キャッシングサービスとは一体?特徴と利用方法を紹介

給料日前で財布が空っぽだったり飲み会が続いたりして、どうしてもお金が必要になるシーンもありますよね。

こんなとき、貯金がなければどうなるでしょう。

友人や親戚からお金を借りるのは抵抗を感じる人も多いでしょうし、誰も貸してくれないことだってありえます。

お金がないときは「キャッシングサービス」を利用すると便利なのですが、この言葉を聞いてどんなサービスを思い浮かべるでしょうか?

「借金とは違うのか」「カードローンと同じサービスではないのか」など、詳しい内容についてはわからないという人も珍しくありません。

そこで今回は、キャッシングサービスとは一体何なのか、特徴や利用方法など役に立つ情報を中心に紹介していきます。

キャッシングサービスとは

キャッシングサービスとはどういうもの?

「キャッシングサービス」とは、特定のカードを利用して現金を借り入れるサービスのことです。

基本的には、クレジットカード会社や信販会社などが個人向けに行う小口で短期間の融資のことを指します。

ATMやキャッシュディスペンサーなどを利用してお金を引き出すことが多いため、キャッシングサービスと呼ばれています。

一般的にキャッシングというと、クレジットカードのキャッシング機能を示す場合が多いです。

しかし、実際には消費者金融や銀行などが取り扱うカードローンも「お金を借りる」という点ではキャッシングと変わらないため、広義にキャッシングと見なされることもあります。

ひと口にキャッシングといっても、信販会社と銀行、消費者金融のうちどれが取り扱っているかにより特徴が異なるので注意が必要です。

一見同じに見えるクレジットカードのキャッシングと消費者金融などのカードローンだけど、詳しく見るといろいろと違いがあるんだよ。

まずクレジットカードのキャッシングだけど、こちらは最低でも1ヶ月に1回は返済しなければならない。

返済方法もほぼ口座振替のみというところが多いし、金利は比較的高めなんだ。

一方のカードローンは指定期間内であればいつ返済しても良く、返済方法は基本的に自由で金利も比較的低いのが特徴だよ

キャッシングの利息はいくら?

利息の計算のイメージ

お金を借りることができるキャッシングサービスは、融資の一種であるため返済時には必ず利息を付けて返さなければなりません。

利息の金額は、各キャッシングサービス会社やカードの利用状況によって異なります。

ただ、「元金×年利÷365日×借り入れ日数」という計算式に当てはめれば簡単に算出できるため、自分の借り入れの利息をあらかじめ知ることもできます。

たとえば、現金10万円を18%の年利で30日間借りたケースを見てみましょう。

計算式に当てはめると、「10万円×0.18÷365×30」となるため、1479円の利息がかかることがわかります。

仮に15日間の借り入れなら「10万円×0.18÷365×15」となり、740円の利息です。

基本的には利息は日割りで発生しますが、中には月割りで発生するキャッシングサービスもあります。

この場合、利息の計算式は「元金×年利÷12ヶ月×借り入れ月数」となり、その月の1日になった瞬間に当月分の利息が発生します。

仮に2日に全額返済したとしても、1ヶ月分の利息が丸ごとかかってしまうため、日割り計算のケースよりも多くの利息を支払わなければなりません。

キャッシングを利用する場合は、利息が日割りか月割りかも事前に確認しておきましょう。

また、クレジットカードのキャッシングはカードローンと比べて金利が高めに設定されているため注意が必要です。

ショッピング機能がメインのクレジットカードは、申込時に保証人を立てる必要がありません。

このためクレジットカード会社が融資したお金を回収できないリスクも高く、それに備えて最初から金利を高く設定しているのです。

金利は返済額にも直接影響する重要なポイントなので、このことも参考にしたうえでどのキャッシングサービスを利用するかどうか慎重に検討するようにしましょう。

銀行のキャッシングサービスの特徴

キャッシングと聞くと消費者金融やクレジットカードというイメージが強いですが、じつは銀行も一般的にキャッシングサービスを取り扱っています。

メガバンクや地方銀行はもちろん、信用金庫や農協など小規模な金融機関も取り扱っており、ほかのキャッシングサービスとは異なる特徴があります。

まず、銀行のキャッシングは基本的に即日融資には対応していないことが多いです。

銀行は顧客の預金を預かって運用しているという性質上、融資先は慎重に見極めなければなりません。

このため審査は時間をかけて厳しく行われ、数日~1週間ほどかかるのが一般的です。

そのかわり、厳しい審査を通過した利用者には最大融資額500~700万円というまとまった額の融資が可能になります。

金利も13~18%と比較的低く、高額の借り入れをしても負担が軽くて済みます。

また、従来は銀行のキャッシングサービスが総量規制の対象外となっていたのも大きな魅力でした。

総量規制とは、「年収の3分の1以上の借り入れを行ってはならない」という貸金業法上の取り決めのことです。

この法律は消費者金融などの貸金業者に適用されるもので、銀行は対象外となっていました。

このため銀行からの借り入れは年収の3分の1を超えても行うことができ、利用者からすれば非常に便利だったのです。

ところが平成30年1月からは銀行が自主規制を強め、銀行のキャッシングサービスも総量規制の対象と見なすようになってきました。

借り入れが年収の3分の1に達する場合、銀行のキャッシングの審査で落とされる可能性が高まってきたのです。

あくまでも自主規制なので必ず総量規制にひっかかるとは限りませんが、総量規制にカウントされる可能性も出てきたことを頭に入れておきましょう。

信販会社のキャッシングサービスの特徴

信販会社が取り扱うキャッシングサービスも、新規申し込みの場合は即日融資してもらうのは難しいです。

銀行や消費者金融などと比べ、信販会社は店舗や無人契約機などの数も多いとは言えません。

このため申し込みは郵送やインターネット経由になることが多く、申し込んだその日のうちにカードを手にしてお金を借りるというのは難しいのです。

審査そのものは即日終わることもあるのですが、場合によっては1週間程度かかるため余裕をもって申し込んだほうが良いでしょう。

金利は13~18%のところが多く、銀行よりも若干割高に設定されています。

かといって消費者金融ほど高くはなく、ちょうど中間に位置するため利用者にとっては使いやすいでしょう。

ただ、信販会社のキャッシングは総量規制の対象となるため、すでに年収の3分の1の借り入れを行っている場合はそれ以上借りることができません。

初めてのキャッシングであれば問題ありませんが、すでに借り入れをしている場合は申し込み前に金額を確認しておきましょう。

消費者金融のキャッシングサービスの特徴

お金を借りるといえば消費者金融を思い浮かべる人も多いでしょうが、実際に消費者金融は利用者にとって利用しやすい特徴が揃っています。

審査がスピーディーに進められることも多く、大手であれば即日融資に対応しているところも珍しくありません。

もちろん、申込めば誰でも必ず即日融資してもらえるというわけではなく、あくまでも審査内容によって時間は前後するため注意が必要です。

最高融資額は300~500万円ほどで銀行よりは若干少なくなりますが、個人が利用する分には十分な金額といえるでしょう。

ただし、消費者金融のキャッシングの大きな特徴として、金利の高さが挙げられます。

銀行や信販会社のキャッシングより高い18%前後の金利を設定しているところが多く、借り入れ金額によっては利息の負担が大きくなってしまいます。

また、貸金業法による総量規制の対象となっているため、大きな金額が必要になったときは困ることもあるでしょう。

利用しやすい一方で金利が高くなっているので、計画的に利用することが何より大切です。

キャッシングの貸付条件

キャッシングの貸付条件は、各キャッシングサービス会社や商品の種類などによって異なります。

スムーズに利用するには、それぞれのキャッシングサービスの詳しい貸付条件を知っておくことが大切です。

自分が興味のあるキャッシングサービスが見つかったら、必ず申し込む前にウェブサイトを見るなどして貸付条件をチェックしておきましょう。

一般的には、年齢制限を条件として掲げているケースが多いです。

年齢については20歳~69歳までなど、成人であれば一定の範囲で申し込むことができます。

未成年者が申し込めるキャッシングサービスはほぼないため、どうしても利用したいならクレジットカードを作成してキャッシング機能を利用すると良いでしょう。

また、成人していても継続的な安定した収入がない人は申し込めないことが多いです。

収入がないということは、借り入れを正しく返済できない可能性が高いことを意味します。お金を貸す側としては、融資したお金は利息を含めて全額返済してもらわなければなりません。

そのためにも、安定した収入を継続して得られるかを非常に重視しているのです。

高齢者の場合、働いていなくても年金収入があれば申し込めるケースもあるため、確認してみましょう。

また、キャッシングサービスを取り扱う会社とは別の保証会社への加入を義務付けている商品もあります。

万が一返済が滞った場合、キャッシングサービス会社は保証会社から返済を受け、利用者は保証会社へ返済を続けていくことになります。

キャッシングサービス会社は滞納のリスクを避けることができ、利用者は保証人を立てなくてもキャッシングを利用できるなど双方にメリットがあります。

貸付条件によっては申し込めないキャッシングサービスもあるので、申し込み後にトラブルにならないよう事前に正しく確認しておきましょう。

申込みに必要となる書類

申込みに必要となる書類はそれぞれのキャッシングサービス会社により異なる場合もありますが、基本的には本人確認書類があれば問題ありません。

ただ、運転免許証や健康保険証、パスポートに住民票の写しなど、どの書類を本人確認書類とするかも会社ごとに異なるため必ず確認が必要です。

各会社のウェブサイトなどには、本人確認書類の内容が詳しく説明されていることも多いので、一度チェックしてみると良いでしょう。

また、キャッシングサービス会社や希望融資額によっては、収入を証明できる書類の提出を求められることもあります。

しっかりとした返済原資があるか否かは審査で重視されるポイントの一つなので、給与明細や源泉徴収票など正式な書類を準備しましょう。

もし紛失しているなら、念のために勤務先などに再発行を依頼しておくと安心です。

収入のない専業主婦が申し込む場合には、配偶者の収入証明書が必要になることも多いため、夫に頼んで手配したり書類を探しておきましょう。

キャッシングサービスの申込み方法

キャッシングサービスへの申し込みは、インターネットを利用してオンライン上で行うのが一般的です。

各キャッシングサービス会社のホームページなどには、必ずといって良いほど申し込みに関するページが設けられています。

そこから入力フォームに従って情報を入力して送信するだけで、申込みは完了です。

本人確認書類や収入証明書なども、カメラで撮影した画像ファイルを送信すれば良いので手間もかかりません。

オンラインでの申し込みができない場合は、キャッシングサービス会社へ電話やメールで問い合わせて申込書類を郵送してもらうこともできます。

ほかにも店頭で申込書類を記入して提出したり、消費者金融であれば自動契約機で契約したりするなど、さまざまな申し込み方法があります。

自動契約機であれば、申し込みからカードの受け取りまですべてその場で済ませることができます。

申込書類やカードが自宅に届くこともないため、家族や近所の人にキャッシングを利用していることを知られる可能性も低いです。

必要に応じて、都合の良い方法を選ぶようにしましょう。

キャッシングサービスの契約の流れ

好みのキャッシングサービスを選んだら、まずはウェブサイトなどから申し込みを行います。

必要な情報がキャッシングサービス会社に届いたら、いよいよ審査が始まります。

審査では、申込者が過去に借り入れや信用取引で滞納をしていないか、重大な金融事故を起こしていないかなどを、個人信用情報をもとにチェックします。

審査内容や審査通過基準などはどの会社も公表していませんが、一般的には収入や雇用形態、勤続年数や過去の取引状況などが重視される可能性が高いです。

また、審査の仕上げとして、勤務先への「在籍確認」が行われることも多いです。

「在籍確認」とは勤務先に審査担当者からの電話が入り、申込者が確かにそこで働いているかを確認されます。

審査も在籍確認も無事に終了すると、キャッシングサービス会社から電話やメールで審査通過の連絡が来ます。

その後正式な契約となるため、申込書類や本人確認書類など必要な書類を提出します。

ただ、インターネットが発達した現代では、本人確認書類や収入証明書などをカメラで撮影して画像ファイルを送信するだけで書類提出が済むケースが多いため、非常に便利です。

すべての手続きが終わると、キャッシングで利用するカードが発行されます。

それを受け取ったらカードを利用できるATMやキャッシュディスペンサーへ行き、必要な金額を引き出しましょう。

在籍確認はどのように行われる?

電話による在籍確認があります

上記でも少し触れましたが、多くのキャッシングサービス会社では審査の最終段階として「在籍確認」が行われています。

むしろ、在籍確認をしないところのほうが少ないでしょう。

なぜここまで在籍確認が行われているかというと、確実に申込者が申告した勤務先で働いて収入を得ているかを確認するためです。

申込者のなかには、審査で有利になろうとして実際には働いていない有名企業を勤務先としたり、退職済みの勤務先をいまだに記入したりする人もいます。

このような場合、実は安定した収入を得ておらず、融資しても返済してもらえないリスクがあるのです。

これではキャッシングサービス会社が損をしてしまうため、本当に申込時に申告した職場に勤務しているのか、職場に電話をかけるなどしてチェックしているのです。

社員証や給与明細など、社名のわかる書類を提出すれば良いところもありますが、基本的には職場に電話される可能性が高いと考えておきましょう。

自分がその電話に運よく出られれば一番良いのですが、同僚が電話に出てしまうこともありえます。

この場合、在籍確認担当者は申込者の名前を挙げて電話を代わるよう依頼します。

ここでスムーズに電話を代わったり、「今は外回りに出ております」などいってもらったりすれば、「本当に働いている」と判断されて在籍確認は無事に終了します。

ちなみに、在籍確認担当者は申込者の同僚などにキャッシングの事実を話すことはありません。

単純に「○○さんはいますか?」という具合に電話をかけてくるだけなので、心配せず電話を待ちましょう。

キャッシングサービスを利用するには?

キャッシングサービスを利用する場合、基本的にはキャッシングサービス会社と提携しているATMを利用します。

コンビニのATMが提携していれば、24時間いつでも自由にお金を借りることができます。

操作方法はじつにシンプルで、まずはカードをATMに挿入して「お引き出し」を選択します。

必ずお引き出しと表示されるとは限らず、ATMによっては「ご出金」や「クレジットカード」などと表示されることもあるので適切なものを選びましょう。

次に4桁の暗証番号を入力し、さらに返済方法も選びます。返済方法は選択可能なものの中から自由に選んで構いませんが、返済回数が増えれば増えるほど利息の支払いもかさんでいくので注意が必要です。

つなぎ融資として利用するのであれば、利息が最低限で済む一括返済を選んだほうが良いでしょう。

最後に、いくらお金を借りるのか金額を入力すれば必要額が出てくるので、それを受け取って終了です。

キャッシングの支払い方式

キャッシングの返済は、一括払いかリボ払いから選ぶことが多いです。

一括払いは、クレジットカードでショッピングをするときと同じように、借りたお金を一度にすべて返済するという方法です。

所定の支払い日にまとめて返済するためお金の準備は大変ですが、利息があまりかからないため返済総額を抑えることができます。

リボ払いは、借りた金額にかかわらず、毎月一定の返済額を続けていくという方法です。

毎月の返済額が決まっているため家計管理もしやすいですし、金額を低く抑えれば無理なく返済することもできます。

ただ、あまりに返済額が少ないと毎月元金の返済が進まないため、長期間返済を続けなければなりません。

返済総額が非常に多くなる恐れもあるため、月々の返済額については慎重に判断する必要があります。

支払い方法はどうなっている?

クレジットカードは、契約時に引き落とし口座を登録して利用代金が引き落とされていきます。

このため、クレジットカードのキャッシングであれば、支払い日が来ると自動的にその口座から返済額が引き落とされます。

カードローンも口座引き落としが指定できるものもありますが、どちらも口座の残高が足りなければ引き落とすことができません。

一度引き落としができないだけでも滞納扱いになってしまうケースもあるため、注意が必要です。

カードローンは、ほかにも振込やATMからの返済、コンビニ払いなどさまざまな支払い方法を選べることもあります。

どの支払い方法を選択できるかは、キャッシングサービス会社によって異なるため、希望する支払い方法があるか、事前に確認しておいたほうが安心です。

キャッシングサービスの賢い利用方法

急にお金が必要になったときに、誰に遠慮するでもなくお金を借りられるキャッシングサービスは非常に頼りになる存在です。

ただし、便利だからといって安易に借りすぎてはいけません。

借りすぎれば毎月の返済額が膨らみ、返しきれずに多重債務や自己破産など大変な事態に陥る恐れもあります。

このようなリスクを避けるためにも、無理なく返済できるキャッシングサービスを選ぶことが重要です。

できるだけ金利の低い銀行のキャッシングを利用したり、返済方法にリボ払いをできるだけ選ばないようにしましょう。

借りる金額が多いほど、金利の高いキャッシングはトータルの返済額が膨らんで返済が難しくなります。

また、リボ払いも設定金額によってはなかなか元金が減らないため、返済が滞ってしまう可能性があります。

キャッシングサービスを賢く利用するためには、こういった基本的なポイントをきちんと理解し、遵守することが大切なのです。

まとめ

これまでキャッシングサービスに関するさまざまな情報を解説してきましたが、読む前と比べてキャッシングのイメージは変わったでしょうか。

ひと口にキャッシングといっても、金利や審査期間、借り入れ額などは各キャッシング会社によってさまざまです。

早くお金が必要なら既に持っているクレジットカードのキャッシング、利息を節約したいなら低金利の銀行キャッシングという具合に、目的に応じて使い分けましょう。

こういったキャッシングサービスごとの特徴を正しく理解し、自分に適したものを工夫して利用すれば非常に便利なサービスになります。

できるだけ早く返済すれば利息も最低限で済むので、いざというときはキャッシングサービスに頼ることも検討してみましょう。

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。