プロミスの借り方がわからない!申込手順や審査基準・提携ATMなど解説

「初めての借入はプロミスを検討したいけれど、申し込み方法がわからない…」

プロミスは、Webから申し込めば最短30分審査、最短1時間融資も可能なカードローンです。Web上であれば24時間申し込みを受けてくれるので、日中働いている人にとっても嬉しいですね。

また、プロミスは、初回契約に限り最大30日間の無利息期間を利用できます(メールアドレスとWeb明細の利用登録が必要)。うまく活用できれば、完済までに利息がかからないかもしれません。

この記事では、初めてプロミスを利用したいと考えている人へ、申込手順や返済方法などについて紹介しています。

プロミスの申込方法は4通り!

プロミスには、以下4種類の申込方法があります。

【プロミスの申込方法】

  • Web上の公式サイトから申し込む
  • 電話でコールセンターの担当者に内容を伝えながら申し込む
  • 来店して窓口で申し込む
  • 必要書類を記入して郵送して申込手続きをしてもらう

次の項目から、4種類の申込方法をそれぞれ詳しく解説します。

プロミスの申込方法(1)Web

【Webでの申込方法の流れ】

  1. プロミスのホームページから申込を行う(24時間365日可能)
  2. 審査結果をメールまたは電話で受け取る(最短30分)
  3. Webまたは来店にて契約
  4. カードありの場合は郵送または来店によってカードを受け取る

申込時に必要書類を提出する必要がありますが、その詳細は後ほど詳しく解説します。

プロミスでは、Webで申し込み、返済を口フリ(口座振替)にすると、カードレスが選べます。アプリでの本人確認も可能です。

プロミスの申込方法(2)電話

【電話での申込方法の流れ】

  1. プロミスコールで申し込む(受付時間9:00~21:00)
    ※女性専用レディースコール有
  2. 審査結果を聞く
  3. 来店または郵送で契約
  4. 来店または郵送でカード受け取る

来店の場合は、店舗契約の営業時間内に余裕をもって来店しましょう。

プロミスの申込方法(3)郵送

【郵送での申込方法の流れ】

  1. インターネットまたはプロミスコールで申込書を請求
  2. 申込書に必要事項を記入し、必要書類のコピーと一緒に郵送
  3. 指定した連絡先に審査結果が届く
  4. 郵送にて契約書類およびカードを受け取る

郵送での申込であれば、誰とも会わずに申込手続きを完了させることが可能です。

なお、申込書類はお客様サービスプラザ(店頭窓口)にも設置されています。

プロミスの申込方法(4)来店

【来店での申込方法の流れ】

  1. 必要書類を持参し、近くの自動契約機またはお客様サービスプラザ(店頭窓口)へ来店する
  2. その場で審査結果を聞く
  3. カードローンの説明を受け、契約
  4. カードを受け取る

店舗の営業時間内に足を運びましょう。自動契約機は店頭窓口よりも遅い時間まで営業しています

【営業時間】

  • 自動契約機:受付時間9:00~21:00※契約機により営業時間が異なります。
  • 店舗窓口:受付時間10:00~18:00(平日のみ)

次に、申込時に準備する必要書類について説明します。

プロミスの必要書類は2つ!事前に発行しておく必要がある書類

プロミスに申込時には本人確認書類と収入証明書類の2つが必要になります(収入証明書類は「借入希望額が50万円を越える」または「借入希望額+他社借入額の合計が100万円を越える」場合に必要)。

本人確認書類

収入証明書類

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票(外国籍の場合)
  • 在留カードまたは特別永住者証明書(書類に記載されている住所が現住所と異なる場合)
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

いずれも6ヶ月以内に発行されたもの

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

なお、個人番号(マイナンバー)が記載されている書類を提出する際は、その箇所を見えないように加工して提出する必要があります

その他、提出書類について不明点があれば(記載されていない書類でも対応してもらえるか等)、プロミスに問い合わせましょう。

次の項目では、プロミスの審査基準について解説します。

プロミスの審査基準は?体験談から読み解く信用情報の影響

プロミスのホームページには、申込条件として以下の内容を提示しています。

  • 申込者の年齢が20~69歳
  • 本人に安定した収入がある

仮に申込者が主婦や学生でも、パートやアルバイトなどによって安定した収入のある人は申込できます。

ただし、上記の条件を満たしていても、いわゆる「ブラック」であれば審査に落ちることもあります。

いわゆる「ブラック」とは、個人情報に延滞や滞納などの金融事故の記録が残っている状態をいいます。

例えば、以下の経歴があると「ブラック」である可能性があります。

  • 返済を滞納したことがある
  • 債務整理したことがある
  • その他、返済に際して何らかのトラブルが発生したことがある

これらの出来事は信用情報機関に記録され、数年単位で記録が残ります。

金融機関は、信用情報機関のデータを参照し、これらの出来事が確認できると返済が滞る可能性が高いと判断してしまいます。結果的に、審査落ちしてしまう可能性が高くなるのです。

次の項目で、実際にプロミスのカードローンに申し込んだ人の体験談について解説します。

プロミスの体験談を紹介!審査で落ちてしまう人の特徴とは

プロミスの審査に落ちてしまった2人の体験談を紹介します。

審査に落ちる特徴をつかめるかもしれません。

【体験談①】

既婚女性
年齢:31歳以上34歳未満
職業:パート
年収:150万円以上200万円未満
勤怠年数:3ヶ月以上6ヶ月未満

プロミスに申し込んだ理由は、夫が株で大損をしてしまい「作った借金の返済のため」、「子どもの学費が準備できそうになかったため」という2点からです。

当時、子どもの私立幼稚園の卒園を控えていました。卒園記念のアルバム制作や卒園旅行などイベントが重なってまとまったお金を用意しなければいけませんでした。

借入希望額は30万円で申し込んで在籍確認はあったのですが、申し込んだ翌日に却下されてしまいました。

プロミスに落ちてしまったその日のうちにすぐ、アイフルに申し込みました。

銀行系はおそらく無理だと思い消費者金融系に絞って、アイフルに申し込みました。どちらも名前を知っていたのでハードルは低い感じでした。

また、近くに営業所があったので、車がなく子どもがいる私にとっては行きやすかったという点もアイフルを選んだ理由です。

アイフルも同様に借入希望額は30万円を希望しました。当時、あまり収入がなかったので、30万円以上の額は審査が通らないだろうと考えていました。

審査結果は、お昼に申込をして、その後在籍確認、翌日の夕方に審査結果の連絡がきました。

結果 アイフルは審査に通りました。

全く同じ条件で申し込んだので、なぜ落ちなかったのかはよくわかりません。パートですが一応仕事をしていたことと、それまで借金をしたことがなかったからかもしれません。

【体験談②】

既婚男性
年齢:31歳以上34歳未満
職業:会社員
年収:150万円以上200万円未満
勤怠年数:4年以上5年未満

プロミスに申し込んだ理由は、大手の会社であり、CMや広告でよく目にしていました。

借入希望額を30万円で申し込んだところ、在籍確認はありませんでした。審査時間は1時間30分ほどで、申込時間が13時くらいで審査回答が14時30分くらいだったのを覚えています。

結果、プロミスの審査に落ちてしまいました。

考えられる原因として、申込時にイオンクレジットとセゾンカードで70万円借りていたことでしょうか。月々の返済額が3万5,000円、2年程で完済予定でした。

審査に落ちた翌日にアイフルを申し込みました。

審査の結果もすぐにわかるとも書いていたので、その点も重視しました。

借入希望額を30万円で申し込み、在籍確認はありませんでした。

すでに借入をしていたキャッシングの返済に充てるつもりでした。その時、キャッシングの返済や生活費を工面する必要に迫られており、どうしてもまとまった金額が必要だったので、やむを得ずカードローンの申込をすることにしました。

申込時間が12時30分くらいで審査回答が13時くらいだったので30分くらいでした。

結果、審査に通ることが出来ました。

審査の為の情報や申込金額は同じだったので、会社独自の審査基準が存在していると思います。

2つの体験談の内容から審査に落ちた可能性としては、以下の4つがあげられます。

  1. 総量規制に引っかかってしまった
  2. 毎月の返済に滞納の記録が信用情報機関に残っていた
  3. 申込時の記入欄に虚偽の情報があった
  4. 安定した収入が無いと判断された

審査項目は公開されていないため落ちた理由を特定することは出来ません。審査に落ちないように返済や申込時の情報、総量規制などに気を付けましょう。

次の項目では、プロミスのカードローンの「借り方」について解説します。

プロミスの借り方は5つ

プロミスの借入は5種類の方法から選択できます。

借入方法 特徴
ATM プロミスATMまたは提携ATMから借入
窓口 プロミス店頭窓口で借入
インターネットからの振込予約 ネットで振込の予約を行う
電話からの振込予約 プロミスコールに電話して振込の予約を行う
アプリ アプリローンで借入を行う

次の項目から、上記5種類の借入方法の具体的な内容について解説します。

プロミスの借入方法(1)ATM

全国のプロミスATMまたはプロミス提携のATMから借入できます。

ATMの種類 利用可能時間 手数料
プロミスATM 提携先により異なる 無料
提携ATM 提携先により異なる 1万円以下:110円

1万円超:220円

三井住友銀行提携ATMは無料

プロミスの提携先は以下のとおりです。親和銀行、広島銀行、八十二銀行の3つは借入のみ利用可能です。

また、ゆうちょ銀行での借入・返済にはWeb明細の登録が必要になります。

提携先 URL
三井住友銀行 https://www.smbc.co.jp/
ゆうちょ銀行 https://www.jp-bank.japanpost.jp/
E.net https://www.enetcom.co.jp/
ローソン銀行 https://www.lawsonbank.jp/atm/
セブン銀行 https://www.sevenbank.co.jp/
三菱UFJ銀行 https://www.bk.mufg.jp/
西日本シティ銀行 https://www.ncbank.co.jp/index.html
イオン銀行 https://www.aeonbank.co.jp/
横浜銀行 https://www.boy.co.jp/
東京スター銀行 http://www.tokyostarbank.co.jp/index.html
第三銀行 https://www.daisanbank.co.jp/index.html
福岡銀行 http://www.fukuokabank.co.jp/
熊本銀行 http://www.kumamotobank.co.jp/index.html
親和銀行(借入のみ) http://www.shinwabank.co.jp/
広島銀行(借入のみ) https://www.hirogin.co.jp/
八十二銀行(借入のみ) https://www.82bank.co.jp/
クレディセゾン https://www.saisoncard.co.jp/

プロミスの借入方法(2)窓口

店頭窓口の営業時間は平日10:00~18:00の間です。営業時間内は借入に対応しています。

土日や祝日は営業していないので、窓口で借入できない点に注意が必要です。

プロミスの借入方法(3)Webで振込予約

スマホやパソコンでプロミスのネット会員サービスにログインし、簡単な手続きをするだけで最短10秒程度で指定の銀行口座に振込みが可能です(瞬フリ)

予約は24時間実行可能で、手数料はかかりません

振込実行時間は金融機関によって異なるので、プロミスの金融機関一覧表で確認しましょう。

土曜日~月曜日の一部の時間に関しては、振込実施時間が遅くなってしまうタイミングがあります。

以下の時間帯に受付をおこなった場合は、振込予約となるので気を付けましょう。

曜日 受付時間 振込時間
毎週土曜日 23:30~24:00 翌日8:45~9:30頃
毎週日曜日 0:00~4:00 当日8:45~9:30頃
18:50~24:00 翌日8:45~9:30頃
毎週月曜日 7:00~8:00 当日8:45~9:30頃

なお、毎週月曜0:00~7:毎週月曜0:00~7:00はメンテナンスのため、受付を停止しています(その他、正月やゴールデンウイークにもメンテナンスあり)。

プロミスの借入方法(4)電話で振込予約

自宅や携帯電話から、プロミスコールに電話することで振込予約を行うことができます。

  • プロミスコール
  • 女性専用レディースコール

24時間通話料無料で申し込むことができますが、毎週月曜日の0:00~7:00の間と元日はサービスを停止しています。

事前に振込口座を登録していない場合でも、オペレーター対応で振込キャッシングが可能です。

プロミスの借入方法(5)アプリ

プロミスの専用アプリ「アプリローン」を利用すると、口座への振込予約だけでなくセブン銀行ATMから24時間いつでも現金を引き出すことができます

アプリローンのサービススマホATMは、セブン銀行のATMでプロミスカードを使わずにスマホだけで現金の借入や返済ができるサービスで、原則24時間365日いつでも取引できます。

スマホATMで借入・返済するときの注意点はこの2点です。

  • 提携ATM利用手数料(1万円以下:110円、1万円超:220円)がかかる
  • プロミスおよびセブン銀行ATMのメンテナンス時間(毎週月曜0:00~7:00)、およびセブン銀行ATMが設置されている店舗の営業時間外には利用できない

次の項目では、プロミスの利息について解説します。

プロミスの利息はポイント利用で最大30日間無利息に

プロミスには、初回借入の翌日から30日間無利息になるサービスがあります。

利用条件は以下の3つです。

【初回借入特典が受けられる条件】

  • プロミスをはじめて利用する
  • メールアドレスを登録
  • Web明細を利用

プロミスの実質年率は4.5~17.8%で、以下の計算式で求められます。

利息=利用金額×借入利率÷365日×利用日数

  • 計算例(利率17.8%で10万円を30日間利用):10万円×0.178÷365日×30日間=1,463円

プロミスは会員サービスの利用でポイントを貯めれます。

貯まったポイントで、最大30日間利息無料サービスなどを利用できます。

対象サービス 獲得ポイント数 条件
プロミスポイントサービス申込 100ポイント 初回登録時のみ
プロミスインターネット会員サービスログイン 10ポイント 毎月初回ログイン時のみ
プロミスインターネット会員サービス内「プロミスからのお知らせ」の確認 5~20ポイント ポイント獲得対象とならないものがある
収入証明書類の提出 160ポイント 収入証明書類を提出した場合
ご返済日お知らせメール 各1ポイント 毎月月末時点で対象サービスの利用を登録している場合各サービスにつき1ポイント獲得
取引確認メール
プロミスのホームページで書面(Web明細)の受取
サービス名 必要ポイント 条件
提携ATM手数料無料サービス 40ポイント 申込日から翌月末日まで適用
無利息サービス 250ポイント(7日間) 以下の取引きを行った翌日から無利息期間が適用

  • 利息以上の返済時
  • 完済時は再度の出金時
400ポイント(15日間)
700ポイント(30日間)

三井住友銀行であれば、ポイントを使用しなくても提携ATM手数料無料です。

次の項目では、プロミスで借りたお金の返済方法について解説します。

プロミスは条件次第でで最大30日間無利息に

プロミスの返済方法は5種類あります。

インターネット返済

口座振替 お客様サービスプラザ(店頭窓口) プロミスATM

コンビニ(マルチメディア端末)

Webで手続きOK

土日でも返済OK

来店不要

手数料0円

24時間いつでも返済可能

返済計画を相談可能

上記5種類のほか、「提携ATMでの返済」「口座振込による返済」も選択できますが、手数料がかかります(三井住友銀行ATMは除く、ポイントサービスを利用すれば一定期間提携ATMの手数料が無料になる)。

提携ATMは、上記提携先金融機関の表のうち「親和銀行」「広島銀行」「八十二銀行」を除く金融機関です。

返済期日は以下から選択できます。返済期日がプロミスの休業日(土・日・祝日・年末年始)にあたる場合は、返済期日が翌営業日となる点に注意しましょう。

【選択できる返済期日】

  • 5日
  • 15日
  • 25日
  • 末日

毎月の返済金額は、最終借入後の借入残高に応じて変動する「残高スライド元利定額返済方式」です。

借入後残高 返済金額 (1,000円未満切り上げ) 返済回数
30万円以下 借入後残高 × 3.61% ~36回
30万円超過~100万円以下 借入後残高 × 2.53% ~60回
100万円超過 借入後残高 × 1.99% ~80回

公式サイトには「ご返済シミュレーション」というツールがありますので、気になる人は確認してみましょう。

最後に、プロミスで借りたお金の返済が滞ってしまった場合について解説します。

プロミスで滞納してしまった…延滞損害金や督促状、催告書など解説

期日までに返済できなかった場合、延滞日数に応じて遅延利息(実質年率20.0%)が発生します(遅延利息=借入残高×20.0%÷365×延滞日数)。

消費者金融に勤務していたH様によると、返済遅延後、以下の流れで裁判となります。

【滞納から裁判までの流れ】

  1. 遅延利息が発生
  2. 利用者の携帯電話に督促の連絡
  3. 利用者の自宅固定電話に督促の連絡
  4. 利用者の自宅に督促状が郵送される
  5. 利用者の勤務先へ電話連絡
  6. 裁判所から訴状が送付

返済が間に合わないと判断したら、プロミスに連絡して相談してみましょう。

借りる前に返済計画を立てることが大事ですが、それでも返済が難しければ弁護士や専門家に相談しましょう。

まとめ

きちんと準備して申込に臨めば、スムーズに借入まで到達できるでしょう。

借入方法や返済方法も多彩であるため、自分に合った方法を選択でき、ポイントサービスの利用できるのも嬉しい点ですね。

ただし、利便性が良いからといって無計画に利用してよいというわけではありません。

無理のない返済計画を立てましょう。

万が一の事態に陥った場合は、プロミスへ電話連絡や弁護人、専門家に相談しましょう。