プロミスの金利|適用される条件と利息を抑える3つの手段

プロミスの金利適用条件と利息を抑える3つの手段

プロミスの金利は、4.5%~17.8%となっています。

ただプロミスは通常のカードローン以外にも、レディースキャッシングやおまとめローンなどがあり、それぞれ金利が違うのです。

また利息を抑えるには無利息サービスを活用する、または一括返済や繰り上げ返済をすることがコツになります。

この記事では、プロミスの金利や利息を抑える方法などについて詳しくご紹介していきます。

プロミスの金利は4.5%~17.8%

プロミスの金利は、4.5%~17.8%となっています。ただこの金利が高いのか、低いのかを一目みて判断することは難しいです。

そこで、プロミスの金利と他の消費者金融の金利を比較してみましょう。

プロミスの金利 4.5%~17.8%
アコムの金利 3.0%~18.0%
レイクALSAの金利 4.5%~18.0%
アイフルの金利 3.0%~18.0%

(2019年10月時点)

上記のように4社の金利を比較してみると、プロミスの上限金利17.8%は他社よりも低いことがわかります。

上限金利は、10万円程度の少額融資に適用される可能性がある金利です。少額融資を希望される方は、プロミスの利用がおすすめでしょう。

またプロミスの下限金利4.5%を見てみると、レイクALSAは同じ金利ですがアコムやアイフルは1.5%高くなっています。

下限金利は、100万円以上の高額融資に適用される可能性がある金利です。そのため、高額融資を希望される方は、アコムやアイフルが利用しやすくなります。

プロミスで利用できるローンすべての金利

プロミスは通常のカードローン以外にも、女性専用カードローンなど4種類あります。それぞれのローンは、多少ですが金利が違うのです。

各ローンの金利
■レディースキャッシング
4.5%~17.8%

■おまとめローン
6.3%~17.8%

■自営業者カードローン
6.3%~17.8%

■目的ローン
6.3%~16.5%

(2019年10月時点)

レディースキャッシングは女性専用ダイヤルがあり、プロミスの女性スタッフに質問相談をすることが可能です。

男性スタッフには相談しにくいことも、女性スタッフなら気軽に相談することができますね。

ただし、深夜や混雑には男性スタッフが対応する可能性があるので注意しましょう。

またおまとめローンは、他社のカードローンをひとつにまとめることができ、毎月の返済する合計金額を減らせる可能性があります。

プロミスと他社のカードローンは提供する金利が違うため、借入れ金額が同じでも返済金額が変わるのです。

複数のカードローンを利用している方は、おまとめローンで毎月の返済金額を見直してみるのもよいでしょう。

プロミスの金利は利用限度額により適用される

プロミスは利用限度額によって、金利が適用されます。利用限度額が少額だと金利が高くなり、利用限度額が高額になると金利は低くなるのです。

実際にお金の教本運営スタッフがプロミスで10万円借りてみると、17.8%と高い金利が適用されました。

このように10万円程度の少額融資の場合、金利が高くなる可能性があるのです。

そのため、低い金利を適用してもらうには、100万円以上の高額融資を希望するしかありません。

しかし、利用限度額は審査によって決まるので、必ずしも希望した金額になるとは限らないことを覚えておきましょう。

また金利は契約完了後、会員ページの「ご利用情報を詳しく見る」という項目から簡単に確認することができます。

すでにプロミスと契約を結んでいる方は、パソコンやアプリから会員ページにログインし、金利を確認しましょう。

プロミスは金利から利息の金額を計算できる

プロミスは金利から、毎月支払う利息の金額を計算することができます。

ただ、「なぜ金利から利息が計算できるの?」と思われる方がいるかもしれません。

そもそも金利とは、利用限度額に応じた利息の割合です。金利から利息を出すには、以下の計算式を利用します

利息の計算式
利用限度額×金利÷365日×利用日数=利息

※うるう年の場合、366日になります
※1円未満は切り捨てます

例えば、「利用限度額20万円・金利17.8%・利用日数30日間」の場合、利息は2,926円です。

このように金利が分かれば、計算式を使って利息がいくらなのか確認することができます。

毎月いくら利息を支払うのか知りたい方は、自身の金利を会員ページで確認し計算してみましょう。

利息が気になるなら無利息サービスを活用しよう

利息が気になるなら、無利息サービスを活用してみましょう。プロミスには30日間無利息サービスがあり、期間内は利息ゼロ円で返済することができるのです。

30日間無利息サービスを利用するには、以下のような条件があります。

無利息サービスの利用条件
  • プロミスを初めて利用する方
  • メールアドレスの登録
  • Web明細の利用

またプロミスの無利息サービスは初回借入れ日の翌日から始まるので、上手に使うにはいつ借入れするのかが重要になります。

借入れするのは、給料日の1週間前がおすすめです。

なぜなら、給料日1週間前に借入れすることによって、すぐに返済して再度無利息で借入れできる可能性があるのです。

無利息サービスを最大限活用するには、すぐに返済できる給料日の前に借入れしてみましょう。

無利息サービス以外にも利息を抑える方法

利息を抑える方法は無利息サービスを利用するほかに、以下の2つの方法も試してみましょう。

利息を抑える2つの方法
  • 借入れ金額を一括で返済してみる
  • お金に余裕があるなら繰り上げ返済をしてみる

借入れ金額を一括で返済することで利息を支払う回数が1回になるため、利息を抑えることができます。

さらに無利息サービスの期間内で一括返済すれば、利息を支払わずに返済することも可能です。

ただ完済が目的で一括返済する場合、店頭窓口や銀行振込み、インターネット返済から支払いましょう。

また利息を抑えるには、繰り上げ返済を行うこともひとつの手段です。

繰り上げ返済なら、返済日以外に追加で返済金額を支払うことで、元金を早く減らし利息を抑えることができます。

繰り上げ返済を行う場合、ATMや店頭窓口、インターネット返済、銀行振込みの4つから支払うことが可能です。

ボーナスなど臨時収入がありお金に余裕が出来たなら、繰り上げ返済してみるのもいいでしょう。

まとめ

プロミスの金利は4.5%~17.8%となっていますが、利用するローンによって金利が異なります。

さらに、プロミスの金利と他社の金利を比較してみると、上限金利が低く設定されているのです。

そのため10万円程度の少額融資を希望される方は、プロミスが一番利用しやすいでしょう。

また利息を抑えるには無利息サービスを活用する、一括返済か繰り上げ返済を行うことが大切です。

無利息サービスは初めて契約する方のみ利用できますが、一括返済や繰り上げ返済はすでに契約されている方でも利用することができますよ。

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。