じぶん銀行はどんなキャッシング?特徴や申し込み方

「じぶん銀行」は三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資により誕生したネットバンクです。銀行の中では歴史が浅いので、知らない人も多いかもしれませんね。

じぶん銀行では、カードローンも取り扱っていて、条件にあてはまる人は数々の優遇も受けられます。また、カードローンだけではなく、じぶん銀行のことを含めて、まだまだ知られていない特徴やメリットがあります

他行のカードローンとは何が違うのか、どのような便利さがあるのか、じぶん銀行カードローンについて興味を持っている人も多いでしょう。また、特定の人しか利用できないのでは、という疑問もあるでしょう。

ここでは、じぶん銀行カードローンでどのようなキャッシングができるのか、その中身から審査・利用方法まで詳しくみていきます。

じぶん銀行カードローンの特徴

下記は、「じぶん銀行カードローン」の主な特徴です。

・使い道は原則自由

・誰でもコース・au限定割誰でもコース・au限定割借り換えコースがある

・審査時間は最短で翌日対応(申し込み時間や審査の状況次第)

・無利息期間の設定はなし

・返済は残高スライドリボルビング方式

じぶん銀行カードローンは使用目的を問われないフリーキャッシングのカードローンです。審査時間については最短で翌日対応となっていますが、これは銀行カードローンの中では、かなり早いと言えます。

銀行カードローンは翌日対応していないことが多く、希望額などによっては融資までに数日かかることがあります。この点の早い対応力も大きなメリットと言えそうです。ただし、申し込み内容や時間、審査の状況次第で翌々日以降になることもあります。

また、消費者金融のカードローンのような即日融資でないことも注意すべき点です。

消費者金融のような無利息期間は設定されていませんが、金利は低めです。残高スライドリボルビング方式の返済方法も、利用残高に応じて返済額が変わる仕組みで、リボルビング方式であるため月々の返済も低額です。

リボ払いは毎月の返済額が分かりやすく返済計画も立てやすいメリットがあります。

なかでも、注目すべき点は「誰でもコース」「au限定割誰でもコース」「au限定割借り換えコース」の3つのコースです。

これは、金利や商品内容によってコース分けしているもので、au限定とつくものは条件付きで金利が優遇されています。じぶん銀行以外でも、各銀行のカードローンでは金利優遇サービスを提供していて、各社さまざまな条件が設定されています。

その中で、じぶん銀行カードローンの場合は、それを「auユーザー限定」としているところにポイントがあります。

じぶん銀行カードローンの貸付条件

じぶん銀行カードローンの貸付条件は以下の通りで、すべてを満たすことが求められます。

・契約時の年齢が20歳以上70歳未満であること

・継続した安定収入のある人

・アコム株式会社の保証を受けられる人

上記、最初の2つは他のカードローンでも設定されている標準的な条件です。この中で注視すべき点は、アコムが保証会社となっていることです。

銀行カードローンですから、第三者の保証が必要な点は他行のローンと変わりはありませんが、その第3者が消費者金融のアコムであることが不思議な感じがしますね。

じぶん銀行のカードローンでアコムが保証会社となっている点は、じぶん銀行の成り立ちから分かります。じぶん銀行は三菱UFJ銀行が出資に加わっています。

アコムも三菱UFJ銀行の消費者金融ですから、同じグループ会社が保証契約でついていることになります。

銀行カードローンと消費者金融の審査で大きく異なる点の一つは、この保証会社が審査をおこなうことです。この保証会社の審査を通過しなければ、融資は受けられません。

じぶん銀行カードローンは基本的に無担保で借りることができますが、その代わりに保証契約を結ぶことが貸付条件になっていて、保証人というべき存在がアコムという訳です。

金利は何%?

気になる金利ですが、誰でもコースの場合は2.2~17.5%です。この数字は他の銀行カードローンと比べると高めです。

特に、上限金利は大手の消費者金融で設定している金利と比べても、その差はわずかとなっています。銀行カードローンの上限金利が14~15%台で設定されていることが多く、検討の余地ありです。

また、初回の契約でつくのは上限金利ですから、少額の借り入れには少し不向きです。逆に、100万円以上の借り入れでは法定金利で15%が上限となりますから、じぶん銀行カードローンの金利は高額融資で活かされるといえます。

そんな金利が高めというイメージを払拭しているのが、au限定割です。他の銀行カードローンも同様に金利優遇の制度を設けていますが、多くが住宅ローンを利用していることを条件にしています。

一方で、じぶん銀行カードローンはauユーザーであることが条件なので、条件面では少しハードルが低いと言えます。金利の優遇が受けられる人はauユーザーで、au限定割誰でもコースでは2.1~17.4%、au限定割借り換えコースは1.7~12.5%で金利が設定されています。

au限定割誰でもコースはフリーキャッシングのカードローンで、au限定割借り換えコースは借り換え専用のおまとめローンです。銀行カードローンの中でも金利は高めで、金利優遇を受けられるのはauユーザーのみとなっていますが、優遇される金利がどれぐらいになるかでも比較しておくと良いでしょう。

金利優遇を受けるにはどうしたらいいの?

金利の優遇を受けるためにはau限定割「誰でもコース」au限定割「借り換えコース」を選ぶ必要があります。ただし、このコースを利用できるのはauユーザーに限定されています。

まず、利用する際にはau IDへの登録が必要です。加えて、auが指定する通信サービスの利用も条件です。例えば、携帯電話がドコモやソフトバンクなどの別の会社であっても、自宅のインターネット回線や固定電話がauを利用していれば条件にあてはまります。

通常のコースと優遇された場合ではどれだけ違いが出るのか、下記は各コースで設定される金利です。

・通常コースは年利2.2~17.5%

・au限定割「誰でもコース」は年利2.1~17.4%

・au限定割「借り換えコース」は年利1.7~12.5%

au限定割誰でもコースの金利優遇は0.1%、au限定割「借り換えコース」は0.5%~5%の金利が引き下げられます。この中で、借換えコースの金利は限度額が100万円以上となる場合です。

それ以下の金額では「誰でもコース」の金利となります。「誰でもコース」はauのユーザーであれば誰でも受けられる優遇で、引き下げ幅はわずかですが、限度額によっては利息の支払いに差が出ることがあります。

いずれの条件にも満たない場合は通常の金利となり、じぶん銀行カードローンをお得に利用するなら、auユーザーになることが必須です。

auの携帯がなくても大丈夫!

auの携帯電話がなくても利用でき、金利の優遇も受けられます。au IDへの登録についても、auユーザー以外でも可能です。じぶん銀行カードローンを利用する際は、au IDへの登録から始めると良いでしょう。

このau IDはauの携帯電話やスマートフォンをはじめ、KDDIが提供する通信サービスやコンテンツを利用する際に必要となる会員IDです。

以下は、じぶん銀行カードローンの利用時に金利の優遇サービスを受けられる通信サービスです。

・au携帯電話

・ケーブルプラス電話

・Smart TVBox

・J:COM PHONEプラス

・auひかり

・auひかりちゅら

・au one net(フレッツ光コース、コミュファ光コース、WiMAXコース)

au IDに登録し、これらの通信サービスをどれか一つでも利用することで、金利優遇が受けられる仕組みです。例えば、携帯電話やスマートフォンがau以外の会社であっても、上記の通信サービスを利用していれば、じぶん銀行カードローンを利用でき、かつ金利も優遇されます。

これらは、金利が優遇される場合の条件ですが、通常のコースはau IDの登録がなくても利用でき、KDDIの通信サービスを使っていなくても利用可能です。

その点は他の銀行カードローンと変わりません。金利の優遇はauユーザーのみの特典として設けられているもので、auユーザーにならなくてもカードローン自体は問題なく利用できます。

限度額はいくらになるの?

カードローンの選び方の中で、いくらまで借りることができるのかは重要なことです。その物差しとなる情報が限度額です。

特に、銀行カードローンの魅力のひとつは高い限度額です。じぶん銀行カードローンの限度額は各コース共通で800万円となっています。この金額は銀行カードローンの中でも高めの部類に入ります。

この限度額の見方としては、表示されているのは最大でこれだけ融資できるという金額で、だれでも適用される金額ではありません。審査の上で申込者それぞれの利用できる限度額が決まり、これが利用限度額と呼ばれるものです。

また、限度額は年収制限の総量規制も関係してきますが、銀行カードローンは対象外です。じぶん銀行カードローンも消費者金融ではなく、銀行法で貸付をおこなっています。審査では、ある程度は年収を基準に融資の金額が決まりますが、まとまったお金が必要な人にじぶん銀行カードローンは向いています。

じぶん銀行のカードローンを利用するメリット

じぶん銀行カードローンを利用する際のメリットに以下のものがあります。

・じぶん銀行の口座がある場合は本人確認が不要

・最短で即日の融資が可能(審査結果を受けてからの時間)

・提携ATMの利用手数料が無料になる

1点目の本人確認が不要になる点は手続きの面で有利です。なぜなら、カードローンの審査では本人確認書類の提出が必須だからです。

基本的に本人確認書類だけで利用できることも多いのですが、書類の準備は何かと面倒なものです。銀行口座を開設する際には本人確認書類を提出しています。これは、どこの銀行でも同じで、法律で決められているものです。

じぶん銀行も同様で、口座開設の時に書類を提出しているので、カードローンの手続きでは不要なのです。ただし、基本的に本人確認を不要としているだけで、書類の不備などがあれば、再提出もあり、電話連絡による確認もあります。書類や審査の状況次第とみておくと良いでしょう。

2点目の最短で即日の融資が可能な点も、じぶん銀行カードローンならではです。

この最短は審査結果を受けてからの融資時間になるので、消費者金融の場合と異なるので注意が必要です。審査の中で銀行カードローンの審査では暴力団など反社会的勢力などの利用を防ぐために警察庁のデータベースを照会するのが基本です。

 

加えて、保証会社の審査があり、次に銀行が本人確認書類でチェックをおこなうため、融資までにかなりの時間を要します。じぶん銀行カードローンも同様の審査がおこなわれますが、審査結果が出てからの対応が早いことに定評があります。

 

他の銀行カードローンでおこなわれる仮審査もありません。審査結果までに少し時間はかかっても、審査の完了を経た後に即日の融資に対応しています。ただし、申し込む時間帯や手続きの進み具合などにより翌日以降の融資となることもあります。

 

3点目の提携ATMの手数料が無料になることも、借り入れ・返済の面ではメリットです。共同出資のパートナーである三菱UFJ銀行のATMは、全国各地に店舗があり数も豊富です。その他、セブン銀行やイーネット、ローソンのATMなど主だったコンビニのATMが使える他、ゆうちょ銀行のATMも利用できます。

 

しかも、どのATMでも時間帯にかかわらず手数料無料で利用できる点は、じぶん銀行カードローンならではのメリットです。

 

じぶん銀行のカードローンを利用するデメリット

一方で、じぶん銀行カードローンには以下のデメリットがあります。

 

・銀行カードローンの中では金利が高めである

・口座引き落としが利用できるのは、じぶん銀行口座を持っている人のみ

・専用カードの即日発行はできない

 

1点目の金利が高めである点はau限定割で金利が優遇された後の「誰でもコース」の金利をみると、よく分かります。「借り換えコース」は0.5%~5%と引き下げ幅も大きいのですが、こちらはおまとめローン専用です。

 

新規の利用では通常コースか、「誰でもコース」となります。カードローンの金利の標準は上限金利で消費者金融は年利18%、銀行は13~15%台です。下限金利の2.2%は限度額710~800万円でないと適用されません。

 

まとまったお金を希望する人には適していますが、希望額が100万円以下では他のカードローンの方が有利な場合が多いのです。

 

2点目にあるじぶん銀行の口座がある人しか、口座引き落としができないことも注目すべき点です。じぶん銀行の口座があれば返済方法を自動引き落としにすることができますが、口座がないと提携ATMからの返済となります。提携ATMの利用手数料は無料ですが、毎月の返済となると少し面倒です。

 

3点目の専用カードが即日で発行されないこともデメリットです。じぶん銀行は便利なネットバンクですが、カードローンに関しては自動契約機などがありません。

 

実店舗がなく、提携ATMは豊富でもカード発行に対応した機械がないのです。審査結果から最短で即日の融資に対応していますが、カードの発行には1週間程度の時間を要します。キャッシュカードがローンカードとなる銀行カードローンも多い中では弱みと言えるでしょう。

 

即日融資は振込キャッシングで対応しており、振込先はじぶん銀行以外でも可能ですが、提携ATMで必要に応じて利用したい人はカードが届くまで少し待つことになります。

 

じぶん銀行のカードローンの評判は?

じぶん銀行カードローンの評判で、良い点・悪い点は以下のような内容が挙げられます。

 

<いい評価>

・借り入れ手続きがスムーズである

・web完結で申し込みが手軽だった

 

<悪い評価>

・金利が高い

・公式サイトに返済シミュレーションがなくてわかりにくい

 

いい評価に挙げられる手続きのスムーズさは口座があれば本人確認書類が不要となることも関連しています。書類の準備がいらない分、必要事項を入力するのみで手続き可能です。web完結の便利さもネットバンクならではで、入力や書類の提出などすべてをインターネットでおこなうことができます。

 

また、じぶん銀行カードローンは申し込み欄がシンプルで分かりやすい構成になっています。口座がある人も、ない人も、どこから申し込めば良いのか、ボタンの配置にも工夫がされている点も特徴です。

 

その点も加味されて、手続き面での高評価につながっています。

一方で悪い評価に挙げられているのが金利の高さと、返済シミュレーションがないことです。金利面は消費者金融の金利とあまり変わらないことで、低金利が魅力の銀行カードローンを希望している人にはマイナス評価につながっています。

 

返済シミュレーションがないことでも、高めの金利による月々の返済額や返済総額がいくらになるのかつかめず、評価を下げる要因になっています。

 

手続きは手軽でも、反面、金利が高く他のカードローンと比較できる情報や仕組みがない点は気になるところです。申し込みのシステムの便利さでは高評価、金利を含めたローンの中身に低い評価がついている点に、じぶん銀行カードローンの特徴の一端が垣間見えます。

 

じぶん銀行の利用が向いている人

じぶん銀行カードローンが向いている人は以下の通りです。

 

・auでインターネット契約をしている人

・auで携帯・スマホの契約をしている人

・銀行カードローンを選びたい人

・提携ATMを無料利用したい人

 

auユーザーであれば金利優遇が受けられ、通常のコースよりも低い金利が設定されるのでお得に利用できます。また、auユーザーでカードローンを利用すれば、商品の購入やサービスの利用で使えるWALLETポイントがもらえます。

 

ATM利用の面でも、三菱UFJ銀行やゆうちょ銀行、大手コンビニATMなどが基本的に24時間365日の利用が可能で、利用手数料も無料です。ATMで借り入れ・返済したいという人にも向いていると言えるでしょう。

 

カードローン選びの中では、どこで使えるか、返せるかがポイントになります。毎月のことになると、借り入れ・返済のしやすさは手数料などのコスト面でも大きな意味をもってくるからです。

 

日頃の利便性を考える人にとっても、じぶん銀行カードローンは適しています。

さらに、消費者金融よりも、銀行で借りたいという志向を持つ人にも向いています。消費者金融のカードローンも便利ですが、金利が高いイメージがあります。また、ローンの分野のイメージでも、銀行に良い印象を持つ人も少なくありません。

 

じぶん銀行は、銀行の中では新しい部類に入りますが、auをはじめ携帯電話や通信サービスの分野ではメジャーであり身近な存在です。auの通信サービスを通して、じぶん銀行の良さや使いやすさを実感している人も向いていると言えるでしょう。

 

じぶん銀行の利用が向いていない人

じぶん銀行カードローンの利用が向いていない人は下記に挙げる人です。

 

・auの契約がない人

・借り入れ希望額が少額(100万円以下)な人

・ローンカードを自宅に郵送されたくない人

 

「auの契約がない人」は金利が高めとなる通常コースの利用となるため、金利の低さで選ぶなら他の銀行カードローンの方が良い場合が多いです。金利に関連して、借入希望が少額な人も向いていません。

 

10~100万円の借り入れでつく金利は13.0~17.5%です。契約でつくのは上限金利が多いので、この数字が金利の目安となります。これは、銀行カードローンの平均的な金利よりも2~3%高い水準です。

 

仮に、上限金利を基準にして100万円を15%の金利で借りることができたとします。年間の利息は概算で15万円です。同様にじぶん銀行カードローンも17.5%で計算します。年間の利息は17万5000円で、その差は2万5000円となります。

 

金利の優遇を受けることで差を埋めることができるのも、じぶん銀行カードローンの特徴です。auユーザーでない人、少額の借り入れを希望する人は数字からも向いていないことが分かります。

 

3点目についても、じぶん銀行ではローン専用のカードを自宅などに郵送します。ひと目でカードローンの利用と分かることはありませんが、他人に知られたくない人は向いていないと言えるでしょう。

 

また、銀行カードローンはキャッシュカードにローン機能を付加するタイプも多いので、専用のカードでしか借り入れができないことも難点です。じぶん銀行はネットバンクなので、実店舗がなくカードを受け取れる自動契約機もないので、カードの発行手続きに不満を覚える人は向いていません。

 

自営業の場合は申し込めるの?

自営業者でも申し込みことができます。確認すべきところは貸付条件の中に明記されている「継続した安定収入のある人」で自営、パート、アルバイトを含むとされている点です。個人事業主やフリーランスなど形態も問いません。

 

自営業者は会社員・公務員と比べると収入が不安定とみなされることがあります。そのため、審査が少しきびしくなっている面も否めません。ただし、貸付条件に表示されている通り、除外されている訳ではなく、他の雇用形態と同じように審査がおこなわれます。

 

自営業者は収入が不安定とみなされる点で用意しておきたいのが年収が分かる証明書です。確定申告書や住民税の確定通知書など年間の収入が分かる書類を用意して申し込みます。前もって本人確認書類と合わせて収入証明書を用意しておくと手続きもスムーズです。

 

さらに、自営業者で確認しておきたいのは、ホームページの商品詳細の「お使いみち」のところで、事業性資金は含まないとなっている点です。

 

じぶん銀行カードローンはビジネスローンのような事業者向けのものではなく、使い道自由のフリーキャッシングのカードローンです。申し込みの際に使い道の申告を間違えないようにすることも手続き上のポイントです。

 

年金受給者の場合は申し込めるの?

年金受給者についても申し込むことができます。理由は安定した収入があると判断されるからです。この点で注目すべきところは、貸付条件の中の対象年齢に契約時の年齢が70歳未満となっている点です。

 

銀行・消費者金融ともに年齢の最低基準は20歳以上です。これはカードローンの契約が金銭消費貸借契約で、この契約を結べるのが満20歳以上と決まっているからです。一方で、上限の年齢は、各社の対応や紹介の仕方に差がみられます。

 

上限の年齢は記載されず、20歳以上のみを明記している会社など各社で違いもあります。年齢を貸付条件の中でもハッキリ明記しているか、年金受給者の場合は契約年齢がポイントになるため確認しておきたいところです。また、年金の受給も2カ月に一度に支給され、金額も決まっています。

 

その意味では安定した収入と言えます。しかし、年金受給額は多いとは言えないので、限度額は低めに設定される可能性があります。         

 

 専業主婦は借りられる? 

専業主婦は収入がないとみなされるので利用できません。銀行のカードローンの中には専業主婦でも利用可としているものもあります。ですが、銀行のカードローンの貸付条件や審査の対応に差があるため注意するようにしましょう。

配偶者に安定した収入があるとみなされれば利用できる銀行カードローンもありますが、じぶん銀行カードローンはそうではありません。専業主婦は収入がないイコール、返済能力がないとみなされるので利用できません。

 

また、銀行カードローンは年収で借入制限を定める総量規制の対象外となっていますが、返済能力の調査は別です。

 

一方で、主婦でもパートやアルバイトとして勤務している場合は利用することができます。こちらは、貸付条件の中にも明記されていますので、利用可能な対象範囲です。ただし、パートやアルバイトの場合は継続して収入を得ていることが条件です。

 

不定期の場合は審査に落ちる可能性があります。また、時給・日給制であることが多く、会社員と比べて収入も多くはないので、限度額は低めになることがあります。加えて、パート・アルバイトの場合は雇用形態の関係から勤続年数も審査では重要視される傾向があります。

 

無職の場合は利用できるの?

無職の場合は貸付条件を満たしていない上に返済能力がないと判断されるため、じぶん銀行カードローンを利用することはできません。年金受給者は無職であっても安定した収入が約束されています。年金受給者ではなく無職の場合は収入を証明するものがありません。

 

確かな収入の証を出せないということで、無職の人は利用できないのです。

学生に関してはアルバイトで収入を得ているならば利用することができます。条件は2つです。一つは満20歳以上であること、そして、アルバイトでも継続して勤め、収入が安定している場合です。

 

満20歳以上はカードローンの契約年齢であり、収入は貸付条件となるため、この2つを満たすことで借りることができます。ただし、アルバイトでも長く勤めていることが条件です。限度額は低めにおさえられることがありますが、学生であっても、じぶん銀行カードローンに申し込むことはできます。

 

借り換えコースは条件が厳しめ

じぶん銀行カードローンの場合はコースによって審査の難易度が変わってきます。「誰でもコース」は安定した収入があれば、比較的に誰でも申し込むことができます。しかし、「借り換えコース」は主婦や学生を対象にしていません。

 

これは、商品名にある通り、借り換えの利用を基本にしており、利用対象者を限定しているカードローンだからです。

 

また、条件のひとつに融資額が100万円以上というものがあります。ここで、ポイントとなるのが融資額の見方です。実際に審査されて実行される融資額になります。この金額を下回る場合は借り換えコースの対象とはならないので注意が必要です。

 

加えて、限度額によって必要な書類も異なり、借り換えコースの場合は収入証明書の提出が求められます。

 

また、高額な融資となるため高い返済能力が必要です。収入が多く安定している会社員・公務員が主な対象者になります。借り換えコースの上限金利は12.5%と低金利で、金利が低くなるほど審査がきびしくなる傾向になるため、おのずと利用できる人も限られてくるコースです。

 

申し込みに必要な書類はなに?

申し込みには本人確認書類収入を証明する書類の2つの書類が必要になります。じぶん銀行の口座がある場合本人確認書類は不要です。

必要となる本人確認書類は、下記のものが対象となりますが、申し込み欄で確認しておくことが大事です。

 

・運転免許証(運転経歴証明書も可)

・カード型健康保険証

・紙の健康保険証

・パスポート(日本国発行のみ有効)

・個人番号カード

・住民基本台帳カード(顔写真つきで共通ロゴマーク、QRコード付きのものが対象)

・在留カード

・特別永住者証明書

 

上記のうち、いずれか1点の提出となりますが、住所が変更になった場合は変更箇所が分かるようにして送付します。また、国籍や免許証の条件欄に書かれている情報は不要なので、黒く分からないように塗りつぶします。

じぶん銀行のホームページの「ご提出いただく書類」で、各書類の送り方が紹介されているので参考になります。収入証明書については以下のものが有効です。

 

・源泉徴収票(前年度分)

・住民税決定通知書(前年度分)

 

こちらも、上記のうち1点を用意します。どちらも用意できない場合は給与明細書でも可能で最新の1カ月分のものが必要です。個人事業主の場合は最新の確定申告書の提出が求められます。

 

税務署の受付印があるものに限られていますので、申し込みの際は年度・押印を確認してから送るようにします。借り入れの希望が少額でも、審査状況によっては収入証明書を求められることがあるので、初めての人や審査に不安を覚える人はあらかじめ用意しておくと良いでしょう。

 

じぶん銀行の口座がある場合の必要書類

じぶん銀行カードローンの申し込みには本人確認書類が必要ですが、じぶん銀行の口座があれば不要です。ただし、口座開設から期間が経っている場合や住所などが変更になっている場合はあらためて提出することが必要になります。

 

この本人確認で注意したいのは、電話連絡による確認は別だということです。カードローンの申し込みで申告した内容と、本人確認書類に違いがあれば、じぶん銀行は本人に電話で確認をとることがあります。

 

また、口座がある人でも借り入れ希望額によっては収入証明書が必要になります。その基準は50万円です。50万円以下であれば、原則不要に、それ以上であれば必要になります。ただし、原則であるため、審査の状況によっては50万円以下でも必要になることがあります。

 

初めてじぶん銀行カードローンを利用する人は、口座があれば収入証明書を用意しておく、口座がない人は本人確認書類とあわせて準備すると良いでしょう。

 

申し込みから借り入れできるまでの流れ

申し込みから借り入れまで次のような流れになります。

 

1.インターネットで申し込み

2.審査・在籍確認

3.メールか電話で審査結果の連絡

4.インターネットで契約手続き

5.借り入れ

 

インターネットの申し込みは24時間に対応し、スマートフォン・ケータイからの利用も可能です。本人確認書類の提出は申し込み後からでも可能ですが、じぶん銀行の口座の有無で変わります。

 

口座がある人はそのままカードローンの手続きに入れますが、口座がない人は書類を提出します。本人確認書類を提出した後に、おこなわれるのが審査・在籍確認です。この審査で特徴的なのは仮審査がないことです。

 

多くの銀行では保証会社で仮審査を受けて、その後に書類確認がおこなわれます。しかし、じぶん銀行ローンの手続きでは仮審査はなく、シンプルで分かりやすい流れになっています。仮審査がない分、手続きもスムーズにおこなわれることも注目すべき点です。

 

 

本人への確認の他、勤務先への在籍確認も実施されます。審査結果はメールまたは電話にて連絡がきますが、じぶん銀行のホームページで自分のアカウントにログインすることでも分かるようになっています。

 

また、契約内容もじぶん銀行のホームページでも確認することができます。書類の送付がないので、この点も手続きがスムーズと言えるでしょう。

 

契約が完了した後にホームページ上で借り入れの手続きをすると、指定の口座に融資されます。口座への振込はじぶん銀行以外でも利用可能です。提携ATMの利用には専用のローンカードが必要となり、郵送での対応となるため手元に届くまで少し時間がかかります。

 

在籍確認の方法とは?

審査で在籍確認をおこなっています。気になるのは、その中身ですね。銀行のカードローンの多くは個人名で在籍確認を入れています。

 

一方で、じぶん銀行は銀行名を名乗ります。勤務先で周りにバレるのではと考えがちですが、銀行名を名乗っても、カードローンの話は出ないのでその点は安心です。収入などプライバシーにかかわるものも聞かれることはありません。

 

申し込み内容に沿って、勤務先に在籍しているかどうか、その確認だけです。

また、在籍確認で注意したいのは電話を受ける場所・連絡先です。下記は雇用形態ごとの連絡先のポイントです。

 

・会社員、公務員は部署の電話番号あるいは、自分の席に近い電話番号

・派遣社員は派遣先の電話番号(派遣元ではないので注意が必要)

・自営業は固定電話か、なければ携帯電話の番号を申告

・アルバイト、パートは仕事場の電話番号

 

在籍確認は実際に勤務していることを確認するためのものなので、いちばん近い電話の番号を申告することが大事です。借り入れの希望額が少なくても、また、収入が多くても在籍確認が不要になることはありません。

 

じぶん銀行カードローンでは必ず実施されます。銀行名を名乗りますが、周りにカードローンのことだと気づかれる心配は少ないと言えるでしょう。

 

またじぶん銀行の口座の有無は、借り入れまでの時間の差に表れます。口座があればカードローンの手続きで本人確認書類の提出が不要となり、入力項目が少なく済む分、手間を省くことができます。

 

審査に必要な項目はなに?

申し込みに必要な情報が以下のものになります。

 

・氏名

・現住所

・資金の利用用途

・希望限度額

・勤務先情報

・年収

・勤続年数

・職種

・雇用形態

・他社の借り入れしている金額、件数

 

まず、審査で注目すべき情報に勤続年数があります。貸付条件には明確な数字は記載されていませんが、勤務してから日が浅い場合は審査で引っかかることがあるのです。

 

希望限度額によっては収入証明書を求められますので、年収の申告内容とかけ離れないようにすることも大事です。また、他社の借り入れしている金額、件数も正確に申告する必要があります。

 

これも、他社の利用状況は信用情報機関に照会をかけますので、件数や金額を少なく見積もりするなど不正確な情報だと、利用可能な範囲であっても審査落ちの原因となるのです。

 

借り入れ件数の明確な基準は貸付条件には設定されていませんが、件数が多い場合は審査が厳しくなります。

 

勤務先情報については、特に、派遣社員は派遣元と派遣先の情報が必要です。どちらも電話番号が必要になりますので必ず申告しておきましょう。

 

勤務先で共通するのは会社自体の住所ではなく、務めている会社の住所となるので、こちらも注意が必要です。申込内容については、他のカードローンとあまり変わりませんが、じぶん銀行の口座があると一部の情報の入力が不要となります。

 

審査時間はどれくらいかかるの?

審査にかかる時間に明確な情報はありません。参考になるものとして、住宅ローンの場合は1日~数日かかるとしています。住宅ローンと比べれば融資額は少ないのですが、同レベルで考えると良いでしょう。

 

申し込みの時間帯にもよりますが、最短でも翌営業日になるとみることです。審査の状況によっては融資までに数週間かかることもあります。

 

銀行カードローンは制度の改正もあり、審査・融資までにかかる時間が長くなっています。一方で、審査時間が長くなる原因に個々の申し込み内容や在籍確認がきた場合の対応もあります。

 

申込内容に不備があれば、その確認に時間がかかります。住所などが変更になった場合は、それを証明する最新の書類が必要です。それ以外でも、本人確認書類の画像が粗いと、その分、確認に手間取ります。

 

審査時間に個人差が出るのは、申し込み時の申告内容によるところも大きいのです。じぶん銀行ではカードローンの審査に在籍確認を加えています。

 

在籍確認がとれない場合や勤務先の電話番号が間違っている場合は、確認作業に遅れが生じ、結果、融資にかかる時間も延びることになります。

 

申し込み内容を送る前に、不備がないか確認しておく、在籍確認がとれやすい時間帯を選んで申し込みをおこなうなど個々の対策や確認も必要です。

 

じぶん銀行の審査は厳しい?

審査は極端にきびしくはありませんが、消費者金融と比べると難易度は高いといえます。個々の会社の貸付条件によるところが大きく、同じ銀行カードローンでも差はあります。そんな審査の難易度をみる上で参考になるのが金利です。金利が低くなるほど、審査はきびしくなるとみて良いでしょう。

 

消費者金融の金利でみると、それがよく分かります。貸し倒れリスクを考慮し、あらかじめ金利に反映させておく、利用する人の対象が広い消費者金融がこれにあてはまります。

 

じぶん銀行カードローンは、消費者金融と比べて差は小さいものの、金利は低めです。そのため、消費者金融よりは審査がきびしくなる可能性があるのです。

 

また、銀行カードローンの場合は保証会社によって審査のきびしさが変わります。じぶん銀行カードローンの審査でつく保証会社はアコムです。三菱UFJ銀行が関係している点で両社はつながりがあります。

 

じぶん銀行自体、個人向けの融資に強みやノウハウがないため、アコムに審査を委託しているのです。銀行カードローンでは自社グループ内の信販会社やクレジットカード会社に審査を委託しています。

 

その委託された会社の審査レベルが、銀行カードローンの審査の難易度にも表れています。アコムが通常おこなっている審査レベルでも、銀行カードローンでは貸し倒れのリスクをすべて負うことになるため、少し難易度をあげている面があるのです。

 

審査に通りやすくするコツは?

審査に通りやすくするためには以下のポイントがあります。

 

・安定した収入が継続的にある

・他社の借入件数が多くない

・申し込み内容を正確に申告している

・他社に申し込んでいない

・信用情報に傷がない

 

これらは貸付条件や与信調査などに準ずるものですが、特に、じぶん銀行カードローンの場合は収入と借り入れのバランスが重視されています。

 

数字で挙げると、借り入れした金額は収入の30%以内程度までに留めておくことです。収入は年収換算ですが、ちょうど総量規制の3分の1以内と合致します。年収が300万円の人の借り入れ金額は最大で100万円となり、この希望額が審査通過のボーダーラインです。

 

また、他社に借り入れがある場合は利用状況に応じて考える必要があります。先ほどの例でみると、他社に30万円の借り入れがある場合は借り入れ希望額は70万円に留めておいた方が審査に通りやすくなります。

 

また、金額だけでなく件数も重要です。件数が多いと返済がきびしい多重債務者とみなされ、審査に通る可能性は低くなります。確実にじぶん銀行カードローンの利用を考えるなら、他社の返済を進めて信用度を上げておくことも大事です

 

審査に落ちてしまった場合

じぶん銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合、他社に走らないことです。じぶん銀行で落ちても、他社では通るということにはなりません。複数の会社に申し込めば、より審査に通りにくくなります。

 

カードローンは審査の過程で審査の可否に関わらず、信用情報機関に申込情報が登録されます。申込情報の登録期間は6カ月です。1社でも審査に落ちてしまうと、次に申し込めるまで6カ月間は待つことになります。

 

この期間内は審査に落ちた会社の申込情報が残っていますので、他社だから通るということはありません。審査では信用情報期間に照会することになり、いつ、どのような会社に申し込んだのか、個人の情報を含めて分かる仕組みになっています。

 

そこで、じぶん銀行カードローンの審査に落ちた時の対策として、次の3項目で対応しましょう。

 

・借り入れ以外の方法でお金を工面する

・6カ月間待ってから再審査を受ける

・待っている間に他社の借り入れした金額を減らしておく、あるいは完済しておく

 

カードローンに頼らない資金計画を練り直すことも大事です。また、他社の借り入れを減らし、完済することで信用度も上がってきます。

 

件数が多いと、審査は不利にはたらきます。申込情報が消える6カ月後を目途に再挑戦するのも良いのですが、複数の対策をおこなうことで審査に通りやすくなるはずです。

 

融資を早く受ける方法

デメリットに自動契約機がない点があります。ネットバンクであり、店舗がないことも関係しています。専用カードが手元に届くまで1週間程度かかります。

 

カードでの借り入れは、カードが届いた時点になりますが、急ぎで融資を希望する場合は振込キャッシングを依頼すると即日の利用が可能です。

 

振込先はじぶん銀行以外でも利用できます。スピード融資を受けるポイントとしては手続きを、できるだけ早く済ませることです。

 

また、じぶん銀行の即日の振込キャッシングの目安の時間は15時30分です。他のカードローンでは14時30分を振込キャッシングの目安にするなど、当日に反映される振込時間を基準にしています。1時間ほど長めであることも、スピード融資を考える上ではメリットです。手続きの流れで、じぶん銀行カードローンの場合は在籍確認をとるので、連絡をもらった際に振込時間を確認しておくと良いでしょう。

 

15時30分で考えれば、午前中に審査結果を受けて手続きが完了すれば、当日に振込キャッシングされ、提携ATMを通して借り入れることができます。審査結果がでる時間も早い方が有利で、先に口座開設をしておけば、本人確認の分だけ時間が短縮でき、スピード融資も可能となります。

 

また、他行への振込でも手数料は無料で、インターネットからの振込依頼は原則24時間365日可能です。

 

利用できるATMは?

じぶん銀行カードローンのキャッシングができるATMは以下の通りです。

 

・三菱UFJ銀行

・セブン銀行

・ローソン

・ゆうちょ銀行

・イーネット

 

ポイントは利用できるATMの多さと手数料です。特に、手数料は利用時間・利用回数に関係なく、原則として24時間365日無料で利用することができます

 

手数料無料はカードローンの多くで自社のATMを中心に提供されています。しかし、じぶん銀行カードローンはグループ会社の三菱UFJ銀行以外のATMでも無料で利用できます。ゆうちょ銀行も全国各地にATMがあり、その数も豊富なので、無料で利用できるメリットは大きいといえます。

 

ATMの便利さは借り入れ・返済共通で、毎月の利用となれば大きな金額となってきます。利用コストという面でみると、じぶん銀行カードローンはお得です。

 

ATMを利用した借り入れの流れ

利用するATMによって操作方法が多少異なります。下記は三菱UFJ銀行のATMを利用した場合の借り入れの手順です。すべてのATMで言えるのは、シンプルな操作で利用できることです。

 

1.「お引き出し」ボタンを押す

2.ローンカードを挿入

3.暗証番号を入力

4.借り入れの金額を入力

 

同じ三菱UFJ銀行のATMでも機種によって異なりますが、「お引き出し」のボタンを押して利用します。ゆうちょ銀行も「提携金融機関カード」を押す点に違いがありますが、最初に「お引き出し」ボタンを利用する点は同じです。

 

コンビニATMについてはローンカードを挿入した後に「カードローン」から「お借入れ」を選択して利用します。こちらも、機種によってボタンの位置などに違いがあります。共通する注意点はローンカードでしか利用できないことです。

 

じぶん銀行のキャッシュカードにはローン機能はついておらず、専用のカードで借り入れる仕組みになっています。

 

借り入れできる金額の単位は?

急にお金が必要になった時や忙しくて時間が取りにくい時などに便利さを発揮するのが、じぶん銀行カードローンです。ATM利用であれば、1000円単位で借り入れることができ、振込キャッシングは1万円単位での利用となります。

 

どちらも手数料はかかりません。契約完了した後に、じぶん銀行より指定の口座に振込依頼をおこなうことができる他、後日、自らインターネットより利用する口座に振り込むこともできます。

 

こちらも24時間・無料で利用できるので便利です。少しだけ借りたい時はATMで、まとまったお金は振込キャッシングを使うなど、利用方法や借り入れ額に合わせて計画的に使えることも特徴的です。

 

ATMを利用する時の注意点

原則として24時間365日借りることができますが、ひとつ気をつけたいのがシステムメンテナンスの時間帯です。以下はその時間帯です。

 

・毎週月曜日1~5時

・毎月第2土曜日21~翌7時

 

提携しているATMの機種や設置場所により、時間帯は変わります。いつも使っているATMがあるならば、利用できる時間帯を合わせて確認しておくと良いでしょう。

 

振込サービスについても同様の時間帯でメンテナンスが行われます。ATM・振込サービスともに同じ時間帯である点も、分かりやすく利用しやすいのが特徴です。

 

また、ATMの利用やカードローンなどの問い合わせに対応するところとしてローンセンターがあります。平日は9時から21時まで、土日祝も9時から17時までと、受付時間が長く年末年始を除く毎日対応しています。

 

ATMを利用した返済の流れ

じぶん銀行カードローンの返済でATMを利用する場合は次の手順で操作します。

 

1.「お預け入れ」ボタンを押す

2.ローンカードを挿入

3.預金金額を確認する

 

この手順は三菱UFJ銀行のATMの場合です。同じくゆうちゅ銀行も「お預け入れ」のボタンを押して操作を進めます。コンビニATMはローンカードを挿入してから「カードローン」を選択して「ご返済」から金額を確認して操作します。借り入れと同様にATMの機種によって操作手順が異なりますので注意が必要です。

 

これら提携ATMの操作方法は、じぶん銀行のカードローンのページで詳しく解説されています。ATMごとにきめ細かい情報提供をおこなっていることも特徴です。

 

返済に便利な「自動支払い」とは?

じぶん銀行カードローンには自動支払いという便利なサービスが付帯されています。自動支払いはじぶん銀行に口座がある人を対象にしたサービスで、契約時に自動支払い返済を選択すれば、その後に追加の手続きがなく利用することができます。

 

毎月の約定返済日のみの支払いとなりますが、支払日になれば自動的に返済されるため手間をとりません。また、自動なので入金忘れも防げます。

 

1円単位で支払いが実行される、きめ細かさもお金の管理という面ではムダがありません。

また、定額自動入金サービスというものもあります。こちらは、利用者名義の口座から毎月一定額をじぶん銀行の普通預金口座に自動的に入金するサービスです。

 

銀行からお金を下して、じぶん銀行に入金する手間が省けます。引き落とし日は6日と26日に設定されており、月末やクレジットカードの支払い日に合わせて入金を設定することができます。

 

返済サイクルや返済日

ATMを利用して返済する場合は「35日ごと返済」「期日指定返済」の2つがあり、どちらかを選択することができます。35日ごと返済のメリットは家計のサイクルに合わせて柔軟に返済できる点です。

 

例えば1日に借り入れた場合は翌月の5日に返済期日が訪れますが、35日以内であれば何日でも構いません。月末の支払いを家計の状況に合わせておこないたい人は35日ごと返済が向いています。

 

期日指定返済では希望する日を返済日として指定できます。給料日に合わせて返済のサイクルを組むことでき、毎月の返済日を固定できるため計画的な返済が進めやすい点がメリットです。

 

これら2つの返済方法が選択できるのはATMでの返済のみです。自動支払いサービスを利用した場合、35日ごとの返済は利用できず期日指定返済のみとなります。

 

銀行カードローンは返済日が固定されていることも多いのですが、じぶん銀行カードローンは家計のサイクルや収入のある日に合わせて返済サイクルを組むことができ、計画返済の一助となっています。

 

最低返済額はいくらになるの?

じぶん銀行カードローンの返済額は残高スライドリボルビング方式を採用しており、借入残高と適用される金利によって金額が決まります。下記は10万円以下の借入残高でみた場合の一例です。

 

・年利9%以下は1000円

・年利13%以下は1500円

・年利13%以上は2000円

 

特に、返済額が少額であることが注目点です。例えば、年利17.5%で5万円を借りた場合は2000円となります。年利9%以下ともなると、毎月の返済額は1000円で済みます。上記の金額は最低の返済額です。金額も定額なので、分かりやすく、しかも少額なので家計のやりくりもしやすくなります。

 

また、収入の状況に合わせてボーナス月には少し多めに返済するなど、柔軟に返済計画を立てることもできます。注意点としてはいつ契約したかでも返済額は変わることがホームページで確認が必要です。

 

返済時の注意点

じぶん銀行カードローンはATM返済で35日ごと返済と期日指定返済が選べますが、それぞれに気をつけたい点があります。35日ごと返済の利点は35日以内であればいつでも返済できる点です。

 

そして、一度返済をすると、またその翌日から35日以内に次の返済をします。一方で、注意したいのは最初の借り入れで35日が計算されるため、取引の途中で追加利用しても返済期日は変わらない点です。

 

柔軟に返済をやりくりできる反面、返済期日が毎月変わるようにもなるので入金を忘れがちになるので気をつけたいところです。

 

その対策として、じぶん銀行では返済期日を知らせるメールを送付するサービスを提供しています。期日指定返済の注意ポイントは返済期日の15日以前に返済をおこなうと追加返済となる点です。

 

この場合は、返済期日は変わらず、その月の返済も実行されます。逆に15日より後であれば、当月の返済として処理され、月の返済期日は翌月にまわります。15日前後を境に返済の取り扱いが異なる返済方法です。

 

返済方法を選べる点は、じぶん銀行カードローンのメリットです。そのメリットを活かすためには、双方の利点・注意点をよく知ることが大切になります。返済と家計のサイクルを上手く合わせることはカードローンの使い勝手を向上させることにもつながります。

 

増額はできる?

借り入れ上限額の引き上げは、ローンセンターで取り扱います。増額申請は改めて審査となります。その審査のポイントは以下のものがあります。

 

・6カ月、延滞を起こしていない

・収入が大きく減っていない

・他社の借り入れが増えていない

 

上記3つに関係するのは信用度です。6カ月はカードローンでは短期の取り扱いです。その短い期間の中で延滞をしているようでは、まず増額は無理と言って良いでしょう。延滞している人に、さらに追加してお金を貸すことはありません。

 

収入面では変動があれば申告します。転職などで会社を変わった場合は利用規則に従い、申告するようにします。その際、収入証明書などを求められることがありますが、直近の給与明細書でも申告可能です。収入が増えていれば、その分に応じて限度額は引き上げられることでしょう。

 

3点目の他社の借り入れは件数・金額ともに変わりがなければ、審査に通る可能性はあるといえます。さらに、件数・金額が減少していれば、増額の可能性も高まります。完済できるものは早めに進めておくことも大事です。

 

加えて、改めて信用情報機関に借り入れなどの信用情報を調査することになるので、こちらも正確な情報を申告することです。じぶん銀行のQ&Aの情報でも利用状況に応じて借り入れ上限額が引き下げられる場合があるとしています。この利用状況に応じての中に他社の借り入れも含まれています。

じぶん銀行カードローンも増額は可能ですが、新規の申し込み時と同じようなレベルの審査がおこなわれるとみるべきでしょう。延滞していない、収入も減っていない、他社の件数・金額も増えておらず完済している場合は増額申請に通る可能性が高くなります。

まとめ

auユーザーであれば、じぶん銀行カードローンを利用すべきですね。auユーザーであれば申し込みや審査の手続きなどで優遇されています。au以外の携帯電話や通信サービスを使っている人も申し込みはできますが、金利の面で差があります。

他の銀行カードローンでは住宅ローンの利用などで金利が優遇される制度がありますが、条件のハードルは高いです。auの携帯電話や通信サービスを利用しているだけで受けられる優遇のメリットを活用しない手はないでしょう。

申し込みがシンプルで分かりやすく、仮審査もない点も、じぶん銀行カードローンならではのメリットです。通信サービスで身近な存在でもあり、auユーザーだけの特典が、この銀行カードローンの特徴です。

 

合わせて読みたい

    おすすめキャッシング

    レイクALSA

    Webで最短60分のスピード融資が可能

    レイクALSA

    実質年率
    4.5% ~18.0%
    利用限度額
    最大500万円
    審査時間
    最短15秒
    融資スピード
    最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
    フタバ

    他社借入れ4社以内なら申込み可能

    フタバ

    実質年率
    14.959%~17.950%
    利用限度額
    10万円~50万円
    審査時間
    最短即日
    融資スピード
    最短即日融資
    ベルーナノーティス

    専業主婦も申込みできる!

    ベルーナノーティス

    実質年率
    4.5%~18.0%
    利用限度額
    1万円~300万円
    審査時間
    最短30分
    融資スピード
    最短即日

    条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

    すべての条件や種類を見る

    キャッシング最適診断キャッシング最適診断
    難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

    お金の教本について

    当サイトでは、お金を借りるときのルールと、便利な使い方。各種お得なポイントの貯め方などお金に関する知識を幅広く提供していきます。
    いまいち消費者金融の仕組みが分からない。クレジットカードの細かいルールが曖昧など、いろんな悩みを解決していきます。
    今まで知らなかったお得なお金の豊富な知識をみなさんに提供し、キャッシングを便利なサービスとして利用してもらえるお手伝いをいたします。