プロミスATMの利用方法|営業時間や手数料まとめ

プロミスのATM 無料で使う方法もご紹介

プロミスでは、借入れや返済をATMで行うことが可能です。今回は、プロミスで利用できる3種類のATMをご紹介します。

各ATMの利用できる時間帯や手数料のほか、会員サービスを使って提携ATMを無料で利用する方法もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

プロミスで利用できるATMと設置場所

プロミスで利用できるATMは、大きく分けて3種類あります。利用できるATMと種類は、以下の表の通りです。

なお各提携ATMには、紺色に赤いPROMISEの文字のステッカーが貼ってあるので、目印にするとよいでしょう。

ATMの種類 名称(設置場所) 借入れの可否 返済の可否
プロミスATM 全国のプロミス自動契約機に併設
提携銀行ATM 三井住友銀行
三菱UFJ銀行
西日本シティ銀行
セブン銀行
イオン銀行
横浜銀行
東京スター銀行
第三銀行
福岡銀行
熊本銀行
ゆうちょ銀行
親和銀行
広島銀行
八十二銀行
×

銀行の提携のうち、親和銀行・広島銀行・八十二銀行の3つで行えるのは借入れのみで、返済することはできません。

ゆうちょ銀行の場合は、郵便局やコンビニのいずれを利用するにも、web明細の登録が必要です。

web明細とは、ネット上で利用明細や受取証書などの確認ができるサービスであり、申込み時に利用の登録ができます。

プロミスで利用できるATMはこちらでも確認できるので、お近くのATMをお探しの場合は参考にしてみてください。

ATMを利用できる時間帯

プロミスで利用できるATMの営業時間は、以下の通りです。

ATMの種類 利用できる時間帯
プロミスATM 午前7時~午後24時
提携銀行ATM 午前9時~午後21時
提携コンビニATM 24時間

(2019年9月時点)
※一部店舗によって営業時間は異なります

各ATMの利用できる時間帯は、設置されている店舗によっても異なる場合があります。

ATMをご利用の際は、あらかじめ利用するATMの利用時間を調べてから向かうようにするとよいでしょう。

ATMを利用するときの手数料

提携ATMの利用手数料は、以下の通りです。

取引金額 借入れ手数料 返済手数料
1万円以下の金額 110円 110円
1万円を超えた金額 220円 220円

プロミスの提携ATMで借入れ・返済をするには1万円以下の場合は110円、1万円を超える金額の場合は220円の手数料がかかります。これらの手数料を把握したうえで利用するようにしましょう。

なおコンビニの提携ATMを利用する方は、コンビニ内に設置されているLoppiやFamiポートなどのメディア端末を利用することで、手数料0円で返済できますよ。

提携ATMを手数料0円で利用する方法

プロミスの提携ATMは通常では手数料がかかりますが、その手数料を0円にする方法があります。それは、プロミスのポイントサービスを利用する方法です。

プロミスポイントサービスは、プロミスのインターネット会員サービスの利用をすると、ポイントが貯まるサービスになります。

そして、貯まったポイントを利用すれば一定の期間中、提携ATMの手数料を無料で使うことができるのです。

プロミスのポイントで提携ATMを手数料無料で利用する方法は、以下の通りとなっています。

ポイントの利用方法
  • 提携ATM利用に必要なポイント:40ポイント
  • ポイントの適用期間:申込み日~翌月末日

提携ATMを利用するには、40ポイントが必要になります。ポイントは申込み日から翌月末日まで適用されるので、その期間は無料で提携ATMが利用できるという仕組みです。

ポイントを貯めるには、会員サービスの利用が必要となり、ポイントの対象となるサービスと獲得できるポイントは以下の通りです。

対象サービス 獲得ポイント数
プロミスポイントサービス申込み※1 100ポイント
プロミスインターネット会員 サービスログイン 10ポイント
プロミスインターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」の確認 5~20ポイント
収入証明書類の提出※2 160ポイント
ご返済日お知らせメール 各1ポイント
取引確認メール
プロミスのホームページで書面(Web明細)の受取

(2019年9月時点)
※1.取引状況によってはポイントサービスに申込みできない場合があります
※2.同年中(1月1日から12月31日)の書類は原則として初回のみのポイント獲得となります

まとめ

プロミスで利用できるATMには、プロミスATMと提携銀行ATM、提携コンビニATMの3種類があります。

各ATMの営業時間は設置店舗によっても異なるので、あらかじめ営業時間を確認してから利用するようにしましょう。

また提携ATMを利用時には手数料がかかり、プロミスATMと三井住友銀行のATMであれば無料で利用することが可能です。

提携ATMをお得に利用するには、プロミスポイントサービスを活用するとよいでしょう。

ATMを使いこなして、プロミスを便利に利用できるとよいですね。