プロミスの在籍確認は必須|電話連絡で困る前に知りたい2つのポイント

プロミスの在籍確認の電話連絡で困らない2つの対応策

「プロミスは申込み時に在籍確認はあるの?」「会社に利用してること知られたりしない?」

プロミスに申込んだときには、審査時に在籍確認が必ずあります。在籍確認はプロミスのスタッフが個人名を名乗りながら、電話連絡で行われるのです。

また在籍確認が完了できない状況では、書類提出など別の方法に変更される可能性があります。

今回はプロミスの在籍確認の内容や、在籍確認がどうしてもできないときの対処法を紹介していきます。

プロミス
プロミス
  • 入力画面が少なく申込みが楽!
  • コンビニATMやネットから24時間借りれる
  • 初めてなら30日間利息ゼロ円

プロミスは在籍確認がある

プロミスでは、新規申込み時に必ず勤務先の在籍確認があります。

在籍確認は電話連絡で行われ、「勤務先が実在するのか」「本当に働いているのか」などを確認されるのです。

また在籍確認によって申込み者が毎月安定した収入を得ており、返済能力があるのかということもチェックされています。

在籍確認が完了できない場合には返済能力がないことが証明され、審査を通過することができません。

そして、在籍確認は以下のような申込み手順のなかで行われるのです。

プロミスの申込み手順
  1. 公式サイトで必要事項を記入
  2. 必要書類の提出
  3. 申込み確認の電話が行われる
  4. 本審査(在籍確認)
  5. 契約手続き

基本的にプロミスの在籍確認は本審査中であり、必要事項で記入した勤務先の電話番号に電話をかけていきます。

このとき必要事項に記入した勤務先の電話番号が間違っていると、在籍確認を行うことができませんので、注意しましょう。

在籍確認は個人名で行われる

プロミスの在籍確認時に「会社の人に申込んだのバレないの?」と思われる方が多いでしょう。

しかし、在籍確認はプロミスのスタッフが個人名で電話連絡が行うため、勤務先に知られる可能性が低くなっています。

また申込み者でなく、会社の人がプロミスの電話に出てしまった場合は「今休憩で席を外しております」「仕事で外出中です」と、申込み者が勤務しているとわかる回答されれば在籍確認は完了となります。

どうしても在籍確認できないときは?

「会社の決まりで私的な電話に出ることができない」「申込んだ日は会社が休み」などの理由によって、プロミスの在籍確認ができないケースもあるでしょう。

プロミスは在籍確認で以下のような2つの相談・対応をしてもらうこともできるのです。

書類提出で代用できる可能性がある

プロミスでは、どうしても会社で在籍確認を完了することができない場合、書類提出で在籍確認できる可能性があります。

提出に必要な書類は以下の3つです。

書類名 条件・内容
給与明細書 社名・フルネーム入り・直近2ヶ月分
社員証 社名・フルネーム入り
社会保険証 社名・フルネーム入り

社名とフルネームが入った「給与明細書」「社員証」「社会保険証」のいずれか1点を準備しましょう。

また在籍確認を書類提出に変更したいときは、「カンタン入力」でプロミスに申込むことが大切です。

そもそもプロミスには、カンタン入力とフル入力の2種類があります。

フル入力は家族構成や他社での借入れ状況などの細かく記入する申込みです。

一方カンタン入力は、氏名や住所などの基本的な情報だけの記入であり、詳細な情報は申込み後にプロミスのスタッフが電話で確認する申込みになります。

細かく記入するフル入力のほうが若干借入れまでの時間が早いですが、カンタン入力はプロミスからの電話確認時に在籍確認について相談することが可能です。

電話確認時に「在籍確認を別の方法に変更してほしい」とお願いをすることで、書類提出または別の方法について聞くことができます。

ただし、在籍確認が書類提出であっても、書類に不備があれば勤務先に電話連絡が行われます。

在籍確認する時間帯を相談

「席を外している」「仕事で外出中」などで電話に出られないことが、不安な方もいらっしゃるでしょう。プロミスの在籍確認はあらかじめ時間を指定し、電話をしてもらうこともできます。

時間を指定することにより、自身が電話に出やすいときに在籍確認を完了できる可能性があるのです。

電話の時間指定の対応は、在籍確認を書類提出に代用するとき同様に「カンタン入力」で申込んだときの電話確認で相談することができます。

増額審査にも在籍確認がある

プロミスは利用限度額の増額申請をすることが可能ですが、在籍確認が行われる場合があります。

そして、増額申請で在籍確認があるときは以下のような2つの条件を満たしていることが多いです。

  • 2年以上利用して増額申請を行う場合
  • 勤務先を変更した場合(転職)

2年以上の利用または転職をしている場合、プロミスの初回契約時に比べて個人情報などが変更している可能性があります。

反対に初回契約から1年または1年半であれば、個人情報などが変わっていないことが多いため、原則的に在籍確認を行われる可能性は低いです。

まとめ

今回はプロミスの在籍確認について紹介してきました。プロミスに申込むときは、必ず勤務先の在籍確認が行われます。

在籍確認は「本当に働いているのか」「勤務先は実在するのか」を知るため、プロミスのスタッフの個人名で勤務先に電話をかけてくるのです。

もし、在籍確認を完了することができない場合に審査を通過できません。

どうしても在籍確認が完了できない場合は、プロミスに電話をかけて「在籍確認の方法の変更」または「在籍確認の時間指定」をお願いしてみましょう。

プロミス
プロミス
  • 入力画面が少なく申込みが楽!
  • コンビニATMやネットから24時間借りれる
  • 初めてなら30日間利息ゼロ円
 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。