収入証明書ってどれ?これでもう迷わない書類の種類と発行場所!

知らないことの多い収入証明書!再発行の方法や有効期限について

「収入証明書ってどんな書類?」

「そもそもどこに行ってもらえばいいの?」

収入証明書は、カードローンの申込みなどで必要になります。

たとえば大手カードローンのアコムでは、50万円以上の借入れ希望な場合に収入証明書の提出を求められます。

事前にしっかり準備しておこうと思っても、具体的にどんな書類を用意すればいいのか分からないから迷いますよね。

そこで今回は、収入証明書に関する知識と情報を初心者向けに解説していきます。

そもそも収入証明書とは?

収入証明書の種類

収入証明書は「その人にどれだけの収入があるかを証明する書類」全般のことです。

しかし収入証明書には種類がたくさんあります。

収入証明書の種類

収入証明書にはいろいろな種類がありますが、アコムやプロミスなどの消費者金融からお金を借りるときに収入証明書として認められる書類は以下のとおりです。

  • 源泉徴収票
  • 給与証明書
  • 住民税決定通知書
  • 納税通知書
  • 確定申告書
  • 支払調書
  • 年金調書
  • 年金通知書

ただ、それぞれの書類は発行される時期が決まっています。

最新のものを準備して提出することが必要なので、注意しましょう。

収入証明書の種類 発行される時期
源泉徴収票 一般的には毎年12月
給与明細書
(賞与のある方は一緒に提出)
勤め先による。一般的には毎月1回、お給料が支払われる日
住民税決定通知書 毎年5~6月頃。会社を通して渡される
納税通知書 毎年5~6月頃。各市区町村から郵送される
確定申告書(青色申告決算書、収支内訳書) 毎年1~3月頃提出
支払い調書 フリーランスや副業をしている人の源泉徴収票の代わり。
しかし発行の義務はないため時期は決まっていない
所得証明書 一般的には5~6月頃
年金証書 年金受け取りの手続きをしてから約1~2ヶ月後
年金通知書 毎年6月頃

ほとんどの収入証明書が年に1度の発行なので、誤って処分してしまったという方もいますよね。

収入証明書として扱われる書類の多くは、再発行してもらうことが可能です。

ではどこでどのようにして収入証明書を再発行してもらうのか、場所別に手順を解説していきます。

収入証明書の再発行場所早見表

収入証明書類の発行依頼先と手続き方法は、以下のようになっています。

再発行ができる場所 収入証明書の種類 手続き方法
現在、または以前の勤務先 ・源泉徴収票
・給与明細書
・支払調書
会社に再発行を依頼する
市町村役場 ・住民税決定通知書
・納税通知書
・所得証明書
各市町村役場の窓口で依頼する
税務署 確定申告書 税務署に再発行に必要な書類を申請する
年金事務所、年金相談センター ・年金証書
・年金通知書
年金事務所、年金相談センターに再発行に必要な書類を申請

源泉徴収票と給与明細書

源泉徴収票と給与明細書は、職場にお願いして再発行してもらいます。

源泉徴収票が必要になったときに、「源泉徴収票の再発行をお願いします」と会社に伝えるだけで手続き完了です。

その後数日待てば会社から源泉徴収票があなたの元に届けられるでしょう。

ただし源泉徴収票と給与明細で注意していただきたいのが、明細の枚数です。

金融業者に収入証明書として給与明細書を提出するとき、多くが申込みをした日から直近2ヶ月分の給与明細を用意することになります。

そのため1ヶ月分の給与明細だけじゃ書類不備になってしまうこともあるので、あらかじめ何枚の収入証明書が必要なのか確認しておきましょう。

支払い調書

支払い調書もまた、勤務先に再発行してもらうことが可能です。

フリーランスや副業をして働いている人の収入金額が書かれている書類なのですが、じつは支払い調書は、会社が絶対に用意しなければならないものではありません。

待っていても自然に発行されないのです。

そのため支払い調書が必要な場合は、会社に支払調書を用意してもらうようにお願いすることになります。

住民税決定通知書・納税通知書・所得証明書

お住いの市役所など役場で発行してもらうことができる書類です。

お住い付近の役場の窓口に行き、再発行に必要な書類に記入して提出してください。

再発行手続きの書類を提出するときには、運転免許証マイナンバーカードパスポート健康保険証などの本人確認書類が必要になるので事前に準備しておかないと、発行してもらえないことがあります。

また、これらの書類は発行手数料が1件300円かかることもあらかじめ理解しておきましょう。

ただし、市区町村役場での書類の再発行は、自分がどうしても忙しいときはほかの人に頼むこともできます。

そのときは「委任状」を用意して再発行手続きを進めてもらいましょう。

確定申告書

フリーランスでお仕事をされている方は、確定申告書を税務署で用意してもらう必要があります。

確定申告をする期間(主に2~3月の間)に手続きを済ませ、しっかり提出していないと発行してもらうことはできませんので注意しましょう。

確定申告提出時、控えに受付印を押してもらっていれば、収入証明書として扱われます。

受付印が入っていないと、収入証明書として認めてもらえないのでご注意を。

もし控えを無くしてしまっているのなら、国税庁のホームページから申請に必要な書類を用意して、近くの税務署に行くか郵送で手続きを行うことが可能です。

確定申告書を再発行するときには、必要書類のほかに本人確認書類、住民票、手数料300円も必要になるので忘れずに準備してくださいね。

年金事務所・年金相談センター

年金証書、年金通知書は年金事務所、年金相談センターで再発行することができます。

再交付申請書という、再発行に必要な書類に必要事項を記入して再発行してもらうのです。

再交付申請書は、ねんきんダイヤルという年金に関する相談窓口に電話して郵送してもらうこともできますよ。

しかし注意したいのが、年金を担保にして金融機関からお金をすでに借りている場合です。

すでに年金証書を借りているところに預けているので、再発行ができなくなっています。

収入証明書はなぜ必要なのか?

キャッシングで信用されるため

アコムやプロミスなどの消費者金融や銀行からお金を借りるときに、収入証明書の提出を求められることがあります。

それは、しっかり借りたお金を返済する能力があるかどうかを判断するためです。

ただ、お金を借りる人全員が収入証明書を提出しなければいけないわけではありません。

収入証明書が必要になるのは、原則借入れ希望額50万円以上の方です。

借入希望額が50万円以上のときは、必ず収入証明書を提出する必要があると、「貸金業法」で定められています。

つまり借入れ希望が50万円以下なら、原則として収入証明書は不要です。

ただし複数の金融業者から借りている金額の合計が100万円を超えていると、1つの金融業者から借りるお金が10万円であっても収入証明書は必要になります。

公営住宅に引っ越すとき

都道府県または市町村が運営している低所得者向けの賃貸住宅が公営住宅です。

公営住宅に入居を希望している人も、月々の賃料を決めるために収入証明書を用意する必要があります。

収入がしっかりあると証明できるよう、事前に用意しておきましょう。

保育園の入園に必要なときもある

保育園の中には県や市から補助を受けて運営しているものがあります。

あなたが県や市から補助を受けている保育園を使う場合、利用料をあなたの収入から計算して決めています。

そのため収入証明書の提出を求められることがあるんです。

収入証明書の提出が必要になったら、自分が用意しやすい書類を提出してくださいね!

ただ、お金を借りる場合だけは、もう1つ収入証明書で大切なことがあります。

収入証明書の有効期限

収入証明書には、有効期限があり、期限切れの書類は認められないこともあります。

「貸金業法」では、収入証明書は有効期限を過去3年以内に発行されたものとしています。

つまり、3年以上経った収入証明書の内容だと「ほんとにここに書かれてる金額だけ稼いでるの?」と疑われてしまいます。

そのため消費者金融でお金を借りていると3年ごとに収入証明書の再提出を求められます。

収入証明書を再提出をおこたったらどうなる?

収入証明書の再発行を、まんがいち面倒だからとおこたっていたら、キャッシングの契約に悪影響を及ぼす場合があります。

また、借入れ限度額が下がってしまうこともあり、満足なサービスを受けることができない恐れがあるのです。

そのため収入証明書の再提出を求められたときは、必ず忘れずに提出しましょう!

まとめ

収入証明書として扱うことができる書類は、じつにさまざまです。発行してもらう場所もそれぞれ違います。

キャッシングを利用する前には、自分が必要な書類はどこで発行してもらえばいいのかを再度整理しておくとスムーズに動けます。

お金を借りるときは、しっかり信用してもらう必要があるので、収入証明書の準備が面倒ではあっても、準備をおこたらないようにしましょう。

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。