現金を即日ゲットするためにクレジットカードの現金化はおすすめできない?安全にお金を作る6つの方法

現金が即日で欲しい!安全にお金を作る対処法をご紹介

現金が即日で必要になったら、どうしても焦ってしまい心の余裕がなくなるものです。

そんなとき、たまたま見かけたクレジットカード現金化などの方法を見つけて「これだ!」と安易に飛びついてしまうかもしれません。

ですが、実行に移す前に一度考えてみる必要があります。その現金を即日で手に入れる方法は本当に安全なものでしょうか?

現金を即日で作る方法は、内容によっては法的にグレーでリスクが高いものも存在するのです。

お金を得る方法は、できれば安全であることが望ましい。

そこで今回は、現金を即日で作る安全な方法と、利用してはいけない現金化についてご紹介します。

現金を即日で安全に作る6つの方法

現金を即日で調達できる方法はいろいろなものがありますが、トラブルや違法性がない「安全性」を考えると、おもに以下の6つの方法が挙げられます。

入手時間・金額・利用方法」を比較してまとめてみました。

【現金即日で安全に作る6つの方法比較】
  入手時間 入手金額 利用方法
カードローン 最短1時間 1万円以上
  • ネット
  • 店舗
  • 電話
クレカのキャッシング 最短10分 1万円以上
  • ネット
  • ATM
日雇いのアルバイト 最大8時間 数千円~1万円以上
  • ネット
  • 電話
買取りや質預かり 最短即日 1千円~数万円
  • ネット
  • 電話
友人や家族に頼む 早ければ今日中 数千円~数万円
  • 電話
  • 直接相談
ファクタリング(法人のみ) 即日~数営業日後 30万円以上
  • ネット
  • 電話

入手時間入手金額はあくまで目安です。

ではそれぞれの現金を即日で作る安全な方法について、具体的にどのようなものなのか詳しく解説していきましょう。

現金を即日ゲットするならカードローンは早い

今回ご紹介するなかで、数万円以上スピーディーに手に入れるなら、大手のカードローンを利用するのが実際早いです。

法律を守ってお金を貸している大手消費者金融であれば、審査は必要な物のまとまった現金を即日で借りることができるのです。

大手カードローンのなかでも、アコムとレイクALSAはwebから申込めば最短1時間で融資可能。

初回無利息のサービスもあるため、初めての方にとっても便利です。

申込みから融資可能までの流れと必要書類

カードローンでを利用するには、以下の5ステップを踏む必要があります。

申込みから融資までの流れ
  1. 公式サイトで申込
  2. 必要書類を提出
  3. 審査が入る
  4. 契約をする
  5. ATMなどで借入れ

申込みに必要な情報は、個人情報や住居・勤務先の情報など本人確認で必要なものばかり。そこまで時間がかからずに申込みを済ませることができるでしょう。

またカードローンの申込みが終わったら以下の必要書類を用意して提出します。

【カードローンで必要な書類例】
顔写真付き本人確認書類
(いずれか1つ)
  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書など
顔写真付きがない場合
  • 各種健康保険証
  • +住民票などの追加書類
収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 直近の給与明細書
  • 税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書など

基本的に申込み時の必要書類は顔写真付き本人確認書類1点の提出で済みます。ただ希望する借入れ金額が50万円を超える場合は、収入証明書も1点必要です。

スマホなどで写真をとってアップロードするだけですぐに提出可能ですよ。

カードローンで即日融資をするには審査が必要

カードローンで現金の即日融資を受ける前に忘れてはいけないポイントが、審査に通過しなければ融資を受けられないということです。

各カードローン会社の審査基準は公表されていないためあくまで参考程度ですが、おもに審査では以下のポイントが重要になります。

審査で重要な項目
  • 安定した収入(年収額や勤続年数など)
  • 現在の借入れ額(年収の3分の1以下の範囲か)

また、審査の段階では在籍確認という「申告した勤務先で本当に働いているのか」をたしかめるものがあります。

在籍確認の方法は勤務先に直接電話をすることが多いですが、カードローン会社は社名や内容を伏せて確認を取ってくれるので、勤務先に借金を知られる可能性は低いです。

審査に通過し契約が終わると融資可能となり、現金を即日で借りることができます。返済も考えて計画的に利用しましょう。

クレジットカードのキャッシング枠も考えてみる

現金が即日で必要なとき、すでにクレジットカードを持っているならキャッシング枠の利用も便利です。

クレジットカードのキャッシング枠は、カードローンと同じようにATMなどを利用して現金を借りるサービスです。

すでに自分のクレジットカードにキャッシング枠を作っているのであれば、最短10分で借りることができます。

はじめにクレジットカードを作ったとき、同時にキャッシング枠も作っていないか契約書や公式サイトのマイページなどを確認してみてください。

またクレジットカードにキャッシング枠を追加するには、再度審査を受ける必要があるので即日で現金を借りるのは難しいです。

もしクレジットカードにキャッシング枠が付いていないなら、カードローンを利用するほうが早いでしょう。

日雇いバイトも現金を即日でもらえる

現金1万円ぐらい必要というなら、給料支給が可能な日雇いバイトも良いですね。

アルバイトを探すだけなら会員登録は不要なので、まずはサイトにアクセスしてすぐに働けそうな求人をチェックしておきましょう。

ただ現金即日支給が可能なアルバイトは職種が結構限られてきます。たとえばの以下ような仕事が狙い目ですよ。

【現金即日払いが可能なアルバイト例】
職種 給料目安 仕事内容
イベントスタッフ 時給1,200円~ 会場の接客業務、裏方の力仕事など
コールセンター 時給1,300円~ 営業の電話またはかかってきた電話の応対
倉庫内作業 時給1,300円~ ピッキング(梱包)作業
現場作業員 日給10,000円~ 工具などを使って道路などを整備
ドライバー 時給1,200円~ 要免許。トラックや普通車で商品や人を運ぶ
警備員 日給8,000円~ 施設や工事現場などの安全を管理する

自分の適性や体調を考えて、自分にもできそうな仕事を選んでアルバイトを申込むのがよいでしょう。

そしてアルバイトを申込むときは、「現金が即日で支給されるのか?」を確認することが重要です。

給料が日払い支給と書かれているアルバイトでも、実際の給与の支払いは翌日の振込みとなっていることもあります。

給料手渡しのバイトなのか?給料の受取り方法、下調べはしっかりとおこなう必要がありますよ。

現金即日で作るなら買取りや質預かりを利用する手段もある

現金を即日で作るとき遊んでいないゲームや、使っていないブランド品があるなら買取りや質屋に預ける手段もあります。

メルカリなどのフリマアプリを利用して売ることもできますが、現金が即日で手に入らない可能性が高いので、買取り専門の店舗で売るのがおすすめです。

ただし、いくらで買い取ってもらえるかは買取り業者の相場次第なので注意しましょう。

【高額買取りされやすい品物一覧】
新作ゲーム機、新作ゲームソフト、スマホ、パソコン、ブランド品(服、カバン、時計など)、デジタルカメラ、貴金属、楽器、高級家電、車など

車の買取りも可能ですが、現金即日の場合は業者がじっくり査定できなくなるので査定額が低くなりがちです。

また、「売ろうか迷うけど、また必要になるかもしれない」という貴金属やブランド品がある場合は、買取りではなく質預かりを利用するのもよいでしょう。

質預かりとは品物を担保に現金を借りることができるサービスで、借入れ金と利息を支払えば預けたものが返ってきます。

万が一支払いに遅れる場合、支払いをする必要がなくなる代わりに預けたものが返却されなくなるのです。

現金は即日で必要だが預けるものを返してもらえるか心配なら、質屋を利用する前にきちんと返済できるのか考えておきましょう。

【体験談】友人や家族に頼ることができれば現金を即日で借りれる

人を頼ることができれば、審査や手続きなしで希望の金額を即日で借りることができます。

「すでにお願いしたけどダメだった」という場合も、本当に誠意を込めてお願いしたかを考えてみましょう。

お金の教本運営スタッフも実際に家族から3万円を借りたことがあるのですが、友人や家族からお金を借りるために重要なのは、事情を正直に話すことにつきます。

下手な言い訳をするよりも、正直に事情を話すことが大事です。

嘘をつくことで信頼関係が悪化してしまいますし、お金の問題であればなおさらです。

もちろんただ事情を正直に話すだけでなく、以下のポイントに気をつけて、お金を借りるときの具体的なプランについて相手に説明をする必要があります。

友人や家族に頼るときに伝えたいこと
  • いくら借りて何に使うのか
  • いつまでに全額返せるのか
  • 返済するお金を用意する方法

お金を借す側としてはいくら友人や家族が相手でも、具体的な話がなければ「本当に返してくれるのか」と不安になるものです。

ただ「計画的にお金を借りてしっかりと返します」という誠意を見せれば、友人や家族にお金の相談をしても信頼関係が崩れる可能性は低いでしょう。

もしお金を貸してもらえたなら、友人や家族との約束通りにお金を返すようにしてくださいね。

事業者が現金を即日で作るならファクタリング

法人の方に限られますが、数十万円以上の現金が即日で必要なとき、ファクタリングを利用するのも選択肢の一つ。

ファクタリングとは、売掛債権(うりかけさいけん)というものを業者に売って現金化することをいいます。

売掛債権とは、仕事の取引上で発生した「まだ支払いが済んでいないお金(売掛金)」を請求できる権利のことです。

この売掛債権を持っている企業や個人事業主が、ファクタリング業者を利用することで後日貰うはずだったお金の前借りに近いことをすることができるのです。

ファクタリング業者に依頼した場合の流れとしては、以下のようになります。

ファクタリングの流れ
  1. ファクタリング業者と契約
  2. 売掛債権を買い取ってもらい、現金を調達
  3. 売掛金が入ったら、調達した分のお金を業者に支払う

ファクタリング業者と自社の2社間契約を結ぶことで、現金が即日で手に入る可能性が高いです。

ただ、実際に売掛金が入ったときに業者にお金を返済しなければいけないので忘れないようにしましょう。

ファクタリングに興味を持った方は以下の記事で詳しい仕組みや申込めるファクタリング業者を確認してみてください。

現金を即日にゲットできてもグレーな4つの方法

現金を即日手に入れる方法の中には、法的にグレーな方法もあります。

裏技的な方法は便利ですが、安全にお金を手に入れるためにはなるべく避けたほうがよいでしょう。

ここでは、その危険な方法について「危険な理由」や「現金化に向かない理由」を詳しく紹介します。

これから解説する方法はリスクや手間を考えると割に合わないので、できればやらないほうが得策。

やるべきではない現金化方法
  1. クレジットカードの現金化
  2. NP後払い
  3. 携帯キャリア決済
  4. MNPキャッシュバック

クレジットカードの現金化は違法?

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードで購入した品物を買取り業者などに転売して現金を得る方法のことをいいます。

「自分で買ったものなら売るのも自由なのでは?」と思うかもしれませんが、じつはクレジットカードの現金化は、明確に違法とはなっていないものの、違法に値する行為になっているのです。

というのも、本来クレジットカードで買った品物は支払いが終わるまで「クレジットカード会社が所有するもの」という扱いになっています。

そのためクレジットカードで買った「まだ支払いが済んでいない品物」を売ることは、他人の所有物を勝手に売ったということになるので横領罪にあたる可能性があるのです。

クレジットカードの現金化は各カード会社の利用規約で明確に禁止されています。

参照:松谷司法書士事務所 債務整理の関連知識

現金化が発覚したら強制解約だけでなく、今後のクレジットカードの利用が一切できなくなる場合もあるので手を出さないのが賢明でしょう。

NP後払いの現金化もリスクが高い

NP後払いとはネットショッピングなどで利用できる後払いサービスのことで、買った商品を転売すれば現金を即日で作ることができます。

家電量販店などで利用できるショッピングローンのようなものと考えるとイメージしやすいでしょう。

しかし、NP後払いの現金化もクレジットカードの現金化と同じく法律違反に当たる可能性があるので、やらないに越したことはありません。

またNP後払いの利用には審査があり、商品購入後14日以内に購入代金を支払わなければいけないというシステムになっています。

たとえNP後払いをして現金が即日入手できたとしても、支払いに苦しむことになってしまうでしょう。

携帯キャリア決済は利用規約違反

auやドコモなどの携帯キャリアでは、商品の購入代金を電話料金として後払いする「携帯キャリア決済」という支払い方法が利用できます。

携帯キャリア決済で買った品物の所有権は携帯会社ではなく購入者になるので、横領罪になる可能性は低いです。

しかし、携帯キャリア決済をショッピング目的ではなく「現金化が目的で商品を購入した」のであれば、嘘をついて利用したことになるので詐欺罪になる可能性があります。

携帯キャリア決済での現金化が発覚すれば携帯解約もあり得るでしょう。「もうスマホが使えなくなる」と考えると怖いですよね。

MNPキャッシュバックは現金化に向かない

結論からいいますと、MNPキャッシュバックで現金化することは違法ではありません

そもそもMNP(ナンバーポータビリティ)とは、携帯電話番号を変更しないまま他社キャリアに乗り換えること。

つまり乗り換えキャンペーンを利用して、キャッシュバックを受けることがMNPキャッシュバックというのです。

しかし、現金を即日で作るにはMNPキャッシュバックは向いておらず、以下の理由からあまりおすすめできません。

MNPキャッシュバックが向かない理由
  • 携帯購入料金がどちらにせよ必要になる
  • キャッシュバックが即日にならないことも多い

携帯キャリアが変更となるため、契約プランも新しく組みなおすという手間もかかります。

キャッシュバック目的というよりかは、携帯キャリアを変えるという目的でMNPキャッシュバックを利用するのがよいでしょう。

現金化に関するQ&A

ここでは「あの方法は現金化に向いているのか?」といった、お金がないときの手段を探しているときに思いがちな現金化の疑問点に回答しています。

以下の3つの手段について答えているので、確認してみましょう。

Q&Aの内容3つ
  1. ポイントカードは現金化可能?
  2. ポイントサイトは現金化に向く?
  3. 乗車券の回数券は現金化に使えるの?

溜まったポイントを現金化することは可能?

ポイントカードなどに貯まったポイントは、カードによりますが現金化し即日換金できるものもあります。

たとえばTポイントでは、以下のような換金レートでポイントを現金化することが可能です。

Tポイントの場合
1ポイント=0.85円
例.1,000ポイント→850円に換金
※換金までに2週間程度かかる

このように、ポイントを現金化すると少し損をしてしまうので、できるならポイントのまま使うほうがお得です。

さらに、ポイントの現金化は時間が1週間以上の時間がかかることも多いので現金を即日で作る方法としては向かないでしょう。

またDMMポイント等現金化できないものもあります。もともと現金化できないポイントを変換する業者は、違法の可能性が高いので注意しておきましょう。

ポイントサイトは現金化に向く?

ポイントサイトはアンケートやゲームなどをすることでポイントが貯まり、貯まったポイントを現金化することができるサービスです。

特殊なスキルが必要ないので誰でも現金を稼ぐことができますが、1万円以上のお金を得るまでにはかなりの時間がかかってしまいます。

ポイントサイトは数百円といったお小遣い程度の現金化には向きますが、まとまったお金を得るのには向いていないでしょう。

暇つぶし感覚でやる分には悪くない方法です。ポイントを使い現金を即日換金可能なサービスもあるので探してみてもよいかもしれません。

乗車券の回数券は現金化に使えるの?

金券ショップでは新幹線回数券などの乗車券を、販売金額の90%以上という高額買取りをしていることが多くあります。

これを見て「現金化に使えそう」と思うかもしれませんが、結論からいいますと現金化のために乗車券を購入するのはやめたほうがよいです。

先ほども解説した通りクレジットカードで買った商品をすぐに現金化することは危ないことですし、カード会社も乗車券の現金化には厳しい対応をしています。

ただ、自宅に「使わない新幹線の回数券が余っている」というのであれば、金券ショップに売って現金に即日換金してもらうのもよいでしょう。

まとめ:現金を即日で作るならカードローンがスムーズ

現金が即日で必要なときカードローンやクレカのキャッシングなど、作る方法はたくさんありますが、どの方法を試すのか?は慎重に選ぶ必要があります。

クレジットカードの現金化などの「本来の目的と違った使い方をする」方法は、利用規約や違法のリスクが高いため危ないものなのです。

おわりに、今回ご紹介した「現金を即日で安全に作る6つの方法」をおさらいします。

現金を即日で安全に作る6つの方法
  • カードローン
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • 現金即日払いのアルバイト
  • 買取りや質預かりの利用
  • 友人や家族に頼んでみる
  • ファクタリング(事業者のみ)

まずは人を頼りたいところですが、無理だった場合の次の手段として大手カードローンを考えてみてもいいですね、

審査は必要ですが、早ければ1時間程度でお金を借りることも可能なので現金が即日で欲しいときに便利な手段です。

【1時間以内】今すぐお金が欲しい|緊急時に5万円以上手に入れる現実的な方法

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。