クレジットカードが使えないのはなぜ?困ったときに使える対処法

この記事ではクレジットカードが使えなくなったときの原因と対策が同時にわかります。

まず、はじめにクレジットカードが使えなくなる原因は以下の2パターンにわけられます。

  • 思いがけない自分の不注意による原因
  • カード自体が破損している、またはお店側の問題

クレジットカードが使えなくなったときの対処法

それではひとつずつクレジットカードが使えなかったときの対処法をご紹介していきます。

利用限度額のオーバーへの対処方法

クレジットカードの利用限度額をオーバーしたときの対処法は2つあります。

  • 翌月の支払いまで待ち、返済した分だけの利用枠を復活する
  • カード会社に連絡をし、繰り上げ返済をお願いする

一般的な対処法として、クレジットカードの利用限度額がオーバーしてしまったときは、翌月の支払いまで待ちます。

そして、支払日にカード会社が引き落としを確認できれば返済した分の利用限度額が復活します。

また、今すぐクレジットカードを使いたい方もいますよね。

そういった場合は「繰り上げ返済」がおすすめです。直接カード会社に電話をし、「お金を払う」ことを伝えます。

「繰り上げ返済って?そんなことできるの?」と思う方もいるかもしれませんよね。

繰り上げ返済とは、簡単にいうと「自分の支払日よりも早くお金を返す」方法です。

繰り上げ返済することで通常より早く使える利用枠を復活することができますよ。また、返済方法がリボ払いで利用限度額がオーバーしている方も繰り上げ返済をおすすめします。

支払いが遅れたときの対処方法

クレジットカード会社の請求日に支払いが遅れてしまうと、電話があったり、自宅に郵便物が届きます。

支払いが遅れてしまっている場合は、再度クレジットカードを使えるように以下のことをしなくてはなりません。

  • 自宅に郵便物が届いている場合は、同封された振込用紙で使って支払う
  • 電話の場合は、振込先の指示を受け、振込先にお金を支払う

このように、振込用紙による支払いをしたり、振込先にお金を入金します。このあと、カード会社が入金を確認すれば、カードを使えるようになります。

ただし、お金を支払ってからカード会社が入金を確認するまでに数日かかることがあります。カードがいつから利用可能であるのか、十分に把握するようにしておきましょう。

また、場合によっては、はじめから支払いが難しい方もいると思います。そういったときは、早めにカード会社に電話をし、「支払いができない」ことを伝えておくといいですよ。

カード会社によっては、支払い方法の指示があったり、ときには相談に乗ってくれることもあります。支払うお金がないときは放置しないことが大事です。

支払いの遅れを放置してしまうと、「遅延」となり、信用情報に傷がついてしまうことがあります。信用情報はクレジットカードやローンの審査には欠かせない審査項目になります。

傷がついてしまうと審査に通りにくくなることもありますので、気を付けてくださいね。

関連記事:返済が遅れたらペナルティー発生|遅延損害金の仕組みをチェック!

有効期限がきれたときの対処方法

クレジットカードの有効期限が切れている場合の対処法は3つあります。

  • 自分が持っている2枚目以降のクレジットカードを使う
  • カード会社に電話をし、クレジットカードの更新をお願いする
  • 新しいクレジットカードを検討する

このように、有効期限が切れてしまっているクレジットカードを使うときはこの3つの対処法があります。

また、カード会社によって違いはありますが、有効期限が切れる1ヶ月前から2週間前までに新しいクレジットカードが自宅に届きます。

クレジットカードの更新は長期の支払い遅延や規約違反などの問題がない限り、基本的には自動的に更新されます。

新しいクレジットカードが自宅に届いたときは、有効期限が切れている古いカードはハサミなどで切り、処分しておくようにしましょう。

クレジットカードの有効期限についてもっと詳しく知りたい方は、クレジットカードの有効期限について解説している記事があります。参考に読んでみてはいかがでしょうか。

関連記事:「クレジットカードには有効期限がある!?更新される仕組みを徹底解説」

カード会社が利用停止を判断したときの対処方法

さきほどクレジットカードが使えない原因として「カード会社が利用停止をした場合」をお話しましたね。

規約違反や紛失、盗難、カードの不正探知システムの作動など滅多にあることではありませんが、もしそうなった場合の対処法をご紹介します。

規約違反

規約違反とカード会社に判断されてしまった場合は、残念ながら対処法がありません。ですが、対処法がないからといって諦めずに、一度カード会社に相談してみるのもいいでしょう。

また、利用規約の書類をすべて読むということは難しいとは思いますが、一度軽く自分のクレジットカードの利用規約書類を読んでみてください。

紛失や盗難届をだされたとき

本人または第三者からクレジットカードの紛失および盗難の届があった場合。カード会社は届け出のあったクレジットカードの利用停止手続きを行います。

そして、このときにクレジットカードの再発行の手続きを行いましょう。

古いクレジットカードはカード会社によって利用停止になっているため、クレジットカードがない状態になります。なので、利用停止の手続きをしたあとに、新しくクレジットカードを再発行してもらいましょう。

ただ、新しいクレジットカードを再発行するには約1~2週間かかります。公共料金や携帯電話などの支払いをクレジットカードでしている方は、各種の支払いもできなくなってしまうため注意が必要です。

また、ひと手間ではありますが、クレジットカードで各種の支払いをしている方は「変更手続き」の連絡を各種料金の会社や店舗にするようにしておくといいでしょう。

カード不正探知システムが作動したとき

規約違反以外の場合でも、カード会社が利用停止を判断することがあります。そうした場合は、本人確認ができればその場で使えるようになりますよ。

どのように本人確認するのか、以下のようにまとめられます。

本人確認の方法4選

  • 利用したお店で使用できない場合は、お店がカード会社に電話をする
  • 直接カード会社から電話がかかってくる
  • 本人が直接カード会社に電話をする

  • セキュリティコードを確認する

お店での会計時にカード不正探知システムが作動したときは、お店の人がカード会社に確認のために電話をします。
そのとき、本人確認のためにカード会社からの簡単な質問に答える必要がありますよ。

また、すぐクレジットカードを使いたい方は直接カード会社に本人確認の電話をし、クレジットカードを使えるようにしましょう。

クレジットが使えないのは自分の不注意から?

クレジットカードで代金を支払おうとしたとき、お店の人から「このクレジットカードはご利用いただけません」といわれたことはありませんか?

その場合は以下の原因を疑いましょう。

  • 利用限度額オーバー
  • 2回以上の支払いを遅れている
  • カードの有効期限が切れている
  • カード会社の規約違反をして利用を停止されている
  • 店が該当するクレカに対応していない

該当する理由をもう少し詳しく見ていきましょう。

利用限度額のオーバー

クレジットカードは決していくらでも使えるわけではありません。どのクレジットカードにも「利用限度額」があらかじめ設定されています。

クレジットカードの利用限度額に達すると、その月は支払いに使うことができません。

つまりクレジットカードは、決められた限度額以内で買い物や旅行などをしなくてはなりません。

クレジットカードの限度額は、契約時に設定された金額となりますが、ショッピング枠とキャッシング枠の2種類が一緒になっていることに注意しましょう。

たとえば、クレジットカードのショッピング枠が30万円。キャッシング枠が10万円と申込時に設定した場合以下のようなことになります。

  • ショッピング枠:30万円(30万を超えたら使えなくなる)
  • キャッシング枠:10万円(ショッピング枠30万円のなかに含まれる)

つまり合わせて40万円使えるわけではないのです、

キャッシング枠で10万円お金を借りている場合は、ショッピング枠の30万円から10万円使えるお金が減って20万円となります。

支払いが遅れている

使っているクレジットカードの返済が2回以上遅れている場合、クレジットカードの利用ができなくなります。

クレジットカードの返済が遅れてしまうことで自分のクレジットヒストリー、つまり信用情報に傷をつける状態になります。

このさき、新たなクレジットカードやローンの申し込みの審査で影響を受ける可能性も少なくはありません。

また、クレジットカードの支払日にお金が払われていないと、カード会社が「遅延」と判断します。この場合、支払いが延滞している方の自宅に督促状や遅延損害金を請求することもあります。

有効期限が切れている

クレジットカードの有効期限はカードの表面に書かれているのが一般的です。

自分が使用しているクレジットカードの会員番号のしたあたりをみてみると、「12/22」や「12-22」などと書かれていますよね。

これは2022年12月末まで使うことができるという意味です。

もし、今使っているクレジットカードの有効期限が過ぎている方は、残念ながら使うことができません。

基本的に有効期限1ヶ月前ぐらいには、クレジット会社から新しいカードが送られてくるので、うっかり古いカードを使わないようにしましょう。

カード会社が利用停止を判断

カード会社はクレジットカードを使うユーザーに「クレジットカードにかかわる犯罪」から守るため、場合によってカードの利用停止を判断することがあります。

カード会社がクレジットカードの利用停止を行う理由をあげていきます。

  • 規約違反があったとき
  • 紛失/盗難届が出されているとき
  • カード不正検知システムが作動したとき

規約違反があったとき

自分が気づかないうちに「規約違反」をしていることがあるかもしれません。

・クレカのショッピング枠機能を現金に換える(クレカ現金化)

・本人以外の人にクレカを貸す(家族や友人であっても原則NG)

・最初に申請した内容が変わり、変更届をしていない

カード不正検知システムが作動したとき

あまり多くはありませんが、まれにカードの不正探知システムが作動することで、クレジットカードが使えなくなるということも。

「カード不正探知システムの作動」は普段と違うクレジットカードの使い方をしたときに起こります。

・いつも国内で使っているが、突然海外旅行でクレカを使ったとき

・急に高額な商品をクレカで買ったとき

・クレカを使ったショップで不正利用がされていた

これらのように、普段とは明らかにことなるクレジットカードの使い方をしていると、カード不正探知システムが作動してしまうので十分注意しておきましょう。

物理的な問題でクレジットカードが使えないこともある

この章では外的原因、つまりクレジットカードそのもの自体に故障がある場合やお店側の問題などについてお話していきます。

頻繁に起こることではありませんが、主な外的原因として以下のことが挙げられます。

  • 磁気ストライプやICチップの異常
  • カードを利用したお店による問題
  • 暗証番号の入力ミス

磁気ストライプやICチップの異常

クレジットカードのなかには「磁気ストライプ」と「ICチップ」があり、個人情報が入っています。

磁気ストライプはカードの裏面の一番上にある黒や茶色の帯状のものです。

この黒い帯状の磁気ストライプからはカードの個人情報を読み取っています。

また、最近のクレジットカードにはICチップが含まれているカードも多く、何かしらの異常があるとカードを使えないといったことがあります。

たとえば、傷がついている、少し欠けているなどの異常です。

このように、磁気ストライプやICチップによってクレジットカードが使えなくなることもあるのです。

利用したお店の機械の問題

使っているクレジットカードには問題はないが、会計時にクレジットカードを切る機械に異常がある場合もあります。

クレジットカードを切る機械はお店によって使用しているものが違うのです。

クレジットを切る端末、通称CATの回線や機械自体が故障していてもクレジットカードが使えないので、お店に適切な対応をしてもらう必要があります。

暗証番号の入力ミス

クレジットカードを申込むときに必ず4桁の暗証番号を決めますよね。この暗証番号をクレジットカード使用時に間違えると、当然使用できません。

暗証番号を3回以上間違えてしまうとクレジットカードが使えなくなってしまいます。

そもそも暗証番号は自分以外の人に悪用されないために設定するセキュリティ対策のひとつです。

また、クレジットカードには「盗難保険」という保険がついています。

これは、第三者によって不正にカードを使われたときにそのお金を保険で払ってもらえるという保険です。盗難保険があることによって安心してカードを使えますが、これは暗証番号と深く関りがあるのです。

もし、自分のクレジットカードの暗証番号をしっかり管理していないと、管理不足の責任を問われ、場合によっては盗難保険が適用されないこともあります。

外的要因でクレジットカードが使えない場合の対処法

  • 磁気ストライプやICチップに異変や異常ある場合、カード会社に電話をし、カードの再発行をお願いする
  • お店側の機械CATなどの問題の場合は、お店からカード会社に電話をお願いし、電話決済を行う
  • 暗証番号を3回以上間違えロックがかかった場合は、同じようにカード会社に電話で確認する

クレジットカードの外的原因への対処法は、どれもカード会社に電話をすることです。

ただ、クレジットカードを紛失したときなどに、他人に悪用される可能性も高いので

もし紛失してしまった場合はただちにクレジットカードを利用停止しましょう。

まとめ

クレジットカードが使えなくなる原因は人によって違いがあります。

なので、使えなくなったときはまず慌てず自分がどうして使えなくなったのかを考えましょう。

そしてクレジットカードが使えなくなったとき、使えなくなる原因に心当たりがない方はぜひこの記事を読んで、原因と対処法を試してみてください。

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。