楽天銀行住宅ローンフラット35

フラット35は、住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携して生まれた住宅ローンです。
固定金利であるため、将来の金利の変動を気にすることなく利用できるのが特徴です。
フラット35の「35」とは、35年ローンという意味です。その他にも20年以下のフラット20や50年ローンのフラット50など、いろいろな商品があります。

楽天銀行住宅ローンフラット35の特徴

楽天銀行住宅ローンフラット35

豊富なラインナップのフラット35

フラット35は多くの都市銀行・信託銀行・地方銀行・信用金庫等で提供されており、申込みは各金融機関で行うことができます。
最初に返済までの金利が決まる固定金利のため、変動金利の民間の住宅ローンと比べて金利の変化を気にせずに利用することが可能です。
金利・融資手数料は取扱金融機関によって変わります。

楽天銀行住宅ローンフラット35のスペック

実質年率 利用限度額 審査時間 融資スピード
キャッシング*1
年1.270%~年1.960%
クレジット
- 1~2週間程度*2 -
必要書類(収入証明書) 「フラット35」申込書類・本人確認書類・物件に関する書類・収入証明書
担保・保証人 不要
利用条件 申込時年齢70歳未満で、完済時年齢が満80歳未満の方(親子リレー返済を利用される場合は70歳以上の方も可)
学生 不可
パート・アルバイト 不可
専業主婦 不可
在籍確認
総量規制 対象外
遅延利率
初回無利息期間 なし
スマホ申し込み
女性向けローン なし
提携ATM なし
利用可能コンビニ なし
返済方法 申込時に登録した銀行口座より返済
実質年率 キャッシング*1
年1.270%~年1.960%
クレジット
利用限度額 -
審査時間 1~2週間程度*2
融資スピード -
必要書類(収入照明書) 「フラット35」申込書類・本人確認書類・物件に関する書類・収入証明書
担保・保証人 不要
利用条件 申込時年齢70歳未満で、完済時年齢が満80歳未満の方(親子リレー返済を利用される場合は70歳以上の方も可)
学生 不可
パート・アルバイト 不可
専業主婦 不可
在籍確認
総量規制 対象外
遅延利率
初回無利息期間 なし
スマホ申し込み
女性向けローン なし
提携ATM なし
利用可能コンビニ なし
返済方法 申込時に登録した銀行口座より返済

今すぐ楽天銀行住宅ローンフラット35に申し込む

楽天銀行住宅ローンフラット35についてもっと知る

この記事の目次

楽天銀行住宅ローンフラット35の特徴

楽天銀行の住宅ローンフラット35は、2018年オリコン顧客満足調査で1位を獲得しました。

そんな楽天銀行住宅ローンフラット35には、以下の特徴があります。

  • 最低水準の金利
  • 事務手数料も最低水準
  • 保障内容が充実している

楽天銀行住宅ローンフラット35は、長期固定金利という借入れ初日から完済日まで金利が変わりません

そのため、返済計画が立てやすいのが強みです。

また、楽天銀行住宅ローンフラット35の事務手数料は通常の場合、「借入れ金額×1.404%」となります。

しかし、楽天銀行を返済口座に設定すると「借入れ金額×1.08%」とかなり低くなるのです。

楽天銀行住宅ローンフラット35を利用するなら、楽天銀行の口座を持っておくことをおすすめいたします。

ただし、事前に楽天銀行口座をハッピープログラムに登録しておく必要があります。

ちなみに、楽天銀行住宅ローンフラット35は、2017年10月以降にリニューアルし保障内容がより充実したものに変わりました。

団信付きの住宅ローンで安心した返済計画が可能!

団信とは、事故や病気などにより日常生活を送ることが困難な場合に、借入れ金額を返済する必要がなくなるものです。

この団信(団体信用生命保険)は、原則として加入しなければいけません。

しかし、団信には団信特約料という支払いがあり、1年分の支払いをまとめてしなくてはいけないのです。そのため、費用の負担や支払いの忘れを心配になる方もいるかもしれません。

住宅ローンフラット35には月々の支払いに団信特約料が含まれているため、費用の負担がなく支払いを忘れてしまう心配がありません。

ただ、団信付きの住宅ローンは通常の金利よりも高く毎月の返済金額多いですが、万が一のためにも、加入しておくことをおすすめいたします。

楽天銀行住宅ローンフラット35で借りるメリット・デメリット

メリット

  • 申込みから契約まで自宅で行える
  • 収入を合算して申込みできる
  • 楽天銀行住宅ローンフラット35は、自宅に居ながら申込みから契約まで行うことができます。これは、ネット銀行ならではの大きなメリットといえるでしょう。

    また、申込みされる方の収入では申込み条件を満たせない場合、連帯債務者をたてることで収入を合算して申込むことができるのです。

    収入の合算は、アルバイトやパート、正社員の方でも安定して収入があれば合算することができます。

    連帯債務者は、申込みされる方と一緒に住む家族や配偶者の方が対象になります。

    しかし家族が住むための住宅の場合、申込みされる方と一緒に住まなくても収入を合算できることもあるかもしれません。

    そのため、収入を合算して申込みする前に、一度楽天銀行のフリーコールへ相談してみましょう。

    デメリット

  • 店舗で直接相談することができない
  • 楽天銀行は実際に店舗がないため、直接相談することができないのです。そのため、「直接相談しながらローンを組みたい」と考える方には、向かないかもしれません。

    しかし、店舗ではなく、インターネット上なら直接相談することが可能です。

    楽天銀行はインターネットの通話サービスSkypeを使って、住宅ローンに関する相談をすることができます。

    ビデオ通話で直接オペレーターの顔を見ながら、資料や携帯の画面などカメラに写して相談することができるのです。

    このネット相談は年末年始を除き、毎日9時~17時まで受けつけています。

    ただ、ネット相談は予約制のため、いつでも相談することができないので注意してください。

    楽天銀行住宅ローンフラット35の申込み条件

    申込み条件

    申込み時70歳未満完済時満80歳以下の方(親子リレー返済を利用される方は、70歳以上でも申込み可能です。)

    日本国籍を有する方や永住許可等を受けている外国人の方

    住宅ローンフラット35と他社の借入れ金額をすべて合わせて、年間返済金額の年収に占める割合が次の基準以下の方

    ・400万円未満:30%以下

    ・400万円以上:30%以下

    親子リレーとは、ローンを組まれた方に万が一返済していくことが困難になった場合、ローンの返済を引き継いでいく返済方法です。

    この親子リレーは、ローンを組んだ方の家族か配偶者の方と申込みすることができます。

    ちなみに、ローンを組んだ住宅に同居予定のない家族なども、親子リレーに申込みすることが可能です。

    申込み時に必要な書類

    本人確認書類

    必ず必要になる書類※1

    運転免許証がない場合以下の1点が必要※2

    外国国籍の方は以下の1点必要※3

    ・運転免許証

    ・健康保険証

    ・住民票(原本)

    ・パスポート

    ・住民基本台帳カード(顔写真付き)

    ・個人番号カード(顔写真付き)

    ・特別永住者証明証

    ・在留カード

    ※1. 運転免許証と健康保険証は、裏面に記載がない場合でも両面のコピーが必要になります。

    ※2. 住民基本台帳カードの場合、両面のコピーが必要となります。個人番号カードの場合、表面のコピーだけで大丈夫です。

    3. 特別永住者証明証と在留カードは、裏面に記載がない場合でも両面のコピーが必要になります。

    収入に関する必要書類

    〇:必須 △:該当する場合のみ必須

    必要書類

    給料のみ収入がある場合

    給料以外にも収入がある場合

    注意事項

    確定申告あり

    確定申告なし

    確定申告あり

    確定申告なし

    源泉徴収票コピー

    複数の会社から給料をもらっている場合、すべての会社から源泉徴収票を発行してもらう必要があります。

    ■いずれか1点※1

    ・住民税特別徴収税額の通知書原本

    ・住民税課税証明書原本

    住民税が給料から天引きされていない方は、住民税課税証明書が必要になります。

    確定申告書コピー

    -

    -

    年収2,000万円を超える場合や複数の会社から収入がある場合は必要になります。ただ、医療費などを控除した場合は提出の必要はありません。

    所得税納税証明書原本※3

    -

    -

    給料のみ方で、年収2,000万円を超える場合や複数の会社から給料をもらっている場合は、所得税納税証明書原本が必要になります。

    ⇔この表は左右にスクロールできます

    物件に関する書類

    〇:必須 △:該当する場合のみ必須

    必要書類

    注文住宅

    新築住宅

    中古住宅

    新築マンション

    中古マンション

    注意事項

    不動産売買契約書全ページのコピー※1

    本契約締結前は仮契約書を先に提出し、後日本契約書を提出してください。

    また、所有地に建築するときに書類がない場合、提出は不要です。

    重要事項説明書全ページのコピー

    もし、建物の重要事項説明書がない場合、土地の重要事項説明書を提出してください。

    また、所有地を譲りうけた際、紛失した場合は提出不要です。

    工事請負契約書全ページのコピー※1

    -

    -

    -

    -

    本契約締結前は仮の契約書又は見積書のコピーを先に提出し、後日本契約書のコピーを提出してください。

    敷地の登録事項全証明書のコピー※2

    -

    -

    交付請求する場合、「全部事項証明書、共同担保目録付き(抹消を含む全部)」と記載されたものを提出してください。

    建物の登録事項全証明書のコピー※3

    -

    -

    交付請求する場合、「全部事項証明書、共同担保目録付き(抹消を含む全部)」と記載されたものを提出してください。

    建築確認申請書の1面~5面のコピー

    -

    -

    申込み時に申請前の場合、提出不要となります。後日、受領印があるものを提出していただければ大丈夫です。

    ■いずれか1点

    ・建築確認済証のコピー

    ・建築確認通知書のコピー

    -

    -

    建築確認済証を入手できない場合、「建築確認証明書」又は「建築確認概要書」を提出してください。

    住宅地図のコピー

    建築予定の所有地にマーカー等で、マークを付けて提出してください。

    建築の配置図と平面図のコピー

    -

    -

    建築確認申請をしていない場合、仮の書類を提出してください。後日、本書類を提出してください。

    土地の公図のコピー

    -

    -

    建築予定となる敷地にマーカー等で、マークを付けて提出してください。

    ⇔この表は左右にスクロールできます

    ※1.契約後に契約変更があった場合、該当する契約書、注文書、注文請書のいずれかのコピーも併せて提出してください。

    ※2.建築予定地に私道負担面積を含む場合、その面積の部分も併せて提出してください。

    ※3.注文住宅の方は、敷地内に複数の建物を所有している場合のみ提出してください

    該当する方のみ必要となる書類

    申込み時の前年度・前々年度以降に転職・産休などを取られた方や公的年金等の収入をもらっている方、海外へ勤務されていた方は以下の書類は必要となります。

    必要書類

    注意事項

    住宅建築に関する地主の承諾書

    建築予定の土地が借地の場合、必ず提出してください。また、賃貸借の場合「賃貸借契約書のコピー」を、使用貸借の場合「土地所有者の印鑑証明書のコピー」をそれぞれ提出してください。

    転職・休職・海外勤務の給料証明書

    申込み時の前年度以降に転職および就職された方や、病休期間が終了された方、海外勤務から国内勤務になった方は提出してください。

    産休・育休時の給料証明書

    申込み時の前々年度以降に産休・育休を取られた方、現在休暇中の方は提出してください。

    復職に関する念書

    申込み時に休職中の方で、契約時には復職される場合に必要となります。

    職歴書

    申込み時の前年度以降に転職・就職された方は提出してください。

    親族居住用の借入れ申込み書

    申込みされるご家族が入居するために、建築又は購入される場合に、借入れ申込み書が必要になります。

    年金証書等のコピー

    公的年金をもらっている方で、年金以外にも収入がある場合に必要です。

    ■いずれか1点

    ・年金の源泉徴収票のコピー

    ・年金の振込通知書等のコピー

    公的年金をもらっている方は、直近2年間の書類を提出してください。、また、紛失・使用済みの場合は再発行の依頼をする必要があります。

    ■いずれか1点

    ・敷地の賃貸借契約書

    ・地上権設定契約書のコピー

    建築予定の敷地が借地(普通借地権・定期借地権・建物譲渡特約付きの借地権)のいずれかの該当する場合必要になります。

    また、契約締結時から地代に変更がある場合、現在適応されている改定通知書のコピーが必要です。

    さらに、地代を支払っている証明書類も併せて提出してください。

    仮換地証明書・仮換地図のコピー

    建築予定の敷地が仮換地の場合、提出する必要があります。

    その他に必要になる書類

    必要書類

    該当される方

    入居延滞承認申請書

    住宅ローンの対象となる住宅に入居が送れる方が該当します。

    入居時期が延滞と決まり次第、早めに提出してください。

    住所変更届

    申込みされた方が該当します。また、旧住所で契約した場合、旧住所と新住所の両方提出してください。

    留守管理承認書

    住宅ローンの対象となる住宅に諸事情により、一時的に住むことが困難になった方が該当します。

    住むことが困難とわかり次第、早めに提出してください。

    借入れ内容変更依頼書

    借入れの申込み書類を提出後に、借入れ内容の変更を希望される方が該当します。

    契約完了するまでは変更可能ですので、早めに提出してください。

    楽天銀行住宅ローンフラット35の審査基準

    審査項目

    内容

    住宅の要件

    ・住宅金融支援機構の定める技術、維持管理基準を満たし、審査に合格した住宅

    ・住宅部分の面積が「一戸建て:70㎡以上」「マンション:30㎡以上」を満たしている

    ・住宅建設費、住宅購入価額が消費税込みで1億円以下※1

    対象地域

    ・北海道、本州、四国、九州、沖縄本島、淡路島※2

    借入れ可能金額

    ・1万円単位で100万円以上8,000万円以下※3

    借入れ期間

    ■以下のいずれか短い年数が適応される

    ・1年単位で15年以上35年以内

    ・完済時の年齢が満80歳になるまでの年数

    担保

    住宅ローンの住宅ローンの譲受人である住宅金融支援機構が融資の対象である建物およびその敷地に、第1順位の抵当権を設定させていただきます。

    保証人

    不要

    保証料

    不要

    1. 住宅建設費・住宅購入価額には、土地の取得費も含まれます

    ※2.離島は非対象となります

    ※3.住宅建設費、住宅購入価額の100%以内で借入れ可能です。

    楽天銀行住宅ローンフラット35の申込み方法

    お申込み方法
    1. 楽天銀行公式サイトから「住宅ローンフラット35」に申込む
    2. 必要事項を記入後、「楽天会員のかた」「楽天銀行口座をお持ちのかた」「どちらもお持ちではないかた」いずれかを選択する
    3. 一次審査が完了後、申込み書類が送られてくる
    4. 必要事項を記入後、本審査が行われる
    5. 仮承認取得後、本承認取得に必要な書類が送られてくる
    6. 必要事項を記入し、用意した書類を同封して返送する
    7. 本承認取得後、契約書類が送られてくる
    8. 契約書類の必要事項を記入し、返送する
    9. 契約書類の確認が完了次第、希望した銀行口座に振込まれ手続き完了

    楽天銀行住宅ローンフラット35の金利

    ■住宅ローンフラット35の借入れ金額が90%以下の場合

    返済期間

    住宅ローンフラット35の年率金利

    団信あり

    団信なし

    15年以上20年以下

    1.23%

    1.03%

    21年以上35年以下

    1.295

    1.09%

    ■住宅ローンフラット35の借入れ金額が90%以上の場合

    返済期間

    住宅ローンフラット35の年率金利

    団信あり

    団信なし

    15年以上20年以下

    1.67%

    1.47%

    21年以上35年以下

    1.73%

    1.53%

    ※2019年5月時点

    借入れ方法

    楽天銀行住宅ローンフラット35の借入れ方法は、口座振込みとなります。

    設定できる銀行口座は、楽天銀行や三菱UFJ銀行など普段から使っている口座で大丈夫です。

    ただ、一部取扱っていない銀行口座もありますので、申込み時に確認してみましょう。

    ちなみに、口座開設をしていない銀行口座を設定する場合、仮審査までには終わらせておく必要があります。

    そのため、楽天銀行など新しく口座開設して住宅ローンを組もうと考えている方は、申込みする前に口座開設を終わらせておきましょう。

    楽天銀行住宅ローンフラット35には返済方法が2つ!

    楽天銀行住宅ローンフラット35は、「元利均等毎月返済」と「元金均等毎月返済」の2つから選ぶことができます。どの方法にも半年に一度もらえるボーナス支払いも一緒に利用することができますよ。

    また、楽天銀行住宅ローンフラット35は毎月5日に口座引落しされますが、休日の場合翌日営業日に引落しされます。

    引落しに使える銀行口座は、普段から使っている大手の銀行口座なら大丈夫です。

    元利均等毎月返済

    元利均等毎月返済とは、毎月の返済金額が変わらずに支払うことができる返済方法です。

    この返済方法は計画を立てやすいので、安心して返済していくことができます。

    なので、安定して返済していきたい方に向いている返済方法となります。

    しかし、借入れ金額をなかなか減らすことができないため、長期間返済していかなければいけません。

    元金均等毎月返済

    元金均等毎月返済は、毎月の返済金額のうち元金を一定額で支払うことができる返済方法です。

    この返済方法は、元金を早く減らしていけるので、毎月の返済金額が少なくなっていきます。

    なので、なるべく毎月の返済金額を抑えたい方に向いている返済方法となります。

    ただ、最初の返済金額が高くなっているので、注意してください。

    返済が遅れてしまったら?

    返済に遅れてしまうと、「延滞損害金:年率14.5%」という賠償金が発生してしまいます。

    この延滞損害金は、以下のような日割り計算でいくらになるのか確認することができます。

    未払いの返済金額×延滞損害金利率÷365=1日ごとの延滞損害金額

    このように延滞損害金は、日割りで計算されているため、遅れれば遅れるほど延滞損害金が増えていくのです。

    もし、返済期日に遅れそうなら、速やかに楽天銀行のフリーコールへ電話かけ相談してみましょう。

    楽天銀行住宅ローンフラット35S

    楽天銀行住宅ローンフラット35Sの特徴

    • 住宅ローンフラット35より住みやすい住宅建設が可能
    • 住宅ローンフラット35の子育て支援型と併せて、利用可能

    楽天銀行住宅ローンフラット35Sは、省エネルギー性能、バリアフリー性能、耐震性能、耐久性能、可変性能に優れた住宅を建築することができるのです。

    そのため、高齢者等いるご家庭は、住宅ローンフラット35Sの利用をおすすめいたします。

    また、小さな子供がいるご家庭なら、住宅ローンフラット35Sと住宅ローンフラット35の子育て支援型を併せて利用することで、お得に住宅ローンを組むことができますよ。

    子育て支援型とは、子育ての支援を積極的に行っている地方公共団体と楽天銀行が提携し、住宅ローンフラット35の金利を5年間0.25%引下げる制度です。

    さらに子育て支援型は、地方公共団体から住宅取得に伴う補助金を受けることもできます。

    楽天銀行住宅ローンフラット35Sの審査基準はプランによって異なる

    楽天銀住宅ローンフラット35Sには、「金利Aプラン」と「金利Bプラン」の2種類があります。

    ■金利Aプラン(1~6のうち1つ以上の審査基準を満たす必要があります。)

    審査基準

    内容

    省エネルギー性

    1.認定低酸素住宅

    2.一次エネルギー消費量等級5の住宅

    3.性能向上計画認定住宅

    耐震性

    4.耐震等級3の住宅

    バリアフリー性

    5.高齢者等配慮対策等級4以上の住宅

    耐久性・可変性

    6.長期優良住宅

    共同住宅の場合、高齢者等専用部分は等級3でも可能

    ■金利Bプラン(1~6のうち1つ以上の審査基準を満たす必要があります。)

    審査基準

    内容

    省エネルギー性

    1.断熱等性能等級4の住宅

    2. 一次エネルギー消費量等級4以上の住宅

    耐震性

    3.耐震等級2以上の住宅

    4.免震建築物

    バリアフリー性

    5. 高齢者等配慮対策等級3以上の住宅

    耐久性・可変性

    6.劣化対策等級3、維持管理対策2以上の住宅

    共同住宅の場合、間取りを区切る壁や柱などの障害をなくす対策が必要となります。

    また、上記のプランはすべての住宅に当てはまる審査基準となります。

    ただ、中古住宅の場合は、AプランやBプラン以外に以下の1~4のうち1つ以上の審査基準を満たす必要があるのです。

    ■中古住宅の審査基準

    審査基準

    内容

    開口部断熱等の省エネルギー性能

    1.二十サッシや複層ガラスを使用した住宅※1

    外壁断熱等の省エネルギー性能

    2.省エネルギー対策等級2以上又は断熱等性能等級2以上の住宅

    手すり等のバリアフリー性能

    3.浴室や階段に手すりが設置している住宅

    段差解消等のバリアフリー性能

    4.室内の段差がない住宅※2

    ※1.玄関、浴室、脱衣室、洗面所等のガラスは含まれません。

    ※2. 5mm以下の段差は、「段差のない構造」とみなされます。また、出入り口・土間を除き寝室や浴室、脱衣室などをつなぐ廊下も段差のない構造となります。

    住宅ローンフラット35Sの金利

    楽天銀行住宅ローンフラット35Sは、「Aプラン:10年間」「Bプラン:5年間」と金利を引下げてもらうことができます。

    引下げ期間が終了してしまうと、通常の金利になってしまいます。

    そのため、自分がどのプランを選んだのか覚えておくと返済するときに焦らなくてすみますよ。

    では、実際に引下げ期間中と引下げ期間終了後の金利をみていきましょう。

    ■住宅ローンフラット35Sの借入れ金額が90%以下の場合

    返済期間

    住宅ローンフラット35Sの年率金利

    団信あり

    団信なし

    15年以上20年以下

    当初金利引下げ期間内

    0.98%

    0.78%

    引下げ期間終了後

    1.23%

    1.03%

    21年以上35年以下

    当初金利引下げ期間内

    1.04%

    0.84%

    引下げ期間終了後

    1.29%

    1.09%

    ■住宅ローンフラット35Sの借入れ金額が90%以上の場合

    返済期間

    住宅ローンフラット35Sの年率金利

    団信あり

    団信なし

    15年以上20年以下

    当初金利引下げ期間内

    1.42%

    1.22%

    引下げ期間終了後

    1.67%

    1.47%

    21年以上35年以下

    当初金利引下げ期間内

    1.48%

    1.28%

    引下げ期間終了後

    1.73%

    1.53%

    いざというときにつなぎローンを組むことも可能!

    まずつなぎローンとは、新しく住宅を建てるときの土地代や着工金、中間金に充てることができるローンのことです。

    住宅ローンと同じく来店不要で申込みすることができ、最大3回に分けて融資を受けることができますよ。

    住宅ローンが仮承認された時点で、融資を受けることができるので土地代に困ったときなどに役立ちますよ。

    ちなみに、つながりローンは住宅ローンと同時に申込みすることで、書類提出や審査時間を省くことができますよ。

    また、つながりローンは保証人不要で申込みできますが、団信に必ず加入しなければいけません。

    そのため、団信を組みたくないと考える方にはつながりローンの利用は向かないかもしれません。

    つなぎローンの金利

    適応期間

    基準金利

    2019年5月1日~5月31日

    年率2.63%

    ※2019月5月時点

    つなぎローンの金利は毎月見直しされるため、金利がいくらなのか毎月確認する必要があります。

    なので、つなぎローンを利用するときは、毎月1日に公式サイトを確認するようにしましょう。

    ちなみに、金利は申込み時ではなく、借入れするときの金利が適応されますので注意してください。

    借入方法

    つながりローンの借入れ方法は、住宅ローンフラット35と同じく、口座振込みとなっています。

    また、借入れ金額は、10万円単位で借入れすることができます。

    ただし、数回に分けて借入れする場合、借入れ金額の合計が買取り仮承認金額・承認金額を超えないことが条件となっています。

    ■借入れ金額の内訳

    項目

    内容

    土地代金

    土地の売買契約金額のうち100%借入れ可能

    建物代金

    ・着工金:建築請負契約金額のうち30%まで借入れ可能

    ・中間金:建築請負契約金額のうち60%まで借入れ可能

    着工金を借入れ時に中間金を併せて借入れした場合、そのときの借入れ金額を差引いた金額を借入れすることができます。

    返済方法

    つなぎローンの返済は、住宅ローンの借入れ金額から差引きとなり、一括前払いで返済していく方法となります。

    また、融資事務手数料は一律として、110,000円かかってしまいます。この事務手数料は、つながりローンで借入れしたときに、一括返済しなくてはいけません。

    そのため、つなぎローンを利用する場合、実際の借入れ金額よりも少なくなってしまいます。

    しかし、早く融資を受けたいときや一時的な資金として、つながりローンを利用するのもひとつの手段かもしれませんよ。

    ちなみに毎月の返済金額を知りたい方は、楽天銀行住宅ローンお問い合わせ窓口に電話をかけることで、確認することができますよ。

    ハッピープログラムを利用してお得に住宅ローンを組もう!

    ハッピープログラムは、楽天ポイントの獲得倍率が最大3倍・ATMの利用手数料が毎月最大7回まで無料などが受けられるサービスです。

    楽天市場をよく利用される方は、ハッピープログラムを登録することでよりお得に利用することができますよ。

    また、ハッピープログラムは、以下の2ステップで申込みすることができます。

    ハッピープログラムのお申込み手順
    1. 楽天銀行の個人口座にログインする
    2. 楽天市場の会員にログインする

    ちなみに、ハッピープログラムの会員になると、楽天ポイントをデビットカードの支払いやプリペイドのチャージに使うことができます。

    どちらの支払いも1ポイント=1円として使うことができるのです。

    ただ、デビットカードやプリペイドカードは楽天から発行されているしか適応されていませんので注意してください。

    ハッピープログラムのお得な特典

    会員ステージ

    適応条件

    ATM利用手数料無料回数

    振込み手数料無料回数

    楽天スーパーポイント獲得倍率

    スーパーVIP

    ・残高300万円以上

    ・取引件数30件以上

    7回/月

    3回/月

    3倍

    VIP

    ・残高100万円以上

    ・取引件数20件以上

    5回/月

    3回/月

    3倍

    プレミアム

    ・残高50万円以上

    ・取引件数10件以上

    2回/月

    2回/月

    2倍

    アドバンスト

    ・残高10万円以上

    ・取引件数5件以上

    1回/月

    1回/月

    1倍

    ベーシック

    ・初回入会

    0回/月

    0回/月

    1倍

    ※ATM利用手数料無料・口座振込み手数料無料は、毎月1日への日付変更後順次適応されます。そのため、すぐ適応されていない場合があるので注意してください。

    ハッピープログラムの会員ステージの適応は、「毎月25日時点の口座内残高」又は「前月26日~翌月25日の取引件数」によって判断されています。

    取引件数には、給料の振込み先や宝くじの購入などが該当します。

    また、住宅ローンなどローン関係の返済口座として楽天銀行を設定するだけで、ステージを1つ上げることができます。

    しかし、翌月に会員ステージの適応条件を満たしていないと、会員ステージが下がってしまいますので注意してください。

    楽天銀行住宅ローンフラット35の口コミ一覧

    • 可決
    • 否決

    今すぐアコムに申し込む今すぐアコムに申し込む

    楽天銀行住宅ローンフラット35のよくある質問

    融資金の一部を繰上げ返済できますか?
    手数料をかけずに繰上げ返済できます。繰り上げて返済できる金額は100万円以上またはインターネットからのお申込みでは10万円以上から可能です。
    親子や夫婦で申し込めますか。
    お申込みできます。 ただし、連帯債務者となり、お申込みされた住宅に住んでいただく必要があります。 また、連帯債務者になられる方は1名となります。
    投資用物件など第三者に賃貸する目的の物件の取得資金にフラット35を利用することはできますか?
    ご利用いただけません。フラット35は申込み本人または親族がお住まいになる新築住宅の建設資金・購入資金、中古住宅の購入資金等にご利用いただけます。
    (住宅ローン)購入する不動産が、優良住宅取得支援制度(フラット35S)の対象になるか、わからないのですが?
    売主さま、工事請負会社さま、販売代理会社さまなどにご確認ください。お申込時には、優良住宅取得支援制度の技術基準を満たしているか否かの証明書類は必要ございません。
    本承認取得時までにご提出ください。
    (住宅ローン)借り換えでフラット35S(優良住宅取得支援制度)は適用されますか?
    借り換えにおいては、フラット35S(優良住宅取得支援制度)は適用されません。

    今すぐ楽天銀行住宅ローンフラット35に申し込む

    このサービスを見た方はこんなサービスも見ています

    楽天銀行住宅ローンフラット35の「契約機」について知りたい方が読む記事

    楽天銀行住宅ローンフラット35の「審査」について知りたい方が読む記事

    楽天銀行住宅ローンフラット35の「借入方法」について知りたい方が読む記事

    条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

    すべての条件や種類を見る

    キャッシング最適診断キャッシング最適診断
    難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

    お金の教本について

    急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
    しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
    お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

    キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

    大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

    キャッシング選びに迷った方も安心

    数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
    当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
    迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。