借り入れ初心者必見!キャッシングのやり方講座

キャッシングのイメージ画像

 

急にお金が必要になったのに、給料日まで日にちがまだまだあって困った経験は多くの人がしているでしょう。

そんなとき、非常に便利なのが「キャッシング」の利用です!

キャッシングとは、クレジットカードなどの機能やカードローンを利用してお金を借りることを指します。

しかし、借り入れが初めてであればキャッシングのやり方について知っておかないと、トラブルを招きがちです。

キャッシングは多くの人が利用している消費活動のひとつであり、上手につき合えば生活をより充実させてくれます。

それだけに、健全な使い方で計画的にキャッシングを続けたいところです。

この記事では、キャッシングの意味から具体的な方法、支払いにおける注意点などを解説していきます!

そもそもキャッシングとは?

クレジットカードを作ったことがない人、持っていてもあまり利用していない人だと「キャッシング」という言葉についてもよく知らないでしょう。

キャッシングは一般的に、「クレジットカードのキャッシング枠」を意味します。

クレジットカードは通常、「ショッピング枠」という機能を中心に利用するのが基本です。

ショッピングでは、決められた限度額以内で買い物の支払いを後払いにすることが可能です。

しかし、ショッピングの代金の後払いではなく「今すぐ現金が必要になる」場面に出くわす人もいるでしょう。

そんなときに問題を解決できるのが「キャッシング枠」です。

キャッシング枠については後で詳しく説明しますが、キャッシングを利用すれば現金が必要になったときにお金を借りられます。

ショッピング枠が使えない店での買い物などにも対応できるのです。

「キャッシング」は、クレジットカード以外にも、キャッシング専用のカードローンによる借入を指すケースもあります。

クレジットカードのキャッシング枠はあくまで、「ショッピング枠の一部」という扱いです。

つまり、キャッシング枠を利用すればそのぶん、ショッピング枠も減っていきます。

ショッピング枠を越えるキャッシングの利用はできません。

また、キャッシングをすると「借り入れ」を行っている状態なので、期限内での返済義務が生じ、金利を上乗せした返済額を、一括して、または定期的に、または随時、支払う必要があります。

キャッシングとカードローンの違いって何?

お金を借り入れするという意味では「キャッシング」も「カードローン」も同じです。

また、カードローンの借り入れを指して「キャッシング」と使う場合もあるため、2つの意味は混同されがちです。

ただし、「クレジットカードのキャッシング枠」と「カードローンの借り入れ」は似て非なる概念なので、違いは正しく理解しておきましょう。

そもそもの違いとして、両者は利用するカードが違います。クレジットカードのキャッシング枠はクレジットカードによって利用できるサービスです。

一方、カードローンでは専用のローンカードを発行してもらって利用します。

クレジットカードで契約するのはカード会社であり、カードローンで契約するのは消費者金融や銀行です。

そして、契約を申し込む際の流れも異なります。

クレジットカードはキャッシング枠を別に申し込まなくても契約できますし、後からキャッシングができるように変更可能です。

しかし、カードローンに申し込むと借り入れに特化した審査が行われます。そのほか、返済する頻度が異なるのもポイントです。

キャッシングは月に1回の返済日があり、一活払いによる支払いも選択できます。しかし、カードローンは一定期間内に返済するのが基本です。

大きな借入を行ったとしても、返済額を細かく分割し、長期間にわたって完済を目指します。

クレジットカードのキャッシングと現金化の違いとは?

クレジットの現金化のイメージ

「現金化」とキャッシングは混同されやすい言葉ですが、実際にはまったく別のものです。

まず、クレジットカードのキャッシングは「キャッシング枠」を利用して現金を借り入れる行為です。

一方、現金化はショッピング枠を利用して購入した商品を売却し、キャッシュバックという形でお金を借りる方法です。

仕組みとしては通常のショッピング枠を利用するということです。

利用の際にカードのキャッシング枠で現金を借りるか、ショッピング枠で買った商品を現金化する事で現金を手にするか、の違いだといえます。

現金化を扱っている専門の業者もいて、「現金化可能」という情報もネットなどで出回っているために、特に気にならず現金化を利用している人もいます。

しかし、無闇に現金化を利用するのは正しいクレジットカードの使い方とは言えません。

なぜなら、現金化を「違反行為」に設定しているカード会社が大半だからです。

カード会社は契約者の支払い能力に応じて「キャッシング枠」を設定しています。

つまり、キャッシング枠を超える金額を現金化してしまうと、契約時の審査条件が揺らいでしまうからです。

とはいえ、現金化を禁じる法律があるわけではないので、契約者が現金化を利用してしまうのです。

それでも、現金化を繰り返しているとカード会社の心象が悪くなり、クレジットヒストリーに傷が入る恐れがあります。

控えておくのが賢明でしょう。

クレジットカードのキャッシング枠って何?

「キャッシング枠」とはクレジットカードで現金を借り入れするために設けられている枠です。

クレジットカードには主な機能としてショッピング枠がありますが、ショッピング枠では現金として借り入れすることが原則としてできません。

そのため、「どうしても現金が必要」な状況に対応するためにキャッシング機能がついています。

ただし、キャッシング機能は希望しなければ外すことも可能です。ほとんどのクレジットカードにキャッシング枠は設定されています。

しかし、キャッシング枠を申し込んだはずなのに「キャッシング枠0円」になってしまうケースもあります。

手続きを間違ったわけでなければ、考えられる理由の一つは「総量規制」でしょう。

「総量規制」とは法律により、貸金業者が個人に融資できる金額の上限は「年収の3分の1」と定められていることです。

そして、カード会社は新規申し込みがあった際、他社からの借入状況を「個人信用情報」で確認しています。

その結果、キャッシング枠を設けると総量規制に引っかかると判断すれば、キャッシング枠が「0円」になってしまうのです。

ただし、キャッシング枠は再審査を申し込むことも認められています。他社の借入を完済したり、年収を増やしたりすれば再審査でキャッシング枠を追加してもらうこともできます。

また、逆に元々キャッシング枠0円のクレジットカードもあります。

キャッシング枠の設定事情

多くのクレジットカードで、キャッシング枠は最低で10万円に設定されています。

ただし、これは「必ず10万円を借り入れしなくてはいけない」ということではありません。

「10万円の範囲なら現金を借り入れできる」という意味です。

そのため、キャッシング枠の利用には慎重になりましょう。多額の借入をすれば、一時的に経済的には楽になったような錯覚を覚えます。

しかし、返済額もまた増えていくのだと忘れないようにしましょう。

借入額が増えるほど1回払いなどの方法で、短期間で完済するのが難しくなっていきます。返済回数が増えればそのぶん利息もふくらみ、予想以上の額を支払わなければいけません。

キャッシング枠の利用は計画的に行いましょう。

ちなみに、キャッシング枠の最低借り入れ額は1000円単位や1万円単位に設定されているのが基本です。

注意したいのは、「念のため余裕をもって借り入れしておこう」という考え方です。余分な借り入れを行うと、そのぶん返済が負担になります。

借り入れする時点では少ない金額だと思っていても、利息がつけば大きな金額になる可能性があるのです。

借り入れをするときには、「本当に必要な金額」を正確に割り出すようにしましょう。そして、最低借り入れ額の範囲を守り、無駄な借り入れをしないことです。

また、利息が増える前にできるだけ早く返済する意識も大切です。

キャッシングの支払い方法と手数料

クレジットカードのキャッシングでは、支払いの義務が発生します。

支払い方法としては「1回払い」「リボ払い」が一般的です。

「1回払い」とは、借入額を1度に完済してしまう方法で「一括払い」とも呼ばれています。

利息が膨らむ前に返済が終わるので、少額のキャッシングについては有効な支払い方法です。

ただし、借入額が大きくなれば1回払いにするのは困難になってきます。

そこで、「リボ払い」によって完済する人が多いのです。

「リボ払い」とはあらかじめ返済回数を決めておき、借入額を細かく分割しながら返していく方法です。

ただし、リボ払いでは返済回数が多くなるぶん、金利も膨らんでいくというデメリットがあります。

そこで、「繰り上げ返済」として任意で支払い額を追加することも認められているのです。

リボ払いを選択したからといって決められた額だけ支払い続けるのではなく、余裕がある月には多めに返済するなど、早く完済に近づける工夫をしましょう。

また、「ボーナス払い」というサービスを採用しているクレジットカード会社もあります。

ボーナスが支給される夏と冬の一定期間のみ、返済額の残高を一度に支払えるシステムです。

そのほか、「2回払い」を認めてくれる場合もあり、返済方法も含めて借入の計画をしっかり立てることが肝心です。

つまり、早く完済すればそれだけ金利も少なくて済むということだね。

借り入れを行うなら、できるだけ早く返せるように、返済計画も立てておく必要があるだろうね

あれ?でもキャッシングの返済って分割払いもできるんですよね?だったら分割回数を多くすれば、月々の負担額が減るんじゃないですか?

僕もそう思いました。正直、キャッシングをするくらいお金に困っているときって、返済も少しずつ行いたいですよね

ふっふっふ。では、年利18%で20万円を借りたとしましょう。毎月返済日に支払うとして、5回払いの返済額と金利はいくらになりますか?

ええと、金利は200000×0.18÷12×5ですよね

月々の返済額は4万円で、金利は1万5000円です

では、20回払いなら?

月々の返済額は1万円で済みますよね

あ!でも金利が6万円になってしまいます!

そういうことだよ。返済回数が多くなると楽に思えるけれど、実際は利息が高くなって、総返済額も大きくなってしまうんだよ

なるほど

これから気をつけます!

キャッシングには金利手数料がかかる

クレジットカードでキャッシングをする場合、金利手数料がかかります。

借入額の返済では金利手数料が上乗せされた額を支払わなければいけません。

そして、多くのカード会社が年単位で金利を設定しています。たとえば、「年利18%」のように金利は表現されます。

年利18%のカード会社で10万円を1カ月間借りた場合、「年利18000円」÷「12カ月」なので、「1500円」の金利手数料がかかる計算です。

海外のキャッシングサービスとは?

海外キャッシングのイメージ

クレジットカードのキャッシング枠を設けるメリットのひとつに「海外キャッシング」があります。

多くのクレジットカード会社では海外のキャッシングサービスに対応しています。

 

いわゆる「海外ブランド」のクレジットカードなら、さまざまな国でも提携しているATMで利用可能です。

海外キャッシングのサービスがあれば、海外のATMやCDを利用することによって現地通貨を引き出せます。

 

海外キャッシングの便利なポイントはまず「両替にかかる時間が不要」である点です。

海外では空港内の両替機や銀行など、両替できる場所が限られています。

そのため、両替をしようとすれば順番待ちになる確率が高く、時間をとられがちです。

そのうえ、現地の言葉でやり取りする必要あったり、手順も分かりにくかったりするケースが珍しくありません。

海外キャッシングを利用すれば、ATMでスムーズに両替を終わらせられます。

 

「現金を持ち歩く必要がない」のも海外キャッシングの長所でしょう。

海外で「なるべく現金を持ち歩きたくない」人は少なくありません。

 

財布の中身がかさばるうえ、治安の悪い地域では現金を持っていると危険が高まります。

しかし、海外キャッシング機能があれば、必要なときに必要なだけ現金を引き出すことが可能です。

 

海外キャッシングを利用する際の注意点

クレジットカードでキャッシング枠を利用するメリットのひとつが海外キャッシングですが、注意して利用しなければトラブルの原因になりかねません。

たとえば、海外キャッシングでは返済方法が限定されてしまうのが基本です。

通常はリボ払いが認められているクレジットカードでも海外キャッシングに限って1回払いしか認められないケースは珍しくありません。

そのことを知らずに海外で多額のキャッシングを行い、現金を使い果たしてしまうと次の返済日にかなりの額を請求されます。

 

そこで返済ができなければ「遅延」や「滞納」といった履歴が残ってしまいます。

クレジットヒストリーに傷をつけないためにも、海外キャッシングの利用額は慎重に検討しましょう。

 

また、海外キャッシングでもカードやATMの種類によっては手数料がかかってきます。

ところが、手数料のレートは「利用日」ではなく「利用データが決済センターに認識された日」のものを適用されます。

 

つまり、予想していたよりも高い手数料を請求されてしまう可能性があるので、注意しましょう。

そして、海外キャッシングはクレジットカードに最初から備わっている機能とは限りません。

手続きを行わないと、いざというときに利用できない場合もあるので確認が大切です。

 

銀行やコンビニのATM、インターネットでの借り入れ方法

クレジットカードでキャッシングを行うにはさまざまな方法があります。

一般的に浸透しているのは、銀行やコンビニのATMから現金を引き出す方法でしょう。

 

提携しているATMでカードを挿入するとメニュー画面に進みます。

ATMによって表示は異なりますが、「出金」「引き出す」などの選択肢をタッチすると暗証番号入力画面に変わります。

カードの発行時に設定した暗証番号を入力し、借り入れの画面に進みましょう。

 

借り入れ画面で希望額を入力し、決定すれば現金を引き出せます。

ATMによって最低取扱額が変わるので、事前に調べておきましょう。

なお、基本的にATMでのキャッシングでは手数料がかかってきます。

ただし、クレジットカード会社のサービスや利用するATM次第で手数料が無料になる場合もあります。

 

ちなみに、キャッシングの返済もATMで可能です。

メニュー画面で「入金」「返済」などの項目を選び、返済額を投入して決定すると返済は完了します。

返済は銀行口座の自動引き落としにしておくと楽ですが、「月々の引き落とし額以上の返済を行えるようになったとき」などにはATMを利用すると便利です。

 

ネットキャッシングのやり方は?

キャッシングでは、インターネット上でクレジットカード会社に直接借り入れの申請をして、指定の口座に振り込んでもらう方法があります。

これを「ネットキャッシング」と読んでいます。

ネットキャッシングは現金が必要というよりも、「通帳の残高が足りなくて公共料金の引き落としなどが遅れそう」なときに利用すると便利なサービスです。

 

ネットキャッシングの方法はカード会社によって異なりますが、おおまかな流れとしてはクレジットカード会社の専用サイトから手続きを行います。

あらかじめ指定しておいた銀行口座に、希望額を振り込んでもらえるよう入力します。

 

振込みまでにどれくらい時間がかかるかも、やはりカード会社によってさまざまです。

即日振込んでくれる会社もあれば、翌営業日まで持ち越される会社もあります。

24時間いつでも振込みを受け付けてくれるところもあるので、クレジットカードを選ぶ際の参考にするといいでしょう。

 

なお、銀行カードローンであってもネットキャッシングは対応してくれますが「カードの発行元の銀行口座でなければ受け付けない」などの制限が設定されているケースもあります。

クレジットカードであれば、基本的には銀行口座に関係なくネットキャッシングに対応しています。

 

キャッシングの増額はできる?

クレジットカードでは申し込み時にキャッシング枠を希望する必要はありません。

むしろ、キャッシング枠があることで総量制限に引っかかるリスクが生まれるため、あえてショッピング枠のみで申し込むのも一つの方法です。

 

あるいは、キャッシング枠の限度額を低く希望しても、審査に通る可能性は高まります。

そうしてカードを発行してもらった後で、やはりもっと大きいキャッシング枠が必要だと思ったら、キャッシング枠増額の申し込みをしてみましょう。

 

とはいえ、カードの審査に通ってからすぐに増額するのは困難です。

ある程度の時間が経過していないことには、カード会社は「申し込みの段階から個人情報が改善された」と信用してくれません。

 

再審査までの期間はカード会社によって異なるものの、半年を目安にするのが無難でしょう。

半年の利用状況で、支払い遅延がなく優良な利用者であると判断されれば、キャッシング枠の増額は認められやすくなります。

 

あるいは、カード会社の方から増額についての案内が届くことも珍しくありません。

ただし、いつ連絡が来るのかはクレジットカード会社次第です。

また、「必ず向こうから連絡してもらえる」わけではありません。増額が必要であれば、カード発行から半年経ったあたりで、自分からカード会社に申し入れてみましょう。

 

キャッシングを利用する上での注意点

クレジットカードのキャッシング枠は買い物や海外旅行をサポートしてくれる便利な機能ですが、デメリットもあると心得ておきましょう。

 

たとえば、キャッシング枠の利用額によっては、住宅ローン審査や借り入れ額にマイナスの影響があります

キャッシング枠の利用状況は貸金業者や金融機関に共有されているため、あまりにも多額の借り入れをしていると、新規の借り入れ契約を結びたくても「支払い能力が不足している」とみなされてしまいます。

 

また、クレジットカードでは「不正利用」の危険性も否定できません。

ネットキャッシングなどのために登録した情報が、どんな形で漏えいするかは予想がつかないところです。

また、クレジットカードを紛失した際、手に入れた第三者が悪用する恐れも出てきます。

 

こうした不正利用によって損害を被っても、キャッシング枠については補償の対象にはならないのです。

 

そして、クレジットカードのキャッシング枠では金利が高めに設定されています。

上限は基本的に18%前後であり、14%前後に設定されているところが多い銀行カードローンとは明確な差があります。

それでも、審査に通る確率が高いため、クレジットカードのキャッシング枠を希望する人は絶えませんが、利息が膨らむ前に返済を終わらせるなど無理のない利用を心がけましょう。

 

キャッシングの支払いで注意すること

借り方、返し方次第で、キャッシングの支払いは楽になります。

まずは何より「多く借り過ぎない」ことです。

 

キャッシングでは多額のお金がすぐに引き出せますし、リボ払いになると返済額も少ないので「借り入れをしている」という実感を持ちにくい傾向があります。

しかし、だからといって無計画にキャッシングを重ねているとあっという間に借り入れ額はふくらみ、高い利息を請求されます。そうなれば、利息を支払うだけで精一杯になり、なかなか元金を減らせず、完済までに時間がかかってしまうでしょう。

不要なキャッシングは行わず、借り入れるときは必要最小限にする意識が肝心です。

 

そもそも、リボ払いはなるべく避けるのが無難です。

リボ払いは月々の返済額を安くしてくれますが、そのぶん返済回数が増え利息が高くなるシステムです。

1回払いができるなら、できるだけ1回払いで完済し、キャッシング枠は常に余裕のある状態に保っておきましょう。

 

そして、収入が増えたり、節約が上手くいったりした月には繰り上げ返済をしていきます。

キャッシング枠の借り入れ額が残っている限り、他のローンの契約に響くリスクも消えません。1社から借り入れをしたなら、まずはそこでの返済に集中して「完済してから新たに借りる」ように心がけましょう。

 

まとめ

クレジットカードのキャッシング枠では、何も考えずに限度額まで借りてしまうと返済が大変になってしまいます。

しかし、借り入れのやり方さえ工夫すれば困ったときに大いに役立ちます。

たとえば、「返済計画を立てて無理な借り入れは最初からしない」「海外キャッシングでは1回払いできる金額に抑える」などのポイントを心がけると利用状況はかなり楽になるでしょう。

キャッシング枠を利用すること自体は決して悪い行為ではありません。むしろ、毎日の消費生活を支えてもらい、より大きな買い物を可能にするためにキャッシング枠は活躍してくれます。

 

合わせて読みたい

    おすすめキャッシング

    レイクALSA

    Webで最短60分のスピード融資が可能

    レイクALSA

    実質年率
    4.5% ~18.0%
    利用限度額
    最大500万円
    審査時間
    最短15秒
    融資スピード
    最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
    フタバ

    他社借入れ4社以内なら申込み可能

    フタバ

    実質年率
    14.959%~17.950%
    利用限度額
    10万円~50万円
    審査時間
    最短即日
    融資スピード
    最短即日融資
    ベルーナノーティス

    専業主婦も申込みできる!

    ベルーナノーティス

    実質年率
    4.5%~18.0%
    利用限度額
    1万円~300万円
    審査時間
    最短30分
    融資スピード
    最短即日

    条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

    すべての条件や種類を見る

    キャッシング最適診断キャッシング最適診断
    難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

    お金の教本について

    当サイトでは、お金を借りるときのルールと、便利な使い方。各種お得なポイントの貯め方などお金に関する知識を幅広く提供していきます。
    いまいち消費者金融の仕組みが分からない。クレジットカードの細かいルールが曖昧など、いろんな悩みを解決していきます。
    今まで知らなかったお得なお金の豊富な知識をみなさんに提供し、キャッシングを便利なサービスとして利用してもらえるお手伝いをいたします。