レイクALSAの返済方法は4つ|銀行振込み以外ならいつでも手数料0円!

レイクALSAの返済方法は都合に合わせて選べる!

「レイクALSAで借入れしたいけど、その前にどのように返済するのか知っておきたい…」

「毎月無理なく返済できるだろうか…」

レイクALSAは4つの返済方法を自由に選択でき、併用することもできるので、自分の都合に合わせて返済することが可能です。

この記事ではレイクALSAの返済方法・返済日・返済額について解説していきます。

レイクALSAの4つの返済方法

レイクALSAは大きく分けて、以下の4つの方法で返済できます。

レイクALSAの4つの返済方法
  • Webから返済
  • 提携ATMから返済
  • 銀行振込みで返済
  • 自動引落しで返済

それぞれの返済方法の詳細を見ていきましょう。

Webから返済

レイクALSAのWeb返済はPay-easyを利用して行うもので、土日祝日・深夜にいつでも手数料無料で返済できる方法です。

自宅から出ることなく、システムメンテナンス時を除き24時間返済できるので、Pay-easy対応のインターネットバンキングを利用している、または登録できる方なら利用しやすい方法です。

インターネットバンキングは、三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行はじめ、多くの銀行、信用金庫など多くの金融機関が対応しています。

Web返済を利用するには、レイクALSAの会員ページから以下のように手続きを行います。

Web返済の手順
  1. レイクALSA会員ページにログインする
  2. 「Web返済」をクリック
  3. 利用するインターネットバンキングのサイトへログイン
  4. 返済額を入力して振込み

利用方法も難しくないので、仕事の休憩時間などの短い時間でも、すぐに返済を完了できます。

提携ATMから返済

レイクALSAはコンビニ・銀行の提携ATM、新生銀行レイクの提携ATMから手数料無料で返済できます。

コンビニの提携ATMは原則24時間、駅や店舗に設置されているセブン銀行ATMやイオン銀行ATMなどで営業時間に応じて返済できます。

また三井住友銀行ATMは銀行の提携ATMの中でも利用可能時間が長く、平日は23:45まで利用可能です。

どの提携ATMをいつ利用しても手数料無料なので、うっかり返済日を忘れていた、というときでも一番近くのATMを調べてすぐに返済を済ませられますね。

さらに新生銀行レイクの提携ATMは、「カードを忘れてしまったけれど今日中に返済しなければいけない」というときでも、登録の電話番号・生年月日・カード暗証番号を入力すれば利用することができるのが大きなメリットです。

新生銀行レイクの提携ATMは下記時間帯で返済可能です。

曜日 返済可能時間
平日・土曜日 7:30~24:00
日曜日・祝日 7:30~22:00
第3日曜日 7:30~20:00

※一部店舗は利用時間が異なります

ちなみに新生銀行レイクの提携ATMは、営業時間内ならいつでも硬貨の利用ができるので、全額返済をしたいときなどに活用することができます。

レイクALSAの提携ATMについての詳細はこちらの記事で解説しています。

銀行振込みで返済

銀行振込みによる返済は、レイクALSA指定の銀行口座の振込みで返済を行います。

レイクALSA指定の銀行口座の情報は、会員ページの「銀行振込みでご返済される場合のお振込み先」にて確認することが可能です。

提携ATMにこだわる必要がない分、多くのATMから振込み返済できます。

ただ振込み手数料がかかってしまう返済方法でもあります。

手数料をかけたくないのであれば、銀行振込み以外の方法で返済しましょう。

自動引落しで返済

自動引落しは毎月14日または27日から返済日を指定して、手数料無料で自動返済が行われるので、返済日を忘れる心配がありません。

自動引落しでの返済を行うためには、Webから契約することが必要です。自動契約機で契約する場合は、契約完了後にWebから登録しないといけません。

そのため、初めてレイクALSAを利用する方で自動引落としを希望するなら、Webで契約すると後から登録する手間がないので簡単に行うことができるでしょう。

またWebから新規申込みをする場合、カードレス契約すると最初から返済方法が自動引落しに設定されます。

もし最初に自動引落しの返済方法が設定されたとしても、後からレイクALSAのコールセンターへ連絡して変更することが可能です。

返済方法を変更するとき手数料はかからないので、返済日など自身の都合に合わないときは別の返済方法に変更してみましょう。

返済日は都合に合わせて指定できる

毎月の返済日は自分の都合に合わせて、利用しやすい日を指定することができます。

給料日の後など、返済しやすい日を選択することが可能です。

ただ自動引落しの場合については、返済日は14日または27日のどちらかの選択となります。土日祝日など、金融機関が定休日のときの返済日は翌営業日となります。

自動引落しの場合を除き、指定した返済日は最終期日です。

指定した返済日のみが返済日なのではなく、返済日から数えて14日前から14日間なら、いつでも返済できるのです。

ただし、15日以上前の返済は前月分の追加返済の扱いとなってしまうため、早めの返済を行うなら「今月分の返済ができる期間」を把握した上で期間内に行いましょう。

毎月の返済日を忘れてしまったときは、レイクALSA会員ページの「返済予定の確認・登録」から確認することができます。

毎月返済期日よりも早めに返済すると、早く行った日数分の利息がかからないので、お得ですよ。

レイクALSAの毎月の返済額

レイクALSAの返済方式は「残高スライドリボルビング方式」と「元利定額リボルビング方式」の2種類があり、初めての利用では「残高スライドリボルビング方式」によって毎月の返済額が決まります。

残高スライドリボルビング方式は、追加の借入れを行った後の利用残高によって毎月の返済額が変わるのです。

利用残高ごとに支払う毎月の返済額は、以下の通りになります。

利用残高 毎月の最低返済額
1100,000円 4,000円
100,001~200,000円 8,000円
200,001~300,000円 12,000円
300,001~400,000円 13,000円
400,001~500,000円 14,000円

※ご契約金額によって毎月の最低ご返済額が異なる場合があります

上記の金額は、最低返済額であることを知っておくことが大切です。

最低返済額より多めの返済を行うことはいつでもできます。

多めの返済を行って早く完済することで、余計な利息をかけずにお得に利用することができます。

また返済額が変更となるのは、追加の借入れを行った直後の残高が、前回借入れを行ったときの残高に比べて増減したときです。

利用残高が減っても、改めて借入れを行わなければ返済額は変更されないため、変更のタイミングには注意しましょう。

返済に遅れる前にできる3つの対策

毎月やってくる返済日に、きちんと返済を行っていくためにできる3つの対策を確認しておきましょう。

返済日に遅れてしまうと20.0%の遅延金の支払いが必要になってしまうため、あらかじめ返済日に送れないための対策をしておくことが大切です。

メールお知らせサービスを利用する

レイクALSAは返済日の3日前に、「レイクALSAからのお知らせ」というタイトルのメールで、返済日と返済額をお知らせしてくれるサービスがあります。

このメールサービスは、契約完了後いつでも会員ページから簡単に設定することが可能です。

毎月返済日を忘れてしまうのであれば、メールお知らせサービスを利用することで改善が期待できます。

しかし、メールサービスを利用しても返済日を忘れてしまうようであれば、自動引落しで返済を行うようにしたほうが確実に返済できるでしょう。

残高不足のときは別の方法で返済

レイクALSAは口座の残高不足などで返済日に引落しができなかったとき、再度の引落しは行われません

提携ATMからの返済などの口座振替以外の方法で返済を行うことになります。

以下の3つの方法で返済ができます。

残高不足になってしまったときの返済方法
  • Web返済
  • 提携ATMから返済
  • 銀行振込み

Web返済・提携ATMからの返済は手数料無料で行うことができますが、銀行振込みでの返済には銀行所定の振込手数料が必要です。

またもし初回の返済時に引落しが行われていない場合、「引落しがまだ開始されていない」という残高不足以外の理由も考えられますので注意しましょう。

初回の引落し開始日は、申込みをした時期により開始月が変わるからです。

初回の引落し日は口座引落し登録後に送られたメールや書類で確認できますよ。

初回引落し日は、自動引落しをWebから申込みしたとき送られる「登録完了お知らせメール」、郵送で申込みをしたとき郵送される「返済予定表」に記載されています。

返済日を変更する

返済期日までに返済することが難しそうな場合、会員ページのメニュー欄にある「ご返済予定の確認・登録」という項目で返済日を変更することが可能です。

変更手続きは返済期日の3日前から行うことができますが、個人の状況によって返済日を変更できないこともあります。

返済日の変更ができないときは、返済を遅延してしまう前に、レイクALSAのコールセンターへ連絡して相談をすることが必要です。

連絡せずに遅延をしてしまうと、レイクALSAから確認の電話や郵便物が送られてくる可能性があるので、注意しましょう。

まとめ

レイクALSAへの返済は、Webや提携ATMから24時間行うことができ、自動引落しや銀行振込みも選択できるので、自分の都合に合わせて行えます。

銀行振込み以外の方法は何度でも手数料無料で行えるので、料金を気にすることなく利用しやすい方法の選択が可能です。

また返済期日より早めの返済・最低返済額よりも多めの返済を行うと余計な利息をかけずに返済することができますので、計画的に返済していくことが大切です。

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。