カードローンまるわかり!銀行とノンバンクの違いとは?

銀行とノンバンク違いを知れば自分に合うカードローンが選べる!

カードローンは急な出費を補うために利用したり、金銭的に余裕がないタイミングで使ったりすることに便利な仕組みです。

審査に通過すれば、必要なタイミングでいつでも気軽に使え、借り入れにも時間はそれほどかかりません。

そのため、正しい使い方と特徴を理解しておけば、生活の質をより高めてくれるでしょう。

しかし、いくら興味はあっても、詳しく知らないままで利用を始めるのには抵抗があるという人も少なくはないはずです。

カードローン会社には、銀行系・消費者金融系・信販会社系の3つがあり、それぞれで異なった特色を持っています。

カード会社によって金利や審査時のポイントなどが異なるため、事前に知識を備えておくことは大切です。

ここでは、銀行とノンバンクの違いも含めて詳しく解説します。

意外と知らないノンバンクの定義とは?

ノンバンクとは、その名の通り、銀行ではない金融機関のことを指します。

この「銀行ではない」というのは、一言で表すと「預金サービスを扱っていない」という意味に置き換えられます。

つまり、ノンバンクは、預金サービスを行わずに融資のみを取り扱う会社と捉えておいていいでしょう。

したがって、一般的な銀行はもちろん、信用金庫や信用組合、JAも預金サービスを行っているという点でノンバンクではありません。

融資を取り扱っていても、こちらがお金の預け入れをできるという点で、銀行としての機能を持っていると判断されるのです。

それに対して、ノンバンクに当てはまるのは消費者金融会社や信販会社、クレジットカード会社などです。

これらの会社は、融資をしてくれる場所ではあるものの、預金ができるわけではありません。

また、中小企業を対象としたリース会社や銀行系消費者金融もノンバンクに当てはまります。

さらに、銀行とノンバンクでは適用されている法律が異なり、銀行は「銀行法」、ノンバンクは「貸金業法」をもとに営業を行っています。

ノンバンクは利用者の預金は取り扱わず、借り入れのみができる会社だと覚えておきましょう。また、銀行系カードローンとノンバンクのカードローンでは、適用される法律が違うことにも注意をしておいてください。

スピード融資ナンバーワン!消費者金融カードローンのメリットとは?

消費者金融系カードローンには、大きく分けて3つのメリットがあります。

1つ目の特徴は、融資のスピードが速いという点です。

消費者金融の場合、審査がスムーズに進めば、最短1時間で融資を受けることも可能です。

これは、そのほかのカードローンと比べると格段に速いと言えるもので、消費者金融系カードローンだけにしかない大きな魅力となっています。

「今日、明日にもお金が必要」といった緊急事態には、とても役立つはずですよ。

2つ目のメリットとしては、無利息サービスがあることが挙げられます。

大手消費者金融の一部は、初回の利用者に対して、一定の期間内に返済をすれば利息がつかないというサービスを行っています。

そのため、少額の借り入れですぐに返済ができるものに関しては、こちらを利用すれば金利がつかない状態で融資を受けることができます。

3つ目の特徴は、携帯電話アプリなどのサービスが充実していることで、なかにはインターネット上で申し込みから借り入れまで完結できるところもあります。

最大のネックは金利の高さ?消費者金融のデメリット

手続きに時間がかからず、審査も柔軟で便利な消費者金融系カードローンですが、利用するうえではデメリットも存在していることを知っておく必要があります。

まず、何よりも気にしておかなければならないのは金利の高さです。

消費者金融系カードローンはほかのカードローンと比べても、平均して2~3%ほど金利が高い傾向にあります。

そのため、借入額が大きければ、それだけ返済の負担も増えてしまうでしょう。

少しの違いとはいっても、返済の負担が大きくなってしまうのは明確なデメリットだと言えます。

また、消費者金融には貸金業法によって「総量規制」が適用されています。

これは、原則として年収の3分の1を超える融資ができないという決まりで、利用者の借り過ぎを防止するために定められています。

つまり、利用者の収入によってカードローンの限度額に制限がかかり、満足のいく融資が受けられない場合があるということです。

消費者金融系カードローンは、審査の柔軟性が高く融資スピードに優れていて、借りやすさに重点が置かれています。それだけに、金利は高めに設定されていることが多く、借り過ぎてしまわないように注意が必要なサービスとも言えるでしょう。

人気の消費者金融業者はここ!

さまざまなメリットとデメリットを持つ消費者金融系カードローンであるものの、取り扱っている会社によっても特徴は少し異なります。

プロミス

プロミスの場合、金利は年「4.5~17.8%」で、限度額は500万円となっています。

審査時間は最短30分で、融資までのスピードも最短1時間です。

申し込みには来店が不要で、すべてをインターネットで完結させられるうえ、カードや郵送物がないのが最大の特徴です。

つまり、インターネットの管理にさえ注意を払っておけば、家族や周りの人に借り入れがバレる心配をせずに利用できるということです。

詳しくはこちらの記事で解説しています。「無利息期間を無駄なく使える!低金利でプロミスを利用できる理由」

アコム

アコムの場合は、金利が年「3.0~18.0%」で、限度額は800万円となっています。

こちらも融資までのスピードは最短1時間で、手続きをインターネットのみで完結させられます。

30日の無利息期間があるのが大きな特徴で、短期で返済ができる場合には利用者に有利な会社です。

詳しくはこちらの記事で解説しています。「アコムのことから借り方までまとめて解説!はじめてでも安心です」

アイフル

アイフルの場合も、金利は年「3.0~18.0%」で限度額は800万円となっていて、融資スピードや無利息期間についてもアコムと違いはありません。

ただ、こちらはプロミスと同じように郵送物がないことが特徴です。

SMBCモビット

SMBCモビットも金利は年「3.0~18.0%」で限度額は800万円であり、アコムやアイフルと変わりはありません。

ただ、10秒で簡易審査結果表示してくれる点と、セブン銀行ATMで24時間借り入れられることが大きな特徴となっています。

種類が豊富!信販会社のメリット

信販会社とは、一言で表すと信用供与をする会社です。

信用供与とは融資や立て替え、借り入れ時の保証などを指し、利用者が大きな買い物をする際などに役立っています。

また、預金の受け入れをしているわけではないので、信販会社はノンバンクにあたります。

信販会社はさまざまな業務とともにカードローンの取り扱いも行っていて、これにはほかのカードローンにないメリットと言えます。

まず、信販系カードローンは種類が豊富で、利用者それぞれの細かな事情に合わせて選ぶことができます。

そして、一部の会社では銀行カードローンよりも低金利のものも取り扱っていて、うまく利用すれば利息総額を抑えることができるでしょう。

また、信販系カードローンでは特定の口座を開設する必要がないため、スムーズに利用の手続きを済ませることが可能です。

借り入れのために新しくキャッシュカードを持つこともないため、管理も最小限で済み、利用者にとっては安心感のあるサービスとなっています。

さらに、提携ATM数が充実していて、なかにはコンビニエンスストアや都市銀行だけではなく、地方銀行のATMが利用できるものもあります。

審査に関しても、クレジットカードの利用実績があれば有利に働くため、人によっては使いやすいカードローンだと言えるでしょう。

審査が甘いはうそ?信販会社のデメリット

種類が豊富で使いやすい信販系カードローンですが、利用する際にはデメリットも理解しておく必要があります。

信販系カードローンの場合、クレジットカードの利用実績が優れていれば審査で有利になるのは確かですが、それでも審査そのものには時間がかかってしまいます。

申し込みから契約までに郵送での手続きが必要となるため、基本的には実際に融資を受けられるまでに1週間程度かかると考えておきましょう。

そのため、いくらサービスに魅力を感じても、即日融資を希望している人には不向きなカードだと言えます。

さらに、ATM手数料が自己負担になる場合が多いため、頻繁に利用する人にとってはデメリットとなるでしょう。

また、信販会社は貸金業法に基づいて事業が行われているため、融資が総量規制の対象となります。

そのため、年収によって限度額に制限がかかってしまう点にも注意が必要です。

信販系カードローンは便利なサービスや金利の低さが魅力的である反面、審査に時間がかかる点がデメリットとなっています。そのため、どちらかというと、中長期でお金を借りたいと考えている人におすすめのカードローンだと言えますね。特に、普段クレジットカードを使っている人は、この機会に利用を検討してみるといいでしょう。

代表的な信販系カードローン会社

信販系カードローンには多くの種類があり、取り扱っている会社によって特徴も異なります。

三井住友カードゴールドローン

三井住友カードゴールドローンは、金利が年「3.5~9.8%」で限度額は700万円です。

何よりも金利の低さが大きな魅力となっていて、これは銀行系カードローンと比べても優れた数字だと言えます。

セディナカードローン
セディナカードローンは上限金利が年18.0%で、限度額は200万円となっています。

信販会社としては珍しく7日間の無利息期間が設けられているため、短期で返済ができる場合には便利なカードです。

CREST(クレスト)

CREST(クレスト)は株式会社オリエントコーポレーションが発行しているカードローンで、金利が年「4.5~18.0%」、限度額は500万円となっています。

信販系カードローンのなかでは審査時間の短さが最大の特徴であり、最短で25分となっています。

クレディセゾンマネーカード

クレディセゾンマネーカードは、金利が年「8.0~17.7%」で限度額は100万円となっています。

しかし、ゴールドカードの審査に通れば限度額が増額され、金利も最低で年6.47%まで下がるようになります。

三菱UFJニコスローンカード

また、三菱UFJニコスローンカードは、三菱フィナンシャルグループであるニコスが発行しているカードローンで、金利が年「6.0~17.6%」で限度額は500万円となっています。

信頼度ナンバーワン!銀行系カードローンのメリット

銀行系カードローンは、何よりも金利の低さが大きなメリットだと言えます。

一般的なカードローンのシステムにおいては、限度額が高くなるほど金利が下がるため、少額の利用では18.0%近い金利がかかってしまうことになります。

それに対して、銀行系カードローンは限度額が低くても金利が15.0%以下に抑えられていることが多く、消費者金融系と比べると有利な条件で融資が受けられます。

また、銀行は銀行法に基づいて事業が行われているため、融資も総量規制の対象には入りません。

2017年以降は自主的な規制を設けている銀行も増えているため、過度な期待はできませんが利用者の事情に合わせて限度額にはある程度の融通が利きます。

複数の借り入れをしている利用者は、おまとめローンによって借金を一本化することもできるため、金利の負担が軽くなったり毎月の返済額を抑えたりすることも可能になるのです。

銀行系カードローンのデメリット

金利の安さが魅力の銀行系カードローンですが、利用にあたってはデメリットもあります。

まず、銀行系カードローンには、消費者金融で行っているような無利息サービスはありません。

そのため、たとえ短期で返済をしたとしても、利息分をきちんと支払う必要があります。

さらに、基本的な審査に時間がかかってしまう点も利便性を落としている要因だと言えるでしょう。

審査が下りてから、カードを受け取るまでの流れを踏まえると、融資を受けられるまでに1週間以上かかってしまう場合も少なくはありません。

また、銀行系カードローンの即日融資については、以前から審査条件が厳しいといわれていたものの、2017年以降大きく流れが変わっていきました。

2017年9月15日付の産経新聞では、審査の段階で利用者の情報を警察庁のデータベースに照会する仕組みを導入するため、即日融資が取りやめになる見通しであると報じられています。

そして、この仕組みがその後実際に導入されたため、2018年の1月からは即日融資そのものができなくなりました。

ですから、融資スピードという点では、消費者金融系カードローンより劣ってしまうと言えるでしょう。

このように、銀行系カードローンは審査に時間がかかってしまう点がデメリットとなっています。

しかし、限度額の大きさなどほかのカードローンにはない魅力もあります。そのため、長期間の融資を見込んでいる人や大きな金額を低金利で借り入れたいと考えている人は、検討してみるといいでしょう。

代表的な銀行系カードローン会社

銀行系カードローンにもそのほかのカードローンと同じようにさまざまな種類があり、それぞれが異なる特色を持っています。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、金利が年「2.0~14.0%」で、限度額は800万円となっています。

大口の融資にも積極的であり、審査結果次第では初回契約時から100万円以上の借り入れが可能な場合もあります。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは、金利が年「1.7~17.8%」で、限度額は800万円となっています。

利用にあたって新たに口座を開設する必要がなく、手続きをスムーズに進められるのが特徴ですが、利用者の希望に添えるように丁寧な審査をしてくれるために融資まで時間がかかることもあるようです。

詳しくはこちらの記事で解説しています。「独特な審査システムが特徴!オリックス銀行カードローンとは?」

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、金利が年「1.9~14.5%」で限度額は800万円です。

銀行系カードローンのなかでは、パートやアルバイトの人でも審査を受けられる可能性があるところが最大の特徴となっています。

バンクイック(三菱UFJ銀行)

バンクイックは、金利が年「1.8~14.6%」で限度額は500万円です。

このカードローンは、楽天銀行カードローンのようにパートやアルバイトの人でも審査に通る可能性がある点が大きな特徴だと言えるでしょう。

住信SBIネット銀行カードローン

また、住信SBIネット銀行カードローンには2つのコースがあり、それぞれ金利と限度額が異なります。

スタンダードコースでは年「8.39~14.79%」の金利と300万円までの限度額が定められていますが、プレミアムコースでは金利が年「0.99~7.99%」まで下がり、限度額も1200万円と高くなっています。

これらのコースは、申込者本人が選べるわけではなく、住信ネット銀行側の審査によって振り分けられています。

カードローンの選び方とは?

カードローンを選ぶときには、利用者がどれだけの融資を希望しているかを明確にする必要があります。

カードローン会社によって融資限度額には大きな違いがあるため、下調べをせずに申し込んでしまうと希望の金額まで借り入れられないという事態が起こる可能性もあるのです。

また、借り入れを希望する金額によって、審査のために必要な書類が変わることも覚えておきましょう。

消費者金融や信販会社などのノンバンクで融資を希望する場合、金額50万円を超えたときには身分証明書だけでは借り入れが認められません。

貸金業法によって収入証明書の提出が求められてしまうため、新たに書類の準備が必要となります。

ただし、銀行系カードローンにおいても、原則として提出が義務付けられているわけではないものの、金額によって収入証明書類を求められる場合が増えています。

金利は低ければ低いほど良い!金利で差がつく返済計画

さまざまなカードローンを比べるなかで、それぞれの特徴として金利を取り上げてきました。

金利が低ければ低いほどカードローンに対する評価が高まるのが一般的であるものの、基本的には「%」表記なので、あまり実感として違いがわからない人もいるでしょう。

そこで、アコムが公式に行っている返済シミュレーションを使い、30万円を借り入れたときに年率15%と18%でどれほどの差が生まれるかを確かめてみました。

なお、返済は毎月2万円ずつ行い、延滞はないものとして計算しました。

すると、年率15%の場合は計17回の返済が必要となり、最終的に支払う総額は33万4311円になります。

つまり、3万4311円が利息分にあたるということです。

それに対して、年率18%の場合は、計18回の返済が必要となります。

そして、返済のために支払う総額は34万2404円です。利息分は4万2404円にあたり、年率15%のときと比べると1万円近く多く支払っていることになります。

ここからもわかる通り、たとえ3%の違いであっても金額にすると大きな差が生まれるということを理解しておきましょう。

収入の有無と貸し付け条件を確認!

専業主婦など本人に所得がない融資希望者の場合でも、カードローンを利用することは可能であるものの、申込先の金融機関は大きく制限されてしまいます。

なぜなら、ほとんどの大手消費者金融を始め、ノンバンクのカードローンでは本人の収入が重要な審査基準となっているためです。

ですから、専業主婦でカードローンを作ろうとするときには、申し込む前に利用規約を読む必要があります。

それに対して、銀行系カードローンでは、専業主婦の利用を認めている場合も少なくはありません。

なぜなら、そうした銀行系カードローンでは、本人以上に世帯としての収入を重視する傾向があるためです。

専業主婦として生活が成り立っている時点で、配偶者に一定以上の収入があるとみなされるため、本人に所得がなくても十分に審査を通過する可能性があるでしょう。

ただし、審査では収入だけでなく過去の信用情報も調べられます。

そのため、複数の借り入れをしていたり返済に遅延があったりした場合には、それだけでも審査で不利になってしまう場合があるので気をつけてください。

カードローンの審査では、申込者の収入や返済能力によって、融資してもらえる限度額も決められます。そのため、自分の所得を把握して、無理のない借り入れと返済ができる業者を選ぶのが大切ですね。

カードローンを借りるには審査に通過することが条件!
各カードローンにおいても共通しているのは、利用するために審査を通過する必要があるということです。

それぞれ重要とされる項目に違いはありますが、個人の信用情報と職業や勤務先などの収入に関する情報は結果を大きく左右すると言えるでしょう。

利用者の返済能力を直接的に示すデータなので、いずれのカードローンにおいても申し込みの際には正確に記入する必要があります。

また、意外と見落としてしまいがちですが、勤続年数も見られていることを覚えておきましょう。

勤続年数が長ければ長いほど、仕事が安定しているという証明になるため、転職直後では不利になってしまう場合があります。

さらに、他社での借り入れ状況なども審査の基準に入ります。

利用者の借り過ぎを防ぐために、すでに多くの借り入れがある人は審査に落とされてしまう可能性もあるのです。

また、カードローンの審査で求められる書類は、基本的に本人確認書類のみです。これには、運転免許証や各種健康保険証、パスポートなどが当てはまります。

ただし、借り入れ希望額が50万円を超える場合には、収入証明書類の提出を求められることがほとんどですのでご注意くださいね。

まとめ

カードローンはとても多くの種類があり、それぞれに細かく特徴が分かれているため、自分に合ったものを選ぶことができればとても便利な商品です。

しかし、自身の状況をきちんと把握できていなかったり、収入に見合っていないものを選んだりすれば、うまく活用することは難しくなってしまいます。

ですから、カードローンを選ぶときには、利用の目的だけではなく自分の年収や信用力もしっかりと見つめることが大切です。

無理なく確実に返済できる借入先を選び、コツコツと利用の実績を積んでいけば、利用者の信用度をさらに高めることができるでしょう。

そうなれば、審査によってはより有利な条件で融資を受けられるようにもなるため、活用の幅が広がっていくはずですよ。

 

おすすめキャッシング

アコム

業界利用者数No.1のカードローン

アコム

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
ベルーナノーティス

初めての方も専業主婦の方も満足できるキャッシング

ベルーナノーティス

実質年率
4.5%~18.0%
利用限度額
1万円~300万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
※お申込みの時間帯によっては翌日以降となる場合がございます
レディースフタバ

フタバの女性専用キャッシング

レディースフタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

当サイトでは、お金を借りるときのルールと、便利な使い方。各種お得なポイントの貯め方などお金に関する知識を幅広く提供していきます。
いまいち消費者金融の仕組みが分からない。クレジットカードの細かいルールが曖昧など、いろんな悩みを解決していきます。
今まで知らなかったお得なお金の豊富な知識をみなさんに提供し、キャッシングを便利なサービスとして利用してもらえるお手伝いをいたします。