プロミスで一括返済する方法は?知っておきたいおすすめの完済方法や注意点

プロミスを完済する 一括返済や解約の方法をご紹介

プロミスでは、1円単位まで一括返済することができ、余裕があるときに一気に返済できます。

一括返済は余分な利息を節約することはもちろん、早く返済してプロミスを解約したいというときにも役立ちます。

今回は、プロミスで一括返済する方法と注意点について詳しくみていきましょう。

プロミスの一括返済は都合が良いときにできる

プロミスではご自分の好きなタイミングで一括返済することができます。ご自身の都合に合わせて、返済日の前でも返済ができますよ。

また一括返済で早めに完済すると、利息の節約も可能です。プロミスの返済金額は借入れ期間が長くなればなるほど利息が増えていきます。

つまり、借入れ期間を短縮すれば、その分利息が節約できるためお得に完済することができるのです。

プロミスで一括返済する6つの方法

プロミスで一括返済する方法は6つあります。それぞれの返済方法と、利用できる時間帯は以下の通りです。

一括返済の方法 利用できる時間帯
インターネット返済 原則24時間365日
マルチメディア端末 Loppi
Famiポート
お客様サービスプラザ
(店頭窓口)
午前10時~午後18時
(土日は休業)
銀行振込み 各銀行の営業時間内
プロミスATM 午前7時~午前0時
(祝日含む)
提携ATM 午前7時~午前0時

(2019年10月時点)
※各店舗によって営業時間が異なる場合があります
※祝日や年末年始のほか、メンテナンス中のため利用できない時間帯がありますので、事前に確認しましょう

各ATMの利用できる時間は、店舗によっても異なる場合があります。

とくに銀行振込みや提携ATMの場合は、利用する銀行によって大きく異なりますので、利用するATMの営業時間をあらかじめ確認するようにしましょう。

ATMの手数料と取り扱いできる金額

ATMの利用手数料は、プロミスATMの場合は無料です。一方提携ATMを利用する場合は手数料がかかります。

またATMでは、硬貨を使用できない場合があります。プロミスATMまたは一部提携ATMでは、取り扱い金額は1,000円単位からとなっているためです。

そのためATM利用時には端数分の返済はできなということを覚えておきましょう。

なおプロミスで1円単位から返済できるのは、以下の4つの方法です。

1円単位まで返済できる方法
  • ネット返済
  • マルチメディア端末
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口)
  • 銀行振込み

以上の方法であれば、端数分もまとめて一括で返済することができます。なお銀行振込みの場合は振込み手数料がかかりますので注意しましょう。

※振込み手数料は各銀行によって異なります

プロミスの返済方法やATMの営業時間はこちらの記事でも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

プロミスで一括返済するには利息の確認が必要

一括返済をするときは、まずプロミスコールへ電話をして一括返済をすることを伝えておきましょう。プロミスのオペレーターから返済金額を確認することができます。

とくに利息に関しては返済期日によって変わってきます。もし正確な利息と返済額を確認していないと、完済できない恐れもあるのです。

プロミスの利息を確認するには、以下の2点に注意しましょう。

  • 金利は借入れ残高によって異なる(残高スライド元利定額返済方式)
  • 借入れ期間は1日ごとにカウントされる(日数計算方式)

(2019年10月時点)

プロミスで返済するには、借入れ額と合わせて利息の支払いが必要です。

この利息とは、金利と借入れ期間をもとに計算されます。そして、プロミスでは金利が残高スライド元利定額返済方式、借入れ期間は日数計算方式で算出されるのです。

残高スライド元利定額返済方式とは、借入れ残高にかける利率の割合が残高によって決められているものです。

借入れ残高を「30万円以下」・「30万円超~100万円以下」・「100万円超」の3つの段階に分け、それぞれに一定の割合をかけて返済金額を算出しています。

またプロミスの利息は日数計算方式なので、1日ごとに借入れ期間がカウントされます。

そのため、一括返済をお考えの場合は、返済をするその日までの利息分を支払う必要があるので注意しましょう。

プロミスで一括返済後に解約するか考えてみよう

プロミスを全額返済したら、解約するかどうかの検討が必要です。解約する場合は、プロミスへ解約の依頼をしましょう。

ただ、再び急遽借入れが必要になったとき、完済後解約手続きをしなければ次回の申込みがよりスムーズになりますよ。

今後プロミスを利用するかどうかを予想しながら解約手続きを検討しましょう。

プロミスを解約する2つの方法

プロミスを解約するには、以下の2つの方法で解約を依頼しましょう。

  • プロミスコール
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口)

プロミスコールで解約の依頼をするときは、会員番号や氏名などの必要情報と解約する意思を伝えることでプロミスのオペレーターが手続きを進めてくれます。

またプロミスコールは平日の午前9時~午後18時までの対応しており、電話番号はプロミスの公式サイトで確認することが可能です。

一方お客様サービスプラザ(店頭窓口)については、平日の午前10時~午後18時が営業時間となっています。

休業日は土日以外にも祝日や年末年始も休みの場合があります。店頭窓口で解約の依頼をする場合は、あらかじめ利用する店舗の営業時間を確認するようにしましょう。

プロミスの各店舗窓口の営業時間は、こちらからも確認できます。

>>近くの店舗・ATMを探す

まとめ

プロミスの一括返済は、ご自身の都合に合わせて返済日前でも行うことができます。

返済方法は6つありますが、なかでも1円単位までの取り扱いがある方法はネット返済・マルチメディア端末・店頭窓口・銀行振込みの4つです。

ATMでの返済は1,000円単位までの取り扱いのみで、ATM利用手数料もかかるので利用する際には注意しましょう。

また一括返済時には利息を間違えないよう事前に確認し、完済後には解約するかどうかの検討も必要です。

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。