お金がない!改善するために【今】試せる現実的な対処法

お金がないときは、誰でも焦りや不安の気持ちでいっぱいになってしまうものです。しかし、そのような経験をバネにして人生を好転させた人は数多くいます。現時点でお金がないことを悲観する必要はありません。

大事なのは悲観することではなく、適切な対策を知って実行することです。また、これから先同じ問題が起きないように、生活の改善を目指すようにしましょう。

お金がなくなったということは、これまでのあなたの人生に「何か問題があった」ということかもしれません。

労働意欲の欠如や見栄を張ってしまう性格など、問題の内容は人それぞれでしょう。しかし、その状態をずっと続けるより「早くに気づいた」ことはよいことですね。

みなさんこんにちは!金融関係のコラムを書いている経済評論家の湯銭孝志ゆぜにたかしと申します。

この記事ではこうした根本的な部分の改善も考えつつ、目の前の問題に対処する具体的な方法もお伝えしていきます。

そもそもお金がない原因って何?

お金がない原因は主に下の3つがあります。

・急な出費(病気・ケガ・冠婚葬祭)

・無駄使い

・収入が少ない・収入がない

急な出費(病気・ケガ・冠婚葬祭)

家計をギリギリでやりくりしていた場合、急な出費があると資金繰りが滞ってしまいます。急な出費の原因は主に病気・ケガ・冠婚葬祭などがありますが、それぞれで必要になる金額を見てみましょう。

病気

病気で入院した場合、必要な入院費は1日平均19,800円です。ほぼ2万円と考えると、1カ月の入院で約60万円かかります。これは「入院費のみ」で、治療費・手術費などは別途必要です。

ケガ

ケガの治療費は症状によってさまざまです。たとえば背骨の骨折と指の骨折では、必要な金額は大きく違います。背骨の骨折の場合、60歳以上では平均77万6000円が必要になります。手の指の骨折の場合、1本だけなら4~12万円程度が目安です。

冠婚葬祭

冠婚葬祭の費用で「急に必要」になるのは、主に葬儀代と結婚式の参加費用です。それぞれの目安は下のようになります。

・葬儀代…120万円

・結婚式の参加費用…5~10万円

結婚式のご祝儀の相場

・友人…3万円

・上司…3.8万円

・親族…6.5万円

これに新幹線などの交通費、美容院代やドレス代、ホテルの宿泊費なども入れると、5~10万円になる計算です。

無駄遣い

無駄遣いでお金を借りる人は、全体の約半分。これは、日本貸金業協会の2016年発表の資料から読み取ることができます。個人の借入利用者の47.9%が、資金使途を「趣味・娯楽」と回答しています。趣味や娯楽にお金を使うこと自体は無駄遣いではありません。

しかし、借りたお金を注ぎ込むのは無駄遣いといえるでしょう。

収入が少ない・収入がない

低収入の1つの基準として「貧困線」があります。簡単にいうと「年間可処分所得が120万円以下」という基準です。2015年にこの貧困線を下回った世帯は15.6%でした。「日本人の6人に1人が貧困」といわれる根拠となるデータです。

(正確には貧困線は「等価年間可処分所得」で決定します。また、金額は毎年微妙に増減します)

お金が貯められない人の特徴とは?

お金が貯められない人には、下のような特徴があります。

・収入と支出の状況を把握していない

・お金に対して無計画

・貯金の目標がない

・貯金していない

・ギャンブルが好き

・お酒・タバコをやめられない

・金遣いが荒い・無駄な買い物をする

収入と支出の状況を把握していない

この点は、ファイナンシャルプランナーの柴垣和哉氏も、大手ネットメディアによる取材で指摘しています。「貯金ができていない人は毎月の収支を把握していないことが多い」ということです。

また、柴垣氏はその原因として「クレジットカードの使いすぎで当月の支出がわかりにくくなっている」ことをあげています。

お金に対して無計画

「ファイナンシャルプランナー(FP)」という言葉は、直訳すると「お金の計画を立てる人」となります。FP技能士は国家資格で、資格名の決定には国も関わっています。国も関わった審議で「アドバイザー」ではなく「プランナー」という言葉が採用されたわけです。

このことは、お金を貯めるために「計画」が必要なことが示されています。

貯金の目標がない

お金が貯まらない人は、貯金に関する現実的な目標を持っていないことが多いものです。「貯金が1000万円欲しい」などの漠然とした希望は持っています。しかし「今月5万円貯金を増やす」などの現実的な貯金の目標は、立てていないことが多いのです。

貯金していない

これは「目標がない」という点と「鶏と卵」のような関係になっています。「目標がないから貯金をしない、貯金をしていないから目標をイメージできない」ということです。

マラソンをしたことがないのに、マラソンに関する目標を立てることはできません。貯金の目標も「実際に貯金を始める」ことで生まれます。

ギャンブルが好き

ギャンブル依存症の疑いがある人は、日本に約70万人います。そして、この人々が1カ月にギャンブルに使う平均金額は約5.8万円です。これを年間で計算すると69.6万円で、約70万円となります。

この人々の平均年齢は46.5歳で、46歳の平均年収は470万円~530万円程度。中間を取ると「平均年収500万円」となります。この年収だと、70万円は「約2カ月分の給与」に当たります。

ギャンブルに依存している人は、毎年2カ月タダ働きをしている計算になってしまうのです。

お酒・タバコをやめられない

依存性の強いお酒・タバコなどの嗜好品は貯金の妨げとなります。実際にお酒代やタバコ代でどれほど損しているのかを見てみましょう。

お酒代

アサヒビールの調査によれば、1カ月のお酒代(ここではビール代)は、買い方によって下のように変わります。

・1本ずつ買う人…約6割が「3000円未満」

・箱買いする人…約6割が「3000円~1万円未満」

単純に比較すると「箱買いする人の方が3倍高い」わけです。逆に考えれば「箱買いをやめれば3分の1になる」ともいえます。1本ずつ買うと値段は高くなりますが、その分買う量が減ると推測できますね。

タバコ代

毎日1箱吸っていたら、タバコ代は生涯で1000万円を超える可能性があります。ファイナンシャルプランナーの小澤美奈子氏の統計では、下の条件で1026万円にもなっています。

・2018年時点で40歳

・20歳~82歳まで吸う

・毎日メビウス1箱

公的機関による資料でも、これに近い数値が出ています。岐阜県関市の試算で「1日1箱吸うと10年で約150万円」というものです。

この計算では「60年で900万円」となります。1日1箱タバコを吸うと、生涯で900~1000万円を払うということです。

金遣いが荒い・無駄な買い物をする

ファイナンシャルプランナーの二宮清子氏は、「衝動買いが貯金の阻害要因になる」ことを指摘しています。株式会社マーシュのアンケート調査によれば「衝動買いをよくする・たまにする」日本人は約7割です。

平均的な頻度でセールなどの情報に触れると、どこかで衝動買いをする確率が70%あると考えることもできます。

お金がないときの過ごし方のすすめ

お金がないときの有意義な過ごし方は、たとえば下のようなものがあります。

・図書館で過ごす

・無料のサービス・ものを使う

・デートは無料のスポットにする

図書館で過ごす

図書館は本や新聞・雑誌を読めるだけでなく、視聴覚コーナーでDVDやCDの視聴もできます。全国の公立図書館には、数多くの個人用ブースに加え、家族ブースを完備しているところもあります。

サイクリングコース

たとえば小田原市の酒匂川左岸サイクリング場は、場所代も自転車のレンタル料金も無料です。自転車は通常タイプだけでなく、動物型の変わり種のものなどもあります。

地域のスポーツジム

地域のスポーツジムやトレーニングルームも、条件つきで無料で使うことが可能です。たとえば世田谷区の尾山台地域体育館は、平日12時~13時の利用が無料となっています。その他の時間帯でも、大人120円・小中学生50円と、一般のスポーツジムと比べると極端に安い料金設定です。

デートは無料のスポットにする

無料で楽しめるデートスポットは、意外にクオリティが高い所が多いのです。日本全国に、そういうスポットは星の数ほどありますね。その、ほんの一部を紹介しましょう。

・大阪府民の森・ほしだ園地「星のブランコ」

・崎陽軒 横浜工場

など

お金がなくても幸せになる方法はある?

人によって価値観は千差万別ですから、何を「幸せ」と感じるかはさまざまですが、一般的に、お金がなくても生活を充実させる方法は、たとえば以下のようなものがあります。

・無料ブログを始めてみる

・物価が安い海外に移り住む

・お金のかからない趣味を始める

無料ブログを始めてみる

無料ブログで、自分の感情を言葉にして吐き出すことは、いいストレス発散になるものでしょう。また、お金がない状態は必ずしもマイナスではなく、お金がある人には書けない記事が書けるというプラスの面もあります。

ブログのランキングサイトでも「節約」「借金返済」など、お金がない人の方が有利なカテゴリもあります。

無理にランキングの上位を狙う必要はありませんが「お金がないことがプラスになることもある」と実感できる方法の1つでしょう。

物価が安い海外に移り住む

物価が安い外国に住めば、生活費を抑えながらもさまざまな刺激を得ることができます。物価の安い国での日本人の生活費の目安は下記の通りです。

・モルドバ…約5万円

・カンボジア…約8.5万円

・ベトナム…約11万円

特にモルドバは2016年にmsnが紹介した「生活費が安い都市ランキング」の第1位に選ばれています。外務省のサイト上の情報でも治安が良好で、ワインの国として知られる自然が豊かな国です。

長期滞在のビザさえ取得できれば、安い生活費で豊かに暮らすにはおすすめの国といえるでしょう。

お金のかからない趣味を始める

趣味を持つと精神面で生活が豊かになるものです。お金のかからない趣味は下のようなものがあります。

・散歩

・読書(図書館を利用)

・ヨガ・ストレッチ

・ジョギング、筋トレ

・囲碁、将棋

特にヨガやジョギングなど運動をするものは、体を健康にしてくれるメリットもあります。囲碁や将棋はネットで世界中から相手を探せますし、市民センターなどで将棋盤を無料で借りることもできます。

【お金がないときのNGな行動1】ギャンブル

ギャンブルはお金がなくなる原因の最たるものです。お金がある時でも控えるべきですが、特に経済的に逼迫している時にギャンブルに手を出してはいけません。

ギャンブルといえば、パチンコやスロットなどのアミューズメント系や、競馬や競輪、競艇などのスポーツ系を連想する人が多いでしょう。

しかし、宝くじで大きな金額が当選することは「ほぼゼロ」といっても過言ではありません。ある試算では「観客が満員になった東京ドーム約222個から1人が選ばれる確率」とされています。

これでは「当選確率はほぼ0%」ですし、通常は平均3000円払って300円が返ってくる程度の少額当選しかありません。

宝くじはみずほ銀行なども積極的に販売しているためクリーンなイメージがありますが、実際には、ある面ギャンブル性が高いのです。

宝くじも含めて、お金がないときにギャンブルに手を出すことは避けましょう。

【お金がないときのNGな行動2】借金をする

資金繰りに行き詰まって、さらに借金をするのはよくあるパターンです。しかし、これはやってはいけません。

現時点で借金が必要ということは、すでに今の月々の支払いが「自分の収入の限界」を超えているということです。

そこにさらに「新しい借金の返済」が加わります。単純に数学的に考えれば「返済は無理」というのがわかるでしょう。

一方「おまとめローン」によって借金を一本化して返済しやすくするのはよいことです。ローンの金利は借入総額が同じであれば、1社からの借入金額が多いほど低くなります。

そのため、バラバラの借入を1つにまとめることで、総額は同じでも全体の利息負担が小さくなるのです。

毎月の返済日も1日だけになり、返済にかかる手間やストレスも減ります。

このようにおまとめローンの利用はメリットが多いものです。複数の借入がある場合は、おまとめローンによる一本化も検討してみましょう。

【お金がないときのNGな行動3】支払いの滞納

経済的に苦しい時は、クレジットカードや各種ローン、税金などの支払いを滞納してしまうことがよくあります。

しかし、これらの支払いを滞納することは危険です。クレジットカードや各種ローンの場合、状況によっては利用残高の一括返済を求められることもあります

また、個人信用情報に傷がつき、その後の生活でも悪影響が出ることもあります。税金の滞納は、よほど長期間でなければ差し押さえまではされません。

しかし、延滞税は発生しますし、カードやローンの残債と違い、自己破産をしたとしても支払い義務があります。

どの種類の支払いにしても滞納はすればするほど危険な状態に陥ってしまうので、くれぐれも避けるように努力しましょう。

【お金がないときのNGな行動4】無駄遣い

無駄遣いはお金があってもするべきではありませんが、お金がないときはなおさらです。

しかし、意外にも「お金がないときに無駄遣いをする」人は少なくありません。理由は「経済的に行き詰まるとストレスが溜まる」ことにあります。

ストレスが原因でお酒やタバコの量を増やす、衝動買いをするなどの無駄遣いをしてしまうのです。

特に女性では借金をしてまで、高級なブランド品を買ってしまうなどのケースが見られますが、このような浪費は絶対に避けるようにしましょう。

【お金がないときのNGな行動5】無駄な時間を過ごす

お金がないときは、わずかな時間でも無駄にせず、生活改善のために有効活用するべきです。家計を見直して節約する工夫を考える、収入を増やすなどの努力をしましょう。

家にある不用品をすべてオークションやフリマ等に出品すれば、数万円程度になることもあるでしょう。

また、不用品が減れば整理整頓もしやすくなり、生活がより快適になるものです。収入を増やす方法については、たとえばネットでできる副業などもあります。

【お金がないときのNGな行動6】貯蓄をしない

「経済的に苦しいから貯蓄をしない」というのは避けるべきです。経済的な余裕がなければ、確かに貯蓄は難しいでしょう。

しかし、それで貯蓄をせずにいると、万が一、病気やケガなどのトラブルが発生した時に、致命的な打撃を受けてしまいます。

切り詰められる部分をできるだけ切り詰めて、少しでも貯蓄をするようにしましょう。

【お金がないときのNGな行動7】生活スタイルを改善しない

現時点でお金が不足しているということは、これまでの生活スタイルが経済的にどこかが間違っていたと考えられます。

習慣は人間の行動の40%を占めているとされており、これを変えるのは難しいものです。

しかし、逆に言えば「正しい習慣」が身につけば毎日の40%を「無意識のうちに正しく過ごせる」ということもできます。

経済的に苦しい状態は生活の習慣を改善するよい機会だと思い、無駄遣いなどの悪習慣を一つずつ正していきましょう。

【お金がないときのNGな行動8】リボ払い

カードローンやクレジットカードでの借り入れがある場合、支払い方法にリボ払いを設定することは避けましょう。

リボ払いでは完済までの時間がかかり、支払う利息の総額も大きくなってしまいます。100万円未満の借り入れでのリボ払いの金利は、ある大手消費者金融のカードローンでは実質年率18.0%です。

クレジットカードのショッピングについては、百貨店でお得に使えるとあるカードは、実質年率15.0%となっています。

とくに、クレジットカードのショッピングは翌月一括払いだと利息が発生しません。

つまり、1年間に同じ金額の買い物をする場合、常に一括払いの人とリボ払いの人では、クレジットのショッピングで使う年間の支出が15%違うということです。

【お金がないときのNGな行動9】「お金がない」が口癖

金銭的に苦しい時「お金がない」が口癖になってしまう人は少なくありません。

しかし、このような口癖を持っていると「お金に嫌われる」と思うようにしましょう。マザー・テレサの言葉とされる有名な格言で「思考に注意しなさい」というものがあります。

短い格言ですが、隠された意味は「思考が言葉になり、言葉が行動になり、行動が習慣になり、習慣が人生になる」というものです。

「お金がない」という口癖が、そのまま計画性や向上心のない行動になり、習慣化して自分の人生になってしまいます。そのような悪循環を避けるために、まずは「言葉」から変えるようにしましょう

お金がない人が生活を変えるためにすべきこととは?

お金がない人が生活を変えるためにすべきことは、主に下の2点です。

・確実に貯蓄できるような工夫をする

・収入を増やす方法を考え実行する

確実に貯蓄できるような工夫をする

この具体的な方法の1つとしては「積立定期預金」があります。積立預金と定期預金が一体化したものです。積立なので、毎月少額から始めることができます。また、定期預金なので解約も難しいものです。

つまり、お金が「入りやすく出にくい」仕組みといえます。貯蓄の習慣をつける上で最適のサービスといえるでしょう。こうしたサービスによって貯金が癖になれば、あとは自然にお金がない状態を脱出できます。

収入を増やす方法

収入アップの方法としては、主に下の3つが考えられます。

・転職

・昇格

・副収入を得る

【お金がないときの対処法1】不用品を売却

お金が必要なときに、すぐに現金を手にできる方法の1つが不用品の売却です。リサイクルショップや質屋などで買い取ってもらえば、当日中にお金が手に入ります

ただ、これらの方法では買い取り価格が少々安くなるものです。少し時間と手間がかかってもいいなら、「ネットオークション」や「フリマ」に出品するのがいいでしょう。

フリマアプリを使えば商品の撮影から出品まで簡単にこなせます。リサイクルショップなどに行く前に、どのくらいの値段で売れるか一度試してみるのもいいでしょう。

お金がないときの対処法2】短期アルバイト

目先の支払いなどに困った時には日雇いの短期アルバイトをするのもいいでしょう。日雇いの仕事は給与を即日もらえるため「急ぎでお金が必要」という場面でも役立ちます。アルバイトをする時間と労力があるなら特に有効な選択肢といえるでしょう。日給や支払いのルールは求人によってそれぞれです。しかし、中には「日給8000円~1万8000円で翌日全額振り込み可能」などという条件の求人もあります。

【お金がないときの対処法3】副業

会社員として働きながら、毎月お金がなくて困っている場合、副業で収入を増やすのも効果的です。

ただし、会社の規定で副業が禁止されている場合は、問題が起こる可能性があるため、避けたほうが無難でしょう。

公務員の副業については、神戸市や奈良県生駒市などを中心に、徐々に解禁の動きが起きています。

今後は公務員でも副業によって収入を増やすことが以前より容易になっていくでしょう。

【お金がないときの対処法4】支払いを減らす

すでに各種ローンやクレジットカードなどの支払いがある場合、毎月の支払い額を減らすことで、一時的に負担を軽くすることができます。

たとえばクレジットカードの支払いで「来月の一括払いは厳しい」という場合「あとからリボ払いに変更する」というサービスを利用しましょう。

各社で「あとからリボ」などの名称で提供されているサービスです。リボ払いは手数料がかかるので、長期間継続するべきではありません。

しかし、無理な一括払いで支払い日に遅れてしまうよりはマシです。もう既にリボ払いにしていて、「どうしても現在の支払い額は厳しい」という時に限り、支払い額を減らすことも検討しましょう。   

【お金がないときの対処法5】節約

節約の効果が特に大きい項目は4つあります。通信費・光熱費・食費・交際費の4つです。ここではそれぞれの節約のポイントを説明します。

通信費

通信費を減らすには、auやドコモなどの携帯キャリアのスマホを使っている人の場合、「格安スマホ」を使う方法が有効です。SIMカードの通信を別途契約し、携帯キャリアから切り替える方法です。これにより特にメールやインターネットなどのデータ通信費が何千円単位で抑えられます

光熱費

電気代を減らすには小まめな節電が有効です。ガス代については、プロパンガスを使っていると高くなる傾向があります。プロパンガスは「屋外ボンベから供給されるガス」です。

都市ガスが使える地域であれば、都市ガスに切り替えることで、ガス代が下がる可能性があります。「新電力会社」に切り替える方法も有効な手段ですね。

食費

食費の節約は「嗜好品を買うのを抑える」程度にしましょう。ファイナンシャルプランナーの飯村久美氏は「食費を削る節約は失敗する」と指摘しています。食費を削れば栄養バランスが乱れる可能性が高くなります。

栄養バランスの乱れで病気になってしまっては、本末転倒です。最悪のケースでは入院して働けなくなることもあるでしょう。このため、嗜好品はカットしても栄養はしっかり摂れるようにするべきです。

交際費

交際費を減らすには、拡がってしまった交友関係を見直すことが有効的です。自分が好きな人や、自分にとって本当に大事な人と関わるのは有意義でしょう。

しかし、気乗りもせずに付き合っている人のために交際費を使うことは減らしていきましょう。

少なくともお金がない状態では、そうした関係の交遊は控えましょう。節約をする時は、これら4つの項目などを見直すことで、大きな効果が期待できます。

【お金がないときの対処法6】生活保護

生活の維持が不可能というほど困窮している場合は、生活保護を受けるのも1つの選択肢です。生活保護を受けるための条件は主に5つあります。1つ目は「働けない」ことです。

厚生労働省の公式ページでは「働くことが可能な方は、その能力に応じて働いてください」と明記されています。病気やケガなどの理由で「労働が不可」という証明が必要ということです。

2つ目は「預貯金がないこと」ですが、これは”経済的に苦しい”ことの目安になるということです。3つ目は「換金可能なものを換金していること」です。

車・ブランド品などはすでに売却している必要があります。ただし、車が生活のために必要不可欠な場合は、車のみ所有可能です。

4つ目は「生活を援助してくれる家族・親戚などがいない」ことです。ここでいう親戚とは「3親等以内」の人物を指します。5つ目は「生活保護以外の受給可能な手当をすべて活用している」ことです。

たとえば所得税や住民税の減免制度、子どもがいれば児童扶養手当などがあげられます。

このように主に5つの条件がありますが、これらの条件を満たすほど経済的に困窮している場合は、生活保護の受給も検討してみましょう。

【お金がないときの対処法7】債務整理

多額の借り入れがあって返済が苦しい時には、債務整理が有効的です。債務整理には「任意整理・民事再生・自己破産」の3種類があります。

任意整理

任意整理は「金利をカットし元本のみを3年程度の分割で返済する」というものです。金利のカットについては「原則」となっているため、必ずしも実現するわけではありません。

本人の支払能力によって決まるため、支払えるなら金利は減額もしくは維持されます。

逆に支払い不可能と判断されたらカットされるという仕組みです。任意整理とよく似た債務整理として「特定調停」があります。

これは任意整理とほぼ同じ内容を簡易裁判所の仲介で行うものです。ただ、どちらもある程度の安定した収入があることが条件です。

民事再生(個人再生)

民事再生(個人再生)は、借金を概ね5分の1に減らせるものです。返済期間は3~5年程度となります。借金の減額幅は借りている金額によって変わり、負債額が500万円以上1500万円未満の場合は5分の1になります。

100万円以上500万円未満なら「100万円」となります。つまり、負債額が100万円の場合、個人再生では減額は、ありません。

これも、ある一定の安定した収入が求められます。

自己破産

自己破産は、すべての返済義務が免除されるものです。正確には自己破産するだけでは免除されず、その後に「免責許可」を受けることで免除されます。

ギャンブルや投資の借金は「免責不許可事由」となり、支払いの免除が不可となることもあるのです。

経済的に苦しい時にギャンブルや投資を避けるべき理由は、この点にもあります。

【お金がないときの対処法8】親を頼る

金銭的に苦しい時には「親に助けてもらう」という方法もあります。「親子関係が良好である」「親に経済的な余裕がある」という条件を満たしていれば、親からお金を借りるのもいいでしょう。

この時の注意点は、年間110万円以上の場合には贈与税がかかるということです。借用書を書いて「これは借りて返済するお金である」という証拠を残せば問題ありません。

しかし、借用書がなく「借りっぱなし」であれば、税務署は「贈与」と見なす可能性があります。また、お金の貸し借りなら利息が発生するのが自然なので、借用書には金利も記しておく方がいいでしょう。

【お金がないときの対処法9】国の制度

経済的に困窮したときには、国の制度を利用する選択肢もあります。たとえば「生活福祉資金貸付制度」の場合、連帯保証人を立てれば無利子でお金を借りることが可能です。

連帯保証人なしの場合は年率1.5%の金利がかかりますが、それでも相当な低金利といえます。あるメガバンクのカードローンの上限金利が「実質年率14.6%」なので、その約10分の1という低金利です。

生活福祉資金貸付制度で借りられるお金には、いくつかの種類があります。総合的な資金需要で適用される「総合支援資金」、教育目的で適用される「教育支援資金」などです。

どの種類にしても、利用用途に応じて必要な金額を借りることができます。お金がなくても不動産はあるという場合「不動産担保型生活資金」を利用すれば、他の種類よりもさらに大きな金額を借りることが可能です。

【お金がないときの対処法10】クレジットカード

現金がなくても買い物だけならクレジットカードでできます。食料品などの買い物はもちろん、電気代やガス代などの公共料金、携帯電話の通信費などの支払いにも利用可能です。

所得税や自動車税などの国税の支払いにも利用でき、一部の自治体では地方税の支払いもできます。例えば大阪市や札幌市などの都市です。

これらの都市では、市民税や都道府県民税、固定資産税や都市計画税などの支払いもクレジットカードでできます。

こうした支払い対象に当てはまらないもので「どうしても現金で払わなければいけない」という場合もあるでしょう。

その時はクレジットカードでキャッシングをする方法もあります。クレジットカードの限度額には、ショッピング枠とキャッシング枠の2種類があり、通常別々に審査されるものです。

ショッピング枠はあってもキャッシング枠がないということは珍しくありません。

そのため、キャッシング枠がない場合は付帯の申請が必要です。審査にかかる時間はクレジット会社によって異なりますが、キャッシング枠が付帯したら現金の借り入れができるようになります。

これから新規にクレジットカードを発行してキャッシングをしたい場合は、ショッピング枠とキャッシング枠が一体になっているタイプが便利です。

大手の消費者金融会社が発行しているクレジットカードなら、付与された契約極度額をキャッシングとショッピング、どちらに使ってもかまいません。

【お金がないときの対処法11】カードローン

カードローンには消費者金融と銀行カードローンの2通りがあります。消費者金融は銀行カードローンより金利が高い代わりに、融資が早いのが特徴です。

逆に銀行カードローンは低金利な分、融資のスピードが消費者金融ほど早くはありません。カードローンのメリットは家族や勤務先の同僚などの周囲にバレないように借り入れができることです。

たとえばあるメガバンク系列の消費者金融の場合、電話連絡は一切ありません。自宅や勤務先にかかってこないだけでなく、自分の携帯電話にもかかってこないのです。

一方、銀行カードローンの場合は幾分ルールが厳しくなっています。あるネット銀行のカードローンの場合、勤務先への在籍確認の電話が必須です。

このように多少のルールの違いはありますが、消費者金融でも銀行カードローンでも、家族などの周囲にバレる心配は少なくて済みます。

お金がないときはカードローンを使おう!

お金に困ったとき、親や友人に迷惑はかけたくない!そんな人にはカードローンがおすすめです。

第5章ではカードローンのメリットを紹介します!

【カードローンがおすすめな理由1】即日融資ができる

とくに消費者金融のカードローンは即日融資も可能な場合が多いです。下の4つの消費者金融はすべて「最短30分」で審査してくれます。

・プロミス

・SMBCモビット

・アイフル

・アコム

最短30分というのはあくまで「審査にかかる時間」です。実際の借り入れまでの時間を含めると最短で1時間程度となります。

とくにプロミスは「最短1時間」と明記されています。

所要時間の目安はないが、即日融資が可能な消費者金融

下の2つの消費者金融は「最短30分」のような所要時間の目安はありません。しかし、即日融資には対応しています。

・レイクALSA

・ノーローン

即日融資は受けられるものの、審査時間の目安がある方が急ぎで借りたい時には安心です。

急いでいるときには、先に紹介したプロミスなどの4つの消費者金融を使うのがいいでしょう。

【カードローンがおすすめな理由2】手軽に借り入れ可能

カードローンは手軽に借り入れできる点でもおすすめです。コンビニや銀行のATM、ネット上からの手続きのどちらでも利用できます。

ネット上からの手続きについては、ネットバンキングが利用できなくても問題ありません。普通の銀行口座があれば大丈夫です。

会員ページにログインして、希望の金額を入力するだけで、登録している銀行口座に振り込んでくれます。返済も同じように、ネット上の手続きやATMから可能です。

大手の消費者金融は専用のATMも全国各地に設置しています。コンビニや銀行のATMでは、ほとんどのケースで手数料がかかりますが、専用のATMなら手数料がかかりません。

とくに頻繁に利用するときは、手数料を抑えるために専用のATMを使うのもいいでしょう。

【カードローンがおすすめな理由3】利用用途が自由

カードローンは利用用途が自由という点でもおすすめです。たとえば銀行の「カーローン」では、車の購入や修理など、自動車関連の出費にしか使えません。

「住宅ローン」「教育ローン」等も同様です。しかし、カードローンならどんな目的にも使うことができ、領収書などで利用用途を証明する必要もないのです。

カードローンの注意点

カードローンの注意点を把握し、賢い使い方をしましょう。

個人事業主は事業費に使えることも

個人事業主の場合、生計費だけでなく事業費にも使えるものもあります。このルールはカードローンによって異なります。特に銀行カードローンでは「事業性資金は不可」と明記しているところもあります。

各カードローンの利用用途

それぞれのカードローンで利用用途がどう書かれているかを見ていきましょう。まずプロミスでは「生計費に限ります」と書かれています。

しかし「個人事業主の方は、生計費および事業費に限ります」とも書かれており、事業費でも利用可能です。アコムは「ご利用用途は自由」とのみ書かれています。

たとえば交際費などでも、常識の範囲内で利用可能です。アイフルは利用用途について明記されていません。しかし、プロミスのように制限があれば明記しているはずです。

そのため、アコムと同様「原則自由」と考えていいでしょう。レイクALSAは「原則自由」となっています。一般常識の範囲内であれば、大抵の用途に使えると考えていいでしょう。

ノーローンもアイフルと同様、利用用途が明記されていません。しかし、こちらも一般的な使い方であれば問題はないでしょう。

【カードローンがおすすめな理由4】融資枠が大きい

融資枠が大きい点もカードローンのメリットです。カードローン会社によって異なるものの、最高の限度額は500万円・800万円などと高額に設定されています。そのため、数十万円単位のお金を借りたい時にも役立ちます。

消費者金融の融資枠

大手の消費者金融の融資枠は、それぞれ下のような最高金額になっています。

・SMBCモビット…800万円

・アイフル…800万円

・アコム…800万円

・プロミス…500万円

・レイクALSA…500万円

・ノーローン…300万円

上記のような金額を借りる人は少ないでしょう。しかし、これらの数字からも「かなりの高額の借り入れでも審査結果次第で対応できる」ことがわかります。

【カードローンがおすすめな理由5】返済を続けやすい   

  カードローンは返済を続けやすい点でもおすすめです。返済が続けやすい理由は「最低返済額が数千円と安い」「カードローンによっては支払い日を指定できる」という点にあります。

消費者金融カードローンの最低返済額

消費者金融のカードローンでは、最低返済額は1000円~4000円が目安となります。借りている金額で変わりますが、10万円以下の借入残高ならこの最低返済額です。以下、それぞれの消費者金融の最低返済額について解説します。

プロミス

プロミスの最低返済額は1000円です。借入残高が2万円台の場合、この金額になります。3~5万円台の場合は2000円、6~8万円台では3000円という風に、1000円刻みで増えていく仕組みです。仮に30万円借りた場合は1万1000円となります。

SMBCモビット

SMBCモビットの最低返済額は4000円です。これは10万円以下の借り入れの場合で、20万円以下なら8000円になります。20万円超~40万円以下なら1万1000円、40万円超~50万円以下なら1万3000円です。

アイフル

アイフルの最低返済額は4000円です。アイフルの返済方式は2つありますが、そのうちの「約定日制」を選んだ場合の金額です。約定日制では毎月決まった返済日があります。一般的にイメージされる返済方式です。もう1つの「サイクル制」は、35日ごとに返済日がくるものです。仮に毎回35日後に支払いをしていたら、返済日が「毎月5日ずつ伸びていく」形になります。サイクル制を選ぶ場合は、最低返済額は5000円となります。

アコム

アコムの最低返済額は1000円です。30万円以下の借り入れの場合「借入残高の4.2%以上」という割合で返済額が決まります。たとえば借入残高が1万円だったら420円ということです。しかし、1000円未満の金額は切り上げられるので、最小でも1000円となります。

ノーローン

ノーローンの最低返済額は2000円です。2000円になるのは少々特殊なケースで「限度額100万円超」かつ「借入残高10万円以下」という場合に適用されます。つまり、100万円を借りられるほど信用がある人が10万円以下しか借りていないという時に、2000円という最低返済額になるわけです。一般的には10万円以下の借入残高の時は4000円が最低返済額となります。

支払い日の指定

消費者金融のカードローンでは、支払い日を指定することもできます。ここではカードローンごとの支払い日のルールを見ていきましょう。

プロミス

プロミスの支払い日は「5日・15日・25日・末日」の中から選ぶことができます。このため、初回の借り入れから最も遠い日付を選ぶことで、支払いに余裕を持たせることが可能です。

たとえば10日にプロミスの審査に通った場合、支払い日を5日にすれば約25日の余裕を得られます。逆に15日にしてしまうと、わずか5日で支払い日がくるという仕組みです。

プロミスの支払い日は後に変更することもできるので、最初は一番遠い日にしておきましょう。

SMBCモビット

SMBCモビットもプロミスと同様、「5日・15日・25日・末日」から支払い日を選ぶことができます。両者のルールが同じなのは、どちらも母体がSMBCグループであるためです。

アイフル

アイフルは支払い日の選択が他のカードローンより自由です。約定日制の場合、毎月好きな日に設定できます。毎月7日、毎月23日などの中途半端な日付にしてもいいわけです。

もう1つのサイクル制は「毎回35日後が次回支払い日」となります。たとえば最初の支払いを10日にしたら、次の支払い日は翌月15日、15日に支払いをしたら次は翌月20日という仕組みです。

支払い日より早く払った場合、そこからまた35日のカウントが始まります。

アコム

アコムの支払い日の仕組みはアイフルと同じです。「毎月指定期日」を選択する場合、いつでも好きな日を選べます。「35日ごと」を選択すると、毎回の支払いから35日後が次の支払い日となります。

ノーローン

ノーローンの返済日のルールも、レイクALSAと同じです。毎月の返済日を自由に決めることができ、35日サイクル制はありません。両者の返済日のルールが同じなのは、どちらも「新生銀行系」だからです。

ノーローンは新生パーソナルローン株式会社、レイクALSAは新生フィナンシャル株式会社が運営母体となっています。

【カードローンがおすすめな理由6】再度借り入れできる

限度額の範囲内であれば、何度でも繰り返し借り入れができます。返済もコンビニATMなどで自由にできるため、余裕がある時に自分のペースで返済可能です。このように柔軟に使えるため、急にお金が必要になった時にも対処しやすくなっています。

・ATMでの借り入れ・返済は手数料がかかる

・プロミス・SMBCモビットは三井住友銀行で無料

・一部のATMでは借り入れのみ対応

お金がないときにカードローンを利用するときのポイント

カードローンを利用するときは、できるだけ低金利なところから借りましょう。消費者金融の金利はほぼ同じなので、まずは銀行カードローンで借りることを検討するべきです。また、消費者金融は無利息期間を設けているところも多く、1カ月で完済するなら利息を払わずに済みます。主なカードローンの金利と無利息サービスの一覧は下の通りです。

【主な銀行カードローンの金利(実質年率)】

・オリックス銀行カードローン…1.7%~17.8%

・楽天銀行スーパーローン…1.9%~14.5%

・三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」…1.8%~14.6%

・みずほ銀行カードローン…3.5%~14.0%

【主な消費者金融の金利(実質年率)】

・プロミス…4.5%~17.8%

・SMBCモビット…3.0%~18.0%

・アイフル…4.5%~18.0%

・アコム…3.0%~18.0%

・レイクALSA…4.5%~18.0%

・ノーローン…4.9%~18.0%

【無利息サービス一覧】

・レイクALSA…5万円まで180日間無利息、30日間無利息(いずれかを選択)

・プロミス…30日間無利息

・アコム…30日間金利0円

・アイフル…30日間利息0円

・ノーローン…なんどでも1週間無利息"      カードローンを利用する際の注意点

銀行カードローンと消費者金融のカードローンは、特徴が異なっています。それぞれの特徴を簡単にまとめると、下のようになります。

・銀行カードローン…融資が遅いが、金利が安い

・消費者金融カードローン…融資が早いが、金利が高め

融資スピードについては、消費者金融のカードローンなら最短で即日融資も可能です。しかし、銀行カードローンではできません。2017年までは可能でしたが、2018年1月からすべての銀行カードローンで不可となりました。

金利について

それぞれの平均的な上限金利(実質年率)は、以下のようになっています。

・銀行カードローン…14.0%~14.8%

・消費者金融カードローン…18.0%

10万円を1ヶ月借りた場合の利息は、それぞれ下のようになります。

・銀行カードローン…約1200円

・消費者金融カードローン…約1500円

つまり「10万円を1ヶ月借りて約300円の利息差が生じる」ということです。1万円あたりでいうと「30円」となります。実は10万円以内の少額の借り入れでは、両者の利息差はさほど生じません。

「長期間大きな金額を借りる」なら銀行カードローンがいいでしょう。しかし「急ぎで少額を借りる」という場合は消費者金融のカードローンの方が適しています。

まとめ

お金がないときの対策は多くあります。全部をまとめて実行するのは難しくても「これならすぐできる!」という、自分として簡単なものはあるでしょう。

そのように簡単にできる対策から実行していくのがおすすめです。そうして少しずつ収支のバランスを改善し、お金がない状態からできるだけ早く脱することを目指しましょう。

ぜひ本日学んだことを活かしてみてはいかがでしょうか。

 

合わせて読みたい

    おすすめキャッシング

    レイクALSA

    Webで最短60分のスピード融資が可能

    レイクALSA

    実質年率
    4.5% ~18.0%
    利用限度額
    最大500万円
    審査時間
    最短15秒
    融資スピード
    最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
    フタバ

    他社借入れ4社以内なら申込み可能

    フタバ

    実質年率
    14.959%~17.950%
    利用限度額
    10万円~50万円
    審査時間
    最短即日
    融資スピード
    最短即日融資
    ベルーナノーティス

    専業主婦も申込みできる!

    ベルーナノーティス

    実質年率
    4.5%~18.0%
    利用限度額
    1万円~300万円
    審査時間
    最短30分
    融資スピード
    最短即日

    条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

    すべての条件や種類を見る

    キャッシング最適診断キャッシング最適診断
    難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

    お金の教本について

    当サイトでは、お金を借りるときのルールと、便利な使い方。各種お得なポイントの貯め方などお金に関する知識を幅広く提供していきます。
    いまいち消費者金融の仕組みが分からない。クレジットカードの細かいルールが曖昧など、いろんな悩みを解決していきます。
    今まで知らなかったお得なお金の豊富な知識をみなさんに提供し、キャッシングを便利なサービスとして利用してもらえるお手伝いをいたします。