オリコの自動車ローンは信用できる?4つのローンと審査について解説

車を買うためにローンを組もうと思ったとき、ディーラーから「オリコはいかがでしょうか?」とすすめられたことがありませんか?

名前は聞いたことがあって、少し気になって検討している方のために、今回はオリコの自動車ローンについて詳しく解説していきます。

オリコは大手の信販会社である

オリコとは、信用でお金を貸し借りする「信販会社」と言われる会社のひとつであり、昭和29年に創業された大手の企業になります。

ちなみに「オリコ」は「オリエントコーポレーション」の略です。

オリコの自動車ローンの利用実績はなんと156万件にものぼり、たしかな知名度があるからこそ色んなところですすめられることが多いのです。

オリコ自動車ローンの特徴は「スピーディー」

オリコの自動車ローンと銀行の自動車ローンで申込みのスピードを比較すると、明らかにオリコの自動車ローンのほうが早いことがわかります。

銀行の窓口は、基本的に午後15:00で閉まってしまい書類などの不備が見つかれば大きなタイムロスとなります。

しかしオリコの自動車ローンであれば、申込みに必要な書類は1枚でよくて、販売店で契約が完了します。

そのため各段に手間が少なく、その場で購入者を確保したいディーラー側でも多く採用されているわけです。

銀行とオリコどちらを選ぶ?

オリコの自動車ローンがわかったところで銀行かオリコのローン、どちらを選ぶべきか迷っているかと思います。

ここでは銀行とオリコの自動車ローンのどちらを選ぶべきか、銀行ローンの特徴とともに見ていきましょう。

銀行ローンは審査が厳しく金利が低い傾向にある

銀行が組むローンは、貸した人が返せなくなってしまうリスクを最小限に抑えるため、貸してよい人を厳しい審査で判定します。

銀行のローンは、審査が厳しめだが金利が低い傾向にあるということになります。

オリコは申込んだ人を見て金利を決めている

オリコの自動車ローンは申込んだ人の支払い能力から金利を決定しています。

つまり、人によって金利はバラバラであり「結果的に他社より高くなってしまった!」となる場合があるのです。

金利を少しでも安く抑える場合、支払いのシミュレーションをして相見積もりを取ってもらう必要があります。

車の車体価格でも、おそらく多くの販売店から相見積もりを取って比較してきたと思います。

「ここでも比較検討する必要があるのか」と思うかもしれませんが、比較というのは自動車を安く買うために大切です。

自動車ローンでも審査がおこなわれる

自動車ローンでも、カードローンと同じく審査が行われます。

信販会社は「その人を本当に信用できるのか」というところを審査しているのです。

そもそも信販会社の商売はローンを組む人を信用し、その人が支払う代金を丸ごと立て替えることで金利をもらっています。

よって、前提としてその人の返済能力が信用たるものでないとなにも始まらないというわけですね。

しかし具体的な審査基準は公に公開されていませんが、審査で重要視される必須条件をみていきましょう。

年収

組んだローンを返済するために、年収はやはり安定した収入を証明するために重要です。

「一般的なカーローンを組むときに必要とされる年収はいくら?」と気になる人もいるのではないでしょうか?

残念ながらオリコのオートローンの年収基準は公表されていないため、正確な年収基準を知ることはできません。

しかし、ある程度の基準は予測することが可能です。

たとえば、ジャパンネット銀行の「ネットDEマイカーローン」の利用条件に「前年度の年収200万円以上」というものがあります。

審査に厳しい傾向のある銀行のマイカーローンでも「200万円以上」なので、信販会社のオリコの年収基準はもう少し低いのかもしれません。

勤務先とその状況

そもそも給料を給付しているのは勤務先です。

そのため、勤務先も審査内容にひとつとなるでしょう。

また、会社の規模やそこで所属している部署、その会社で何年働いているのかも調べられます。

職種を選ぶ欄に「パート・アルバイト」とあるので、実はパートやアルバイトでも自動車ローンに申込みをすることは可能です。

住所・連絡先

取り立てるために集めるのではなく、契約者本人と連絡がつくかどうか調べるために必要な情報になります。

その他

その他にも、カードローンや住宅のローンの返済状況が信用情報としてあげられます。

また、免許証の番号などその人を確実に証明する情報も必要になるでしょう。

ローンの返済状況は「信用情報」として管理されている

カードやローンの返済状況ですが、これらは「信用情報」と呼ばれ信用情報を預かる機関である「日本信用情報機関(JICC)」「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」「全国銀行個人信用センター」に保管されています。

申請をすればこのような信用情報を開示してもらうことができます。

もし信用情報に自信がない場合は、必要に応じて開示してもらうとよいでしょう。

自動車ローンを4つ紹介

では早速、オリコが展開している自動車ローンを4つ紹介します。

オリコの自動車ローンは支払方法も豊富なので、自分に合った支払方法を選びましょう。

ニューバジェットローンは支払額が調整できる

ローンといえば決まった額を毎月支払うものですが、ニューバジェットローンはその固定概念を取り払ったローンになります。

このローンの特徴として、支払額が自由に調性できることにあります。当然いつもどおり同じ額を支払い続けることも可能です。

その他にも最初は支払額を少なくし、徐々に支払額を上げていく支払方法があります。逆に最初は支払額を多くして、徐々に支払額を下げていく支払方法もアリです。

このように自分の都合に合わせて支払額を調整できるのも、ニューバジェットローンの特徴になります。

ニューバジェットローンの繰り上げ返済で効率よく返済しよう

ニューバジェットローンの有効的な使い方について確認しましょう。

ニューバジェットローンの支払い方のひとつとして「ある特定の月だけ多めに返済する」という方法があります。

たとえばボーナスなどでまとまった収入が入った場合はその月は多めに支払うと、返済期間が短くなります。

そのため、「ボーナスはローンの返済に!」という方はニューバジェットローンがオススメです。

残価設定型オートローンで賢く乗り換えよう

残価設定型ローンは、まず購入した車をあらかじめ決めた期間使い続けた場合に予想できる下取り価格を計算します。

その差額を、ローンからあらかじめ引いておこうというローン形態です。

もし使っている間に愛着がわいてローンを支払い終わっても使い続けたくなった場合、あとで下取り価格を支払うことでそのまま使い続けることができるので安心ですね。

車を長く乗る人は残価設定型オートローンを利用すべし

下取りとは「持っているものをその場で引き取ることを条件に、次に購入する商品を値下げるサービス」です。

下取りのデメリットとして「実際には相場が高く下取り価格よりもっと高く買い取れる車であっても下取り価格は一定」というのがあります。

もし車を短く乗って乗り換える場合は下取りをしてローンを安く抑えるより、ローンを支払った後に買取をしてもらって買い替えた方が安くすんだ、というパターンがあり得るのです。

そのため、残価設定型オートローンは長く車に乗り続けてほぼ買取ができなくなるくらい乗り続ける人におすすめといえるでしょう。

おおざっぱな目安として、その車を10年乗り続ける予定であれば残価設定型オートローンの利用を視野に入れましょう。

オリコオートリースを利用して毎月同じ額で車を借りよう

車の維持費は年に応じて上下しています。

たとえば車を買った2年目は保険料と自動車税がかかりますが、4年目はそれに加えて重量税や車検代を支払う……といったように、車の維持費は毎年一定というわけではないのです。

これを毎年一定にしてくれる方法として、リースというのがあげられます。

リースとはあらかじめ指定した年数内であれば、何年目であっても毎年同じ額を支払うことで車を持ち続けることができる方法になります。

これは「リースする会社が税金などの支払を代わりに出し、一定の額で車を個人に貸し出す」という扱いになるので、このような方法が成り立つわけですね。

オリコにもリースで車を貸し出すローン形態があります。それがオリコオートリースです。

リースなので毎月一定の額で車が持てるだけでなく、この定額の中に定期点検代などが含まれているためいざというときも安心です。

「毎月定額」は意外と便利

年によって維持費が変動する車を毎月定額で借りれるというのは、大きなメリットです。

というのも、車の維持費は税金と保険だけではありませんよね。

たとえば法律で定められている法定点検にも費用がかかりますし、加入が義務付けられている自賠責保険だけでなく、任意で加入する任意保険もあります。

そういった把握しておく維持費が多い車を、毎月定額で持つことができるのは大きいメリットといえるのではないでしょうか?

「自動車についての理解が浅い……」「上手に管理できる自信がない……」という方はオートリースも検討してみるのもよいでしょう。

ツインリセットオートローンで2つのローンを1つに

このローン形態の特徴はなんといっても「ローンの一本化」です。

次に購入する車と、今支払っている車のローンをくっつけて1本のローンにすることができるのが大きな特徴になります。

ローンの計算式は[(乗り換える車の購入額)+(残っているローンの残高)-(乗っている車の下取り価格)]です。

途中で車を乗り換えたくなったらツインリセットローンを

ツインリセットオートローンは乗り替えしてもスムーズにローンを管理しやすくするためのローンであるといえるでしょう。

そのため、なんらかの心変わりによって車を乗り替えたくなったときに、思い切って乗り替えようとするときには、今までのローンからツインリセットオートローンに切り替えるとよいでしょう。

しかし、それまで乗っていた車は下取りという扱いになります。

買取した方が高く現金に換えることができ、結果的にローンを安く済ませることができたということが考えられます。

それでもローンの一本化も魅力的ではあるので、これらを踏まえてローンを切り替えましょう。

まとめ

オリコは昭和の時代から続く大手の信販会社になります。

オリコの自動車ローンは販売店のみで契約が完結し、準備する書類が少ないのが特徴になり、その特徴から販売店側でも多く採用されていることが多いです。

しかし、オリコの自動車ローンは金利が公表されていません。少しでも安く抑えようとする場合は他社との相見積もりをするとよいでしょう。

自動車ローンでも審査はあります。そのため、ちゃんと情報をそろえてから審査を受けましょう。

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。