時代はQRコード!日本のモバイル決済はガラケーから生まれた!

モバイル決済の始まりはQRコードだった!?QRコードは時代を変えていく!!

電子マネーも主流になり、交通機関やお店など、さまざまな場所で利用できるようになりましたね。

しかもスマホで手軽に利用できるものもあり、今後の生活もさらに便利になっていくのでは?と予想されています。

ただ、こういった便利なサービスは、いったいいつから始まったのか詳しく知っている方はいないのではないでしょうか?

 

そこで今回は、モバイル決済の始まりと現在のモバイルサービスについてご紹介していきます!

はじめまして、経済評論家の湯銭孝志と申します。

いつのまにか始まった便利なサービス「モバイル決済」。本日はその全貌を明らかにしていきましょう。

 

モバイル決済のメリット

モバイル決済の始まりがわかったところで、改めてモバイル決済にどんなメリットがあるのかを確認していきましょう。

 

スマホひとつで色々な決済に対応できる

この仕組みは、ポイントカードを例に考えてみると分かりやすいです。

お店によって対応しているポイントカードや支払い手段は異なりますよね?

全部のカードをもっていると、そのぶん財布がかさばりますし管理も大変でしょう。

 

モバイル決済は、それが全部スマートフォンの中に収まっているということです。

ちょっと必要なものがあるからスマートフォンだけ持ってコンビニを探しに、といった場合には便利に使えるでしょう。

 

小銭がかさばらない

消費税導入時に「一円玉の旅がらす」といった歌が流行ったように、現代では細かい支払いが少なくありません。

ただ硬貨(補助貨幣)はかさばりますし、財布が重く早く傷んでしまいます。

 

また細かい支払いは出すときにも大変です。

「3円分ちょうどあったはずだから」と財布の中の小銭をあさるけども、なかなか小銭が出てこないといった経験はありませんか?

 

しかしモバイル決済では1円単位の支払いができるため、細かい小銭を出す・受け取ることなく買い物ができるのです。

 

送金機能などに対応していることも

遠くに住んでいる友だちにお金を送りたいといったことはありませんか?モバイル決済に対応した一部の電子マネーではこういった「お金を送る」需要にも対応しています。

 

例えば「LINE Pay」の場合事前に本人確認の必要がありますが、それを済ませばLINEに追加した友だちにお金を送ることができます。

また、一緒に食事をするときでも「モバイル決済で支払った後、ワリカンする」といった使い方が考えられるでしょう。

 

クレジットカードよりも不正利用の心配が小さい?

とくにインターネット上で支払うとき気になるのが「決済情報が勝手に使われないか?」といった心配です。

インターネット上でクレジットカードを使う際は「番号」「有効期限」「セキュリティーコード」など情報を入れるだけで支払いができるため、逆に不安に思うことも少なくありません。

 

しかし非接触IC決済であれば「専用のICに紐づけられている」、つまり「機器固有の情報を使う」ことになります。

暗証番号を知っていてもカード自体がなければキャッシュカードが使えないように、「実際にものがないと使えない」というのはそれだけでひとつのセキュリティになるのです。

またQRコードを提示するタイプのモバイル決済では、「支払いごとにQRコードが変わる」のもセキュリティ上不正利用されにくい理由です。

 

一方で非接触ICなどと連動していない場合、支払いに使う「アカウント」「パスワード」が漏れてしまえば不正利用されてしまうリスク存在します。

不正利用を防止するためにログイン時「ワンタイムパスワード(1回だけ使えるパスワード)」が必要なサービス、支払い情報をメールで通知するサービスも増えていますが、決済に必要な情報を知られないようしっかりと管理しておく必要があるでしょう。

 

ただメール通知するサービスを使って支払い情報がすぐわかる、ってことはそのぶん不正利用に気づきやすくもあるし、お金の管理もしやすくなる。
サービスの良し悪しを決めるのは利用者次第、ってことです。

 

モバイル決済①:内蔵ICチップを使った決済

モバイル決済は3種類に分けられます。

まずはスマートフォンに内蔵されたICチップを利用した決済方法について見ていきましょう。

 

日本でもっとも普及しているといわれる「FeliCa」とは?

現在日本でもっとも普及しているといわれるのが、ソニーの開発した「FeliCa」という技術です。

おサイフケータイをはじめとしたスマートフォンに埋め込まれているだけでなく、かざすだけで改札を通れる交通系ICカード(SuicaやPASMO・ICOCA・manacaなど)にも採用されています。

 

専用の決済端末にはコイルが埋め込まれており、かざすと専用のICチップとの間で無線通信を行います。

「どのような電子マネーで支払うか」「支払い可能額はいくらか」「支払い後の残りはいくらになるか」などの情報を高速でやり取りしているのです。

 

カードタイプでは決済端末のコイルの磁気にカードに埋め込まれたコイルが反応することでICチップを起動しますが(電磁誘導)、スマートフォンに埋め込まれたICチップの場合、スマートフォン本体のバッテリーから供給を受けます。

そのため、スマートフォンのバッテリーが完全に消耗した場合は使えません(電源自体は切っていても仕様上使えるが、ICロックなどの機能あり)。

 

また電子マネーの管理サーバと決済端末の間でも情報のやり取りをしますが、一部の電子マネーではICチップ自体にも情報を残しています。

内蔵されたICチップの情報はスマートフォン側から読み書きができることから、ネットショップなどの決済や利用履歴確認・さらにはインターネット上でクレジットカードを利用した利用可能額の追加などもできるのです。

 

 

「NFC」に対応したスマートフォンも多い!

Androidのスマートフォンには「NFC」を搭載したものも多くあります。

NFC(Near Field Communication)FeliCaをはじめとする非接触IC通信の国際標準規格を取りまとめることで、さまざまな端末で共通利用できることを狙ったものです。

 

とくにNFCが内蔵されているAndroidスマートフォンは電子マネーなどモバイル決済だけでなく、ICチップ間の通信を利用し、別のNFC対応Androidスマートフォンとの間で情報のやり取りができます(Androidビーム) またNFCを使って認証情報をやり取りし、BluetoothやWi-Fiでつなぐイヤホンやスピーカーなども身近になってきました。

 

そしてiPhoneでも、機種によっては非接触ICによる決済が使えるようになったのでより多くの人が利用できるようになりました。

 

iPhoneでも非接触ICによるモバイル決済ができる!

iPhoneにもiPhone 6(2014年9月発売)以降「Apple Pay」の機能として非接触ICチップが搭載されていましたが、FeliCaに対応していないことから日本では使えませんでした。

しかし日本国内向けに「iPhone 7」(2016年9月発売)からFeliCaの機能も搭載されたため(共通仕様になったのはiPhone 8から)、日本でも非接触ICによる支払いができるようになりました。

また時計型の端末「Apple Watch」も対応しています。

 

ただ2018年6月現在、日本国内向けに対応しているのは「Suica」「iD」「QUIC Pay」の3サービスのみです。

また日本で「Apple Pay」にクレジットカードを登録する場合にも「iD」「QUIC Pay」と結びつけられるため、クレジットカード自体がこれらのサービスに対応していない場合には登録ができません。

 

なおiPhoneでも、Apple Payを利用しないモバイル決済については共通して利用可能です。

 

(iPhone7以降で使える非接触IC決済)

iPhoneではSuica・iD・QUIC Payが利用可能

※2018年8月から、みずほ銀行の「みずほ Walletアプリ」を利用することで、カード発行なしでSuicaの決済機能が利用可能に(みずほ銀行個人口座が必要)。

 

自宅のパソコンでも非接触ICを使ったモバイル決済が使える!

パソコンで欲しいものを見つけたけど、スマートフォンで探しなおすのは面倒だからやめておこう、そんなことはありませんか?

そんな場合でもFeliCaを使った決済はできるのです!

 

方法1:支払い情報をスマートフォンへ送る

スマートフォンから非接触ICの情報を読み書きすることはできるため、支払いの情報だけをスマートフォンに送ることができれば非接触ICを使って支払えるのです。

 

例えば楽天Edyの場合、スマートフォンにメールを送って決済の手続きができます。

 

方法2:対応のICカードリーダを利用する

パソコンの一部には非接触IC通信用に「FeliCaポート」を本体やキーボードに内蔵したものがあるほか、「PaSoRi」など非接触IC通信に対応したICカードリーダを利用することで読み書きをすることができます。

ICカードリーダ利用ではパソコン上の操作だけで「モバイル決済」をすることも可能です。

 

なお「NFC」に対応したICカードリーダはマイナンバーカードの読み取りにも対応しているため、インターネット上で確定申告をするe-Taxでも利用できます。

それ以外にも交通系ICカードの残高を確認するなど、一家に1台あればモバイル決済以外にも活用できるかもしれません。

PCで非接触ICによる決済が可能な2つの方法

どういった対応サービスがある?

スマートフォン内蔵のICチップでモバイル決済ができるサービスとしては、次のようなものがあります。

 

(主なIC系モバイル決済サービス)

サービス名

支払い方法

対応状況

備考

Android

iPhone

楽天Edy

前払い

×

旧・Edy

モバイルSuica

前払い

iPhoneの場合ICカード必要(読み取らせたカードは使用不可)

QUIC Pay

後払い

一部前払いにも対応

iD

前払い

後払い

サービスによって前払い・後払い両方に対応

モバイルWAON

前払い

×

nanacoモバイル

前払い

×

モバイルスターバックスカード

前払い

×

利用店舗は日本国内のスターバックスのみ

(2018年6月時点での情報)

 

なお海外でクレジットカードを登録して使う「Apple Pay」は独自の非接触IC決済サービスの側面を持っていますが、日本国内発行のクレジットカードでは「iD」「QUIC Pay」を利用することになります。

 

ポイントカードなども一緒にできる!

モバイル決済で支払おうとするとき、別にポイントカードを財布から出し、レジで出すのも手間がかかりますよね。

しかしスマートフォンのICチップにはポイントカードなどの情報も入れることができるので、支払いと同時にポイントも獲得できてしまいます!

 

(その他の主な非接触IC対応サービス)

種別

サービス・店舗

対応状況(IC)

画面提示

備考

Android

iPhone

ポイント

dポイント

×

 

Tポイント

×

IC・画面提示ともに利用不可店舗あり

Ponta

×

ローソンアプリより利用。Loppiでの画面提示利用はAndroidのみ

楽天ポイント

×

楽天Edy支払いでポイント加算可能

ビックカメラ

×

既存のポイントカードをIC登録時は店舗で手続き

ヤマダ電機

×

楽天Edy支払いでポイント加算が可能(ヤマダ電機では利用不可)

マツモトキヨシ

×

楽天Edy支払いでポイント加算可能(単体でのサービスは2017年3月終了)

国内線航空券

JALタッチ&ゴー

×

 

ANA SKiP

iPhone+Apple Watchで非接触IC利用可能

クーポン

マクドナルド

×

 

トルカ(NTTドコモ)

×

×

 

(2018年6月時点での情報)

なおiPhoneを中心に内蔵ICチップでは対応していないものも多くあります

ただ専用アプリからバーコードやQRコードを画面に表示すれば、ポイントカードの代わりになるサービスも多いのです。自分の貯めているポイントカードがスマホに入れられるか、一度確認してみましょう。

 

クレジットカードをショッピングサイトに入れるのは怖い、だからとって代引きにすると手数料が高い。

そんな悩みを解決できるのがスマホのオンライン決済です!

次の章で詳しくご紹介していきます。

 

モバイル決済②:オンライン決済

オンライン決済を利用するためには、アカウントが必要です。

自分の情報をアカウントに結び付けなければなりません。

 

アカウントに支払うための情報を結びつけよう!

インターネットで直接紙のお金を送ることはできないため、オンライン決済では「お金を引き出す場所」が必要です。

インターネットが広まった当初から長年使用されているものとして挙げられるのがクレジットカードでしょう。

 

ただクレジットカードによる決済では多くの個人情報を入れる必要があります。

そのため「やり取りする情報を最小限に」する方法が求められてきました。

 

まずは携帯キャリアによるオンライン決済について見ていきましょう。

携帯キャリア決済(収納代行)

「iモード」開始以降、携帯電話会社は「携帯料金と一緒に払えるサービス」を充実させてきました。

最初は「情報コンテンツ」だけであったものが、モノの購入にも利用できるようになっていったのです。

 

またキャリア決済の特徴として情報コンテンツの「月額継続課金」に対応しやすいといったメリットがあります。

とくにクレジットカードを利用したくないという方はキャリア決済を利用する場面が多くなるでしょう。

 

NTTドコモ

最初はiモード公式サイトのiモード情報料だけが支払い対象であったNTTドコモですが、おサイフケータイのサービス「iD」に対応する形で「DCMX mini(現・dカードmini)」という、1万円までの支払いに対応したサービスを開始しています。

またスマートフォンで情報コンテンツ利用料金の支払いに使える「spモード決済」のほか、インターネット上の買い物にも利用できる「ドコモケータイ払い」といったサービスが生まれていったのです。

 

現在、NTTドコモは「dアカウント」(ドコモIDから移行し、ドコモ利用者以外にも開放)なども利用して次のようなオンライン決済サービスを提供しています。

 

サービス名

ドコモ利用者

その他利用者

備考

ドコモ口座

×

基本的に事前入金式(受け取りも可能。送金・VISAプリペイドは携帯料金支払い可能)。携帯料金などに払い出し可能

d払い

携帯料金からの支払いはiモード/spモード契約者が対象

ドコモ払い

×

(2018年6月時点での情報)

なおドコモ利用者が携帯電話と一緒に支払える額については次のような制約が設けられているので注意しましょう。

 

・ドコモ口座:1回線に付き月2万円まで

・d払い/ドコモ払い:未成年・法人名義の場合月1万円まで。成人名義の場合、回線契約期間によって変化(1~3ヶ月:1万円、4~24ヶ月:3万円、25ヶ月以降:5万円。ただし利用状況によって10万まで増額)。spモード決済の利用額含む。

 

なおd払い・ドコモ払いはオンライン決済だけでなく、まちのお店での商品購入にも対応したキャリア決済の中では異色のサービスです。

またドコモ口座では疑似的なクレジット番号を発行する「VISAプリペイド」を使うことができるため、クレジットカードしか対応していないwebサイトでも支払いやすいことが魅力でしょう。

 

KDDI(au)

ドコモと同じくEZ-webによる情報コンテンツ支払いからKDDIのキャリア決済はスタートしています。

現在ではauかんたん決済に一本化されており、プリペイド型決済サービス「au WALLET」に携帯電話料金から入金する際にも「auかんたん決済」を利用する必要があります。

 

auかんたん決済の利用限度額は次のように指定されています。

支払い方法

年齢

au契約期間

利用可能額(月)

口座振替・クレジットカード(指定カード)

未成年

 

関係なく

3,000円

成人

3ヶ月まで

5,000円

4ヶ月以上

10,000円

(2018年6月時点での情報)

なお請求書による支払いを利用していて「利用者が未成年」「7ヶ月未満の契約期間」「データ契約のみ」といった場合は、auかんたん決済が使えないので注意しておきましょう。

 

Softbank

J-フォン時代に「J-スカイ」の一環として始まったキャリア決済サービスはインターネットサービス自体が「Vodafone live!」「Yahoo!ケータイ」への名称変更を経ています。

その後Softbank自身がiPhone発売による日本のスマートフォンブームを引き起こしました。

現在スマートフォン向けには「ソフトバンクまとめて支払い」として、キャリア決済を提供しています。

 

なお利用可能額については次のように年齢別に分かれた構成となっています。

 

使用者の年齢

1ヶ月に使える利用可能限度額

11歳まで

2,000円

19歳まで

20,000円

20歳以上

100,000円

(2018年6月時点での情報)

 

Softbankの特徴は「契約期間による利用可能額の変化がない」点といえます。

ただ以前は現在の金額よりも低く、3ヶ月を区切りとして利用限度額が変わっていたようです。

 

格安SIMでは使えないことが多い!

大手キャリアから携帯電話の回線網を借りることなどで設備投資を抑え、基本料金を安くしていることが格安SIM(MVNO)の魅力です。

しかし安さのぶんサービスは抑えられているため、キャリア決済には対応していない場合も多くなっています。

 

2018年7月現在、格安SIMでキャリア決済に対応しているのはSoftbankが提供するY!モバイルと、au(KDDI)の関連会社が提供するUQ mobile(auかんたん決済)のみといわれています。

また現在は3大キャリアの回線網を使用している「楽天モバイル」が独自の回線網を整備する計画を発表していますが、キャリア決済については詳しい話がまだ出ていません。

 

そもそも格安SIMはクレジットカードのみの料金支払いになっていることも多いため、他の手段による支払いを検討することになるでしょう。

 

モバイル決済③:画面を提示

バーコードやQRコードというのは『早く情報を読み取る』ために作られた手段なんだ。だからそれらのコードに支払いにつながる情報を埋め込めば支払いは一瞬で済むし、最低限の情報だけで済みます。

アカウントや専用アプリを使うことで上手に紐づけられます。

 

アカウントや専用のアプリを使う!

画面にコードを表示するタイプのモバイル決済では「専用のアプリ」をインストールする必要があるほか、アカウントを作りクレジットカードや銀行口座の情報と結びつけている場合が多くなっています。

またあらかじめ使用額を預け、その中から支払うタイプもあるので確認しておきましょう。

 

アカウントと支払い情報が結びついているため、オンライン決済に対応していることもひとつの特徴です。その場合「画面の提示」ではなくアカウントを利用した処理になります。

 

じつはこの点が「専用アプリを使う理由」、スマホでなければならない理由のひとつといえます。

バーコードやQRコードの中身はその都度発行される支払い番号!

画面提示型に限らず、モバイル決済の多くは「インターネット上のお財布」があると考えるのがわかりやすいです。

ただ「お財布自体」を見せてしまうと、いつでもそこからお金を引き出せてしまいます

そのため画面を提示する形の決済では「支払いごとに異なるコード」を発行していることが多いのです。

 

またお店側がスマートフォンなどに表示したQRコードを読み取って支払うタイプもありますが、その場合でも支払いごとに異なるコードにすればいくら支払わなければならないかという情報を入力せずに済むのです。

 

ただコード発行や読み取りした後の処理に手間がかかると「モバイル決済」における速さや利便性のメリットが小さくなってしまいます。

そのため「専用アプリ」で処理を簡略化しているのです。

 

どのようなサービスがある?

画面表示型のモバイル決済サービスは今後増えていくと予想されますが、現段階での例を確認してみましょう。

 

LINE Pay

友だちや学校の連絡などでLINEを使っている人も多いでしょう。

LINEはSNS以外にも多くのサービスを提供していますが、そのひとつが「LINE Pay」です。

 

LINE Payは事前にお金を入れておき、その範囲内で使えるサービスです。

銀行口座を登録するほか、コンビニなどで支払う方法も用意されています。なおスタンプ購入時に使う「LINEコイン」とは別のものなので注意しておきましょう(LINE PayでLINEコインやスタンプ購入も可能)。

お店で使うときはスマホでバーコード・QRコードが表示された画面を見せ、読み取ってもらいます。

 

またJCBブランドのついたプリペイド型決済カードを無料発行できるのもひとつの特徴です。

画面提示で使えない店でも「クレジットカードは使える」場合は多いので、発行しておくとより便利になるでしょう。どちらの場合でもLINEポイントが貯まるのは大きなメリットです。

 

また「LINE」に登録した友だちに送金できるため、モバイル決済で「ワリカン」をするには便利な側面もあります。

 

d払い/ドコモ払い

キャリア決済のところでも取り上げたサービスですが、2018年4月から「バーコード・QRコード」を使った決済に対応しました。

ドコモ契約者なら携帯料金と一緒に支払えるほか、ドコモ契約者以外も「VISA・MasterCardのクレジットカード」を登録すれば利用できることが大きな特徴といえます。

 

またこのサービスは「dアカウント」に結びついたサービスのため、dポイントを貯める・使うことができることも大きな魅力です。

 

楽天Pay

楽天のアカウントにクレジットカードの情報を結び付け、スマホの操作で楽天内外の支払いができるのが「楽天Pay」です。

 

楽天Payの大きな特徴は「支払い側が画面を提示し、読み込んでもらう」「店舗側がQRコードを提示し、読み取って支払う」「お店を選択して支払額を入力する」の3パターンに対応していることでしょう。

ただ、お店によってどの方法を使うか指定される場合もあるので注意しておく必要があります。

 

なお楽天Payでの支払いにおいても楽天スーパーポイントが貯まります。

とくに楽天カードを利用している場合はポイント獲得で優遇されるため、組み合わせて使うのが便利です。

 

もうひとつの特徴として、楽天スーパーポイントで支払いができることが挙げられます。

この楽天スーパーポイント、ポイントサービスとしては珍しく現金から買うことができるのです。

つまり他のモバイル決済のように「前払い」に対応しているといえるかもしれません。

 

Origami Pay

専用のアプリに銀行口座(一部の金融機関のみ)やクレジットカードを登録することで使えるモバイル決済サービスです。

ステッカーや店舗に用意されたiPadタブレットに表示されるQRコードを読み取ることで支払うことができます。

また独自のオンラインショップも開設しており、アプリからの購入でポイント還元が受けられるのもメリットです。

 

pring

QRコードを利用して送金や店舗での支払いができるサービスです。

銀行口座からお金を入れること・入っているお金を銀行口座に移すことが「手数料無料」でできることも大きな特徴といえるでしょう。

ただし現在は「みずほ銀行」「三井住友銀行」のみの対応です。

 

いろいろあるんですね、便利かも!

今後もいろいろな決済サービスが増えてくるが、最後に取り上げたpringのように『銀行が中心となって参入してくる』ことが注目点となってくるだろうね。

 

今後参入が考えられるモバイル決済

画面提示型のモバイル決済は今後も増加していくことが予想されます。

とくに注目されるのは「銀行口座から直接支払える」デビットカードに近いサービスです。

 

例えば2019年2月にはゆうちょ銀行がQRコードで支払いのできる「ゆうちょPay」を開始予定です。

すでに横浜銀行や福岡銀行が同様のサービスを行っているほか、ゆうちょ銀行自身、直接口座から即時チャージできるプリペイド型決済カード「mijica」を発行しています。

今後もりそな銀行なども導入を予定していることから、「銀行が直接決済に関わる」場面が増えていくでしょう。

 

また2018年秋、ソフトバンクがグループ会社のヤフーと合同で「PayPay」というQRコード決済サービスを開始予定です。

ヤフーは「Yahoo!ウォレット」を利用したスマホ決済を2018年6月から提供していましたが、これを置き換える形でYahoo!JAPANのアカウントとスマホ決済が結び付くようになる予定です。

 

一方海外ではクレジットカードブランドによるモバイル決済も増えてきています。

たとえばVISAはmVISAというQRコードによる決済を取り入れており、日本でも導入される日が来るかもしれません。

MaterCardでも「MasterPass」、日本の国際ブランド「JCB」も2018年中にQRコード決済方式を統一できるようシステムを構成予定です。

今後もさらなるモバイル決済が増加

モバイル決済がもっと浸透すれば、そもそも『レジに行く必要がなくなる日』が来るかもしれませんね。

 

モバイル決済➃:スマホでセルフ決済の時代!?

最近では決済をレジではなく『スマートフォン』でできるお店も出てきました。

その例として主要都市の『Apple Store』と『ローソンスマートペイ』について見てみよう。

 

Apple StoreでiPhoneによる決済ができる仕組み

日本ではスマートフォン利用者の半分以上がiPhoneだといわれています。

そのためイヤホンやカバーなどを購入するため、主要都市にある直営店「Apple Store」に行く方も多いでしょう。

 

このApple Storeには基本的にレジがなく、店員が持つiPhoneやiPadによって決済を行います(現金を収納するドロアーはテーブルごとに設置されています)

それとは別にアクセサリー類については自分の持つiPhoneから会計処理をおこない、そのまま商品を持ち帰ることもできるのです。

 

流れについては次の通りです。

AppleStoreでセルフ決済

Apple Storeは混雑していることも多いため、店員を待たなくても支払いができるのは時間の節約につながります。

なおiPhoneやパソコンなどの本体を購入するときは使えません。

 

ローソンスマートペイ

大手コンビニのひとつ「ローソン」も専用のアプリを使い、レジに寄らずに商品を買えるようにする実証実験を2018年4月から開始しました。

2018年6月現在は東京都内の一部店舗に限られますが、レジに並び前の人の会計を待つ手間がなくなるというのは大きなメリットといえます。

 

同じく、商品購入の流れを図にしてみましょう。

ローソンでセルフ決済ができる仕組み

なお年齢確認が必要な「お酒・タバコ」、対面販売が必要な「医薬品」、クレジットカードで買うことのできない「金券や切手」「レジで有効化するiTunesカードなどPOSAカード」「Loppiで出力したバーコード」「公共料金」の支払いなどは対応していません(コーヒー抽出は専用のものがあり、支払い後退店処理までに入れることができます)。

なおクレジットカードで決済したい場合「その場で毎回」番号などの情報を入れなければならないので、この点も注意しておきましょう。

 

ローソンではオフィスコンビニと呼ばれる『商品を置いておいて、使った分だけ支払ってもらう方式』の販売にもセルフレジ導入・交通系ICカードで支払う仕組みを作ったりしています。

モバイル決済で便利になったのは私たちだけではないのですよ。

 

お店側もスマホでお金を受け取れる!?

最初に触れたとおり、パソコンに近い性能を持つようになったスマートフォンをつかって、お店側も売り上げ管理や支払い手続きができるようになってきた。

スマホって、そんなすごいものだったんですね!でもクレジットカードを読み取ったりできるんですか?

 

それに対応するための決済端末やアプリが登場しているので確認してみましょう。

 

スマホやタブレットに接続するタイプの決済端末が登場してきている

クレジットカードの磁気ストライプやICの情報をスマートフォンで直に読み取ることはできません。

またカード情報についても店舗側は保持しないか、厳重な管理が求められています。

 

こうした事情から、イヤホンマイク端子やBluetoothで無線接続し「専用のアプリで読み取る」小型の決済端末が登場してきました。

 

そのほかにも商品管理をおこなうPOSレジの中核部分をタブレットに置き換え、現金を収納するドロアー部分、レシートを発行するプリンター部分を接続することで安価に機能を実現させられるようにもなっています。

スマートフォンやタブレットであればネットワークとつなげやすいというのも理由のひとつでしょう。

 

スマホのカメラで読み取る・画面に表示して読み取ってもらうタイプも

現金を扱わない決済であればスマートフォン本体だけで完結もしやすくなります。

スマートフォンには標準でカメラが搭載されているため、画面にQRコードを表示するタイプとはとくになじみやすい特徴があります。

 

スマートフォンは「携帯回線」の接続が容易なのも大きなメリットです。

スマートフォンだけであれば持ち運びもしやすく「どこでも決済」ができるのです!

 

もちろん多くの決済サービスは「店舗など事業者向け」のサービスです。

しかし個人間の送金(LINE Pay・origami Pay)や個人間のクレジット決済需要を狙ったサービス(スクウェア・pixiv PAY)も登場しており、やがては「個人・お店」に関わらずお金のやり取りがスマートフォンだけでできる日常になるかもしれません、

 

モバイル決済は『今の状態で終わり』でなく、今後も進化していく分野と予測されている。10年後や20年後、お金を支払うということはどうなっているか楽しみですね。

 

まとめ

はじまりからこの先の流れまで、今回はモバイル決済について詳しく見ていきました。

ついつい重くなりがちな財布がスマートフォン1台ですべて解決する日、レジに並ばなくてもさまざまな商品が買える日もいつか来るかもしれません。

その時代に乗り遅れないよう、モバイル決済で準備しなければならないものなどをしっかり押さえていきたいところですね。

 

合わせて読みたい

    おすすめキャッシング

    レイクALSA

    Webで最短60分のスピード融資が可能

    レイクALSA

    実質年率
    4.5% ~18.0%
    利用限度額
    最大500万円
    審査時間
    最短15秒
    融資スピード
    最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
    フタバ

    他社借入れ4社以内なら申込み可能

    フタバ

    実質年率
    14.959%~17.950%
    利用限度額
    10万円~50万円
    審査時間
    最短即日
    融資スピード
    最短即日融資
    ベルーナノーティス

    専業主婦も申込みできる!

    ベルーナノーティス

    実質年率
    4.5%~18.0%
    利用限度額
    1万円~300万円
    審査時間
    最短30分
    融資スピード
    最短即日

    条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

    すべての条件や種類を見る

    キャッシング最適診断キャッシング最適診断
    難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

    お金の教本について

    当サイトでは、お金を借りるときのルールと、便利な使い方。各種お得なポイントの貯め方などお金に関する知識を幅広く提供していきます。
    いまいち消費者金融の仕組みが分からない。クレジットカードの細かいルールが曖昧など、いろんな悩みを解決していきます。
    今まで知らなかったお得なお金の豊富な知識をみなさんに提供し、キャッシングを便利なサービスとして利用してもらえるお手伝いをいたします。