アコムで増額する際の【必須確認事項】審査でみられる項目や落ちる人の特徴について

アコムの増額申込み審査の必須項目と落ちる人の特徴

アコムは融資枠の増額申込みは、会員ページや自動契約機など5つの方法から行うことができます。

増額の申込み時には必ず審査が行われるので、在籍確認や自宅への郵便物、審査に落ちやすい人など疑問に思うことが多いですよね。

増額の審査にかかる時間は?増額できる金額の相場は?というところも気になるかと思います。

今回はアコムの増額に関する、審査時にみられる項目や申込み条件など疑問を解消しながら、お金の教本運営スタッフの体験談も交えて詳しくご紹介していきます。

アコムの増額審査について

アコムの増額は審査が必須ですが、カードローンの審査内容と違うのか?

まずは審査時にみられる項目、審査完了するまでの時間についても確認していきましょう。

増額審査ではどんなことをみるのか?

アコムの増額審査では、申込み内容はもちろん信用情報機関に記録されている情報をもとに、年収や現在のカードローン利用状況をみています。

信用情報機関には利用者の契約内容や利用状況が記録されており、ローンやクレジットカードなどを新規契約したり、延滞・滞納したりするとその都度記録されるのです。

増額の審査時にみられる項目は主に以下の3つ。

審査時にみられる項目
  • 年収
  • アコムの利用実績
  • 他社の利用状況

アコムの増額審査では、年収は現在いくらあるのかが重要で、年収が多ければ審査に通りやすく少なければ審査に通りにくくなってしまうのです。

年収には、毎月安定した収入を得ていれば本業だけでなく副業も含めることができます。

またアコムの利用実績は契約期間や返済に遅れたり、延滞したりしていないかを確認されます。

契約期間が6ヶ月以上経っており、延滞・滞納がなければ高実績となり、審査に通過できる可能性が高くなるのです。

他社の利用状況は、アコム以外の金融機関を始め、クレジットカード会社や携帯端末の分割支払いなどを確認されます。

これらは新規契約・滞納時に、信用情報機関へ記録される項目で、記録されないものと併せて以下の表にまとめてみました。

信用情報に記録されるもの 信用情報に記録されないもの

・クレジットカードの利用

・他社金融機関のローンの利用

・携帯やパソコンなどの端末の分割支払い

・ローンの連帯保証人の支払い

・家賃の支払い滞納時※1

・奨学金の支払い滞納時※2

・公共料金や携帯の利用料金

・各種保険の料金

・自動車税や住民税などの税金

※1.賃貸契約時の保証会社が信用情報機関に加盟していない場合、傷がつくことはありません
※2.「JASSO(独立行政法人日本学生支援機構)」の奨学金のみ、延滞すると傷がつくおそれがあります

アコムの増額審査にかかる時間

アコムの公式サイトやCMで「審査時間は最短30分」と聞いたことがあるかもしれませんが、あくまでも初回申込み時の審査になります。

増額審査の場合、審査時間は最短即日となっており遅くなると翌営業日以降まで時間がかかることがあるのです。

審査時間が遅くなる原因は、以下の3つが考えられます。

  • 増額希望の金額が高額すぎる
  • 引っ越しなどで登録内容が変わっている
  • 土日祝日に増額の申込みをした

 

増額希望の金額が高すぎる

増額する希望金額が50万円以上の高額だと、年収や信用情報などをもとに、増額しても問題ないか慎重に審査するため時間がかかります。

なぜなら融資枠が高額になるにつれアコムの負担も大きくなり、「きちんと返済能力はあるのか」を判断しないといけないからです。

もし早めに増額の審査を終わらせたいなら、増額する希望金額を必要な金額に抑えておきましょう。

ただ希望金額を抑えても、融資額が50万円を超えてしまうと、源泉徴収票や給料明細書などの収入証明書が必要になります。

この収入証明書の提出に手間取れば、その分審査時間に影響するのです。

なので本人確認書類と一緒に、収入証明書も準備しておけば、スムーズに審査を進められますよ。

引っ越しなどで登録内容が変わっている

増額の申込み時に登録内容の変更があると、変更手続きと変更内容の確認もしなくてはいけなくなるので、翌営業日まで審査に時間がかかります。

事前に会員ページから変更手続きをしておくと、変更内容の確認はあるが、早めに審査を終わらせることが可能です。

会員ページから変更手続きを行う手順は、以下の通りになります。

  1. 会員ページにログインする
  2. メニュー内にある「各種変更のお手続き」を選択する
  3. 変更のある項目を選択し入力すれば完了

会員ページのログインはパソコンやアプリから行えるので、住所・氏名・勤務先が変わるなら、早めに変更手続きを済ましておきましょう。

土日祝日に増額の申込みをした

土日祝日に申込んだ場合、平日と比べて申込む人が多くなり、審査が最短即日で終わらない可能性が高くなります。

土日祝日は会社がお休みということもあり、遊びに誘われたり、飲み会に行ったりとお金を使う場面が多いですよね。

やはり土日祝日は金融業も申込み者が多くて混みやすいのです。

審査に時間を掛けたくないなら、平日に増額申込みをしておけば、最短即日で結果を確認できますよ。

アコムの増額に在籍確認はある?

初回申込みの審査時に行われる在籍確認ですが、原則として増額の審査では在籍確認は行われません。

ただ「転職して勤務先が変わっている」場合は増額審査時でも在籍確認が行われます。

これは初回申込み時に伝えた勤務先が変わっていれば、再度勤務先が実在するのかなどを確認する必要があるからです。

ただ「転職したことを教えなければいいのでは?」と、思われる方がいるかもしれませんね。

しかし増額の審査時に必要書類として、給料明細などの収入証明書 が求められる可能性があり、転職していることがすぐにわかってしまいます。

金融業者に嘘は通用しないんです。

勤務先の情報はアコム会員ページから変更できるので、あらかじめ変更しておけば余計な手間を省くことができますよ。

増額関係の書類が自宅に届く?

増額関係の書類は店舗で増額の申込みをすれば、その場で書類を受取るため自宅に届くことはありません。

しかし増額の申込みをネットから行う場合、初回契約時に「電磁交付」を希望していないと、自宅へ増額関係の書類が送られてくるので注意しましょう。

電磁交付とは、会員ページで契約書類や利用明細書を確認できるサービスのことで、初回契約時に希望しなくても後から設定することができます。

電磁交付を設定する手順は以下の通り。

電磁交付の設定手順
  1. 会員ページへログインする
  2. 会員メニューにある「書面の受取り方法」を選択する
  3. 電磁交付を希望し同意すれば完了

どうしても増額関係の書類が自宅へ郵送されないか不安な方は、会員ページで書類の受取り方法が電磁交付になっているのか確認と希望をしておきましょう。

増額審査に通るためのポイント

増額審査に通るためには、以下のポイントが重要となります。

  • アコムの契約年数が6ヶ月以上経っている
  • 増額のお知らせが来ている
  • 初回審査時よりも年収が上がっている

それぞれ詳しくご紹介していきますので、しっかり抑えておきましょう。

アコムの契約年数が6ヶ月以上経っている

アコムの契約年数が6ヶ月以上経っており、一度も滞納をしていなければ良い利用実績を積むことができます。

アコムで健全な利用実績を積むことで、「きちんと返してくれる」と判断してもらえて、増額の審査に通過できる可能性を高められるのです。

ただし契約年数が6ヶ月未満だと、きちんと返済してもらえるのか判断しずらく審査通過が厳しくなります。

そのため融資枠を増額するには、契約年数が6ヶ月以上経過するまで待ってから申込むようにしましょう。

増額のお知らせが来ている

アコムを6ヶ月以上利用していると、「ご契約限度額の増額に関するご案内です」というお知らせが届きます。

このお知らせはパソコンやアプリから確認でき、会員ページにログイン後お知らせ一覧に表示され、アコムも増額に対して積極的です。

ただアコムから増額のお知らせが来たからといって、必ず審査に通過できるわけではなく、あくまで審査に通過できる可能性が高くなるということ。

スタッフの体験談

実際にアコムで借入れ経験のあるお金の教本運営スタッフが確認したところ、増額のお知らせが来ていて申込んだが、結果増額できませんでした。

審査に落ちた原因は、他社の金融機関を利用していることが考えられます。

このように増額のお知らせが来ても、審査に通過できない場合もあることを覚えておきましょう。

初回審査時よりも年収が上がっている

初回審査時よりも年収が上がっていれば、アコムで借りられる金額が増え、審査で好印象を与えやすいです。

なぜなら自身の年収3分の1までしか借りられないと法律で定められており、年収が多いほどアコムで借りられる金額も増えるからです。

現在勤めている勤務先の給料が上がった、もしくは転職をして収入が上がれば、初回審査時よりも多く借りられます。

ただし余裕があるからといって借りすぎはいけません。

また年収が増えたことを証明するのが必要ですが、直近の給料明細書を2ヶ月分用意すれば問題ありません。

年収が増えているなら、増額審査を受ける前に給料明細書を用意してから申込みしましょう。

増額審査に落ちる人の特徴は?

増額審査に落ちてしまう人は、以下の特徴が考えられます。

  • 3ヶ月以上に渡って延滞や滞納をしたことがある
  • 他社の金融機関で借入れをしている
  • 初回審査よりも年収が下がっている

3ヶ月以上に渡って延滞や滞納をしたことがある

アコムや他社の金融機関などで、3ヶ月以上の長期に渡って延滞・滞納をしていると、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

なぜなら長期の延滞・滞納をしていると信用情報を傷つけてしまい、「返済能力が低い」とアコムが判断してしまうからです。

信用情報の傷は延滞・滞納を解消後、5年間は消えないため、期間内だと審査通過はできないと考えたほうがよいでしょう。

また信用情報を傷つけるのは、アコムを含めた金融機関だけでなく、携帯やパソコンなどの端末分割支払い時も該当するので注意が必要です。

信用情報は金融機関やクレジットカードなど審査でみられる項目なので、きちんと返済していくことが重要ですよ。

他社の金融機関で借入れをしている

他社の金融機関やクレジットカードで借入れしていると、自身が借入れできる最大制限額を超えてしまい、増額できない原因となります。

他社の借入れ金額が多いほど、総量規制の関係でアコムで借りられる金額が減っていくので、増額するのが難しくなるのです。

そのためアコムで融資枠を増額する前に、他社の借入れ金額を完済し、解約手続きを済ましておくことが大切になります。

他社の借入れ金額を完済しただけでは、「いつでも借入れできる状況」なので制限額は増えないので、解約まで済ませるのが必須です。

すべての借入れ金額を完済する必要はなく、1社だけでも完済し解約すれば、アコムで借りられる金額は増やせます。

しかし他社で借りていた金額分、アコムで増額できるわけではないことを覚えておきましょう。

初回審査時よりも年収が下がっている

初回審査時よりも年収が下がっていると、カードローンで借りられる金額も減ってしまい、審査にも通りにくくなります。

年収が下がった分アコムが「きちんと返してもらえるのだろうか…」と判断し、融資枠の減額や一括返済を求めることもあるのです。

増額の審査に通るか不安、それでもまだお金が必要だというときは、アコム以外の選択肢を考えるのも一つの手段です。

ただ、自分が返済できる範囲の金額で無理のない借入れをするようにしましょう。

SMBCモビット
SMBCモビット
  • Web完結申込みなら電話連絡・郵便物なし
  • Web申込みで仮審査結果が最短10秒で表示される
  • カードローン機能付きのクレジットカードもある
アイフル
アイフル
  • セブン銀行からアプリだけ借入れ・返済ができる
  • 審査が最短30分で完了する
  • 借入れできるか最短1秒で確認できる簡易審査がある

総量規制

総量規制は増額審査だけでなく、新規の審査時にも重要な項目となっています。

総量規制とは、利用者が多額の借金を作らないように作られた制度で、利用者の年収3分の1を超えて貸してはいけないという法律です。

つまり複数の金融機関からお金を借りることはできず、自身の年収によって利用できる金額が限られるのです。

一例として、「年収300万円・600万円・1,200万円」の場合、いくらまで借りられるのかご紹介します。

総量規制の例
年収300万円 100万円まで借りられる
年収600万円 200万円まで借りられる
年収1,200万円 400万円まで借りられる

上記のように年収対して借りられる金額は違いますが、必ずしもその金額まで借りれるわけではなく、審査で借りられる金額が決まります。

また総量規制に含まれる年収には、毎月安定してもらえている本業・副業の収入、毎月必ずもらえるボーナスなど。

さらに金融機関によっては、年金も年収と認めていることもあり、すべての収入を合算して申請することができますよ。

総量規制の対象となっているローンなどは、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

年収がどのくらいあれば増額審査に通る?

結論をいうと年収120万円以上あれば、増額できる可能性は十分にあります。

ただしこれはアコムだけを利用している場合なので、他社でも借り入れしている方は増額できる可能性は減ってしまいます。

そのため年収が120万円を超えているなら、増額審査に通過できる可能性はあるが、自身の借入れ状況によって増額できる金額が変わることも覚えておきましょう。

アコムの増額に申込み方法は4つ

まずはアコムの増額申込みと対応可能時間をまとめました。

増額方法 対応時間
会員ページ 24時間365日
自動契約機(むじんくん) 9時~21時(土日祝日は営業)
店頭窓口 9時30分~18時(土日祝日は休業)
電話 9時~18時(土日祝日は休業)

(2020年4月時点)
※自動契約機と店頭窓口の営業時間は、店舗ごとに異なります

各方法について詳しく解説していきます。

1.アコム会員ページから申込む

アコムの会員ページは24時間いつでも増額の申込みができ、増額できる可能性があるのか画面に最短1秒で表示され、可能ならそのまま申込むことができます。

ただ会員ページから申込むには、アコムから増額案内が来ていることが条件で、案内が来ていない方は別の方法で行う必要があります。

会員ページから増額申込みをする際は、事前に増額案内が来ているのか確認しておきましょう。

案内の確認が済んだら、以下の手順で申込みを進めていきます。

会員ページの申込み手順
  1. 会員ページへログインする
  2. 〇〇様へ!という欄の「ご契約限度額の増額に関するご案内です」を選択する
  3. 「極度額等変更申込み」という項目を選択する
  4. 変更可能なのか確認し必要項目を入力する
  5. 本人確認書類を提出しする
  6. 変更内容を確認し同意すれば終了

会員ページへのログインはパソコンやアプリからでき、会員番号8桁とWEBパスワード半角英数字8桁~20桁を入力するだけと簡単です。

しかしWEBパスワードを設定されていない方は、暗証番号4桁を入力すればログインできますが、設定済みでパスワードがわからない場合は再設定が必要になります。

会員番号はアコムカードに記載されていますが、入力時は打ち間違えないよう気をつけましょう。

3回以上間違えてしまうと、カードにロックがかかってしまい、自動契約機で解除しない限りログインできなくなります。

カードにロックがかからないように、各番号をよく確認しながら打ち込むことが大切ですよ。

また増額の申込み時に困ったことがあれば、電話を掛けなくてもチャットサービスを使い、アコムのオペレーターへ直接相談することができます。

チャットサービスもパソコン・アプリのどちらでも行えるが、利用時間が平日の9時~18時まで限られているので注意しましょう。

電話からの相談もチャットサービスと同様の利用時間なので、土日祝日の相談は残念ながらできません。

もし土日祝日で増額の申込みする際に手続きが不安に感じる方は、始めから店舗で申込んだほうがいいでしょう。

店舗なら相談しながら手続きを進められるので、安心して申込めますよ。

2.自動契約機で申込む

自動契約機(むじんくん)は土日祝日でも9時~21時まで営業しており、会社が終わってからでも安心して増額の申込みができます。

ただ利用する店舗によっては営業時間が違うことがあるので、事前に利用予定の店舗の営業時間を確認しておくのが大切です。

自動契約機で増額の申込みをする手順は、以下の通り。

  1. 画面を軽く触れ、画面左下にある「呼出」を選択する
  2. アコムのオペレーターへ「限度額の増額をしたい」と伝える
  3. 必要項目を記入し本人確認書類を提出する
  4. 審査が始まり合否が出る
  5. 変更内容を確認し同意すれば終了

自動契約機はタッチパネルを指で操作していくので、機械操作が苦手な方でも簡単に手続きを進めることができるのがメリットです。

さらに筆談器を設置している自動契約機もあり、機械操作自体が困難でも、手書きで申込みと相談が可能です。

また自動契約機に向かう際は、必要書類のコピーではなく、原本を持って店舗へ向かいましょう。

自動契約機には書類をスキャンする機能が搭載されており、コピーを提出すると書類不備と判断されてしまいます。

書類不備になってしまうと、別の書類を提出しなくてはいけないので、スムーズに手続きを済ませるなら必ず原本を持って行きましょう。

これは自動契約機だけでなく、店頭窓口で申込む際にも同じことがいえます。

ちなみに自宅や勤務先の付近にある自動契約機を、こちらから探すことができますよ。

>>自宅や勤務先の付近にある自動契約機を探す

3.店頭窓口で申込む

店頭窓口は平日の9時30分~18時のみ営業しており、土日祝日は利用できませんが、アコムスタッフと直接対話しながら増額の申込みができます。

さらに申込み時は書類を記入していくので、機械を一切操作することがなく、手続きを済ませることが可能です。

  1. アコムのオペレーターに「限度額の増額をしたい」と伝える
  2. 必要項目を記入し本人確認書類を提出する
  3. 審査が始まり合否が出る
  4. 変更内容を確認し同意すれば終了

また店頭窓口は増額後、すぐにお金を借りることができ、手数料はゼロ円となっています。

ただ店頭窓口は「全国22店舗(2019年12時点)」しかなく、自宅や勤務先付近に設置されていないことが多いため利用が難しい方もいますね。

しかし自動契約機でも備え付けの電話から、アコムのオペレーターに直接相談することができ、手続き完了後に併設されているアコム専用ATMで借入れできます。

自動契約機は「全国947店舗(2019年12月時点)」もあり、自宅や勤務先付近にも設置されていることが多いです。

店頭窓口が近くにない方は、自動契約機を利用できないか調べてみましょう。

4.電話で申込む

電話は店頭窓口と同様に、平日の9時~18時までのみですが、増額の希望金額など口頭で伝えるだけなので簡単に申込めます。

ただ電話する際に個人情報なども伝えなくてはいけません。

プライバシーが心配なら、外出先で電話するのは避けましょう。

電話で増額の申込みする手順は、以下の通りです。

  1. アコム総合カードローンデスク(0120-629-215※)へ電話する
  2. アコムスタッフへ「限度額の増額をしたい」と伝える
  3. 増額する希望額などを伝える
  4. 暗証番号を入力して同意すれば終了

(2019年12月時点)

※会社の意向により電話番号が変わることがございます

電話申込みでは基本的に書類の提出はありませんが、審査により必要書類の提出を求められることがあります。

電話申込みの場合、以下の3つの方法で必要書類を提出可能です。

必要書類の提出方法
  • アプリ
  • FAX(FAX番号0120-32-2345)
  • 返信専用封筒

(2019年12月時点)
上記の提出方法のなかで、アプリから提出することをおすすめします。アプリなら自宅にいながら提出でき、書類の写真を撮って送るだけなのでとても簡単です。

またFAXは自宅にFAX機能の付いた固定電話がない方でも、コンビニに設置されているマルチコピー機から提出できます。

しかしマルチコピー機は送信料50円がかかるので、「50円でも惜しい…」と思われるなら、無料で送信できるアプリから書類を提出してみましょう。

アコムの増額に申込む条件や必要書類

アコムへ増額申込みするには、新規申込み時と同じく「安定した収入がある」ことが条件となります。

安定した収入がなれければ、利用限度額の増額どころか、減額されてしまうことがあるのです。

増額の申込み条件
  • 自身に毎月安定した収入を得ていること
  • アコムを半年以上利用していること

またアコムを半年以上利用してから申込むと、アコムの利用実績を積むことができ増額審査を有利に進める情報を作れます。

返済などが滞っていないことも大事。

もちろん利用期間が半年未満でも申込めますが、十分な実績を積むことができていないため、審査に通る可能性はあまり高くありません。

アコムへ増額の申込みをする前に、一度収入面や利用期間を確認しておきましょう。

アルバイト・パートでも安定した収入があれば増額は申込める

利用限度額の増額ができるのは正社員だけでなく、安定した収入があればアルバイトやパート、フリーターの方でも申込むことができます。

ただ日雇いバイトや短期バイトで収入を得ている方は、「安定した収入がある」とは認められず、増額の申込みはできません。

なぜなら日雇いバイトや短期バイトは得られる収入の変動が激しく、毎月一定額の収入を稼げるとは限らないからです。

そのため勤務時間が短くても長期間アルバイトとして働いていれば、毎月一定額の収入を得られるので、問題なく増額申込みができますよ。

増額には収入証明書が必要になることも

増額の申込みを会員ページや店舗で行う場合、運転免許証など顔写真付きの本人確認書類が1点必要になります。

運転免許証を取得していない方は、顔写真なしの本人確認書類として、各種保険証など2点を用意しましょう。

そして、増額の申込み時に必要な書類を、確認事項と併せて以下の表にまとめてみました。

顔写真付きの本人確認書類1点
書類 確認事項
運転免許証 ・有効期限内のもの
・本籍地が記載されている場合、確認できないよう加工
個人番号カード ・有効期限内のもの
・個人番号を確認できないよう加工
パスポート ・有効期限内のもの
・所持人記載欄に氏名と住所、電話番号を記載しておく
・本籍地が記載されている場合、確認できないよう加工
顔写真なしの本人確認書類2点
各種保険証 顔写真付きの書類がない場合、必ず必要
・表面に氏名・生年月日、裏面に住所が記載している
住民票 ・発行日から6ヶ月以内のもの
・個人番号や本籍地、住民コードは記載しない
公共料金の領収書 ・領収日から6ヶ月以内のもの
・水道光熱費や固定電話の領収書が有効
納税証明書 ・発行日から6ヶ月以内のもの
・個人番号が確認できないように加工
収入証明書1点
源泉徴収票 ・最新年度の書類が必要
・氏名や年収額、勤務先が記載されている
給料明細書 ・申込み月から直近2ヶ月分が必要
・ボーナスがある場合直近1年分の賞与明細書も必要
・氏名や支給総額、勤務先が記載されている
市民・県民税額決定通知書 ・最新年度の書類が必要
・氏名や収入額、発行日が記載されている
所得証明書 ・最新年度の書類が必要
・氏名や収入額、発行日が記載されている
確定申告書・青色申告書・収支内訳書 ・最新年度の書類が必要
・氏名や収入額、税務署受付印が記載されている
・個人番号が確認できないように加工

(2019年12月時点)

上記の提出する書類に記載されている住所が現住所と違う場合、現住所が記載されている住民票か公共料金の領収書を本人確認書類と一緒に提出すれば問題ありません。

ただし以下の項目に該当する方は、追加で収入証明書の提出が求められます。

  • アコムでの借入れ金額が50万円を超えてしまう
  • 他社の借入れ金額を併せて100万円を超えてしまう

 

収入証明書は自宅からの申込みだとアプリやメールなど、店舗での申込みだとその場で提出できます。

提出する収入証明書は最新年度の源泉徴収票、もしくは申込み時から直近の給料明細書を2ヶ月分などいずれか1点で問題ありません。

もし収入証明書の提出を求められる可能性が低くても、本人確認書類と一緒に準備しておき、アプリ等で提出する場合は書類の写真を撮っておけばスムーズに審査を進められます。

アコムで増額を申込む前に知っておきたいこと

増額できる金額はどのくらい?

アコムは最大800万円まで増額できますが、収入面や審査によって増額できる金額は変わってきます。

まずアコムで融資枠を800万円まで増額するには、年収約2,400万円以上必要です。

総量規制の関係で年収が大きく関係してくるのです。

またアルバイトやパートの場合、現在の年収・借入れ可能金額・借入れ金額を算出すれば、増額できる金額を確認できます。

一例として「全国の平均時給1,047円(2019年12月時点)※」をもとに、年収・借入れできる金額を計算してみました。

【例:実質労働時間8時間・勤務日数22日】
■年収
2,211,264円
■借入れできる金額
737,088円

※参照 :TOWNWORK(タウンワーク)

上記のように全国の平均時給基準で考えると、年収2,211,264円を稼ぐことができ、アコムでは最大737,088円借入れできるのです。

そしてすでに20万円借入れしていても、後50万円以上は増額できる可能性があるのがわかりますね。

自分はいくら増額できるのか知りたいときは、自身の年収から現在の借入れ金額を引いてみてみるとすぐ分かりますよ。

増額後金利は下がる?

利用限度額を増額した後、適用されている金利が下がる可能性は十分にあります。

なぜならアコムは利用限度額ごとに適用される金利を設定しており、少ない利用限度額だと高い金利が、高い利用限度額だと低い金利が設定されるからです。

実際に限度額ごとの金利を、以下の表にまとめてみました。

利用限度額 適用金利
1万円~99万円 7.7%~18.0%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
501万円~800万円 3.0%~4.7%

(2019年12月時点)

上記のように借入れ金額1万円だと18.0%が適用されますが、99万円まで増額できれば、7.7%まで金利が下がるのです。

ただいくらの金利が適用されるのかアコム側が決めるので、10万円から30万円まで増額しても、金利が変わらないことも考えられます。

そのため利用限度額を増額したからといって、必ず金利が下がるとは限らないことを覚えておきましょう。

返済中でも増額に申込める?

現在アコムへ返済を行っている最中でも、問題なく増額の申込みをすることは可能です。

つまり返済中でも上限以上のお金を借りたいとき、他社の金融機関を利用しなくても、増額の申込みをすることで上限を超えた借入れができる可能性があるのです。

ただアコムの返済が遅れている、もしくは他社の返済に遅れていると、増額してもらえないこともありますので注意しましょう。

アコムで増額するデメリットもある

アコムへ増額の申込みをして審査に通過できれば、利用限度額が増えたり、金利が下がったりとメリットがあります。

しかし増額審査に通過できないと、利用限度額の減額やカードの利用停止などのデメリットもあるのです。

ここからは利用限度額を増額するデメリットについてみていきましょう。

利用限度額の減額

アコムへ増額の申込みをする際、初回申込み時よりも年収が少なくなっていると、審査時に利用限度額が減額されることがあります。

年収が少ないと返済能力が低いと判断されやすくなり、「きちんと返済してもらえるのか?」とアコムに信用されにくいのです。

なので転職をして年収が低くなってしまったときは、増額の申込みはしないほうがよいでしょう。

利用限度額が減額される原因
  • 初回申込み時よりも年収が減った
  • 総量規制の制限額を超えてしまう

また増額後に総量規制の制限額を超えてしまうと、貸金業法に触れてしまうため利用限度額を減らされてしまうのです。

この原因は年収が少なくなったときだけでなく、複数の金融機関を利用している場合も該当します。

同時に複数の金融機関を利用していれば、利用件数分だけ総量規制の制限額が減っていくのです。

もし複数の金融機関を利用しているが増額申込みを検討しているなら、まず他社の借入れ金額を完済し解約しておきましょう。

カードの利用停止

増額の審査結果次第では最悪の場合、カードが利用停止になり追加の借入れができなくなります。

この審査結果は借入れ状況が大きく関係しており、カードが利用停止になる原因は以下の2つです。

カードの利用停止になる原因
  • 過去に何度も延滞・滞納をしていた
  • 短期間で複数の増額をした

アコムで延滞や滞納を繰り返していると、「返済能力が低い」と判断されてしまい、カードが利用できなくなる恐れがあります。

一度利用停止になってしまうと、借入れ金額を完済して信用を回復させない限り、融資再開は難しいでしょう。

またアコムを含め1週間で2社以上へ増額申込みをすれば、「返済できないほどお金に困っている」と判断され、カードが使えなくなってしまう可能性が出てきます。

増額の申込みをしたら1ヶ月程度の期間を空け、次の金融機関へ増額の申込みをするなどタイミングも重要。

返済期間が短くなる

増額の審査で毎月の返済金額が増え、返済期間が短くなる可能性もあります。

この処置がとられるのは初回審査時よりも年収が減ってしまい、一括での返済が難しいときに考えられます。

なぜなら年収が減ってしまうと一括返済を求められる場合が高いですが、収入が減った分、なかなか一括で返すのは難しいですよね。

そんなときにアコムへ返済の相談をすることで、毎月の返済金額が増えますが、分割払いという対処をとってもらえることがあります。

一括返済を求められたがどうしても返済が難しいなら、早めにアコムへ相談することが大切ですよ。

増額して借入れしても無利息期間がつかない

利用限度額を増額して借入れを行っても、無利息期間は適用されず、返済時には必ず利息が発生します。

そもそも無利息期間とは、アコムの新規利用者が受けられる特典のことで、初回契約時の翌日から30日間は利息がゼロ円になるものです。

つまりすでに利用している方、または過去に利用していた方は「利用済み」と判断され、無利息期間は適用されません。

そのため利用限度額を増額し借入れをしたからといって、無利息にはならないので注意しておきましょう。

アコムマスターカードの増額方法

アコムはカードローン以外に、「ACマスターカード」というクレジットカードも提供しています。

このACマスターカードはショッピング機能だけでなく、キャッシング機能も搭載されており、どちらの利用枠も増額することが可能です。

アプリからの申込み方法

ACマスターカードの増額方法はカードローンとあまり変わらないですが、アコムのアプリからでも増額の申込みをすることができます。

アプリから増額の申込みをする手順は、以下の通りです。

アプリからの申込み手順
  1. アプリを起ち上げ「アコムHP」を選択する
  2. 会員番号とWEBパスワード※を入力しログインする
  3. お知らせ一覧にある「増額案内」を選択する
  4. 変更可能なのか確認し必要項目を入力する
  5. 本人確認書類を提出しする
  6. 変更内容を確認し同意すれば終了

※WEBパスワードを未設定の方は暗証番号を入力していただけば問題ありません

アプリから増額の申込みをするには、会員ページのログイン時と同様に、会員番号とWEBパスワードの入力が必要になります。

WEBパスワードとは、セキュリティ面の強化を図るために、2019年10月14日から実施された半角英数字混合パスワードのことです。

つまり暗証番号の代わりにWEBパスワードを設定しておけばセキュリティをさらに強化でき、不正利用を防ぐことができます。

WEBパスワードを設定する方法は、たった3ステップ。

  1. アプリから会員ページへログインする
  2. 画面にパスワード設定案内が表示される
  3. 案内に沿って入力して完了

WEBパスワードの設定をする際は他人に知られないよう、生年月日や会員番号など特定されやすいものは設定できない仕様になっています。

またパスワード設定後は暗証番号でのログインができなくなり、パスワードの紛失時は再設定する必要があるので注意しておきましょう。

ACマスターカードについて詳しく知りたい方は、別記事で紹介していますのでご覧ください。

まとめ:アコムの増額で時間がかかるのが嫌なら他社借入れのほうが早い場合も

アコムの増額申込みは会員ページや自動契約機など、5つの方法があり、アルバイト・パートの方でも安定した収入があれば、申込むことができます。

また増額審査は最短即日で完了しますが、書類提出が手間取ったり、在籍確認が行われたりすると翌営業日以降まで時間がかかります。

増額に「あまり時間をかけたなくない‥」という方は、他社の金融機関でお金を借りるというのも一つの選択。

他社の金融機関を利用するには、返済のことをしっかり考えたうえで、利用するのか判断するのが大切ですよ。

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。