クレカの利用可能額は利用限度額と違う|初心者向けガイド完全版

利用可能額と利用限度額利用可能額の確認と増額の仕方

お店でクレジットカードを使おうとしたときに「このカードは使用できません」といわれたことはありませんか?

クレジットカードが使えないのは、もしかしたら利用可能額を超えているのが原因かもしれません。

事前に分かっていれば何とかできるかもしれませんが、急にいわれて現金を持っていなかったときは焦りますよね。

この記事で、クレジットカードの利用可能額の確認・増額方法や、利用可能額を回復する方法について詳しく解説してきます。

クレジットカードの利用可能額とは?

利用可能額とは、クレジットカードで使える残りの金額のことです。

もともとクレジットカードを作るときには、カードを使える限度までの金額である利用限度額が決められます。

そしてクレジットカードの持ち主は、この決められた金額の範囲で買い物をしたり、お金を借りたりすることになります。

当然買い物をすれば、使える金額は購入分を差し引いたものになりますよね。

この利用分を差し引いた金額が利用可能額です。

具体的にクレジット会社が決めた限度額が10万円の場合について、例を挙げて考えてみましょう。

例.利用限度額10万円で2万円の買い物をして、支払い日に1万円を返済した場合
  • 使える金額・・・10万円
  • 使用した金額・・・2万円
  • カード会社に支払った金額・・・1万円

そのとき使用したカードの利用状況を図にするなら、以下のようになります。

2万円利用時カードが使えるのは10万円まで利用可能額=8万円(残り8万円まで使える)2万円使用

利用可能額は、このようにクレジットカード会社によって決められた金額のなかで増減を繰り返します。

また、利用できるお金の限度額のことは利用限度額といいますが、利用可能額と似ていることから同じものと勘違いされることも多いです。

とくに利用限度額いっぱいまで使えるときは、利用限度額=利用可能額になっているので、区別がしにくいですよね。

ただしきちんとカードを利用するためには、しっかり区別することが重要です。

そこでここから、利用限度額と利用可能額の違いについて確認していきましょう。

利用限度額と利用可能額の違いと関係

利用限度額と利用可能額には、以下のような違いがあります。

2つの言葉の意味
  • 利用限度額・・・クレジットカード会社が返済能力などから割り出した、貸し出せる金額の上限
  • 利用可能額・・・利用限度額のなかからあなたが使った金額を差し引いた残りの金額

1度でもクレジットカードを利用するなら、使った金額が利用限度額から減っていき、利用可能額が少なくなります。

お小遣いに例えるとわかりやすいでしょう。

たとえば、あなたが使えるお小遣いが1,000円だとすると、この1,000円が利用限度額となります。

もし買い物で300円を使った場合、残り700円になります。この残り700円が利用可能額というわけですね。

クレジットカードの利用可能額はクレジットカードの使用金額や返済の仕方によって変わってきます。

心配なら利用可能額を確認すること

クレジットカードを使ってるうちに、利用可能額がどのくらいなのかわかりづらくなってしまうことがあります。

リボ払いなどで使用額と支払い額が一致しないときには、とくに分かりにくくなります。

例えば利用限度額が10万円のカードで、3万円利用して支払い日に1万円を支払うとします。

その後2万円を利用したとき、利用可能額はいくらになるのかすぐにわかるでしょうか?

図で表現すると以下にようになり、利用可能額は6万円だとわかります。

カードが使えるのは10万円まで利用可能額=7万円3万円使用

頭で把握していると、どうしても正確な利用可能額がわからなくなってしまうのです。

そして利用可能額をあいまいなままにしていると、支払いができなくなることもあるので注意しましょう。

たとえば携帯料金や公共料金をクレジットカード払いにしているときです。

毎月の支払い額が利用可能額を超えている場合には、支払いができていなかったことに後から気が付くことになります。

そのため利用可能額があとどれくらい残っているかを、自分で定期的に確認することが大切なのです。

利用可能額を確認する手段

利用可能額の確認は、各カード会社の会員サイトや公式スマホアプリなどで簡単に確認できます。

【例.カード別利用可能額の確認方法】
クレジットカード 利用可能額の確認場所
楽天カード
  • 楽天e-NAVI
  • 楽天カードアプリ
三井住友カード Vpass
Yahoo!カード Yahoo!JAPAN会員メニュー

楽天カードなら楽天e-NAVI、三井住友カードならVpass、Yahoo!カードならYahoo!JAPANのカード会員メニューにあたります。

また電話の自動音声のみで簡単に確認できるカード会社もあるので、ご利用の際にはお手持ちのカードの一番利用しやすい方法で調べてみましょう。

利用可能額が回復しない?支払いの反映までは時間がかかる

「支払い終わったのに利用限度額が回復しない……」あなたはこのような経験はありませんか?

じつは、支払い日にきちんと返済を行っても、支払ってすぐに利用可能額は回復しないのです。

その理由は、返済情報は金融機関を通してカード会社に到着後、利用状況に反映されることになっているからです。

反映までには数営業日ほど時間がかかるため、注意しておきましょう。

参考までに、カード会社・金融機関ごとに、以下のような一定時間がかかります。

【例.支払い情報が反映されるまでの期間】
クレジットカード 利用可能額回復までの時期
楽天カード 支払日から2~4営業日程度
三井住友カード 支払日から2~5営業日程度
Yahoo!カード 支払日から2~4営業日程度

きちんと支払いをしたのに利用可能額が増えていないときは、まだ利用情報が反映がされていないことも考えられます。

支払い日から数日しか経っていないなら利用可能額が回復するまで少し待ってみましょう

さて、使える金額は利用限度額以上に増えることはありせん。

そこで限度額自体を増やしたいと思われる方もいますよね。

そこでここからは利用限度額の増額についてみていきましょう。

利用可能額を増やすなら利用限度額を増額

利用可能額を増やしたいのであれば上限である利用限度額を増やしましょう。

利用限度額を増やすためには、クレジットカード会社との間で増額手続きが必要です。

ただし、クレジットカードの増額手続きでもクレジットカードを作るときと同じように審査があります。

審査通過のためには、安定した収入があり、お金の利用状況に問題がないことが大前提として必要です。

また増額するためには、新規申込み時よりも信用が増していることや、年収が増えて返済能力が上がっていることなどの条件が必要となります。

延滞なく支払いができており、半年以上の利用のある優良顧客なら、信用が高くなっている可能性がありますよ。

審査で重要な項目
  • 以前より年収が高くなっている
  • 延滞なく継続的な利用がある
  • 借入れ残高が高くない

審査に通れば、クレジットカード会社が決めた金額まで利用限度額が増える可能性があります。

ただ以前よりも返済能力が下がってるいるとみなされれば、減額も考えられるので注意しましょう。

また申込みをしなくても、気が付くと利用限度額が増減していることもあります。

利用限度額は自動的に増額・減額される

利用限度額は自動的に増額・減額されることがあります。

これはクレジットカード会社が、定期的に契約条件の見直しを行っているからです。

増額されるのは優良顧客とみなされたということでしょう。

ただし年収が極端に減ったり、支払いの延滞や借入れ残高の増加があると、減額されてしまうリスクもあります。

減額されないように、毎月の支払いをきちんと行うことが大切です。

一時的な利用限度額の増枠を検討してみる

「普段はそんなに使わないけど、今月だけどうしてもお金が必要……」ということもあるのではないでしょうか?

利用可能額を増やすには利用限度額の増額が効果的ですが、その増額のなかに「一時引き上げ」というものがあります。

出費が多いときにだけ、利用限度額を一定期間引き上げることができるのです。

ただ一時引き上げとはいえ、申込むだけで利用できるというものではなく審査があります

また、クレジットカードの一時的な増枠をするときは、冠婚葬祭の出費など正当で明確な理由が必要なことが多いです。

浪費やビジネスなどの目的での一時的な利用限度額の増枠は難しいので注意しましょう。

利用可能額が無くなったときの対処方法

利用可能額が無くなった場合は増額をすればよいですが、場合によっては利用限度額が減ることもあるため、気軽とはいえない方法です。

また、利用可能額が回復するまで待つ方法もありますが、かなりの時間がかかってしまいます。

とはいえ、できるだけ早く利用可能額の問題を解決したいですよね。

そこで、利用可能額が無くなったときにすぐに使える対処方法について詳しく紹介します。

繰り上げ返済をする

予定された支払い日前にあらかじめ請求額を支払っておく「繰り上げ返済」をすることによって利用可能額を回復できます。

繰り上げ返済は、以下の4ステップで簡単におこなえるため、返済できるお金が用意できれば試してみましょう。

繰り上げ返済の手順
  1. カード裏面などに記載のサポートデスクに電話
  2. オペレーターの指示に従い手続きをする
  3. ATMや振込などで返済額を支払う
  4. 入金が反映されるまで待つ

ただし、クレジットカード会社によりますが、繰り上げ返済をする際は振込手数料が少しかかってしまうこともあるので注意しましょう。

また、繰り上げ返済をするメリットは利用可能額の回復だけではありません。

早めに返済することでクレジットヒストリーが良くなったり、リボ払いの場合は完済までの金利手数料が少なくなったりなど色々とお得なのです。

クレジットヒストリーとは?
クレジットカードの信用情報のこと。正しく利用して返済をすれば信用度があがる。

クレジットヒストリーは増枠のしやすさにも影響します。返済をまじめにおこなえば、自然と信用は上がりますよ。

カードローンを一時的に利用する

「どうしてもお金を使いたいけど、繰り上げ返済も増枠もできない」という人にとっての奥の手がカードローンの利用です。

利用可能額を空けるとは少し違いますが、現金を借りることができるので一時的にお金の問題を解決できます。

消費者金融カードローンであれば即日融資も可能なので、急いでいる方に向いている対処方法です。

ただ、カードローンでお金を借りると金利手数料というものが発生するため、借りるときよりも多くのお金を返済しなければなりません。

「あと数日で給料日が来る」「借金を返す当てがある」などの返済計画がしっかり立てられるのであれば、利用を考えてみてもよいでしょう。

利用可能額を把握してうまくクレジットカードを利用しよう

利用可能額を意識しないでクレジットカードを使ってしまうと、つい使いすぎてしまい利用限度額オーバーになることもありえます。

そうならないためにも、各クレジットカードの会員ページやスマホアプリなどで、利用限度額を確認するクセを付けておくのがよいでしょう。

また、万が一利用可能額がなくなったら、以下の方法で対処が可能です。

利用可能額の対処方法まとめ
  • 利用可能額が回復するまで待つ
  • 利用限度額の増額をする
  • 利用限度額の一時的な引き上げ
  • 繰り上げ返済をする
  • 計画を立てて、カードローンを利用

返済するお金があるなら繰り上げ返済をするとよいでしょう。

利用可能額が回復するうえに、クレジットヒストリーが良くなることにもつながります。

利用可能額についてしっかりと把握して、クレジットカードを上手に使ってくださいね。