ジャパンネット銀行ネットキャッシング

ジャパンネット銀行ネットキャッシングは、ローンカード発行なしでキャッシュカードでキャッシングできます。また、専用のスマホアプリもあるのでより手軽に利用できます。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの特徴

ジャパンネット銀行ネットキャッシング

ネット専門でセキュリティがしっかりしたキャッシング

ジャパンネット銀行のネットキャッシングは、ネットで申込みや借入れが完結するローンです。借入れ日から30日間の無利息サービスに加え、1度しか利用できない「ワンタイムパスワード」を採用しているなど、セキュリティが高いサービスでもあります。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングのスペック

実質年率 利用限度額 審査時間 融資スピード
キャッシング*1
1.59%~18%
クレジット
1,000万円 最短翌日*2 初回自動借入れ希望で手続き完了と同時に入金
必要書類(収入証明書) 収入証明書・本人確認書類
担保・保証人 保証会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証
利用条件 20歳以上70歳未満の方で安定収入のある方 (借入れできるのは満73歳となる誕生月の翌月1日まで)
学生 -
パート・アルバイト
専業主婦 可(配偶者に安定収入のある方)
在籍確認 あり(個人名で電話連絡)
総量規制 対象
遅延利率 20.0%
初回無利息期間 借入れ日から30日間
スマホ申し込み
女性向けローン なし
提携ATM ジャパンネット銀行口座の提携ATMで利用(セブン銀行ATM、イーネットATM、ローソン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、三井住友銀行ATM)
利用可能コンビニ セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ナチュラルローソン
返済方法 口座引き落とし
実質年率 キャッシング*1
1.59%~18%
クレジット
利用限度額 1,000万円
審査時間 最短翌日*2
融資スピード 初回自動借入れ希望で手続き完了と同時に入金
必要書類(収入照明書) 収入証明書・本人確認書類
担保・保証人 保証会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証
利用条件 20歳以上70歳未満の方で安定収入のある方 (借入れできるのは満73歳となる誕生月の翌月1日まで)
学生 -
パート・アルバイト
専業主婦 可(配偶者に安定収入のある方)
在籍確認 あり(個人名で電話連絡)
総量規制 対象
遅延利率 20.0%
初回無利息期間 借入れ日から30日間
スマホ申し込み
女性向けローン なし
提携ATM ジャパンネット銀行口座の提携ATMで利用(セブン銀行ATM、イーネットATM、ローソン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、三井住友銀行ATM)
利用可能コンビニ セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ナチュラルローソン
返済方法 口座引き落とし

申込みのタイミングや審査状況、書類の提出状況によっては審査に時間がかかる場合があります

今すぐジャパンネット銀行ネットキャッシングに申し込む

ジャパンネット銀行ネットキャッシングについてもっと知る

この記事の目次

ジャパンネット銀行ネットキャッシングのメリット・デメリット

ジャパンネット銀行口座ネットキャッシングのメリットとデメリットを見ていきましょう。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングのメリット

  • 1円単位で借入れできる
  • 申込みはアプリ・ネットで完結
  • 返済日のスキップ機能あり
  • PayPay・デビットカードで利用可能
  • ジャパンネット銀行のネットキャッシングは、申込みから借入れまでネット・アプリで完結させることができます。

    そのため、急にお金がどうしても必要なときでもスマホひとつで手軽に借入れが可能です。

    さらにPayPayやジャパンネット銀行のデビットカードを利用していれば、口座から引き出す必要なく借入れしたお金を利用することもできます。

    また「返済日を変更」や「支払い直後で返済が間に合わない」ときは、一定条件のもとに自動的に返済をスキップできる機能があります。

    主な条件としては「借入れ日含んで20日以内」「もとの返済日から10日以内の日に返済日を変更」など、変更後の返済日は自動的にスキップされ、次月からの返済となるのです。

    例えば8/5の返済日を8/10に変更すると、8/5から数えて10日以内のため、8/10の返済日はスキップされ、返済は9/10から行われます。

    ジャパンネット銀行ネットキャッシングのデメリット

  • 口座開設を含めると時間がかかる
  • 2回目以降の振込み融資はジャパンネット銀行口座のみ
  • 店頭相談ができない
  • ジャパンネット銀行のネットキャッシングを利用するにはジャパンネット銀行の口座を持っていることが条件なため、口座を持っていないなら口座開設を行う必要があります。

    そして、ネットキャッシングの申込みと口座開設を同時に行うと、借入れまで1週間~10日以上の日数がかかってしまうことが考えられます。

    またネットキャッシングは初回を除き、振込み融資を受けられる口座はジャパンネット銀行口座のみとなります。

    しかし、ネットキャッシング申込み時点でジャパンネット銀行の口座を開設していますので、大きく困ることはないでしょう。

    さらにジャパンネット銀行口座は大手コンビニATMと提携しており、3万円以上の取引なら手数料0円で借入れ可能です。

    コンビニATMの多くは時間を気にせず利用できるため、口座から引き出すときも便利に利用できます。

    ジャパンネット銀行ネットキャッシングの必要書類

    ジャパンネット銀行口座開設・ネットキャッシングの申込みを行うときは、すでにジャパンネット銀行口座を持っている場合でも預金口座の開設時と同様、本人確認書類の提出が必要です。

    必要書類 詳細
    運転免許証のコピー 変更内容の記載がある場合は裏面も必要
    個人番号カードのコピー -
    健康保険証のコピー カードタイプは表面・裏面のコピー
    パスポートのコピー -
    住民基本台帳カードのコピー 顔写真とQRコードの印字があるもの
    印鑑証明書(原本) 発行日から6ヶ月以内
    各種年金手帳のコピー+補助資料(原本) 発行日から6ヶ月以内
    ※「本籍・出生地・住民票コード・個人番号」を黒く塗りつぶして提出
    各種年金手帳のコピー+補助資料(原本) 補助資料として発行日から6ヶ月以内の「公共料金の領収書・社会保険料の領収書・納税証明書」から1点
    ※「基礎年金番号・記号・番号」を黒く塗りつぶして提出
    身体障害者手帳を含む各種福祉手帳のコピー+補助資料(原本) 補助資料として発行日から6ヶ月以内の「公共料金の領収書・社会保険料の領収書・納税証明書」から1点
    ※「障害名・障害等級・旅客鉄道株式会社旅客運賃減額欄」を黒く塗りつぶして提出

    収入証明書

    また審査の過程で以下の収入証明書が必要となる場合がありますので、提出できるように準備をしておきましょう。

    給与所得者の方・個人事業主の方に分けて記載しています。

    対象 必要な収入証明書類
    給与所得者 源泉徴収票・住民税課税決定通知書・住民税課税証明書・給与明細(3ヶ月以内のものを1ヶ月分)
    個人事業主 確定申告書・納税証明書(その1、その2)・住民税納税通知書・住民税課税証明書

    ジャパンネット銀行ネットキャッシングの申込み

    ジャパンネット銀行のネットキャッシングを利用するには、口座の開設が必須となりますが、口座開設ネットキャッシングの申込みを同時に行うことが可能です。

    では、ジャパンネット銀行の口座を持っていない方が、開設を同時に行ってネットキャッシングの申込みを行うときの手順を確認していきます。

    申込み手順
    1. 公式サイトまたはアプリからお申込み
    2. 本人確認書類をアプリで提出
    3. 審査が行われる
    4. 審査結果がメールで届く(※)
    5. キャッシュカードが届いたら初期設定を行う
    6. 借入れ可能

    (※)審査の結果連絡は平日の営業時間内となります

    とくにおすすめの申込みはスマホアプリを利用した方法です。必要事項記入後、本人確認書類するときにはスマホで撮影して、画像をアップロードするだけで提出が完了します。

    またアプリで必要書類を提出することで、初回はジャパンネット銀行口座以外の金融機関への振込み融資も受けることが可能になるのです。

    ジャパンネット銀行ネットキャッシングの貸付利率

    ジャパンネット銀行ネットキャッシングの金利は、1.59%~18.0%の範囲内で、利用限度額ごとに決められています。

    審査で返済能力によって利用限度額が決まり、利用限度額に応じた金利が適用されます。

    詳しい利用限度額ごとの金利は下記にようになっています。

    利用限度額 金利
    1,000万円 1.59%
    900万円以上1,000万円未満 3.0%
    800万円以上900万円未満 3.5%
    700万円以上800万円未満 4.0%
    600万円以上700万円未満 5.0%
    500万円以上600万円未満 5.5%
    400万円以上500万円未満 6.0%
    300万円以上400万円未満 6.5%
    250万円以上300万円未満 8.0%
    200万円以上250万円未満 10.0%
    150万円以上200万円未満 12.0%
    100万円以上150万円未満 15.0%
    100万円未満 18.0%

    初めての利用において利用限度額が100万円以上となることは少ないため、金利は18.0%の上限が適用されやすくなります。

    「30日間の無利息サービスを活用」や「繰り上げ返済する」など、金利を抑えつつ借入れをすることが大切です。

    ジャパンネット銀行ネットキャッシングの借入れ方法

    ジャパンネット銀行のネットキャッシングの借入れ方法は2種類あります。

    • ジャパンネット銀行口座に振込み融資
    • 残高不足サポート機能による自動融資

    ジャパンネット銀行のネットキャッシングは、土日や深夜でも振込み融資が受けられます。

    ジャパンネット銀行口座に振込み融資を受けるには、ジャパンネット銀行のアプリ「ネットキャッシングアプリ」、または公式ホームページからログインして手続きを行います。

    アプリからの借入れ方法

    アプリでの借入れ手順
    1. アプリからログイン
    2. 「借りる」をタップ
    3. 金額を入力
    4. 口座に振込融資が受けられる

    スマホアプリでログインし、借入れ画面で金額を入力することでジャパンネット銀行の普通預金口座に借入れ金額分が入金されます。

    自身の口座に振込まれた後、ジャパンネット銀行のキャッシュカードでコンビニなどの提携ATMから引き出すことが可能です。

    専用ローンカードがないため、預金口座から引き出す行動と変わりがなく、ネットキャッシングの利用を周囲に悟られずに借入れしやすくなっています。

    ジャパンネット銀行口座の自動融資

    ジャパンネット銀行口座の自動融資は、残高不足が発生したときに、自動で借入れを行えるサービスです。

    以下のようなときには自動で融資が行われて、残高の不足が補充されます。

    • 提携ATM出金時に残高不足の場合
    • デビットカード利用時に残高不足の場合
    • 口座振替による支払いが残高不足の場合
    • 振込み時に口座が残高不足の場合

    例えば、「Yahoo!かんたん決済」や「自動振込みサービス」などの振込み支払いをするとき、残高不足になったら自動で不足を補ってくれるのです。

    また振込みの種類によって自動融資を行うかどうかの選択ができるので「知らないうちに自動融資がされて借入れが増えていた」ということを防ぐことも可能になります。

    そして、振込み時の残高不足による自動借入れは以下のサービスが対象です。

    サービス 内容
    Yahoo!かんたん決済 ヤフオク!の落札代金の支払い・受取りを行うサービス。銀行口座のほか、クレジットカードやTポイントでもお支払い可能
    自動振込みサービス 家賃や駐車場台など、毎月同振込み先・同金額を自動で振込みできるジャパンネット銀行のサービス
    振込み予約 32日後までの振込み日を指定して入金ができるジャパンネット銀行のサービス。通常振込み日の前日までに口座に振込み資金の準備が必要

    ただし、残高不足の金額が利用限度額を超える場合は、自動融資を受けることができませんので注意しておきましょう。

    ジャパンネット銀行ネットキャッシングの返済方法

    ジャパンネット銀行ネットキャッシングの返済は、返済日に自動引き落しにて行われます。

    返済日は毎月1日~28日・月末の間で、自身に都合の良い日を選択して決めることが可能です。

    またジャパンネット銀行のアプリ「ネットキャッシングアプリ」を利用すれば、返済日をお知らせしてくれるプッシュ通知を利用でき、返済日忘れの対策ができます。

    毎月の返済日に返済する約定返済額は、返済日前日の残高と返済方式によって決まります。

    そして、ジャパンネット銀行ネットキャッシングの返済方式は以下の2種類です。どちらの返済方式も借入れ残高に応じた返済額が決められています。

    返済方式
    • 残高スライド元利定額返済方式A
    • 残高スライド元利定額返済方式B

    「Aの返済方式」は10万円以下の借入れで3,000円から、「Bの返済方式」は50万円以下の借入れで10,000円から返済可能です。

    Bに比べると、「Aの返済方式」は毎月の返済額が少なく返済しやすいですが、返済期間が長くなるのに加えて利息総額は高くなります。

    一方「Bの返済方式」はAよりも毎月の返済額が高い分、早く返済することができるので利息総額を抑えることができます。

    AまたはBの返済方式は随時変更することができるため、自身に合った方法を選択して返済することが可能です。

    最低返済額以上金額の返済方法

    ジャパンネット銀行ネットキャッシングは「最低返済額以上の金額を支払う」または「借入れ残高を一括返済」することが可能です。

    そもそも借入れ残高は高い金額になるほど最終的な利息額は高くなります。

    そのため、すこしでも多く返済を行うことで利息額を減らすことができるのです。

    またネットキャッシングの追加返済は1円単位で入金可能とし、細かい金額でも返済をすることもできます。

    そして、約定返済額以上の返済はジャパンネット銀行のアプリまたは公式ホームページからログインをして行うことが可能です。

    ただし、追加返済を行っても、毎月の約定返済は通常通りにあります。

    通常の返済ができる状態で、余裕があるときに追加返済を行うことが延滞せずに返済をしていくために重要です。

    ジャパンネット銀行ネットキャッシングの口コミ一覧

    • 可決
    • 否決

    今すぐアコムに申し込む今すぐアコムに申し込む

    ジャパンネット銀行ネットキャッシングのよくある質問

    このサービスを見た方はこんなサービスも見ています

    ジャパンネット銀行ネットキャッシングの「契約機」について知りたい方が読む記事

    ジャパンネット銀行ネットキャッシングの「審査」について知りたい方が読む記事

    ジャパンネット銀行ネットキャッシングの「借入方法」について知りたい方が読む記事

    条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

    すべての条件や種類を見る

    キャッシング最適診断キャッシング最適診断
    難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

    お金の教本について

    急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
    しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
    お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

    キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

    大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

    キャッシング選びに迷った方も安心

    数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
    当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
    迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。