【プロミスの利用限度額】即日増額するなら午前中の申込みがベスト

プロミスの利用限度額は午前中申込みで即日増額できる!

「プロミスっていくらまで借りられるの?」「プロミスで増額はできるの?」

プロミスのキャッシングの利用限度額は、返済能力や総量規制によって一人ひとり違います。

また希望すればプロミスの利用限度額は増額することも可能です。

今回はプロミスの利用限度額や増額する方法について詳しく紹介していきます。

プロミスの利用限度額は?

プロミスの利用限度額は10万円~500万円の範囲内で、個人ごとに異なります。新規申込みの審査時の収入や信用情報、総量規制などによって、返済できる金額の範囲内で決まるのです。

たとえば、年収210万円の人が新規申込みのときには総量規制や収入の安定性によって、年収の3分の1の最大70万円を借りることが可能です。

この金額が自分自身の希望金額に近ければ問題ありませんが、反対に希望金額よりも少ない金額でしか借りられない場合もあります。

プロミスの利用限度額の増額もできる

「プロミスの利用限度額を増やしたい」とキャッシングできる希望金額に不満がある方もいると思います。

プロミスでは「ご利用限度額変更申込み」と「メール・電話の増額案内」による2つの方法でキャッシングできる希望金額を増やすことができます。

  • ご利用限度額変更申込み
  • 電話・メールの増額案内

「ご利用限度額変更申込み」はプロミスの公式サイトもしくは自動契約機、電話から申込むことができます。

そのため直接店舗に出向くことがなくとも、自宅や仕事の休憩時間などでも手軽に変更申込みできるのです。

一方「電話やメールの増額案内」による申込みは、プロミスから直接電話やメールで「増額しませんか?」と案内が来てからできる方法です。

この方法は「ご利用限度額変更申込み」とは違って、全員ができるわけではありません。

「電話・メールの増額案内」は以下の4つの基準を満たした人が申込める可能性があります。

  • プロミスの契約期間が1年以上
  • プロミスを利用して返済を延滞せず信用情報に傷がない
  • 継続的にプロミスを利用している
  • プロミスからキャッシングした金額が50万円以下

そして以上の条件から見てもらうと、基本的にはプロミスにとって売り上げを出してくれそうな人が条件になります。

つまり「電話・メールの増額案内」は「ご利用限度額変更」よりも借入れ限度額の審査も通る可能性があるのです。
このとき「増額の誘いなんてラッキーでは?」と思うかもしれませんが、絶対に審査が通るわけではありませんので注意しましょう。

増額案内はあくまでプロミスにおける返済実績と利用実績を見ているだけであり、他社での借入れ・返済状況は見ていません。
そのため、他社での借入れ金額が増えていたら審査に落ちる場合もあります。

プロミスの限度額増額の申込み方法

ここからはプロミスの「ご利用限度額変更申込み」と「電話・メールの増額案内」での必要書類や申込み手順について紹介していきます。

利用限度額増額の必要書類&申込み時間

プロミスの利用限度額を増額申込みするときは、新規申込みと違って必ず提出を望まれる書類はありません

ただし「プロミスの希望している利用限度額が50万円超えの方」または「プロミスの希望している利用限度額と他社の借入れ金額の合計が100万円以上の方」の場合、収入証明書類の提出を求められます。

準備する証明書類は以下の3点のうち1点です。

  • 源泉徴収票(最新)
  • 確定申告票(最新)
  • 給与明細書(直近2ヶ月分と1年分の賞与明細書)※

※賞与がない方は直近2ヶ月の給与明細書を準備しましょう

また個人番号マイナンバー記載の本人確認書類や収入証明書類を提出する場合は、記載部分を加工して見えないようにすることが必要です。

そしてプロミスで利用限度額の増額の申込みができる時間は以下の時間帯になります。

申込み方法 時間帯
インターネット 24時間
電話 9時~22時(土日・祝日可)
自動契約機 9時~22時(土日・祝日可)※
店舗窓口 10時~18時(平日のみ)

※自動契約機によっては9時~21時までの場合もあります

とくにプロミスの利用限度額を即日で増額希望の方は、なるべく午前中に申込みをすることがベストでしょう。

ご利用限度額変更申込みの手順

プロミスの利用限度額を増額できる「ご利用限度額変更申込み」の具体的な手順は以下のようになります。

  1. プロミスの会員ページにログイン
  2. 会員メニューの「ご利用限度額変更申込み」で希望金額の入力をする
  3. 希望した利用限度額の増額が50万円を超える場合は収入証明書類を提出。(最短5分で申込み完了)
  4. 審査完了後、メールを受信※
  5. 会員ページで審査の可否を確認

※登録されているメールアドレスが正確でないと、審査結果のメールが届かない場合があります

利用限度額の増額審査時には、プロミスから「増額理由」や「年収状況」などについて電話で聞かれる場合がありますので、電話には必ず出るようにしましょう。

電話に出られない場合、利用限度額の増額審査に落ちてしまう恐れがあります。

電話・メールの増額案内による申込み手順

電話・メールの増額案内の申込み手順は「ご利用限度額変更申込み」とは違い、自分から申込むことはできませんが、電話申込みの場合は以下のような手順になります。

  1. プロミスから利用限度額の増額案内の電話がかかってくる
  2. 電話で利用限度額の増額を希望する
  3. 電話にて「増額理由」や「年収状況」などについて問われる
  4. 希望した利用限度額の増額が50万円を超える場合は収入証明書類を提出
  5. 審査終了後にプロミスから電話で審査結果の可否を伝えられる(審査時間最短30分)

プロミスの利用限度額増額の審査

プロミスの利用限度額の増額における審査は新規申込みよりも、審査が厳しい傾向にあります。

なぜなら、新規申込み時よりも返済能力が高い状態でなければ、利用限度額の増額希望を出しても返済できない見込みがあるためです。

また新規で申込む人の多くが総量規制によって借入れ・返済できる年収の3分の1の金額を選ぶことが多く、返済能力が変わらない状態で増額希望をする方もいらっしゃいます。

プロミスで利用限度額の増額申込みの審査に通るためには、以下の2つに注意しましょう。

  • 信用情報(金融事故や返済の延滞)に傷をつけない
  • 継続的な収入の増加または支出減少

プロミスの利用限度額増額の注意点4つ

プロミスの利用限度額の増額希望時には注意することがいくつかあります。

そして、注意しないと増額希望が通らない、またはお金を借りることができなくなる恐れがあるのです。

返済を滞納

お金を借りるうえで一番やってはいけないのが、返済の滞納です。

プロミスだけではなく他のキャッシングできる金融業者でも同様、期日に返済すると契約したうえでお金を借りることができます。

そして、返済を滞納してしまうと利用者の信用情報に傷がつき、信用情報を管理する信用情報機関に登録されるのです。

信用情報機関に傷ついた情報が登録されると、プロミスで増額申請することができなくなるほかに、他社でも借入れ等ができなくなります。

そのため普段から返済の期日はしっかり守り、どうしても返済できない場合は返済元に連絡しましょう

返済期日を伸ばしてくれる場合や、対応策を教えてもらうこともできます。

利用限度額の減額

プロミスにおける利用限度額の増額希望時の審査結果しだいでは、現状の借入れできる利用限度額を減額される場合もあります。

「増額希望をしているのに減額?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、審査時に「返済を滞納」「収入の減少」などが発覚すると、現状の利用限度額でも返済できないとみなされるのです。

そのため利用限度額の増額を希望する際には、一度自身の収入や返済状況を確認してみましょう。

増額の使い過ぎ

利用限度額の増額を希望すれば、現状よりも多くお金を借りることができますが、逆に増額したことで返済金額が増えてしまいます

プロミスでは、借入れした金額ごとに返済金額が以下のように決まっています。

借入れ金額 返済金額 返済回数
10万円~30万円 借入れ残高×3.61% ~36回
30万円超~100万円 借入れ残高×2.53% ~60回
100万円超 借入れ残高×1.99% ~80回

※1000円未満の計算は切り上げます

そして、例として借入れ残高が5万円と借入れ残高が40万円のときの返済金額を比較してみると、

【借入れ残高5万円】
5万円×3.61%=3,610円≒4,000円

【借入れ残高40万円】
40万円×2.53%=10,120円≒11,000円
※1000円未満の計算は切り上げ

借入れ残高5万円と借入れ残高40万円では、7000円の返済金額の差があるのです。
つまり、利用限度額が増額すれば借入れ残高も増え、返済しなければいけない金額も大きくなるのです。

プロミスで利用限度額の増額を希望する際には、はじめに自身の現状の借入れ残高と収入をチェックし、無理なく返済できるのかえることが大事になります。

まとめ

今回はプロミスの利用限度額について紹介してきました。
利用限度額は原則的に利用者の年収状況や、信用情報などによって決定します。

また利用限度額は自分で公式サイトから申込む「ご利用限度額変更申込み」とプロミスからの「電話・メールの増額案内」によって、増額を希望することが可能です。

そして、増額の申込み時には自身の収入状況や信用情報の状況を確認し、無理のない増額を希望することが大切です。

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。