ふるさと納税の支払い方法はクレジットカード払いがお得?

ふるさと納税支払い方法のアイキャッチ画像

「ふるさと納税って具体的にどんな制度なのかわからない。」

「ふるさと納税をお得に利用する方法は?」

 

ふるさと納税は自分が応援したい自治体に寄付をすることができる制度です。しかし、実際どんなメリットやデメリットがあるのか知らない人もいるのではないでしょうか。

じつはふるさと納税の支払いは「クレジットカード払い」をするとさらにお得になるのです。

はじめまして。経済評論家の湯銭孝志ゆぜにたかしと申します。 今回はわたしがふるさと納税のクレジットカード払いについてわかりやすく紹介していきます。 それではさっそく見ていきましょう。

 

ふるさと納税で地域に貢献することで税金控除がある?

ふるさと納税で地域に貢献することで税金控除があることを紹介する画像

冒頭でもお話ししましたが、ふるさと納税は簡単にいうと自分が応援したい自治体に寄付をするという制度です。

 

しかしただ単に寄付をするだけではありません。

寄付をすることで、地域の貢献になるというのももちろん素晴らしいことですが、さらにその地域から特産品・名産品などがお礼としてもらうことができるのです。

 

そしてあくまで寄付という名目になるので、税金からの控除があり、自己負担を減らすことが可能になるのです。

 

また、ふるさと納税は住民税や所得税によってお得にする方法があります。詳しくはこちらの記事を読んでみてください。

関連記事:「ふるさと納税で住民税と所得税をお得にする方法を紹介してみた」

ここまででざっとふるさと納税についての概要についてはわかっていただけたと思いますので、ここからはふるさと納税のメリット・デメリットについてお話ししていきます。

 

ふるさと納税のメリット

まずふるさと納税のメリットは以下のようになります。

  • 寄付になるため税金の節税になる
  • 実質2,000円の自己負担で地域の特産品・名産品をもらうことができる
  • 寄付をする地域は自分で選ぶことが可能
  • 寄付をする地域は複数選択可能

 

ふるさと納税で寄付すると、寄付金額に応じて税金が優遇されます。

 

このことに関してもう少し踏み込んで紹介をすると、支払う寄付金の2,000円を超えた分の金額が住民税や所得税から控除されるのです。

 

つまり実質自己負担額2,000円で、寄付をした地域から特産品・名産品をもらうことができるということです。

 

そして寄付をする地域に関してですが、自分の好きな地域を選んで寄付をすることが可能です。

また、寄付をする地域の数に関しても、1つだけではなく複数の地域に寄付をすることもできます。

 

さらに寄付をしたお金の使い道までも選ぶことができるのです。

これは寄付をする側からすると、自分が寄付したお金が何に役立っているのかがわかるのでうれしいですよね。

 

ふるさと納税のデメリット

ふるさと納税を利用するデメリットは「人気のある特産品・名産品のある地域は募集の締め切りが早い」という点です。

これだけ得をすることが多いふるさと納税ですが、大きくこれといったデメリットはじつはありません。

 

デメリットとして挙げるとしたら、人気のある特産品・名産品のある地域はすぐに募集が終了になってしまうということくらいです。

そのため狙った特産品が絶対にもらえるというわけではないということですね。

もしふるさと納税が気になっているがまだ実際に行っていない方は、一度地域ごとにどんな特産品があるのかだけでもご覧になってみてはいかがでしょうか?

次の章ではふるさと納税を利用する際の支払い方法について紹介していきますね。

 

ふるさと納税の支払い方法の種類

ふるさと納税の支払い方法は下記のようになっています。

・現金の持参

・現金書留

・銀行振込

・ゆうちょ払込

・ペイジー

・コンビニ納付

・ヤフー公金支払い

・携帯キャリアでの支払い

・クレジットカード払い

また上記のほかにも、ふるさと納税に申込をして、その申込した自治体から送られてくる納付書で支払うという方法もあります。

 

ちなみに上記の全ての支払い方法が全ての自治体で対応しているわけではないので、その点に関しては注意が必要です。

 

ふるさと納税はクレジットカードでの支払い方法がお得

クレジットカードの画像

ふるさと納税の支払いをクレジットカードで支払うということでお得になります。

ではなぜクレジットカードで支払うことがお得なのかをご説明しますね。

 

クレジットカード払いなら決済ポイントも同時に貯められる

クレジットカードでふるさと納税の支払いをすると、クレジットカードで決済ポイントが付与されます。

 

つまり特産品・名産品をもらうことができ、さらにクレジットカードにおいてポイントを貯めることが可能なのです。

 

また納付書での支払いというものがあったと思いますが、納付書支払いだとどうしても時間がかかってしまいがちになるのです。

しかしクレジットカードでの支払いなら、即時決済となるのでこの点においてもメリットであるといえますね。

 

クレジットカードを持っているなら、ふるさと納税の支払いはクレジットカードを利用するのがおすすめです。

さてそんなお得なふるさと納税ですが、申込をしないと行うことはできません。

そこで最後にふるさと納税の申込方法についてご説明いたします。

 

ふるさと納税の申込方法

ふるさと納税の申込の流れは基本的に下記の通りです。

まずはどこの自治体を自分が応援したいかを選びます。

基本的にはどこの自治体もインターネットから申し込むことが可能です。

入金の方法に関しては先ほども紹介しましたね。

ご自分に合った方法で支払いを行っていただければ問題ありません。

申し込みをされた自治体にて入金が確認されると、希望した特典が届きます。

  1.       

     

  2. ふるさと納税を行う自治体の選択
  3. 入金する
  4. 特典(特産品・名産品)が届く

 

大まかな流れに関しては上記の通りです。

詳細ついては、自治体によって異なる部分がありますので、自治体ごとにどのように申し込めばいいのかを確認するのが確実でしょう。

 

また、ふるさと納税は収入や家族構成によって税金の控除限度額が決められています。詳しい詳細はこちらの記事で。

関連記事:「ふるさと納税は収入が関係する?難しい控除額を簡単に計算してみた!」

まとめ

ふるさと納税は自治体に寄付をして地域に貢献することが目的となっていますが、利用の仕方で寄付する側がさらにお得に利用することのできる制度なのです。

最後にこの記事の要点をまとめておきましたので、ぜひ参考にしてください。

 

  • ふるさと納税とは寄付することで各地域の特産品、名産品をもらうことができる
  • その際の実質自己負担額は2,000円
  • 2,000円を超えた分の金額は住民税や所得税から控除される
  • 支払い方法は多岐にわたる
  • そのなかでも支払い方法はポイントを貯めることができるクレジットカードがお得
 

合わせて読みたい

    おすすめキャッシング

    レイクALSA

    Webで最短60分のスピード融資が可能

    レイクALSA

    実質年率
    4.5% ~18.0%
    利用限度額
    最大500万円
    審査時間
    最短15秒
    融資スピード
    最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
    フタバ

    他社借入れ4社以内なら申込み可能

    フタバ

    実質年率
    14.959%~17.950%
    利用限度額
    10万円~50万円
    審査時間
    最短即日
    融資スピード
    最短即日融資
    ベルーナノーティス

    専業主婦も申込みできる!

    ベルーナノーティス

    実質年率
    4.5%~18.0%
    利用限度額
    1万円~300万円
    審査時間
    最短30分
    融資スピード
    最短即日

    条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

    すべての条件や種類を見る

    キャッシング最適診断キャッシング最適診断
    難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

    お金の教本について

    当サイトでは、お金を借りるときのルールと、便利な使い方。各種お得なポイントの貯め方などお金に関する知識を幅広く提供していきます。
    いまいち消費者金融の仕組みが分からない。クレジットカードの細かいルールが曖昧など、いろんな悩みを解決していきます。
    今まで知らなかったお得なお金の豊富な知識をみなさんに提供し、キャッシングを便利なサービスとして利用してもらえるお手伝いをいたします。