスピーディーな審査を実現しています。ただしSMBCモビットだけは、他の大手の金融機関と違い初回無利息サービスがないのが欠点です。

初めての方対象の特典がないのが少し不便ですが、初回無利息サービスは初めて利用するときのみ適用されるものなので、2回目以降の利用を考えたときにサービスに差がなくなります。

SMBCモビットで借りるメリット・デメリット

SMBCモビットのメリット・デメリット

SMBCモビットで申込むメリットは、10秒簡易審査や借り入れ上限額だけではありません。

その他SMBCモビットにはどのようなメリットがあるのかみていきましょう。

SMBCモビットのメリット

  • Web完結申込みなら電話連絡なし
  • Web完結申込みなら郵便物もなし
  • SMBCモビットのメリットは、他のサービスよりインターネット申込みに特化しているところです。

    WEB完結申込みとは、簡単にいうとインターネットで申込みから返済まで完結する方法になります。

    SMBCモビットのWEB完結申込みは、電話連絡なしで郵便物もなしです。そのため会社に電話連絡が入るのがどうしても嫌な人、自宅に郵便物が届いてバレてしまうのではないかと心配な方が、安心して利用できるのが強みです。

    SMBCモビットのデメリット

  • 初回無利息サービスがない
  • 店舗がないので窓口に直接行って相談することができない
  • SMBCモビットには、初めての方対象の初回無利息サービスがありません。カードローンを利用するときにどうしても金利が気になる方が多いと思いますが、その欠点を補うのが初回無利息サービスです。

    そのため、初めてSMBCモビットを利用する方にとっては大きなメリットを感じられないかもしれませんね。

    また、SMBCモビットには店舗が存在しません。直接融資の相談をしたいときに店舗がないので、不便に感じる方もいるでしょう。

    ただSMBCモビットは初回無利息サービスがないぶん、インターネット申込みの便利さに特化しています。

    SMBCモビットのWEB完結申込み手順

    SMBCモビットのWEB完結申込み手順

    ステップ1:申込み

    SMBCモビットユーザーID(保管が必要です)ユーザーIDは、審査結果照会の際、入力が必要です。

    SMBCモビットの公式サイトから24時間365日いつでも申込めます。ただ、SMBCモビットに申込む前に必要書類をそろえておくとスムーズです。

    また申込み内容に不備や誤字があっても、審査が長引く原因となるので申込み情報をしっかり確認してから送信しましょう。

    1. 公式サイトから、WEB完結申込みを選択する
    2. 名前や連絡先、契約希望額など必要事項を記入していく
    3. 記入した内容に誤りを確認し、送信すれば申込み完了

    申込み後に「ユーザーID」が発行されます。ユーザーIDは、SMBCモビットの会員ページにログイン時に自分で設定したインターネットパスワードの両方が必要です。そのため忘れないようメモを取っておきましょう。

    ステップ2:審査

    ご入力いただいた追加情報、およびお申込み時にご入力いただいた内容をもとに入会申込み書を作成いたしました。

    SMBCモビットの審査は、メールで結果が知らされます。

    またSMBCモビットは、申込み情報を送信した段階で審査を開始するので、書類の提出は審査を待っている間に提出しても大丈夫です。

    1. スマホアプリの必要書類送付を選択
    2. ユーザーID・パスワード・生年月日を入力してログイン
    3. 必要書類の説明を確認して「次へ」を選択
    4. 本人確認書類と収入証明書類それぞれの写真を撮る
    5. 撮影した書類を送れば提出完了

    必要書類はSMBCモビットに添付して送信するだけなので、スマホから手軽に行えます。ただ映り悪いと再提出を求められる場合があるので、なるべくはっきり書類の情報が見えるように写真を撮りましょう。

    ステップ3:入会手続き

    SMBCモビットの審査に通過したら、審査完了の通知メールに添付されているURLから入会手続きを行います。

    1. 追加情報入力
    2. 入会申込み書内容確認
    3. 銀行口座登録

    ここで返済期日や口座振り込みの設定を行い、SMBCモビットから電話連絡をしてもいいかどうかも設定します。

    そしてSMBCモビットの入会申込み画面に移るので、「同意して入会する」を選択しましょう。

    SMBCモビットのWEB完結については、別記事でメリットやデメリット、SMBCモビットのWEB完結を利用した方の声もご紹介していますのでぜひお読みください。

    SMBCモビットのWEB完結を体験してみた!

    SMBCモビットのWEB完結申込みは、電話連絡・郵便物なしで利用できるため、アピールポイントだけみると非常に便利のように思えます。

    しかし、本当にSMBCモビットのWEB完結は電話連絡なしなのかと疑問に思ったお金の教本運営スタッフが、実際に申込んでたしかめてみました。

    SMBCモビットは100%バレないわけではない

    SMBCモビットのWEB完結に申込んでみたら、SMBCモビットの審査担当者から「申込み内容が正しいかどうか?」を確認する電話が入りました。

    電話で聞かれたのは「三井住友銀行や三菱UFJ銀行などの口座をお持ちでしょうか?」という質問です。

    その後、SMBCモビットのWEB完結申込では自宅の住所や家族構成・勤務先情報・融資の希望金額や融資の受ける日にち・必要書類などの確認事項のやり取りを行いました。

    この時点で、SMBCモビットのWEB完結は完全に電話連絡なしというわけではないと分かります。ただ、申込みの確認なので勤務先などに電話がかかってくるわけではないです。

    また、SMBCモビットに申込んだあと契約後に契約内容の確認と、SMBCモビットのローンカードを発行するかどうか?の電話連絡が入りました。

    そのため、SMBCモビット側から確認事項がある場合はWEB完結申込みでも電話連絡が入るということです。

    SMBCモビットのWEB完結カードの発行も可能

    SMBCモビットのWEB完結は、カードレスで利用可能なのが魅力です。しかし、必要に応じてSMBCモビットのローンカードを発行することもできます。サービスとして矛盾している点はありますが、つまりローンカードを発行してもらって自分の好きなタイミングでお金を借りることもできるということです。

    SMBCモビットのローンカードを発行するには、郵送か自動契約機から選ぶことになります。そのためSMBCモビットのWEB完結申込みでローンカードを発行して欲しい方は、自分が受け取りやすい方法を選択しましょう。

    SMBCモビットの審査基準

    SMBCモビットの審査基準

    SMBCモビットで申込むメリットは、10秒簡易審査や借り入れ上限額だけではありません。

    その他SMBCモビットにはどのようなメリットがあるのかみていきましょう。

    SMBCモビットのメリット

  • Web完結申込みなら電話連絡なし
  • Web完結申込みなら郵便物もなし
  • SMBCモビットのメリットは、他のサービスよりインターネット申込みに特化しているところです。

    WEB完結申込みとは、簡単にいうとインターネットで申込みから返済まで完結する方法になります。

    SMBCモビットのWEB完結申込みは、電話連絡なしで郵便物もなしです。そのため会社に電話連絡が入るのがどうしても嫌な人、自宅に郵便物が届いてバレてしまうのではないかと心配な方が、安心して利用できるのが強みです。

    SMBCモビットのデメリット

  • 初回無利息サービスがない
  • 店舗がないので窓口に直接行って相談することができない
  • SMBCモビットには、初めての方対象の初回無利息サービスがありません。カードローンを利用するときにどうしても金利が気になる方が多いと思いますが、その欠点を補うのが初回無利息サービスです。

    そのため、初めてSMBCモビットを利用する方にとっては大きなメリットを感じられないかもしれませんね。

    また、SMBCモビットには店舗が存在しません。直接融資の相談をしたいときに店舗がないので、不便に感じる方もいるでしょう。

    ただSMBCモビットは初回無利息サービスがないぶん、インターネット申込みの便利さに特化しています。

    SMBCモビットで即日融資を受けるには?

    SMBCモビットで即日融資を受ける方法

    SMBCモビットで即日融資を受けるコツ

    SMBCモビットを上手く使いこなせば、最短1時間以内で必要な金額を借り入れできます。

    SMBCモビットで今すぐ借りたいなら「インターネットで申込みをして口座振り込みを依頼する」のが最速の方法です。

    そして審査はコールセンターへ電話をすると、優先的に行ってくれる可能性が高いのでよりスピーディーになります。

    ただしこの最速方法を実現するためには

    • 三井住友銀行
    • 三菱UFJ銀行
    • ゆうちょ銀行

    この3つのうちいずれかの銀行口座が必要です。

    もしどの銀行口座も持っていないなら、まず口座を使っておきましょう。なぜなら、上記の銀行口座を持っていると、振込み時間を最短で行ってくれるSMBCモビットのWEB完結申込みが利用できるからです。

    SMBCモビットのインターネット申込みは、最速40分で融資を受けることが可能です。ただしWEB完結申込みをした場合のみになりますので注意しましょう。

    そのためSMBCモビットで最速の借り入れを実現するためには、WEB完結を最大限に活用するのがポイントです。

    SMBCモビットでスピーディーに申込む具体的な手順をご紹介します。

    SMBCモビット最速借入れ手順
    1. SMBCモビットの会員にログインする
    2. 「振込キャッシング」を選択する
    3. 希望する借入れ金額を記入して、「入力内容を確認する」を選択する
    4. 振込先の口座や希望する金額を確認し、「実行する」を選択して借入れ完了

    またSMBCモビットではスマホアプリで返済期日や返済額を確認することができます。最速の借り入れだけではなく、返済の目処をきちんと立てるためにも、有効に活用しましょう。

    こちらの記事でSMBCモビットの最速借り入れ方法について詳しく解説していますので、ぜひお読みください。

    SMBCモビットの申込み方法

    SMBCモビットの申込み方法

    SMBCモビットでは、インターネット申込み、電話申込など、自分に合った方法で申込むことができます。

    大手の金融機関はどこもスマホで手軽に借り入れできるようになりましたが、インターネット申込みにも欠点があります。

    また、自動契約機申込みも良い点悪い点があるので、自分に合った方法をお選びください。

    申込み方法メリットデメリット
    インターネット申込みスマホで24時間365日いつでも申込めるカードを発行する場合、時間がかかる
    電話申込み直接在籍確認で電話をやめてほしいなど相談ができる自動契約機にも行かないといけない
    郵送申込み面倒な操作がいらない。24時間好きなときに郵送できるローンカードの郵送に時間がかかる
    自動契約機申込み画面操作にしたがって契約するだけで操作が簡単周囲の視線が気になりがち

    どの借入れ方法も一長一短ありますが、インターネット申込みや郵送申込みは、誰にも会わずに申込みたい方にはおすすめです。

    また、ややこしい操作が嫌だという方は、画面にしたがって操作するだけで済む自動契約機申込みが便利です。

    このようにSMBCモビットに申込む方法は選択肢が多いので、自宅付近に自動契約機。好きなときに申込たい方はインターネットと使い分けるのがいいでしょう。

    SMBCモビットのWEB申込み手順

    SMBCモビットのWEB申込み手順

    SMBCモビットは、店舗が存在しないのでインターネット申込みが基本となります。そのためSMBCモビットに申込む前にインターネット申込みの手順を知っておくことが大事です。

    手順としては複雑なことはなく、今までカードローンを利用したことがない方でも操作に迷わず利用できるようになっています。

    SMBCモビットインターネット申込みの手順
    1. SMBCモビットの会員にログインする
    2. 振込キャッシングを選択する
    3. 希望する借入れ金額を記入して、「入力内容を確認する」を選択する
    4. 振込先の口座や希望する金額を確認し、「実行する」を選択して借入れ完了

    SMBCモビットの公式サイトから、スマホで手順に沿って申込んでいくだけです。

    ただ必要情報のを入力するとき、嘘の情報や間違った情報で登録してしまうと、SMBCモビットの審査に影響してしまうので、必要事項を入力するときは送信前にしっかり確認してから送信するようにしましょう。

    SMBCモビット自動契約機の利用方法

    SMBCモビットの自動契約機の利用方法

    SMBCモビットには店舗がありません。そのため基本インターネットから申込むか、ローン契約機を使うこになります。

    ローン契約機の申込みは、事前にインターネットで申込んでおいてカードの受取りだけ行う方法と、カードの申込みから行う方法と2種類あります。

    ※手順はローン契約機は三井住友銀行内にあるものを使用した例

    カードの受取り手順
    1. インターネットや電話で事前に申込みを済ませる
    2. 入金手続き画面でカードの受取を「三井住友銀行内ローン契約機」で選択
    3. ローン契約機を操作して本人確認書類を提出
    4. カードの受取り
    カード申込みの手順
    1. ローン契約機を操作して申込み
    2. 本人確認書類を提出
    3. その後電話にて追加項目を聞かれる
    4. メールにて申込み審査の結果の連絡が来て、ネットまたは電話で入会の手続きをする

    SMBCモビットローン契約機は、平日も土日祝日も9:00~21:00までとなっているので、カードを受取りに行く時間には注意しましょう。

    SMBCモビットの申込みに必要な書類

    SMBCモビットの申込み時に必要な書類

    SMBCモビットに申込む前には、必要な書類をそろえておくことがとても大事です。なぜなら、必要書類に不備があると申込みがスムーズにいかず、審査時間が長くなる原因となってしまうからです。

    また、SMBCモビット借入れ希望額によっては準備する書類も変わるため、しっかり各書類を準備できるようにしておきましょう。

    本人確認書類

    • 運転免許証
    • 各種保険証
    • 住民票
    • 公共料金の領収書
    • 納税証明証

    本人確認書類は、もっているなら運転免許証が一番楽に準備できます。ただ、運転免許証をもっていない、または記載されている住所と実際に住んでいる住所が違う場合、別の書類も用意しなければなりません。

    そして運転免許証に顔写真が載っていないときも、別の本人確認書類が必要です。

    もし運転免許証を用意できないときは、健康保険証と公共料金の領収書が用意しやすいですよ。

    収入証明書

    • 源泉徴収票
    • 給与明細書
    • 市民税や県民税額確定通知書
    • 所得税証明書
    • 確定申告書・青色申告書・収支内訳書

    収入証明書は、SMBCモビットで借りた人がしっかり返済できるかどうかを判断するために必須です。

    金融機関から借りる金額が大きくなるほど慎重に審査する傾向があるので、収入証明書も複数用意したほうがいいでしょう。

    収入証明書はさまざまな種類がありますが、比較的用意しやすい書類は給与明細書です。

    毎月もらっている給与明細を最低でも2ヶ月分用意しておくと、継続的に収入をもらっているとSMBCモビットに証明しやすくなります。

    またその他収入証明書については、別記事で発行場所や手数料などを解説しています。

    SMBCモビットの貸付利率(実質年率)

    SMBCモビットの貸付利率%

    SMBCモビット借入利率は、3.00%~18.00%です。ただし、利率は借入希望額により適用される利率はそれぞれ違います。

    SMBCモビットにかぎらず、金融機関の適用金利は、借入れ金額が低いほど金利を高く、借入れ金額が高いほど金利を低く設定する傾向があります。

    また、SMBCモビットで初めて借り入れする方は、だいたい最大金利が適用されることが多いです。というのも、初めてSMBCモビットを利用する方は、まだ利用実績がないので信用されていない状態です。

    SMBCモビットを複数回利用し、着実に信用実績を積み重ねることで金利を下げる相談ができるようになります。

    利用限度額適用金利
    5万円~90万円18.00%
    100万円~200万円15.00%

    残高スライド元利定額返済方式

    残高スライド元利定額返済方式

    SMBCモビットの返済は、残高スライド元利定額返済方式といって、借入残高に応じて返済額が変動していく方式です。毎月返済額が違うのはいっけん面倒のように思われるでしょう。しかし、毎月一定額を返済するよりも期間が短く済みやすいです。

    また余裕があるときはまとめて支払うこともできるので、好きなタイミングで返済期間を短くできるのも大きなメリットになります。

    では具体的にSMBCモビットの残高スライド元利定額返済方式は、どのような金額になるのかを計算してみました。

    今回は金利18.00%で、借入額100万円までのシミュレーションです。

    残りの残高返済額
    10万円以下4,000円
    20万円超~30万円以下8,000円
    30万円超~40万円以下11,000円
    40万円超~50万円以下13,000円
    50万円超~60万円以下16,000円
    60万円超~70万円以下18,000円
    70万円超~80万円以下21,000円
    80万円超~90万円以下24,000円
    90万円超~100万円以下26,000円

    仮にSMBCモビットで10万円借りたら、毎月4,000円ずつ返済していく必要があります。ただ毎月4,000円ずつ返済していると、返済期間が長くなってしまうので、やはり余裕があるときにまとめて返済するのがいいでしょう。

    なぜなら、返済するたびに利息がかかるからです。

    返済利息は、支払う回数が多くなるほどかさんでいき、損をすることになります。そのため多めの金額を返済することで、返済回数が減るのでSMBCモビットに支払う利息も少なくなるのです。

    SMBCモビットやその他の金融機関を利用する前に、返済方式の仕組みを知っておくと、借りるときだけでなく返済もお得に利用できるようになります。

    SMBCモビットの返済方法

    SMBCモビットの返済方法

    返済方法手数料
    口座振込み0円
    SMBCモビット指定銀行口座振込み銀行口座ごとに設定された手数料がかかる
    提携ATMから返済10,000円以下は110円
    10,000円以上は220円
    三井住友銀行ATMで返済すれば手数料0円

    SMBCモビットの返済シミュレーション

    SMBCモビットの返済シミュレーション

    SMBCモビットを利用したとき、返済計画を上手く組み立てるには実際の返済に近いシミュレーションをするとイメージしやすいです。

    シミュレーション融資可能かすぐわかる返済計画を立てるのに便利

    今回は、いくつか返済シミュレーションの例をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

    借入れ金額10万円、返済月数12ヶ月、適用金利18.00%の場合

    借入額返済回数毎月の返済額
    10万円129,167円

    借入れ金額30万円、返済月数18ヶ月、適用金利15.00%の場合

    借入額返済回数毎月の返済額
    30万円1818,715円

    借入れ金額50万円、返済月数24ヶ月、適用金利11.00%の場合

    借入額返済回数毎月の返済額
    50万円2423,303円

    また、SMBCモビットの公式サイトでも返済シミュレーションを利用することができます。

    適用金利は実際にSMBCモビットの申込み審査が完了しないとわからないですが、あらゆるケースを想定しておくと、返済の計画をが立てやすくなりSMBCモビットを利用する不安が解消できますよ。

    SMBCモビットで返済が遅れてしまったら?

    SMBCモビットの返済が遅れた場合

    返済の滞納の場合どうなるのか?

    カードローンを利用したあとは必ず返済が付いて回ります。SMBCモビットにかぎらず金融機関から借りたお金を返さないと、遅延損害金というものが発生します。

    つまり返済期日をすぎたら、延滞料金が発生するということです。遅延損害金は別の呼び方として「遅延利息」や「延滞利息」とも呼びます。

    遅延損害金は、金融機関が自分を信頼してお金を貸してくれたにも関わらず、その信用を裏切ってしまう行為なのです。

    そのため遅延損害金のようなペナルティーは、当然発生します。

    返済期日に遅れてしまうと、返済日翌日にSMBCモビットから催促の電話が来ます。放置していると、最悪差し押さえという事態になる恐れもあるため、SMBCモビットから連絡が来たら速やかに対応しましょう。

    ただ、突然事故に遭ったり病気になったり、不測の事態があってSMBCモビットの返済期日に間に合わないということもあるでしょう。

    そんなときは、SMBCモビットにメールまたは電話で連絡をして、返済期日に間に合わないことを伝えておくことが大事です。

    特別な事情があるなら、SMBCモビットが返済期日を先延ばしにしてくれることがあります。

    もちろんただ単に自分がSMBCモビットの返済期日を忘れていたという事情ならペナルティーとなりますが、やむを得ない場合は話が別です。

    ただ、SMBCモビットの返済期日を忘れていて返済が遅れるときも、こちらからSMBCモビットに連絡を入れると印象は大きく変わります。

    遅延損害金の計算方法

    未返済の金額×遅延損害金利率÷365=1日の遅延損害金

    遅延損害金は、SMBCモビットの返済期日を1日過ぎたら日ごとに増していきます。

    SMBCモビットの提携ATM一覧

    SMBCモビットの提携ATM一覧

    SMBCモビットは、店舗が存在しませんが全国各地に提携ATMがあるので、幅広い範囲で利用できます。

    アコムやプロミスの提携ATMも幅広いですが、SMBCモビットの提携ATMはどこでも借入・返済・入金に使えるところが大きなメリットです。

    〇=可能

    金融機関借入返済・入金
    三井住友銀行
    三菱UFJ銀行
    セブン銀行
    イオン銀行
    プロミスATM
    クレディセゾン
    第三銀行
    福岡銀行
    親和銀行
    熊本銀行
    Famiポート
    Loppi

    最新の提携ATMをこちらから確認

    SMBCモビットの提携ATMは、有名銀行から地方銀行まで幅広いです。またSMBCモビットは、プロミスの専用ATMとも提携していて、近くにSMBCモビットのATMがないけど「プロミスならある」という方は便利です。

    そのほかにも利用者数の多いセブン銀行やイオン銀行、三菱UFJ銀行なども使えるので、SMBCモビットは多くの方が借り入れから返済まで活用できます。

    SMBCモビットですぐ借りられる人と借りられない人の特徴

    SMBCモビットですぐ借りられる人と借りられない人

    SMBCモビットで今すぐ借りたいというとき、最速の方法で申込んでも借りられる場合と借りられない場合があります。

    まずはSMBCモビットですぐ借りられる人に共通している特徴をみていきましょう。

  • SMBCモビット以外で借入れしていない
  • 毎月安定した収入がある
  • 携帯料金などの支払いに遅れたことがない
  • 基本的にSMBCモビットの申込み条件を満たしている方は、すぐに借りられる条件を満たしています。

    アルバイト・パートの方でも、毎月安定した収入があり、過去にクレジットカードの支払いなどを滞納したことがないならSMBCモビットの申込みに問題はないでしょう。

    ただSMBCモビット申込み時に嘘の情報を申告したり、SMBCモビット以外の金融機関に複数同時に申込むと、多重債務者として見られる恐れもあります。

    では次に、SMBCモビットですぐ借りられない人の特徴をみていきましょう。

  • SMBCモビット以外で借入れしている
  • 毎月収入が安定していない
  • 携帯料金などの支払いに遅れたことがある
  • SMBCモビット以外にもいえることですが、毎月の収入が安定していない方はそもそも借り入れが難しいです。SMBCモビットなどの金融機関は、「返済できる」と信用した人以外にお金を貸すことはありません。

    またギャンブルや宝くじ、投資で稼いだお金は毎月の収入とは判断されないため、お金をもっている方でも借り入れできないことがあるのです。

    たとえ年収が低くても、毎月安定して給料をもらっている方のほうがSMBCモビットでも「返済する能力がある」と判断されやすくなります。

    そして過去にカードローンやクレジットカードの支払いで延滞があった方は、慎重に審査したうえで借り入れできるかどうかの判断をされます。

    そのためSMBCモビットですぐ借りたいという点では、不利になってしまうのです。

    こちらの記事では、SMBCモビットの最速借入れ方法をご紹介しています。SMBCモビットで早く借りるために必要な書類や申込める人の特徴なども同時にご紹介していますよ。

    また、SMBCモビットの借り入れ審査に自分が通るかどうかは、公式サイトの10秒簡易審査が便利です。自分がまずSMBCモビットの申込み条件を満たしているかどうかをすぐに判断できます。

    SMBCモビットのみんなの評価 

    総合評価
    84点 / 100★★★★☆
    平均借入額10万円
    審査スピード3人が時間以内に1.3時間以内に審査結果を確認
    融資スピード3人の人が3時間以内にお金を借りられた
    監修:
    総合評価
    84点 / 100★★★★☆
    審査スピード3人が時間以内に1.3時間以内に審査結果を確認
    融資スピード3人の人が3時間以内にお金を借りられた
    監修:

    SMBCモビットの口コミ一覧

    • 可決
    • 否決
    • 40代|男性|会社員
      勤続年数:12年 

      kazuhumimana

      一応返済のあてがしっかりあったので短時間で借りられたんだと思います。

      希望額250
      融資限度額-万円
      申込方法自動契約機
      他社の借入状況0円
      現在の借入状況-万円
      利用用途
      選んだ理由大手の消費者金融のほうが安心して借りられると思ったから
    • 20代|男性|会社員
      勤続年数:2年 

      66546

      結果会社への在籍確認はなかったです!もちろん本人確認はありましたが。

      希望額10
      融資限度額-万円
      申込方法自動契約機
      他社の借入状況0円
      現在の借入状況-万円
      利用用途生活費
      選んだ理由会社への在籍確認がないと聞いたので
    • 50代|男性|会社員
      勤続年数:20年 

      しみぱん

      友人の勧めで行ってみたら借入できたので、申し込んでみてよかった。

      希望額30
      融資限度額-万円
      申込方法WEB申し込み
      他社の借入状況0円(完済)
      現在の借入状況-万円
      利用用途-
      選んだ理由同じ業者から何度も借入するのはちょっと恥ずかしかったので、友人の勧めで行ってみました

      今すぐアコムに申し込む今すぐアコムに申し込む

      SMBCモビットのよくある質問

      すぐにでも借りたい。どうすればいい?
      SMBCモビットでは、Web完結の申し込み方法を導入しています。Webから申し込みいただき、「振込キャッシングサービス」をご利用いただけば、最短30分での審査、最短3分でのお振込みが可能となります。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
      インターネットでの申込受付時間は?
      24時間365日いつでもお申込いただけます。
      ※ ただし、毎月最終月曜日の午前2:00~午前5:00の3時間はメンテナンスを行ないますので申込受付を停止させていただきます。
      印鑑は必要なの?
      必要ございません。ただし、三井住友銀行または三菱UFJ銀行に預金口座をお持ちの方で、口座振替での返済をご希望のお客様は、口座振替依頼の手続きの際に印鑑が必要です。
      WEB完結申込って何?
      お申込からご利用まで、すべてインターネットとメールだけでお手続きいただける方法です。
      障がいを持っている場合でも、申込はできますか?
      年齢満 20 歳以上 69 歳以下の安定した定期収入のある方であれば、お申込いただけます。
      初めて融資の申込をした場合、どれくらいの期間で借入できますか?
      審査状況により異なります。最短では当日にお借入が可能です。
      担保や保証人は必要ですか?
      担保や保証人は必要ありません。
      利用限度額が減ったのはなぜですか?
      お客様の利用状況に応じて利用限度額は増減することがございます。 ご不明な点は以下のフリーコールまでお問い合わせください。
      借入時に手数料はかかりますか?
      提携ATM利用時の手数料は、一部お客様のご負担となります。  取引金額 1万円以下 入金/出金:110円  取引金額 1万円超  入金/出金:220円  ※出金によって発生するATM手数料は、次回の入金時にご清算いただきます。
      振込融資をお願いした場合、いつ振込まれますか?
      振込融資について、受付完了から最短3分でお振込します。 1.平日:時間帯0:00~9:30のお申込の場合  9:00以降または受付完了から最短3分でお振込(メンテナンス時間を除く) 2.平日:時間帯9:30~14:50のお申込の場合  受付完了から最短3分でお振込 3平日:時間帯14:50~23:59、および土日・祝日のお申込の場合  翌金融機関営業日9:30頃のお振込、または、受付完了から最短3分でお振込となります。(メンテナンス時間を除く) ※お振込先の各金融機関の受付可能時間によって異なります。詳しくは各金融機関へお問合せください。 振込キャッシング手続後に最新のお振込状況を確認する場合は、会員専用サービス「Myモビ」の  「振込キャッシング照会」画面をご覧ください

      今すぐSMBCモビットに申し込む

      SMBCモビットの「契約機」について知りたい方が読む記事

      【1時間以内】SMBCモビットで今すぐ借りたい|最速のカギは銀行口座!
      【1時間以内】SMBCモビットで今すぐ借りたい|最速のカギは銀行口座!

      SMBCモビットの「審査」について知りたい方が読む記事

      5分でわかるSMBCモビットの歴史!人気消費者金融の原点とは!?
      5分でわかるSMBCモビットの歴史!人気消費者金融の原点とは!?

      条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

      すべての条件や種類を見る

      キャッシング最適診断キャッシング最適診断
      難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

      お金の教本について

      急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
      しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
      お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

      キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

      大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

      キャッシング選びに迷った方も安心

      数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
      当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
      迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。