プロミスのおまとめローン|利用条件とメリット・デメリット

プロミスのおまとめローン利用するメリット・デメリット

「プロミスは借り換えることはできる?」

「プロミスのおまとめローンを利用するメリットってなに?」

プロミスのおまとめローンを利用すると「毎月の返済金額が減る可能性がある」「追加融資を受けられない」といったメリット・デメリットがあるのです。

そこで今回は、プロミスのおまとめローンの利用方法やメリット・デメリットなどについて詳しくご紹介していきます。

プロミスおまとめローンの特徴

まずはプロミスのおまとめローンの商品概要から見ていきましょう。

項目 詳細
申込み条件 年齢20歳以上65歳未満で自身に安定した収入がある方
融資額 最高300万円まで※1
借り換え対象 消費者金融やクレジットカードのなどの借入れ※2
(無担保ローンのみ)
金利 6.3%~17.8%
資金の使途 他の貸金業者への返済に限る
返済期間と返済回数 最終借入れ後最長10年・1回~120回
担保・保証人 不要
延滞損害金 20.0%

(2019年9月時点)
※1.融資額は他社の借入れ金額(元金)の範囲内にかぎる
※2.銀行のカードローン・クレジットカードのショッピング枠などの利用は除く

プロミスのおまとめローンは、満20歳以上で自身に安定した収入があれば、アルバイトやパート、学生の方でも申込むことができます。

さらにおまとめローンは、総量規制(年収の3分の1までしか借入れできない制度)の対象外です。

またプロミスのおまとめローンは、複数のカードローンを最大300万円までまとめることが可能です。

ただまとめられる金額は審査によって決まるので、他社のカードローンを全部まとめられない場合があることも覚えておきましょう。

プロミスのおまとめローンを利用するメリット

プロミスのおまとめローンを利用するには、以下のようなメリットがあります。

  • 毎月の返済金額が減る可能性がある
  • 返済する手間が少なくなる

他社のカードローンをプロミスでまとめることで、毎月の返済金が減らせる可能性があります。

そもそもプロミスを含めた消費者金融はそれぞれ提供している金利が異なるため、同じ借入れ金額でも返済金額が変わってきます。

そのため、おまとめローンを利用で他社の金利がプロミスの金利に変わり、合計の返済金額が減るかもしれません。

また他社のカードローンをまとめることで、毎月返済する手間を少なくすることができます。

例えば、他社のカードローンを3社利用している方がATMで返済場合、別々の口座に振込むために3回もATMを操作する必要があるのです。

しかしおまとめローンで複数のカードローンをひとつすれば、毎月返済する手間を1回で済ますことができます。

おまとめローンにはデメリットもある

プロミスのおまとめローンを利用するには、以下のようなデメリットもあるのです。

  • 追加の借入れができなくなる
  • まとめられるのは消費者金融とクレジットのみ

おまとめローンは返済専用のカードローンとなっており、プロミスで追加の借入れを行うことはできません。

さらに審査によって決まった融資額は契約完了後、プロミスがそれぞれの業者にお金を振込みます。

またプロミスのおまとめローンでまとめられるのは、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠などの無担保ローンのみとなっています。

銀行カードローンなどで借りたお金は認められないので注意しましょう。

プロミスのおまとめローンの申込み手順

プロミスのおまとめローンは、自動契約機店頭窓口電話のいずれかで申込むことができます。

Webからの申込みは受付けていないので注意しましょう。

今回は自動契約機を例に、申込み手順をご紹介します。

自動契約機の申込み手順
  1. 画面に表示されている「新規申込み」を選択する
  2. 必要事項を記入する
  3. 申込み完了後、必要書類を提出する
  4. 審査結果を聞き、契約手続きを行い完了

自動契約機や店頭窓口は、その場で申込みから契約まで済ますことが可能です。利用できる時間帯は、それぞれ以下の通りになります。

自動契約機 9:00~22:00
店頭窓口 10:00~18:00

(2019年9月時点)
※一部店舗によって営業時間が異なります

また電話から申込むとき、店舗郵送のどちらかで契約手続きを行うことができます。

自宅付近に店舗がない方は、電話から申込みして郵送で契約手続きをしてみましょう。

申込みに必要な書類は2つある

プロミスのおまとめローンに申込むときは、本人確認書類収入証明証の2つが必要になります。

本人確認書類は運転免許証など写真付きの書類が1点、収入証明証は収入額が記載されているものを1点用意しましょう。

しかし写真付きの本人確認書類を持っていない方は、別の書類が必要になります。

そこで、おまとめローンの申込み時に必要な書類を以下の表にまとめてみました。

写真付き書類 写真なし書類 収入証明証
・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
・各種保険証
・住民票※1
・公共料金の領収書※1
・源泉徴収票
・確定申告書
・税額通知書
・給与証明書※2
(直近2ヶ月分)

※1.住民票と公共料金の領収書は、発行・領収から6ヶ月以内のものが有効です
※2.ボーナスを得ている方は、「給料明細2ヶ月分と賞与明細書1年分」の提出が必要です

自動契約機や店頭窓口で申込みする方は店舗で直接コピーを取るため、事前に書類のコピーを取る必要がありません。

もしコピーした書類を提出すると注意を受ける可能性があるので、覚えておきましょう。

また電話申込みする場合、書類提出はアプリが一番簡単です。アプリは書類の撮影から提出といった一連の動作をスムーズに行うことができますよ。

プロミスのおまとめローンの返済について

プロミスのおまとめローンは、以下の4つから返済方法を選ぶことができます。

おまとめローンの返済方法
  • ATM
  • 店頭窓口
  • 口フリ(口座振替え)
  • インターネット返済

上記のなかでおすすめの返済方法は、口座振替えインターネット返済です。

口座振替えは返済日に自動で返済してもらうことができるので、返済に遅れてしまう心配がありません。

そして口座振替えは会員サービスから登録することができますが、以下のように引落し開始日や引落し後の利用限度額の反映に違いがあります。

金融機関ごとの違い
■三井住友銀行とジャパンネット銀行のみ
・返済日の前日までに登録すると次回の返済日から引落し開始
・返済完了後、当日中に利用限度額が反映される

■その他の金融機関
・返済日の前日までに登録しても次回の返済日から引落しが始まらないことがある
・返済完了後、3日営業日から利用限度額が反映される

※一部取り扱いがない金融機関があります
※金融機関によって利用条件や利用可能時間が異なります

またインターネット返済は、24時間いつでもパソコンやアプリから最短10秒で返済することができます。

インターネット返済の利用には、あらかじめインターネットバンキングの登録が必要ですが、ATMに行く時間がないときでも手軽に返済することが可能です。

インターネットバンキングは利用する銀行の公式サイトから手続きできるので、おまとめローンを利用する前に登録しておきましょう。

毎月の返済日が4つから選択できる

プロミスのおまとめローンは、以下の4つから返済日を選択することができます

  • 5日
  • 15日
  • 25日
  • 末日

上記の返済日は、すべての返済方法から選択することが可能です。

しかし、口座振替えを利用する場合、三井住友銀行とジャパンネット銀行以外の金融機関を引落し口座に設定すると返済日が5日しか選べません

そのため、5日以外で返済日設定したいなら、ATMや店頭窓口、インターネット返済で毎月返済を行うことがいいでしょう。

まとめ

プロミスは他社のカードローンをひとつにできる、おまとめローンを利用することができます。

おまとめローンは20歳以上で自身に安定した収入があれば、アルバイトやパート、学生の方でも申込むことが可能です。

そしておまとめローンには「毎月の返済金額が減る可能性がある」「追加融資を受けられない」といったメリット・デメリットがあります。

また他社のカードローンを最大300万円までまとめることができますが、まとめられるのは消費者金融などの無担保ローンだけなので注意しましょう。

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。